教員情報

大島 成通
オオシマ シゲミチ
理工学部 機械工学科
教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    男性

大学院その他

  • 理工学研究科 機械工学専攻, 准教授
  • 理工学研究科 機械システム工学専攻, 准教授

学歴

  • 1995年03月, 名古屋工業大学大学院, 工学研究科, 生産システム工学専攻博士後期課程, 修了
  • 1995年03月,  

受賞学術賞

  • 2000年11月
    ばね技術研究会
    ばね技術研究会賞(論文賞)

現在所属している学会

  • 日本機械学会
  • International Sports Engineering Association
  • 電子情報通信学会
  • 日本スポーツ産業学会
  • 日本ばね学会

学会

  • 1995年04月, 日本機械学会 正会員
  • 1997年04月, 1998年03月, 日本機械学会 第75期メカライフ コレスポン デント
  • 2000年06月, International Sports Engineering Association 正会員
  • 2000年11月, 日本ばね学会 正会員
  • 2001年10月, 2006年01月, 薄板・細線の弾性特性研究委員 副委員長
  • 2005年07月, 電子情報通信学会 正会員
  • 2006年12月, 日本スポーツ産業学会 正会員
  • 2013年04月, 2014年03月, 日本機械学会 東海支部第62期 商議委員
  • 2014年04月, 2015年03月, 日本機械学会 スポーツ・アンド・ヒューマン・ダイナミクス専門会議 運営委員
  • 2015年04月, 日本機械学会 スポーツ工学・ヒューマン・ダイナミクス部門 運営委員
  • 2018年04月, 日本機械学会 東海学生会 顧問

研究活動

研究分野

  • その他, 生体工学
  • その他, スポーツ工学

教育研究への取り組み・抱負

    研究活動のモチベーションは,「自分(生体)を知りたい」ところにあります.生体の持つすばらしい「しくみ」,巧妙かつ精緻な機能を発現する構造と機構を,理工学の技術と手法を用いて解析,理解し,得られた知見を工学・医学・スポーツなどへ展開することを目指しています.学生には,論理的な思考に基づいた記述,発表,討論ができる人材となることを期待し,毎週ひとり一人のプレゼンを行っています.そして,人が科学する事の意味・楽しさについて考える機会を与えようと心がけています.

著書

  • スポーツバイオ科学と先進スポーツギアの開発
    三林浩二(監修),大島成通, 湯浅景元, 宇治橋貞幸,他29名
    シーエムシー出版
    2015年06月
    978-4-7813-1074-9 C3075
    その他
    【第二編 スポーツ計測と運動機能向上】第5章 スポーツにおける最適化シミュレーションの応用(サイバネティックトレーニング)
  • 生体データ活用の最前線~スマートセンシングによる生体情報計測とその応用~
    板生清(編),大島成通, 横田紘季, 他
    サイエンス&テクノロジー
    2017年04月
    978-4-86428-151-5 C3058
    その他
    【第8章 スポーツ分野における生体データ活用】第2節 表面筋電計・モーションセンサを用いたサイバネティックトレーニング

学術論文

  • 柔軟ばね特性のスポーツ工学への応用(棒高跳びの跳躍に関する基礎的研究)
    共著
    大槻敦巳, 大島成通
    ばね論文集
    63, 45, 52
    2018年03月
  • 初期視覚に学んだConvolutional Neural Networkによる特徴点検出手法と並列アナログ回路
    共著
    平松右輔, 大島成通
    電子情報通信学会論文誌 A
    J100-A, 7, 281, 294
    2017年07月
  • 和弓における非線形変形特性の解析(エラスチカ理論の適用)
    共著
    大槻敦巳, 大島成通
    ばね論文集
    62, 49, 55
    2017年05月
  • Sit-to-Stand Motion Analysis Using Multiobjective Genetic Algorithm Based on Musculoskeletal Model Simulation(査読付き論文)
    共著
    横田紘季,大島成通, 水野直樹
    IEEJ Journal of Industry Applications
    5, 3, 236, 244
    2016年05月
  • 人体と砂場の連成最適化シミュレーションモデルの開発(査読付き論文)
    共著
    横田紘季,大島成通, 水野直樹
    スポーツ産業学研究
    26, 1, 119, 135
    2016年03月
  • 自己組織化写像を用いた人体運動情報の可視化(筋骨格モデルシミュレーションに基づく最適動作を利用した身体知マップの生成) (査読付き論文)
    共著
    横田紘季,大島成通, 水野直樹
    日本機械学会論文集
    82, 834, 15–00497
    2016年01月
  • 過渡状態に空間2次微分特性を発現する1層並列アナログ回路モデル (査読付き論文)
    共著
    平松祐輔,皆川裕輝,大島成通
    電子情報通信学会論文誌 D-II
    J98-D-I, 12, 1464, 1477
    2015年12月
  • 上肢筋骨格モデルシミュレーションにより導出された最適な筋活動信号を用いたサイバネティックトレーニング (査読付き論文) (査読付き論文)
    共著
    横田紘季,大島成通
    日本機械学会論文集(C編)
    79, 85, 3110, 3121
    2013年09月
  • 軸圧縮法による薄板・細線の簡易弾性係数評価法(査読付き論文)
    共著
    大槻敦巳, 大島成通,他
    ばね論文集
    51, 63, 74
    2006年04月
  • 定トルクばね特性の理論解析(N形トルクばねにおける負荷/変形特性)(査読付き論文)
    共著
    大槻敦巳, 大島成通, 伊藤大介
    日本機械学会論文集(C編)
    67, 633, 232, 233
    2001年11月
  • Analysis on Characteristics of a C-Shaped Constant-Force Spring with a Guide(査読付き論文)
    共著
    A. Ohtsuki, S.Ohshima, and D. Itoh
    JSME International Journal, Series C
    44, 2, 494, 499
    2001年06月
  • Analysis of the characteristics of constant-force springs based on the large deformation theory
    共著
    A.Ohtsuki, S.Ohshima, and D.Itoh
    SPRINGS, Vol.39, No.4, pp.113-121
    39, 4, 113, 121
    2000年10月
  • C形定荷重ばね特性の理論解析(ガイド付き荷重端の場合)(査読付き論文)
    共著
    大槻敦巳,大島成通,伊藤大介
    日本機械学会論文集(C編)
    65, 635, 260, 266
    1999年07月
  • 大変形理論に基づく定荷重ぜんまいばね特性の理論解析(査読付き論文)
    共著
    大槻敦巳,大島成通,伊藤大介
    ばね論文集
    44, 7, 12
    1999年
  • 棒高跳びポールの大たわみ変形挙動と跳躍特性の基礎的研究(査読付き論文)
    共著
    大槻敦巳,大島成通
    スポーツ産業学研究
    8, 2, 49, 59
    1998年09月
  • 棒高跳びの動力学的解析(大たわみ理論に基づく基礎理論)(査読付き論文)
    共著
    大槻敦巳,大島成通
    日本機械学会論文集(C編)
    64, 623, 2403, 2410
    1998年07月
  • 細長はりの接触大変形解析(一定軸長の両端低剛性弾性支持はりが圧縮荷重を受ける場合)(査読付き論文)
    共著
    大槻敦巳,大島成通,本間隆史
    日本機械学会論文集(A編)
    64, 617, 66, 72
    1998年01月
  • The role of retinal bipolar cell in early vision: an implication with analogue networks and regularization theoryl(査読付き論文)
    共著
    T.Yagi, S.Ohshima and Y.Funahashi
    Biological Cybernetics
    77, 163, 171
    1997年10月
  • 初期視覚における網膜双極細胞の機能について(査読付き論文)
    共著
    八木哲也,大島成通,舟橋康行
    電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-情報処理
    J78, 7, 1123, 1133
    1995年07月
  • Computational Studies on the Interaction Between Red Cone and H1 Horizontal Cell(査読付き論文)
    共著
    S.Ohshima, T.Yagi and Y.Funahashi
    Vision Research
    Elsevier
    35, 1, 149, 160
    1995年02月

その他の研究業績

  • On the function of the retinal bipolar cell in early vision(国際会議プロシーディングス)
    共著
    S.Ohshima, T.Yagi and Y.Funahashi
    Proc. 3de European Symposium on Artificial Neural Networks
    193, 198
    1995年04月
  • (研究報告)軸圧縮はりの座屈後変形挙動の解析(軸長可変の場合)
    共著
    大槻敦巳,大島成通
    名城大学理工学部研究報告
    36, 48, 56
    1996年03月
  • (研究報告)軸圧縮はりの座屈後接触大変形解析
    共著
    大槻敦巳,大島成通
    名城大学理工学部研究報告
    37, 14, 22
    1997年03月
  • (研究報告)スプリングヒンジ軸圧縮はりの接触大変形解析
    共著
    大槻敦巳,大島 成通
    名城大学理工学部研究報告
    38, 50, 58
    1998年03月
  • Analysis of large deformation of Japanese bows
    共著
    A. Ohtsuki and S. Ohshima
    The Engineering of SPORT Research,Development and Innovation
    229, 237
    2000年06月
  • Simulation of the shape and dynamics of Japanese bows - Application of large deflection theory -(国際会議プロシーディングス)
    共著
    S.Ohshima, A.Ohtsuki
    The Book of the 4th International Conference on the Engineering of SPORT
    102, 107
    2002年09月
  • (学会発表)時空間特性を利用した多重解像度分析アナログ神経回路モデル
    共著
    平松右輔,大島成通
    電子情報通信学会技術研究報告(於名古屋工業大学)
    105, 457, 13, 18
    2005年12月
  • (研究委員会報告)軸圧縮法による薄板・細線の簡易弾性係数評価法
    共著
    大槻敦巳, 大島成通,他
    ばね論文集
    51, 63, 74
    2006年04月
  • Gaze Point Analysis in Movement Prediction of Soccer Players by Image Processing
    共著
    Y. Hiramatsu, S. Ohshima and A. Ohtsuki
    The Engineering of SPORT 6
    1, 333, 338
    2006年06月
  • (特集解説)[招待]ポールの大変形理論を用いた棒高跳び動作の最適化 (特集 工学的手法やコンピュータ処理技術を活用したバイオメカニクス研究)
    共著
    大島成通, 大槻敦巳
    バイオメカニクス研究
    12, 1, 49, 57
    2008年07月
  • Optimization of Long Jump Landing Motion using Musculoskeletal System Simulation (査読付き論文)[招待有り](国際会議プロシーディングス)
    共著
    H. Yokota, S. Ohshima and N. Mizuno
    Proceedings of the 5th International Symposium on Advanced Control of Industrial Processes
    444, 449
    2014年05月
  • Optimization and Visualization of Sit-to-Stand Motion using Musculoskeletal System (査読付き論文)[招待有り](国際会議プロシーディングス)
    共著
    H. Yokota, S. Ohshima and N. Mizuno
    Proceedings of the 1st IEEJ International Workshop on Sensing, Actuation, and Motion Control
    IS2-2
    2015年03月
  • (特集解説)[招待]多リンク人体- ポール連成棒高跳モデルに基づく 関節トルク入力とポール特性の同時最適化
    単著
    大島成通
    バイオメカニズム学会誌, Vol.39, No.1
    39, 1, 17, 23
    2015年05月
  • (ワークショップ解説)[招待]スポーツの分析と最適化
    単著
    大島成通
    日本機械学会2015年度年次大会講演論文集,No.15-1, (於 北海道大学)
    2015, No.15-1, "W231002"
    2015年09月
  • (事例紹介) [招待]スポーツにおける最適化シミュレーションの利用(小特集 勝利・記録に挑むスポーツ工学 - リオからピョンチャンそして2020東京へ-)
    単著
    大島成通
    日本機械学会誌
    119, 1172, 404, 405
    2016年07月
  • (解説)[招待]スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス
    その他
    大島成通
    機械工学年鑑2018
    2018, 178, 179
    2018年08月

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2007年05月, 出前講義「愛知県立一宮北高等学校」
  • 2008年11月, 出前講義「岐阜県立中津高等学校」
  • 2009年05月, 出前講義「愛知県立一宮北高等学校」
  • 2010年03月, 出前講義「栄徳高等学校」
  • 2010年10月, 講演:分科会“在宅ケアの介護を支える機械ステム工学”において,「視覚障害者の介護等に利用可能な視覚システムの開発」
  • 2011年05月, 講演:名城大学理工学部 総合講座(市民開放)において,「機械で眼は作れるの?~眼は本当の世界を写しているのか?~」
  • 2013年03月, 出前講義「栄徳高等学校」
  • 2013年05月, 出前講義「名城大学付属高校」
  • 2013年11月, 出前講義「名城大学付属高校」
  • 2014年05月, 出前講義「名城大学付属高校」
  • 2015年11月, 出前講義「名古屋市立向陽高等学校」
  • 2018年11月, 出前講義「愛知県立東海南高等学校」


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.