堀畑 正樹 ホリハタ マサキ

■所属
経営学部 国際経営学科
■職名
准教授
■性別
男性

基本情報

学歴

  • 1981/03 名古屋大学大学院 文学研究科 仏文学専攻博士課程 単位取得満期退学

現在所属している学会

  • 日本フランス語フランス文学会

研究活動

研究分野

  • ヨーロッパ文学(英文学を除く) / フランス文学
  • フランス文化・社会研究

教育研究への取り組み・抱負

  • 授業に対する取り組みで大切にしていることは、受講生一人一人の個性の把握に努め、授業をすすめることである。学生との対話を多くして、学生が漠然と持っている知識を明確にする手助けをする。学生が基礎学力を向上させ、ものの見方・考え方を深められるような授業にしていきたい。研究活動で大切にしていることは、文献を丹念にひとつひとつ読むことである。フランスや日本の文化・社会の深層に踏み込むことは容易なことではないが、何が問題なのか、何故そういうことが言えるのか、時間をかけてひとつひとつ検証していきたい。

学術論文

  • タイトル : 『狭き門』における語りの分析
    担当区分 : 単著
    誌名 : 「岐阜経済大学論集」
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 14(2) :
    出版年月 : 1980年06月
  • タイトル : アンドレ・ジッドとマドレーヌの葛藤
    担当区分 : 単著
    誌名 : 「名城商学」
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 43(別冊) :
    出版年月 : 1994年02月
  • タイトル : 『一粒の麦もし死なずば』再考
    担当区分 : 単著
    誌名 : 「名城商学」
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 47(別冊) :
    出版年月 : 1998年02月
  • タイトル : ジッドにおける生とエクリチュール
    担当区分 : 単著
    誌名 : 「名城商学」
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 49(別冊) :
    出版年月 : 1999年06月
  • タイトル : バルトの「アンドレ・ジッドとその日記に関する覚書」を読む
    担当区分 : 単著
    著者 : 堀畑正樹
    誌名 : 名城論叢
    出版社 : 名城大学経済・経営学会
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 第17巻(第2号) : 85 - 113
    出版年月 : 2016年11月

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2005年06月 「高校生のための公開講座・人間を創る」の講師を担当した。


ページのTOPへ