教員情報

小森 由美子
コモリ ユミコ
薬学部 薬学科
准教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    女性

大学院その他

  • 薬学研究科 薬学専攻, 准教授

学歴

  • 1983年03月, 名城大学大学院, 薬学研究科, 薬学専攻修士課程, 薬学修士, 修了
  • 1991年03月, 名城大学

現在所属している学会

  • 日本薬学会
  • 日本医療薬学会
  • 日本生化学会
  • 毒素シンポジウム
  • 日本感染症学会
  • 日本医真菌学会
  • 日本ワクチン学会
  • 日本細菌学会
  • 日本臨床微生物学会
  • 日本環境感染学会
  • 日本化学療法学会
  • EBIC (Evidence-based Infection Control) 研究会
  • 緑膿菌感染症研究会
  • ブドウ球菌研究会
  • 日本医用マススペクトル学会
  • 日本中毒学会

研究活動

研究分野

  • その他, 微生物学
  • その他, 生化学

教育研究への取り組み・抱負

    教育に対する取り組み: 医療現場で実際に役立つ知識を学生が修得できるように工夫しながら講義を行っている。   研究に対する取り組み: 研究結果が医療現場に還元できるような内容であることを心掛けている。  教育研究に係る課題と抱負: 近年学生の基礎学力の低下が顕著であり、また受身で自主性のない学生も多くなっているように思われる。 基礎学力を底上げしないまま専門教育を懸命に行っても効果は低いため、学生には「厳しい」と感じられても、学生の自主努力を促しつつサポートするような教育法を研究していきたい。

著書

  • Enzymes from Snake Venom
    Toshiaki Nikai and Yumiko Komori
    Alaken Inc.
    1998年
    共著
    pp.287~316
  • 新しい 微生物学 第4版
    安達禎之,井口法男,井上能博、打矢恵一、小森由美子、鈴木啓太郎、二改俊章、野口雅久、濱島肇、細野哲司、松本達二、三浦典子、三上 健、渡部俊彦
    廣川書店
    2001年02月
    共著
    pp. 401~434
  • 第5版 微生物学 実験書
    杉原久義、橋爪清松、森 健、河野恵
    廣川書店
    2007年08月
    共著
    pp.1~29, pp.118~129
  • Handbook of Proteolytic Enzymes 3rd Edn.
    Toshiaki Nikai, Yumiko Komori 他
    Elsevier Ltd.
    2012年12月
    共著
    pp.705~706

学術論文

  • Structure-Activity Relationship of Phospholipase A2s Isolated from Vipera aspis Venom.(査読付き論文)
    共著
    Yumiko Komori, Yasuo Nakamura, Izumi unokuchi, Toshiaki Nikai
    Int. J. Biochem. Res. Rev.
    2, 50, 59
    2012年04月
  • Agkistrodon piscivorus piscivorus毒由来の二つの出血因子について(査読付き論文)
    共著
    小森由美子、今見治代、二改俊章
    名城大学総合研究所総合学術研究論文集
    名城大学総合研究所
    11, 67, 75
    2012年03月
  • Isolation and Biochemical Characterization of Rubelase, a Non-hemorrhagic Elastase from Crotalus ruber ruber (Red Rattlesnake) Venom(査読付き論文)
    共著
    Yumiko Komori, Kaname Sakai, Katsuyoshi Masuda and Toshiaki Nikai
    Toxins
    3, 900, 910
    2011年07月
  • High-yields Heterologous Production of the Novel Aspergillus fumigatus elastase Inhibitor AFUEI in Aspergillus oryaze.(査読付き論文)
    共著
    Nobuo Yamashita, Yumiko Komori, Yoshiyuki Okumura, Keiichi Uchiya, Takeshi Matsui, Akira Nishimura, Kenji Ogawa, Toshiaki Nikai
    J. Biosci. Bioeng.
    112, 114, 117
    2011年07月
  • Biological and pathological studies of rosmarinic acid as an inhibitor of hemorrhagic Trimeresurus flavoviridis (habu) venom.(査読付き論文)
    共著
    Hnin Thanda Aung, Toshiaki Nikai, Yumiko Komori, Tsunemasa Nonogaki, Masatake Niwa and Yoshiaki Takaya
    Toxins
    2, 2478, 2489
    2010年10月
  • 薬学部6年制度における早期体験学習の効果的実施法の構築とその検証-少人数グループ学習を基盤とした学生主導型教育-(査読付き論文)
    共著
    田口忠緒、伊藤達雄、吉田 勉、西田幹夫、谷野秀雄、小森由美子、村田富保、野田幸裕
    名城大学教育年報
    名城大学総合研究所
    4, 19, 28
    2010年03月
  • Comparison of Sea Snake (Hydrophiidae) Neurotoxin to Cobra (Naja) Neurotoxin.(査読付き論文)
    共著
    Yumiko Komori, Masaya Nagamizu, Kei-ichi Uchiya, Toshiaki Nikai and Anthony T. Tu
    Toxins
    1, 151, 161
    2009年12月
  • Isolation and Chemical Characterization of a Toxin Isolated from the Venom of the Sea Snake, Hydrophis torquatus aagardi.(査読付き論文)
    共著
    Masaya Nagamizu, Yumiko Komori, Kei-ichi Uchiya, Toshiaki Nikai and Anthony T. Tu
    Toxins
    1, 162, 172
    2009年12月
  • 問題解決能力育成を目指した薬学型PBLと支援システム(査読付き論文)
    共著
    大津史子、永松正、灘井雅行、豊田行康、後藤伸之、平松正行、吉田勉、小森由美子、長谷川洋一、亀井浩行、野田幸裕、森 健
    IT活用教育方法研究
    12, 6, 10
    2009年11月
  • 各種臨床分離細菌の消毒剤抵抗性,(査読付き論文)
    共著
    小森由美子、武田恵美子、星野好美、二改俊章
    名城大学総合研究所総合学術研究論文集
    名城大学総合研究所
    8, 37, 45
    2009年03月
  • Biological properties of elastase inhibitor, AFLEI from Aspergillus flavus.(査読付き論文)
    共著
    Yoshiyuki Okumura, Kenji Ogawa, Kei-ichi Uchiya, Yumiko Komori, Tsunemasa Nonogaki and Toshiaki Nikai
    Jpn. J. Med. Mycol.
    49, 87, 93
    2008年10月
  • メチシリン耐性ブドウ球菌の家族内伝播.(査読付き論文)
    共著
    小森由美子、見田貴裕、二改俊章
    環境感染
    23, 4, 245, 250
    2008年10月
  • 市中におけるメチシリン耐性ブドウ球菌の鼻腔内保菌者に関する調査.(査読付き論文)
    共著
    小森由美子、二改俊章
    環境感染
    20, 3, 164, 170
    2005年10月
  • 病院環境菌の薬剤耐性・消毒剤抵抗性の調査と医療スタッフへのデータ還元の効果.(査読付き論文)
    共著
    小森由美子、福田 修子、伊藤由紀、黒木朝子、二改俊章
    環境感染
    18, 2, 240, 246
    2003年02月
  • 看護・在宅介護の現場における吸引カテーテルと消毒剤の取り扱いに関する指導マニュアルの検討.(査読付き論文)
    共著
    小森由美子、赤澤知美、森部初美、荻野賀子、劉秀娥、二改俊章
    医療薬学
    28, 5, 478, 483
    2002年05月
  • A Novel Low Molecule Hemorrhagic Toxin from Trimeresurus flavoviridis (Yorojima) Venom.(査読付き論文)
    共著
    Toshiaki Nikai, Maki Tateoka, Yumiko Komori, and Rieko Tatematsu
    J. Natural Toxins
    11, 3, 155, 163
    2002年03月
  • Characterization of Habu Thrombin-like Enzyme (HTLE) with a New N-terminal Sequence from the Venom of Trimeresurus flavoviridis (Habu).(査読付き論文)
    共著
    Yumiko Komori, Kikuyo Tanaka, and Toshiaki Nikai
    J. Natural Toxins
    11, 3, 205, 212
    2002年03月
  • Amino Acid Sequence and Biological Properties of the Phospholipase A2-II from the Venom of Agkistrodon bilineatus (Common cantil).(査読付き論文)
    共著
    Yumiko Komori, Akihito Ohara, and Toshiaki Nikai
    J. Natural Toxins
    11, 3, 261, 264
    2002年03月
  • Primary Structure and Pathological Study of Phospholipase A2-I from Agkistrodon bilineatus (Common cantil) venom.(査読付き論文)
    共著
    Yumiko Komori, Akihito Ohara, and Toshiaki Nikai
    J. Natural Toxins
    11, 2, 139, 147
    2002年02月
  • Hemorrhagic Activity and Muscle Damaging Effect of Pseudomonas aeruginosa Metalloproteinase (elastase).(査読付き論文)
    共著
    Yumiko Komori, Tsunemasa Nonogaki and Toshiaki Nikai
    Toxicon
    39, 1327, 1332
    2001年09月
  • Thrombin-like Enzyme, Flavovilase, with Kinin-releasing Activity from Trimeresurus flavoviridis (Habu) Venom.(査読付き論文)
    共著
    Yumiko Komori, Rieko Tatematsu, Sayuri Tanida and Toshiaki Nikai
    J. Natural Toxins
    10, 239, 248
    2001年09月
  • Characterization of Coagulase from Staphylococcus intermedius.(査読付き論文)
    共著
    Yumiko Komori, Naoko Iimura, Reiko Yamashita, Hisayoshi Sugihara, Hideo Igarashi and Toshiaki Nikai
    J. Natural Toxins
    10, 111, 118
    2001年04月

講演・口頭発表等

  • 〔学会発表〕一般健常人及び医療従事者から分離したメチシリン耐性ブドウ球菌(MRSA, MRCNS) の遺伝子の特徴
    共著
    小森由美子、二改俊章
    第81回日本感染症学会総会(京都)
    2007年04月
    日本感染症学会
  • 〔学会発表〕健常人から分離したメチシリン耐性ブドウ球菌の遺伝子の特徴と伝播経路に関する検討
    共著
    見田貴裕、西澤圭祐、平島学、二改俊章、小森由美子
    第53回日本薬学会東海支部大会(名古屋)
    2007年07月
    日本薬学会東海支部
  • 〔学会発表〕健常人から分離したメチシリン耐性ブドウ球菌の特徴
    共著
    小森由美子、見田貴裕、西澤圭祐、二改俊章
    第44回日本細菌学会中部支部総会(蒲郡)
    2007年10月
    日本細菌学会中部支部
  • 〔学会発表〕薬学部学生の予防接種に関する意識と予防接種歴の調査基礎的研究
    共著
    小森由美子、岡本光美、伊藤達雄
    第18回日本医療薬学会年会(札幌)
    2008年09月
    日本医療薬学会
  • 〔学会発表〕健常人から分離した黄色ブドウ球菌と医療施設から分離したMRSAの特徴
    共著
    見田貴裕、二改俊章、小森由美子
    第45回日本細菌学会中部支部総会(金沢)
    2008年10月
    日本細菌学会中部支部
  • 〔学会発表〕Aspergillus flavus の産生する病原因子としてのエラスターゼについて
    共著
    奥村欣由、小川賢二、小森由美子、二改俊章
    平成20年度日本薬学会東海支部例会(静岡)
    2008年12月
    日本薬学会東海支部
  • 〔学会発表〕薬学部学生の予防接種歴と意識調査
    単著
    小森由美子
    第24回日本環境感染学会総会(横浜)
    2009年02月
    日本環境感染学会
  • 〔学会発表〕黄色ブドウ球菌の発現調節遺伝子agrと毒素産生能についての検討
    共著
    見田貴裕、二改俊章、小森由美子
    第83回日本細菌学会総会(名古屋)
    2009年03月
    日本細菌学会
  • 〔学会発表〕ウミヘビ(Hydrophis torguatus aagardi, Praescutata viperina)毒中の神経毒性因子の全一次構造およびその性質
    共著
    長水正也、Anthony T. Tu、打矢恵一、小森由美子、二改俊章
    日本薬学会第129年会(京都)
    2009年03月
    日本薬学会
  • 〔学会発表〕Agkistrodon bilineatus毒中のProtein C activatorの性質
    共著
    新垣逸美、大暮友里香、二改俊章、小森由美子
    第55回日本薬学会東海支部大会(名古屋)
    2009年07月
    日本薬学会東海支部
  • 〔学会発表〕Characterization of Protein C activator from the venom of Agkistrodon bilineatus
    共著
    新垣逸美、大暮友里香、野々垣常正、二改俊章、小森由美子
    第6回名古屋・南京・瀋陽 薬学学術シンポジウム(名古屋)
    2009年09月
  • 〔学会発表〕Aspergillus nidulansが産生するエラスターゼインヒビターの性質およびその部分一次構造について
    共著
    鈴川 誠、奥村欣由、打矢恵一、小森由美子、小川賢二、二改俊章
    日本薬学会第130年会(岡山)
    2010年03月
    日本薬学会
  • 〔学会発表〕Aspergillus属が産生するエラスターゼインヒビターの精製とその性質
    共著
    奥村欣由、鈴川 誠、打矢恵一、小川賢二、小森由美子、山下伸雄、二改俊章
    第4回アスペルギルス研究会(千葉)
    2010年07月
    アスペルギルス研究会
  • 〔学会発表〕実務実習に向けた感染症対策
    共著
    小森由美子、岡本光美、田口忠緒、黒野俊介、長谷川洋一
    第20回日本医療薬学会年会(千葉)
    2010年11月
    日本医療薬学会
  • 〔学会発表〕薬学部新入生における予防接種歴の調査と、第4期MR混合ワクチン接種開始前後における各種抗体価の推移
    共著
    小森由美子、田口忠緒
    第14回日本ワクチン学会学術集会(東京)
    2010年12月
    日本ワクチン学会
  • 〔学会発表〕メキシコマムシ(Agkistrodon bilineatus)毒中のProtein C acti-vatorの生理活性
    共著
    小嶋俊輝、新垣逸美、二改俊章、小森由美子
    日本薬学会第131年会(静岡)
    2011年03月
    日本薬学会
  • 〔学会発表〕医療実習を行う学生に対する予防接種指導に関する検討
    単著
    小森由美子
    第54回日本感染症学会中日本地方会学術集会(奈良)
    2011年11月
    日本感染症学会
  • 〔学会発表〕大学新入生における各種抗体価の推移と、第4期MR混合ワクチン接種の効果
    単著
    小森由美子
    第15回日本ワクチン学会学術集会(東京)
    2011年12月
    日本ワクチン学会
  • 〔学会発表〕ヒト培養細胞を用いた肺アスペルギルス症病態モデル作成の検討
    共著
    小森由美子、奧村欣由、二改俊章
    第85回日本細菌学会総会(長崎)
    2012年02月
    日本細菌学会
  • 〔学会発表〕ヒメハブ(沖縄)毒由来の新規出血因子の性質と部分一次構造
    共著
    村上恵梨、小森由美子、打矢恵一、野々垣常正、二改俊章
    第58回日本薬学会東海支部大会(静岡)
    2012年07月
    日本薬学会東海支部
  • 〔学会発表〕MRSA臨床分離株と健常人由来株の解析
    共著
    星野裕子、二改俊章、小森由美子
    第58回日本薬学会東海支部大会(静岡)
    2012年07月
    日本薬学会東海支部
  • 〔学会発表〕調剤薬局における手指衛生向上に向けた取り組み
    共著
    松本将明、大澤和貴、小森由美子、二改俊章
    第45回日本薬剤師会学術大会(浜松)
    2012年10月
    日本薬剤師会
  • 〔学会発表〕健常人からのメチシリン耐性ブドウ球菌検出率と菌株の特徴
    共著
    小森由美子、星野裕子、見田貴裕、二改俊章
    フォーラム2012:衛生薬学・環境トキシコロジー(名古屋)
    2012年10月
    日本薬学会
  • 〔学会発表〕薬学部学生に対する予防接種指導とその効果の検証
    共著
    小森由美子、田口忠緒、黒野俊介、伊東亜紀雄、山田重行、長谷川洋一
    第16回日本ワクチン学会学術集会(横浜)
    2012年11月
    日本ワクチン学会
  • 〔学会発表〕薬学部新入生における各種ワクチン接種率の推移と第4期MRワクチン接種の効果
    単著
    小森由美子
    第28回日本環境感染学会総会(横浜)
    2013年03月
    日本環境感染学会

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2003年07月, 名城大学校友会山口支部総会において「テーマ:身のまわりの毒」の講師を務める。
  • 2003年10月, 名城大学主催公開講座において「テーマ:ペットと感染症」の講師を務める。
  • 2007年03月, 「夢のたまご塾」飛騨アカデミー2007春セミナー(中高生・対象)において「テーマ:人の健康と微生物」の講師を務める。
  • 2007年05月, 名城大学校友会山口支部総会において「テーマ:感染症を理解する!」の講師を務める。
  • 2007年08月, 東海漢方協議会市民公開講座において「テーマ:わかりやすい感染症の話―最近話題の感染症について」の講師を務める。
  • 2007年09月, 名城大学Day公開講座において「テーマ:人の健康と微生物」の講師を務める。
  • 2010年01月, 桑名市認定市民大学講座において、「知らぬと危険、身の回りの毒!」について講演。
  • 2011年05月, 桑名市在良公民館において、「心豊かに生きよう連続講座」で「人の健康と微生物」について講演。
  • 2011年10月, 岐阜県立大垣東高等学校にて、模擬講義「感染症とその予防」を実施。
  • 2011年11月, 名城大学校友会岡山県支部総会において「テーマ:人の健康と微生物」の講師を務める。
  • 2011年12月, 名古屋市立桜台高等学校にて、模擬講義「感染症とその予防」を実施。
  • 2012年09月, 名城大学校友会広島県支部総会にて「テーマ:ヒトの健康と感染症について」の講師を務める。
  • 2013年03月, 愛知県栄徳高等学校にて、模擬講義「身の回りの毒」を実施。
  • 2013年09月, 愛知県春日井高等学校にて、模擬講義「身の回りの毒」を実施。
  • 2014年01月, 名城大学付属高等学校にて模擬講義「微生物の特徴と感染症の予防・治療」を実施。
  • 2015年07月, 稲沢市勤労福祉会館における子育てセミナーにて「テーマ:予防接種で感染予防」の講師を務める。
  • 2016年06月, 名城大学校友会東北支部総会にて「テーマ:ヒトの健康と微生物」の講師を務める。
  • 2017年07月, 名古屋市立向陽高等学校にて、出前講義「身の回りの毒」を実施。
  • 2017年10月, 尾張旭市中央公民館にて、「知らぬと危険、身の回りの毒!」について講演。


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.