教員情報

東田 明
ヒガシダ アキラ
経営学部 国際経営学科
教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    男性

大学院その他

  • 経営学研究科 経営学専攻, 教授

学歴

  • 2006年03月, 神戸大学大学院, 経営学研究科, 博士課程後期課程, 修了

現在所属している学会

  • 環境経済・政策学会
  • 日本会計研究学会
  • 日本社会関連会計学会
  • 日本原価計算研究学会

委員歴(学外)

  • 2008年09月, 2010年09月, 日本会計研究学会特別委員会, 日本会計研究学会

研究活動

研究分野

  • 会計学, 社会環境会計論
  • 会計学, 管理会計論

教育研究への取り組み・抱負

    環境会計を活用した環境経営の実践を,社会的コンテクストと共に理解することを目指す。特に,マテリアルフローコスト会計をはじめとする環境管理会計を活用する企業において,「環境」という視点が企業活動にどのような影響を与えるのかについて明らかにすることを目指す。

学術論文

  • 温室効果ガス排出量情報開示の現状と影響要因—電気機器業界を中心に—
    共著
    東田明・趙晨彤
    社会関連会計研究
    30, 1, 15
    2018年10月
  • 温室効果ガス削減に関わる業績指標の利用と環境パフォーマンスへの影響要因
    単著
    東田明
    メルコ管理会計研究
    10, 2, 65, 80
    2018年09月
  • CSR報告書におけるネガティブ情報の開示-新聞報道の影響と正統性―
    共著
    楚雪・東田明
    社会関連会計研究
    29, 53, 68
    2017年11月
  • 戦略におけるサステナビリティの統合 —サステナビリティ・コントロール・システム研究に見る現状と課題—
    単著
    東田明
    名城論叢
    17, 4, 113, 123
    2017年03月
  • 日本の製造業における温室効果ガス排出量指標の重要性
    単著
    東田明
    名城大学綜合研究所紀要
    22, 5, 8
    2017年03月
  • 温室効果ガス削減のためのマネジメント・コントロール -日本の製造業を中心に-
    単著
    東田明
    名城論叢
    17, 2, 39, 50
    2016年11月
  • 環境目標設定の複雑性
    単著
    東田明
    名城論叢
    第15巻, 特別号, 35, 44
    2015年03月
  • エコ・エフィシエンシーの制度化と環境会計の役割
    単著
    名城大学総合研究所紀要
    20, 81, 84
    2015年03月
  • 「企業経営における環境と経済の離反と統合−MFCA導入事例を通して−」
    共著
    東田明・國部克彦
    『国民経済雑誌』
    210, 1
    2014年07月
  • 「環境管理会計における可視性の創造と変容:A社におけるマテリアルフローコスト会計実践の時系列分析を通じて」
    共著
    東田明・國部克彦・篠原阿紀
    『日本情報経営学会誌』
    33, 4, 65, 78
    2013年09月
  • 「環境管理会計とジャスト・イン・タイム生産」
    単著
    河田信・田中武憲編著
    『ジャスト・イン・タイム経営と社会との調和』
    105, 129
    2013年09月
  • Introducing Material Flow Cost Accounting and Creating Visibility –Analyzing MFCA in practice based on a longitudinal case study-
    共著
    東田明・國部克彦・篠原阿紀
    7th Asia Pacific Interdisciplinary Research in Accounting Conference
    2013年07月
  • マテリアルフローコスト会計と既存の生産管理手法との比較検討の意義ーマテリアルフローコスト会計と管理会計システムの連携の可能性ー(査読付き論文)
    単著
    社会関連会計研究
    24, 113, 123
    2012年11月
  • 「グリーン・サプライチェーン・マネジメントを支援する環境管理会計―マテリアルフローコスト会計の適用可能性―」
    単著
    『環境経営意思決定を支援する会計システム』第7章
    145, 167
    2011年12月
  • 「マテリアルロス削減活動の課題の克服に向けて―サンデンの事例を中心に―」(査読付き論文)
    単著
    『社会関連会計研究』
    23, 71, 83
    2011年11月
  • 「環境管理会計研究の回顧と展望」
    共著
    東田明,國部克彦,大西靖,堀口真司
    『国民経済雑誌』
    198, 1, 95, 112
    2008年07月
  • 「マテリアルフローコスト会計のサプライチェーンへの拡張」
    単著
    『企業会計』
    60, 1, 122, 129
    2008年01月
  • 「マテリアルフローコスト会計のサプライチェーンへの拡張」
    単著
    『企業会計』
    60, 1, 122, 129
    2008年01月
  • 「日本企業の環境報告における情報開示と規定要因-2003年発行の環境報告書分析を中心に-」(査読付き論文)
    共著
    東田明・國部克彦・川原千明
    『社会関連会計研究』
    17, 29, 38
    2005年12月
  • 「日本企業の環境報告における情報開示と規定要因-2003年発行の環境報告書分析を中心に-」(査読付論文)
    共著
    『社会関連会計研究』
    17, 29, 38
    2005年12月

講演・口頭発表等

  • Re-examining the Practices of EMA in the Context of Sustainable Development
    共著
    2015年07月
  • Creating workable performance measures to promote sustainability: Effect of control design on organizational change
    Akira Higashida, Hirotsugu Kitada
    The Environmental and Sustainability Management Accounting Network
    2015年09月
  • Management Control Systems for Material Flow Cost Accounting : A Case of Japanese Company
    Hirotsugu Kitada, Akira Higashida
    6th International Conference on Industrial Engineering and Operations Management
    2016年03月
  • 温室効果ガス削減活動の業績指標とその利用実態
    東田明
    日本社会関連会計研究学会西日本部会
    2016年07月
  • Information Flow of Environmental Management Accounting and its Effect on Environmental Management Capabilities
    Akira Higashida, Hirotsugu Kitada
    the 8th Asia-Pacific Interdisciplinary Research in Accounting Conference
    2016年07月
  • Environmental performance indicators for carbon management: Evidence from Japanese companies
    Akira Higashida
    the 20th Conference of the Environmental and Sustainability Management Accounting Network
    2016年09月
  • CSR 報告書におけるネガティブ情報の開示―新聞報道の影響の視点から―
    楚雪・東田明
    日本社会関連会計学会 全国大会
    2016年10月
  • 温室効果ガス削減のためのマネジメント・コントロール・システムとパフォーマンス
    東田明・東健太郎
    日本社会関連会計学会 西日本部会
    2017年07月
  • 環境業績指標の利用と特性:温室効果ガス排出量の削減を中心に
    東田明
    日本原価計算研究学会 全国大会
    2017年09月
  • マテリアルロス削減と全社展開の重要性
    東田明
    2017年08月
    台湾環境管理会計協会
  • 「環境経営のためのマネジメント・コントロール・システムに関する研究」スタディグループ中間報告
    東田明,東健太郎,岡照⼆,⾦藤正直,北⽥皓嗣,篠原阿紀,⽵原正篤,天王寺⾕達将
    日本社会関連会計学会 全国大会
    2017年10月
  • 温室効果がス排出量情報開示の現状と影響要因
    東田明・趙晨彤
    日本社会関連会計学会
    2017年10月
  • Exploratory study for continuous use of material flow cost accounting
    Tatsumasa Tennojiya, Akira Higashida, Hirotsugu Kitada, Jaehong Kim
    The Centre for Social and Environmental Research (CSEAR), North-Asia conference
    2017年11月
  • 温室効果ガス削減目標と業績指標の利用
    東田明
    日本社会関連会計学会 西日本部会
    2018年07月
  • The relationship between Greenhouse gas emission reduction targets and GHG performance indicators
    Akira Higashida
    30th International Congress on Social and Environmental Accounting Research
    2018年08月
  • 「環境経営のためのマネジメント・コントロール・システムに関する研究」スタディグループ最終報告
    東田明,東健太郎,岡照⼆,⾦藤正直,北⽥皓嗣,篠原阿紀,⽵原正篤,天王寺⾕達将
    日本社会関連会計学会
    2018年10月
  • GHG 情報開示の変化と影響要因
    東田明,楚雪,朱曦
    日本社会関連会計学会 全国大会
    2018年10月

その他の研究業績

  • MFCAのサプライチェーンへの展開:LCAとの連携を視野に
    単著
    東田明
    日本LCA学会誌
    12, 2, 66, 70
    2016年04月


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.