教員情報

前田 智彦
マエダ トモヒコ
法学部 法学科
教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    男性

大学院その他

  • 法学研究科 法律学専攻, 教授

学歴

  • 1995年03月, 東京大学, 法学部, 卒業
  • 1997年03月, 東京大学大学院, 法学政治学研究科, 法社会学専攻修士課程, 修了

職歴

  • 1997年04月, 2000年09月, 東京大学大学院, 法学政治学研究科, 助手, (法社会学担当)
  • 2001年04月, 2003年03月, 立教大学, 法学部, 助手, (基礎文献購読担当)
  • 2003年04月, 2006年03月, 札幌大学, 法学部法学科, 講師, (民事訴訟法担当)
  • 2006年04月, 2007年03月, 札幌大学, 法学部法学科, 助教授, (民事訴訟法担当)
  • 2007年04月, 2008年03月, 札幌大学, 法学部法学科, 准教授, (民事訴訟法担当)
  • 2008年04月, 2013年03月, 名城大学, 法学部法学科, 准教授, (民事訴訟法担当)
  • 2013年04月, 名城大学, 法学部法学科, 教授, (民事訴訟法担当)
  • 2014年09月01日, 2015年08月26日, ハワイ大学, ロースクール, 客員研究者
  • 2015年08月26日, 2016年08月25日, ミシガン大学, ロースクール, 客員研究員

現在所属している学会

  • 日本法社会学会
  • 日本民事訴訟法学会
  • アメリカ法社会学会
  • 仲裁ADR法学会
  • アジア法社会学会

本学におけるその他の管理運営業績

  • 2019年04月, 名城大学附属図書館図書館長
  • 2011年08月24日, 名城大学附属高校生徒の裁判所見学を指導・引率(夏休み期間に実施)
  • 2012年08月24日, 名城大学附属高校生徒の裁判所見学の事前指導(夏休み中の登校日に実施)

研究活動

研究分野

  • 基礎法学, 法社会学
  • 民事法学, 民事訴訟法

研究キーワード

  • 法社会学(司法過程論)
  • 民事訴訟法

教育研究への取り組み・抱負

    研究に関して:民事司法過程の実証的研究に取り組んでいます。より具体的には、(1)民事訴訟の訴訟運営や手続的決定がどのように行われているか、どのように行われるべきか、(2)日本社会にどのような質・量の法的問題が生じているのか、その処理に民事司法手続が使われるのはどのような場合か、といった問題を、各種の調査、データに基づいて検討しています。

著書

  • 『現代日本の紛争処理と民事司法3 裁判経験と訴訟行動』
    東京大学出版会
    2010年09月
    共著
    pp.117-136
  • 『法社会学の新世代』
    有斐閣
    2009年03月
    共著
    pp.98-121
  • 『民事手続における法と実践 栂善夫先生・遠藤賢治先生古稀祝賀』
    伊藤眞=上野泰男=加藤哲夫(編)
    成文堂
    2014年03月
    共著
    pp.81-100

学術論文

  • 顧客は弁護士をどう評価するか―法律相談利用者の弁護士に対する関係的側面での評価の弁護士満足度への影響
    単著
    前田智彦
    ダニエルH.フット ほか(編)『村山眞維先生古希記念 法の経験的科学の確立に向けて』
    信山社
    201, 213
    2019年03月
  • 利用者調査からみたADRに対する期待とADRにおける弁護士の役割
    単著
    『仲裁とADR』
    12, 20, 27
    2017年05月
  • 法社会学におけるコンピュータ支援調査の展望
    単著
    『理論と方法』
    30, 2, 241, 252
    2015年05月
  • 法使用行動に対する評価の規定要因に関するサーベイ実験――質問票調査とインターネット調査の比較をまじえて(査読付き論文)
    単著
    『名城大学 総合学術研究論文集』
    10, 19, 28
    2011年03月
  • Claiming Damages in Automobile Accidents in Japan
    単著
    『Societas / Communitas』
    12, 155, 166
    2011年03月
  • 非強制型スキームによる訴訟運営の実効性と限界――民事訴訟当事者・代理人調査データによる分析結果から
    単著
    『名城法学』
    59, 特別号, 690, 668
    2010年11月
  • An Internet Survey Experiment over Japanese People’s Judgment on Use of Lawyers and Courts: The Findings from Nationwide Internet Survey of General Public regarding Civil Litigation”
    単著
    『名城法学』
    58, 4, 98, 121
    2009年03月
  • 紛争行動インターネット調査の基本集計 (1)
    共著
    田巻 帝子,前田 智彦,杉野 勇,南方 暁,村山 眞維
    『法政理論』
    41, 3・4, 202, 240
    2009年03月
  • 紛争行動インターネット調査の基本集計 (2)
    共著
    田巻 帝子,前田 智彦,杉野 勇,南方 暁,村山 眞維
    『法政理論』
    42, 1, 157, 180
    2009年03月
  • 民事司法における裁判補助の法社会学的考察-裁判所書記官による裁判補助を中心に-(1)~(未完)
    単著
    『法学協会雑誌』
    123, 2
    2006年02月
  • 民事訴訟機能拡大の要請下での手続決定過程の重要性-政策形成型訴訟を主たる材料として(査読付き論文)
    単著
    『法社会学』
    63
    2005年09月
  • 弁護士任官の促進と訴訟運営における弁護士の役割
    単著
    『札幌法学』
    15, 2
    2004年03月
  • アメリカ国民の司法観と2000年大統領選挙
    単著
    『アメリカ法』2001年
    2
    2001年12月
  • 裁判官の判断過程の相互作用論的分析-裁判官の準拠集団と様々な役割パートナーの影響
    単著
    『本郷法政紀要』
    6
    1997年07月
  • 書評 Brian J. Ostrom, Charles W. Ostrom, Jr., Roger A. Hanson, & Matthew Kleiman, Trial Courts as Organizations
    前田 智彦
    法社会学
    日本法社会学会
    2009, 71, 189, 194
    2009年

講演・口頭発表等

  • 日本の新旧ADR:ADR機関利用者調査にもとづくADRモデル間の比較
    単著
    前田智彦
    アメリカ法社会学会2015年大会
    2015年05月29日
    アメリカ法社会学会
  • 真実と平和:当事者のADRに対する期待とその影響
    単著
    前田智彦
    アメリカ法社会学会2016年大会
    2016年06月04日
    アメリカ法社会学会
  • 日本の金融市場におけるADRと法の支配:グローバル金融市場時代における展開
    共著
    前田智彦(共著者:アンドリュー・M・パーディック)
    2017年メキシコシティ・国際法社会学会
    2017年06月23日
    アメリカ法社会学会,国際法社会学会,カナダ法社会学会,日本法社会学会

その他の研究業績

  • 判例評釈・平成7年7月7日最高裁判所第二小法廷判決民集49巻7号1870頁および同2599頁(国道43号線事件最高裁判決)
    単著
    『法学協会雑誌』
    115, 7
    1997年07月
  • 判例評釈・平成9年4月10日最高裁判所第一小法廷判決民集51巻4号1972頁
    単著
    『法学協会雑誌』
    115, 11
    1997年11月
  • 外国判例紹介・「法律扶助のための弁護士信託預金口座利息プログラム(IOLTA)と連邦憲法第5修正の正当な補償条項(Just Compensation Clause)-Brown etal. v. Legal Foundation of Washington et al.,538 U.S._. 123 S. Ct. 1406 (2003) 」
    『ジュリスト』
    1257
    2003年12月
  • 論文紹介「裁判官の事実認定に対する認知心理学的検証 Chris Guthrie, Jeffery J. Rachlinski, & Andrew J. Wistrich, Inside the Judicial Mind」
    単著
    『アメリカ法』2002年
    1
    2002年07月
  • 座談会・当事者は民事裁判に何を求めるのか?(上)
    共著
    河合幹雄,守屋明,垣内秀介,前田智彦,永石一郎,須藤典明,加藤新太郎
    『判例タイムズ』
    1289, 5, 27
    2009年04月
  • 座談会・当事者は民事裁判に何を求めるのか?(上)
    共著
    河合幹雄,守屋明,垣内秀介,前田智彦,永石一郎,須藤典明,加藤新太郎
    『判例タイムズ』
    1290, 61, 98
    2009年05月


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.