伊藤 康児 イトウ コウジ

■所属
人間学部 人間学科
■職名
教授
■性別
男性

基本情報

大学院その他

  • 人間学研究科 人間学専攻 教授
  • 総合学術研究科 総合学術専攻 教授

学歴

  • 1981/03 名古屋大学大学院 教育学研究科 博士後期課程教育心理学専攻 単位取得満期退学

職歴

1983年04月-1988年03月 名城大学教職課程部専任講師(教育心理学)
1988年04月-1995年03月 名城大学教職課程部助教授(教育心理学)
1995年04月-2003年03月 名城大学教職課程部教授(教育心理学Ⅰ、教育心理学Ⅱ)
1999年04月-2003年03月 名城大学教職課程部長 併任
2002年04月-2011年03月 名城大学大学院総合学術研究科教授 併任博士前期課程(人間行動学特論、人間・社会科学特別研究)
2002年04月-名城大学大学院総合学術研究科教授 併任博士後期課程(人間・社会科学特殊研究)
2003年04月-名城大学人間学部教授(心理学概論 ほか)
2009年04月-2013年03月 名城大学人間学部学部長 併任
2009年04月-2013年03月 学校法人名城大学評議員 併任
2011年04月-名城大学大学院人間学研究科教授 併任修士課程(人間学特別研究、人間学特別演習、教育人間行動学特論、発達心理学演習)
2011年04月-2013年03月 名城大学大学院人間学研究科研究科長 併任

現在所属している学会

  • 日本心理学会
  • 日本教育心理学会
  • 日本行動計量学会
  • 日本教育情報学会
  • 日本科学教育学会
  • 日本老年看護学会
  • 日本学校保健学会

委員歴(学外)

2010年02月-名古屋市社会教育委員
2012年12月-2012年12月名城大学附属高等学校PTA教育講演会 講師

研究活動

研究分野

  • 教育心理学 / 教育心理学

研究キーワード

  • 学習過程
  • 認知
  • 思考
  • 学習指導
  • 協同学習

教育研究への取り組み・抱負

  • 心理学系の授業では、知識を伝えるだけでなく、人間の心の働きを、だれもが納得できるように、科学の筋みちにそって探究する心理学研究の枠組みをしっかり理解するよう促している。学部・大学院学生の研究活動の支援については、学生が生き生きと探究活動に打ち込めるよう、テーマの選定、学術情報の収集、論旨の展開、結論の明確化の各段階において、一人ひとりに合ったアドバイスや励ましをするよう心がけている。

学術論文

  • タイトル : A study of Maslow’s Hierarchy of Needs and Decision-Making(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : 岸博之・伊藤康児・杉浦伸・木下栄蔵
    誌名 : Springer-Verlag Intelligent Decision Technologies: Smart Innovation, Systems and Technologies
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 1589 - 97
    出版年月 : 2012年05月
  • タイトル : 自動車用ヘッドアップディスプレイのオーグメンテッドリアリティインタフェースへの応用と認知特性上の課題(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : 岡林繁・金子航・安藤理恵・伊藤康児
    誌名 : 都市情報学研究
    出版社 : 名城大学情報学部
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : (16) : 39 - 46
    出版年月 : 2011年03月
  • タイトル : 在宅閉じこもり高齢者の支援方法に関する検討 -回想法と運動指導を用いた効果-(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : 古田加代子・流石ゆり子・伊藤康児・石田小百合・伊藤昌子・権田寿子
    誌名 : 愛知県立看護大学紀要
    出版社 : 愛知県立看護大学
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 1525 - 32
    出版年月 : 2009年12月
  • タイトル : 附属高校と大学との7ヵ年接続教育
    担当区分 : 単著
    著者 : 伊藤康児
    誌名 : 大学と学生
    出版社 : 独立行政法人 日本学生支援機構/新聞ダイジェスト社
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : (72号(通巻546号)) : 20 - 26
    出版年月 : 2009年09月
  • タイトル : 終末期を介護老人福祉施設で暮らす後期高齢者のQOLとその関連要因(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : 流石ゆり子・伊藤康児
    誌名 : 老年看護学
    出版社 : 日本老年看護学会
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 12(1) : 87 - 93
    出版年月 : 2007年10月
  • タイトル : 高校生の攻撃受動性と攻撃性及び社会的スキルとの関係(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : 金子恵一・伊藤康児・服部洋兒・村松常司・藤田定
    誌名 : 学校保健研究
    出版社 : 日本学校保健学会
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 49(4) : 302 - 312
    出版年月 : 2007年10月

講演・口頭発表等

  • タイトル : 建築における施主の価値観と意思決定の研究
    担当区分 : 共著
    講演者 : 岸 博之・伊藤康児・杉浦伸・ 木下栄蔵
    会議名 : 日本オペレーションズ・リサーチ学会2011年秋季研究発表会アブストラクト集
    開催年月日 : 2011年09月
    主催者 : 日本オペレーションズ・リサーチ学会
  • タイトル : 在宅閉じこもり高齢者の現在の生活に対する思い
    担当区分 : 共著
    講演者 : 古田加代子・流石ゆり子・伊藤康児
    会議名 : 日本在宅ケア学会第12回学術集会抄録集
    開催年月日 : 2008年03月
    主催者 : 日本在宅ケア学会
  • タイトル : 終末期を介護老人福祉施設で暮らす後期高齢者のQOL(生活満足度)関連要因
    担当区分 : 共著
    講演者 : 流石ゆり子・伊藤康児
    会議名 : 日本老年看護学会第11回学術集会抄録集
    開催年月日 : 2006年11月
    主催者 : 日本老年看護学会
  • タイトル : 中程度の白内障における発光型文字の知覚
    担当区分 : 共著
    講演者 : 原口正義・伊藤康児
    会議名 : 第31回日本行動計量学会大会発表論文集
    開催年月日 : 2003年09月
    主催者 : 日本行動計量学会
  • タイトル : 高齢者の閉じこもりの実態とその心理的要因
    担当区分 : 共著
    講演者 : 古田加代子・伊藤康児
    会議名 : 第31回日本行動計量学会大会発表論文集
    開催年月日 : 2003年09月
    主催者 : 日本行動計量学会
  • タイトル : 2種類の事例提示方式と主観的な典型例の有無とによってもたらされる典型性評定値の変動
    担当区分 : 単著
    講演者 : 伊藤康児
    会議名 : 日本教育心理学会第29回総会発表論文集
    開催年月日 : 1987年10月
    主催者 : 日本教育心理学会
  • タイトル : 2刺激間距離判断事態に及す典型性の効果 -色カテゴリーを材料として-
    担当区分 : 単著
    講演者 : 伊藤康児
    会議名 : 日本心理学会第45回大会発表論文集
    開催年月日 : 1981年09月
    主催者 : 日本心理学会
  • タイトル : 2刺激間距離判断事態での標準点のなりやすさ
    担当区分 : 単著
    講演者 : 伊藤康児
    会議名 : 第9回日本行動計量学会大会
    開催年月日 : 1981年09月
    主催者 : 日本行動計量学会大会
  • タイトル : 対連合学習における刺激色の典型性の効果
    担当区分 : 単著
    講演者 : 伊藤康児
    会議名 : 日本教育心理学会第23回総会発表論文集
    開催年月日 : 1981年08月
    主催者 : 日本教育心理学会
  • タイトル : プロトタイプの標準点機能 -色カテゴリーを材料として-
    担当区分 : 単著
    講演者 : 伊藤康児
    会議名 : 日本教育心理学会第22回総会発表論文集
    開催年月日 : 1980年10月
    主催者 : 日本教育心理学会

その他の研究業績

  • タイトル : 幼児をもつ親の子育て意識
    担当区分 : 共著
    著者 : 大西美香子・加藤幸久・伊藤康児
    誌名 : 第55回総会発表論文集
    出版社 : 日本教育心理学会
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [364]-
    出版年月 : 2013年08月
  • タイトル : 原著者:シャラン, Y., シャラン, S.邦訳表題:「協同」による総合学習の設計 -グループ・プロジェクト入門-原語の表題:Expanding Cooperative Learning Through Group Investigation(1992年刊行)
    担当区分 : 共訳
    著者 : 石田裕久・杉江修治・伊藤篤・伊藤康児
    誌名 : 北大路書房
    出版年月 : 2001年02月
  • タイトル : 原著者:ジョンソン, D.W., ジョンソン, R.T., ホルベック, E.J. 邦訳の表題:学習の輪 -アメリカの協同学習入門-原語の表題:Circles of Learning: Cooperation in classroom(1993年刊行)
    担当区分 : 共訳
    著者 : 杉江修治・石田裕久・伊藤康児・伊藤篤
    誌名 : 二瓶社
    出版年月 : 1998年04月
  • タイトル : 観点別学習状況の評価の観点ごとの総括、評定への総括をどうくふうするか(連続特集 学習評価の工夫・改善②評価の客観性・信頼性をどう高めていくか)
    担当区分 : 単著
    著者 : 伊藤康児
    誌名 : 教職研修 2004年8月号 
    出版社 : 教育開発研究所
    出版年月 : 2004年08月
  • タイトル : 勉強に集中できる子・できない子
    担当区分 : 単著
    著者 : 伊藤康児
    誌名 : 児童心理(平成15年 4月号)
    出版社 : 金子書房
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [461]-[466]
    出版年月 : 2003年04月
  • タイトル : 目標に準拠した評価に改めることによって評定はどう変わるか(連続特集 新学習指導要領を生かす評価の改善(2) 指導要録の改善のポイントは何か)
    担当区分 : 単著
    著者 : 伊藤康児
    誌名 : 教職研修 2001年4月号
    出版社 : 教育開発研究所
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [40]-[41]
    出版年月 : 2001年04月
  • タイトル : おおいに困ろう、進歩の具合を確かめよう、人にたずね、いっしょに学ぼう
    担当区分 : 単著
    著者 : 伊藤康児
    誌名 : 「自ら学び・考える力の育成」全課題徹底理解(新教育課程の論点徹底理解 №4)
    出版社 : 教育開発研究所
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [110]-[113]
    出版年月 : 1998年09月
  • タイトル : 集中できる環境づくり -教室や時間割の工夫-
    担当区分 : 単著
    著者 : 伊藤康児
    誌名 : 児童心理(平成10年 4月号)
    出版社 : 金子書房
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [31]-[36]
    出版年月 : 1998年04月

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 1995年02月 愛知県豊明市 成人大学講座・婦人学級・家庭教育学級 各講師
  • 2002年08月 愛知県西加茂郡三好町立三好北中学校 職業講座 講師
  • 2002年11月 名古屋市立山田高等学校 進路指導講座 講師
  • 2003年04月 名城大学附属高等学校 普通科国際クラス 講師 (現在に至る)
  • 2004年01月 名古屋市立山田高等学校 進路指導講座 講師
  • 2009年03月 名古屋経済大学高蔵高等学校 総合的な学習の時間 講師
  • 2012年03月 名城大学附属高等学校PTA教育講演会 講師


ページのTOPへ