教員情報

平野 達也
ヒラノ タツヤ
農学部 生物資源学科
教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    男性

大学院その他

  • 農学研究科 農学専攻, 教授

学歴

  • 1993年04月, 1996年03月, 神戸大学大学院, 自然科学研究科, 資源生物科学専攻博士後期課程, 修了
  • 1996年03月,  

受賞学術賞

  • 2017年03月29日
    日本作物学会
    日本作物学会論文賞
    Involvement of α-amylase genes in starch degradation in rice leaf sheaths at the post-heading stage.
    日本作物学会が発行する国際誌、Plant Production Scienceの第18巻3号に掲載された記載の論文が2017年度の日本作物学会論文賞の受賞対象となった。

現在所属している学会

  • 日本作物学会
  • 日本農芸化学会
  • 日本熱帯農業学会
  • 日本植物生理学会
  • アメリカ合衆国植物生理学会
  • 日本作物学会東海支部

委員歴(学外)

  • 2002年04月01日, 日本作物学会東海支部 幹事, 日本作物学会東海支部
  • 2011年04月01日, 2014年03月, 日本熱帯農業学会 研究集会委員会幹事, 日本熱帯農業学会
  • 2012年04月01日, 2014年03月, 日本作物学会 和文誌編集委員会幹事, 日本作物学会
  • 2014年04月, 2018年03月, 日本作物学会和文誌編集委員 , 日本作物学会
  • 2014年04月, 2016年03月, 日本作物学会東海支部庶務幹事 , 日本作物学会

研究活動

研究分野

  • 作物学・雑草学, 作物学
  • 植物分子生物・生理学, 植物生理学
  • 分子生物学, 分子生物学

教育研究への取り組み・抱負

     主要な研究テーマは、「イネ茎葉部のデンプン・糖代謝制御機構の解明」および「窒素環境の変化に対するイネの応答機構に関する研究」である。これらの目標とするところは、今後の食糧増産や環境に配慮した農業体系の確立に必要なイネの特性を解明し、新たな栽培技術や品種開発の目標を確立することである。またそれら以外にも、タイ・ラオスにおける浮稲の栽培調査、水田における水稲栽培と稲わらを活用したメタン発酵によるエネルギー生産の循環的農業システムの確立、靱皮繊維作物の繊維細胞の発達と糖代謝の関係についても取り組んでいる。 農学を理解するには生命科学的な視点だけでなく、社会科学的な知識も必要となる。そのため、教育においては、様々な分野に興味を持ち、幅広い視野に立って物事を判断することができる人材を育成したいと考えている。

学術論文

  • Characterization of sugar metabolism in the stem of Tachisuzuka, a whole-crop silage rice cultivar with high sugar content in the stem.(査読付き論文)
    共著
    Yoichi Hashida, Sakurako Kadoya, Masaki Okamura, Yu Sugimura, Tatsuya Hirano, Tatsuro Hirose, Satoshi Kondo, Chikara Ohto, Ryu Ohsugi and Naohiro Aoki
    Plant Production Science
    21, 3, 233, 243
    2018年04月
  • Internodal elongation under submergence in the Amazonian wild rice species Oryza glumaepatula: the growth response is induced by hypoxia but not by ethylene(査読付き論文)
    共著
    D. Sasayama, T. Okishio, T. Hirano, H. Fukayama, T. Hatanaka, M. Akimoto and T. Azuma
    Plant Growth Regulation
    85, 123, 132
    2018年02月
  • Two β-amylase genes, OsBAM2 and OsBAM3, are involved in starch remobilization in rice leaf sheaths.(査読付き論文)
    共著
    T. Hirano, T. Higuchi, M. Hirano, Y. Sugimura and H. Michiyama
    Plant Production Science
    19, 291, 299
    2016年04月
  • β-アミラーゼ遺伝子:OsBAM5の発現抑制がイネ葉植物体の生長およびデンプン含量に及ぼす影響(査読付き論文)
    共著
    杉村優有、平野美奈子、道山弘康、平野達也
    名城大学農学部学術報告
    59, 1, 9
    2016年03月
  • Novel β-1,4-mannanase belonging to a new glycoside hydrolase family in Aspergillus nidulans(査読付き論文)
    共著
    M. Shimizu, Y. Kaneko, S. Ishihara, M. Mochizuki, K. Sakai, M. Yamada, S. Murata, E. Itoh, T. Yamamoto, Y. Sugimura, T. Hirano, N. Takaya, T. Kobayashi and M. Kato
    Journal of Biological Chemistry
    46, 27914, 27927
    2015年11月
  • Involvement of α-amylase genes in starch degradation in rice leaf sheaths at the post-heading stage.(査読付き論文)
    共著
    Y. Sugimura, H. Michiyama and T. Hirano
    Plant Production Science
    18, 277, 283
    2015年07月
  • Ethylene is not involved in adaptive responses to flooding in the Amazonian wild rice species Oryza grandiglumis.(査読付き論文)
    共著
    T. Okishio, D. Sasayama, T. Hirano, M. Akimoto, K. Itoh and T. Azuma
    Journal of Plant Physiology
    174, 49, 54
    2015年02月
  • Growth promotion and inhibition of the Amazonian wild rice species Oryza grandiglumis to survive flooding(査読付き論文)
    共著
    T. Okishio, D. Sasayama, T. Hirano, M. Akimoto, K. Itoh and T. Azuma
    Planta
    240, 459, 469
    2014年06月
  • Differences in elongation growth between floating and deepwater rice plants grown under severe flooding in Thailand.(査読付き論文)
    共著
    T. Hirano, P. Bekhasut, W. Sommut, S. Zungsontiporn, A. Kondo, H. Saka and H. Michyama
    Field Crops Research
    160, 73, 76
    2014年04月
  • 稲わらを資源とした水田での再生可能エネルギー(バイオメタン)の創製-GETシステムの構築-(査読付き論文)
    共著
    濱田千晶,山田理昴,吉田浩平,本田修二,細田晃文,片山好春,林義明,村野宏達,平野達也,田村廣人
    名城大学農学部学術報告
    49, 1, 10
    2013年03月
  • Identification of two plastid-targeted β-amylases in rice(査読付き論文)
    共著
    T, Hirano, Y. Yakahashi, H. Fukayama and H. Michiyama
    Plant Production Science
    14, 318, 324
    2011年10月
  • Construction of novel vectors for transformation of Lentinula edodes using a chitin synthase gene promoter(査読付き論文)
    共著
    T, Sato, K. Okawa and T. Hirano
    Journal of Bioscience and Bioengineering
    111, 117, 120
    2011年02月
  • Cloning and characterization of a Lentinus edodes class II chitin synthase gene, LeChs2(査読付き論文)
    共著
    T, Sato, K. Okawa and T. Hirano
    Bioscience, Biotechnology and Biochemistry
    74, 1707, 1709
    2010年08月
  • Effects of day length and air and soil temperatures on sesamin and sesamolin contents of sesame seed(査読付き論文)
    共著
    T, Kumazaki, Y. Yamada, S. Karaya, M. Kawamura, T. Hirano, S. Yasumoto, M. Katsuta and H. Michiyama
    Plant Production Science
    12, 481, 491
    2009年10月
  • The tyrosinase-encoding gene of Lentinus edodes, Letyr, is abundantly expressed in the gills of the fruit-body during post-harvest preservation(査読付き論文)
    共著
    T. Sato, K. Kanda, K. Okawa, M. Takahashi, H. Watanabe, T, Hirano, K. Yaegashi, Y. Sakamoto and H. Uchimiya
    Bioscience, Biotechnology and Biochemistry
    73, 1042, 1047
    2009年05月
  • ソバ(Fagopyrum esculentum Moench)における成長および収量関連形質に及ぼす施肥量の影響(査読付き論文)
    共著
    道山弘康、有國真通、熊﨑 忠、平野達也
    名城大学農学部学術報告
    45, 17, 27
    2009年03月
  • ソバ(Fagopyrum esculentum Moench)における花房位置による開花および結実の差異(査読付き論文)
    共著
    道山弘康、熊﨑 忠、青島朋美、平野達也
    名城大学農学部学術報告
    45, 29, 35
    2009年03月
  • Inhibition of ammonium assimilation restores elongation of seminal rice roots repressed by high levels of exogenous ammonium(査読付き論文)
    共著
    T.Hirano, Y. Satoh, A. Ohki, R. Takada, T. Arai and H. Michiyama
    Physiologia Plantarum
    134, 183, 190
    2008年09月
  • Heterologous expression of lcc1 from Lentinula edodes in tobacco BY-2 cells results in the production an active, secreted form of fungal laccase(査読付き論文)
    共著
    Y. Sakamoto, K. Nakade, A. Yano, Y. Nakagawa, T. Hirano, T. Irie, H. Watanabe, M. Nagai and T. Sato
    Applied Microbiology and Biotechnology
    79, 971, 980
    2008年09月
  • Effects of day length and air temperature on stem growth and flowering in Sesame(査読付き論文)
    共著
    T. Kumazaki, Y. Yamada, S. Karaya, T. Tokumitsu, T. Hirano, S. Yasumoto, M. Katsuta and H. Michiyama
    Plant Production Science
    11, 178, 183
    2008年04月
  • ゴマ(Sesamum indicum L.)の成長,開花および着果に及ぼす施肥量の影響(査読付き論文)
    共著
    熊﨑 忠、吉村和倫、平野達也、勝田真澄、道山弘康
    名城大学農学部学術報告
    44, 1, 6
    2008年03月
  • ゴマ (Sesamumindicum L.) の発芽および幼植物の成長に及ぼす温度の影響.(査読付き論文)
    共著
    熊﨑忠、平野達也、勝田真澄、道山弘康
    名城大学農学部学術報告
    44, 7, 11
    2008年03月
  • Virus-induced gene silencing of 14-3-3 genes abrogates dark repression of nitrate reductase activity in Nicotiana benthamiana.(査読付き論文)
    共著
    T. Hirano, A. Ito, T. Berberich, R. Terauchi and H. Saitoh
    Molecular Genetics and Genomics
    248, 125, 133
    2007年10月
  • The effect of the amount of nitrogen fertilizer on starch metabolism of leaf sheath in japonica and indica rice varieties during the heading period.(査読付き論文)
    共著
    T. Hirano, Y. Saito, H. Ushimaru and H. Michiyama 
    Plant Production Science
    8, 122, 130
    2005年06月
  • Influence of day length on stem growth, flowering, morphology of flower clusters, and seed-set in buckwheat (Fagopyrum esculentum Moench).(査読付き論文)
    共著
    H. Michiyama, K. Tsuchimoto, K. Tani, T. Hirano, H. Hayashi and C. Campbell
    Plant Production Science
    8, 44, 50
    2005年01月
  • Isolation of genes specifically expressed in the fruit body of the edible basidiomycete Lentinus edodes(査読付き論文)
    共著
    T. Hirano, T. Sato and H. Enei
    Bioscience, Biotechnology and Biochemistry
    68, 468, 472
    2004年02月
  • Influence of day length before and after the start of anthesis on the growth, flowering and seed-setting in common buckwheat(査読付き論文)
    共著
    H. Michiyama, M. Arikuni, T. Hirano and H. Hayashi
    Plant Production Science
    6, 235, 242
    2003年12月
  • Stable transformation of Pleurotus ostreatus to hygromycin B resistance using Lentinus edodes GPD expression signals(査読付き論文)
    共著
    T. Irie, Y. Honda, T. Hirano, T. Sato, H. Enei, T. Watanabe and M. Kuwahara
    Applied Microbiology and Biotechnology
    56, 707, 709
    2001年06月
  • Efficient transformation of the edible basidiomycete Lentinus edodes with a vector using glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase promoter to hygromycin B resistance(査読付き論文)
    共著
    T. Hirano, T. Sato, K. Yaegashi and H. Enei
    Molecular and General Genetics
    263, 1047, 1052
    2000年08月
  • Isolation and chracterization of the glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase gene of Lentinus edodes(査読付き論文)
    共著
    T. Hirano, T. Sato, K. Okawa, K. Kanda, K. Yaegashi and H. Enei
    Bioscience, Biotechnology and Biochemistry
    63, 1223, 1227
    1999年07月
  • Transformation of the edible basidiomycete Lentinus edodes by restriction enzyme-mediated integration of plasmid DNA(査読付き論文)
    共著
    T. Sato, K. Yaegashi, S. Ishii, T. Hirano, S. Kajiwara, K. Shishido and H. Enei
    Bioscience, Biotechnology and Biochemistry
    62, 2346, 2350
    1998年12月
  • Relationship between export rate of photoassimilates and activation state of sucrose phosphate symthase in submerged floating rice(査読付き論文)
    共著
    T. Hirano, N. Uchida, T. Azuma and T. Yasuda
    Japanese Journal of Crop Science
    66, 675, 681
    1997年10月
  • Effect of submergence on distribution of photoassimilates and activities of sucrose metabolizing enzymes in sink organs of floating rice(査読付き論文)
    共著
    T. Hirano, N. Uchida, T. Azuma and T. Yasuda
    Japanese Journal of Crop Science
    65, 540, 548
    1996年07月
  • Growth and distribution of photoassimilates in floating rice under submergence(査読付き論文)
    共著
    T. Hirano, H. Koshimura, N. Uchida, T. Azuma and T. Yasuda
    Japanese Journal of Tropical Agriculture
    39, 177, 183
    1995年09月
  • Involvement of the decrease in levels of abscisic acid in the internodal elongation of submerged floating rice(査読付き論文)
    共著
    T. Azuma, T. Hirano, Y. Deki, N. Uchida, T. Yasuda and T. Yamaguchi
    Journal of Plant Physiology
    146, 323, 328
    1995年03月

講演・口頭発表等

  • (学会発表)窒素環境の変化に対するイネ根の生育応答に関する生理学的解析
    共著
    平野達也,佐藤善一,真弓亜希子,大木淳,道山弘康
    日本作物学会第218回講演会(沖縄コンベンションセンター)
    2004年10月
  • (学会発表)Serial Analysis of Gene Expression(SAGE)法による深水条件下の浮稲節間における発現遺伝子の解析
    共著
    平野達也,松村英生,藤澤志津子,道山弘康,寺内良平
    日本作物学会第219回講演会(日本大学)
    2005年03月
  • (学会発表)ゴマの生育,収量および収量構成要素に及ぼす高地温の影響
    共著
    熊崎忠,道山弘康,河村真理子,平野達也,安本知子,勝田眞澄
    日本作物学会第219回講演会(日本大学)
    2005年03月
  • (学会発表)ゴマ種子中のセサミンおよびセサモリン含有率に及ぼす栽培環境の影響
    共著
    熊崎忠,平野達也,安本知子,勝田眞澄,道山弘康
    日本作物学会第220回講演会(岩手大学)
    2005年09月
  • (学会発表)多窒素施肥条件下で栽培したイネ葉鞘のデンプン代謝における日本型とインド型の品種間差異
    共著
    平野達也,五十嵐憲郎,道山弘康
    日本作物学会第221回講演会(東京大学)
    2006年03月
  • (学会発表)ヒマの種子収量構成要素に及ぼす1株植え付け本数の影響
    共著
    道山弘康,後藤知香,平野達也
    日本熱帯農業学会第100回講演会(名城大学)
    2006年10月
  • (学会発表)浮稲の節間伸長停止における水面と葉鞘先端の関係
    共著
    道山弘康,平野達也,谷賢一郎,宮地豊宗,亀原杏沙,加藤隆久
    日本熱帯農業学会第100回講演会(名城大学)
    2006年10月
  • (学会発表)ソバにおける夏型秋型の品種生態に及ぼす温度の影響
    共著
    道山弘康,吉村和倫,平野達也,林久喜
    日本作物学会第223回後講演会(茨城大学)
    2007年03月
  • (学会発表)ソバの結実に及ぼす歩行型・飛来型別訪花昆虫の受粉活動制限の影響
    共著
    道山弘康,漆畑雅紀,大谷活真,坂本裕克,山岸健三,平野達也
    日本作物学会第223回後講演会(茨城大学)
    2007年03月
  • (学会発表)ゴマ種子におけるセサミンおよびセサモリンの蓄積過程に及ぼす気温の影響
    共著
    熊崎忠,柄谷周作,平野達也,勝田眞澄,道山弘康
    日本作物学会第223回後講演会(茨城大学)
    2007年03月
  • (学会発表)タイの河川氾濫地帯に見られる浮稲の生長特性の現地調査(予報)
    共著
    道山弘康,平野達也,Panatda Bhekasut,Siriporn ZUngsontiporn,近藤歩,礒井俊行,坂齊
    日本作物学会第223回後講演会(茨城大学)
    2007年03月
  • (国際学会発表)Varietal Differences among the Buckwheat Cultivars in Canada and Japan in the Long-day Condition before Flowering followed by Short-day Condition.
    共著
    H. Michiyama, M. Urushibata, R. Hosono, T. Hirano and C. Campbell
    10th International Symposium on Buckwheat (Northwest A&F University, China)
    2007年08月
  • (国際学会発表)Effect of interruption of pollination by walking or flying insects on seed-set in buckwheat.
    共著
    H, Michiyama, M. Urushibata, I. Otani, H. Sakamoto, K. Yamagishi and T. Hirano
    10th International Symposium on Buckwheat (Northwest A&F University, China)
    2007年08月
  • (国際学会発表)Influence of Air Temperature on Varietal Differences between Summer and Autumn Ecotype in Buckwheat.
    共著
    H. Michiyama, K. Yoshimura, T. Hirano and H. Hayashi
    10th International Symposium on Buckwheat (Northwest A&F University, China)
    2007年08月
  • (国際シンポジウム発表)Sugar metabolism in elongating internodes of submerged floating rice plants.
    単著
    Tatsuya Hirano
    Meijo Symposium on Floating Rice 2007 (Meijo University, Nagoya, JAPAN)
    2007年09月
  • (国際学会発表)The relationship between beta-amylase and starch degradation in rice leaf sheath after heading
    単著
    Tatsuya Hirano, Yusuke Takahashi, Maki Fujiwara, Eiko Yamazaki, Saki Fujita and Hiroyasu Michiyama
    5th International Crop Science Congress (Jeju, Korea)
    2008年04月
  • (学会発表)登熟期間中のイネ葉鞘におけるデンプン分解とβ-アミラーゼとの関係
    共著
    高橋悠介、藤原真紀、道山弘康、平野達也
    日本作物学会第226回講演会(神戸大学)
    2008年09月
  • (学会発表)登熟期間中のイネ葉鞘におけるβ-アミラーゼ遺伝子の発現解析
    共著
    高橋悠介,道山弘康,平野達也
    日本作物学会第228回講演会(静岡コンベンションセンター)
    2009年09月
  • (学会発表)多収性イネ品種の葉鞘における出穂後のデンプンおよびショ糖代謝関連酵素遺伝子の発現解析
    共著
    平野達也,尾子正宏,原昂史,道山弘康
    日本作物学会第230回講演会(北海道大学)
    2010年09月
  • (招待講演)タイの洪水地帯における浮稲栽培を中心とした農業
    単著
    平野達也
    日本作物学会東海支部第141回講演会(名城大学)
    2010年08月
  • (学会発表)高濃度のアンモニウムイオンに対するイネ幼植物体の応答における品種間差異
    共著
    平野達也,伊藤優司,荒井俊郎,野々山裕,山本奈保美,道山弘康
    日本作物学会第232回講演会(山口大学)
    2011年09月
  • (学会発表)インド型イネ品種の葉鞘における出穂後のデンプン分解に関わる染色体領域の解析
    共著
    平野達也,栗木拓也,二村祥平,本田麻弓,道山弘康
    日本作物学会第234回講演会(東北大学)
    2012年09月
  • (学会発表)靭皮繊維作物における繊維細胞の発達と糖代謝関連酵素との関係
    共著
    杉村優有,道山弘康,平野達也
    日本作物学会第234回講演会(東北大学)
    2012年09月
  • (学会発表)タイの浮稲栽培地帯プラチンブリとバンバンの農家における浮稲栽培の位置づけの違い
    共著
    道山弘康,平児慎太郎,Panatda Bhekasut,Siriporn Zungsontiporn,平野達也,近藤歩,礒井俊行,坂齊
    日本熱帯農業学会第112回講演会(名古屋大学)
    2012年10月
  • (学会発表)イネ茎葉部のデンプン代謝におけるβ-アミラーゼ遺伝子,OsBAM2の役割
    共著
    平野達也,太田千尋,平野美奈子,道山弘康
    日本作物学会第235回講演会(明治大学)
    2013年03月
  • (学会発表)ソバの発芽,成長および収量に及ぼす播種直後の土壌過湿の影響
    共著
    道山弘康,吉村和倫,近藤歩,平野達也
    日本作物学会第235回講演会(明治大学)
    2013年03月
  • (国際学会発表)Effect of day length and temperature on the number of short internode and the angle of lateral branches to the main stem in a Kiku-type buckwheat line.
    共著
    Hiroyasu, Michiyama, Masayuki Tokunaga, Tatsuya Hirano, and Clayton Campbell
    The 11th International Symposium on Buckwheat
    2010年07月
  • (学会発表)休閑期水田を利用した物質循環型再生可能エネルギー(バイオメタン)の創製-GETシステムの構築-
    共著
    濱田千晶,五十嵐理,太田みさき,細田晃文,平野達也,田村廣人
    日本農芸化学会2013年度大会(東北大学)
    2013年03月
  • (国際学会発表)Effect of day and night temperature on the expression of the plant shape in a Kiku-type buckwheat line.
    共著
    Hiroyasu Michiyama, Kunikazu Wakabayashi, Tatsuya Hirano, Ayumu Kondo, M. Nagano and Clayton Campbell
    The 12th International Symposium on Buckwheat
    2013年08月
  • (学会発表)低酸素環境が誘導する浮稲節間の伸長反応
    共著
    原田翔平,伊藤俊輔,笹山大輔,平野達也,伊藤一幸,東哲司
    日本作物学会第236回講演会(鹿児島大学)
    2013年09月
  • (学会発表)有機資材投入による水田でのメタン生産が土壌に与える影響
    共著
    西井渡、村野宏達、林義明、濱田千晶、平野達也、片山好春、礒井俊行、田村廣人
    日本土壌肥料学会2013年度大会(名古屋大学)
    2013年09月
  • (学会発表)出穂後のイネ葉鞘におけるデンプン含量の変化とデンプン分解関連酵素遺伝子の発現との関係
    共著
    杉村優有,道山弘康,平野達也
    日本作物学会第237回講演会(千葉大学)
    2014年03月
  • (学会発表)メタン創生水田土壌中の物質動態-第3報 メタン創生のために投入した稲わら残渣の水稲への肥料効果
    共著
    深松将太、西井渡、大竹宏紀、中村伊吹、村野宏達、細田晃文、林義明、平野達也、片山好春、磯井俊行、田村廣人
    日本土壌肥料学会2014年大会(東京農工大学)
    2014年09月
  • (国際学会発表)The relationship between diurnal changes in starch content and the expression levels of β-amylase genes in rice leaf blades.
    共著
    Yu Sugimura, Hiroyasu Michiyama and Tatsuya Hirano
    8th Asian Crop Science Association Conference
    2014年09月
  • (国際学会発表)A role of beta-amylase genes, OsBAM2 and OsBAM3 in starch degradation in rice leaf sheaths at the post-heading stage
    共著
    Tatsuya Hirano, Yu Sugimura, Yusuke Kurokawa, Minako Hirano and Hiroyasu Michiyama
    4th International Rice Congress
    2014年10月
  • (学会発表)イネ葉身でのデンプン含量の日変化におけるβ-アミラーゼの関与
    共著
    杉村優有、道山弘康、平野達也
    日本作物学会第239講演会(日本大学)
    2015年03月
  • (学会発表)β-アミラーゼ遺伝子、OsBAM5の発現抑制系統はイネ葉鞘においてデンプン過剰の表現型を示す
    共著
    杉村優有、平野美奈子、道山弘康、深山浩、平野達也
    日本作物学会第240回講演会(信州大学)
    2015年09月
  • (学会発表)イネ葉鞘におけるデンプン含量の変化とα-グルカンホスホリラーゼ活性との関係
    共著
    樋口貴之、道山弘康、平野達也
    日本作物学会第242回講演会(龍谷大学)
    2016年09月
  • (学会発表)水田土壌に施用した稲わらの繊維成分がアンモニア酸化細菌のamoA活性・動態および消化に与える影響の解明
    共著
    中村伊吹、細田晃文、林義明、平野達也、磯井俊行、田村廣人、村野宏達
    日本土壌肥料学会2016年大会(佐賀大学)
    2016年09月
  • (国際学会発表)Effect of day length and temperature on the growth, flowering and seed-setting in a rice-Tartary buckwheat line.
    共著
    Hiroyasu Michiyama, Kota Oizumi, Ryosuke Takano, Tatsuya Hirano, Tatsuro Suzuki and Toshikazu Morishita
    13th International Symposium on Buckwheat
    2016年09月
  • (招待講演)イネ葉鞘において出穂期以降のデンプン分解に関与する遺伝子の探索と機能解析
    共著
    平野達也、杉村優有、樋口貴之
    日本作物学会第243回講演会ミニシンポジウム(東京大学)
    2017年03月
  • (学会発表)エゴマの生育、収量構成要素および含油率における栽培地間および系統間の差異
    共著
    平野達也、田中哲司、鬼頭雅也、川口稜司、山田直輝、杉浦宏之、渡邊靖洋、道山弘康
    日本作物学会第244回講演会(岐阜大学)
    2017年09月
  • (学会発表)水田での高効率なバイオメタン生産法(GETシステム)の確立に関する研究
    共著
    柴田康平、森下創太、陳韶華、大場正春、平野達也、村野宏達、林義明、前林正弘、片山好春、田村廣人
    日本農芸化学会2018年度大会(名城大学)
    2018年03月

その他の研究業績

  • (研究報告)窒素環境の変化に対するイネの形態的および生理的応答機構の解析
    共著
    平野達也・佐藤善一
    名城大学総合研究所紀要
    10, 77, 81
    2005年03月
  • (研究報告)窒素環境の変化に対するイネ植物体の形態的および生理的適応機構の解明-イネ種子根の生長とグルタミン蓄積との関係-
    共著
    平野達也・荒井俊郎
    名城大学総合研究所紀要
    12, 77, 80
    2007年03月
  • (翻訳)Raven & Johnson Biology 7th edition, レーヴン・ジョンソン生物学(下)
    共訳
    片桐千明,浦野明央,北田一博,清水隆,高田泰弘,堀口健雄,山崎健一,小池達郎,鈴木範男,高畑雅一,松島俊也,馬渡駿介,山本興太朗,平野達也(他74名)
    培風館
    781, 794
    2007年05月
  • (研究報告)登熟期のイネ葉鞘における貯蔵デンプンの分解と糖の転流の制御機構-β-アミラーゼとショ糖リン酸合成酵素遺伝子に関して-
    共著
    平野達也・高橋悠介・原昂史
    名城大学総合研究所紀要
    14, 167, 170
    2009年03月
  • (資料)Utilization of the weeds grown in flood-prone rice fields for folk crafts
    共著
    H. Michiyama, S. Zungsontiporn, P. Bhekasut, T. Hirano, A. Kondo, T. Isoi, S. Hirako and H. Saka
    Scientific Reports of the Faculty of Agriculture, Meijo University-2009
    45, 45, 49
    2009年03月
  • (招待講演要旨)タイの洪水地帯における浮稲栽培を中心とした農業
    単著
    平野達也
    東海作物研究
    141, 5, 5
    2011年01月
  • (研究報告)超多収イネ品種の葉鞘におけるデンプン代謝関連酵素遺伝子の発現解析
    共著
    平野達也・太田千尋
    名城大学総合研究所紀要
    16, 105, 108
    2011年03月
  • (寄稿)GETシステム-休閑期水田を利用した稲ワラ由来再生可能エネルギー(バイオメタン)の創製-
    共著
    濱田千晶・平野達也・田村廣人
    BIOINDUSTRY
    シーエムシー出版
    29, 12, 13, 22
    2012年11月
  • (研究報告)イネ茎葉部のデンプン代謝におけるβ-アミラーゼ遺伝子、OsBAM2およびOsBAM3の機能解析
    共著
    杉村優有、平野達也
    名城大学総合研究所紀要
    20, 105, 108
    2015年03月
  • (研究報告)超多収イネ品種の茎葉部において機能するデンプン分解関連酵素遺伝子の同定
    共著
    平野達也、杉村優有、西脇利恵
    名城大学総合研究所紀要
    23, 117, 120
    2018年03月

外部資金

  • 2006
    文部科学省
    科学研究費助成事業(科学研究費補助金)若手研究(B)
    出穂期から登熟期のイネの稈における炭水化物の動態
    2006年, 2008年
    平野 達也
  • 2009
    文部科学省
    科学研究費助成事業(科学研究費補助金)基盤研究(C)
    出穂後のイネ葉鞘におけるデンプン代謝の制御と登熟との関係
    2009年, 2011年
    平野達也
  • 2012
    文部科学省
    科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)
    登熟期間中のイネ葉鞘におけるデンプン分解関連酵素遺伝子の機能解析
    2012年, 2014年
    平野達也
  • 文部科学省
    科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)
    南米野生イネの洪水適応反応
    2012年, 2014年
    神戸大学・農学研究科・准教授・東 哲司
  • 2014
    文部科学省
    科学研究費助成事業(科学研究費補助金)基盤研究B
    イネ茎部の非構造性炭水化物組成の遺伝的改変に向けた代謝制御因子の探索
    2014年, 2016年
    東京大学大学院・農学生命科学研究科・助教・青木直大
  • 2015
    文部科学省
    科学研究費助成事業(科学研究費補助金)基盤研究(C)
    イネ茎葉部におけるデンプン分解制御に関わる遺伝子の機能およびその品種間差異の解明
    2015年, 2017年
    平野達也
  • 2018
    文部科学省
    科学研究費助成事業(科学研究費補助金)基盤研究C
    イネの稈や葉鞘における出穂後のデンプン分解に係わる遺伝子の機能解析
    2018年, 2020年
    平野達也

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2005年08月, 名城大学オープンキャンパスでの農学部模擬講義担当
  • 2007年08月, 名城大学オープンキャンパスでの農学部模擬実験担当
  • 2007年10月, 名城大学オープンキャンパスでの農学部模擬実験担当
  • 2008年03月, 附属高校SSHコース進級者対象の実験講座担当(3月22日実施)
  • 2008年07月, 附属高校との高大連携講座 実験講座担当(7月19日実施)
  • 2008年07月, 名城大学附属高等学校との高大連携講座「植物のDNA抽出とPCR法によるコメの品種判別」を実施(平成22年7月まで)
  • 2010年10月, 半田東高校における出前講義を担当
  • 2012年08月, 教員免許状更新講習「科学力パワーアップ1:資源植物の特性と利用」担当
  • 2012年09月, 新城東高校における出前講義「作物の多様性と育種が私たちの生命・生活を支えている」を担当

その他の社会貢献業績(国際貢献、産業支援等)

  • 2006年05月, 2008年12月, タイ国・プラチンブリイネ研究センターと浮稲栽培の現地調査に関する共同研究(研究代表者:道山教授)
  • 2007年09月, 2007年09月, 浮稲に関する国際シンポジウム(9月18日;名城大学で開催)にて口頭発表
  • 2008年04月, 2008年04月, 第5回国際作物学会議(4月13〜18日;韓国・済州にて開催)にてポスター発表
  • 2011年11月, 2011年11月, ラオス・ビエンチャン近郊のドンクァイ村における浮稲栽培の現地調査


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.