教員情報

髙谷 芳明
タカヤ ヨシアキ
薬学部 薬学科
准教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    男性

大学院その他

  • 薬学研究科 薬学専攻, 准教授

学歴

  • 1987年03月, 北海道大学大学院, 理学研究科, 化学専攻修士課程, 修了
  • 1994年03月, 北海道大学

現在所属している学会

  • 日本化学会
  • 日本薬学会
  • 日本生化学会
  • 日本生薬学会
  • アメリカ化学会

研究活動

研究分野

  • その他, 天然物有機化学
  • 有機化学, 天然有機化合物

教育研究への取り組み・抱負

    研究活動では、過去の研究の模倣、単に技術を追従した作業とならないよう、学生に研究課題の意義を理解させた上で、それぞれの操作の意味、基礎となる現象を考えながら研究を遂行できるようになることを目的としている。また初学年学生に対しては、ただ知識を詰め込むのではなく,何か一つでも面白いと思えるようなことを発見してもらえるよう心がけている。そしてそれが発端となり、学習・研究に結びつくことを願っている。

著書

  • イカスミ(色から見た食品のサイエンス)
    松江一,高谷芳明,内沢秀光,奈良岡哲志
    サイエンスフォーラム
    2003年
    共著
    pp173~179
  • イカスミ食品とイカスミ抗腫瘍活性成分の最近の研究(ガン予防食品開発の新展開-予防医学におけるバイオマーカーの評価システム-)
    松江一,奈良岡哲志,内沢秀光,高谷芳明
    シーエムシー
    2005年
    共著
    pp327~336
  • 焼酎蒸留残渣の新機能-有効利用にむけた化学・薬理学的検討-(薬用食品の開発-薬用・有用植物の機能性食品素材への応用-)
    高谷芳明,丹羽正武
    シーエムシー
    2007年
    共著
    pp281~289

学術論文

  • Contribution of cinnamic acid analogues in rosmarinic acid to inhibition of snake venom induced hemorrhage
    共著
    Hnin Thanda Aung, Furukawa, T., Nikai, T., Niwa, M., Takaya, Y.
    Bioorg. Med. Chem.
    19, 335, 342
    2011年
  • Benzenepolycarboxylic acids with potential anti-hemorrhagic properties and structure–activity relationships
    共著
    Hnin Thanda Aung, Nikai, T., Niwa, M., Takaya, Y.
    Bioorg. Med. Chem.
    19, 7000, 7002
    2011年
  • Stilbene glucosides from the bulbs of Iris tingitana
    共著
    S. F. Farag, Y. Takaya, M. Niwa
    Phytochemistry Letters
    2, 148, 151
    2009年
  • Differentiation inducing factors in Dictyostelium discoideum: A novel low molecular factor functions at an early stage(s) of differentiation,
    共著
    A. A. Oohata, M. Fukuzawa, R. Hotta, M. Nakagawa, M. Niwa, Y. Takaya,
    Develop. Growth Differ.
    51, 743, 752
    2009年
  • The solution structures of two soybean calmodulin isoforms provide a structural basis for their selective target-activation properties,
    共著
    H. Ishida, H. Huang, A. P. Yamniuk, Y. Takaya, H. J. Vogel
    J. Biol. Chem.
    283, 4619, 4628
    2008年
  • Resveratrol derivatives from stem bark of hopea and their biological activity test
    共著
    S. Atun, N. Aznam, R. Arianingrum, Y. Takaya, M. Niwa
    J. Phys. Sci.
    19, 7, 21
    2008年
  • ミャンマーの伝統薬用植物の成分探索
    単著
    2006年度名城大学アジア研究所・年次報告書 創刊号
    38, 40
    2008年
  • 生合成類似経路によるオリゴスチルベン調製法の開発
    共著
    丹羽正武,高谷芳明
    名城大学総合研究所紀要
    13, 63, 66
    2008年
  • 高活性で簡便合成可能な新規抗マラリア活性物質の創出
    単著
    名城大学総合研究所紀要
    13, 67, 70
    2008年
  • Studies on the chemical constituents of Psoralea corylifolia L.
    共著
    B. Ruan, L.-Y. Kong, Y. Takaya, M. Niwa
    J. Asian Nat. Prod. Res.
    9, 41, 44
    2007年
  • A structure and an absolute configuration of (+)-alternamin, a new coumarin from Murraya alternans having antidote activity against snake venom.
    共著
    Hla Myoe Min, Mya Aye, T. Taniguchi, N. Miura, K. Monde, K. Ohzawa, T. Nikai, M. Niwa, Y. Takaya
    Tetrahedron Lett.
    48, 6155, 6158
    2007年
  • Tyrosinase inhibition and mutagenicity of phenolic compounds from mulberry leaves
    共著
    Y.-C. Kim, Y. Takaya, S.-K. Chung
    J. Food Sci. Nutr.
    12, 119, 121
    2007年
  • Phenolic antioxidants isolated from mulberry leaves
    共著
    Y.-C. Kim, M. Kim, Y. Takaya, M. Niwa, S.-K. Chung
    Food Sci. Biotechnol.
    16, 854, 857
    2007年
  • Constituents of green and ripened fruit of Garcinia subelliptica
    共著
    K. Terashima., T. Ishida, T. Furukawa, Y. Takaya, M. Niwa
    Heterocycles
    75, 407, 413
    2007年
  • Two new monodesmosidic triterpene saponins from Gypsophila oldhamiana
    共著
    Jian-Guang Luo, Ling-Yi Kong, Yoshiaki Takaya, Masatake Niwa
    Chem. Pharm. Bull.
    54, 1200, 1202
    2006年
  • Antioxidant constituents in distillation residue of awamori spirits
    共著
    Yoshiaki Takaya, Tadashi Furukawa, Shunsuke Miura, Takashi Akutagawa, Yoshihiro Hotta, Naohisa Ishikawa, Masatake Niwa
    J. Agric. Food. Chem.
    55, 75, 79
    2006年
  • Structural confirmation of (+)-cis-e-viniferin
    共著
    Yue-Hua He, Kenji Terashima, Yoshiaki Takaya, Masatake Niwa
    Chin. J. Nat. Med.
    3, 90, 92
    2005年
  • Biotransformation of ferulic acid into two new dihydrotrimers by Momordica charantia peroxidase
    共著
    Hai-Li Liu, Ling-Yi Kong, Yoshiaki Takaya, Masatake Niwa
    Chem. Pharm. Bull.
    53, 4664, 4668
    2005年
  • Three new stilbeneoligomers from the roots of Vitis vinifera ‘kyohou’
    共著
    Fuko Fujii, Yue-Hua He, Kenji Terashima, Yoshiaki Takaya, Masatake Niwa
    Heterocycles
    65, 2461, 2469
    2005年
  • Biomimic Transformation of Resveratrol
    共著
    Yoshiaki Takaya, Kenji Terashima, Junko Ito, Yue-Hua He, Naho Yamaguchi, Maki Tateoka, Masatake Niwa
    Tetrahedron
    61, 10285 , 10290
    2005年
  • Determination of absolute structure of (+)-davidiol A
    共著
    Yue-Hua He, Yoshiaki Takaya, Kenji Terashima, Masatake Niwa
    Heterocycles
    68, 93, 100
    2005年
  • Two Lignan Glycosides from Vitis thunbergii
    共著
    Yue-Hua He, De-Qiang Dou, Kenji Terashima, Yoshiaki Takaya, Masatake Niwa
    Heterocycles
    63, 871, 877
    2004年
  • Novel flavonol glycoside, 7-O-methyl mearnsitrin, Sageretia theezans and its antioxidant effect
    共著
    Shin-Kyo Chung, Young-Chan Kim, Yoshiaki Takaya, Kenji Terashima, Masatake Niwa
    J. Agric. Food Chem.
    52, 4664 , 4668
    2004年
  • Multiple activities of a novel substance, dictyopyrone C isolated from Dictyostelium discoideum, in cellular growth and differentiation
    共著
    Yasuo Maeda, Haruhisa Kikuchi, Kazunori Sasaki, Aiko Amagai, Jun-ichi Sekiya, Yoshiaki Takaya, Yoshiteru Oshima
    Protoplasma
    221, 185, 192
    2003年
  • (+)-Viniferol D, a new stilbenetrimer from the stem of Vitis vinifera ‘Kyohou,
    共著
    Yoshiaki Takaya, Kenji Terashima, Ke-Xu Yan, Masatake Niwa
    Heterocycles
    60, 1433, 1440
    2003年
  • Polyohenols from Vitis thunbergii Sieb. et Zucc.
    共著
    Dou De-Qiang, Ren Jie, Maggie Cooper, He Yue-Hua, Pei Yu-Ping, Yoshiaki Takaya, Masatake Niwa, Chen Ying-Jie, Yao Xin-Sheng, Zhou Ren-Ping
    J. Chin. Pharm. Sci.
    12, 57, 59
    2003年
  • Antioxidant active constituents of radish sprout (kaiware-daikon), Raphanus sativus L.
    共著
    Yoshiaki Takaya, Yoshihito Kondo, Masatake Niwa
    J. Agric. Food Chem.
    51, 8061, 8066
    2003年
  • Antimalarial activity of herbal extracts used in traditional medicine in Korea
    共著
    Hyun Park, Myung Soo Kim, Byung Hun Jeon, Tae Kyun Kim, Yong Man Kim, Joohong Ahnn, Dong-Yeul Kwon, Yoshiaki Takaya, Yusuke Wataya, Hye-Sook Kim
    Biol. Pharm. Bull.
    26, 1623, 1624
    2003年
  • Powerful Antioxidative Agents Based on Garcinoic Acid from Garcinia kola
    共著
    Kenji Terashima, Yoshiaki Takaya, Masatake Niwa
    Bioorg. Med. Chem.
    10, 1619, 1625
    2002年
  • Guaiane- and aristolane-type sesquiterpenoids of Nardostachys chinensis roots
    共著
    Masa-aki Tanitsu, Yoshiaki Takaya, Megumi Akasaka, Masatake Niwa, Yoshiteru Oshima
    Phytochemistry
    59, 845, 849
    2002年
  • Potent antimalarial febrifugine analogues against the Plasmodium malaria parasite
    共著
    Haruhisa Kikuchi, Hidehisa Tasaka, Shingo Hirai, Yoshiaki Takaya, Yoshiharu Iwabuchi, Hidenori Ooi, Susumi Hatakeyama, Hye-Sook Kim, Yusuke Wataya, Yoshiteru Oshima
    J. Med. Chem.
    45, 2563, 2570
    2002年
  • Two new stilbenetetramers from the stem of Vitis vinifera ‘Kyohou’
    共著
    Ke-Xu Yan, Kenji Terashima, Yoshiaki Takaya, Masatake Niwa
    Tetrahedron
    58, 6931, 6935
    2002年
  • Chemical determination of the absolute structures of (+)-ampelopsins A and B, and (–)-ampelopsins D and F
    共著
    Yoshiaki Takaya, Ke-Xu Yan, Kenji Terashima, Junko Ito, Masatake Niwa
    Tetrahedron
    58, 7259, 7265
    2002年
  • Biogenetic Reactions on Stilbenetetramers from Vitaceaeous Plants
    共著
    Yoshiaki Takaya, Ke-Xu Yan, Kenji Terashima, Yue-Hua He, Masatake Niwa
    Tetrahedron
    58, 9265, 9271
    2002年
  • A new triterpene saponin from Chenopodium ficifolium
    共著
    Ahmed A. Gohar, Galal T. Maatooq, Masatake Niwa, Yoshiaki Takaya
    Zeitschrift für Naturforschung C
    57c, 597, 602
    2002年
  • Novel aromatic substances, dictyomedin A and B, from Dictyostelium cellular slime molds and their inhibitory effects on Dictyostelium development
    共著
    Yoshiaki Takaya, Haruhisa Kikuchi, Yuichi Terui, Jun Komiya, Yasuo Maeda, Akira Ito, Yoshiteru Oshima
    Tetrahedron Lett.
    42, 61, 63
    2001年
  • Virol A, a toxic trans-polyacetylenic alcohol of Cicuta virosa, selectively inhibits the GABA-induced Cl– current in acutely rat hippocampal CA1 neurons
    共著
    Koji Uwai, Katsuyo Ohashi, Yoshiaki Takaya, Yoshiteru Oshima, Ken-Ichi Furukawa, Kaneto Yamagata, Tomohiro Omura, Shigeru Okuyama
    Brain Res.
    889, 174, 180
    2001年
  • A novel oligostilbene named (+)-viniferol A from the stem of Vitis vinifera ‘Kyohou’
    共著
    Ke-Xu Yan, Kenji Terashima, Yoshiaki Takaya, Masatake Niwa
    Tetrahedron
    57, 2711, 2715
    2001年
  • Isoflavonoid glycosides from Dalbergia sissoo
    共著
    Salwa F. Farag, Amany S. Ahmed, Kenji Terashima, Yoshiaki Takaya, Masatake Niwa
    Phytochemistry
    57, 1263, 1268
    2001年
  • Furanodictine A and B: Amino sugar analogues produced by cellular slime mold Dictyostelium discoideum showing neuronal differentiation activity
    共著
    Haruhisa Kikuchi, Yoshinori Saito, Jun Komiya, Yoshiaki Takaya, Shigeyoshi Honma, Norimichi Nakahata, Akira Ito, Yoshiteru Oshima
    J. Org. Chem.
    66, 6982, 6987
    2001年
  • イカスミの効用
    共著
    松江 一,内沢秀光,奈良岡哲志,高谷芳明,Chung Hun-Sik,Woo Cheol-Joo,佐々木甚一
    Med. Technol.
    29, 448, 453
    2001年
  • Oligostilbenes from Vitaceaeous plants
    共著
    Yoshiaki Takaya, Masatake Niwa
    Trends Heterocyclic Chem.
    7, 41, 54
    2001年
  • Novel guaianoids, nardoguaianone A-D, from Nardostachys chinensis roots and their antinociceptive and antimalarial activities
    高谷 芳明
    Tetrahedron
    56, 7673, 7678
    2000年
  • Novel Acyl α-Pyronoids, Dictyopyrone A, B and C, from Dictyostelium Cellular Slime Molds
    高谷 芳明
    Journal of Organic Chemisty
    65, 985, 989
    2000年
  • New Type of Febrifugine Analogues, Bearing a Quinolizidine Moiety, Show Potent Antimalarial Activity Against Plasmodium Malaria Parasite
    高谷 芳明
    Journal of Medicinal Chemistry
    42, 16, 3163, 3166
    1999年

その他の研究業績

  • (講演)A chemist's approach to functional food using medicinal plants and vegetables
    共著
    高谷芳明
    International Symposium on Inductrialization for Resources of Oriental Medicine
    2001年09月
  • (学会発表)Dictyostellium属細胞性粘菌の二次代謝産物と生物活性
    共著
    古宮潤,齋藤義紀,関谷純一,高谷芳明,中畑則道,前田靖男,伊藤明,大島吉輝
    第43回天然有機化合物討論会
    2001年10月
  • (講演)食品に秘められた機能を活かす
    単著
    高谷芳明
    三重県天然物研究会
    2002年01月
  • (学会発表)巨峰(Vitis vinifera 'Kyohou')より得られたオリゴスチルベンviniferol C, Dの構造
    共著
    高谷芳明,顔 克序,寺島健二,丹羽正武
    日本生薬学会第49回年会
    2002年09月
  • (学会発表)A novel prespore-inducing factor with low molecular weight in Dictyostelium: its partial purification and characterization
    共著
    Akiko A. Oohata, Yoshiaki Takaya
    Dictyostelium 2002 Conference
    2002年09月
  • (学会発表)巨峰(Vitis vinifera 'Kyohou')のオリゴスチルベンの構造と化学
    共著
    高谷芳明,伊藤淳子,顔克序,寺島健二,何躍華,丹羽正武
    第44回天然有機化合物討論会
    2002年10月
  • (講演)イカ墨食品がブームになったのは何故-イカ墨由来の新規糖鎖構造を有する抗腫瘍ペプチドグリカン-
    共著
    奈良岡哲志,高谷芳明,内沢秀光,奥崎文一,鳴海文昭,Hun-Sik Chung, Cheol-Joo Woo, 石田邦夫,佐々木甚一,松江 一
    Novel Marine Functional Compounds or Materials and High Value-Added Use of Marine Bioresources
    2002年11月
  • (学会発表)泡盛蒸留残渣の成分
    共著
    高谷芳明、佐藤純一、寺島健二、丹羽正武
    平成14年度日本薬学会東海支部例会
    2002年12月
  • (学会発表)エビヅルの成分
    共著
    高谷芳明、何躍華、竇徳強、寺島健二、丹羽正武
    平成14年度日本薬学会東海支部例会
    2002年12月
  • (学会発表)泡盛蒸留残渣に含まれる抗酸化活性成分
    共著
    丹羽正武、佐藤純一,三浦俊亮,寺島健二,古川忠志,高谷芳明
    日本薬学会第123年会
    2003年03月
  • (学会発表)エビヅルの成分
    共著
    高谷芳明,何 躍華,竇 徳強,寺島健二,丹羽正武
    日本薬学会第123年会
    2003年03月
  • (学会発表)ブドウ科植物由来オリゴスチルベンの生合成類似経路による変換反応
    共著
    高谷芳明,顔 克序,何 躍華,寺島健二,丹羽正武
    日本薬学会第123年会
    2003年03月
  • (学会発表)環状ジペプチドの合成と抗酸化活性
    共著
    芥川 隆,古川忠志,高谷芳明,丹羽正武,堀田芳弘,石川直久
    平成15年度日本薬学会東海支部例会
    2003年12月
  • (学会発表)オトギリソウ科植物フクギの種子の成分
    共著
    石田智子,寺島健二,高谷芳明,丹羽正武,上江田捷博
    平成15年度日本薬学会東海支部例会
    2003年12月
  • (学会発表)巨峰の成分:新スチルベン四量体の単離と構造
    共著
    藤井風子,何躍華,寺島健二,高谷芳明,丹羽正武
    平成15年度日本薬学会東海支部例会
    2003年12月
  • (学会発表)酒類に含有されている環状ペプタイド類の虚血再灌流障害に対する保護効果
    共著
    芥川隆,堀田芳弘,高谷芳明,古川忠志,丹羽正武,安藤裕明,石川直久
    第77回日本薬理学会年会
    2004年03月
  • (学会発表)Febrifugine類縁体の調製およびその抗マラリア活性
    共著
    酒井 要,高谷芳明,金 惠淑,綿矢有佑,丹羽正武
    第50回日本薬学会東海支部大会
    2004年07月
  • (学会発表)Febrifugine類縁体の調製およびその抗マラリア活性
    共著
    高谷芳明,酒井 要,金 惠淑,綿矢有佑,丹羽正武
    日本薬学会第125年会
    2005年03月
  • (学会発表)巨峰 (Vitis vinifera ‘Kyoho’) の新オリゴスチルベン
    共著
    藤井風子,何 躍華,寺島健二,高谷芳明,丹羽正武
    日本薬学会第125年会
    2005年03月
  • (学会発表)酸化酵素を用いたオリゴスチルベンの生合成経路の検討
    共著
    何 躍華,山口奈穂、藤井風子、寺島健二、高谷芳明、丹羽正武
    日本薬学会第125年会
    2005年03月
  • (学会発表)巨峰より単離された新オリゴスチルベンの構造
    共著
    藤井風子,高谷芳明,何 躍華,寺島健二,丹羽正武
    第51回日本薬学会東海支部大会
    2005年07月
  • (学会発表)ブドウの酸化酵素を用いたオリゴスチルベンの生合成経路の検討
    共著
    郑 璐,高谷芳明,何 躍華,丹羽正武
    第51回日本薬学会東海支部大会
    2005年07月
  • (講演)Development of new antimalairal compounds based on the plant alkaloid
    単著
    高谷芳明
    第4回瀋陽・名古屋・南京薬学学術シンポジウム
    2005年09月
  • (学会発表)Oligostilbenes from Vitaceaeous plants
    共著
    Fuko Fujii, Yue-Hua He, Kenji Terashima, Yoshiaki Takaya, Masatake Niwa
    第4回瀋陽・名古屋・南京薬学学術シンポジウム
    2005年09月
  • (学会発表)Antioxidant constituents in the distillation residue of Awamori spirits
    共著
    Yoshiaki Takaya, Tadashi Furukawa, Takashi Akutagawa, Shunsuke Miura, Yoshihiro Hotta, Naohisa Ishikawa, Masatake Niwa
    Pacifichem 2005
    2005年12月
  • (学会発表)Oligostilbenes from Vitaceaeous plants
    共著
    Fuko Fujii, Yue-Hua He, Naho Yamaguchi, Kenji Terashima, Yoshiaki Takaya, Masatake Niwa
    Pacifichem 2005
    2005年12月
  • (学会発表)巨峰より単離された新スチルベンテトラマーの構造
    共著
    藤井風子,何躍華, 寺島健二, 高谷芳明, 丹羽正武
    日本薬学会第126年会
    2006年03月
  • (学会発表)細胞性粘菌Dictyostelium属の分化誘導因子の探索
    共著
    高谷芳明,堀田梨絵,岡部奈菜,大畠明子,丹羽正武
    平成18年度日本薬学会東海支部例会
    2006年12月
  • (学会発表)Murraya alternansの抗蛇毒活性物質の探索
    共著
    高谷芳明,大澤和彦,二改俊章,服部慈久,Hla Myoe Min, Mya Aye,丹羽正武
    平成18年度日本薬学会東海支部例会
    2006年12月
  • (学会発表)巨峰(Vitis vinifera ‘Kyoho’)由来の新スチルベン二量体の構造
    共著
    丹羽正武,寺島健二,奥村聡,藤井風子,高谷芳明
    日本化学会第87春季年会
    2007年03月
  • (学会発表)ミカン科植物Murraya alternansに含まれる抗ヘビ毒活性化合物の探索
    共著
    高谷芳明,Hla Myoe Min, Mya Aye,大澤和彦,谷口透,三浦信明,門出健次,丹羽正武
    日本化学会第87春季年会
    2007年03月
  • (学会発表)Resveratrol derivative compounds from stem bark of Hopea and their biological activity test
    共著
    Sri Atun, Nurfina Aznam, Retno Arianingrum, Yoshiaki Takaya, Masatake Niwa
    2nd International Conference for Young Chemist 2008
    2008年06月
  • (学会発表)Antiproliferative mechanism of some oligostilbenoid compounds from Hopea odorata against human cancer cell lines
    共著
    Retno Arianingrum, Sri Atun, Nurfina Aznam, Masatake Niwa, Yoshiaki Takaya
    2nd International Conference for Young Chemist 2008
    2008年06月
  • (学会発表)ミャンマーの伝統薬用植物Chrozophora plicataの成分
    共著
    高谷芳明,ニ・ニ・ウ,ミャ・エ,南井亜未,丹羽正武
    第54回日本薬学会東海支部大会
    2008年07月
  • (学会発表)A novel differentiation inducing factor with low molecular weight in Dictyostelium dicoideum: Its purification and chracterization
    共著
    Y. Takaya, M. Fukuzawa, R. Hotta, M.Nakagawa, A. A. Oohata
    Dicty2008
    2008年09月
  • (学会発表)泡盛蒸留残渣の成分および抗酸化活性
    共著
    高谷芳明,打田あゆみ,佐藤純一,古川忠志,丹羽正武
    平成20年度日本薬学会東海支部例会
    2008年12月
  • (学会発表)モンパノキ (Messerschmidia argentea Johnst.) に含まれる抗ヘビ毒活性物質の探索
    共著
    高谷芳明,ニン・タンダ・アウン,小泉智子,二改俊章,丹羽正武
    平成20年度日本薬学会東海支部例会
    2008年12月
  • (学会発表)ミャンマーの薬用植物Murraya alternans に含まれる成分の探索
    共著
    高谷芳明,野原由貴,寺島健二,ニン・タンダ・アウン,ラ・ミョー・ミン,ミャ・エー,二改俊章,丹羽正武
    平成20年度日本薬学会東海支部例会
    2008年12月
  • (招待講演)ミャンマーの薬用植物の成分研究
    単著
    第8回お茶の水女子大学ミャンマーフォーラム
    2009年03月
  • (学会発表)モンパノキ(Messerschmidia agenta)に含まれる抗ヘビ毒活性物質
    共著
    高谷芳明,ニン・タンダ・アウン,二改俊章,丹羽正武
    日本薬学会第129年会
    2009年03月

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2008年10月, 岐阜県立各務原高等学校に出前講義
  • 2012年11月, 知立市高齢者教室講師
  • 2013年02月, 西尾市民大学講座講師
  • 2011年11月, 岐阜県立加茂高等学校に出前講義
  • 2010年11月, 西春日井地区教育振興会に出前講義

その他の社会貢献業績(国際貢献、産業支援等)

  • 2002年04月, Mandalay大学 (Myanmar) 客員教授
  • 2005年10月, りんご鹿角霊芝研究会 オブザーバー


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.