教員情報

平岩 陸
ヒライワ タカシ
理工学部 建築学科
准教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    男性

大学院その他

  • 理工学研究科 建築学専攻, 准教授

学歴

  • 1995年03月, 名古屋大学, 工学部, 建築学科, 卒業
  • 1997年03月, 名古屋大学大学院, 工学研究科, 建築学専攻博士課程前期課程, 修了
  • 1999年03月, 名古屋大学大学院, 工学研究科, 建築学専攻博士課程後期課程, 中退
  • 2001年02月,  , 博士(工学)

現在所属している学会

  • 日本建築学会
  • 日本コンクリート工学協会

学会

  • 2008年04月, 2011年05月, NPO法人コンクリート技術支援機構コンクリートの収縮ひび割れ研究委員会委員
  • 2009年09月, 2009年09月, 社団法人愛知建築士会・第4回学生コンペ審査委員
  • 2011年02月, 2013年07月, 日本コンクリート工学会コンクリート工学年次論文査読委員
  • 2013年04月, NPO法人コンクリート技術支援機構コンクリート材料・製造・施工の歴史調査研究委員会

研究活動

研究分野

  • その他, 建築材料
  • その他, コンクリート工学

教育研究への取り組み・抱負

     講義においては、建築学に関する専門的な知識を身につけることを第一の目標として欲しいと思います。全てを覚えることは不可能とも思っていますが、印象として何か残る講義をしたいと思っています。 また、講義以外では、ゼミ・研究・課外活動を通し、コミュニケーション能力や、物事を理論的に考察する能力、目標に向かって自ら考えて行動する能力などを身につけて欲しいと思います。いずれもこれから社会に出たときに必要となる能力です。将来、どのような分野に進むかはもちろん自分で決めていけば良いわけですが、入った学科と異なる分野に進むこともあると思います。しかし、上記のような能力はどのような分野においても必ず求められるものです。それを養う訓練を、大学4年間というわずかな時間ですがしてもらえればと思います。

著書

  • 建築材料を学ぶ-その選択から施工まで-
    理工図書
    2009年04月
    共著
    pp.177-182,196-211
  • やさしい構造材料実験
    森北出版
    2010年04月
    共著
    pp.161-170
  • 建築施工を学ぶ
    理工図書
    2012年09月
    共著
    pp.247-273
  • 一級建築施工管理試験・完全攻略
    理工図書
    2014年01月
    共著
    pp.37-78,116-131

学術論文

  • コンクリート壁の開口部における収縮ひび割れに関する解析的研究
    共著
    朴相俊
    コンクリート工学年次論文集
    34, 1, 499, 504
    2013年07月
  • 収縮ひび割れの発生に及ぼす拘束状況の影響に関する解析的研究
    共著
    朴相俊
    コンクリート工学年次論文集
    33, 1, 490, 495
    2012年07月
  • コンクリートの収縮に及ぼす骨材の影響に関する解析的研究
    単著
    コンクリート工学年次論文集
    32, 1, 419, 424
    2011年07月
  • 粘弾塑性サスペンション要素法によるコンクリートの収縮解析
    共著
    平岩陸・谷川恭雄
    コンクリート工学 年次論文集
    31, 1, 401, 406
    2010年07月
  • セメントの水和進展に伴うセメント硬化体の強度増進に関する解析的研究
    共著
    平岩陸・谷川恭雄
    セメント・コンクリート 論文集
    63, 91, 98
    2010年02月
  • 小径コアによる構造体コンクリート強度推定に関する解析的研究
    共著
    平岩陸・谷川恭雄・遠藤大樹
    日本建築学会構造系 論文集
    74, 644, 1699, 1704
    2009年09月
  • ポーラスモルタルの作成とその温熱性能に関する基礎的研究
    共著
    平岩陸・田中清人
    コンクリート工学年次論文集
    28, 1, 1403, 1408
    2006年07月
  • 繊維補強コンクリートの曲げ破壊挙動に関する解析的研究
    共著
    平岩陸・谷川恭雄・朴相俊
    日本建築学会構造系論文集
    602, 29, 34
    2006年04月
  • 粘弾塑性サスペンション要素法によるRC梁の曲げ変形性状に関する研究
    共著
    朴相俊・谷川恭雄・森博嗣・平岩陸
    コンクリート工学年次論文集
    27, 1, 391, 396
    2005年06月
  • ポーラスコンクリートの調合設計法におけるレオロジー的考察
    共著
    平岩陸・田中清人・谷川恭雄・森博嗣
    コンクリート工学年次論文集
    26, 1, 1467, 1472
    2004年07月
  • 引張応力を受ける繊維補強コンクリートの変形挙動に関する解析的研究
    共著
    平岩陸・谷川恭雄・森博嗣・朴相俊・杉浦充
    日本建築学会構造系論文集
    578, 7, 11
    2004年04月
  • 粗骨材-モルタル境界面の影響を考慮したコンクリートの破壊解析
    共著
    朴相俊・谷川恭雄・森博嗣・平岩陸・杉浦充
    日本建築学会構造系論文集
    575, 15, 21
    2004年01月
  • コンクリートの破壊挙動に及ぼす粗骨材の影響に関する解析的・実験的研究
    共著
    朴相俊・谷川恭雄・森博嗣・平岩陸
    日本建築学会構造系論文集
    570, 1, 6
    2003年08月
  • コンクリートの透気性の簡易測定手法に関する研究
    共著
    平岩陸・田中清人・谷川恭雄・森博嗣
    コンクリート工学年次論文集
    25, 1, 1595, 1600
    2003年07月
  • 粘弾塑性サスペンション要素法によるポーラスコンクリートの圧縮破壊解析
    共著
    朴相俊・谷川恭雄・森博嗣・平岩陸
    コンクリート工学年次論文集
    24, 1, 321, 326
    2002年06月
  • コンファインドコンクリートのせん断変形・破壊挙動に関する解析的研究
    共著
    平岩 陸・谷川恭雄・森博嗣
    日本建築学会構造系論文集
    540, 13, 18
    2001年
  • コンファインドコンクリートの強度および変形挙動に関する解析的研究
    共著
    平岩 陸・谷川恭雄・森博嗣・川戸耕介
    日本建築学会構造系論文集
    528, 1, 6
    2000年
  • 圧縮繰返し応力を受けるコンクリートの変形挙動に関する解析的研究
    共著
    平岩 陸・谷川恭雄・森博嗣・川戸耕介
    材料 日本材料学会誌
    48, 8, 864, 869
    1999年

その他の研究業績

  • Study on Effect of Coarse Aggregate on Fracture Behavior of Concrete
    共著
    S.J.Park, Y.Tanigawa, H.Mori, T.Hiraiwa, and M.Sugiura
    Proceedings of the Forth International Conference on Concrete under Severe Conditions
    29, 34
    2004年06月

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2008年08月, 名城大学オープンキャンパス模擬講義
  • 2010年01月, 名城大学付属高校出前講義
  • 2012年11月, 麗澤瑞浪中学・高等学校出前講義


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.