教員情報

上船 雅義
ウエフネ マサヨシ
農学部 生物資源学科
准教授
Last Updated :2019/06/14

基本情報

プロフィール

    男性

学歴

  • 2004年03月, 九州大学大学院, 生物資源環境科学府, 生物資源開発管理学専攻, 博士課程単位取得退学
  • 2009年02月, 九州大学, 博士(農学)

職歴

  • 2004年04月, 2009年03月, 京都大学, 生態学研究センター, 非常勤研究員
  • 2009年04月, 2009年04月, 京都大学, 生態学研究センター, 教務補佐員
  • 2009年05月, 2009年10月, 京都大学, 生態学研究センター, 非常勤研究員
  • 2009年11月, 2012年03月, 京都大学, 生態学研究センター, 常勤研究員
  • 2012年04月, 2014年03月, 京都大学, 生態学研究センター, 非常勤研究員

現在所属している学会

  • 日本応用動物昆虫学会
  • 日本昆虫学会

研究活動

研究分野

  • 応用昆虫学
  • 生態・環境, 生物間相互作用
  • 動物生理・行動, 餌(寄主)探索行動、捕食(寄生)回避行動

研究キーワード

  • 昆虫生態学
  • 害虫管理
  • 生物間相互作用
  • 植食者誘導性植物揮発性物質
  • 天敵昆虫

教育研究への取り組み・抱負

    害虫管理は、安定した農業生産支えるための重要な分野の1つであると考えている。そこで、私が行う教育・研究を通して害虫管理の目線からも作物の栽培を学び、持続可能な農業生産に対して自分にできることを幅広く考える視野の広さを与えていきたいと考えている。また、植物-植食者-天敵という三者系に存在する生物間の関係を紐解くような生態学的な教育・研究を通じて純粋に生物の面白さも感じてもらえるように活動していきたいと考えている。

著書

  • 生きものたちをつなぐ「かおり」―エコロジカルボラタイルズ
    松井 健二、高林 純示、東原 和成、他19名
    フレグランスジャーナル社
    2016年04月15日
    9784894792685
    その他
    (トピックス)植物由来の香りが寄生蜂の光応答に影響する

学術論文

  • Oviposition experience of parasitoid wasps with nonhost larvae affects their olfactory and contact-behavioral responses toward host- and nonhost-infested plants. (査読付)
    共著
    Steven S, Uefune M, Ozawa R, Takabayashi J, Kainoh Y
    Journal of Chemical Ecology
    45, 4, 402, 409
    2019年04月
  • An omnivorous arthropod, Nesidiocoris tenuis, induces genderspecific plant volatiles to which conspecific males and females respond differently. (査読付)
    共著
    Rim H, Uefune M, Ozawa R, Takabayashi J
    Arthropod-Plant Interactions
    12, 4, 495, 503
    2018年08月
  • Silkworms suppress the release of green leaf volatiles by mulberry leaves with an enzyme from their spinnerets. (査読付)
    共著
    Takai H, Ozawa R, Takabayashi J, Fujii S, Arai K,Ichiki RT, Koeduka T, Dohra H, Ohnishi T, Taketazu S, Kobayashi J, Kainoh Y, Nakamura S, Fujii T, Ishikawa Y, Kiuchi T, Katsuma S, Uefune M, Shimada T, Matsui K
    Scientific reports
    8, 11942
    2018年08月
  • Uninfested plants and honey enhance the attractiveness of a volatile blend to a parasitoid Cotesia vestalis. (査読付)
    共著
    Ozawa R, Ohara Y, Shiojiri K, Uchida T, Kakibuchi K, Kugimiya S, Uefune M, Takabayashi J
    Journal of Applied Entomology
    in press
    2018年05月
  • Parasitoid wasps’ exposure to host‑infested plant volatiles affects their olfactory cognition of host‑infested plants. (査読付)
    共著
    Yoneya K, Uefune M, Takabayshi J
    Animal Cognition
    21, 1, 79, 86
    2018年01月
  • Effects of an artificial blend of host-infested plant volatiles on plant attractiveness to parasitic wasps. (査読付)
    共著
    Ohara Y, Uchida T, Kakibuchi K, Uefune M, Takabayashi J
    Journal of Applied Entomology
    141, 3, 231, 234
    2017年04月
  • Oviposition of diamondback moth Plutella xylostella females is affected by herbivore-induced plant volatiles that attract the larval parasitoid Cotesia vestalis. (査読付)
    共著
    Uefune M, Shiojiri K, Takabayashi J
    Arthropod-Plant Interactions
    11, 2, 235, 239
    2017年04月
  • Experience of plant infestation by omnivorous arthropod Nesidiocoris tenuis affects their subsequent responses to prey-infested plant volatiles. (査読付)
    共著
    Rim H, Uefune M, Ozawa R, Yoneya K, Takabayashi J
    BioControl
    62, 2, 233, 242
    2017年04月
  • Weeding volatiles reduce leaf and seed damage to field-grown soybeans and increase seed isoflavones. (査読付)
    共著
    Shiojiri K, Ozawa R, Yamashita K, Uefune M, Matsui K, Tsukamoto C, Tokumaru S, Takabayashi J
    Scientific Reports
    7, 41508
    2017年01月
  • Offering honey containing a selective insecticide as food for pests and parasitoids: another effective use. (査読付)
    共著
    Uefune M, Nakashima Y, Takabayashi J, Urano S, Kugimiya S, Shimoda T
    Journal of Applied Entomology
    140, 10, 796, 800
    2016年12月
  • A pecky rice-causing stink bug, Leptocorisa chinensis, escapes from volatiles emitted by excited conspecifics. (査読付)
    共著
    Yamashita K, Isayama S, Ozawa R, Uefune M, Takabayashi J, Miura K
    Journal of Ethology
    34, 1, 1, 7
    2016年01月
  • Olfactory response of the omnivorous mirid bug Nesidiocoris tenuis to eggplants infested by prey: specificity in prey developmental stages and prey species. (査読付)
    共著
    Rim H, Uefune M, Ozawa R, Takabayashi J
    Biological Control
    91, 47, 54
    2015年12月
  • A food-supply device for maintaining Cotesia vestalis, a larval parasitoid of the diamondback moth Plutellaxylostella, in greenhouses. (査読付)
    共著
    Shimoda T, Mitsunaga T, Uefune M, Abe J, Kugimiya S, Nagasaka K, Sano K, Urano S, Suzuki Y, Yano E, Takabayashi J
    BioControl
    59, 6, 681, 688
    2014年11月
  • Intake and transformation to a glycoside of (Z)-3-hexenol from infested neighbors reveals a mode of plant odor reception and defense. (査読付)
    共著
    Sugimoto K, Matsui K, Iijima Y, Akakabe Y, Muramoto S, Ozawa R, Uefune M, Sasaki R, Md Alamgir K, Akitake S, Nobuke T, Galis I, Aoki K, Shibata D, Takabayashi J
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America (PNAS)
    111, 19, 7144, 7149
    2014年05月
  • Prohydrojasmon treatment of lima bean plants reduces the performance of two-spotted spider mites and induces volatiles. (査読付)
    共著
    Uefune M, Ozawa R, Takabayashi J
    Journal of Plant Interactions
    9, 1, 69, 73
    2014年01月
  • Previous infestation of pea aphids Acyrthosiphon pisum to broad bean plants resulted in the increased performance of conspecific nymphs on the plants. (査読付)
    共著
    Takemoto H, Uefune M, Ozawa R, Arimura G, Takabayashi J
    Journal of Plant Interactions
    8, 4, 370, 374
    2013年12月
  • Starvation and herbivore-induced plant volatiles affect the color preferences of parasitic wasps. (査読付)
    共著
    Uefune M, Kugimiya S, Shimoda T, Takabayashi J
    BioControl
    58, 2, 187, 193
    2013年04月
  • Effects of prohydrojasmon-treated corn plants on attractiveness to parasitoids and the performance of their hosts. (査読付)
    共著
    Mandour NS, Kainoh Y, Ozawa R, Uefune M, Takabayashi J
    Journal of Applied Entomology
    137, 1,2, 104, 112
    2013年02月
  • Parasitic wasp females are attracted to blends of host-induced plant volatiles: do qualitative and quantitative differences in the blend matter? (査読付)
    共著
    Uefune M, Kugimiya S, Sano K, Ozawa R, Takabayashi J
    F1000Research
    2, 57
    2013年02月
  • An apparent trade-off between direct and signal-based induced indirect defence against herbivores in willow trees. (査読付)
    共著
    Yoneya K, Uefune M, Takabayashi J
    PLoS ONE
    7, 12, e51505
    2012年12月
  • Application of synthetic herbivore-induced plant volatiles causes increased parasitism of herbivores in the field. (査読付)
    共著
    Uefune M, Choh Y, Abe J, Shiojiri K, Sano K, Takabayashi J
    Journal of Applied Entomology
    136, 8, 561, 567
    2012年09月
  • Computational fluid dynamics simulation of herbivore-induced plant volatiles around greenhouses. (査読付)
    共著
    Kuroyanagi T, Abe J, Uefune M, Takabayashi J
    Acta Horticulturae
    952, 147, 154
    2012年06月
  • Herbivore-induced plant volatiles enhance the ability of parasitic wasps to find hosts on a plant. (査読付)
    共著
    Uefune M, Kugimiya S, Sano K, Takabayashi J
    Journal of Applied Entomology
    136, 1,2, 133, 138
    2012年02月
  • Analytical model to predict the number of parasitoids that should be released to control diamondback moth larvae in greenhouses. (査読付)
    共著
    Urano S, Abe J, Uefune M, Takabayashi J
    Journal of Plant Interactions
    6, 2,3, 151, 154
    2011年09月
  • Herbivore-induced carnivore attractants enhance the residence time of carnivores on a host food plant. (査読付)
    共著
    Uefune M, Kugimiya S, Takabayashi J
    Journal of Plant Interactions
    6, 2,3, 165
    2011年09月
  • Preferences of parasitic wasps to cabbage plants infested by plural herbivore species. (査読付)
    共著
    Yamamoto M, Shiojiri K, Uefune M, Takabayashi J
    Journal of Plant Interactions
    6, 2,3, 167, 168
    2011年09月
  • Effects of time after last herbivory on the attraction of corn plants infested with common arymworms to a parasitic wasp Cotesia kariyai. (査読付)
    共著
    Mandour NS, Kainoh Y, Ozawa R, Uefune M, Takabayashi J
    Journal of Chemical Ecology
    37, 3, 267, 272
    2011年02月
  • Herbivore-Specific, Density-Dependent Induction of Plant Volatiles: Honest or “Cry Wolf” Signals? (査読付)
    共著
    Shiojiri K, Ozawa R, Kugimiya S, Uefune M, van Wijk M, Sabelis MW, Takabayashi J
    PLoS ONE
    5, 8, e12161
    2010年08月
  • Response of Wollastoniella rotunda (Hemiptera: Anthocoridae) to volatiles from eggplants infested with its prey Thrips palmi and Tetranychus kanzawai: Prey species and density effects. (査読付)
    共著
    Uefune M, Nakashima Y, Tagashira E, Takabayashi J, Takagi M
    54, 1, 19, 22
    2010年07月
  • Orientation of the parasitic wasp, Cotesia vestalis (Haliday) (Hymenoptera: Braconidae), to visual and olfactory cues of field mustard flowers, Brassica rapa L. (Brassicaceae), to exploit food sources. (査読付)
    共著
    Kugimiya S, Uefune M, Shimoda T, Takabayashi J
    Applied Entomology and Zoology
    45, 3, 369, 375
    2010年07月
  • Host-searching response to herbivory-associated chemical information and patch use dependent on mating status in female solitary parasitoids. (査読付)
    共著
    Kugimiya S, Shimoda T, Wajnberg E, Uefune M, Takabayashi J
    Ecological Entomology
    35, 3, 279, 286
    2010年04月
  • Predation-related odours reduce the oviposition of herbivorous mites. (査読付)
    共著
    Choh Y, Uefune M, Takabayashi J
    Experimental and Applied Acarology
    50, 1, 1, 8
    2010年01月
  • Diamondback moth females oviposit more on plants infested by non-parasitised than by parasitised conspecifics. (査読付)
    共著
    Choh Y, Uefune M, Takabayashi J
    Ecological Entomology
    33, 5, 565, 568
    2008年08月
  • 植物種がヒメジンガサハナカメムシの発育に及ぼす影響. (査読付)
    共著
    上船雅義、仲島義貴、田頭栄子、高林純示、高木正見
    日本応用動物昆虫学会誌
    52, 2, 63, 67
    2008年05月
  • ヒメジンガサハナカメムシの発育と繁殖におけるミナミキイロアザミウマとカンザワハダニの餌としての適合性. (査読付)
    共著
    上船雅義、仲島義貴、田頭栄子、永井一哉、広瀬義躬、高木正見
    日本応用動物昆虫学会誌
    52, 1, 7, 12
    2008年02月
  • ミナミキイロアザミウマとカンザワハダニに対するヒメジンガサハナカメムシの餌選好性.
    共著
    上船雅義、仲島義貴、田頭栄子、高木正見
    九州大学大学院農学研究院学芸雑誌
    63, 1, 9, 13
    2008年02月
  • Genetic variations in a population of herbivorous mites Tetranychus urticae in the production of the induced volatiles by kidney bean plants. (査読付)
    共著
    Maeda T, Uefune M, Takabayashi J
    Journal of Plant Interactions
    2, 2, 89, 91
    2007年06月
  • Intraspecies variation in the Kanzawa spider mite differentially affects induced defensive response in lima bean plants. (査読付)
    共著
    Matsushima R, Ozawa R, Uefune M, Goto T, Takabayashi J
    Journal of Chemical Ecology
    32, 11, 2501, 2512
    2006年11月
  • Spectral analysis of ultraweak chemiluminescence from kidney bean leaf infested with Tetranychus Kanzawai Kishida. (査読付)
    共著
    Kawabata R, Miike T, Okabe H, Uefune M, Takabayashi J, Takagi M, Kai S
    Japanese Journal of Applied Physics Part 1-Regular Papers Brief Communications & Review Papers
    44, 2, 1115, 1118
    2005年02月
  • バイオフォトン計測による植物の食害応答の解析. (査読付)
    共著
    川端龍三、三池徹、上船雅義、岡部弘高、高木正見、甲斐昌一
    日本応用動物昆虫学会誌
    48, 4, 289, 296
    2004年11月
  • Biophoton emission from kidney bean leaf infested with Tetranychus kanzawai Kishida. (査読付)
    共著
    Kawabata R, Uefune M, Miike T, Okabe H, Takabayashi J, Takagi M, Kai S
    Japanese Journal of Applied Physics Part 1-Regular Papers Short Notes & Review Papers
    43, 8A, 5646, 5651
    2004年08月
  • Cage evaluation of augmentative biological control of Thrips palmi with Wollastoniella rotunda in winter greenhouses. (査読付)
    共著
    Nakashima Y, Uefune M, Tagashira E, Maeda S, Shima K, Nagai K, Hirose Y, Takagi M
    Entomologia Experimentalis et Applicata
    110, 1, 73, 77
    2004年01月

講演・口頭発表等

  • The use of plant volatiles that attract the parasitoid wasp Cotesia vestalis for the biological control of diamondback moth larvae
    共著
    Uefune M, Abe J, Urano S, Nagasaka K, Takabayashi J
    The 35th annual meeting of the International Society of Chemical Ecology
    2019年06月04日
  • キャベツにおけるPDJを用いた害虫防除
    共著
    川島 昂・吉田 健吾・山岸 健三・腰山 雅巳・上船 雅義
    第63回日本応用動物昆虫学会大会
    2019年03月26日
  • ナスにおけるプロヒドロジャスモンを用いた害虫防除
    共著
    唐澤 鎌伍・山岸 健三・腰山 雅巳・上船 雅義
    第63回日本応用動物昆虫学会大会
    2019年03月26日
  • 餌としての植物適合性が捕食性カメムシ間のギルド内捕食に及ぼす影響
    共著
    桶本 侑加・広瀬 仁俊・山岸 健三・上船 雅義
    第63回日本応用動物昆虫学会大会
    2019年03月26日
  • ナミハダニの生存と産卵にみどりの香りが及ぼす影響
    共著
    大口 宗将・松井 健二・山岸 健三・上船 雅義
    第63回日本応用動物昆虫学会大会
    2019年03月26日
  • タイリクヒメハナカメムシ5齢幼虫の餌食べ残し数と共食い数に共存者の系統の違いが及ぼす影響
    共著
    山腰 美帆・羽場 彩華・山岸 健三・上船 雅義
    第63回日本応用動物昆虫学会大会
    2019年03月26日
  • ナミハダニの網作製の適応的意義 –網による孵化向上効果–
    共著
    鎌井 恵美・小澤 理香・松井 健二・高林 純示・山岸 健三・上船 雅義
    第63回日本応用動物昆虫学会大会
    2019年03月26日
  • 昆虫捕獲に色と紫外線吸収が及ぼす影響
    共著
    太田 樹・山岸 健三・上船 雅義
    第63回日本応用動物昆虫学会大会
    2019年03月26日
  • ゼニゴケがハスモンヨトウ幼虫の発育と摂食行動に及ぼす影響
    共著
    飯坂 真衣・肥塚 崇男・小澤 理香・松井 健二・高林 純示・山岸 健三・上船 雅義
    第63回日本応用動物昆虫学会大会
    2019年03月26日
  • 餌種の違いがタイ産ハナカメムシ Wollastoniella rotunda の発育と繁殖に与える影響
    共著
    上船雅義、田頭栄子、仲島義貴、高木正見、広瀬義躬
    第44回日本応用動物昆虫学会大会
    2000年03月
  • 天敵資材としてのヒメジンガサハナカメムシの評価−冬季施設ナスにおける利用
    共著
    上船雅義、仲島義貴、島克弥、田頭栄子、前田聖子、高木正見、広瀬義躬
    第10回天敵利用研究会
    2000年11月
  • 加害植物由来の匂いに対する捕食者の選好性−植食者種とその密度の複合的影
    共著
    上船雅義、仲島義貴、田頭栄子、高木正見
    第19回日本動物行動学会大会
    2000年11月
  • 加害種とその密度が異なる加害植物の匂いに対するヒメジンガサハナカメムシ反応
    共著
    上船雅義、田頭栄子、高木正見
    第45回日本応用動物昆虫学会大会
    2001年03月
  • ショ糖がナミヒメハナカメムシの生存と葉間移動に与える影響
    共著
    前田聖子、上船雅義、田頭栄子、高木正見
    第45回日本応用動物昆虫学会大会
    2001年03月
  • 植物の種の違いがヒメジンガサハナカメムシの発育に及ぼす影響
    共著
    上船雅義、高木正見
    第19回捕食・寄生性昆虫ワークショップ
    2001年11月
  • 多食性捕食者による生物的防除の可能性 ー複数種の害虫に対する天敵資材として利用できるのかー
    共著
    上船雅義、高木正見
    第10回天敵利用研究会
    2001年12月
  • Augmentative biological control of Thrips palmi by the non-diapausing anthocorid predator, Wollastoniella rotunda on greenhouse eggplants during winter
    共著
    Uefune M, Nakashima Y, Tagashira E, Shima K, Maeda S, Urano S, Hirose Y, Takagi M
    The First International Symposium on Biological Control of Arthropod
    2002年01月
  • ヒメジンガサハナカメムシの植物適合性 ー植物が発育に及ぼす影響ー
    共著
    上船雅義、高木正見
    第46回日本応用動物昆虫学会大会
    2002年03月
  • ヒメハナカメムシ3種における交尾および受精成功に関わる要因
    共著
    酒井香菜子、上船雅義、田頭栄子、高木正見、上野高敏
    第46回日本応用動物昆虫学会大会
    2002年03月
  • 多食性捕食者における餌選好性の形成 ー採餌行動の直接観察アプローチ
    共著
    清水崇行、上船雅義、高木正見、津田みどり
    第46回日本応用動物昆虫学会大会
    2002年03月
  • ヒメハナカメムシ3種の生涯産卵数を決定する要因
    共著
    田中嘉人、上船雅義、田頭栄子、高木正見、上野高敏
    第46回日本応用動物昆虫学会大会
    2002年03月
  • 異なる餌密度における多食性捕食者ヒメジンガサハナカメムシの餌選択
    共著
    上船雅義、田頭栄子、仲島義貴、高木正見
    第47回日本応用動物昆虫学会大会
    2003年03月
  • 多食性捕食者ヒメジンガサハナカメムシの餌選好性とその適応的意義
    共著
    清水崇行、上船雅義、高木正見、津田みどり
    第47回日本応用動物昆虫学会大会
    2003年03月
  • 天敵にやさしい殺虫剤が捕食性ハナカメムシの採餌・産卵行動と幼虫のふ化率に及ぼす影響
    共著
    賀集崇文、上船雅義、高木正見
    第48回日本応用動物昆虫学会大会
    2004年03月
  • Effects of prey species and prey densities on olfactory responses of a generalist predator to herbivore-induced plant volatiles (HIPV)
    共著
    Uefune M, Nakashima Y, Tagashira E, Takagi M
    International Congress of Entomology, XXII
    2004年08月
  • 寄生蜂における植食者誘導性植物揮発性物質(HIPV)の利用様式
    共著
    上船雅義、釘宮聡一、佐野孝太、高林純示
    第49回日本応用動物昆虫学会大会
    2005年03月
  • 天敵行動制御による害虫管理ー1.コナガ食害植物揮発性成分を用いた土着天敵コナガサムライコマユバチの誘引
    共著
    釘宮聡一、上船雅義、塩尻かおり、小澤理香、高林純示
    第49回日本応用動物昆虫学会大会
    2005年03月
  • Learning of constituents or mixture rates of artificial HIPV by the parasitoid Cotesia plutellae
    共著
    Uefune M, Kugimiya S, Takabayashi J, Sano K
    Annual Meeting of the International Society of Chemical Ecology, The 21st
    2005年07月
  • Attraction of the parasitic wasp Cotesia plutellae to the synthetic HIPV blend under both laboratory and field conditions
    共著
    Kugimiya S, Uefune M, Shiojiri K, Sano K, Ohara Y, Abe J, Takabayashi J
    Annual Meeting of the International Society of Chemical Ecology, The 21st
    2005年07月
  • Presence of two sympatric strains in Kanzawa spider mites Tetranychus kanzawai: difference in their ability to induced defensive gene expressions in lima bean leaves
    共著
    Mastsushima R, Ozawa R, Uefune M, Takabayashi J
    Annual Meeting of the International Society of Chemical Ecology, The 21st
    2005年07月
  • 天敵誘引剤の誘引効果に対して寄生蜂の連合学習が及ぼす影響
    共著
    上船雅義、釘宮聡一、佐野孝太、高林純示
    第50回日本応用動物昆虫学会大会
    2006年03月
  • Intraspecific variation in the kanzawa spider mite differentially affects induced defense response in lima bean plants
    共著
    Mastsushima R, Ozawa R, Uefune M, Gothoh T, Takabayashi J
    International Congress of Acarology, The 12th
    2006年08月
  • コナガコマユバチはどのようにHIPVを認識し、利用しているのか?
    共著
    上船雅義、塩尻かおり、釘宮聡一、佐野孝太、高林純示
    第66回日本昆虫学会大会
    2006年09月
  • 寄生蜂の寄主存在株上での探索行動に及ぼすHIPVの影響
    共著
    上船雅義、塩尻かおり、釘宮聡一、佐野孝太、高林純示
    第51回日本応用動物昆虫学会大会
    2007年03月
  • 天敵行動制御物質を用いた害虫管理 −考え方と実際 −
    共著
    浦野知、菅野紘男、松村正哉、安部順一朗、長坂幸吉、上船雅義、釘宮聡一、塩尻かおり、長泰行、高林純示、他8名
    第51回日本応用動物昆虫学会大会小集会
    2007年03月
  • 天敵の行動制御2.コナガサムライコマユバチの様々な光波長に対する反応
    共著
    上船雅義、高林純示
    第52回日本応用動物昆虫学会大会
    2008年03月
  • 天敵の行動制御3.ハウス内外の害虫と天敵の群集モデルによる解析
    共著
    浦野知、上船雅義、高林純示
    第52回日本応用動物昆虫学会大会
    2008年03月
  • コナガサムライコマユバチの寄主探索行動に交尾経験が及ぼす影響
    共著
    釘宮聡一、上船雅義、高林純示
    第52回日本応用動物昆虫学会大会
    2008年03月
  • 天敵誘引剤「ハチクール」によるコナガ防除~効果の検証事例
    共著
    浦野知、上船雅義、高林純示
    第18回天敵利用研究会
    2008年11月
  • 減農薬ミズナ栽培における天敵誘引剤・活性化剤を用いたコナガ防除の実証試験
    共著
    上船雅義、安部順一朗、高林純示
    第53回日本応用動物昆虫学会大会
    2009年03月
  • コナガ幼虫食害株に対する寄生蜂の誘引性ー植物種特異性についてー
    共著
    米谷衣代、上船雅義、高林純示
    第53回日本応用動物昆虫学会大会
    2009年03月
  • ナミハダニを用いた、現在と将来の捕食リスクの評価
    共著
    長泰行、上船雅義、高林純示
    第53回日本応用動物昆虫学会大会
    2009年03月
  • コナガサムライコマユバチの探索行動における情報利用の生理依存性
    共著
    釘宮聡一、上船雅義、下田武志
    第53回日本応用動物昆虫学会大会
    2009年03月
  • The use of artificial herbivore-induced plant volatiles for pest control
    単著
    Uefune M
    Core-to-Core Meeting: Plant chemicals and Ecological Interactions
    2009年12月
  • かおりの生態学: 基礎研究と応用への展望
    共著
    高林純示、上船雅義
    おがわまち有機農業フォーラム2010
    2010年02月
  • 寄生蜂の異なる光波長に対する反応-空腹度と嗅覚的キューの影響
    共著
    上船雅義、高林純示
    第54回日本応用動物昆虫学会大会
    2010年03月
  • キャベツ-コナガ(Plutella xylostella)-コナガコマユバチ(Cotesia vestalis)の3者系に及ぼすモンシロチョウ幼虫食害の影響
    共著
    山本正樹、上船雅義、高林純示
    第54回日本応用動物昆虫学会大会
    2010年03月
  • 農業は土作り
    単著
    上船雅義
    村上重本店主催セミナー
    2011年03月
  • Application of synthetic herbivore-induced plant volatiles causes increased parasitism of herbivores in the field
    共著
    Uefune M, Choh Y, Abe J, Shiojiri K, Sano K, Takabayashi J
    JSPS Core-to-Core Program: Studies on ecological interaction networks that promote biodiversity –From gene to ecosystem
    2011年09月
  • 天敵を利用した害虫防除
    単著
    上船雅義
    おがわまち有機農業フォーラム2012
    2012年02月
  • 植食者誘導性植物揮発性物質に対する寄生蜂の認識と利用様式
    単著
    上船雅義
    応用動物昆虫学会第56回大会小集会
    2012年03月
  • 天敵誘引剤・天敵活性化剤のコナガ防除効果と副次的効果
    共著
    上船雅義、米谷衣代、山本正樹、高林純示
    第56回日本応用動物昆虫学会大会
    2012年03月
  • コナガ食害を受けたアブラナ科植物3種の香りに対する寄生蜂の誘引性
    共著
    米谷衣代、上船雅義、高林純示
    第56回日本応用動物昆虫学会大会
    2012年03月
  • コナガ食害誘導性植物揮発性成分に対するコマユバチ2種の反応 -モデル植物シロイヌナズナを用いた生物間相互作用解析-
    共著
    釘宮聡一、安部洋、下田武志、上船雅義、高林純示
    第56回日本応用動物昆虫学会大会
    2012年03月
  • オクラ先端部におけるヒメハナカメムシ類と他の土着天敵の発生
    共著
    中野昭雄、林鎬俊、小澤理香、上船雅義、高林純示
    第56回日本応用動物昆虫学会大会
    2012年03月
  • A Biological control system using parasitoid attractants and supplemental food in greenhouses - If you build it, she will come -
    共著
    Uefune M, Abe J, Urano S, Shiojiri K, Kugimiya S, Nagasaka K, Shimoda T, Mitsunaga T, Sano K, Ohara Y, Takabayashi J
    International Congress of Entomology, XXIV
    2012年08月
  • Elucidating factors by which Orius spp. is attracted and arrested to Okra
    共著
    Rim H, Uefune M, Ozawa R, Nakano A, Takabayashi J
    International Congress of Entomology, XXIV
    2012年08月
  • Starvation and herbivore-induced plant volatiles affect the color preferences of parasitic wasps
    共著
    Uefune M, Kugimiya S, Shimoda T, Takabayshi J
    JSPS Core-to-Core Program: Studies on ecological interaction networks that promote biodiversity -From gene to ecosystem-
    2012年10月
  • A Biological control system using parasitoid attractants and supplemental food in greenhouses - If you build it, she will come -
    共著
    Uefune M, Abe J, Urano S, Shiojiri K, Kugimiya S, Nagasaka K, Shimoda T, Mitsunaga T, Sano K, Ohara Y, Takabayashi J
    JSPS Core-to-Core Program: Studies on ecological interaction networks that promote biodiversity -From gene to ecosystem-
    2012年10月
  • Elucidating factors by which Orius spp. is attracted and arrested to Okra
    共著
    Rim H, Uefune M, Ozawa R, Nakano A, Takabayashi J
    JSPS Core-to-Core Program: Studies on ecological interaction networks that promote biodiversity -From gene to ecosystem-
    2012年10月
  • 植物へのプロヒドロジャスモン処理による害虫パフォーマンスの低下と揮発性物質の誘導
    共著
    上船雅義、Nasser Said Mandour、小澤理香、戒能洋一、高林純示
    第57回日本応用動物昆虫学会大会
    2013年03月
  • オクラ先端部におけるヒメハナカメムシ類の発生動態と揮発性物質の関与
    共著
    中野昭雄、小澤理香、林鎬俊、上船雅義、高林純示
    第57回日本応用動物昆虫学会大会
    2013年03月
  • 植食者誘導性植物揮発性物質に対するタバコカスミカメの反応
    共著
    林鎬俊、上船雅義、中石一英、下元満喜、高林純示
    第57回日本応用動物昆虫学会大会
    2013年03月
  • Multifunctional aspects of plant volatiles: prospects for pest managements
    共著
    Uefune M, Abe J, Shiojiri K, Ozawa R, Choh Y, Takabayash J
    International Symposium for "Biodiversity & Evolution" project of Excellent Graduate Schools
    2013年12月
  • コナガ防除における天敵給餌装置の問題点と解決法
    共著
    上船雅義、浦野知、下田武志、釘宮聡一、高林純示
    第58回日本応用動物昆虫学会大会
    2014年03月
  • IPM を支援するデータ解析1 ~キャベツ圃場におけるアブラムシ類の土着天敵の事例~
    共著
    上船雅義・浦野知
    第87回 九州病害虫研究会
    2014年02月06日
  • Functions of plant volatiles for the parasitic wasp Cotesia vestalis: prospects for pest management
    共著
    Uefune M, Abe J, Shiojiri K, Ozawa R, Kugimiya K, Shimoda T, Choh Y, Takabayashi J
    Netherlands-Japan Seminar on Parasitoid Biology
    2014年08月29日
  • アブラナ科植物ケールにおけるプロヒドロジャスモン処理による天敵誘引能の誘導評価
    上船雅義・小澤理香・山岸健三・高林純示
    第59回日本応用動物昆虫学会大会
    2015年03月27日
  • ゼニゴケのナミハダニ対する忌避・防衛能の評価 (ポスター賞受賞)
    鈴木麻衣子・上船雅義・松井健二・小澤理香・高林純示
    日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会
    2016年03月28日
  • 露地ダイコンにおける害虫の個体群動態にプロヒドロジャスモン処理が与える影響
    共著
    吉田健吾・上船雅義・小澤理香・高林純示
    日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会
    2016年03月28日
  • タイリクヒメハナカメムシのおこぼれ採餌と共食いリスク
    久保田 千晶・片山啓介・上船 雅義
    第61回応用動物昆虫学会大会
    2017年03月28日
  • ゼニゴケの揮発性物質が有する防衛能の系統的違い
    鈴木 麻衣子・上船 雅義・小澤 理香・松井 健二・高林 純示
    第61回日本応用動物昆虫学会大会
    2017年03月28日
  • 蜜源と健全植物は天敵誘引成分の効果を増強する
    小澤 理香・小原祥嗣・塩尻 かおり・垣渕 和正・内田 徹・佐野孝太・上船 雅義・高林純示
    第61回応用動物昆虫学会大会
    2017年03月29日
  • The condition where the first stadium nymphs of Orius strigicollis benefit from the coexistence of the cannibalistic fifth stadium conspecific nymphs
    共著
    Kubo C, Katayama K, Uefune M, Takabayashi J
    The 5th International Entomophagous Insects Conference
    2017年10月19日
  • PDJによる害虫防除 - 天敵誘引や害虫パフォーマンスの視点から- 体系化の実証と今後の展望
    共著
    上船雅義・吉田健吾
    第62回応用動物昆虫学会大会小集会
    2018年03月26日
  • ゼニゴケのハスモンヨトウに対する蛹化阻害効果
    共著
    飯坂真衣・小池友恵・鈴木麻衣子・上船雅義・小澤理香・松井健二・高林純示
    第62回日本応用動物昆虫学会大会
    2018年03月26日
  • ゼニゴケが有するナミハダニの卵に対する発育阻害効果
    共著
    鈴木麻衣子・上船雅義・小澤理香・松井健二・高林純示
    第62回日本応用動物昆虫学会大会
    2018年03月26日
  • ゼニゴケの揮発性物質が植食者のパフォーマンスに与える影響
    共著
    鎌井恵美・片山裕貴・小池友恵・鈴木麻衣子・上船雅義・小澤理香・松井健二・高林純示
    第62回日本応用動物昆虫学会大会
    2018年03月26日
  • プロヒドロジャスモン処理がナスの直接防衛と間接防衛に与える影響
    共著
    唐澤鎌伍・上船雅義
    第62回日本応用動物昆虫学会大会
    2018年03月26日
  • 昆虫誘引に及ぼす色の違いと紫外線吸収の影響
    共著
    太田樹・上船雅義・山岸健三
    第62回日本応用動物昆虫学会大会
    2018年03月26日

その他の研究業績

  • 植物の香りが創出する生物間相互作用を用いた害虫管理
    単著
    上船雅義
    香料
    281, 21, 28
    2019年03月
  • 植物の香りによる天敵の誘引と定着
    単著
    上船雅義
    グリーン・エイジ
    542, 7, 10
    2019年02月
  • 天敵誘引剤を用いた害虫管理 ‐考え方と実際‐
    共著
    浦野知、安部順一朗、小原祥嗣、釘宮聡一、上船雅義、塩尻かおり、小澤理香、高林純示、佐野孝太、光永貴之、長坂幸吉、下田武志
    植物防疫
    61, 12, 699, 703
    2007年12月
  • 三者系の応用への展開-天敵利用の可能性とウンカ利用の可能性について-
    共著
    上船雅義・山本正樹・佐藤雅
    昆虫と自然
    46, 2, 18, 22
    2011年02月
  • 天敵誘引物質と天敵との関係について
    単著
    上船雅義
    バイオコントロール
    15, 1, 63, 68
    2011年10月

外部資金

  • 2017
    独立行政法人日本学術振興会
    科学研究助成事業(基盤研究C)
    ゼニゴケの植食者に対する多様な防衛能とそのメカニズムに関する研究
    2018年04月01日, 2021年03月31日
    上船雅義
  • 2014
    独立行政法人日本学術振興会
    科学研究助成事業(基盤研究C)
    ゼニゴケの植食者に対する誘導防衛メカニズムに関する基盤的研究
    2015年04月01日, 2018年03月31日
    上船雅義
  • 2013
    独立行政法人日本学術振興会
    科学研究助成事業(挑戦的萌芽研究)
    寄生蜂の移動分散における寄主の食草の役割
    2014年04月01日, 2017年03月31日
    高林純示
  • 2013
    独立行政法人日本学術振興会
    科学研究助成事業(若手研究(スタートアップ))
    プロヒドロジャスモンを利用した天敵・害虫の行動操作による害虫管理の基盤構築
    2013年08月01日, 2015年03月31日
    上船雅義
  • 2012
    独立行政法人科学技術振興機構
    研究成果最適展開支援プログラム A-STEP
    オクラ揮発性物質を用いた捕食性天敵ヒメハナカメムシ類の行動制御
    2012年10月01日, 2013年09月30日
    高林純示
  • 2009
    独立行政法人科学技術振興機構
    若手研究者ベンチャー創出推進事業
    天敵誘引剤・天敵活性化剤を用いた新しい害虫防除技術の事業化
    2009年11月01日, 2012年03月31日
    上船雅義

特許等

  • 2004-343149
    2005-272436
    4524380
    植物由来の天敵誘引成分
  • 2004-343150
    2006-149256
    4533988
    天敵昆虫を飼育するための給餌方法および給餌装置

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2009年08月, 滋賀県立彦根東高等学校の依頼講義(講義補助・実験演示)
  • 2009年09月, 滋賀県立彦根東高等学校SSHクラス博士教員(後期研究授業担当)
  • 2009年09月, 京都大学ジュニアキャンパス2009(講義補助・実験演示)
  • 2010年08月, 滋賀県立彦根東高等学校の依頼講義(講義補助・実験演示)
  • 2010年09月, 京都大学ジュニアキャンパス2010(講義補助・実験演示)
  • 2010年10月, 滋賀県立彦根東高等学校SSHクラス博士教員(後期研究授業担当)
  • 2011年08月, 滋賀県立彦根東高等学校の依頼講義(講義補助・実験演示)
  • 2011年09月, 京都大学ジュニアキャンパス2011(ポスターセッション開催・講義補助・実験演示)
  • 2011年09月, ひらめきときめきサイエンス2011(講義補助・実験演示)
  • 2011年10月, 滋賀県立彦根東高等学校SSHクラス博士教員(後期研究授業担当)
  • 2011年11月, 滋賀県立膳所高等学校の依頼講義(講義補助・実験演示)
  • 2012年03月, 仙台育英学園秀光中等教育学校の依頼講義(講義補助・実験演示)
  • 2012年08月, 滋賀県立彦根東高等学校の依頼講義(講義補助・実験演示)
  • 2012年09月, 京都大学ジュニアキャンパス2012(講義補助・実験演示)
  • 2012年10月, 滋賀県立彦根東高等学校SSHクラス博士教員(後期研究授業担当)
  • 2012年11月, 滋賀県立膳所高等学校の依頼講義(講義補助・実験演示)
  • 2013年03月, 滋賀県立彦根東高等学校主催コアSSHサイエンスフェスティバル(発表者へ助言指導)
  • 2013年08月, 仙台育英学園秀光中等教育学校の依頼講義(講義補助・実験演示)
  • 2013年08月, 滋賀県立彦根東高等学校の依頼講義(講義補助・実験演示)
  • 2013年09月, 京都大学ジュニアキャンパス2013(講義補助・実験演示)
  • 2013年10月, 滋賀県立彦根東高等学校SSHクラス博士教員(後期研究授業担当)
  • 2013年11月, 滋賀県立膳所高等学校の依頼講義(講義補助・実験演示)
  • 2014年03月, 滋賀県立彦根東高等学校主催コアSSHサイエンスフェスティバル(発表者へ助言指導)
  • 2014年08月, 滋賀県立彦根東高等学校において課題研究基礎力強化講演
  • 2015年03月, 滋賀県立彦根東高等学校主催コアSSHサイエンスフェスティバル(発表者へ助言指導)
  • 2015年08月, 滋賀県立彦根東高等学校において課題研究基礎力強化講演
  • 2016年03月, 滋賀県立彦根東高等学校主催コアSSHサイエンスフェスティバル(発表者へ助言指導)
  • 2016年05月, 名城大学附属高校のスーパーサイエンスⅡにおいて研究紹介
  • 2016年08月, 滋賀県立彦根東高等学校において課題研究基礎力強化講演
  • 2017年03月, 平成28年度滋賀県立彦根東高等学校SSHサイエンスフェスティバルで高校生へ講評
  • 2017年07月, 三重県立松阪高等学校SSH「発展探究」活動の課題研究アドバイザー
  • 2017年08月, ひらめき☆ときめきサイエンスの開催(代表者)
  • 2017年08月, 滋賀県立彦根東高等学校において課題研究基礎力強化講演
  • 2018年03月, 平成29年度滋賀県立彦根東高等学校SSHサイエンスフェスティバルで高校生へ講評
  • 2019年03月, 平成30年度滋賀県立彦根東高等学校SSHサイエンスフェスティバルで高校生へ講評


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.