教員情報

松儀 真人
マツギ マサト
農学部 応用生物化学科
教授
Last Updated :2019/06/26

基本情報

プロフィール

    男性
  • メールアドレス

    matsugimeijo-u.ac.jp
  • URL

大学院その他

  • 農学研究科 農学専攻, 教授

学歴

  • 富山大学大学院, 理学研究科, 天然物化学専攻修士課程, 修了
  • 薬学博士(大阪大学大学院薬学研究科・第14190号)

職歴

  • 大塚製薬株式会社, 有機化学研究所, 研究員
  • 大阪大学大学院工学研究科(野島研), 助手
  • ピッツバーグ大学 (Prof. D. P. Curran Lab), 文科省在外研究員
  • ピッツバーグ大学 (Prof. D. P. Curran Lab), Research Associate

現在所属している学会

  • アメリカ化学会
  • 日本農芸化学会
  • 日本薬学会
  • 日本化学会
  • 日本プロセス化学会
  • 有機合成化学協会
  • フルオラス科学研究会
  • 日本フッ素化学会
  • 日本ケミカルバイオロジー学会

委員歴(学外)

  • 2019年, 2019年, フルオラス科学研究会第12回シンポジウム オーガナイザー
  • 2019年, 2019年, 国立大学法人名古屋工業大学 博士学位審査委員(外部委員)
  • 2018年, 2018年, 国立大学法人名古屋工業大学 人事部会委員(外部委員)
  • 2017年, 2018年, 独立行政研究法人 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員
  • 2017年, 2018年, 独立行政研究法人 日本学術振興会 卓越研究員候補者選考委員会書面審査委員
  • 2017年, 2018年, 独立行政研究法人 日本学術振興会 国際事業委員会書面審査委員・書面評価員
  • 2016年, 2019年, 日本プロセス化学会東海地区フォーラム アドバイザー
  • 2016年, 2016年, 日本プロセス化学会2016サマーシンポジウム実行委員
  • 2015年, 2019年, フルオラス科学研究会 評議委員
  • 2015年, 2016年, 海外政府研究資金支援制度 Czech Science Foundation 審査員
  • 2010年, 2011年, 第19回東海地区高等学校化学研究発表交流会 審査委員
  • 2010年, 2011年, 第36回反応と合成の進歩シンポジウム実行委員
  • 2010年, 2011年, 社団法人日本化学会東海支部化学教育協議会 庶務幹事
  • 2006年, 2008年, 社団法人日本化学会 東海支部 代議員
  • 2008年, 2009年, 平成20年度日本化学会東海支部教育研究討論会 運営委員
  • 2008年, 2009年, 第17回東海地区高等学校化学研究発表交流会 審査委員
  • 2008年, 2008年, 第38回東海地区高校化学教育セミナー 運営委員
  • 2008年, 2009年, 東海地区大学入試問題研究会 大学委員 (愛知県理科教育研究会高等学校部会)
  • 2007年, 2008年, 全国高校化学グランプリ 東海支部実行委員長
  • 2006年, 2007年, 平成18年度日本化学会東海支部教育研究討論会 運営委員
  • 2006年, 2007年, 全国高校化学グランプリ実行委員 東海支部副委員長
  • 2005年, 2010年, 社団法人日本化学会東海支部化学教育協議会委員

本学におけるその他の管理運営業績

  • 2006年, 2019年, 天白キャンパス危険物取扱管理責任者 
  • 2011年, 2019年, 覚せい剤原料指定研究者
  • 2019年, 2019年, 発明評価小委員会委員
  • 2019年, 2019年, 高大一貫教育検討委員
  • 2014年, 2014年, 農学部 入試委員長
  • 2012年, 2013年, 農学部 カリキュラム検討委員会 委員長
  • 2011年, 2012年, 応用生物化学科 学科長
  • 2008年, 2009年, 高大一貫教育検討委員 
  • 2008年, 2012年, 私立大学戦略基盤形成支援事業 運営委員
  • 2006年, 2009年, 総合数理プログラム運営委員 
  • 2005年, 2006年, 附属図書館予算措置検討ワーキング・グループ委員

研究活動

研究分野

  • 有機化学
  • 合成化学
  • 創薬化学
  • 反応工学・プロセスシステム

研究キーワード

  • 有機合成化学
  • 生物活性物質
  • 不斉合成
  • グリーンケミストリー
  • フルオラスケミストリー

教育研究への取り組み・抱負

    講義では最新トピックスを織り交ぜたレベルの高い内容をできるだけわかり易い論理展開で理解させることを心掛けています。有機化学の世界は単純なルールに支配された奥の深いとても面白い世界です。そこにはたくさんの驚きや感動が待ち受けています。分子レベルで現象を理解する有機化学の世界に興味を持ち、有機化学の基礎知識や原理により、様々な化学現象を論理的に説明できる応用力と創造力を身につけて欲しいと思っています。また、研究面ではセレンディピテイを見逃さず、学生さんの新しい発想を大事にしてオリジナリティを重視した研究展開を目指します。

著書

  • Concise Synthesis of Peptide Analogs Using a Fluorous-Fmoc Protection Strategy
    Masato Matsugi
    Springer Publisher Company
    2017年
    単著
  • Electronic Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis; 2-Chloro-1-(3,3,4,4,5,5,6,6,7,7,8,8,9,9,10,10,10-heptadecafluorodecyl)pyridinium 1,1,1-trifluoromethanesulfonate
    Masato Matsugi
    John Wiley & Sons, Ltd
    2013年
    単著
  • 新しい溶媒を用いた有機合成
    濱本博三、松儀真人
    S&T出版
    2013年
    978-4-907002-10-7
    共著
    フッ素系アルコールを溶媒に用いた有機合成
  • Electronic Encyclopedia of reagents for Organic Synthesis; 4,4'-Azobis(4-cyanopentanoic acid) (V-501)
    Masato Matsugi, Yasuyuki Kita
    John Wiley & Sons, Ltd
    2007年
    共著
  • Electronic Encyclopedia of reagents for Organic Synthesis; 2,2'-Azobis(2-methylpropanimidamide)dihydrochloride (V-50)
    Masato Matsugi, Yasuyuki Kita
    John Wiley & Sons, Ltd
    2007年
    共著
  • フルオラスケミストリーの新展開-Light Fluorous Chemistry-
    松儀 真人, Dennis P. Curran
    シーエムシー出版
    2005年
    共著
    pp. 43-61
  • ファインケミカル:グリーンケミストリーを指向したラジカル開始剤
    北 泰行、松儀 真人
    シーエムシー出版
    2003年
    共著
    P7~P14
  • Radicals In Organic Synthesis, P. Renaud, M. P. Sibi (Eds.); Radical Initiators (Radicals in Organic Synthesis: Chapter 1)
    Yasuyuki Kita, and Masato Matsugi
    Wiley-VCH
    2001年
    共著
  • Advances in Sulfur Chemistry, Volume 2
    Masato Matsugi, Norio Shibata, Yasuyuki Kita
    JAI PRESS INC.
    2000年
    0762306181
    共著
    pp215-248

学術論文

  • Stereospecific Synthesis of 1,5-Disubstituted Tetrazoles from Ketoximes via a Beckmann Rearrangement Facilitated by Diphenyl Phosphorazidate(査読付き論文)
    共著
    Kotaro Ishihara, Takayuki Shioiri, Masato Matsugi
    Tetrahedron Letters
    Elsevier
    60, 1295, 1298
    2019年
  • Unprecedented Asymmetric Epoxidation of Isolated Carbon–Carbon Double Bonds by a Chiral Fluorous Fe(III) Salen Complex: Exploiting Fluorophilic Effect for Catalyst Design(査読付き論文)
    共著
    Yuki Kobayashi, Riho Obayashi, Yuki Watanabe, Hiroki Miyazaki, Issei Miyata, Yuta Suzuki, Yukihiro Yoshida, Takayuki Shioiri, and Masato Matsugi
    Eur. J. Org. Chem.
    Wiley-VCH
    13, 2401, 2408
    2019年
  • A Practical Synthesis of 5-Substituted 1H-Tetrazoles from Aldoximes employing Azide Anion from Diphenyl Phosphorazidate(査読付き論文)
    共著
    Kotaro Ishihara, Mayumi Kawashima, Takatoshi Matsumoto, Takayuki Shioiri, Masato Matsugi
    Synthesis
    Georg Thieme Verlag KG
    50, 6, 1293, 1300
    2018年
  • Activation of Grubbs-Hoveyda second-generation Catalysts Employing Aromatic Ligands Bearing a Widespread Aryl Substituent(査読付き論文)
    共著
    Yuki Kobayashi, Rina Igarashi, Yuta Ishikawa, Sae Inukai, Kento Shimowaki, Yuya Sugiyama, Takayuki Shioiri, Masato Matsugi
    Heterocycles
    Japan Institute of Heterocyclic Chemistry
    97, 2, 806, 822
    2018年
  • Pummerer Rearrangement using Bis(p-nitrophenyl) Phosphorazidate as an Azidation Reagent: A Novel Synthesis of Azidomethyl Sulfides(査読付き論文)
    Kotaro Ishihara, Takayuki Shioiri, Masato Matsugi
    Tetrahedron Letters
    Elsevier
    58, 41, 3932, 3935
    2017年
  • Fluorous Mixture Synthesis of Tripeptides and Pentapeptides using a Fluorous-Fmoc Protection Strategy(査読付き論文)
    共著
    Yuya Sugiyama, Ryuhei Shirai, Masaki Hirose, Tomoko Watanabe, Ayana Yoshida, Natsuki Endo, Toshiya Hayashi, Takayuki Shioiri, Masato Matsugi
    Synthesis
    Georg Thieme Verlag KG
    49, 10, 2187, 2204
    2017年
  • Grubbs–Hoveyda 2nd generation catalysts activated by the introduction of a light fluorous tag onto the bidentate ligands(査読付き論文)
    共著
    Yuki Kobayashi, Naoki Suzumura, Yuki Tsuchiya, Machiko Goto, Yuya Sugiyama, Takayuki Shioiri, Masato Matsugi
    Synthesis
    Georg Thieme Verlag KG
    49, 8, 1796, 1807
    2017年
  • Synthesis of 5-Substituted 1H-Tetrazoles from Aldoximes using Diphenyl Phosphorazidate(査読付き論文)
    共著
    Kotaro Ishihara, Mayumi Kawashima, Takayuki Shioiri, Masato Matsugi
    Synlett
    Georg Thieme Verlag KG
    27, 15, 2225, 2228
    2016年
  • Highly activated second-generation Grubbs–Hoveyda catalyst driven by intramolecular steric strain(査読付き論文)
    共著
    Yuki Kobayashi, Hiroki Miyazaki, Sae Inukai, Chika Takagi, Reo Makino, Kento Shimowaki, Rina Igarashi, Yuya Sugiyama, Shuichi Nakamura, Masato Matsugi
    Synlett
    Georg Thieme Verlag KG
    27, 16, 2352, 2356
    2016年
  • Development of Efficient Processes for Multi-gram Scale and Divergent Preparation of Fluorous-Fmoc Reagents(査読付き論文)
    共著
    Matsugi, M. et al.
    Tetrahedron
    Elsevier
    71, 30, 4958, 4966
    2015年
  • SN2 displacement at the quaternary carbon center: A novel entry to the synthesis of α,α-disubstituted α-amino acids(査読付き論文)
    共著
    Kotaro Ishihara, Hiromi Hamamoto, Masato Matsugi, Takayuki Shioiri
    Tetrahedron Letters
    Elsevier
    56, 23, 3169, 3171
    2015年
  • Concise Synthesis of All Stereoisomers of Dendroamide A by Fluorous Mixture Synthesis Based on Fluorous Fmoc Protection of Amino Acids(査読付き論文)
    共著
    Matsugi, M. et al.
    Eur. J. Org. Chem.
    WILEY-VCH
    18,, 3971, 3982
    2015年
  • A medium fluorous Grubbs-Hoveyda 2nd generation catalyst for phase transfer catalysis of ring closing metathesis reactions(査読付き論文)
    Matsugi, M. et al.
    Tetrahedron Letters
    Elsevier
    56, 11, 1363, 1366
    2015年
  • Enhancement of stereoselectivities in asymmetric synthesis using fluorinated solvents, auxiliaries, and catalysts(査読付き論文)
    共著
    Tsuyuka Sugiishi, Masato Matsugi, Hiromi Hamamoto, Hideki Amii
    RSC Advances
    Royal Society of Chemistry(王立化学会)
    5, 22, 17269, 17282
    2015年
  • A comparative study of the asymmetric epoxidation of aromatic olefins using the first generation manganese salen epoxidation catalysts and their light fluorous variants: An interesting discovery on the use of benzotrifluoride as a cosolvent(査読付き論文)
    共著
    M. Matsugi et. al.
    Tetrahedron: Asymmetry
    Elsevier
    25, 16-17, 1209, 1214
    2014年
  • Liquid-phase Split-type combinatorial Synthesis of Tripeptide Derivatives Encoded by Fluorous Fmoc Reagents(査読付き論文)
    共著
    M. Matsugi et al.
    Synlett
    Georg Thieme Verlag KG
    24, 20, 2701, 2704
    2013年
  • A Synthesis of All Stereoisomers of Tenuecyclamide A Employing a Fluorous-Fmoc Strategy(査読付き論文)
    共著
    M. Matsugi et al.
    The Journal of Organic Chemistry
    American Chemical Society(アメリカ化学会)
    78, 10264, 10272
    2013年
  • The systematic structure-activity relationship to predict how flavones bind to human androgen receptor for their antagonistic activity(査読付き論文)
    共著
    Hiroto Tamura et. al.
    Bioorg. Med. Chem.
    Elsevier
    21, 2968, 2974
    2013年
  • Fluorous mixture synthesis of fluorous-fmoc reagents using a one-pot double tagging strategy(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi et. al.
    Terahedron Letters
    Elsevier
    54, 16, 2060, 2062
    2013年
  • A non-enzymatic kinetic resolution of (±)-trans-2-arylcyclohexanols via esterification using polymer-supported DCC, DMAP, and 3β-acetoxyetienic acid(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi et. al.
    Synthetic Communications
    Taylor & Francis
    43, 10, 1425, 1431
    2013年
  • A fluorous Mukaiyama coupling reagent for a concise condensation reaction: Utility of medium-fluorous strategy(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi et. al.
    Tetrahedron
    Elsevier
    68, 3885, 3892
    2012年
  • Synthesis and RCM reactions using a recyclable Grubbs-Hoveyda metathesis catalyst activated by a light-fluorous tag(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi et. al.
    Journal of Organic Chemistry
    American Chemical Society(アメリカ化学会)
    75, 22, 7905, 7908
    2010年
  • Pronounced rate enhancements in condensation reactions attributed to the fluorous tag in modified Mukaiyama reagents(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi et. al.
    Tetrahedron Letters
    Elsevier
    51, 1, 133, 135
    2010年
  • An effective synthesis of 5, 4’-disubstituted flavones via a cesium enolate assisted intramolecular ipso-substitution reaction(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi et. al.
    Chemical and Pharmaceutical Bulletin
    日本薬学会
    58, 8, 1107, 1110
    2010年
  • A development of concise amidation and esterification reactions using a medium fluorous Mukaiyama reagent(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi, Toshiya Hayashi, Shohei Haseba, and Yoko Kunda
    J. Res. Inst. Meijo Univ.
    8, 123, 128
    2009年
  • An Alternative and Facile Purification Procedure of Amidation and Esterification Reactions Using a Medium Fluorous Mukaiyama Reagent(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi, Misaki Suganuma, Shoko Yoshida, Shohei Hasebe, Yoko Kunda, Kotaro Hagihara, and Sayaka Oka
    Tetrahedron Lett.
    Elsevier
    49, 46, 6573, 6574
    2008年
  • Direct Perfluoroalkylation of Non-activated Aromatic C-H bonds of Phenols(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi, Masakazu Hasegawa, Shohei Hasebe, Shohei Takai, Ryusuke Suyama, Yusuke Wakita, Kanako Kudo, Hiromi Imamura, Toshiya Hayashi, and Seiichi Haga
    Tetrahedron Lett.
    Elsevier
    49, 26, 4189, 4191
    2008年
  • Simplification of an Organic Synthetic Process Based on a Light-fluorous Strategy(査読付き論文)
    単著
    Masato Matsugi
    J. Synth. Org. Chem. Jpn.
    有機合成化学協会
    66, 7, 694, 704
    2008年
  • Preparation and condensation reactions of a new light- fluorous Mukaiyama reagent: Reliable purification with fluorous solid phase extraction for esters and amides(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi, Masakazu Hasegawa, Daisuke Sadachika, Sachina Okamoto, Mami Tomioka, Yoshimi Ikeya, Araki Masuyama, and Yuji Mori
    Tetrahedron Lett.
    Elsevier
    48, 4147, 4150
    2007年
  • Synthesis of various fluorous-FMOC reagents for fluorous mixture synthesis: Purification of protected dipeptides with fluorous solid phase extraction(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi, Kunihiro Yamanaka, Masakazu Hasegawa, and Takayuki Shioiri
    J. Res. Inst. Meijo Univ.
    6, 115, 119
    2007年
  • Synthesis of Fluorous-FMOC Reagents and Purification of Protected Dipeptides with Fluorous Solid Phase Extraction(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi, Kunihiro Yamanaka, Issei Inomata, Nao Takekoshi, Masakazu Hasegawa, and Dennis P. Curran
    QSAR Comb. Sci.
    Wiley-VCH
    25, 713, 715
    2006年
  • Synthesis, reaction and recycle of light fluorous Grubbs-Hoveyda catalysts for alkene metathesis(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi, and Dennis P. Curran
    J. Org. Chem.
    American Chemical Society(アメリカ化学会)
    70, 1636, 1642
    2005年
  • Efficient Synthesis of Thioesters and Amides from Aldehydes by Using an Intermolecular Radical Reaction in Water(査読付き論文)
    共著
    Hisanori Nambu, Kayoko Hata, Masato Matsugi, and Yasuyuki Kita
    Chem. Eur. J.
    WILEY-VCH
    11, 719, 727
    2005年
  • Fluorous Columns are Superior to Cyclodextrin Columns for Demixing in Fluorous Mixture: When and Why to Use Fluorous Silica Gel(査読付き論文)
    共著
    Dennis P. Curran, Sivaraman Dandapani, Stefan Werner, and Masato Matsugi
    Synlett
    Thieme
    9, 1545, 1548
    2004年
  • Reverse Fluorous Solid Phase Extraction: A New Technique for Rapid Separation of Fluorous Compounds(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi, and Dennis P. Curran
    Org. Lett.
    American Chemical Society(アメリカ化学会)
    6, 2717, 2720
    2004年
  • A Novel Separation Technique of Diastereomeric Esters of Pyridylethanols by Extraction: Formal Total Synthesis of PNU-142721, HIV-1 Reverse Transcriptase Inhibitor(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi, Kinuyo Itoh, Masatomo Nojima, Yuri Hagimoto, and Yasuyuki Kita
    Tetrahedron
    Elsevier
    60, 3311, 3317
    2004年
  • A Simple Determination Method of the Absolute Configuration of 1-Arylethanthiols by An Intramolecular CH/p Shielding Effect in 1H NMR of Diastereomeric Thiol Esters(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi, Yuri Hagimoto, Kinuyo Itoh, Masatomo Nojima, and Yasuyuki Kita
    Chem. Pharm. Bull.
    日本薬学会
    51, 460, 462
    2003年
  • An Efficient Methodology for the C-C Bond Forming Radical Cyclization of Hydrophobic Substrates in Water: Effect of Additive on Radical Reaction in Water(査読付き論文)
    共著
    Hisanori Nambu, Gopinathan Anilkumar, Masato Matsugi, and Yasuyuki Kita
    Tetrahedron
    Elsevier
    58, 77, 85
    2003年
  • Effective Non-enzymatic Kinetic Resolution of 2-Arylcyclohexanols Using 3b-acetoxyetienic acid and DCC-DMAP(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi, Yuri Hagimoto, Masatomo Nojima, and Yasuyuki Kita
    Org. Process Res. Dev.
    American Chemical Society(アメリカ化学会)
    7, 583, 584
    2003年
  • Optical Resolution of (±)-1-Furo[2,3-c]pyridin-5-yl-ethanol Using Extraction Technique: Formal Total Synthesis of PNU-142721, HIV-1 Reverce Transcriptase Inhibitor(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi, Kinuyo Itoh, Masatomo Nojima, Yuri Hagimoto, and Yasuyuki Kita
    Tetrahedron Lett.
    Elsevier
    44, 3355, 3358
    2003年
  • The Direct Synthesis of Thioesters Using an Intermolecular Radical Reaction of Aldehydes with Dipentafluorophenyl Disulfide in Water(査読付き論文)
    共著
    Hisanori Nambu, Kayoko Hata, Masato Matsugi, and Yasuyuki Kita
    Chem. Commun.
    Royal Society of Chemistry(王立化学会)
    1082, 1083
    2002年
  • Lipase-Catalyzed Domino Kinetic Resolution/Intramolecular Diels-Alder Reaction: One-Pot Synthesis of Optically Active 7-Oxabicyclo[2.2.1]heptenes from Furfuryl alcohols and b-Substituted Acryic Acids(査読付き論文)
    共著
    Syuji Akai, Tadaatsu Naka, Sohei Omura, Kouichi Tanimoto, Masashi Imanishi, Yasushi Takebe, Masato Matsugi, and Yasuyuki Kita
    Chem. Eur. J.
    Wiley-VCH
    8, 4255, 4264
    2002年
  • The Improved Synthesis of OPC-29030, A Platelet Adhesion Inhibitor via Diastereoselective Oxidation of Chiral Non-racemic Sulfide(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi, Rieko Shimada, Shinji Ohata, Masatomo Nojima, Norio Fukuda, Jun-ichi Minamikawa, and Yasuyuki Kita
    Chem. Pharm. Bull.
    日本薬学会
    50, 1511, 1513
    2002年
  • 1H NMR Determination of Absolute Configuration of 1- or 2-Aryl-Substituted Alcohols and Amines by Means of Their Diastereomers: Novel Separation Technique of Diastereomeric Derivatives of Pyridyl Alcohols by Extraction(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi, Kinuyo Itoh, Masatomo Nojima, Yuri Hagimoto, and Yasuyuki Kita
    Chem. Eur. J.
    Wiley-VCH
    8, 5551, 5565
    2002年
  • An Efficient Sulfenylation of Aromatics Using Highly Active Quinone Mono O,S-Acetal Bearing a pentafluorophenylthio Group(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi, Kenji Murata, Hisanori Nambu, and Yasuyuki Kita
    Tetrahedron Lett.
    Elsevier
    42, 1077, 1080
    2001年
  • Determination of Absolute Configuration of trans-2-Arylcyclohexanols Using Aryl-induced 1H NMR Shifts in Diastereomeric Derivatives(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi, Kinuyo Itoh, Masatomo Nojima, Yuri Hagimoto, and Yasuyuki Kita
    Tetrahedron. Lett.
    Elsevier
    42, 6903, 6905
    2001年
  • A Novel and Efficient Methodology for the C-C Bond Forming Radical Cyclization of Hydrophobic Substrates in Water(査読付き論文)
    共著
    Yasuyuki Kita, Hisanori Nambu, Namakkal G. Ramesh, Gopinathan Anilkumar, and Masato Matsugi
    Org. Lett.
    American Chemical Society(アメリカ化学会)
    3, 1157, 1160
    2001年
  • Determination of Stereochemistry and Separation of Diastereomeric Derivatives of trans-2-Pyridylcyclohexanols by Extraction(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi, Masatomo Nojima, Hagimoto Yuri, and Yasuyuki Kita
    Tetrahedron Lett.
    Elsevier
    42, 8039, 8042
    2001年
  • A Novel Determination Method of the Absolute Configuration of Acyclic 1-Arylalcohols and Amines by an Interamolecular CH/p Shielding Effect in 1H NMR(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi, Kinuyo Itoh, Masatomo Nojima, Hagimoto Yuri, and Yasuyuki Kita
    Tetrahedron Lett.
    Elsevier
    42, 8019, 8022
    2001年
  • Catalytic Asymmetric Oxidation of Sulfide with Titanium tetraisopropoxide-Mandelic Acid Complex: Practical Synthesis of 3-[1-(2-Methylphenyl) imidazol-2-ylthio] propan-1-ol, the Key Intermediate of OPC-29030(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi, Norio Fukuda, Yasuaki Muguruma, Taizo Yamaguchi, Jun-ichi Minamikawa, and Sei Otsuka
    Tetrahedron
    Elsevier
    57, 2739, 2744
    2001年
  • Facile and Efficient Sulfenylation Method Using Quinone Mono-O,S-Acetals under Mild Conditions(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi, Kenji Murata, Kentoku Gotanda, Hisanori Nambu, Gopinathan Anilkumar, Keita Matsumoto, and Yasuyuki Kita
    J. Org. Chem.
    American Chemical Society(アメリカ化学会)
    66, 2441, 2447
    2001年
  • Regioselective Nucleophilic Addition of Methoxybenzene Derivatives to the b-Carbon of p-Benzoquinone Mono O,S-Acetal(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi, Kenji Murata, Gopinathan Anilkumar, Hisanori Nambu, and Yasuyuki Kita
    Chem. Pharm. Bull.
    日本薬学会
    49, 1658, 1659
    2001年
  • Doebner-Miller Synthesis in Two-phase System: Practical Preparation of Quinolines(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi, Fujio Tabusa, and Jun-ichi Minamikawa
    Tetrahedron Lett.
    Elsevier
    41, 8523, 8525
    2000年
  • Efficient Stereoselective Synthesis of -C-Glycopyranosides Using 2,2'-Azobis-(2,4- dimethyl-4-methoxyvaleronitrile)(査読付き論文)
    共著
    Kentoku Gotanda, Masato Matsugi, Miki Suemura, Chiyo Ohira, Atsunori Sano, Masahisa Oka, and Yasuyuki Kita
    Tetrahedron
    Elsevier
    55, 10315, 10324
    1999年
  • Radical Addition Reactions of Brominated Active Methylene Compounds to Enolethers Using 2,2'-Azobis-(2,4-dimethyl-4-methoxyvaleronitrile) [V-70] as an Initiator(査読付き論文)
    共著
    Yasuyuki Kita, Atsunori Sano, Takahiro Yamaguchi, Masahisa Oka, Kentoku Gotanda, and Masato Matsugi
    J. Org. Chem.
    American Chemical Society(アメリカ化学会)
    64, 675, 678
    1999年
  • Highly Stereoselective Synthesis of Carbocycles via a Radical Addition Reaction Using 2,2'-Azobis-(2,4-dimethyl-4-methoxyvaleronitrile)(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi, Kentoku Gotanda, Chiyo Ohira, Miki Suemura, Atsunori Sano, and Yasuyuki Kita
    J. Org. Chem.
    American Chemical Society(アメリカ化学会)
    64, 6928, 6930
    1999年
  • Practical Radical Additions under mild Condition Using 2,2'-Azobis-(2,4-dimethyl-4-methoxyvaleronitrile) [V-70] as an Initiator(査読付き論文)
    共著
    Yasuyuki Kita, Atsunori Sano, Takahiro Yamaguchi, Masahisa Oka, Kentoku Gotanda, Kenji Murata, and Masato Matsugi
    Org. Process Res. Dev.
    American Chemical Society(アメリカ化学会)
    2, 250, 254
    1998年
  • Practical Asymmetric Oxidation of 3-[1-(2-Methylphenyl) imidazol-2-ylthio]propan-1-ol Based on a Titanium - Mandelic Acid Complex(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi, Norio Fukuda, Jyu-ichi Minamikawa, and Sei Otsuka
    Tetrahedron Lett.
    Elsevier
    39, 5591, 5592
    1998年
  • Asymmetric Diels-Alder Reaction via Enzymatic Kinetic Resolution Using Ethoxyvinyl Methyl Fumarate(査読付き論文)
    共著
    Yasuyuki Kita, Tadaatsu Naka, Masashi Imanishi, Yasushi Takebe, and Masato Matsugi
    Chem. Commun.
    Royal Society of Chemistry(王立化学会)
    1183, 1184
    1998年
  • Highly Asymmetric Pummerer-type Reaction Induced by Ethoxy Vinyl Esters(査読付き論文)
    共著
    Norio Shibata, Masato Matsugi, Noriyuki Kawano, Seiji Fukui, Chino Fujimori, Kentoku Gotanda, Kenji Murata, and Yasuyuki Kita
    Tetrahedron Asymmetry
    Elsevier
    8, 303, 310
    1997年
  • Additions of Malononitrile Radicals to Alkenes under Mild Conditions Using 2,2'-Azobis-(2,4-dimethyl-4-methoxyvaleronitrile) (V-70) as an Initiator(査読付き論文)
    共著
    Yasuyuki Kita, Atsunori Sano, Takahiro Yamaguchi, Masahisa Oka, Kentoku Gotanda, and Masato Matsugi
    Tetrahedron Lett.
    Elsevier
    38, 3549, 3552
    1997年
  • A Novel Efficient Sulfenylation Method Using Quinone Mono O,S-Acetals under Mild Condition(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi, Kentoku Gotanda, Kenji Murata, and Yasuyuki Kita
    Chem. Commun.
    Royal Society of Chemistry(王立化学会)
    1387, 1388
    1997年
  • Isolation of the Qinone mono O,S-Acetal Intermediates of the Aromatic Pummerer-type Rearrangement of p-Sulfinylphenols with 1-Ethoxyvinyl Esters(査読付き論文)
    共著
    Yasuyuki Kita, Yoshifumi Takeda, Masato Matsugi, Kiyosei Iio, Kentoku Gotanda, Kenji Murata, and Shuji Akai
    Angew. Chem. Int. Ed.,
    Wiley-VCH
    36, 1529, 1531
    1997年
  • A Highly Stereoselective Synthesis of a-Linked C-Glycopyranosides Using 2,2'-Azobis-(2,4-dimethyl-4-methoxyvaleronitrile) (V-70)(査読付き論文)
    共著
    Yasuyuki Kita, Kentoku Gotanda, Atsunori Sano, Masahisa Oka, Kenji Murata, Miki Suemura, and Masato Matsugi
    Tetrahedron Lett.
    Elsevier
    38, 8345, 8348
    1997年
  • Polonovski-type Reaction Induced by O-Silylated Ketene Acetals(査読付き論文)
    共著
    Yasuyuki Kita, Kentoku Gotanda, Chino Fujimori, Kenji Murata, and Masato Matsugi
    J. Org. Chem.
    American Chemical Society(アメリカ化学会)
    62, 8268, 8270
    1997年
  • Asymmetric Synthesis of a Xanthine Dehydrogenase Inhibitor (S)-(-)-BOF-4272 : Utility of Chiral Alkoxysulfonium salt(査読付き論文)
    共著
    Masato Matsugi, Kinji Hashimoto, Masatoshi Inai, Norio Fukuda, Takuya Furuta, Jun-ichi Minamikawa, and Sei Otsuka
    Tetrahedron Asymmetry
    Elsevier
    6, 2991, 3000
    1995年
  • ライトフルオラスタグを基点とする有機反応プロセスの簡略化
    松儀 真人
    有機合成化学協会誌 : JOURNAL OF Synthetic Organic Chemistry JAPAN
    社団法人 有機合成化学協会
    66, 7, 694, 704
    2008年07月
  • An Effective Synthesis of 5,4'-Disubstituted Flavones via a Cesium Enolate Assisted Intramolecular ipso-Substitution Reaction
    Matsugi Masato;Takeda Masaki;Takahashi Ayano;Tazaki Takahide;Tamura Hiroto;Shioiri Takayuki
    CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN
    公益社団法人 日本薬学会
    58, 8, 1107, 1110
    2010年
  • Fluorous Mixture Synthesis による簡易ペプチド合成: フルオラス FMOC 試薬の合成とその反応
    山中 邦裕;長谷川 雅一;松儀 真人;Dennis Curran
    反応と合成の進歩シンポジウム 発表要旨概要
    日本薬学会化学系薬学部会
    32, 0, 92, 92
    2006年
  • ライトフルオラス向山試薬(改良型向山試薬)の合成とその反応
    長谷川 雅一;山中 邦裕;菅沼 美沙紀;吉田 祥子;松儀 真人
    反応と合成の進歩シンポジウム 発表要旨概要
    日本薬学会化学系薬学部会
    33, 0, 130, 130
    2007年
  • セシウムエノラートの分子内 ipso 置換を経由する5, 4'-二置換型フラボン類の効率的合成
    田崎 嵩英;竹留 亜衣子;塩入 孝之;田村 廣人;松儀 真人
    反応と合成の進歩シンポジウム 発表要旨概要
    日本薬学会化学系薬学部会
    37, 0, 150, 150
    2011年
  • リサイクル型フルオラスGrubbs-Hoveyda 触媒の合成とそのメタセシス反応
    松儀 真人;長谷川 雅一;青山 未和;相良 緑;Curran Dennis P.
    反応と合成の進歩シンポジウム 発表要旨概要
    日本薬学会化学系薬学部会
    31, 0, 182, 182
    2005年
  • ミディアムフルオラス向山試薬を用いる簡易縮合反応
    薫田 陽子;萩原 洸太郎;塩入 孝之;松儀 真人
    反応と合成の進歩シンポジウム 発表要旨概要
    日本薬学会化学系薬学部会
    35, 0, 50, 50
    2009年
  • ライトフルオラスタグにより活性化された Grubbs-Hoveyda 触媒の合成と閉環メタセシス反応
    鈴村 直紀;小林 佑基;土屋 勇輝;塩入 孝之;松儀 真人
    反応と合成の進歩シンポジウム 発表要旨概要
    日本薬学会化学系薬学部会
    36, 0, 110, 110
    2010年
  • 無保護フェノール類の芳香環炭素上への直接フルオラスタグ導入反応
    長谷部 匠平;竹田 匡輝;今村 裕美;工藤 加奈子;小林 佑基;松儀 真人
    反応と合成の進歩シンポジウム 発表要旨概要
    日本薬学会化学系薬学部会
    34, 0, 20, 20
    2008年

講演・口頭発表等

  • フルオラスケミストリーの新展開
    松儀 真人(招待講演)
    学術講演
    2017年11月
    富山大学理学部合成有機第二研究室
  • フルオラス修飾を活性化基点とするユビキタス不斉酸化触媒の開発
    松儀 真人(招待講演)
    研究講演
    2017年06月
    金剛化学株式会社
  • フルオラス分子の疎水性制御に立脚した実用的分子合成手法の開発 ~ミディアムフルオラスケミストリー~
    松儀 真人(招待講演)
    フルオラス科学研究会第8回シンポジウム
    2015年10月
    フルオラス科学研究会
  • フルオラス分子の疎水性制御に立脚した簡易分子合成手法の開発
    松儀 真人(招待講演)
    第18回日本プロセス化学会東四国地区フォーラムセミナー
    2015年10月
    日本プロセス化学会
  • フルオラスケミストリーの基礎と有機合成への応用-合成プロセスの簡略化-
    松儀 真人(招待講演)
    情報機構(株)セミナー
    2013年11月
    情報機構(株)
  • フルオラスタグの特性を利用する有機合成反応
    松儀 真人(招待講演)
    日本薬学会北陸支部特別講演会
    2011年05月
    日本薬学会北陸支部
  • 名城大学農学部の"分子合成化学教室"を目指して
    松儀 真人(招待講演)
    第18回分子合成化学セミナー
    2010年09月
    大阪大学大学院薬学研究科分子合成教室
  • ライト及びミディアムフルオラスタグを基点とする有機合成
    松儀 真人(招待講演)
    第2回フルオラス科学研究会シンポジウム
    2009年11月
    フルオラス科学研究会
  • フルオラスGrubbs-Hoveyda触媒を用いるメタセシス反応とreverse fluorous solid phase extraction
    松儀 真人(招待講演)
    第126年会日本薬学会シンポジウム「エンジョイ・ザ・プロセス化学」
    2006年03月
    日本薬学会
  • ライトフルオラスケミストリーとピッツバーグライフ
    松儀 真人(招待講演)
    第13回分子合成化学セミナー
    2005年08月
    大阪大学大学院薬学研究科分子合成教室
  • Peptides Syntheses using Fluorous Fmoc Reagent
    Masato Matsugi(招待講演)
    Conference of Fluorous Chemistry in Pittsburgh
    2005年02月
    Fluorous Technologies lnc. Ltd. (USA)
  • Synthesis, Reaction and Recycle of Light Fluorous Grubbs-Hoveyda Catalysts for Alkene Metathesis
    松儀 真人(招待講演)
    大阪大学大学院化学系21世紀 COE 国際シンポジウム「自然化学との共生」
    2005年01月
    大阪大学大学院工学研究科
  • 活性アゾビス型ラジカル開始剤を用いる低温及び水中でのラジカル反応の開発
    松儀 真人(招待講演)
    日本薬学会第121年会ミニシンポジウム
    2001年03月
    日本薬学会
  • キラルなスルホニウム塩を経由するBOF-4272(抗通風薬)の不斉全合成
    松儀 真人(招待講演)
    大饗セミナー
    1994年10月

その他の研究業績

  • ライト及びミディアムフルオラスタグの特性を利用する有機合成反応
    単著
    松儀 真人
    和光純薬時報
    77, 3, 2
    2009年
  • ライトフルオラスタグを基点とする有機反応プロセスの簡略化(査読付)
    単著
    松儀 真人
    有機合成化学協会誌
    66, 7, 694, 704
    2008年07月
  • ライトフルオラス脱水縮合剤(改良型フルオラス向山試薬)の開発
    単著
    松儀 真人
    Organic Square誌
    18, 2, 4
    2007年02月
  • フルオラス試薬
    共著
    松儀 真人, Dennis P. Curran, 長島忠道
    Organic Square誌
    14, 1, 3
    2005年03月

外部資金

  • 2019
    文部科学省
    科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)
    フルオロフィリック効果に依拠した反応場構築と活用型反応群の開発
    2019年, 2022年
    松儀 真人
  • 2018
    日産化学株式会社
    日産化学株式会社奨学寄付金
    奨学寄付金
    2018年, 2019年
    松儀 真人
  • 2017
    日産化学株式会社
    日産化学株式会社奨学寄付金
    奨学寄付金
    2017年, 2018年
    松儀 真人
  • 2016
    日本私立学校振興・共済事業団
    平成28年度私学事業団学術研究振興資金
    フルオロミクスの効用
    2016年, 2016年
    松儀 真人
  • 2016
    Boron Specialties LLC (USA)
    Boron Specialties LLC 奨学寄付金
    奨学寄付金
    2016年, 2016年
    松儀 真人
  • 2015
    科学技術振興機構
    戦略的創造研究推進事業 (ACCELプロジェクト) 研究代表者:魚住泰広教授(分子科学研究所);研究形態:共同研究(松儀 真人教授)
    共同研究テーマ:疎水性基修飾を活性化基点とする不斉ユビキタス触媒の開発
    2015年, 2019年
    魚住泰広教授(分子科学研究所)
  • 2014
    文部科学省
    科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)
    フルオラスケミストリーの新展開に基づく実用的分子合成手法の開拓
    2014年, 2017年
    松儀 真人
  • 2013
    Meiji Seika ファルマ株式会社
    Meiji Seika ファルマ株式会社奨学寄付金
    奨学寄付金
    2013年, 2014年
    松儀 真人
  • 2013
    大塚製薬株式会社
    共同研究助成金
    2013年, 2014年
    松儀 真人
  • 2012
    アサヒグループホールディングス株式会社
    アサヒグループホールディングス株式会社奨学寄付金
    奨学寄付金
    2012年, 2013年
    松儀 真人
  • 2012
    Meiji Seika ファルマ株式会社
    Meiji Seika ファルマ株式会社奨学寄付金
    奨学寄付金
    2012年, 2013年
    松儀 真人
  • 2011
    文部科学省
    科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)
    フルオロミクスを基点とする生理活性ペプチド類の低炭素化グリーン合成
    2011年, 2013年
    松儀 真人
  • 2011
    Meiji Seika ファルマ株式会社
    Meiji Seika ファルマ株式会社奨学寄付金
    奨学寄付金
    2011年, 2012年
    松儀 真人
  • 2010
    上原記念生命科学財団
    上原記念生命科学財団研究助成
    フルオラスエンコード法を用いる生理活性ペプチドの液相コンビナトリアル合成
    2010年, 2011年
    松儀 真人
  • 2008
    文部科学省
    科学研究費助成事業(科学研究費補助金)基盤研究(C)
    フルオラスタグの特性を利用する生理活性ペプチドの液相コンビナトリアル合成
    2008年, 2010年
    松儀 真人
  • 2008
    和光純薬工業株式会社
    和光純薬工業株式会社奨学寄付金
    奨学寄付金
    2008年, 2009年
    松儀 真人
  • 2007
    アステラス製薬株式会社
    アステラス製薬株式会社奨学寄付金
    奨学寄付金
    2007年, 2008年
    松儀 真人
  • 2005
    和光純薬工業株式会社
    和光純薬工業株式会社奨学寄付金
    奨学寄付金
    2005年, 2006年
    松儀 真人

特許等

  • 特願2019-032112
    高立体選択的不斉アルドール反応を達成する有機分子触媒及びその利用
  • 特願2016-117176
    鉄サレン錯体とそれを用いた光学活性エポキシドの製造
  • 2009-206134
    2011-57574
    5534751
    アンドロゲン受容体アンタゴニスト及びアンドロゲン受容体結合阻害剤
  • 2009-055318
    2010-208974
    5415789
    フルオラス縮合剤、フッ素成分の分離方法
  • 2008-148753
    2009-292777
    パーフルオロ炭化水素基導入方法
  • US Patent: US-2005-283032-A1-20051222
    Reverse Fluorous Solid-Phase Extraction: A New Technique for Rapid Separation of Fluorous Compounds
  • 特願2001-233119
    平15-48896
    光学活性ピリジルアルコール類の製造方法
  • 特願2001-233118
    平15-48895
    光学活性体の絶対配置決定法
  • 特願平11-319035
    平13-139554
    ハロゲン置換キノリン誘導体の製造方法
  • WO-2002032890-A1-20020425
    Process for intramolecular radical cyclization
  • Method Formation of a Carbon-Carbon Bond
  • 特願平10-126675
    平11-5033
    炭素-炭素結合形成方法
  • 特願平9-121669
    平10-296089
    立体選択的グリコシド結合形成方法
  • 特願平7-224940
    平9-67349
    光学活性なイミダゾール誘導体の製造方法
  • 特願平5-261415
    平7-118272
    4-ヒドロキシピラゾロトリアジン誘導体およびその光学活性体の製造方法
  • 平03-059948
    平4-295441
    芳香環を有する化合物

その他

  • その他

    ○ Science 誌の Editors' Choice に選出:Science, 305, 754 (2004). ○ アメリカ化学協会 Journal of Organic Chemistry 誌の Most-Cited Articles: 2005 に選出:J. Org. Chem, 70, 1636-1642 (2005). ○ 和光純薬工業株式会社からライトフルオラス脱水縮合剤の市販化(試薬コード:036-20101及び032-20103)。 ○ 和光純薬工業株式会社からミディアムライトフルオラス脱水縮合剤の市販化(試薬コード:037-20911及び037-20913)。 ○ アメリカ化学協会 (ACS) より論文査読貢献に対して CERTIFICATE OF APPRECIATION 授与 (2011)。 ○ 富山新聞 2007年1月29日 27面、関西・中京だより:「環境汚染の抑制を目指す」名城大学農学部助教授 松儀 真人氏。 ○ 中部経済新聞 2015年6月2日 3面、研究現場発:「水分子との「握手」を基盤とした合成技術」名城大学農学部教授 松儀 真人氏。 ○ 海外政府研究資金支援制度 Czech Science Foundation 審査員(2015)。 ○ Boron Specialties (USA) からフルオラス Fmoc 試薬の市販化(2016)。

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2006年04月, 全国高校化学グランプリ実行委員(東海支部副委員長)
  • 2006年10月, 平成18年度日本化学会東海支部教育研究討論会運営委員(岐阜大学)
  • 2007年04月, 平成19年度全国高校化学グランプリ(東海支部実行委員長)
  • 2007年06月, 平成19年度全国高校化学グランプリ 過去問説明会講師(名古屋大学)
  • 2007年10月, 平成19年度日本化学会東海支部教育研究討論会参加(三重大学)
  • 2008年06月, 平成20年度大学入試問題研究協議会オブザーバー(愛知県理科教育研究会高等学校部会)
  • 2008年10月, スーパー・サイエンス・ハイスクール講師(名城大学附属高校)
  • 2008年10月, 平成20年度日本化学会東海支部教育研究討論会運営員(静岡大学)
  • 2008年11月, 第17回東海地区高等学校化学研究発表交流会(審査委員)(信州大学)
  • 2008年12月, 第38回東海地区高校化学教育セミナー (運営委員)(名古屋大学)
  • 2010年11月, 第19回東海地区高等学校化学研究発表交流会 審査委員(三重大学)
  • 2011年05月, 日本薬学会北陸支部特別講演会 講師(招待講演)(金沢大学)


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.