教員情報

坂井 健男
サカイ タケオ
薬学部 薬学科
准教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

学歴

  • 1999年04月, 2003年03月, 京都大学, 薬学部, 総合薬学科, 学士(薬学), 入学, 卒業
  • 2003年04月, 2005年03月, 京都大学大学院, 薬学研究科, 修士課程創薬科学専攻, 修士(薬学), 入学, 修了
  • 2005年04月, 京都大学大学院, 薬学研究科, 博士後期課程創薬科学専攻, 進学
  • 2008年03月, 京都大学大学院, 薬学研究科, 博士後期課程創薬科学専攻, 卒業

職歴

  • 2007年04月, 2009年03月, 日本学術振興会, 特別研究員
  • 2008年04月, 2010年03月, マサチューセッツ工科大学, 化学科, 博士研究員, (Rick L. Danheiser教授)
  • 2010年04月, 名城大学, 薬学部, 助教, 分子設計化学研究室(森裕二教授)

受賞学術賞

  • 2011年11月
    有機合成化学協会東海支部
    第41回中部化学関係学協会支部連合秋季大会特別討論会VIP賞
  • 2007年11月
    日本薬学会近畿支部、有機合成化学協会関西支部
    第27回有機合成若手セミナー ポスター賞
  • 2013年07月12日
    有機合成化学協会東海支部
    平成25年度有機合成化学協会東海支部 支部奨励賞
    ポリ環状エーテルの新規収束的合成法の開発とダイバージェント合成への展開
  • 2015年02月19日
    公益社団法人有機合成化学協会
    第一三共 研究企画賞
    多様なカチオン性反応を指向した不斉強酸共役塩基の開発

現在所属している学会

  • 日本薬学会
  • 日本化学会
  • 有機合成化学協会
  • アメリカ化学会
  • 日本プロセス化学会

学会

  • 2003年04月, 日本薬学会
  • 2010年04月, 日本化学会
  • 2010年04月, 有機合成化学協会
  • 2010年04月, アメリカ化学会
  • 2010年11月, 日本プロセス化学会

委員歴(学外)

  • 2010年04月01日, 2010年12月31日, 第36回反応と合成の進歩シンポジウム 実行委員

研究活動

研究分野

  • 有機化学, 有機化学
  • 合成化学, 合成化学
  • 化学系薬学

研究キーワード

  • 有機化学
  • 天然物合成
  • 新規反応剤開発

教育研究への取り組み・抱負

    人の素晴らしい研究を見ると真似をしたくなるので、研究テーマを考えるときは見ないようにしています。何に使えるかは分からなくてもいいから、こんな反応剤を作ってみたらどんなことが起こるだろうという好奇心を大事にして、新規反応剤を開発していきたいと思います。教育では、化学反応の理解に重点を置き、他分野においても有機化学的な視点から物事を捉えられる人材を養成したいと思っています。研究室内ではそれに加えて、自ら考えて行動することへの意識付けを行っていきたいと思います。

学術論文

  • Stereoinversion of a Tertiary Alcohol on a THP Ring: a Recovery Route to an Intermediate for Gymnocin-A
    共著
    坂井健男、青山佳代、大島里恵、古川恭子、森 裕二
    Heterocycles
    The Japan Institute of Heterocyclic Chemistry
    2018年
  • CAr-O Rotamers in 3,3′-disubstituted BINOL esters.
    共著
    坂井健男、松岡純平、新帯雅之、森 裕二
    The Journal of Organic Chemistry
    ACS publications
    82, 3276, 3283
    2017年
  • Synthesis of the KLMN fragment of gymnocin-A from the FGH fragment.
    共著
    坂井健男、石原 葵、森 裕二
    The Journal of Organic Chemistry
    ACS publications
    82, 3976, 3981
    2017年
  • Aza Diels–Alder Reactions of Nitriles, N,N-Dimethylhydrazones, and Oximino Ethers. Application in Formal [2 + 2 + 2] Cycloadditions for the Synthesis of Pyridines.
    共著
    Hamzik, P. J.、 Goutierre, A.-S.、坂井健男、Danheiser, R. L.
    The Journal of Organic Chemistry
    ACS publications
    82, 12967, 12974
    2017年
  • Methanolysis of the Cyclic Acetal Function of NanoKid Catalyzed by NanoGoblin, the Pyridinium Salt of Tetracyanocyclopentadienide.
    共著
    坂井健男、長尾芳大、中村友紀、森 裕二
    ACS Omega
    ACS publications
    2, 8543, 8549
    2017年
  • Strategies for Brevisamide Synthesis, Based on the Method for Constructing the Tetrahydropyranyl Core
    共著
    坂井健男、森 裕二
    Heterocycles
    The Japan Institute of Heterocyclic Chemistry
    95, 81, 115
    2017年
  • ポリ環状エーテル類の長大な連続縮環システムの収束合成
    単著
    坂井健男
    薬学雑誌
    日本薬学会
    137, 1095, 1101
    2017年
  • Total Synthesis of brevsamide using an oxiranyl anion strategy
    共著
    坂井健男、福田愛弓、中村くみこ、中野雅人、森 裕二
    The Journal of Organic Chemistry
    ACS publications
    81, 3799, 3808
    2016年
  • Acceleration of Acid-Catalyzed Hydrolysis in a Biphasic System by Sodium Tetracyanocyclopentadienides.
    共著
    坂井健男、尾藤真梨子、板倉真言、佐藤穂奈美、森 裕二
    Chem. Pharm. Bull.
    日本薬学会
    64, 930, 934
    2016年
  • Total Synthesis of Gymnocin-A (査読付き論文)
    共著
    坂井健男、松下真吾、荒川正吾、森 巧一、谷本美樹、徳升晃弘、吉田達司、森 裕二
    Journal of the American Chemical Society
    ACS publications
     137, 14513, 14516
    2015年
  • Synthesis of the KLMN Fragment of Gymnocin-A Using Oxiranyl Anion Convergent Methodology (査読付き論文)
    共著
    坂井健男・浅野晴日・古川恭子・大島里恵・森裕二
    Organic Letters
    American Chemical Society
    16, 8, 2268, 2271
    2014年
  • Synthetic study of gymnocin-A: synthesis of the ABC ring fragment (査読付き論文)
    共著
    坂井健男、松下真吾、荒川正吾、河合敦子、森 裕二
    Tetrohedron Letters
    Elsevier
    55, 6557, 6560
    2014年
  • Critical profiles of chiral diether-mediated asymmetric conjugate aminolithiation of enoate with lithium amide as a key to the total synthesis of (–)-kopsinine(査読付き論文)
    共著
    原田慎吾・坂井健男・高須清誠・山田健一・山本康友・富岡清
    Tetrahedron
    Elsevier
    69, 15, 3264, 3273
    2013年
  • Synthesis of Functionalized Tetracyanocyclopentadienides from Tetracyanothiophene and Sulfones (査読付き論文)
    共著
    坂井健男、瀬尾昭平、松岡純平、森 裕二
    The Journal of Organic Chemistry
    American Chemical Society
    78, 10978, 10985
    2013年
  • Total Synthesis of (–)-Kopsinine by an Asymmetric One-Pot [N + 2 + 3] Cyclization(査読付き論文)
    共著
    原田慎吾・坂井健男・高須清誠・山田健一・山本康友・富岡清
    Chemistry an Asian Journal
    Wiley
    7, 10, 2196, 2198
    2012年
  • Mechanism of the Regio- and Diastereoselective Ring Expansion Reaction Using Trimethylsilyldiazomethane(査読付き論文)
    共著
    坂井健男・伊藤聡志・古田大貴・河原佑樹・森裕二
    Organic Letters
    American Chemical Society
    14, 17, 4564, 4567
    2012年
  • General Entry to Asymmetric One-Pot [N + 2 + n] Cyclization for the Synthesis of Three- to Seven-Membered Azacycloalkanes(査読付き論文)
    共著
    原田慎吾・坂井健男・高須清誠・山田健一・山本康友・富岡清
    The Journal of Organic Chemistry
    American Chemical Society
    77, 17, 7212, 7222
    2012年
  • Divergent Synthesis of trans-Fused Polycyclic Ethers by a Convergent Oxiranyl Anion Strategy(査読付き論文)
    共著
    坂井健男・杉本愛・立松大輝・森裕二
    The Journal of Organic Chemistry
    American Chemical Society
    77, 24, 11177, 11191
    2012年
  • A Convergent Strategy for the Synthesis of Polycyclic Ethers by Using Oxiranyl Anions,(査読付き論文)
    共著
    坂井健男・杉本愛・森裕二
    Organic Letters
    American Chemical Society
    13, 21, 5850, 5853
    2011年
  • Formal [2 + 2 + 2] Cycloaddition Strategy Based on an Intramolecular Propargylic Ene Reaction/Diels-Alder Cycloaddition Cascade.(査読付き論文)
    共著
    Julia M. Robinson・坂井健男・岡野克彦・北脇隆文・Rick L. Danheiser
    Journal of the American Chemical Society
    American Chemical Society
    132, 32, 11039, 11041
    2010年
  • Cyano Diels-Alder and Cyano Ene Reactions. Applications in a Formal [2 + 2 + 2] Cycloaddition Strategy for the Synthesis of Pyridines.(査読付き論文)
    共著
    坂井健男・Rick L. Danheiser
    Journal of the American Chemical Society
    American Chemical Society
    132, 38, 13203, 13205
    2010年
  • Aminolithiation of Carbon-Carbon Double Bonds as A Powerful Tool in Organic Synthesis(査読付き論文)
    共著
    富岡清・坂井健男・尾形篤太郎・山本康友
    Pure and Applied Chemistry
    IUPAC
    81, 2, 247, 253
    2009年
  • Asymmetric Construction of Quaternary Carbon Centers by Sequential Conjugate Addition of Lithium Amide and in situ Alkylation: Utility in the Synthesis of (–)-Aspidospermidine(査読付き論文)
    共著
    鈴木真由子・河本芳人・坂井健男・山本康友・富岡清
    Organic Letters
    American Chemical Society
    11, 3, 653, 655
    2008年12月
  • Base-Induced Sequential Cyclization–Rearrangement of Enantioenriched 3-Aminoalkanoates to Five-and Seven-Membered Lactams(査読付き論文)
    共著
    坂井健男・山田健一・富岡清
    Chemistry an Asian Journal
    Wiley
    3, 8-9, 1486, 1493
    2008年05月
  • Chiral Ligand-Controlled Asymmetric Conjugate Amination of Enoates with Lithium Mesitylmethyl(trimethylsilyl)amide(査読付き論文)
    共著
    坂井健男・土肥弘久・富岡清
    Tetrahedron
    Elsevier
    62, 35, 8351, 8359
    2006年06月
  • Asymmetric Synthesis of Intermediates for Otamixaban and Premafloxacin by the Chiral Ligand-Controlled Asymmetric Conjugate Addition of a Lithium Amide(査読付き論文)
    共著
    坂井健男・河本芳人・富岡清
    The Journal of Organic Chemistry
    American Chemical Society
    71, 12, 4706, 4709
    2006年05月
  • Structure Tuning of Lithium Amide for Asymmetric 1,4-Addition to Cinnamate and Subsequent Demasking(査読付き論文)
    共著
    坂井健男・土肥弘久・河本芳人・山田健一・富岡清
    Tetrahedron Letteers
    Elsevier
    45, 50, 9261, 9263
    2004年11月
  • N-Allyl-N-tert-butyldimethylsilylamine for Chiral Ligand-Controlled Asymmetric Conjugate Addition to tert-Butyl Alkenoates(査読付き論文)
    共著
    土肥弘久・坂井健男・山田健一・富岡清
    Chemical Communications
    Royal Society of Chemistry
    16, 1850, 1851
    2004年06月
  • Chiral Ligand-Controlled Asymmetric Conjugate Addition of Lithium Amides to Enoates(査読付き論文)
    共著
    土肥弘久・坂井健男・井口麻由・山田健一・富岡清
    Journal of the American Chemical Society
    American Chemical Society
    125, 10, 2886, 2887
    2003年02月

講演・口頭発表等

  • リチウムアミドの不斉共役付加反応−窒素上置換基の検討
    共著
    坂井健男
    第53回日本薬学会近畿支部大会
    2003年11月
  • リチウムアミドの不斉共役付加反応−窒素上置換基の検討
    共著
    坂井健男
    日本薬学会第124年会
    2004年03月
  • 酸化的脱ベンジル化反応の開発とリチウムアミドの不斉共役付加反応への応用
    共著
    坂井健男
    第55回日本薬学会近畿支部大会
    2005年10月
  • Asymmetric Conjugate Addition of Lithium N-Mesitylmethyl-N-trimethylsilylamide and Conversion to Chiral Primary Amine
    共著
    坂井健男
    Pacifichem 2005
    2005年12月
  • リチウムアミドの不斉共役付加—アルキル化連続反応と酸化的脱ベンジル化反応によるotamixabanの形式全合成
    共著
    坂井健男
    日本薬学会年会第126年会
    2006年03月
  • メシチルメチル基を特徴とするリチウムアミドの不斉共役付加と一級アミンへの変換法
    共著
    坂井健男
    第30回反応と合成の進歩シンポジウム
    2006年10月
  • β-アミノエステルからのt-BuLiによる7員環および5員環ラクタムの形成反応
    共著
    坂井健男
    日本薬学会第127年会
    2007年03月
  • 転位反応を経由する3-アミノカルボン酸エステルからの5員環 および7員環ラクタム形成反応
    共著
    坂井健男
    第33回反応と合成の進歩シンポジウム
    2007年11月
  • Unexpected formation of ε‐ and γ-lactams from β-aminoester using t-BuLi
    共著
    坂井健男
    21st International Congress for Heterocyclic Chemistry
    2007年07月
  • 転位反応を経由する光学活性な3−アミノカルボン酸エステルからの5員環および7員環ラクタム形成反応
    共著
    坂井健男
    第27回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」
    2007年11月
  • 環状ポリエーテルの収束的合成法開発と8環性ポリエーテル合成への応用
    共著
    坂井健男
    第41回中部化学関係学協会支部連合秋季大会
    2010年11月
  • オキシラニルアニオンの求核置換反応を鍵とする環状ポリエーテルの収束的合成法を応用した8環性ポリエーテル合成
    共著
    坂井健男
    日本化学会第91春季年会
    2011年03月
  • シアノDiels-Alder反応、シアノエン反応を応用した形式[2+2+2]環化付加反応によるピリジン環構築法開発
    共著
    坂井健男
    第9回次世代を担う有機化学シンポジウム
    2011年05月
  • 中員環を含むポリ環状エーテルの新規収束合成法の開発
    共著
    坂井健男
    第37回反応と合成の進歩シンポジウム
    2011年11月
  • 多機能化を指向した 電子求引的シクロペンタジエニド類の合成
    共著
    坂井健男
    第29回有機合成化学セミナー
    2012年09月
  • テトラシアノシクロペンタジエニドの合成法開発と置換基変換
    共著
    坂井健男
    第42回複素環化学討論会
    2012年10月
  • TMSジアゾメタンを用いた環拡大反応の立体化学的反応機構
    共著
    坂井健男
    第38回反応と合成の進歩シンポジウム
    2012年11月
  • Stereochemical mechanism of the ring expansion reaction using TMS-diazomethane
    共著
    坂井健男
    The Twelfth International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-12)
    2012年11月
  • ポリ環状エーテルの新規収束的合成法の開発と ダイバージェント合成への展開
    単著
    坂井健男
    平成25年度有機合成化学協会東海支部 若手研究者のためのセミナー
    2013年07月12日
    有機合成化学協会東海支部
  • Gymnocin-Aの全合成研究
    共著
    坂井健男、松下真吾、浅野晴日、大島里恵、森巧一、森裕二
    第55回天然有機化合物討論会
    2013年09月
    天然有機化合物討論会実行委員会 (共催:日本化学会、日本薬学会、日本農芸化学会)
  • テトラシアノシクロペンタジエニド塩 ー新規一般合成法の開発と触媒活性ー
    共著
    坂井健男、瀬尾昭平、尾藤真梨子、松岡純平、森裕二
    第39回反応と合成の進歩シンポジウム
    2013年11月
    日本薬学会
  • Gymnocin-AのFGH環フラグメントの合成
    共著
    森巧一、大島里恵、坂井健男、森裕二
    日本薬学会第134年会
    2014年03月28日
  • オキシラニルアニオン法を用いた Gymnocin-Aの収束的全合成研究
    共著
    坂井健男、松下真吾、徳升晃大、河合敦子、 荒川正悟、吉田達司、谷本美樹、森 裕二
    第40回 反応と合成の進歩シンポジウム
    2014年11月10日
    日本薬学会化学系薬学部会
  • 超強酸共役塩基C5(CN)4アニオンを特徴とした触媒開発
    共著
    坂井健男・松岡純平・板倉真言・長尾芳大・中村友紀・森 裕二
    第45回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会
    2014年11月29日
    中部化学関係学協会
  • Gymnocin-AのFGHIJKLMN環フラグメントの合成
    共著
    坂井 健男, 徳升 晃大, 谷本 美樹, 吉田 達司, 森 裕二
    日本薬学会第135年会
    2015年03月26日
    日本薬学会
  • オキシラニルアニオン法を基盤としたGymnocin-Aの全合成研究
    共著
    坂井 健男, 松下真吾、荒川正悟、森 巧一、谷本美樹、徳升晃大、吉田達司、森 裕二
    第107回有機合成シンポジウム
    2015年06月10日
    有機合成化学協会
  • Gymnocin-Aの収束的合成研究
    共著
    坂井 健男, 松下真吾、荒川正悟、森 巧一、谷本美樹、徳升晃大、吉田達司、森 裕二
    第61回日本薬学会東海支部大会
    2015年07月04日
    日本薬学会東海支部
  • Gymnocin-Aの収束的全合成
    共著
    坂井健男、松下真吾、荒川正悟、森 巧一、谷本美樹、徳升晃大、吉田達司、森 裕二
    第57回天然有機化合物討論会
    2015年09月10日
    天然有機化合物討論会
  • Gymnocin-Aの全合成
    共著
    坂井健男、松下真吾、荒川正悟、森 巧一、谷本美樹、徳升晃大、吉田達司、森 裕二
    第41回反応と合成の進歩シンポジウム
    2015年10月26日
    日本薬学会化学系薬学部会
  • オキシラニルアニオン法を用いたGymnocin-Aの全合成
    坂井 健男
    第157回薬学談話会 (名古屋市立大学)
    2015年11月18日
    薬学談話会世話人
  • Synthetic study of gymnocin-A using an oxiranyl anion strategy
    共著
    坂井健男、松下真吾、荒川正吾、森 巧一、谷本美樹、徳升晃大、吉田達司、森 裕二
    環太平洋国際化学会議2015
    2015年12月19日

その他の研究業績

  • まさに人工フッ素化酵素!Mnポルフィリン錯体による酸化的フッ素化反応
    単著
    坂井健男
    ファルマシア
    日本薬学会
    49, 6, 552, 552
    2013年

外部資金

  • 2011
    文部科学省
    科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)若手研究(B)
    電子求引的シクロペンタジエニドを特徴とする新規強力ルイス酸反応剤の開発
    2011年, 2013年
    坂井 健男
  • 2014
    日本学術振興会
    科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)若手研究(B)
    テトラシアノシクロペンタジエニドを特徴とする万能型不斉触媒の開発
    2014年, 2015年
    坂井健男
  • 2015
    日本学術振興会
    基盤研究(C)
    3-aza-Cope-Mannich連続反応によるアルカロイドの網羅的構築法開発
    2016年, 2018年
    坂井 健男

教育活動

担当予定授業科目(学部)

  • 2012, 化学系応用実習
  • 2012, 基礎薬学演習4
  • 2012, 機能分子合成化学
  • 2012, 文献講読セミナー
  • 2012, 薬学卒業研究・演習
  • 2012, 有機薬化学3
  • 2013, 化学系応用実習
  • 2013, 基礎薬学演習6
  • 2013, 機能分子合成化学
  • 2013, 生物有機化学
  • 2013, 文献講読セミナー
  • 2013, 薬学卒業研究・演習
  • 2013, 有機薬化学3

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2010年07月, 薬学部オープンキャンパスにて「フルーツの香りを作ってみよう」をテーマに研究室を開放・体験実験を開催
  • 2011年11月, 大学祭にて研究室体験実験教室「鈴木-宮浦カップリングをやってみよう」を開催

その他の社会貢献業績(国際貢献、産業支援等)

  • 2010年11月, 日本薬学会化学系薬学部会主催第36回反応と合成の進歩シンポジウム実行委員


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.