教員情報

平松 正行
ヒラマツ マサユキ
薬学部 薬学科
教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    男性
  • メールアドレス

    mhiramtmeijo-u.ac.jp

大学院その他

  • 薬学研究科 薬学専攻, 教授
  • 総合学術研究科 総合学術専攻, 教授

学歴

  • 1986年03月, 名城大学大学院, 薬学研究科, 博士後期課程, 薬学博士, 修了

職歴

  • 2013年04月, 名城大学大学院, 薬学研究科 総合学術研究科, 教授

現在所属している学会

  • 日本薬理学会(The Japanese Pharmacological Society)
  • 日本薬学会(The Pharmaceutical Society of Japan)
  • 日本神経精神薬理学会(The Japanese Society of Neuropsychopharmacology)
  • 日本脳科学会(The Japan Brain Sciences Society)
  • 日本神経化学会(The Japanese Society for Neurochemistry)
  • 米国神経科学会(Society for Neuroscience)
  • 日本毒科学会(The Japanese Society of Toxicological Sciences)
  • 日本薬理学会
  • 日本神経科学学会(Japan Neuroscience Society)
  • 日本神経精神薬理学会

研究活動

研究分野

  • その他, 神経精神薬理学
  • 神経化学・神経薬理学, 神経化学・神経薬理学
  • 薬理学一般, 神経系作用薬一般
  • 薬理学一般, 中枢神経系作用薬

教育研究への取り組み・抱負

    社会に出て薬剤師が向き合わなければならない相手は、様々な環境で育ち生活しているヒトであり、生体機能も千差万別で、必ずしも教科書通りにはならない。個々の患者の状況を大局的に判断し、より適切な薬物治療を含めた健康維持に関わることが出来る薬剤師を養成するため、”何故”を大切にして、講義・研究に取り組んでいる。また、卒業後も自立して活躍できるようになるため、自発的な学び・研究心を促す環境の整備に努めている。

著書

  • Sex differences in the pharmacological actions of phencyclidine in rats Phencyclidine and Related Arylcyclohexylamines: Present and Future Applications (J.M. Kamenka, E.F. Domino, P. Geneste, Eds.)
    Toshitaka Nabeshima, Kazumasa Yamaguchi, Kiyofumi Yamada, Masayuki Hiramatsu, Yoshibumi Kuwabara, Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    NPP Books, Ann Arbor, MI
    1983年
    共著
    pp. 431-442
  • Effects of acute and chronic administration of phencyclidine on methionine-enkephalin content in mouse brain Phencyclidine and Related Arylcyclohexylamines: Present and Future Applications (J.M. Kamenka, E.F. Domino, P. Geneste, Eds.)
    Toshitaka Nabeshima, Masayuki Hiramatsu, Manabu Amano, Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    NPP Books, Ann Arbor, MI
    1983年
    共著
    pp. 617-625
  • Phencyclidine 連続投与による耐性および感受性増大における性差
    深谷公昭,鍋島俊隆,山口和政,平松正行,古川 宏,亀山 勉
    生物学的精神医学 最近の進歩
    1985年
    共著
    pp. 119-125
  • Phencyclidine の中枢作用機構における脳内 opioid 神経系の役割について
    平松正行
    学位論文
    1986年
    単著
  • Effects of prenatal administration of phencyclidine on the behavior of rat offsprings Functional Teratogenesis (T. Fujii, P.M. Adams, Eds.)
    Toshitaka Nabeshima, Kazumasa Yamaguchi, Masayuki Hiramatsu, Kazuaki Kawashima, Kazuhiro Ishikawa, Akira Katoh, Kaname Itoh, Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    Teikyo University Press, Tokyo
    1987年
    共著
    pp. 73-87
  • Ethylketocyclazocine (EKC) antagonizes phencyclidine (PCP)-induced stereotyped behaviors by reducing monoamine release Sigma and Phencyclidine-like Compound as Molecular Probes in Biology (E.F.Domino, J.Kamenka, Eds.)
    Masayuki Hiramatsu, Toshitaka Nabeshima, Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    NPP Books, Ann Arbor, MI
    1987年
    共著
    pp. 585-595
  • Pharmacokinetic and pharmacodynamic properties of phencyclidine analogs NMDA Receptor Related Agents: Biochemistry, Pharmacology and Behavior, (T.Kameyama, T. Nabeshima, E.F. Domino, Eds.)
    Arthur K. Cho, Masayuki Hiramatsu, Toshitaka Nabeshima and Tsutomu Kameyama
    NPP Books, Ann Arbor, MI
    1991年
    共著
    pp. 361-370
  • Antiamnesic effects of naftidrofuryl oxalate (LS-121) in relation to serotonin 5-HT2 receptors Advances in Tryptophan Research 1992 (I. Ishiguro et al., Eds.)
    Toshitaka Nabeshima, Masayuki Hiramatsu, Kiriko Niwa, Kenji Ichihara, Keiko Tohyama, Kenshi Murase, Takako Suzuki and Tsutomu Kameyama
    Fujita Health University Press, Toyoake
    1992年
    共著
    pp. 25-28
  • N-Methyl-D-aspartate (NMDA) receptor antagonists protect against carbon monoxide (CO)-induced delayed neuronal death Multiple Sigma and PCP Receptor Ligand (J.M. Kamenka, E.F. Domino, Eds.)
    Toshitaka Nabeshima, Hirohisa Ishimaru, Akira Katoh, Masayuki Hiramatsu, Hirotaka Suzuki, Taneo Fukuta and Tsutomu Kameyama
    NPP Books, Ann Arbor, MI
    1992年
    共著
    pp. 715-724
  • Involvement of the cholinergic system in the effects of DM-9384 on carbon monoxide (CO)-induced acute and delayed amnesia The Role of Neurotransmitters in Brain Injury, (M. Globus, W.D. Dietrich Eds.)
    Toshitaka Nabeshima, Masayuki Hiramatsu, Tomomi Koide, Sei-ichi Ishihara, Akira Katoh, Hirohisa Ishimaru, Hiroko Ichihashi, Tadashi Shiotani and Tsutomu Kameyama
    Plenum Press, New York
    1992年
    共著
    pp. 219-225
  • フェンシクリジン依存<基礎>目で見る精神医学シリーズ No.11,(佐藤光源,福井 進編)
    中村敏明, 平松正行, 長谷川高明, 鍋島俊隆 (分担執筆)
    世界保健通信社
    1993年
    共著
  • たばこ煙のニコチン,フェノール画分及びカテコール誘導体(NGF生合成促進物質)の痴呆モデル動物に対する影響 研究1.一酸化炭素負荷誘発健忘動物に対するニコチンの作用について
    鍋島俊隆,長谷川高明,平松正行,佐藤久重,亀山 勉,林 恭三
    平成4年度 喫煙科学研究財団研究年報
    1993年
    共著
    pp. 474-478
  • たばこ煙のニコチン,フェノール画分及びカテコール誘導体(NGF生合成促進物質)の痴呆モデル動物に対する影響 研究2.ニコチンのスコポラミン誘発健忘ラットにおける学習能力改善効果及びドパミン作動性神経系の関与
    鍋島俊隆,長谷川高明,新田淳美,上遠野由紀,伊東亜紀雄,平松正行,亀山 勉,林 恭三
    平成4年度 喫煙科学研究財団研究年報
    1993年
    共著
    pp. 479-488
  • Pharmacokinetic approaches to the study of drug action and toxicity NIDA Research Monograph 136 - Assessing Neurotoxicity of Drugs of Abuse (L. Erinoff, Ed.)
    Arthur K. Cho, Masayuki Hiramatsu, Yoshito Kumagai and Nita Patel
    U.S. Department of Health and Human Services, Rockville, MD
    1993年
    共著
    pp. 213-225
  • たばこ煙のニコチン,フェノール画分及びカテコール誘導体(NGF生合成促進物質)の痴呆モデル動物に対する影響(III)- 前脳基底野破壊ラットの学習・記憶障害に対するニコチン連続投与の影響及びヒトチロシン水酸化酵素トランスジェニックマウスにおけるメタンフェタミン,ニコチンに対する感受性低下 -
    鍋島俊隆,長谷川高明,伊東亜紀雄,新田淳美,亀山 勉,平松正行,林 恭三,永津俊治
    平成5年度 喫煙科学研究財団研究年報
    1994年
    共著
    pp.671-682
  • 抗痴呆薬開発のための実験手技(6)- 一酸化炭素誘発健忘動物モデル
    平松正行,亀山 勉,鍋島俊隆
    日本神経精神薬理学雑誌,14
    1994年
    共著
    pp. 305-313
  • 一酸化炭素負荷により誘発される線条体 Dopamine,Serotonin およびそれら代謝物濃度の変化
    平松正行
    上原記念生命科学財団研究報告集,8
    1994年
    単著
    pp.178-180
  • 抗うつ薬の開発状況とその背景
    亀山 勉,平松 正行
    薬局,46/11,南山堂
    1995年
    共著
    pp. 1653-1658
  • たばこ煙のニコチン,フェノール画分及びカテコール誘導体(NGF生合成促進物質)の痴呆モデル動物に対する影響(IV)- 条件抑制法におけるニコチン性コリン作動性神経系の関与について-
    鍋島俊隆,長谷川高明,平松正行,中澤篤子,亀井浩行,亀山 勉,林 恭三
    平成6年度 喫煙科学研究財団研究年報
    1995年
    共著
    pp. 732-742
  • たばこ煙のニコチン,フェノール画分及びカテコール誘導体(NGF生合成促進物質)の痴呆モデル動物に対する影響(V)-β-アミロイド蛋白脳室内持続注入によるアルツハイマー型老年期痴呆モデル動物の作製と同モデルにおけるニコチンによるアセチルコリンおよびドパミン遊離機能の障害-
    鍋島俊隆,長谷川高明,新田淳美,伊東亜紀雄,亀山 勉,平松正行,林 恭三
    平成6年度 喫煙科学研究財団研究年報
    1995年
    共著
    pp. 743-748
  • Carbon monoxide-induced impairment of learning, memory, and neuronal dysfunction Carbon Monoxide (D.G. Penny, Ed.)
    Masayuki Hiramatsu, Tsutomu Kameyama and Toshitaka Nabeshima
    CRC Press, Inc., Boca Raton
    1996年
    共著
    pp. 187-210
  • 痴呆モデル動物におけるニコチン性コリン作動性神経系の生理機能変化について,研究1.―学習・記憶におけるニコチン性コリン作動性神経系の関与―
    鍋島俊隆,長谷川高明,平松正行,佐々木真由美,亀山 勉,林 恭三
    平成7年度 喫煙科学研究財団研究年報, 喫煙科学研究財団,東京
    1996年
    共著
    pp. 336-342
  • 痴呆モデル動物におけるニコチン性コリン作動性神経系の生理機能変化について,研究2.―β-アミロイド蛋白持続注入ラットの海馬CA1 錐体細胞におけるニコチンに対する反応と長期増強形成能の低下―
    鍋島俊隆,伊東亜紀雄,長谷川高明,平松正行,亀山 勉,新田淳美,林 恭三
    平成7年度 喫煙科学研究財団研究年報, 喫煙科学研究財団,東京
    1996年
    共著
    補遺 pp. 1-6
  • キノリン酸による実験的健忘モデル動物の作製
    平松正行,鈴木弘誉,益田勝吉
    名城大学総合研究所紀要,2
    1997年
    共著
    pp. 87-93
  • 痴呆モデル動物におけるニコチン性コリン作動性神経系の生理機能変化について(III)ニコチン性コリン作動性神経系の機能障害モデルに対するκ-受容体アゴニスト,U-50,488Hの作用
    鍋島俊隆,長谷川高明,平松正行,村澤寛泰,佐々木真由美,中澤篤子,亀山 勉,林 恭三
    平成8年度 喫煙科学研究財団研究年報, 喫煙科学研究財団,東京
    1997年
    共著
    pp. 255-260
  • 痴呆モデル動物におけるニコチン性コリン作動性神経系の生理機能変化について(IV)β-アミロイド蛋白持続注入ラットにおけるニコチン性受容体を介するシグナル伝達の障害
    鍋島俊隆,伊東亜紀雄,長谷川高明,平松正行,亀山 勉,新田 淳美,林 恭三
    平成8年度 喫煙科学研究財団研究年報, 喫煙科学研究財団,東京
    1997年
    共著
    pp. 261-266
  • Roles of κ-opioid receptor agonists in learning and memory impairment in animal models
    Masayuki Hiramatsu and Tsutomu Kameyama
    Meth. Find. Exp. Clin. Pharmacol., 20(7)
    1998年
    共著
    pp. 595-599
  • アルツハイマー型痴呆(AD)モデル動物におけるニコチン性コリン作動性神経系の機能変化 (I) -AD モデル動物の LTP 形成および学習・記憶障害に対するニコチンの影響-
    鍋島俊隆,伊東亜紀雄,山田清文,平松正行,山津朋弘,亀山 勉,林 恭三
    平成9年度 喫煙科学研究財団研究年報,喫煙科学研究財団,東京,
    1998年
    共著
    pp. 260-265
  • アルツハイマー型痴呆(AD)モデル動物におけるニコチン性コリン作動性神経系の機能変化 (II) -β-アミロイド蛋白(Aβ)注入ラットにおける [3H]cytisine 結合の変化および AF64A処置ラットに対する nicotine 連続投与の影響-
    鍋島俊隆,伊東亜紀雄,山田清文,平松正行,山津朋弘,亀山 勉,林 恭三
    平成10年度 喫煙科学研究財団研究年報,喫煙科学研究財団,東京
    1999年
    共著
    pp. 300-305
  • 学習・記憶を固定する分子?
    平松正行
    ファルマシア,35 (11)
    1999年
    単著
    pp. 1172-1173
  • アルツハイマー型痴呆(AD)モデル動物におけるニコチン性コリン作動性神経系の機能変化 (III) -β-アミロイド蛋白(Aβ)注入ラットにおける [3H] phorbol 12,13-dibutyrate 結合の変化および mecamylamine による学習・記憶障害に対する dynorphin A1-13 および dynorphin A2-13 の作用 -
    鍋島俊隆,山田清文,Ana Olariu,伊東亜紀雄,平松正行,渡邊英里
    平成11年度 喫煙科学研究財団研究年報,喫煙科学研究財団,東京
    2000年
    共著
    pp. 295-300
  • Effects of dynorphin fragments on learning and memory impairment induced by carbon monoxide exposure and β-amyloid peptide (25-35) in mice Frontiers of the Mechanisms of Memory and Dementia, (Kato, T. Ed.)
    Masayuki Hiramatsu, Kaori Inoue and Tsutomu Kameyama
    Elsevier Science, B.V.
    2000年
    共著
    pp. 117-118
  • 神経系疾患 エルゼビア・サイエンス:ミクス薬学シリーズ2 
    高橋 隆一 監修,平松 正行
    薬物治療学[改訂版]
    2002年12月
    共著
    pp. 9-80
  • GraphPad Prism による医学・薬学・生物系のための生物統計学入門
    カットシステム
    2006年10月
    単著
  • 最新 第2版 基礎薬理学
    監修:高木敬一郎・亀山 勉編著者:岡部 進共著者:平松正行 他17名
    廣川書店
    2007年03月
    共著
    担当部分:第1章 総論(pp. 1-31)
  • 2007年版 実習に行く前の覚える医薬品集−服薬指導に役立つ−
    共著者:足立哲夫,網岡克雄,伊藤達雄,伊藤善規,小野秀樹,賀川義之,片桐義博,木村和哲,杉山 正,土屋輝雄,永松 正,平野和行,平松正行,廣田耕作,堀内 正,安田浩二,山村恵子,湯浅博昭,和田育男
    廣川書店
    2007年03月
    共著
    担当部分:抽出不可能
  • 2008年版 実習に行く前の覚える医薬品集−服薬指導に役立つ−
    共著者:足立哲夫,網岡克雄,伊藤達雄,伊藤善規,小野秀樹,賀川義之,片桐義博,木村和哲,杉山 正,土屋輝雄,永松 正,平野和行,平松正行,廣田耕作,堀内 正,安田浩二,山村恵子,湯浅博昭,和田育男
    廣川書店
    2008年03月
    共著
    担当部分:抽出不可能
  • 薬学CBTこあかり3
    編集代表:石井秀実編集委員:渡邉泰男他11名執筆者:大澤友二,亀井浩行,瀬山義行,寺田勝英,戸部 敞,中野泰子,野田幸裕,平松正行,百瀬弥寿徳,山崎浩史,弓田長彦,渡邉泰男
    医学評論社
    2009年07月
    共著
    担当部分:薬の効き方 II と疾患と薬物治療(精神疾患等)の一部
  • 2009年版 実習に行く前の覚える医薬品集−服薬指導に役立つ−
    共著者:足立哲夫,網岡克雄,伊藤達雄,伊藤善規,小野秀樹,賀川義之,片桐義博,木村和哲,杉山 正,土屋輝雄,永松 正,平野和行,平松正行,廣田耕作,堀内 正,安田浩二,山村恵子,湯浅博昭,和田育男
    廣川書店
    2008年03月
    共著
    担当部分:抽出不可能
  • 2010年版 実習に行く前の覚える医薬品集−服薬指導に役立つ−
    共著者:足立哲夫,網岡克雄,伊藤達雄,伊藤善規,小野秀樹,賀川義之,片桐義博,木村和哲,杉山 正,土屋輝雄,永松 正,平野和行,平松正行,廣田耕作,堀内 正,安田浩二,山村恵子,湯浅博昭,和田育男
    廣川書店
    2008年03月
    共著
    担当部分:抽出不可能
  • 〔翻訳〕原著者:George Fink編集,邦語表題:ストレス百科事典 原語表題:Encyclo-pedia of STRESS, Second Edition
    編集:ストレス百科事典翻訳刊行委員会共訳者:石川俊男,島 悟,武田弘志,角田 透,村上正人,小田切優子(編集幹事)他,多数
    丸善株式会社
    2009年12月
    共訳
    担当部分:pp. 689-696
  • GraphPad Prism 5による医学・薬学・生物系のための生物統計学入門,改訂版
    カットシステム
    2010年01月
    単著
  • 2011年版 実習に行く前の覚える医薬品集−服薬指導に役立つ−
    共著者:足立哲夫,網岡克雄,伊藤達雄,伊藤善規,小野秀樹,賀川義之,片桐義博,木村和哲,杉山 正,土屋輝雄,永松 正,平野和行,平松正行,廣田耕作,堀内 正,安田浩二,山村恵子,湯浅博昭,和田育男
    廣川書店
    2008年03月
    共著
    担当部分:抽出不可能
  • 〔翻訳〕原著者:Robert Freedman,邦語表題:我々の内なる狂気,原語表題:The Madness Within us
    監訳:鍋島俊隆共訳者:平松正行 他9名
    星和書店
    2011年05月
    共訳
    担当部分:第8章 ドパミン仮説を越えて(pp. 217-233)
  • 最新 第3版 基礎薬理学
    編著:竹内孝治、岡 淳一郎共著者:平松正行 他16名
    廣川書店
    2011年10月
    共著
    担当部分:第1章 総論(pp. 1-33)

学術論文

  • Evaluation of cognitive behaviors in young offspring of C57BL/6J mice after gestational nicotine exposure during different time-windows(査読付き論文)
    共著
    Tuson Alkam, Hyung-Chung Kim, Takayoshi Mamiya, Kiyohumi Yamada, Masayuki Hiramatsu, Toshitaka Nabeshima
    230, 3, 451, 463
    2013年
  • Prenatal exposure to PCP produces behavioral deficits accompanied by the overexpression of GLAST in the prefrontal cortex of postpubertal mice(査読付き論文)
    共著
    Lingling Lu, Takayoshi Mamiya, Ping Lu, Kazuya Toriumi, Akihiro Mouri, Masayuki Hiramatsu, LB Zou, Toshitaka Nabeshima
    Behav. Brain Res.,
    20, 1, 132, 139
    2011年
  • Evaluation of object-based attention in mice(査読付き論文)
    共著
    Tuson Alkam, Masayuki Hiramatsu, Takayoshi Mamiya, Yuki Aoyama, Atsumi Nitta, Kiyofumi Yamada, Hyung-Chung Kim, Toshitaka Nabeshima
    Behav. Brain Res.,
    20, 1, 185, 193
    2011年
  • Effects of betaine on lipopoly-saccharide-induced memory impairment in mice and the involvement of GABA transporter 2(査読付き論文)
    共著
    Masaya Miwa, Mizuki Tsuboi, Yumiko Noguchi, Aoi Enokishima, Toshitaka Nabeshima and Masayuki Hiramatsu
    J. Neuroinflam.,
    8, 153
    2011年
  • Nociceptin and its metabolite attenuate U0126-induced memory impairment through a nociceptin opioid peptide (NOP) receptor-independent mechanism(査読付き論文)
    共著
    Masaya Miwa, Shogo Uchida, Fumika Horiba, Hiroshi Takeshima, Toshitaka Nabeshima and Masayuki Hiramatsu
    Neurobiol. Learn. Memory,
    93, 3, 396, 405
    2010年
  • Cilostazol prevents amyloid  peptide (25-35)-induced memory impairment and oxidative stress in mice(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Osanao Takiguchi, Aki Nishiyama, Hiromasa Mori
    Br. J. Pharmacol.,
    161, 8, 1899, 1912
    2010年
  • Distinct effects of nociceptin analogs on scopolamine-induced memory impairment in mice(査読付き論文)
    共著
    Masaya Miwa, Chieko Shinki, Shogo Uchida and Masayuki Hiramatsu
    Eur. J. Pharmacol.,
    602, 2-3, 328, 333
    2009年
  • Silibinin prevents amyloid β peptide-induced memory impairment and oxidative stress in mice(査読付き論文)
    共著
    Ping Lu, Takayoshi Mamiya, Lingling Lu, Akihiro Mouri, LB Zou, Taku Nagai, Masayuki Hiramatsu, Takashi Ikejima and Toshitaka Nabeshima
    Brit. J. Pharmacol.,
    157, 7, 1270, 1277
    2009年
  • The long-lasting effects of cross-fostering on the emotional behavior in ICR mice(査読付き論文)
    共著
    Lingling Lu, Takayoshi Mamiya, Ping Lu, Minae Niwa, Akihiro Mouri, LB Zou, Taku Nagai, Masayuki Hiramatsu and Toshitaka Nabeshima
    Behav. Brain Res.,
    198, 1, 172, 178
    2009年
  • Silibinin attenuates amyloid 25-35 peptide-induced memory impairments: Implication of inducible nitric oxide synthase (iNOS) and tumor necrosis factor-alpha (TNF-α) in mice(査読付き論文)
    共著
    Ping Lu, Takayoshi Mamiya, Lingling Lu, Akihiro Mouri, Minae Niwa, Masayuki Hiramatsu, LB Zou, Takashi Ikejima, Taku Nagai and Toshitaka Nabeshima
    J. Pharmacol. Exp. Ther.,
    331, 1, 319, 326
    2009年
  • Nociceptin/orphanin FQ reverses mecamylamine- induced learning and memory impairment as well as decrease in hippocampal acetylcholine release in the rat(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Masaya Miwa, Kazuki Hashimoto, Satoko Kawai, Nao Nomura
    Brain Res.,
    1195, 96, 103
    2008年
  • Pharmacological characterization of the ameliorat-ing effect on learning and memory impairment and antinocicep-tive effect of KT-95 in mice(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Natsuko Mizuno, Ken Kanematsu
    Behav. Brain Res.,
    167, 2, 219, 225
    2006年
  • Dynorphin A (2-13) improves mecamylamine-induced learning impairment accompanied by reversal of reductions in acetylcholine release in rats(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu and Eri Watanabe
    Neuropeptides,
    40, 1, 47, 56
    2006年
  • Decline in glucokinase activity in the arcuate nucleus of streptozotocin-induced diabetic rats(査読付き論文)
    共著
    Takasi Nishio,Yukiyasu Toyoda, Masayuki Hiramatsu, Taku Chiba and Ichitomo Miwa
    Biol. Pharm. Bull.,
    29, 2, 216, 219
    2006年
  • Pharmacological characterization of the ameliorat-ing effect on short-term memory impairment and antinociceptive effect of KT-90 in mice(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Takashi Hoshino and Ken Kanematsu
    Behav. Brain Res.,
    160, 2, 374, 381
    2005年
  • Improvement of memory impairment by (+)- and (-)-pentazocine via sigma, but not kappa opioid receptors(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu and Takashi Hoshino
    Brain Res.,
    1057, 1-2, 72, 80
    2005年
  • Alpha 7-type nicotinic acetyl-choline receptor and prodynorphin mRNA expression after administra-tion of (-)-nico-tine and U-50,488H in beta-amyloid peptide (25-35)-treated mice(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Minako Watanabe, Shogo Baba, Ryoji Kojima and Toshitaka Nabeshima
    Ann. New York Acad. Sci.,
    1025 , 508, 514
    2004年
  • Involvement of kappa-opioid receptors and sigma receptors in memory function demonstrated using an antisense strategy(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu and Takashi Hoshino
    Brain Res.,
    1030, 2, 247, 255
    2004年
  • Involvement of kappa-opioid and sigma receptors in short-term memory in mice(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Takashi Hoshino, Tsutomu Kameyama and Toshitaka Nabeshima
    Eur. J. Pharmacol.,
    453, 1, 91, 98
    2002年
  • Effects of repeated administration of (-)-nicotine on AF64A-induced learning and memory impairment in rats(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Tomohiro Yamatsu, Tsutomu Kameyama and Toshitaka Nabeshima
    J. Neural Transm.,
    109, 3, 361, 375
    2002年
  • Long-lasting antinociceptive effects of a novel dynorphin analogue, Tyr-D-Ala-Phe-Leu-Arg ψ (CH2NH) Arg-NH2, in mice(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Kaori Inoue, Akihiro Ambo, Yusuke Sasaki and Tsutomu Kameyama
    Brit. J. Pharmacol.,
    132, 8, 1948, 1956
    2001年
  • Des-tyrosine1 dynorphin A (2-13) improves carbon monoxide-induced impairment of learning and memory in mice(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu and Kaori Inoue
    Brain Res.,
    859, 2, 303, 310
    2000年03月
  • Improvement by low doses of nociceptin on scopolamine-induced impairment of learning and/or memory(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu and Kaori Inoue
    Eur. J. Pharmacol.,
    395, 2, 149, 156
    2000年03月
  • Dynorphin A (1-13) and (2-13) improve β-amyloid peptide-induced amnesia in mice(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Kaori Inoue and Tsutomu Kameyama
    NeuroReport,
    11, 3, 431, 435
    2000年02月
  • Effects of sigma receptor agonists on the impairment of spontaneous alternation behavior and decrease of cyclic GMP level induced by nitric oxide synthase inhibitors in mice(査読付き論文)
    共著
    Takayoshi Mamiya, Yukihiro Noda, Akihiro Noda, Masayuki Hiramatsu, Katsuhiro Karasawa, Tsutomu Kameyama, Sho-ei Furukawa, Kiyofumi Yamada and Toshitaka Nabeshima
    Neuropharmacology,
    3, 2391, 2398
    2000年
  • Different modulation of cholinergic neuronal systems by dynorphin A (1-13) in carbon monoxide-exposed mice(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Masaaki Murai and Tsutomu Kameyama
    Biochem. Pharmacol.,
    57, 11, 1321, 1329
    1999年06月
  • Nociceptin/orph-anin FQ and nocistatin on learning and memory impairment induced by scopolamine in mice(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu and Kaori Inoue
    Brit. J. Pharmacol.,
    127, 3, 655, 660
    1999年06月
  • Effects of nocistatin on nociceptin-induced impairment of learning and memory in mice(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu and Kaori Inoue
    Eur. J. Pharmacol.,
    367, 2-3, 151, 155
    1999年02月
  • Effects of U-50,488H on scopolamine-, mecamylamine- and dizocilpine-induced learning and memory impairment in rats(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Hiroyasu Murasawa, Toshitaka Nabeshima and Tsutomu Kameyama
    J. Pharmacol. Exp. Ther.,
    28, 3, 858, 867
    1998年
  • Reversion of muscarinic autoreceptor agonist-induced acetylcholine decrease and learning impairment by dynorphin A (1-13), an endogenous κ-opioid receptor agonist(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Hiroyasu Murasawa, Hiromasa Mori and Tsutomu Kameyama
    Brit. J. Pharmacol.,
    123, 5, 920, 926
    1998年
  • Orally active NGF synthesis stimulators: potential therapeutic agents in Alzheimer's disease(査読付き論文)
    共著
    Kiyofumi Yamada, Atsumi Nitta, Takaaki Hasegawa, Kazuyuki Fuji, Masayuki Hiramatsu, Tsutomu Kameyama, Yoshiko Furukawa, Kyozo Hayashi and Toshitaka Nabeshima
    Behavioral Brain Res.,
    83 , 117, 122
    1997年
  • U-50,488H, a selective κ-opioid receptor agonist, ameliorates memory impairments induced by muscarinic autoreceptor agonist, carbachol in mice(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Takane Hyodo and Tsutomu Kameyama
    Neurosci. Lett.,
    236, 45, 48
    1997年
  • Effects of dynorphin A (1-13) on carbon monoxide-induced delayed amnesia in mice(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Mayumi Sasaki, Toshitaka Nabeshima and Tsutomu Kameyama
    Pharmacol. Biochem. Behav.,
    56, 73, 79
    1997年
  • Improvement by dynorphin A (1-13) of galanin-induced impairment of memory accompanied by blockade of reductions in acetylcholine release in rats(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Hiromasa Mori, Hiroyasu Murasawa and Tsutomu Kameyama
    Brit. J. Pharmacol.,
    118 , 255, 260
    1996年
  • U-50,488H, a selective κ-opioid receptor agonist, improves carbon monoxide-induced delayed amnesia in mice(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Takane Hyodo and Tsutomu Kameyama
    Eur. J. Pharmacol.,
    315 , 119, 125
    1996年
  • Role of nitric oxide and cyclic GMP in the dizocilpine-induced impairment of spontaneous alternation behavior in mice(査読付き論文)
    共著
    Kiyofumi Yamada, Masayuki Hiramatsu, Yukihiro Noda, Takayoshi Mamiya, Masaaki Murai, Tsutomu Kameyama, Yumiko Komori, Toshiaki Nikai, Hisayoshi Sugihara and Toshitaka Nabeshima
    Neuroscience,
    74 , 365, 374
    1996年
  • Effects of nefiracetam on amnesia animal models with neuronal dysfunctions(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Tadashi Shiotani, Tsutomu Kameyama and Toshitaka Nabeshima
    Behavioral Brain Res.,
    83 , 107, 115
    1996年
  • Effects of dynorphin A (1-13) on carbon monoxide-induced delayed amnesia in mice studied in a step-down type passive avoidance task(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Mayumi Sasaki and Tsutomu Kameyama
    Eur. J. Pharmacol.,
    282 , 185, 191
    1995年
  • Behavioral evidence for a modulating role of σ- ligands in memory processes: I. Attenuation of dizocilpine (MK-801)-induced amnesia(査読付き論文)
    共著
    Tangui Maurice, Masayuki Hiramatsu, Jiro Itoh, Tsutomu Kameyama, Takaaki Hasegawa and Toshitaka Nabeshima
    Brain Res.,
    647 , 44, 56
    1994年
  • Behavioral evidence for a modulating role of σ- ligands in memory processes: II. Reversion of carbon monoxide (CO)-induced amnesia(査読付き論文)
    共著
    Tangui Maurice, Masayuki Hiramatsu, Tsutomu Kameyama, Takaaki Hasegawa and Toshitaka Nabeshima
    Brain Res.,
    647, 57, 64
    1994年
  • The effects of MK-801 on body temperature and behavior in the rat: Cross-sensitization and cross-tolerance with phencyclidine(査読付き論文)
    共著
    Robert N. Pechnick and Masayuki Hiramatsu
    Eur. J. Pharmacol.,
    252, 335, 342
    1994年
  • Cholecystokinin-related peptides, after systemic or central administration, prevent carbon monoxide-induced amnesia in mice(査読付き論文)
    共著
    Tangui Maurice, Masayuki Hiramatsu, Tsutomu Kameyama, Takaaki Hasegawa and Toshitaka Nabeshima
    J. Pharmacol. Exp. Ther.,
    269, 665, 673
    1994年
  • Changes in concentrations of dopamine, serotonin, and their metabolites induced by carbon monoxide (CO) in the rat striatum as determined by in vivo microdialysis(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Seiji Yokoyama, Toshitaka Nabeshima and Tsutomu Kameyama
    Pharmacol. Biochem. Behav.,
    48, , 9, 15
    1994年
  • Low dose of 1,3-di(2-tolyl)guanidine (DTG) attenuates MK-801-induced spatial working memory impairment in mice(査読付き論文)
    共著
    Tangui Maurice, Masayuki Hiramatsu, Jiro Itoh, Tsutomu Kameyama, Takaaki Hasegawa and Toshitaka Nabeshima
    Psychopharmacology,
    114 , 520, 522
    1994年
  • Nootropic effect of nicotine on carbon monoxide (CO)-induced delayed amnesia in mice(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Hisae Satoh, Tsutomu Kameyama and Toshitaka Nabeshima
    Psychopharmacology,
    116, 33, 39
    1994年
  • A pharmacokinetic study of phenylcyclohexy-ldiethylamine, an analog of phencyclidine(査読付き論文)
    共著
    Arthur K. Cho, Masayuki Hiramatsu, Debra A. Schmitz, Elliot M. Landaw, Ann S. Chang, S. Ramamurthy, Donard J. Jenden
    Drug Metab. Disspos.,
    21, 125, 132
    1993年
  • Development of tolerance to amnesic effects of chlordiazepoxide in relation to GABAergic and cholinergic neuronal systems(査読付き論文)
    共著
    Sei-ichi Ishihara, Masayuki Hiramatsu, Tsutomu Kameyama and Toshitaka Nabeshima
    Eur. J. Pharmacol.,
    230 , 313, 320
    1993年
  • Effects of repeated administration of propentofylline on memory impairment produced by basal forebrain lesion in rats(査読付き論文)
    共著
    Kazuyuki Fuji, Masayuki Hiramatsu, Tsutomu Kameyama and Toshitaka Nabeshima
    Eur. J. Pharmacol.,
    236, 411, 417
    1993年
  • Development of tolerance to anxiolytic effects of chlordiazepoxide in elevated plus-maze test and decrease of GABAA receptors(査読付き論文)
    共著
    Sei-ichi Ishihara, Masayuki Hiramatsu, Tsutomu Kameyama and Toshitaka Nabeshima
    J. Neural Transmiss.,
    91, 27, 37
    1993年
  • A behavioral and pharmacokinetic study of the actions of phenylcyclohexy-ldiethylamine (PCDE) and its active metabolite, phenylcyclohexylethylamine (PCE) (査読付き論文)
    共著
    Arthur K. Cho, Masayuki Hiramatsu, Debra A. Schmitz, Hugo M. Vargas and Elliot M. Landaw
    J. Pharmacol. Exp. Ther.,
    264, 1401, 1405
    1993年
  • Effects of propentofylline, a NGF synthesis stimulator, on alterations in muscarinic cholinergic receptors induced by basal forebrain lesion in rats(査読付き論文)
    共著
    Kazuyuki Fuji, Masayuki Hiramatsu, Saori Hayashi, Tsutomu Kameyama and Toshitaka Nabeshima
    Neurosci.Lett.,
    150, 99, 102
    1993年
  • Involvement of the cholinergic system in effects of nefiracetam (DM-9384) on carbon monoxide (CO)-induced acute and delayed amnesia(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Tomomi Koide, Sei-ichi Ishihara, Tadashi Shiotani, Tsutomu Kameyama and Toshitaka Nabeshima
    Eur. J. Pharmacol.,
    216, 279, 285
    1992年
  • Effect of naftidrofuryl oxalate on 5-HT2 receptors in the mouse brain: Evaluation by using quantitative autoradiography and head-twitch response(査読付き論文)
    共著
    Toshitaka Nabeshima, Masayuki Hiramatsu, Kiriko Niwa, Kazuyuki Fuji and Tsutomu Kameyama
    Eur. J. Pharmacol.,
    223 , 109, 115
    1992年
  • Denervation of dopaminergic neurons with 6-hydroxydopamine increases nerve growth factor content in rat brain(査読付き論文)
    共著
    Atsumi Nitta, Yoshiko Furukawa, Kyozo Hayashi, Masayuki Hiramatsu, Tsutomu Kameyama, Takaaki Hasegawa and Toshitaka Nabeshima
    Neurosci. Lett.,
    144 , 152, 156
    1992年
  • A pharmacokinetic analysis of 3,4-methylenedioxym-ethamphetamine effects on monoamine concentrations in brain dialysates(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Emma DiStefano, Ann S. Chang and Arthur K. Cho
    Eur. J. Pharmacol.,
    204, 135, 140
    1991年
  • Pharmacokinetic and pharmacodynamic properties of some phencyclidine analogs in rats(査読付き論文)
    共著
    Arthur K. Cho, Masayuki Hiramatsu, Debra A. Schmitz, Toshitaka Nabeshima and Tsutomu Kameyama
    Pharmacol. Biochem. Behav.,
    39, 947, 953
    1991年
  • Stereochemical differences in the metabolism of 3,4-methylenedioxym-ethamphetamine in vivo and in vitro: A pharmacokinetic analysis(査読付き論文)
    共著
    Arthur K. Cho, Masayuki Hiramatsu, Emma W. DiStefano, Ann S. Chang, Donard J. Jenden
    Drug Metab. Dispos.,
    18, 686, 691
    1990年
  • Metabolism of methylenedioxym-ethamphetamine: Formation of dihydroxymethamphetamine and a quinone identified as its glutathione adduct(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Yoshito Kumagai, Steve E. Unger and Arthur K. Cho
    J. Pharmacol. Exp. Ther.,
    254, 521, 527
    1990年
  • Enantiomeric differences in the effects of 3,4-methylenedioxym-ethamphetamine (MDMA) on extracellular monoamines and metabolites in the striatum of freely-moving rats: An in vivo microdialysis study(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu and Arthur K. Cho
    Neuropharmacology,
    29, 269, 275
    1990年
  • Comparison of the behavioral and biochemical effects of the NMDA receptor antagonists, MK-801 and phencyclidine(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Arthur K. Cho and Toshitaka Nabeshima
    Eur. J. Pharmacol.,
    166 , 359, 366
    1989年
  • Phamacokinetic and pharmacodynamic evaluation of phencyclidine and its decadeutero variant(査読付き論文)
    共著
    Arthur K. Cho, Masayuki Hiramatsu, Robert N. Pechnick and Emma DiStefano
    J. Pharmacol. Exp. Ther.,
    250, 210, 215
    1989年
  • Characterization of the effects of the acute and chronic administration of phencyclidine on the release of adrenocorticotr-opin, corticosterone and prolactin in the rat: Evidence for the differential development of tolerance(査読付き論文)
    共著
    Robert N. Pechnick, Russell E. Poland, Robert George, Masayuki Hiramatsu and Arthur K. Cho
    J. Pharmacol. Exp. Ther.,
    250, 534, 540
    1989年
  • Effects of metaphit on phencyclidine and serotonin2 receptors(査読付き論文)
    共著
    Toshitaka Nabeshima, Keiko Tohyama, Akihiro Noda, Yohko Maeda, Masayuki Hiramatsu, Silvia M. Harrer, Tsutomu Kameyama, Hiroshi Furukawa, Arthur E. Jacobson and Kenner C. Rice
    Neurosci. Lett.,
    102, 303, 308
    1989年
  • The effect of optical isomers of 3,4-methylenedioxym-ethamphetamine (MDMA) on stereotyped behavior in rats(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Toshitaka Nabeshima, Tsutomu Kameyama, Yohko Maeda, Arthur K. Cho
    Pharmacol. Biochem. Behav.,
    33, 343, 347
    1989年
  • Effects of prenatal administration of phencyclidine on the learning and memory processes of rat offspring(査読付き論文)
    共著
    Toshitaka Nabeshima, Masayuki Hiramatsu, Kazumasa Yamaguchi, Masami Kasugai, Kimie Ishizaki, Kazuaki Kawashima, Kaname Itoh, Shin-ichi Ogawa, Akira Katoh, Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    J. Pharmacobio-Dyn.,
    11 , 816, 823
    1988年
  • The relationship between phencyclidine-induced stereotyped behavior and dopamine release using in vivo voltammetry(査読付き論文)
    共著
    Tsutomu Kameyama, Akira Sugimoto, Kazumasa Yamaguchi, Masayuki Hiramatsu, Hiroshi Furukawa and Toshitaka Nabeshima
    Res. Commun. Subst. Abuse,
    9 , 89, 105
    1988年
  • Effects of prenatal and perinatal administration of phencyclidine on the behavioral development of rat offspring(査読付き論文)
    共著
    Toshitaka Nabeshima, Kazumasa Yamaguchi, Masayuki Hiramatsu, Kazuhiro Ishikawa, Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    Pharmacol. Biochem. Behav.,
    28, 411, 418
    1987年
  • Different effect of ethylketocyclaz-ocine on phencyclidine- and N-allylnormetazoc-ine-induced stereotyped behaviors in rats(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Toshitaka Nabeshima, Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    Pharmacol. Biochem. Behav.,
    28, 489, 494
    1987年
  • A role played by dopamine and opioid neuronal systems in stress-induced motor suppression (conditioned suppression of motility) in mice(査読付き論文)
    共著
    Toshitaka Nabeshima, Akira Katoh, Masayuki Hiramatsu and Tsutomu Kameyama
    Brain Res.,
    398 , 354, 360
    1986年
  • Potentiation of phencyclidine-induced stereotyped behaviors in rats by thiorphan and bestatin(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Toshitaka Nabeshima, Hiroaki Fukaya, Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    Eur. J. Pharmacol.,
    120 , 69, 74
    1986年
  • Involvement of opioid receptors in hypo- and hyperthermic effects induced by phencyclidine in mice(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Toshitaka Nabeshima and Tsutomu Kameyama
    J. Pharmacobio-Dyn.
    9, 466, 472
    1986年
  • Phencyclidine-induced stereotyped behaviors after injection of morphine and N-allylnormetazocine (SKF 10,047) in rats(査読付き論文)
    共著
    Toshitaka Nabeshima, Masayuki Hiramatsu and Tsutomu Kameyama
    Pharmacol. Biochem. Behav.,
    24 , 1629, 1634
    1986年
  • Effects of acute and chronic administration of phencyclidine on the levels of serotonin and 5-hydroxyindoleacetic acid in discrete brain areas of mouse(査読付き論文)
    共著
    Toshitaka Nabeshima, Masayuki Hiramatsu, Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    Life Sci.,
    36, 939, 946
    1985年
  • Effects of phencyclidine in combination with morphine on the levels of met-enkephalin, dopamine, DOPAC and HVA in discrete brain areas of mice(査読付き論文)
    共著
    Toshitaka Nabeshima, Masayuki Hiramatsu, Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    Neuropharmacology,
    24, 805, 809
    1985年
  • Simultaneous determination of phencyclidine and its major metabolites in biological samples by high-performance liquid chromatography(査読付き論文)
    共著
    Toshitaka Nabeshima, Kazumasa Yamaguchi, Hiroaki Fukaya, Masayuki Hiramatsu, Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    Res. Commun. Subst. Abuse,
    6, 65, 78
    1985年
  • Phencyclidine-induced stereotyped behaviors after injection of ethylketocyclazo-cine, Mr 2266 and naltrexone in rats(査読付き論文)
    共著
    Toshitaka Nabeshima, Masayuki Hiramatsu and Tsutomu Kameyama
    Brain Res.,
    378, 234, 239
    1985年
  • Sex-dependent differences in the pharmacological actions and pharmacokinetics of phencyclidine in rats(査読付き論文)
    共著
    Toshitaka Nabeshima, Kazumasa Yamaguchi, Kiyohumi Yamada, Masayuki Hiramatsu, Yoshibumi Kuwabara, Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    Eur. J. Pharmacol.,
    97 , 217, 227
    1984年
  • Serotonergic involvement in phencyclidine-induced behaviors(査読付き論文)
    共著
    Toshitaka Nabeshima, Kazumasa Yamaguchi, Masayuki Hiramatsu, Manabu Amano, Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    Pharmacol. Biochem. Behav.,
    21 , 401, 408
    1984年
  • Effects of enkephalin analogs, morphine and naloxone on the behavioral responses of phencyclidine in mice(査読付き論文)
    共著
    Masayuki Hiramatsu, Toshitaka Nabeshima, Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    Res. Commun. Subst. Abuse,
    5 , 161, 173
    1984年
  • Phencyclidine-induced decrease of methionine-enkephalin levels in mouse brain(査読付き論文)
    共著
    Toshitaka Nabeshima, Masayuki Hiramatsu, Manabu Amano, Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    Eur. J. Pharmacol.,
    86, 271, 273
    1983年
  • Effect of lesions in the striatum, nucleus accumbens and medial raphe on phencyclidine-induced stereotyped behaviors and hyperactivity in rats(査読付き論文)
    共著
    Toshitaka Nabeshima, Kiyohumi Yamada, Kazumasa Yamaguchi, Masayuki Hiramatsu, Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    Eur. J. Pharmacol.,
    91 , 455, 462
    1983年
  • Phencyclidine-induced stereotyped behaviors in rats following specific neurotoxin lesions of the striatum(査読付き論文)
    共著
    Toshitaka Nabeshima, Kazumasa Yamaguchi, Kiyohumi Yamada, Masayuki Hiramatsu, Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    Eur. J. Pharmacol.,
    93, 229, 234
    1983年
  • Chronic phencyclidine increases methionine-enkephalin level in mouse striatum(査読付き論文)
    共著
    Toshitaka Nabeshima, Masayuki Hiramatsu, Manabu Amano, Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    Neurosci. Lett.,
    37, 69, 74
    1983年
  • Effects of acute and chronic administration of phencyclidine on the levels of dopamine and metabolites in discrete brain areas of mouse(査読付き論文)
    共著
    Toshitaka Nabeshima, Masayuki Hiramatsu, Manabu Amano, Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    Res. Commun. Subst. Abuse,
    4, 273, 287
    1983年
  • Differential effects of α-,β- and γ-endorphins on dopamine metabolism in the mouse brain(査読付き論文)
    共著
    Tsutomu Kameyama, Makoto Ukai, Shigeki Noma and Masayuki Hiramatsu
    Brain Res.,
    244 , 305, 309
    1982年
  • Determination of methionine- enkephalin, norepinephrine, dopamine, 3,4-dihydroxy- phenylacetic acid (DOPAC) and 3-methoxy-4-hydroxyphenylacet-ic acid (HVA) in brain by high-pressure liquid chromatography with electrochemical detector(査読付き論文)
    共著
    Toshitaka Nabeshima, Masayuki Hiramatsu, Shigeki Noma, Makoto Ukai, Manabu Amano and Tsutomu Kameyama
    Res. Commun. Chem. Pathol. Pharmacol.,
    35, 421, 442
    1982年

講演・口頭発表等

  • 〔学会記録〕脳内enkephalinergic 及び serotonergic neuron に及ぼす phencyclidine の効果
    共著
    共同発表者:平松正行,天野 学,鍋島俊隆,古川 宏,亀山 勉
    脳研究会会誌99、p.124~p.125
    1983年
  • 〔学会記録〕Phencyclidine による脳内 dopaminergic neuron の機能変化
    共著
    共同発表者:天野 学,平松正行,鍋島俊隆,古川 宏,亀山 勉
    脳研究会会誌99、p.126~p.127
    1983年
  • 〔学会記録〕Dopaminergic involvement in phencyclidine-induced stereotyped behavior
    共著
    共同発表者:Toshitaka Nabeshima,Kazumasa Yamaguchi,Kiyofumi Yamada,Manabu Amano,Akira Sugimoto,Shigeru Yoshida,Hiroaki Fukaya,Hiroshi Furukawa,Masayuki Hiramatsu and Tsutomu Kameyama
    J. Pharmacobio-Dyn., 8, s-71
    1985年
  • 〔学会記録〕Phencyclidine により惹起される常同行動に対する ethylketocyclazoc-ine による拮抗
    共著
    共同発表者:平松正行,伊藤紀子,鍋島俊隆,古川 宏,亀山 勉
    薬物・精神・行動,7、p.267~p.268
    1987年
  • 〔学会記録〕Phencyclidine 胎生期投与による仔の学習機能におよぼす影響
    共著
    共同発表者:鍋島俊隆,平松正行,古川 宏,山口和政,河島数明,伊藤 要,春日井雅美,亀山 勉, 石崎喜満恵
    薬物・精神・行動,8、p.243~p.244
    1988年
  • 〔学会記録〕N-Methyl-D-aspartate 受容体拮抗薬、MK-801 および phencyclidine により惹起される常同行動および脳内モノアミン変化の比較
    共著
    共同発表者:平松正行,鍋島俊隆,亀山 勉,Arthur K.Cho
    薬物・精神・行動,10、p.465
    1990年
  • 〔学会記録〕一酸化炭素負荷により誘発される線条体 dopamine、serotonin およびそれら代謝物濃度の変化
    共著
    共同発表者:平松正行,横山靖司,鍋島俊隆,亀山 勉
    神経化学,30、p.348-p.349
    1991年
  • 〔学会記録〕ラットの前脳基底核破壊誘発健忘に対する propentofylline の効果
    共著
    共同発表者:冨士和之,平松正行,亀山 勉,鍋島俊隆
    薬物・精神・行動,11、p.353
    1991年
  • 〔学会記録〕MK-801 の急性または連続投与による行動変化および体温に対する影響について
    共著
    共同発表者:平松正行,Robert N.Pechnick,Robert George,Emma W.DiStefano,亀山 勉,Arthur K.Cho
    薬物・精神・行動,11、p.374
    1991年
  • 〔学会記録〕水探索課題の記憶・学習モデルへの応用について
    共著
    共同発表者:平松正行,前沢希咲,市原賢二,鍋島俊隆,亀山 勉
    薬物・精神・行動,12、p.264
    1992年
  • 〔学会記録〕一酸化炭素誘発遅発性健忘に対するニコチンの抗健忘作用について
    共著
    共同発表者:平松正行,佐藤久重,鍋島俊隆,亀山 勉
    薬物・精神・行動,13、p.401
    1993年
  • 〔学会記録〕Low doses of 1,3-di (2-tolyl) guanidine (DTG), a selective σ ligand, reverse MK-801-induced amnesia in mice
    共著
    共同発表者:Tangui Maurice,Masayuki Hiramatsu,Jiro Itoh,Tsutomu Kameyama,Takaaki Hasegawa and Toshitaka Nabeshima
    薬物・精神・行動, 13、p.470
    1993年
  • 〔学会記録〕一酸化炭素負荷誘発健忘モデルマウスに対する dynorphin A (1-13) の作用
    共著
    共同発表者:平松正行,佐々木真由美,亀山 勉
    日本神経精神薬理学雑誌,14、p.465
    1994年
  • 〔学会記録〕Galanin による脳内アセチルコリン濃度の変化 ~in vivo microdialysis 法を用いて~
    共著
    共同発表者:森 啓真,平松正行,亀山 勉
    日本神経精神薬理学雑誌,14、p.464
    1994年
  • 〔学会発表〕ボルタンメトリー検出器を用いる高速液体クロマトグラフィーによるエンケファリンの定量に関する検討
    共著
    共同発表者:野間茂樹,平松正行,鵜飼 良,亀山 勉
    第59回 日本薬理学会近畿部会,徳島
    1981年06月
  • 〔学会発表〕マウス脳内モノアミン代謝におよぼす enkephalins の作用
    共著
    共同発表者:野間茂樹,鵜飼 良,平松正行,亀山 勉
    第11回 精神薬理研究会及び第3回 中部日本神経精神薬理学研究会,名古屋
    1981年10月
  • 〔学会発表〕高速液体クロマトグラフィーによる同一脳組織試料よりのエンケファリン, ドパミン及びその代謝産物の定量
    共著
    共同発表者:平松正行,天野 学,鍋島俊隆,亀山 勉
    日本薬学会第102年会,大阪
    1982年04月
  • 〔学会発表〕Effect of acute and chronic administrations of phencyclidine on methionine-enkephalin contents in mouse brain
    共著
    共同発表者:Toshitaka Nabeshima,Masayuki Hiramatsu,Manabu Amano,Hiroshi Furukawa,Ing K.Ho and Tsutomu Kameyama
    Joint France-U.S.A. Seminar: Chemistry, Pharmacology, Present and Future of the Therapeutic Applications and Drug Abuse Aspects of Arylcyclohexylamines, La Grande Motte, France
    1982年09月
  • 〔学会発表〕Sex differences in pharmacological actions of phencyclicine in rats
    共著
    共同発表者:Toshitaka Nabeshima, Kazumasa Yamaguchi,Kiyofumi Yamada,Masayuki Hiramatsu,Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    Joint France-U.S.A. Seminar: Chemistry, Pharmacology, Present and Future of the Therapeutic Applications and Drug Abuse Aspects of Arylcyclohexylamines, La Grande Motte, France
    1982年09月
  • 〔学会発表〕脳内エンケファリン含量に及ぼす phencyclidine の効果
    共著
    共同発表者:平松正行,天野 学,鍋島俊隆,古川 宏,亀山 勉
    第12回 精神薬理研究会,京都
    1982年09月
  • 〔学会発表〕脳内ドパミン及びその代謝物におよぼす phencyclidine の効果
    共著
    共同発表者:天野 学,平松正行,鍋島俊隆,古川 宏,亀山 勉
    第12回 精神薬理研究会,京都
    1982年09月
  • 〔学会発表〕脳内 enkephalinergic 及び serotonergic neuronに及ぼす phencyclidineの効果
    共著
    共同発表者:平松正行,天野 学,鍋島俊隆,古川 宏,亀山 勉
    第9回 脳研究会,福島
    1982年10月
  • 〔学会発表〕Phencyclidine による脳内 dopaminergic neuron の機能変化
    共著
    共同発表者:天野 学,平松正行,鍋島俊隆,古川 宏,亀山 勉
    第9回 脳研究会,福島
    1982年10月
  • 〔学会発表〕脳内 dopamine neuron に及ぼす phencyclidine の急性及び慢性効果
    共著
    共同発表者:天野 学,平松正行,鍋島俊隆,古川 宏,亀山 勉
    第4回 中部日本神経精神薬理学研究会,金沢
    1982年10月
  • 〔学会発表〕Phencyclidine により誘発される常同行動に対する諸脳部位破壊の影響
    共著
    共同発表者:山田清文,平松正行,山口和政,古川 宏,亀山 勉,鍋島俊隆
    第6回 日本薬理学会近畿西南合同部会,米子
    1982年11月
  • 〔学会発表〕ラットにおける phencyclidine の薬理作用と dopaminergic 神経系
    共著
    共同発表者:平松正行,山口和政,鍋島俊隆,古川 宏,亀山 勉
    第56回 日本薬理学会総会,大阪
    1983年03月
  • 〔学会発表〕ラットでの phencyclidine の薬理作用及び動態における性差
    共著
    共同発表者:鍋島俊隆,山口和政,山田清文,古川 宏,亀山 勉,平松正行
    第56回 日本薬理学会総会,大阪
    1983年03月
  • 〔学会発表〕ラットにおける phencyclidine の薬理作用と serotonin 神経系
    共著
    共同発表者:平松正行,山口和政,鍋島俊隆,古川 宏,亀山 勉
    第63回 日本薬理学会近畿部会,岡山
    1983年06月
  • 〔学会発表〕Interaction between phencyclidine and morphine in relation to methionine-enkephalin contents in discrete brain areas of mice
    共著
    共同発表者:Toshitaka Nabeshima, Masayuki Hiramatsu,Manabu Amano, Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    9th Meeting of International Society for Neurochemistry, Vancouver, Canada
    1983年07月
  • 〔学会発表〕Serotonergic and dopaminergic involvement in phencyclidine-induced stereotyped behavior
    共著
    共同発表者:Kazumasa Yamaguchi,Toshitaka Nabeshima,Masayuki Hiramatsu,Kiyofumi Yamada,Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    9th Meeting of International Society for Neurochemistry, Vancouver, Canada
    1983年07月
  • 〔学会発表〕ラットにおける phencyclidine による常同行動に対する神経毒の影響
    共著
    共同発表者:鍋島俊隆,山口和政,山田清文,平松正行,古川 宏,亀山 勉
    第13回 精神薬理研究会,東京
    1983年10月
  • 〔学会発表〕ラットにおける phencyclidine の代謝能の性差 -HPLCによる検討-
    共著
    共同発表者:平松正行,深谷公昭,山口和政,鍋島俊隆,古川 宏,亀山 勉
    第64回 日本薬理学会近畿部会,神戸
    1983年12月
  • 〔学会発表〕Opioidとphencyclidine の相互作用 行動と脳内 methionine-enkephalin 含量の変化について
    共著
    共同発表者:平松正行,鍋島俊隆,古川 宏,亀山 勉
    第57回 日本薬理学会総会,京都
    1984年03月
  • 〔学会発表〕Modulation of opioid receptor function by acute and chronic phencyclidine administration
    共著
    共同発表者:Toshitaka Nabeshima,Masayuki Hiramatsu,Kiyoshi Matsuno,Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    IUPHAR 9th International Congress of Pharmacology, London, U.K.
    1984年07月
  • 〔学会発表〕Phencyclidine (PCP) による常同行動における dopamine (DA) 神経系の役割
    共著
    共同発表者:鍋島俊隆,山口和政,平松正行,山田清文,天野 学,杉本 晃,吉田 茂,深谷公昭,古川 宏,亀山 勉
    第13回 薬物活性シンポジウム,京都
    1984年11月
  • 〔学会発表〕Phencyclidine 慢性投与による耐性および感受性増大 
    共著
    共同発表者:鍋島俊隆,山口和政,平松正行,杉本 晃,吉田 茂,深谷公昭,古川 宏,亀山 勉
    第58回 日本薬理学会総会,東京
    1985年03月
  • 〔学会発表〕高速液体クロマトグラフィー(HPLC) 法によるphencyclidine およびその代謝物の測定
    共著
    共同発表者:深谷公昭,山口和政,平松正行,鍋島俊隆,古川 宏,亀山 勉
    日本薬学会第105年会,金沢
    1985年04月
  • 〔学会発表〕Phencyclidine 連続投与による耐性および感受性増大における性差
    共著
    共同発表者:深谷公昭,山口和政,平松正行,鍋島俊隆,古川 宏,亀山 勉
    第67回 日本薬理学会近畿部会,倉敷
    1985年06月
  • 〔学会発表〕Phencyclidine による常同行動に対する morphine とN-allylnormetazocine (SKF 10,047) の効果
    共著
    共同発表者:平松正行,伊藤紀子,鍋島俊隆,古川 宏,亀山 勉
    第68回 日本薬理学会近畿部会,大阪
    1985年11月
  • 〔学会発表〕Development of tolerance and supersensitivity in rats treated with phencyclidine (PCP) chronically
    共著
    共同発表者:Toshitaka Nabeshima,Kazumasa Yamaguchi,Masayuki Hiramatsu,Akira Sugimoto,Shigeru Yoshida,Hiroaki Fukaya,Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    ACNP Annual Meeting, Maui, U.S.A.
    1985年12月
  • 〔学会発表〕Effects of prenatal administration of phencyclidine on the behavior of rat offspring
    共著
    共同発表者:Toshitaka Nabeshima,Kazumasa Yamaguchi,Masayuki Hiramatsu,Kazuhiro Ishikawa,Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    Satellite Symposium of IVth International Congress of Toxicology, Tokyo
    1986年07月
  • 〔学会発表〕Phencyclidine により惹起される常同行動に対するethylketocyclazoc-ine による拮抗
    共著
    共同発表者:平松正行,伊藤紀子,鍋島俊隆,古川 宏,亀山 勉
    第16回 日本神経精神薬理学会,久留米
    1986年09月
  • 〔学会発表〕Phencyclidine による体温下降および体温上昇作用における opioid 受容体の関与
    共著
    共同発表者:平松正行,鍋島俊隆,古川 宏,亀山 勉
    日本薬学会東海支部例会,名古屋
    1986年11月
  • 〔学会発表〕妊娠ラットに phencyclidine を投与した時にみられる離乳前の仔の行動発達の変化
    共著
    共同発表者:鍋島俊隆,石崎喜満恵,春日井雅美,石川和宏,山口和政,平松正行,古川 宏,亀山 勉
    日本薬学会第107年会,京都
    1987年04月
  • 〔学会発表〕クラウン・フェンシクリジンの合成と性質
    共著
    共同発表者:余合 基,岡山一枝,鍋島俊隆,平松正行,亀山 勉,古川 宏
    日本薬学会第107年会,京都
    1987年04月
  • 〔学会発表〕Ethylketocyclazoc-ine (EKC) antagonizes phencyclidine (PCP)-induced stereotyped behaviors by reducing monoamine release
    共著
    共同発表者:Toshitaka Nabeshima,Masayuki Hiramatsu,Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    Second U.S.-French Sponsored International Seminar: Sigma Opioid/Phencyclidine-like Compounds as Molecular Probes in Biology, Ann Arbor, U.S.A.
    1987年07月
  • 〔学会発表〕Synthesis and properties of phencyclidine analogues having multideutate monocyclic ligand
    共著
    共同発表者:Motoi Yogo,Kazue Okayama,Toshitaka Nabeshima,Masayuki Hiramatsu,Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    The 12th International Symposium on Macrocyclic Chemistry, Hiroshima
    1987年07月
  • 〔学会発表〕Synthesis and properties of phencyclidine analogues having polyether function
    共著
    共同発表者:Motoi Yogo,Kazue Okayama,Toshitaka Nabeshima,Masayuki Hiramatsu,Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    XIth International Congress of Heterocyclic Chemistry, Heidelberg, Federal Republic of Germany
    1987年08月
  • 〔学会発表〕A study of the neurobehavioral development in rats treated neonatally with phencyclidine
    共著
    共同発表者:Toshitaka Nabeshima,Masayuki Hiramatsu,Kazumasa Yamaguchi,Kimie Ishizaki,Hiroshi Furukawa and Tsutomu Kameyama
    IUPHAR 10th International Congress of Pharmacoclogy, Sydney, Australia
    1987年08月
  • 〔学会発表〕Phencyclidine 胎生期投与による仔の学習機能におよぼす影響
    共著
    共同発表者:鍋島俊隆,平松正行,石崎喜満恵,山口和政,河島数明,伊藤 要,春日井雅美,古川 宏,亀山 勉
    第17回 日本神経精神薬理学会,横浜
    1987年09月
  • 〔学会発表〕The in vivo pharmacology of phencyclidine and its deuterated analogue
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu,Robert N.Pechnick,Emma W.DiStefano,Arthur K.Cho
    72nd Annual Meeting of Federation of American Societies for Experimental Biology,Las Vegas,U.S.A.
    1988年03月
  • 〔学会発表〕Phencyclidine 新生児期投与による仔の行動発達におよぼす影響
    共著
    共同発表者:鍋島俊隆,平松正行,山口和政,石崎喜満恵,亀山 勉,古川 宏
    日本薬学会第108年会,広島
    1988年04月
  • 〔学会発表〕同一試料を用いた脳内 acetylcholine, catecholamine, serotonin および代謝物のHPLC-ECD システムによる測定法
    共著
    共同発表者:大原辰雄,鍋島俊隆,平松正行,加藤 晃,亀山 勉
    第73回 日本薬理学会近畿部会,徳島
    1988年06月
  • 〔学会発表〕Comparison of the behavioral and biochemical effects of the NMDA receptor antagonists, MK-801 and phencyclidine
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu and Arthur K.Cho
    XVIth Congress of Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologicum, Munich, West Germany
    1988年08月
  • 〔学会発表〕Effect of optical isomers of 3,4-methylenedioxy- methamphetamine (MDMA) on stereotyped behaviors and neurotransmitter release into rat brain dialysate in vivo
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu,Toshitaka Nabeshima,Tsutomu Kameyama and Arthur K.Cho
    18th Annual Meetiong of Society for Neuroscience,Tronto,Canada
    1988年11月
  • 〔学会発表〕Stereochemical differences in the in vivo and in vitro metabolism of MDMA
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu,Emma W.DiStefano and Arthur K.Cho
    73rd Annual Meeting of Federation of Ameridan Societies for Experimental Biology, New Orleans, U.S.A.
    1989年
  • 〔学会発表〕Rapid formation and disappearmance of the MDMA metabolite, 3,4-dihydroxymeth- amphetamine by rat liver microsomes
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu and Arthur K.Cho
    19th Annual Meeting of Society for Neuroscience,Phoenix, U.S.A.
    1989年10月
  • 〔学会発表〕Effects of the acute and chroic administraion of MK-801 on behavior and body temperature in the rat
    共著
    共同発表者:Robert N.Pechnick,Masayuki Hiramatsu,Robert George,Arthur K.Cho and Emma W.DiStefano
    19th Annual Meeting of Society for Neuroscience,Phoenix,U.S.A.
    1989年10月
  • 〔学会発表〕Superoxide mediated oxidation of 3,4-dihydroxymethamph-etamine, a metabolite of 3,4-methylenedioxymet-hamphetamine (MDMA)
    共著
    共同発表者:Yoshito Kumagai,Masayuki Hiramatsu,Steve E.Unger and Arthur K.Cho
    74th Annual Meeting of Federation of American Societies for Experimental Biology,Washington D.C.,U.S.A.
    1990年04月
  • 〔学会発表〕3,4-Methylenedioxyme-thamphetamine (MDMA) により惹起される常同行動と脳内神経伝達物質含量の変化
    共著
    共同発表者:平松正行,前田洋子,鍋島俊隆,亀山 勉,Arthur K.Cho
    第17回 日本毒科学会,名古屋
    1990年06月
  • 〔学会発表〕Phencyclidine の中枢作用機構における脳内 opioid 神経系の役割について
    単著
    発表者:平松正行
    平成2年度 日本薬学会東海支部総会,静岡
    1990年07月
  • 〔学会発表〕Phencyclidine (PCP) とその重水素置換した PCP の薬力学的および薬動力学的な評価
    共著
    共同発表者:平松正行,Robert N.Pechnick,Emma W.DiStefano,Arthur K.Cho,亀山 勉
    日本薬学会第110年会,札幌
    1990年08月
  • 〔学会発表〕Stereochemical differences in the metabolism of 3,4-methylenedioxyme-thamphetamine (MDMA)
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu,Emma W.DiStefano,Ann S.Chang,Donard J.Jenden,Tsutomu Kameyama and Arthur K.Cho
    XVIIth Congress of Collegium Internationale NeuroPsychopharmacolog-icum, Kyoto
    1990年09月
  • 〔学会発表〕Pharmacokinetic and pharmacodynamic properties of phencyclidine analogs
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu,Tsutomu Kameyama,Toshitaka Nabeshima and Arthur K.Cho
    Satellite Symposium of XVIIth Congress of Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacolog-icum, Nagoya
    1990年09月
  • 〔学会発表〕N-Methyl-D-aspartate 受容体拮抗薬,MK-801 および phencyclidineにより惹起される常同行動および脳内モノアミン変化の比較
    共著
    共同発表者:平松正行,鍋島俊隆,亀山 勉,Arthur K.Cho
    第20回 日本神経精神薬理学会,甲府
    1990年10月
  • 〔学会発表〕Pharmacokinetics of systemically administered 3,4-methylene- dioxymethamphetam-ine (MDMA) and monoamine release in brain dialysate
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu,Emma W.DiStefano,Tsutomu Kameyama and Arthur K.Cho
    20th Annual Meeting of Society for Neuroscience,St. Louis,Missouri,U.S.A.
    1990年
  • 〔学会発表〕GABAA 受容体機能低下による chlordiazepoxide の抗不安作用および健忘誘発作用における耐性形成
    共著
    共同発表者:石原誠一,平松正行,鍋島俊隆,亀山 勉
    第64回 日本薬理学会総会,神戸
    1991年03月
  • 〔学会発表〕ラット肝マイクロソームにおける 3,4-metylenedioxymeth-amphetamine の代謝物3,4-dihydroxymeth- amphetamine の生成と消失について
    共著
    共同発表者:平松正行,亀山 勉,Arthur K.Cho
    第64回 日本薬理学会総会,神戸
    1991年03月
  • 〔学会発表〕3,4-Methylenedioxymet-hamphetamine (MDMA) の血中濃度と脳内モノアミンの変動の相関性
    共著
    共同発表者:平松正行,亀山 勉,Emma W.DiStefano,Arthur K.Cho
    日本薬学会第111年会,八王子
    1991年03月
  • 〔学会発表〕Involvement of cholinergic system in effects of DM-9384 on carbon monoxide (CO)-induced acute and delayed amnesia
    共著
    共同発表者:Toshitaka Nabeshima,Masayuki Hiramatsu,Akira Katoh,Sei-ichi Ishihara,Hirohisa Ishimaru,Hiroko Ichihashi,Tomomi Koide,Tadashi Shiotani and Tsutomu Kameyama
    Satellite Symposium of XVth International Symposium on Cerebral Blood Flow and Metabolism, Key West, U.S.A.
    1991年06月
  • 〔学会発表〕Phencyclidine 誘導体の薬理学的および薬力学的性質について
    共著
    共同発表者:平松正行,Arthur K.Cho, Debra A.Schmitz,亀山 勉,鍋島俊隆
    第84回 日本薬理学会関東部会,東京
    1991年06月
  • 〔学会発表〕Ethanol連続投与による耐性形成と脳内GABA/benzodiazepi-ne 受容体の変化
    共著
    共同発表者:石原誠一,平松正行,鍋島俊隆,亀山 勉
    第79回 日本薬理学会近畿部会,金沢
    1991年06月
  • 〔学会発表〕NMDA receptor antagonists protect carbon monoxide-induced delayed neuronal death
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu,Hirohisa Ishimaru,Akira Katoh,Hirotaka Suzuki,Taneo Fukuta,Toshitaka Nabeshima and Tsutomu Kameyama
    Third U.S.-French Sponsored International Seminar: Multiple Sigma and PCP Receptor Ligands: Mechanisms for Neuromodulation and Protection?, La Grande Motte, France
    1991年09月
  • 〔学会発表〕MK-801の急性または連続投与による行動変化および体温に対する影響について
    共著
    共同発表者:平松正行,Robert N.Pechnick,Robert George,Emma W.DiStefano,亀山 勉,Arthur K.Cho
    第21回 日本神経精神薬理学会,前橋
    1991年10月
  • 〔学会発表〕ラットの前脳基底核破壊誘発健忘に対する propentofylline の効果
    共著
    共同発表者:冨士和之,平松正行,亀山 勉,鍋島俊隆
    第21回 日本神経精神薬理学会,前橋
    1991年10月
  • 〔学会発表〕一酸化炭素負荷により誘発される線条体 dopamine,serotonin およびそれら代謝物濃度の変化
    共著
    共同発表者:平松正行,横山靖司,鍋島俊隆,亀山 勉
    第34回 日本神経化学会,東京
    1991年10月
  • 〔学会発表〕Changes in concentrations of dopamine, serotonin and their metabolites induced by carbon monoxide (CO) in the rat striatum as determined by in vivo microdialysis
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu,Seiji Yokoyama,Toshitaka Nabeshima and Tsutomu Kameyama
    21st Annual Meeting of Society for Neuroscience,New Orleans,Louisiana,U.S.A.
    1991年11月
  • 〔学会発表〕Involvement of 5-HT2 receptors in pharmacological effects of naftidrofuryl oxalate
    共著
    共同発表者:Toshitaka Nabeshima, Kiriko Niwa,Masayuki Hiramatsu,Kazuyuki Fuji,Tsutomu Kameyama
    21st Annual Meeting of Society for Neuroscience, New Orleans,Louisiana,U.S.A.
    1991年11月
  • 〔学会発表〕一酸化炭素誘発急性及び遅発性健忘に対するnefiracetam (DM-9384) の効果及びコリン作動性神経系の関与
    共著
    共同発表者:平松正行,小出知美,石原誠一,塩谷 正,亀山 勉,鍋島俊隆
    第65回 日本薬理学会総会,仙台
    1992年03月
  • 〔学会発表〕コリンおよびドパミン作動性神経破壊時における脳内神経成長因子(NGF)含量の経時的変化
    共著
    共同発表者:新田敦美,村瀬勝人,古川美子,林 恭三,平松正行,亀山 勉,長谷川高明,鍋島俊隆
    第65回 日本薬理学会総会,仙台
    1992年03月
  • 〔学会発表〕ラットの学習・記憶におけるキノリン酸持続注入の影響
    共著
    共同発表者:冨士和之,山田清文,鈴木弘誉,平松正行,亀山 勉,鍋島俊隆
    第65回 日本薬理学会総会,仙台
    1992年03月
  • 〔学会発表〕一酸化炭素誘発健忘マウスにおける脳内受容体およびアセチルコリン含量の変化について
    共著
    共同発表者:平松正行,小出知美,石原誠一,亀山 勉,鍋島俊隆
    日本薬学会第112年会,福岡
    1992年03月
  • 〔学会発表〕In vivo formation of catecholamines from methylenedioxyam-phetamine (MDA) and -methamphetamine (MDMA)
    共著
    共同発表者:Teresa Chu,Masayuki Hiramatsu and Arthur K.Cho
    76th Annual Meeting of Federation of American Societies for Experimental Biology,Anaheim,California, U.S.A.
    1992年04月
  • 〔学会発表〕Antiamnesic effects of naftidrofuryl oxalate (LS-121) in relation to serotonin 5-HT2 receptors
    共著
    共同発表者:Toshitaka Nabeshima,Masayuki Hiramatsu,Kiriko Niwa,Kenji Ichihara,Keiko Tohyama,Kenshi Murase,Takako Suzuki and Tsutomu Kameyama
    Satellite Symposium of International Congress of Biochemistry: Advances in Tryptophan Research, Nagoya
    1992年05月
  • 〔学会発表〕Effects of propentofylline (PPF) on basal forebrain lesion-induced amnesia in rats
    共著
    共同発表者:Toshitaka Nabeshima, Kazuyuki Fuji,Masayuki Hiramatsu and Tsutomu Kameyama
    XVIIIth Congress of Collegium Internationale NeuroPsychopharmacolo-gicum, Nice, France
    1992年06月
  • 〔学会発表〕Involvement of the cholinergic system in antiamnesic effects of nefirasetam (DM-9384)
    共著
    共同発表者:Toshitaka Nabeshima, Masayuki Hiramatsu,Tadashi Shiotani and Tsutomu Kameyama
    8th International Cholinergic Symposium, Montreal, Canada
    1992年07月
  • 〔学会発表〕学習・記憶の神経化学 4.学習・記憶とモノアミン
    単著
    発表者:平松正行
    第35回 日本神経化学会 グループディナーカンファランス,名古屋
    1992年10月
  • 〔学会発表〕水探索課題の記憶・学習モデルへの応用について
    共著
    共同発表者:平松正行,前沢希咲,市原賢二,鍋島俊隆,亀山 勉
    第22回 日本神経精神薬理学会,札幌
    1992年10月
  • 〔学会発表〕Comparison of aversively motivated task (passive avoidance task) and appetitive water-finding task on acquisition of learnig in mice
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu,Kisaki Maezawa,Kenji Ichihara,Toshitaka Nabeshima and Tsutomu Kameyama
    22nd Annual Meeting of Society for Neuroscience,Anaheim,California, U.S.A.
    1992年10月
  • 〔学会発表〕Denervation of dopaminergic neuron with 6-hydroxydopamine increases nerve growth factor contents in rat brain
    共著
    共同発表者:Toshitaka Nabeshima,Atsumi Nitta,Takaaki Hasegawa, Masayuki Hiramatsu,Tsutomu Kameyama, Yoshiko Furukawa and Kyozo Hayashi
    22nd Annual Meeting of Society for Neuroscience,Anaheim,California,U.S.A.
    1992年10月
  • 〔学会発表〕キノリン酸の線条体および海馬注入が学習・記憶に与える影響について
    共著
    共同発表者:鈴木弘誉,平松正行,森 啓真,鍋島俊隆,亀山 勉
    第66回 日本薬理学会総会,横浜
    1993年03月
  • 〔学会発表〕CCK 誘導体 ceruletide の末梢投与によるマウスの一酸化炭素誘発健忘に対する保護効果
    共著
    共同発表者:Tangui Maurice,平松正行,伊藤治朗,長谷川高明,亀山 勉,鍋島俊隆
    第66回 日本薬理学会総会,横浜
    1993年03月
  • 〔学会発表〕Cholecyctokinin-related peptides, ceruletide and CCK-8, protect against carbon monoxide (CO)-induced amnesia in mice
    共著
    共同発表者:Tangui Maurice,Masayuki Hiramatsu, Jiro Itoh, Tsutomu Kameyama,Takaaki Hasegawa and Toshitaka Nabeshima
    XVI International Symposium on Cerebral Blood Flow and Metabolism, Sendai,Japan
    1993年05月
  • 〔学会発表〕Dynorphin A (1-13) による脳内モノアミンの変化 ~ in vivo microdialysis法を用いて~
    共著
    共同発表者:森 啓真,平松正行,鈴木弘誉,亀山 勉
    第83回日本薬理学会近畿部会,福山
    1993年06月
  • 〔学会発表〕たばこ煙のニコチン,フェノール画分及びカテコール誘導体(NGF生合成促進物質)の痴呆モデル動物に対する影響 研究1.一酸化炭素負荷誘発健忘動物に対するニコチンの作用について
    共著
    共同発表者:鍋島俊隆,長谷川高明,平松正行,佐藤久重,亀山 勉,林 恭三
    平成4年度 喫煙科学研究財団研究会,東京
    1993年07月
  • 〔学会発表〕たばこ煙のニコチン,フェノール画分及びカテコール誘導体(NGF生合成促進物質)の痴呆モデル動物に対する影響 研究2.ニコチンのスコポラミン誘発健忘ラットにおける学習能力改善効果及びドーパミン作動性神経系の関与
    共著
    共同発表者:鍋島俊隆,長谷川高明,新田敦美,上遠野由紀,伊東亜紀雄,平松正行,亀山 勉,林 恭三
    平成4年度 喫煙科学研究財団研究会,東京
    1993年07月
  • 〔学会発表〕Protection against carbon monoxide (CO)-induced amnesia by cholecystokinin (CCK)-related peptides differently involve CCK-A and CCK-B receptors
    共著
    共同発表者:Tangui Maurice,Masayuki Hiramatsu,Jiro Itoh,Tsutomu Kameyama,Takaaki Hasegawa and Toshitaka Nabeshima
    XIV International Soceity for Neurochemistry Biennial Meeting, Montpellier, France
    1993年08月
  • 〔学会発表〕一酸化炭素誘発遅発性健忘に対するニコチンの抗健忘作用について
    共著
    共同発表者:平松正行,佐藤久重,鍋島俊隆,亀山 勉
    第23回日本神経精神薬理学会,東京
    1993年09月
  • 〔学会発表〕Low doses of 1,3-di-(2-tolyl) guanidine (DTG), a selective σ ligand, reverse MK-801-induced amnesia in mice
    共著
    共同発表者:Tangui Maurice,Masayuki Hiramatsu,Jiro Itoh,Tsutomu Kameyama,Takaaki Hasegawa and Toshitaka Nabeshima
    第23回日本神経精神薬理学会,東京
    1993年09月
  • 〔学会発表〕Nootropic effect of nicotine on carbon monoxide (CO)-induced delated amnesia in mice
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu,Hisae Satoh,Tsutomu Kameyama and Toshitaka Nabeshima
    23rd Annual Meeting of Society for Neuroscience,Washington, D.C.,U.S.A.
    1993年11月
  • 〔学会発表〕ニコチンの抗健忘作用機序
    共著
    共同発表者:鍋島俊隆,平松正行,亀山 勉
    第67回 日本薬理学会総会シンポジウム,京都
    1994年03月
  • 〔学会発表〕学習・記憶に対するキノリン酸の線条体および前脳皮質内投与の影響
    共著
    共同発表者:平松正行,鈴木弘誉,鍋島俊隆,亀山 勉
    第67回日本薬理学会総会,京都
    1994年03月
  • 〔学会発表〕ニコチンによる自発運動量の変化に対するアセチルコリンおよびドパミン作動性神経系の関与
    共著
    共同発表者:平松正行,佐藤久重,亀山 勉,鍋島俊隆
    日本薬学会第114年会,東京
    1994年03月
  • 〔学会発表〕Effects of quinolinic acid injected into the rat striatum and frontal cortex on learning and memory
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu,Hirotaka Suzuki,Toshitaka Nabeshima and Tsutomu Kameyama
    XIXth Congress of Collegium Internationale NeuroPsychopharmacolo-gicum, Washington D.C., U.S.A.
    1994年06月
  • 〔学会発表〕Studies of (-)-nicotine on carbon monoxide-induced learning impairment in mice
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu,Hisae Satoh,Masaaki Murai,Toshitaka Nabeshima and Tsutomu Kameyama
    2nd International Nicotine Synposium, St. Adele, Canada
    1994年07月
  • 〔学会発表〕Effects of dynorphin A (1-13) on the carbon monoxide (CO)-induced impairment of spontaneous alternation performance in mice
    共著
    共同発表者:Tsutomu Kameyama,Masayuki Hiramatsu and Mayumi Sasaki
    IUPHAR 12th International Congress of Pharmacoclogy, Montreal, Canada
    1994年07月
  • 〔学会発表〕Effects of dynorphin A (1-13) on carbon monoxide (CO)-induced delayed amnesia in mice using a step-down type passive avoidance task
    共著
    共同発表者:Tsutomu Kameyama,Masayuki Hiramatsu and Mayumi Sasaki
    IUPHAR 12th International Congress of Pharmacoclogy, Montreal, Canada
    1994年07月
  • 〔学会発表〕たばこ煙のニコチン,フェノール画分及びカテコール誘導体(NGF生合成促進物質)の痴呆モデル動物に対する影響(III)- 前脳基底野破壊ラットの学習・記憶障害に対するニコチン連続投与の影響及びヒトチロシン水酸化酵素トランスジェニックマウスにおけるメタンフェタミン,ニコチンに対する感受性低下 -
    共著
    共同発表者:鍋島俊隆,長谷川高明,伊東亜紀雄,新田敦美,亀山 勉,平松正行,林 恭三,永津俊治
    平成5年度 喫煙科学研究財団研究会,東京
    1994年07月
  • 〔学会発表〕一酸化炭素負荷誘発健忘モデルマウスに対する dynorphin A (1-13)の作用
    共著
    共同発表者:平松正行,佐々木真由美,亀山 勉
    第24回 日本神経精神薬理学会,岡山
    1994年10月
  • 〔学会発表〕Galanin による脳内アセチルコリン濃度の変化 ~in vivo microdialysis法を用いて~
    共著
    共同発表者:森 啓真,平松正行,亀山 勉
    第24回 日本神経精神薬理学会,岡山
    1994年10月
  • 〔学会発表〕一酸化炭素負荷マウスの脳内神経伝達物質に対する dynorphin A (1-13) の作用
    共著
    共同発表者:村井正明,平松正行,亀山 勉
    第86回 日本薬理学会近畿部会,大阪
    1994年11月
  • 〔学会発表〕一酸化炭素誘発遅発性健忘に対する dynorphin A (1-13) の作用
    共著
    共同発表者:平松正行,佐々木真由美,亀山 勉
    第68回 日本薬理学会総会,名古屋
    1995年03月
  • 〔学会発表〕Galanin 誘発のアセチルコリン遊離減少に対する dynorpnin A (1-13) の作用
    共著
    共同発表者:森 啓真,平松正行,村澤寛泰,亀山 勉
    第68回 日本薬理学会総会,名古屋
    1995年03月
  • 〔学会発表〕メタンフェタミンによるドパミン遊離増加に対する dynorpnin A (1-13) の作用
    共著
    共同発表者:森 啓真,平松正行,亀山 勉
    日本薬学会第115年会,仙台
    1995年03月
  • 〔学会発表〕一酸化炭素負荷マウスのアセチルコリン含量に対するdynorphin A (1-13)および U-50,488Hの作用
    共著
    共同発表者:村井正明,平松正行,浅野由香里,亀山 勉
    第87回 日本薬理学会近畿部会,徳島
    1995年06月
  • 〔学会発表〕たばこ煙のニコチン,フェノール画分及びカテコール誘導体(NGF生合成促進物質)の痴呆モデル動物に対する影響(IV)-条件抑制法におけるニコチン性コリン作動性神経系の関与について-
    共著
    共同発表者:鍋島俊隆,長谷川高明,平松正行,中澤篤子,亀井浩行,亀山 勉,林 恭三
    平成6年度 喫煙科学研究財団研究報告会,東京
    1995年07月
  • 〔学会発表〕たばこ煙のニコチン,フェノール画分及びカテコール誘導体(NGF生合成促進物質)の痴呆モデル動物に対する影響(V)-β-アミロイド蛋白脳室内持続注入によるアルツハイマー型老年期痴呆モデル動物の作製と同モデルにおけるニコチンによるアセチルコリンおよびドパミン遊離機能の障害-
    共著
    共同発表者:鍋島俊隆,長谷川高明,新田敦美,伊東亜紀雄,亀山 勉,平松正行,林 恭三
    平成6年度 喫煙科学研究財団研究報告会,東京
    1995年07月
  • 〔学会発表〕一酸化炭素負荷誘発健忘モデルマウスに対する選択的κ-オピオイド受容体アゴニスト,U-50,488Hの作用
    共著
    共同発表者:平松正行,兵頭たかね,亀山 勉
    第25回日本神経精神薬理学会,福岡
    1995年10月
  • 〔学会発表〕Carbacholによる脳内アセチルコリン濃度減少に対するdynorphin A (1-13)の作用
    共著
    共同発表者:村澤寛泰,平松正行,森 啓真,亀山 勉
    第88回日本薬理学会近畿部会,京都
    1995年10月
  • 〔学会発表〕Effects of U-50,488H on the carbon monoxide (CO)-induced delayed amnesia in mice
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu,Takane Hyodo and Tsutomu Kameyama
    25th Annual Meeting of Society for Neuroscience Meeting,San Diego, U.S.A.
    1995年11月
  • 〔学会発表〕学習・記憶行動におけるκ-オピオイドペプチドの生理学的意義
    共著
    共同発表者:平松正行,村澤寛泰,森 啓真,佐々木真由美,亀山 勉
    第5回 神経行動薬理若手研究者の集い,福岡
    1996年03月
  • 〔学会発表〕MK-801により誘発されるマウスの自発交替行動障害における NO/cyclic GMP系の役割
    共著
    共同発表者:山田清文,野田幸裕,間宮隆吉,平松正行,村井正明,亀山 勉,小森由美子,二改俊章,杉原久義,鍋島俊隆
    第69回 日本薬理学会年会,長崎
    1996年03月
  • 〔学会発表〕κ-オピオイド受容体アゴニストによるコリン作動性神経系の機能調節について
    共著
    共同発表者:村澤寛泰,平松正行,森 啓真,亀山 勉
    第69回 日本薬理学会年会,長崎
    1996年03月
  • 〔学会発表〕条件抑制法における学習・記憶行動に関与する神経系について
    共著
    共同発表者:平松正行,中澤篤子,亀井浩行,亀山 勉
    第69回 日本薬理学会年会,長崎
    1996年03月
  • 〔学会発表〕一酸化炭素負荷マウスの脳内神経伝達物質遊離に対するdynorphin A (1-13)の作用
    共著
    共同発表者:村井正明,平松正行,亀山 勉
    第69回 日本薬理学会年会,長崎
    1996年03月
  • 〔学会発表〕Effect of dynorphin A (1-13) on decrease in acetylcholine release induced by carbachol in rats
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu,Hiroyasu Murasawa,Hiromasa Mori and Tsutomu Kameyama
    20th Congress of Collegium Internationale NeuroPsychopharmacologicum, Melbourne,Australia
    1996年06月
  • 〔学会発表〕Dynorphin A (1-13) improves carbachol-induced impairment of learning accompanied by blockage of reduction in acetylcholine release in rat
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu,Hiroyasu Murasawa,Hiromasa Mori and Tsutomu Kameyama
    5th International Conference on Alzheimer's Disease and Related Disorders, Osaka
    1996年07月
  • 〔学会発表〕痴呆モデル動物におけるニコチン性コリン作動性神経系の生理機能変化について,研究1.―学習・記憶におけるニコチン性コリン作動性神経系の関与―
    共著
    共同発表者:鍋島俊隆,長谷川高明,平松正行,佐々木真由美,亀山 勉,林 恭三
    平成7年度 喫煙科学研究財団研究報告会,東京
    1996年07月
  • 〔学会発表〕痴呆モデル動物におけるニコチン性コリン作動性神経系の生理機能変化について,研究2.―β-アミロイド蛋白持続注入ラットの海馬CA1 錐体細胞におけるニコチンに対する反応と長期増強形成能の低下―
    共著
    共同発表者:鍋島俊隆,伊東亜紀雄,長谷川高明,平松正行,亀山 勉,新田敦美,林 恭三
    平成7年度 喫煙科学研究財団研究報告会,東京
    1996年07月
  • 〔学会発表〕κ-オピオイド受容体アゴニストによるコリン作動性神経系の機能調節について
    共著
    共同発表者:平松正行,村澤寛泰,森 啓真,亀山 勉
    第2回 行動薬理研究会および神経行動薬理若手研究者の集い 5周年記念シンポジウム,仙台
    1996年08月
  • 〔学会発表〕情報教育用コンピュータ LAN による情報教育効果向上に関する検討
    共著
    共同発表者:稲垣員洋,平松正行,大津史子,小島良二,奥田 潤,古川 宏
    第10回 私情協大会事例発表会,東京
    1996年09月
  • 〔学会発表〕コリン作動性神経系の機能調節におけるκ-オピオイド受容体アゴニスト,ダイノルフィンの役割
    共著
    共同発表者:平松正行,村澤寛泰,村井正明,森 啓真,亀山 勉
    第1回 神経科学領域における分子モニタリングシンポジウム,横浜
    1996年10月
  • 〔学会発表〕一酸化炭素負荷により誘発される学習・記憶障害発現における一酸化窒素(NO)の関与について
    共著
    共同発表者:平松正行,奥村順子,亀山 勉
    第26回 日本神経精神薬理学会年会,東京
    1996年10月
  • 〔学会発表〕ニコチン性コリン作動性神経系に対するκ-オピオイド受容体のアゴニスト,U-50,488Hの作用
    共著
    共同発表者:村澤寛泰,平松正行,亀山 勉
    第90回 日本薬理学会近畿部会,津
    1996年10月
  • 〔学会発表〕Kappa-opioid receptor agonists prevent impairment of learning and memory accompanied by modulation in cholinergic neuronal system
    共著
    共同発表者:Masayuki Hirayama,Hiroyasu Murasawa,Hiromasa Mori and Tsutomu Kameyama
    The 13th Korea-Japan Joint Seminar on Pharmacology, Seoul,Korea
    1996年11月
  • 〔学会発表〕新規σ1受容体アゴニスト SA4503 の尾懸垂負荷マウスの脳内モノアミン代謝に及ぼす影響
    共著
    共同発表者:前田浩伸,鵜飼 良,平松正行,亀山 勉,松野 聖
    第70回 日本薬理学会年会,千葉
    1997年03月
  • 〔学会発表〕AF 64A によるコリン作動性神経破壊モデルに対する dynorphin A (1-13) の作用について
    共著
    共同発表者:村澤寛泰,平松正行,亀山 勉
    日本薬学会 第117年会,東京
    1997年03月
  • 〔学会発表〕新規アルギニン・バソプレシン誘導体,NC-1900 の抗うつ・抗不安作用について
    共著
    共同発表者:犬飼直美,平松正行,亀山 勉
    第91回 日本薬理学会近畿部会,広島
    1997年06月
  • 〔学会発表〕痴呆モデル動物におけるニコチン性コリン作動性神経系の生理機能変化について,(III) ニコチン性コリン作動性神経系の機能障害モデルに対するκ-受容体アゴニスト, U-50,488H の作用,(IV)β-アミロイド蛋白持続注入ラットにおけるニコチン性受容体を介するシグナル伝達の障害
    共著
    共同発表者:鍋島俊隆,長谷川高明,平松正行,村澤寛泰,佐々木真由美,中澤篤子,伊東亜紀雄,新田敦美,亀山 勉,林 恭三
    平成8年度 喫煙科学研究財団研究報告会,東京
    1997年07月
  • 〔学会発表〕新規ダイノルフィン誘導体,Tyr-D-Ala-Phe-Leu-Argψ(CH2NH) Arg-NH2の抗侵害作用について
    共著
    共同発表者:井上かおり,平松正行,安保明博,佐々木有亮,亀山 勉
    第27回 日本神経精神薬理学会年会,鹿児島
    1997年10月
  • 〔学会発表〕Dynorphin A (1-13) transiently increases acetylcholine release in AF64A-treated rats
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu, Hiroyasu Murasawa and Tsutomu Kameyama
    27th Annual Meeting of Society for Neuroscience,New Orleans,U.S.A.
    1997年10月
  • 〔学会発表〕自発的交替行動における短期記憶障害に対する新規ダイノルフィン誘導体の作用
    共著
    共同発表者:井上かおり,平松正行,安保明博,佐々木有亮,亀山 勉
    第93回 日本薬理学会近畿部会,名古屋
    1998年06月
  • 〔学会発表〕Effects of SA4503, a novel sigma1 receptor agonist, on monoamine metabolism in the brain of mice exposed to tail-suspention
    共著
    共同発表者:Makoto Ukai,Hironobu Maeda,Masayuki Hiramatsu,Tsutomu Kameyama and Kiyoshi Matsuno
    XIIIth International Congress of Pharmacology, Munich, Germany
    1998年07月
  • 〔学会発表〕Antinociceptive effects of a novel dynorphin analog, Tyr-D-Ala-Phe-Leu-Argψ(CH2NH) Arg-NH2
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu,Kaori Inoue,Akihiro Ambo,Yusuke Sasaki and Tsutomu Kameyama
    XIIIth International Congress of Pharmacology, Munich, Germany
    1998年07月
  • 〔学会発表〕アルツハイマー型痴呆(AD)モデル動物におけるニコチン性コリン作動性神経系の機能変化(I)― AD モデル動物の LTP 形成および学習・記憶障害に対するニコチンの影響―
    共著
    共同発表者:鍋島俊隆,伊東亜紀雄,山田清文,平松正行,山津朋弘,亀山 勉,林 恭三
    平成9年度 喫煙科学研究財団研究報告会,東京
    1998年07月
  • 〔学会発表〕学習・記憶行動に対する nociceptin およびnocistatin の作用
    共著
    共同発表者:井上かおり,平松正行
    第28回 日本神経精神薬理学会年会,東京
    1998年10月
  • 〔学会発表〕うつ病モデル動物に対する炭酸リチウムと抗うつ薬の併用効果について
    共著
    共同発表者:平松正行,平崎 徹,亀山 勉
    第28回 日本神経精神薬理学会年会,東京
    1998年10月
  • 〔学会発表〕新規ダイノルフィン誘導体,[Phe1] dynorphin A (1-13) の学習・記憶に対する作用
    共著
    共同発表者:井上かおり,平松正行,安保明博,佐々木有亮,亀山 勉
    第94回 日本薬理学会近畿部会,奈良
    1998年11月
  • 〔学会発表〕Des-tyrosine1-dynorphin analogs reverse impairment of learning and/or memory in non-opioid receptor mediated mechanism in mice
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu,Kaori Inoue,Akihiro Ambo,Yusuke Sasaki and Tsutomu Kameyama
    28th Annual Meeting of Society for Neuroscience,Los Angeles,U.S.A.
    1998年11月
  • 〔学会発表〕学習・記憶に対する nociceptin 作用
    共著
    共同発表者:井上かおり,平松正行
    第8回 神経行動薬理若手研究者の集い,北海道
    1999年03月
  • 〔学会発表〕AF 64A による学習・記憶障害に対するラットでのニコチン連続投与の効果
    共著
    共同発表者:山津朋弘,平松正行,鍋島俊隆,亀山 勉
    第72回 日本薬理学会年会,北海道
    1999年03月
  • 〔学会発表〕Dynorphin A (2-13) の学習・記憶行動に対する作用
    共著
    共同発表者:井上かおり,平松正行,亀山 勉
    第72回 日本薬理学会年会,北海道
    1999年03月
  • 〔学会発表〕アルツハイマー型痴呆(AD)モデル動物におけるニコチン性コリン作動性神経系の機能変化(II) ―β-アミロイド蛋白(Aβ)注入ラットにおける[3H] cytisine 結合の変化および AF 64A 処置ラットに対するニコチン連続投与の影響―
    共著
    共同発表者:鍋島俊隆,山田清文,Ann Olariu,伊東亜紀雄,平松正行,山津朋弘,亀山 勉,林 恭三
    平成10年度 喫煙科学研究財団研究報告会,東京
    1999年07月
  • 〔学会発表〕Nociceptin/Orphanin FQ による学習・記憶調節機構の解明
    共著
    共同発表者:平松正行,井上かおり
    第20回 鎮痛薬・オピオイドシンポジウム,仙台
    1999年09月
  • 〔学会発表〕κ-オピオイド受容体とσ-受容体を介する記憶の調節機構
    共著
    共同発表者:星野 崇,平松正行,鍋島俊隆
    第29回 日本神経精神薬理学会年会,広島
    1999年09月
  • 〔学会発表〕Improvement by low doses of nociceptin / orphanin FQ on scopolamine-induced impairment of learning and/or memory in mice
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu and Kaori Inoue
    29th Annual Meeting of Society for Neuroscience,Miami Beach,U.S.A.
    1999年10月
  • 〔学会発表〕Improvement of memory impairment by kappa opioid and sigma receptor agonists in mice
    共著
    共同発表者:Takashi Hoshino,Masayuki Hiramatsu,Tsutomu Kameyama and Toshitaka Nabeshima
    29th Annual Meeting of Society for Neuroscience,Miami Beach,U.S.A.
    1999年10月
  • 〔学会発表〕Effects of dynorphin fragments on learning and memory impairment induced by carbon monoxide exposure and β-amyloid peptide (25-35) in mice
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu,Kaori Inoue and Tsutomu Kameyama
    16th Yokohama 21st Century Forum on Brain Science in the Coming Century, Yokohama
    1999年11月
  • 〔学会発表〕メカミラミン誘発学習・記憶障害に対するダイノルフィン A (2-13) の作用
    共著
    平松正行,渡邊英里,鍋島俊隆
    第73回 日本薬理学会年会,横浜
    2000年03月
  • 〔学会発表〕アルツハイマー型痴呆(AD)モデル動物におけるニコチン性コリン作動性神経系の機能変化(III) ―β-アミロイド蛋白(Aβ)注入ラットにおける[3H] phorbol 12,13-dibutyrate 結合の変化および mecamylamine による学習・記憶障害に対する dynorphin A1-13 およびdynorphin A2-13 の作用―
    共著
    共同発表者:鍋島俊隆,山田清文, Ann Olariu,伊東亜紀雄,平松正行,渡邊英里
    平成11年度 喫煙科学研究財団研究報告会,東京
    2000年07月
  • 〔学会発表〕ダイノルフィン誘導体による非オピオイド性の学習・記憶障害の改善作用
    共著
    共同発表者:平松正行,渡邊英里,井上かおり,亀山 勉,安保明博,佐々木有亮
    第21回 鎮痛薬・オピオイドシンポジウム,長崎
    2000年08月
  • 〔学会発表〕Scopolamine誘発記憶障害に対する (+)- および (-)-pentazocineの作用機構
    共著
    共同発表者:星野 崇,平松正行,鍋島俊隆,亀山 勉
    第30回 日本神経精神薬理学会年会,仙台
    2000年10月
  • 〔学会発表〕Improvement of memory impairment by (+)- and (-)-pentazocine via κ-opioid and/or σ-receptors in mice
    共著
    共同発表者:Takashi Hoshino,Masayuki Hiramatsu,Tsutomu Kameyama and Toshitaka Nabeshima
    30th Annual Meeting of Society for Neuroscience,New Orleans,U.S.A.
    2000年11月
  • 〔学会発表〕Improvement by des-tyrosine1 dynorphin A (2-13) of mecamylamine- induced impairment of memory accompanied by blockade of reductions in acetylcholine release in rats
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu,Eri Watanabe and Toshitaka Nabeshima
    30th Annual Meeting of Society for Neuroscience,New Orleans,U.S.A.
    2000年11月
  • 〔学会発表〕κ-およびμ-オピオイド受容体に作用する KT-90 の記憶および鎮痛に対する作用
    共著
    共同発表者:星野 崇,平松正行,鵜飼 良,兼松 顯
    第10回 神経行動薬理若手研究者の集い,船橋
    2001年03月
  • 〔学会発表〕記憶機能に対するκ-オピオイド受容体の関与:KOR1 に対するアンチセンスを用いた検討
    共著
    共同発表者:星野 崇,平松正行,鵜飼 良,
    第74回 日本薬理学会年会,横浜
    2001年03月
  • 〔学会発表〕Effects of endomorphin-1 and -2 on the contents of dopamine and its metabolites in mice
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu,Ko-ichiro Ohta and Makoto Ukai
    9th International Catecholamine Symposium, Kyoto
    2001年04月
  • 〔特別講演〕薬に潜む危険性 ―有効性と副作用―
    単著
    平松正行
    名古屋大学大学祭セミナー
    1996年06月
  • 〔特別講演〕身近なくすりとの上手なつきあい方
    単著
    平松正行
    平成12年度 名城大学薬学部公開講座
    2000年10月
  • 〔学会発表〕Effects of endomorphin-1 and -2 on the contents of dopamine and its metabolites in mice
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu, Ko-ichiro Ohta and Makoto Ukai
    9th International Catecholamine Symposium(京都)
    2001年04月
  • 〔学会発表〕エンドモルフィン類の水探索課題に及ぼす影響
    共著
    共同発表者:間宮隆吉,平松正行,亀山 勉,鵜飼 良
    第99回日本薬理学会近畿部会(広島)
    2001年06月
  • 〔その他〕身近な薬との上手なつきあい方
    単著
    平松正行
    平成13年度東海ラジオ,第13回名城大学『知の探訪』
    2001年06月
  • 〔学会発表〕エンドモルフィン類の学習記憶に及ぼす影響
    共著
    共同発表者:間宮隆吉,平松正行,亀山 勉,鵜飼 良
    第47回日本薬学会東海支部大会(岐阜)
    2001年07月
  • 〔研究会発表〕アルツハイマー型痴呆(AD)モデル動物におけるニコチン性コリン作動性神経系の機能変化 (III) −Aβ注入によるニコチン受容体の機能低下における iNOS の関与および一酸化炭素(CO)負荷マウスにおける dynor-phin mRNA 発現量の変動について −
    共著
    共同発表者:鍋島俊隆,山田清文,Manh Hung Tran,伊東亜紀雄,平松正行,渡邉美菜子,鵜飼 良,小島良二
    平成12年度 喫煙科学研究財団 研究年報, 喫煙科学研究財団(東京)
    2001年07月
  • 〔学会発表〕オピオイド受容体作動薬 KT-90の抗侵害作用について
    共著
    共同発表者:平松正行,星野 崇,鵜飼 良,兼松 顯
    第22回 鎮痛薬・オピオイドシンポジウム(京都)
    2001年08月
  • 〔学会発表〕一酸化炭素負荷マウスにおけるpreprodynorphin mRNA発現量の変動について
    共著
    共同発表者:渡邉美菜子,平松正行,小島 良二,鵜飼 良
    第24回 日本神経科学・第44回日本神経化学会合同大会(京都)
    2001年09月
  • 〔学会発表〕エンドモルヒネ-1および -2による記憶障害とアセチルコリン,ドパミン作動性神経系の関与
    共著
    共同発表者:平松正行,太田恒一郎,加藤寿規,鵜飼 良
    第31回 日本神経精神薬理学会年会(広島)
    2001年10月
  • 〔学会発表〕Prepulse inhibitionに対するendomorphin-1の影響
    共著
    共同発表者:奥田亜美,間宮隆吉,平松正行,鵜飼 良
    第31回 日本神経精神薬理学会年会(広島)
    2001年10月
  • 〔学会発表〕Involvement of -opioid receptors in memory function using antisense oligodeoxynucleotides for KOR-1
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu, Takashi Hoshino, Makoto Ukai
    31st Annual Meeting of Society for Neuroscience(San Diego)
    2001年11月
  • 〔プロシーディングス〕アルツハイマー型痴呆(AD)モデル動物におけるニコチン性コリン作動性神経系の機能変化 (III) −Aβ注入によるニコチン受容体の機能低下における iNOS の関与および一酸化炭素(CO)負荷マウスにおける dynorphin mRNA 発現量の変動について −
    共著
    共同発表者:鍋島俊隆,山田清文,Manh Hung Tran,伊東亜紀雄,平松正行,渡邉美菜子,鵜飼 良,小島良二
    平成12年度 喫煙科学研究財団 研究年報, 喫煙科学研究財団、p.281~p.286
    2001年
  • 〔学会発表〕U-50,488H によるβ-amyloid peptide (25-35) 誘発記憶障害の改善作用と prodynorphin およびα7 ニコチン受容体 mRNA 発現量の変化
    共著
    共同発表者:渡邉美菜子,平松正行,小島良二,鵜飼 良,鍋島俊隆
    第11回 神経行動薬理若手研究者の集い(福岡)
    2002年03月
  • 〔学会発表〕β-アミロイドペプチド(25-35)による遅発性記憶障害におけるκ-オピオイド神経系の関与について
    共著
    共同発表者:渡邉美菜子,平松正行,鵜飼 良,小島良二
    第75回 日本薬理学会年会(熊本)
    2002年03月
  • 〔研究会報告〕アルツハイマー型痴呆(AD)モデル動物におけるニコチン性コリン作動性神経系の機能変化 (IV)
    共著
    共同発表者:鍋島俊隆,山田清文,伊東亜紀雄,平松正行,渡邉美菜子,鵜飼 良,小島良二
    平成13年度 喫煙科学研究財団 研究年報, 喫煙科学研究財団(東京)
    2002年07月
  • 〔プロシーディングス〕アルツハイマー型痴呆(AD)モデル動物におけるニコチン性コリン作動性神経系の機能変化 (IV)
    共著
    鍋島俊隆,山田清文,伊東亜紀雄,平松正行,渡邉美菜子,鵜飼 良,小島良二
    平成13年度 喫煙科学研究財団 研究年報, 喫煙科学研究財団、p.277~p.282
    2002年
  • 〔解説記事〕コンピュータネットワークを利用した薬剤師国家試験対策への自主学習法の確立
    共著
    平松正行,岡淳一郎,鈴木良雄
    名城大学総合研究所紀要,6、p.97~p.103
    2002年
  • 〔学会発表〕記憶および抗侵害作用に対するオピオイド受容体作動薬,KT-95の効果
    共著
    共同発表者:平松正行,水野奈津子,鵜飼 良,兼松 顯
    第76回日本薬理学会年会(福岡)
    2003年03月
  • 〔研究会発表〕可塑的脳機能障害におけるニコチン性コリン作動性神経系の役割 (I)
    共著
    共同発表者:平松正行,渡邉美菜子,小島良二,野田幸裕,伊東亜紀雄,新田淳美,宮崎雅之,鍋島俊隆
    第18回平成14年度喫煙科学研究財団研究報告会(東京)
    2003年07月
  • 〔学会発表〕α7 type nicotinic acetylcholine receptor and prodynorphin mRNA expressions after administration of (-)-nicotine and U-50,488H in β-amyloid peptide (25-35)-treated mice
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu, Shogo Baba, Minako Watanabe, Ryoji Kojima and Toshitaka Nabeshima
    ISN Satellite Meeting and Japanese Forum on Nicotine and Drug Dependence(京都)
    2003年07月
  • 〔学会発表〕学習・記憶を調節する神経ペプチドの効果と脳内微量透析データの解析
    単著
    発表者:平松正行
    第31回日本行動計量学会大会(名古屋)
    2003年09月
  • 〔プロシーディングス〕可塑的脳機能障害におけるニコチン性コリン作動性神経系の役割 (I)
    共著
    平松正行,渡邉美菜子,小島良二,野田幸裕,伊東亜紀雄,新田淳美,宮崎雅之,鍋島俊隆
    平成14年度 喫煙科学研究財団 研究年報,喫煙科学研究財団、p.173~p.181
    2003年
  • 〔講演〕身近な薬との上手なつきあい方
    単著
    平松正行
    再生つばさの会 中部支部講演会(岐阜)
    2004年03月
  • 〔学会発表〕ß-アミロイドペプチド(25-35)誘発健忘マウスへの (-)-ニコチンの作用とα7ニコチン性アセチルコリン受容体およびダイノルフィンmRNA発現量の変化
    共著
    共同発表者:平松正行,馬場章吾,鍋島俊隆
    第77回日本薬理学会年会(大阪)
    2004年03月
  • 〔学会発表〕Low dose endomorphin-1 improvement of scopolamine-induced memory impairment: mu-independent mechanisms
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu, Hiroyuki Tarukado, Ichiro Sora and George Uhl
    XXIVth Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologicum(第24回国際神経精神薬理学会議)(Paris)
    2004年06月
  • 〔学会発表〕肝グルコキナーゼの核と細胞質間の移行による糖代謝調節
    共著
    共同発表者:西尾 崇,長谷川 徹,豊田行康,平松正行,三輪一智
    第50回日本薬学会東海支部総会・大会(名古屋)
    2004年07月
  • 〔研究会発表〕可塑的脳機能障害におけるニコチン性コリン作動性神経系の役割 (II) −ストレス誘発うつ病および学習記憶モデル動物の神経機能障害に対するニコチンの作用−
    共著
    共同発表者:新田淳美,曾 南,野田幸裕,伊東亜紀雄,鍋島俊隆,平松正行,馬場章吾,小島良二
    第19回平成15年度喫煙科学研究財団研究報告会(東京)
    2004年07月
  • 〔学会発表〕Low dose of endomorphin-1 improves scopol-amine-induced impairment of memory via kappa-opioid and sigma receptors in mice
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu and Hiroyuki Tarukado
    鎮痛・疼痛関連ペプチド国際シンポジウム仙台(仙台)
    2004年07月
  • 〔学会発表〕Improving effect of nociceptin on scopolamine-induced learning and/or memory impairment in ORL1 receptor knockout mice
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu,Yoshiaki Kawai,Masaya Miwa,Takayoshi Mamiya and Toshitaka Nabeshima
    International Narcotics Research Conference 2004/Kyoto(京都)
    2004年07月
  • 〔学会発表〕ラット視床下部におけるグルコキナーゼの分布
    共著
    共同発表者:西尾 崇,豊田行康,平松正行,三輪一智,前川文彦,矢田俊彦,千葉 拓
    第27回日本神経科学大会,第47回 日本神経化学会大会合同大会(名古屋)
    2004年09月
  • 〔学会発表〕メカミラミン誘発学習・記憶障害に対するノシセプチンの作用
    共著
    共同発表者:平松正行,三輪将也,橋本和樹,野村奈央
    第27回日本神経科学大会,第47回 日本神経化学会大会合同大会(名古屋)
    2004年09月
  • 〔学会発表〕Reversion of mecamylamine-induced acetylcholine decrease in rat hippocampus and learning and memory impairment by nociceptin/ orphanin FQ
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu,Masaya Miwa,Kazuki Hashimoto and Nao Nomura
    Society for Neuroscience 34th Annual Meeting(第34回 米国神経科学会年会)(San Diego)
    2004年10月
  • 〔シンポジウム発表〕Role of nociceptin on learning and/or memory impairment in animal models
    単著
    発表者:平松正行
    2004 第3回名古屋・南京・瀋陽薬学学術シンポジウム(名古屋)
    2004年10月
  • 〔研究会発表〕Low dose of endo-morphin-1 improves scopolamine-induced impairment of memory via kappa-opioid and sigma receptors in mice
    共著
    共同発表者:平松正行,樽角博之
    名城大学薬学部創立50周年記念国際薬科大学学部長フォーラム in Nagoya(名古屋)
    2004年10月
  • 〔解説記事〕脳神経機能を制御する物質とその作用機構に関する研究
    単著
    平松正行
    名城大学総合研究所ニュース,14、p.3
    2004年
  • 〔プロシーディングス〕可塑的脳機能障害におけるニコチン性コリン作動性神経系の役割 (II) −ストレス誘発うつ病および学習記憶モデル動物の神経機能障害に対するニコチンの作用−
    共著
    共同発表者:新田淳美,曾 南,野田幸裕,伊東亜紀雄,鍋島俊隆,平松正行,馬場章吾,小島良二
    平成15年度 喫煙科学研究財団 研究年報,喫煙科学研究財団、p.173~p.178
    2004年
  • 〔学会発表〕Mecamylamine誘発学習・記憶障害およびラット海馬内アセチルコリン遊離量の減少に対するnociceptinの効果
    共著
    共同発表者:三輪将也,野村奈央,橋本和樹,平松正行
    第8回ニコチン薬物依存研究フォーラム学術年会(名古屋)
    2005年03月
  • 〔学会発表〕ORL1受容体非依存的なノシセプチンによる学習・記憶障害改善作用
    共著
    共同発表者:平松正行,三輪将也,新木智映子,河合慶明
    第78回日本薬理学会年会(横浜)
    2005年03月
  • 〔学会発表〕名城大学薬学部の講義における PBL方式導入の試み
    共著
    共同発表者:小森由美子,平松正行,加鳥順子,飯田耕太郎,米澤頼信,原田健一
    日本薬学会第125回年会(東京)
    2005年03月
  • 〔学会発表〕ラット脳室内グルコース注入による肝細胞内グルコキナーゼ移行
    共著
    共同発表者:西尾 崇,平松正行,三輪一智,千葉 拓,豊田行康
    第51回日本薬学会東海支部総会・大会(岐阜)
    2005年07月
  • 〔学会発表〕薬物誘発性記憶障害に対するendomorphin-1の効果とオピオイド神経系およびσ受容体の関与
    共著
    共同発表者:木俣宏章,樽角博之,平松正行
    第27回日本生物学的精神医学会・第35回日本神経精神薬理学会(大阪)
    2005年07月
  • 〔学会発表〕塩酸チクロピジン適正使用状況とその改善へ向けた検討
    共著
    共同発表者:馬場章吾,中田吉則,水谷義勝,平松正行
    第13回医療薬学フォーラム2005(鹿児島)
    2005年07月
  • 〔研究会発表〕可塑的脳機能障害におけるニコチン性コリン作動性神経系の役割 (III) −ストレス誘発うつ病および学習記憶モデル動物の神経機能障害に対するニコチンの作用−
    共著
    共同発表者:新田淳美,丹羽美苗,曾 南,伊東亜紀雄,野田幸裕,鍋島俊隆,平松正行,三輪将也
    第20回平成16年度喫煙科学研究財団研究報告会(東京)
    2005年07月
  • 〔学会発表〕ラット脳室内グルコース注入による肝細胞内グルコキナーゼ移行
    共著
    共同発表者:西尾 崇,平松正行,三輪一智,千葉 拓,豊田行康
    第28回日本神経科学大会(横浜)
    2005年07月
  • 〔研究会発表〕Functional roles of glucokinase in the rat hypothalamus
    共著
    共同発表者:Takashi Nishio, Masayuki Hiramatsu
    Taiwan-Japan Joint Seminar(名古屋)
    2005年08月
  • 〔学会発表〕医薬品適正使用へ向けた副作用モニタリング推進のための検討(1)〜臨床検査状況と医師の認識調査〜
    共著
    共同発表者:馬場章吾,中田吉則,水谷義勝,平松正行
    第15回医療薬学会(岡山)
    2005年10月
  • 〔学会発表〕医薬品適正使用へ向けた副作用モニタリング推進のための検討(2)
    共著
    共同発表者:中田吉則,馬場章吾,水谷義勝,平松正行
    第15回医療薬学会(岡山)
    2005年10月
  • 〔学会発表〕Localization of glucokinase in the nuclei of rat hypothalamus
    共著
    共同発表者:Takashi Nishio, Yukiyasu Toyoda, Ichitomo Miwa, Taku Chiba, Masayuki Hiramatsu
    Society for Neuroscience 35th Annual Meeting(Washington, D.C.)
    2005年11月
  • 〔学会発表〕Nociceptin impro-ves learning and memory by acting on ORL1 receptor-independent mechanisms
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu, Masaya Miwa, Chieko Shinki, Yoshiaki Kawai, Tsutomu Kameyama
    Society for Neuroscience 35th Annual Meeting(Washington, D.C.)
    2005年11月
  • 〔プロシーディングス〕可塑的脳機能障害におけるニコチン性コリン作動性神経系の役割(III)−ストレス誘発うつ病および学習記憶モデル動物の神経機能障害に対するニコチンの作用−
    共著
    共同発表者:新田淳美,丹羽美苗,曾 南,伊東亜紀雄,野田幸裕,鍋島俊隆,平松正行,三輪将也
    第20回平成16年度喫煙科学研究財団研究報告会、p.218~p.219
    2005年
  • 〔解説記事〕モデル脳を用いた遅発・進行性の学習・記憶機能障害に関わるプロテオーム解析
    共著
    共同発表者:平松正行,渡辺美菜子,三輪将也,馬場章吾,小島良二
    名城大学総合研究所紀要,10、p.83~p.86
    2005年
  • 〔解説記事〕コンピュータネットワークを利用した自己学習型教材開発おいびその運用
    共著
    発表者:平松正行
    名城大学総合研究所紀要,10
    2005年
  • 〔学会発表〕薬物誘発性記憶障害に対するendomorphin-1の効果とμ-,κ-受容体の関与
    共著
    共同発表者:木俣宏章,平松正行
    第79回日本薬理学会年会(横浜)
    2006年03月
  • 〔学会発表〕肝グルコキナーゼの細胞内移行に対する第3脳室内グルコース注入の影響
    共著
    共同発表者:豊田行康,西尾 崇,平松正行,三輪一智
    第126年会 日本薬学会(仙台)
    2006年03月
  • 〔学会発表〕脳室内グルコース注入は肝グルコキナーゼの核から細胞質への移行を起こす
    共著
    共同発表者:豊田行康,西尾 崇,平松正行,三輪一智
    第49回日本糖尿病学会年次学術集会(東京)
    2006年05月
  • 〔研究会発表〕可塑的脳機能障害におけるニコチン性コリン作動性神経系の役割 (IV) −アミロイドβタンパク分解酵素neprilysinによるラットの学習記憶能力およびニコチン受容体機能への影響 −
    共著
    共同発表者:毛利彰宏,野田幸裕,Li-Bo, ZOU,岩田修永,西道隆臣,伊東亜紀雄,平松正行,三輪将也,鬼塚文子,新田淳美,鍋島俊隆
    平成17年度喫煙科学研究財団研究報告会
    2006年07月
  • 〔学会発表〕大豆ホスファチジルセリンの正常マウス記憶・学習能に与える影響
    共著
    共同発表者:加藤豪人,鵜飼 良,酒井正士,間宮隆吉,亀山 勉,平松正行
    第11回日本行動薬理研究会(金沢)
    2006年09月
  • 〔学会発表〕Effect of cilostazol on learning and memory impairment induced by β-amyloid peptide (25-35) in mice
    共著
    共同発表者:滝口修直,平松正行,森 啓真
    第28回日本生物学的精神医学会,第36回神経精神薬理学会,第49回日本神経化学会大会合同年会(名古屋)
    2006年09月
  • 〔プロシーディングス〕可塑的脳機能障害におけるニコチン性コリン作動性神経系の役割 (IV) −アミロイドβタンパク分解酵素neprilysinによるラットの学習記憶能力およびニコチン受容体機能への影響 −
    共著
    共同発表者:毛利彰宏,野田幸裕,Li-Bo, ZOU,岩田修永,西道隆臣,伊東亜紀雄,平松正行,三輪将也,鬼塚文子,新田淳美,鍋島俊隆
    平成17年度喫煙科学研究財団研究年報、p.201~p.206
    2006年
  • 〔学会発表〕β-Amyloid peptide (25-35) を用いたアルツハイマー型認知症モデルマウスに対するcilostazol の効果
    共著
    共同発表者:滝口修直,平松正行,森 啓真
    第16回神経薬理若手研究者の集い(名古屋)
    2007年03月
  • 〔学会発表〕Lipopolysaccharide誘発記憶障害に対するベタイン,カテキンの作用
    共著
    共同発表者:三輪将也,岩田合郁,平松正行
    第80回日本薬理学会年会(名古屋)
    2007年03月
  • 〔学会発表〕拘束水浸ストレス負荷による学習・記憶障害モデルマウスに対するカテキンの効果
    共著
    共同発表者:内田将吾,筧 裕介,平松正行
    第80回日本薬理学会年会(名古屋)
    2007年03月
  • 〔学会発表〕Therapeutic approach on learning and memory impairment using neuropeptides
    共著
    発表者:Masayuki Hiramatsu
    第80回日本薬理学会年会 年会シンポジウム(名古屋)
    2007年03月
  • 〔研究会発表〕可塑的脳機能障害におけるニコチン性コリン作動性神経系の役割 −うつ病およびアルツハイマー病モデル動物におけるニコチンの効果およびニコチン性アセチルコリン受容体機能の機能変化 −
    共著
    共同発表者:新田淳美,野田幸裕,曾 南,毛利 彰宏,奥野友香,丹羽早苗,宮崎 雅之,Li-Bo, ZOU,伊東亜紀雄,岩田修永,西道隆臣,馬場章吾,渡辺美菜子,小島良二,三輪将也,鬼塚 文子,平松正行,鍋島俊隆
    第22回平成18年度喫煙科学研究財団研究会
    2007年07月
  • 〔学会発表〕ストレス負荷またはリポポリサッカライド(LPS)投与による学習・記憶障害モデルマウスに対するカテキンおよびベタインの効果
    共著
    共同発表者:平松正行,三輪将也,内田将吾,筧 裕介,岩田合郁
    第9回応用薬理シンポジウム
    2007年09月
  • 〔学会発表〕Nociceptin improves impairment of learning and memory mediated by MEK/ERK pathway
    共著
    共同発表者:Masaya Miwa, Syogo Uchida, Masayuki Hiramatsu
    Society for Neuroscience 37th Annual Meeting(San Diego)
    2007年11月
  • 〔プロシーディングス〕可塑的脳機能障害におけるニコチン性コリン作動性神経系の役割 −うつ病およびアルツハイマー病モデル動物におけるニコチンの効果およびニコチン性アセチルコリン受容体機能の機能変化 −
    共著
    共同発表者:新田淳美,野田幸裕,曾 南,毛利 彰宏,奥野友香,丹羽早苗,宮崎 雅之,Li-Bo, ZOU,伊東亜紀雄,岩田修永,西道隆臣,馬場章吾,渡辺 美菜子,小島良二,三輪将也,鬼塚文子,平松正行,鍋島俊隆
    平成18年度喫煙科学研究財団研究年報、p.229~p.234
    2007年
  • 〔学会発表〕薬学の放射(保健)化学が担うべき目標の視点に関する一考察
    共著
    共同発表者:西田幹夫,高橋郁子,平松正行,永松 正
    平成19年度日本薬学会東海支部例会(岐阜)
    2007年12月
  • 〔学会発表〕Effects of cilostazole on a mouse Alzheimer’s dementia model using β-amyloid peptide (25-35)
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu, Osanao Takiguchi and Hiromasa Mori
    Second Meeting of West European Societies of Biological Psychiatry (Strasbourg, France)
    2007年12月
  • 〔学会発表〕What is a goal of radio (-health) chemistry in the 6-year education program for pharmacy
    共著
    共同発表者:Ikuko Takahashi, Masayuki Hiramatsu, Tadashi Nagamatsu, Mikio Nishida :
    Pan-Pacific International Partnership Conference on Pharmaceutical and Life Sciences(The 4th US-Japan Joint Conference)(名古屋)
    2008年02月
  • 〔学会発表〕拘束水浸ストレスによる学習・記憶障害と関与するメカニズムについて
    共著
    共同発表者:高橋ゆか里,天野杏南,三輪将也、鍋島俊隆,平松正行
    第17回神経行動薬理若手研究者の集い(横浜)
    2008年03月
  • 〔学会発表〕リポポリサッカライドによる記憶障害及び炎症性マーカーの遺伝子発現に対するベタインの作用
    共著
    共同発表者:三輪将也,坪井美月,野口祐美子,鍋島俊隆,平松正行
    第81回日本薬理学会年会(横浜)
    2008年03月
  • 〔学会発表〕低用量ノシセプチンの海馬内投与による学習・記憶障害改善作用と細胞内情報伝達系の関与
    共著
    共同発表者:内田将吾,藤井久美,三輪将也,鍋島俊隆,平松正行
    第81回日本薬理学会年会(横浜)
    2008年03月
  • 〔学会発表〕Learning and memory impairment by water-immersion restraint stress and its underlying molecular mechanism
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu, Yukari Takahashi, Yusuke Kakehi, Anna Amano, Mio Kawamura, Masaya Miwa and Toshitaka Nabeshima
    International Symposium on Brain Development and Neuropsychiatric Disorders(名古屋)
    2008年09月
  • 〔学会発表〕Prenatal psychological stress causes anxiety and depression-like behavior and serotonin depletion in the prefrontal cortex
    共著
    共同発表者:Ping Lu , Takayoshi Mamiya, Akihiro Mouri, LingLing Lu, Masayuki Hiramatsu, Li-Bo Zou, Takashi Ikejima and Toshitaka Nabeshima
    International Symposium on Brain Development and Neuropsychiatric Disorders(名古屋)
    2008年09月
  • 〔学会発表〕Long-lasting effects of prenatal exposure to NMDA receptor antagonist, phencyclidine on behavior and drug-induced sensitivities in mice
    共著
    共同発表者:Lingling Lu, Takayoshi Mamiya, Akihiro Mouri, Ping Lu, Masayuki Hiramatsu, Li-Bo Zou and Toshitaka Nabeshima
    International Symposium on Brain Development and Neuropsychiatric Disorders(名古屋)
    2008年09月
  • 〔学会発表〕Nociceptin improves long-term memory impairment induced by a MEK inhibitor, but not a PKA inhibitor
    共著
    共同発表者:Masaya Miwa, Shogo Uchida, Fumika Horiba, Kumi Fujii, Toshitaka Nabeshima and Masayuki Hiramatsu
    International Symposium on Brain Development and Neuropsychiatric Disorders(名古屋)
    2008年09月
  • 〔学会発表〕Involvement of inflammatory cytokines in learning and memory impairment induced by water-immersion restraint stress
    共著
    共同発表者:Yukari Takahashi, Anna Amano, Mio Kawamura, Masaya Miwa, Toshitaka Nabeshima and Masayuki Hiramatsu
    International Symposium on Brain Development and Neuropsychiatric Disorders(名古屋)
    2008年09月
  • 〔学会発表〕Effect of cilostazol on learning and memory impairment induced by β-amyloid peptide (25-35) in mice
    共著
    共同発表者:Osanao Takiguchi, Shota Seki, Hiromasa Mori, Toshitaka Nabeshima and Masayuki Hiramatsu
    International Symposium on Brain Development and Neuropsychiatric Disorders(名古屋)
    2008年09月
  • 〔学会発表〕拘束水浸ストレス負荷による学習・記憶障害とグルタミン酸作動性神経系の関与およびサイトカイン遺伝子の発現変化
    共著
    共同発表者:平松正行、高橋ゆか里、川村美緒、鍋島俊隆
    第2回学術フロンティア推進事業研究報告会・第13回神経科学領域における分子モニタリングシンポジウム合同(名古屋)
    2009年01月
  • 〔研究会発表〕拘束水浸ストレスによって惹起される記憶障害とその機構
    共著
    共同発表者:三輪将也,天野杏南,川村美緒,鍋島俊隆,平松正行
    名城大学学術フロンティア事業第1回若手シンポジウム(名古屋)
    2009年03月
  • 〔学会発表〕拘束水浸ストレスによる学習・記憶障害における炎症性サイトカインの関与
    共著
    共同発表者:高橋ゆか里,天野杏南,川村美緒,三輪将也,鍋島俊隆,平松正行
    第82回日本薬理学会年会(横浜)
    2009年03月
  • 〔学会発表〕β-Amyloid protein (25-35) を用いたアルツハイマー型認知症モデルマウスに対するcilostazol の効果
    共著
    共同発表者:滝口修直,西山亜希,森 啓真,鍋島俊隆,平松正行
    第82回日本薬理学会年会(横浜)
    2009年03月
  • 〔学会発表〕ノシセプチン及びノシセプチン代謝物はMEK阻害薬による記憶障害をNOP受容体非依存的に改善する
    共著
    共同発表者:三輪将也,堀場史加,内田将吾,鍋島俊隆,平松正行
    第82回日本薬理学会年会(横浜)
    2009年03月
  • 〔学会発表〕Abnormal behavior and NMDA receptor in the postpubertal mice after prenatal exposure to phencyclidine
    共著
    共同発表者:Lingling Lu, Takayoshi Mamiya, Kazuya Toriumi, Akihiro Mouri, Ping Lu, Masayuki Hiramatsu, Li-Bo Zou, Toshitaka Nabeshima
    第115回日本薬理学会近畿部会(金沢)
    2009年06月
  • 〔学会発表〕拘束水浸ストレス負荷による記憶障害に対するベタインの作用
    共著
    共同発表者:三輪将也,川村美緒,高橋ゆか里,天野杏南,鍋島俊隆,平松正行
    第11回応用薬理シンポジウム(静岡)
    2009年09月
  • 〔学会発表〕Nociceptin and its metabolite improve U0126-induced memory impairment through NOP receptor independent mechanism
    共著
    共同発表者:Masaya Miwa, Fumika Horiba, Shogo Uchida, Toshitaka Nabeshima and Masayuki Hiramatsu
    Society for Neuroscience 38th Annual Meeting(Chicago)
    2009年10月
  • 〔学会発表〕Repeated administration of betaine or cate- chin prevents lipopolysaccharide-induced memory impairment in mice
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu, Aika Iwata, Mizuki Tsuboi and Masaya Miwa
    Society for Neuroscience 38th Annual Meeting(Chicago)
    2009年10月
  • 〔学会発表〕主体的な学びと学び合いを促し、問題解決能力を育成するための薬学型PBL支援システムの構築と学習効果
    共著
    共同発表者:大津史子,永松 正,灘井雅行,豊田行康,後藤伸之,平松正行,吉田 勉,小森由美子,長谷川洋一,亀井浩行,野田幸裕,森 健
    第5回医療系大学e-ラーニング全国交流会(福岡)
    2011年01月
  • 〔特別講演〕Involvement of proinflammatory cytokines and/or GAT2 in learning and memory impairment induced by water-immersion restraint stress
    共著
    長春大学 Chunchon, Korea
    2011年03月
  • 〔学会発表〕拘束水浸ストレス負荷による記憶障害に対するベタインの改善作用におけるGABA transporter2 (GAT2/BGT-1) の関与
    単著
    共同発表者:木下沙織,木戸 究,三輪将也,鍋島俊隆,平松正行
    第84回日本薬理学会年会(横浜)
    2011年03月
  • 〔学会発表〕統合型薬物治療学の基盤知識の構築のための教材開発と実践における問題点
    共著
    共同発表者:永松 正,大津史子,灘井雅行,野田幸裕,後藤伸之,森 健,長谷川洋一,平松正行,豊田行康,小森由美子,亀井浩行,飯田耕太郎,田口忠緒,吉田 勉
    日本薬学会第131年会(静岡)
    2011年03月
  • 〔学会発表〕拘束水浸ストレス負荷によるサイトカインおよび免疫細胞への影響
    共著
    共同発表者:武田 優,江島ちひろ,打矢惠一,平松正行,二改俊章
    日本薬学会第131年会(静岡)
    2011年03月
  • 〔学会発表〕グリシンベタインによる学習・記憶障害改善作用機序の解明
    共著
    共同発表者:平松正行、木下沙織、木戸 究、中島菜月、坪井純子、三輪将也、鍋島俊隆
    生体機能と創薬シンポジウム2011(東京)
    2011年09月
  • 〔研究会発表〕Effects of betaine on memory impairment
    共著
    グリーンバイオテクノロジー国際研究センターシンポジウム(名古屋)
    2011年10月
  • 〔学会発表〕Glycine betaine ameliorates homocysteine-mediated memory impairment, but not its metabolite dimethylglycine
    単著
    共同発表者:中島菜月,木下沙織,鍋島俊隆,平松正行
    第85回日本薬理学会年会(京都)
    2012年03月
  • 〔学会発表〕Protective effects of betaine on lipopolysaccharide-induced memory impairment in mice and the involvement of GABA transporter 2
    共著
    共同発表者:Masayuki Hiramatsu, Masaya Miwa, Mizuki Tsuboi, Yumiko Noguchi, Aoi Enokishima, Toshitaka Nabeshima
    28th World CINP Congress (Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologium)(Stokholm, Sweden)
    2012年06月
  • 〔学会発表〕Beneficial effect of betaine on water-immersion restraint stress- induced memory impairment: Involvement of GABAergic neuronal system
    共著
    共同発表者:國澤和生,坪井純子,小川麻子,春日井悠司,木戸 究,鍋島 俊隆,平松正行
    第35回日本神経科学大会(名古屋)
    2012年09月
  • 〔学会発表〕TC療法施行患者におけるアレルギー様症状発現後の対策と患者対応への取り組み
    共著
    共同発表者:杉本亜弥、桐山典子、椿井 朋、宮崎雅之、平松正行、毛利彰宏、山田清文、野田幸裕
    第22回日本医療薬学会年会(新潟)
    2012年10月
  • 〔学会発表〕コルチコステロン投与モデルマウスにおける適合溶質betaineの作用
    共著
    共同発表者:平松正行、松倉拓哉、山梨 航、鍋島利隆
    第22臨床精神薬理学会・第42回日本神経精神薬理学会合同年会(栃木)
    2012年10月
  • 〔学会発表〕Homocysteine投与により誘発される記憶障害に対するbetaineの緩解作用機序
    共著
    共同発表者:國澤和生、中島菜月、木下沙織、鍋島俊隆、平松正行
    第86回日本薬理学会年会(福岡)
    2013年03月
  • 〔学会発表〕胎児期の繰り返し心理的ストレスは成熟期の行動異常を引き起こす
    共著
    共同発表者:大橋玄季、鶴岡裕生、宮村美崇、古関竹直、毛利彰宏、平松正行、間宮隆吉、鍋島利隆
    第86回日本薬理学会年会(福岡)
    2013年03月
  • 〔学会発表〕拘束水浸ストレス後の記憶障害とマウス脳内における浸透圧トランスポーターとの関連性
    共著
    共同発表者:平松正行、小川麻子、春日井悠司、木戸 究、鍋島利隆
    第86回日本薬理学会年会(福岡)
    2013年03月
  • 〔学会発表〕名城大学薬学生による研究・大学活性化を目的とした活動報告 −第2回学生フォーラム開催の概要とその意義について−
    共著
    共同発表者:國澤和生、古関竹直、平 大樹、近藤啓太、岩田綾香、櫛田真由、中村瑠理、西本辰也、藤根和也、森下将輝、柳本真弥、平松正行、鍋島利隆、小嶋仲夫
    第133回日本薬学会年会(横浜)
    2013年03月

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2004年03月, 再生つばさの会 中部支部講演会「見近な薬との上手なつきあい方」講師
  • 2004年07月, 三重県立桑名高等学校「薬の作用と副作用:身近な薬に興味を持とう」講師
  • 2005年07月, 静岡県立掛川西高等学校「薬の作用と副作用:身近な薬に興味を持とう」講師
  • 2006年07月, 愛知県立尾北高校「薬学者からみた薬物乱用」講師
  • 2006年07月, 静岡県立掛川西高等学校「薬の作用と副作用:身近な薬に興味を持とう」講師
  • 2006年07月, 静岡県浜松市立高等学校「薬の作用と副作用:身近な薬に興味を持とう」講師
  • 2006年10月, 薬学部出前講義(名城大学交友会新潟支部: 薬の作用と副作用 身近なくすりに興味を持とう)
  • 2007年07月, 名城大学附属名城高等学校「薬の作用と副作用:身近な薬に興味を持とう」講師
  • 2007年07月, 愛知県立緑高等学校「薬の作用と副作用:身近な薬に興味を持とう」講師
  • 2007年08月, 平成19年度理科講座 高等学校観察・実験コース「体内での薬の一生を考えよう – 飲んだ薬はどうなるか –」コンパートメントモデル解析とは?,SPP事業高校教員研修担当
  • 2007年08月, 薬学部出前講義(名城大学校友会仙台支部: 薬の作用と副作用 身近なくすりに興味を持とう)講師
  • 2007年09月, 平成19年度名城大学Day「知の発信」:「身近な危険!酒、タバコ、薬物乱用」,実験講座担当
  • 2007年10月, 静岡県立浜松南高等学校 身近な薬に興味を持とう「薬の作用と副作用」講師
  • 2008年03月, 愛知県立松蔭高等学校:「薬剤師の仕事」講師
  • 2008年05月, 名城大学附属高等学校:「薬剤師の仕事」講師
  • 2008年06月, 岐阜県立多治見高等学校:「薬剤師を目指すみなさんへ」講師
  • 2008年06月, 愛知淑徳高等学校:「薬剤師を目指すみなさん」講師
  • 2008年07月, 私立南山高等学校男子部:「これからの薬剤師の使命とは」講師
  • 2008年10月, 薬学部出前講義(河合塾:薬学部を目指す受験生へ「薬の作用と副作用」身近な薬に興味を持とう)講師
  • 2008年10月, 静岡県立浜松南高等学校:「薬剤師の仕事」講師
  • 2008年11月, 私立名古屋高等学校:「薬剤師の仕事」講師
  • 2008年11月, 三重県立いなべ中学校:「薬剤師の仕事」講師
  • 2008年11月, SSH高大連携講座(名城大学附属高等学校:「記憶のあれこれ 〜脳とうまくつきあうには〜」)講師
  • 2009年07月, 薬学部出前講義(名城大学校友会石川県支部総会:身近な薬に興味を持とう,薬の作用と副作用)講師
  • 2009年09月, 薬学部出前講義(名城大学校友会山梨県支部,開設10周年記念支部総会講演会:身近な薬に興味を持とう −最近の話題から−)講師
  • 2009年11月, 時習館高校:「アルツハイマー病と記憶について」講師
  • 2009年11月, SSH高大連携講座(名城大学附属高等学校:「そうだ、薬剤師になろう! 〜生命科学者としての薬剤師〜」)講師
  • 2010年10月, くすりと健康の週間、特別講演会 「薬学からみた薬物乱用」(名古屋)
  • 2008年11月, 三重県立上野高等学校:「薬の作用と副作用 〜身近な薬に興味を持とう〜」講師
  • 2010年07月, 平成22年度高校生体験実験講習会研修担当(分担)「毎日の生活と放射線のかかわり −見てみよう,測ってみよう,あなたのまわりの放射線−」
  • 2011年06月, 薬学部出前講義(名城大学校友会仙台支部: 「認知症と記憶について」)(仙台)
  • 2011年07月, 平成23年度高校生体験実験講習会研修担当(分担)「毎日の生活と放射線のかかわり −見てみよう,測ってみよう,あなたのまわりの放射線−」
  • 2012年02月, 体験実験講習会研修担当(分担)「毎日の生活と放射線のかかわり −見てみよう,測ってみよう,あなたのまわりの放射線−」

その他の社会貢献業績(国際貢献、産業支援等)

  • 2008年01月, European Journal of Pharmacology, Editorial board メンバー


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.