教員情報

黒野 俊介
クロノ シュンスケ
薬学部 薬学科
教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    男性

大学院その他

  • 薬学研究科 薬学専攻, 准教授

学歴

  • 1988年03月, 名城大学, 薬学部, 薬学科, 卒業
  • 2001年11月,  

現在所属している学会

  • 日本病院薬剤師会会員
  • 愛知県病院薬剤師会会員

研究活動

研究分野

  • その他, 医療薬学

教育研究への取り組み・抱負

    1. 薬学6年生教育における効果的な学習方法の開発(1)事前学習における教育手法・資材の開発と評価(2)実務実習の効果的な運営に関わる手法・資材の開発と評価2. 服薬行動に関する研究(1)服薬能力に関する研究により、1.医療人としての自覚と使命感を持って患者のために尽くす薬剤師の育成2.人々の健康の維持・増進のために積極的に社会に貢献する職業的倫理感を備えた薬剤師の育成に貢献する。

学術論文

  • Effect of Kampo Prepareation, on Pharmacokinetics of Ciprofloxacin and Tetracycline.(査読付き論文)
    共著
    Masafumi OHNISHI, Kotaro HITOSHI, Miki KATOH, Masayuki NADAI, Fumie ABE, Shunsuke Kurono, Hiroko SAITO, Masayuki HANIUDA, Takaaki Hasegawa
    Biological and Pharmaceutical Bulletin
    36, 6, 1080, 1084
    2009年
  • 手術室サテライトファーマシーにおける薬剤師業務 -手術室での麻薬管理方法の確立ー(査読付き論文)
    共著
    大西正文、野々垣知行、坂井田法子、伊藤洋、小松徹、黒野俊介、斉藤寛子、長谷川高明.
    日病薬誌
    44, 11, 1650, 1653
    2008年
  • 手術室サテライトファーマシーにおける薬剤師業務第2報-医療安全における薬剤師の評価-(査読付き論文)
    共著
    大西正文、野々垣知行、坂井田法子、伊藤洋、小松徹、黒野俊介、斉藤寛子、長谷川高明
    日病薬誌
    45, 3, 361, 364
    2008年
  • 慢性心不全患者の服薬理解能力の低下:服薬能力判定試験(J-RACT)による検討(第4報)
    石川 里美;塩見 利明;黒野 俊介;岡田 啓;稲垣 員洋;西田 幹夫;前川 正人;小林 正
    臨床薬理
    一般社団法人 日本臨床薬理学会
    30, 1, 377, 378
    1999年01月
  • Mechanism of drug interaction between a Kampo medicine, byakkokaninjinto, and tetracycline in rats
    HITOSHI Kotaro;KATOH Miki;TANAKA Yoshiteru;KURONO Shunsuke;HOTTA Kazuo;SAITO Hiroko;HASEGAWA Takaaki;NADAI Masayuki
    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy
    18, 1, 75, 82
    2012年02月
  • 実務実習における学習の修得度と不安に関する薬学生の自己評価
    黒野 俊介;伊東 亜紀雄;長谷川 洋一
    医学教育 = Medical education
    日本医学教育学会
    43, 3, 193, 198
    2012年06月
  • 20-P3-484 テトラサイクリンおよびシプロフロキサシンの体内動態に及ぼす白虎加人参湯の影響(薬物動態(臨床),来るべき時代への道を拓く)
    等 浩太郎;大西 正文;黒野 俊介;斎藤 寛子;加藤 美紀;灘井 雅行;長谷川 高明
    日本医療薬学会年会講演要旨集
    日本医療薬学会
    18
    2008年09月
  • P1-564 長期実務実習に対する学生の不安に関する調査(一般演題 ポスター発表,薬学教育(実務実習),臨床から学び臨床へと還元する医療薬学)
    黒野 俊介;伊東 亜紀雄;野田 幸裕;森 健;岡本 光美;灘井 雅行;後藤 伸之;長谷川 洋一
    日本医療薬学会年会講演要旨集
    日本医療薬学会
    20
    2010年10月
  • P2-580 実務実習にむけた感染症対策(一般演題 ポスター発表,薬学教育(実務実習),臨床から学び臨床へと還元する医療薬学)
    小森 由美子;岡本 光美;田口 忠緒;黒野 俊介;長谷川 洋一
    日本医療薬学会年会講演要旨集
    日本医療薬学会
    20
    2010年10月
  • P-1214 学生の実務実習への心構え : 事前学習の修得度と実務実習に対して抱く学生の不安からの考察(一般演題 ポスター発表,薬学教育(実務実習),Enjoy Pharmacists' Lifestyles)
    黒野 俊介;伊東 亜紀雄;長谷川 洋一
    日本医療薬学会年会講演要旨集
    日本医療薬学会
    21
    2011年09月
  • P1-636 長期実務実習における患者イメージシートを用いた臨床判断技能評価の試み(薬学教育(実務実習),ポスター,一般演題,岐路に立つ医療〜千年紀の目覚め〜よみがえれ!ニッポン!薬の改革は我らが手で!)
    井上 裕貴;齋藤 譲一;平野 淳;山口 布沙;吉田 知由;佐藤 賛治;黒野 俊介;長谷川 洋一;高橋 朗;野村 敏治
    日本医療薬学会年会講演要旨集
    日本医療薬学会
    22
    2012年10月
  • P1-650 臨床判断能力を養うためのシミュレーターを用いた演習の成果(薬学教育(その他),ポスター,一般演題,岐路に立つ医療〜千年紀の目覚め〜よみがえれ!ニッポン!薬の改革は我らが手で!)
    黒野 俊介;伊東 亜紀雄;大津 史子;山田 重行;長谷川 洋一;永松 正
    日本医療薬学会年会講演要旨集
    日本医療薬学会
    22
    2012年10月
  • 土-6-S14-4 臨床判断能力向上のための共有プログラム : バーチャル症例からの学び方(ファーマシューティカルケアを目指したアドバンストPBL教育,シンポジウム14,再興、再考、創ろう最高の医療の未来)
    長谷川 洋一;大津 史子;後藤 伸之;黒野 俊介;伊東 亜紀雄;永松 正;早川 伸樹;脇田 康志;半谷 眞七子;藤崎 和彦;亀井 浩行;野田 幸裕;森 健;灘井 雅行;岡本 浩一
    日本医療薬学会年会講演要旨集
    日本医療薬学会
    23
    2013年08月
  • P0772-23-AM 抗アレルギー薬の眠気に関する使用上の注意の情報提供に関する考察(医薬品情報・データベース,ポスター,一般演題,医療薬学の進歩と未来-次の四半世紀に向けて-)
    明石 威徳;守屋 友加;黒野 俊介;伊東 亜紀雄;山田 重行;長谷川 洋一
    日本医療薬学会年会講演要旨集
    日本医療薬学会
    25
    2015年10月
  • P1349-22-PM 現行の実務実習の枠組みと基本的資質の到達度に関する薬学生の自己評価の関連(薬学教育(実務実習),ポスター発表,一般演題,医療薬学の進歩と未来-次の四半世紀に向けて-)
    黒野 俊介;守屋 友加;伊東 亜紀雄;山田 重行;長谷川 洋一
    日本医療薬学会年会講演要旨集
    日本医療薬学会
    25
    2015年10月
  • Effect of a Kampo Preparation, Byakkokaninjinto, on Pharmacokinetics of Ciprofloxacin and Tetracycline
    Ohnishi Masafumi;Hitoshi Kotaro;Katoh Miki;Nadai Masayuki;Abe Fumie;Kurono Shunsuke;Saito Hiroko;Haniuda Masayuki;Hasegawa Takaaki
    Biological & Pharmaceutical Bulletin
    公益社団法人 日本薬学会
    32, 6, 1080, 1084
    2009年
  • テトラサイクリンおよびシプロフロキサシンの体内動態に及ぼす白虎加人参湯の影響
    等 浩太郎;大西 正文;黒野 俊介;斎藤 寛子;加藤 美紀;灘井 雅行;長谷川 高明
    日本薬物動態学会年会講演要旨集
    日本薬物動態学会
    23, 0, 322, 322
    2008年
  • 高機能患者シミュレータの薬学教育への応用:-交感神経作動薬による循環器系バイタルサインの変動-
    木村 麻里;黒野 俊介;水野 智博;伊東 亜紀雄;長谷川 洋一;大津 史子;後藤 伸之;永松 正
    医療薬学
    一般社団法人日本医療薬学会
    41, 2, 98, 107
    2015年
  • 高機能患者シミュレータのソフトウェア搭載PCを用いた喘息患者におけるプロプラノロールの有害作用のシミュレーション演習
    永松 正;高木 有菜;黒野 俊介;川村 智子;大津 史子;後藤 伸之;水野 智博
    薬学教育
    日本薬学教育学会
    1, 0
    2017年

講演・口頭発表等

  • (学会発表)Anxiety of Students Facing Advanced Practical Experiences
    分担執筆
    Shunsuke K, Akio I, Shigeyuki Y, Yukihiro N, Takeshi M, Mitsuyoshi O, Masayuki N, Nobuyuki G, Yoichi H
    The 11th Asian Conference on Clinical Pharmacy
    2011年06月25日

その他の研究業績

  • (学会発表)服薬能力判定試験(Japanese Regime Adherence capacity Tests: J-RACT)を用いた服薬理解能力の評価(3施設による比較)
    共著
    黒野俊介,長芝計代,勝野晋哉, 浅井憲和,江尻春樹, 高津弘基,吉川秀夫,長谷川高明
    第70回記念日本循環器学会総会・学術集会(名古屋)
    2006年03月

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2005年03月, 愛知県病院薬剤師会尾張中地区薬剤業務研究会において、「多施設共同による服薬能力判定試験 Japanese Regimen Adherence Capacity Tests: J-RACTを用いた服薬理解能力の評価の講師を務める。
  • 2006年06月, 愛知医科大学で研修医を対象として「麻薬取り扱い」についての講師を務める。
  • 2006年07月, 新任薬剤師研修会で「調剤」についての講師を務める。
  • 2006年12月, 愛知医科大学医学部の総合医学1「睡眠障害」にて「睡眠障害に用いられる薬剤」についての講師を務める。
  • 2007年05月, 愛知医科大学医学部にて「催眠鎮静薬」についての講師を務める。
  • 2007年06月, 愛知医科大学病院看護助手の研修会で「麻薬取り扱い」についての講師を務める。
  • 2007年12月, 愛知医科大学医学部の総合医学1「睡眠障害」にて「睡眠障害に用いられる薬剤」についての講師を務める。
  • 2008年04月, 名城大学薬学部で実務実習事前講義・演習において「薬品管理」についての講師を務める。
  • 2008年06月, 愛知医科大学医学部にて「催眠鎮静薬」についての講師を務める。
  • 2008年06月, 愛知医科大学で研修医を対象として「麻薬取り扱い」についての講師を務める。
  • 2008年12月, 愛知医科大学医学部の総合医学1「睡眠障害」にて「睡眠障害に用いられる薬剤」についての講師を務める。
  • 2009年05月, 愛知医科大学医学部にて「催眠鎮静薬」についての講師を務める。
  • 2009年12月, 愛知医科大学医学部の総合医学1「睡眠障害」にて「睡眠障害に用いられる薬剤」についての講師を務める。
  • 2010年01月, 愛知医科大学病院ICU看護師の研修会で「麻薬取り扱い」についての講師を務める。


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.