教員情報

板橋 一雄
イタバシ カズオ
理工学部 社会基盤デザイン工学科
教授
Last Updated :2020/10/28

基本情報

プロフィール

    男性

職歴

  • 1988年04月, 名城大学, 理工学部, 教授
  • 2003年04月, 2009年03月, 名城大学, 入学センター, センター長(理工学部教授併任)
  • 2009年04月, 2016年03月, 名城大学, 法人, 常勤理事

受賞学術賞

  • 2011年06月
    公益社団法人 地盤工学会
    論文賞(和文部門)
    受賞業績「河川堤防砂礫の変形・強度特性の評価手法に関する考察」
  • 2006年04月
    公益社団法人 地盤工学会
    功労章

研究活動

研究分野

  • 地盤工学, 社会基盤(土木・建築・防災), 地盤工学, 地盤工学

研究キーワード

  • 土質力学
  • 地盤工学

著書

  • ジオテクノート15 濃尾平野の地盤―沖積層を中心に-
    地盤工学会

学術論文

  • 河川堤防砂礫の変形・強度特性の評価手法に関する考察(査読付)
    共著
    小高 猛司,板橋 一雄,中島 康介,牧田 祐輝,李 圭太,上村 俊英,坪田 邦治,加藤 雅也
    地盤工学ジャーナル
    地盤工学会
    5, 2
    193-205
    2010年06月
  • 粒子形状に関する視覚的印象図のフラクタル解析と形状パラメーターの比較(査読付)
    共著
    板橋一雄,松尾稔,内藤充則,森隆
    地盤工学会論文報告集
    地盤工学会
    44, 1
    143-156
    2004年03月
  • 均一な粗粒材料の粒子形状評価と重点特性(査読付)
    共著
    板橋一雄,松尾稔,内藤充則,森隆
    地盤工学会論文報告集
    地盤工学会
    43, 1
    115-127
    2003年03月

科研費等外部資金

  • 2008
    日本学術振興会
    科研費 基盤研究C
    河川堤防の合理的構造検討に向けた礫混じり堤体材料の力学特性の再評価
    2008年04月, 2011年03月
    板橋一雄
  • 2002
    日本学術振興会
    科研費 萌芽研究
    粒子形状の異なる粗粒土質材料の充填特性と壁効果を考慮した新たな相対密度の提案
    2002年04月, 2005年03月
    板橋一雄
  • 1997
    日本学術振興会
    科研費 萌芽的研究
    沖積層の形成過程・環境を考慮した地盤の非均質性の評価
    1997年04月, 2000年03月
    板橋一雄
  • 1991
    日本学術振興会
    科研費 一般研究(C)
    地盤堆積構造のモデル化とその工学的利用
    1991年04月, 1993年03月
    板橋一雄


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.