教員情報

田村 廣人
タムラ ヒロト
農学部 生物環境科学科
教授
Last Updated :2019/02/21

基本情報

プロフィール

    男性

大学院その他

  • 農学研究科 農学専攻, 教授

学歴

  • 1981年03月, 九州大学大学院, 農学研究科, 修士課程, 修了
  • 1986年10月,  

研究活動

研究分野

  • その他, 環境微生物学、環境化学

教育研究への取り組み・抱負

    <取組む研究テーマ>1)再生可能エネルギーの創製技術(GETシステム)の確立2)リボソームタンパク質を指標とした微生物、食中毒菌の迅速同定法の確立3)廃棄物を資源とした細菌を利活用したバイオリファイナリー技術の確立4)アンドロゲンおよびグルココルチコイド受容体を介する情報伝達物質の探索研究

学術論文

  • Classification of Genus Bacillus Based on MALDI-TOF MS Analysis of Ribosomal Proteins coded in S10 and spc operons
    共著
    Hotta,Y., K. Teramoto, H. Sato, H. Yoshikawa, A. Hosoda, H.Tamura
    J.Agric.Food Chem.
    59, 5222, 5230
    2011年
  • Effect of essential oils, such as raspberry ketone and itsderivatives,on antiandrogenic activity based on in vitro reporter gene assay.
    共著
    Ogawa,Y., M. Akamatsu,Y. Hotta, A. Hosoda, H.Tamura
    Bioorg. Med. Chem. Let.
    20, 2111, 2114
    2010年
  • An effective synthesis of 5,4'-disubstituted flavones via a cesium enolate assisted intramolecular ipso-substitution reaction
    共著
    Matsugi, M., M. Takeda, A.Takahashi, T. Tazaki, H.Tamura, T. Shioiri
    Chem Pharm Bull.
    58, 1107, 1110
    2010年
  • Ecotoxicity by the Biodegradation of Alkylphenol Polyethoxy Depends on the Effect of Trace Element
    共著
    Hotta,Y., A. Hosoda, F. Sano, M. Wakayama, K. Niwa, H. Yoshikawa, H.Tamura
    J.Agric.Food Chem
    58, 1062, 1067
    2010年
  • Octylphenol polyethoxylates degrading bacterial diversity in the river sediments and the enrichment cultures as revealed by 16S rRNA and adhl-gene molecular analysis
    共著
    Hosoda, A., Y. Hotta, T. Isoi, S. Amao, A. Ito, K. Ueno, H. Yoshikawa, H.Tamura
    J. Pestic. Sci.
    35, 470, 478
    2010年

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2005年, 高大連携講座「人間を創る」講師担当
  • 2005年, 名城大学DAY「知って得するためになる」講師
  • 2007年, 名古屋経済大学附属高蔵高等学校模擬授業
  • 2008年, 名古屋市立緑高等学校模擬授業
  • 2009年, 名古屋経済大学高蔵高等学校


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.