津呂 正人 ツロ マサト

■所属
農学部 生物資源学科
■職名
教授
■メールアドレス
tsuromeijo-u.ac.jp
■生年月日
1969/08/12
■性別
男性

基本情報

大学院その他

  • 農学研究科 農学専攻 教授

学歴

  • 2000/03 京都府立大学大学院 農学研究科 農学専攻博士課程 修了
  • 2000/03- 

職歴

2000年04月-2002年12月 京都府農業資源研究センター
2003年01月-2005年03月 日本学術振興会 特別研究員特別研究員
2005年04月-2007年03月 名城大学農学部生物資源学科講師
2009年04月-名城大学農学部生物資源学科准教授
2015年04月-名城大学 農学部 生物資源学科教授

現在所属している学会

  • 日本育種学会
  • 日本園芸学会
  • 日本生物環境工学会
  • 園芸学会
  • 人間・植物関係学会
  • 国際園芸学会
  • 日本味と匂学会

学会

  • 1993年10月 - 日本育種学会 会員
  • 2001年01月 - 園芸学会 会員
  • 2002年01月 - 日本生物環境調節学会 会員
  • 2009年04月 - 人間・植物関係学会 会員
  • 2009年08月 - 国際園芸学会 会員
  • 2017年04月 - 日本味と匂学会

委員歴(学外)

2013年03月27日-2015年03月31日 犬山農商工連携推進研究会 アドバイザー
2013年04月01日-園芸学会東海支部 評議員・会計幹事

研究活動

研究分野

  • 園芸学・造園学 / 園芸食品
  • 育種学 / 作物育種

教育研究への取り組み・抱負

  • ・板書を多用し、「書く授業」を大切にしている。・新知見を積極的に採用し、より新たな知見の探究をスピード感をもって対応できるように研究に取り組んでいる。
    ・レポート採点の際、ポートフォリオ評価を導入し、自身の弱点を早い段階から気づかせるように取り組んでいる。

学術論文

  • タイトル : Comparative effect of different types of cytokinin for shoot formation and plant regeneration in leaf-derived callus of lavender (Lavandula vera DC).(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 81331 - 336
    出版年月 : 1999年
  • タイトル : Efficient plant regeneration from multiple shoots formed in leaf-derived callus of Lavandula vera, using the 'open culture system'.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 8681 - 88
    出版年月 : 2000年
  • タイトル : Variation in essential oil components in regenerated lavender (Lavandula vera DC) plants.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 88309 - 317
    出版年月 : 2001年
  • タイトル : ラバンジン葉カルス由来再分化個体における精油成分の変異
    担当区分 : 共著
    著者 : 津呂正人,中村祥子,三浦慎一郎,清水千枝,柏倉 真,井上雅好
    誌名 : 園芸学会雑誌
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 73(3) : 272 - 279
    出版年月 : 2004年06月
  • タイトル : Agrobacterium rhizogenes is a useful transporter for introducing T-DNA of the binary plasmid into the chrysanthemun, Dendranthema grandiflorum (Ramat.) Kitamura, genome
    担当区分 : 共著
    著者 : 久保 崇,津呂正人,静川幸明,竹本哲行,稲葉幸司
    誌名 : Plant Cell, Tissue and Organ Culture
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 81175 - 181
    出版年月 : 2005年05月
  • タイトル : Morphological and physiological changes in transgenic Chrysanthemum morifolium Ramat. ‘Ogura-nishiki’ with rol-C
    担当区分 : 共著
    著者 : 久保 崇,津呂正人,月森敦之,静川幸明,竹本哲行,稲葉幸司
    誌名 : Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 75312 - 317
    出版年月 : 2006年08月
  • タイトル : QTL analysis for resistance to Phytophthora capsici in pepper using a high density SSR linkage map.
    担当区分 : 共著
    著者 : 南山泰宏,津呂正人,久保 崇,平井正志
    誌名 : Breeding Science
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 57129 - 134
    出版年月 : 2007年06月
  • タイトル : 日本産トウガラシにおける青枯病抵抗性に関するQTL解析
    担当区分 : 共著
    著者 : 津呂正人,南山泰宏,平井正志
    誌名 : 育種学研究
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 9印刷中 -
    出版年月 : 2007年09月
  • タイトル : Mapping of QTLs controlling root shape and red pigmentation in radish, Raphanus sativus L.
    担当区分 : 共著
    著者 : 津呂正人,諏訪部圭太,久保中央,松本 哲,平井正志
    誌名 : Breeding Science
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 58(1) : 55 - 61
    出版年月 : 2008年03月
  • タイトル : Efficient genetic transformation in lavandin using Agrobacterium rhizogenes as vector
    担当区分 : 共著
    著者 : 津呂正人,池戸宏行,加藤宏恵
    誌名 : Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 78(2) : 236 - 241
    出版年月 : 2009年09月
  • タイトル : QTL mapping of clubroot resistance in radish (Raphanus sativus L.). Theoretical and Applied Genetics (in press)
    担当区分 : 共著
    著者 : 亀井章人,津呂正人,久保中央,林 健,Ning Wang,藤村達人,平井正志
    誌名 : Theoretical and Applied Genetics
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 1201021 - 1027
    出版年月 : 2010年12月
  • タイトル : Development of genomic and EST-SSR markers in radish (Raphanus sativus L.).(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : 中辻諒一,橋田友子,松本直子,津呂正人,久保中央,平井正志
    誌名 : Breeding Science
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 61413 - 419
    出版年月 : 2011年04月
  • タイトル : Changes in morphological phenotypes and essential oil components in lavandin (Lavandula X intermedia Emeric Ex Loisel.) transformed with wild-type Agrobacterium rhizogenes
    担当区分 : 共著
    著者 : 津呂正人,池戸宏行
    誌名 : Scientia Horticulturae
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 130647 - 652
    出版年月 : 2011年09月
  • タイトル : In vitro evaluation of small RNA accumulation in chrysanthemum mediated by chrysanthemum stunt viroid.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : 津呂正人、佐久間敦子,三野真布
    誌名 : Environmental Control in Biology
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : (51) : 95 - 98
    出版年月 : 2013年06月
  • タイトル : Improving the Chrysanthemum stunt viroid (CSVd) resistance of chrysanthemum.
    著者 : Hiromi Takino, Misako Furuya, Sumiko Yamamoto, Atsuko Sakuma, Masato Tsuro, Tatsuya Yanagimoto, Yoshikazu Tanaka and Masanobu Mino
    誌名 : Journal of Crop Research 60: 13-17.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 6013 - 17
    出版年月 : 2015年04月
  • タイトル : ラベンダーにおけるSSRマーカーの開発と連鎖地図の作成.
    担当区分 : 共著
    著者 : 南山泰宏・多和田美咲・山田明音・津呂正人
    誌名 : 名城大学農学部 学術報告
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 5211 - 16
    出版年月 : 2016年04月

教育活動

学部

  • 2017年度 植物細胞工学

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2008年04月 出前講義 講師(名城大学附属高等学校)
  • 2009年03月 COP10キャラバンセミナー 講師(豊明市民会館)
  • 2009年12月 出前講義 講師(三重県立四日市西高等学校)
  • 2010年10月 出前講義 講師(愛知県立岩倉総合高等学校)
  • 2011年03月 出前講義 講師(愛知県立小坂井高等学校)
  • 2011年11月 出前講義 講師(愛知県立岩倉総合高等学校)

その他の社会貢献業績(国際貢献、産業支援等)

  • 2005年04月 - 2006年03月 名城大学外国人招聘研究員受け入れ


ページのTOPへ