教員情報

塚越 啓央
ツカゴシ ヒロナカ
農学部 生物資源学科
准教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    男性

学歴

  • 1997年04月, 2001年03月, 名古屋大学, 農学部, 応用生物科学科
  • 2001年04月, 2003年03月, 名古屋大学大学院, 生命農学研究科, 生物機構機能科学専攻 博士前期課程修了, 農学修士
  • 2003年04月, 2006年07月, 名古屋大学大学院, 生命農学研究科, 生物機構機能科学専攻 博士後期課程, 博士(農学)

職歴

  • 2005年04月, 2006年07月, 名古屋大学大学院, 生命農学研究科, 日本学術振興会特別研究員 DC2
  • 2006年08月, 2007年03月, 名古屋大学大学院, 生命農学研究科, 日本学術振興会特別研究員 PD, DC2から資格変更
  • 2007年04月, 2010年03月, Duke university (USA), 特別研究員(ポスドク)
  • 2010年04月, 2011年03月, Duke university (USA), 日本学術振興会海外特別研究員
  • 2011年04月, 2012年11月, 名古屋大学, 高等研究院, YLC特任助教
  • 2011年04月, 2012年11月, 名古屋大学大学院, 生命農学研究科, 特任助教, 兼務
  • 2012年10月, 2016年03月, 独立行政法人科学技術振興機構, さきがけ研究者, 兼務
  • 2012年12月, 2013年02月, 名古屋大学, PhD登龍門推進室設立準備室, 特任講師
  • 2012年12月, 2014年07月, 名古屋大学大学院, 生命農学研究科, 特任講師, 兼務
  • 2013年03月, 2016年03月, 名古屋大学, PhD登龍門推進室, 特任講師
  • 2014年08月, 2016年03月, 名古屋大学大学院生命理学研究科, 遺伝子実験施設, 特任講師, 兼務
  • 2016年04月, 名城大学, 農学部, 准教授

現在所属している学会

  • 日本植物生理学会
  • 日本植物学会
  • 日本育種学会
  • 日本農芸化学会

研究活動

研究分野

  • 植物分子生物・生理学, 植物分子遺伝学 転写ネットワーク 発生・発達

学術論文

  • In vitro Protein-DNA Binding Assay (AlphaScreen® Technology)
    共著
    Mika Nomoto, Yasuomi Tada*, Hironaka Tsukagoshi*
    bio-protocol
    9, 3, e3155
    2019年02月05日
  • MYB30 links ROS signaling, root cell elongation, and plant immune responses.
    共著
    Mabuchi K, Maki H, Itaya T, Suzuki T, Nomoto M, Sakaoka S, Morikami A, Higashiyama T, Tada Y, Busch W, Tsukagoshi H.
    Proc Natl Acad Sci U S A
    2018年
  • MYB30 Regulates Root Cell Elongation under Abscisic Acid Signaling 
    共著
    Sakaoka S, Mabuchi K, Morikami A, *Tsukagoshi H 
    Communicative & Integrative Biology
    2018年
  • Mesembryanthemum crystallinum sodium transporter McHKT2 provides salt stress tolerance in Arabidopsis thaliana
    共著
    T. Nishijima, M. Furuhashi, S. Sakaoka, A. Morikami, H. Tsukagoshi
    Biosci. Biotech. Biochem.
    81, 11, 2139, 2144
    2017年
  • Control of root growth and development by reactive oxygen species.
    単著
    H. Tsukagohsi.
    Curr.Opin.Plant Biol.
    29, 57, 63
    2016年02月
  • RNA-Seq Analysis of the Response of the Halophyte, Mesembryanthemum crystallinum (Ice Plant) to High Salinity.
    共著
    H. Tsukagoshi, T. Suzuki, K. Nishikawa, S. Agarie, S. Ishiguro, T. Higashiyama.
    PLoS One
    10, e0118339
    2015年02月
  • Wound-induced expression of DEFECTIVE IN ANTHER DEHISCENCE1 and DAD1-like lipase genes is mediated by both CORONATINE INSENSITIVE1-dependent and independent pathways in Arabidopsis thaliana.
    共著
    Ruduś I, Terai H, Shimizu T, Kojima H, Hattori K, Nishimori Y, Tsukagoshi H, Kamiya Y, Seo M, Nakamura K, Kępczyński J, Ishiguro S.
    Plant Cell Rep.
    33, 849, 860
    2014年06月
  • Defective root growth triggered by oxidative stress is controlled through the expression of cell cycle-related genes.
    単著
    H.Tsukagoshi
    Plant Sci.
    197, 30, 39
    2012年12月
  • 植物の根のサイズ決定に関わる分子メカニズム
    単著
    塚越啓央
    化学と生物
    50, 225, 261
    2012年04月
  • The novel transcription factor, POPEYE, regulates response to iron deficiency in Arabidopsis roots.
    共著
    Long TA, Tsukagoshi H, Busch W, Lahner B, Salt DE, Benfey PN.
    Plant Cell
    22, 2219, 2236
    2011年
  • Transcriptional regulation of ROS controls transition from proliferation to differentiation in the root.
    共著
    Tsukagoshi H, Busch W, Benfey PN.
    Cell
    143, 606, 616
    2011年
  • 根端において細胞分裂から細胞分化への移行を制御する新規の転写因子UPB1
    単著
    塚越啓央
    ライフサイエンス新着論文レビュー
    2011年
  • Cell identity regulators link development and stress responses in the Arabidopsis root.
    共著
    Iyer-Pascuzzi AS, Jackson T, Cui H, Petricka JJ, Busch W, Tsukagoshi H, Benfey PN.
    Developmental Cell
    21, 770, 782
    2011年
  • An AP2-type transcription factor, WRINKLED1, of Arabidopsis thaliana binds to the AW-box sequence conserved among proximal upstream regions of genes involved in fatty acid synthesis.
    共著
    Maeo K, Tokuda T, Ayame A, Kawai T, Tsukagoshi H, Ishiguro S, Nakamura K.
    Plant J.
    60, 476, 487
    2009年
  • Two B3 domain transcriptional repressors prevent sugar-inducible expression of seed maturation genes in Arabidopsis seedlings.
    共著
    Tsukagoshi H, Morikami A, Nakamura K.
    Proc. Natl. Acad. Sci. USA
    104, 2543, 2547
    2007年
  • B3-EAR転写抑制因子による発芽後の種子成熟プログラムの抑制
    共著
    塚越啓央、中村研三
    化学と生物
    45, 742, 743
    2007年
  • An oncoprotein from the plant pathogen Agrobacterium has histone chaperon-like activity.
    共著
    Terakura S, Ueno Y, Tagami H, Kitakura S, Machida C, Wabiko H, Aiba H, Otten L, Tsukagoshi H, Nakamura K, Machida Y
    Plant Cell
    9, 2855, 2865
    2007年
  • Transcription factors for sugar-inducible genes.
    共著
    Morikami A, Masaki M, Tsukagoshi H, Mitsui N, Maeo K, Nakamura K.
    Plant Biotech.
    43, 371, 378
    2006年
  • Activator of Spomin::LUC/ WRINKLED1 of Arabidopsis thaliana transactivates sugar-inducible promoters.
    共著
    Masaki T, Mitsui N, Tsukagoshi H, Nishii T, Morikami A, Nakamura K.
    Plant Cell Physiol.
    46, 547, 556
    2005年
  • Experimental determination of proline hydroxylation and hydroxyproline arabinogalactosylation motifs in secretory protein.
    共著
    Shimizu M, Igasaki T, Yamada M, Yuasa K, Hasegawa J, Kato T, Tsukagoshi H, Nakamura K, Fukuda H, Matsuoka K.
    Plant J.
    42, 877, 889
    2005年
  • Analysis of sugar response mutant of Arabidopsis identified a novel B3 domain protein that functions as an active transcriptional repressor.
    共著
    Tsukagoshi H, Saijo T, Shibata D, Morikami A, Nakamura K.
    Plant Physiol.
    138, 675, 685
    2005年
  • Activation tagging of a gene for a protein with novel class of CCT-domain activates expression of a subset of sugar-inducible genes in Arabidopsis thaliana.
    共著
    Masaki M, Tsukagoshi H, Mitsui N, Nishii T, Hattori T, Morikami A, Nakamura K.
    Plant J.
    43, 142, 152
    2005年
  • 植物の糖シグナル応答機構
    共著
    塚越啓央、中村研三
    蛋白質核酸酵素
    48, 1998, 2005
    2003年

講演・口頭発表等

  • A novel sugar signaling mutant of Arabidopsis thaliana, hsi2.
    共著
    Tsukagoshi H, Shibata D, Morikami A, Nakamura K.
    The 7th International Congress of Plant Molecular Biology
    2003年
  • Two B3 domain-EAR motif transcriptional repressors are essential to repress embryonic program after seed germination in Arabidopsis thaliana.
    共著
    Tsukagoshi H, Morikami A, Nakamura K.
    The 8th International Congress of Plant Molecular Biology,
    2006年
  • Characterization of a novel root cell elongation regulator, UP BEAT1.
    共著
    Tsukagoshi H, Brady S, Benfey P.N.
    The 19th International Conference on Arabidopsis Research (ICAR)
    2008年
  • Analyzing a novel root cell elongation regulator, UP BEAT1.
    共著
    Tsukagoshi H, Brady S, Benfey P.N.
    The 20th International Conference on Arabidopsis Research (ICAR)
    2009年
  • A novel transcription factor UPBEAT1 controls the transition from proliferation to differentiation in the root via ROS signaling.
    共著
    Tsukagoshi H, Busch W, Benfey P.N.
    The 21th International Conference on Arabidopsis Research (ICAR)
    2010年
  • The novel transcription factor, POPEYE, regulates response to iron deficiency in Arabidopsis roots.
    共著
    Long T.A, Busch W, Tsukagoshi H, Lahner B, Salt E.D, Benfey P.N.
    American Society of Plant Biologist, Plant Biology 2010
    2010年
  • Cell identity is buffered against environmental change in the Arabidopsis root.
    共著
    Iyer-Pascuzzi A, Jackson T, Tsukagoshi H, Benfey P,N.
    American Society of Plant Biologist, Plant Biology 2010
    2010年
  • Analysis of the ROS signaling that affects the root growth.
    共著
    Tsukagoshi H, Busch W, Benfey P.N.
    The 23th International Conference on Arabidopsis Research (ICAR)
    2012年
  • A ROS responsible transcription factor regulates root growth via ABA signaling.
    共著
    Mabuchi K, Busch W, Ishiguro S, Benfey P.N, Tsukagoshi H.
    The 24th International Conference on Arabidopsis Research (ICAR)
    2013年
  • Two B3 domain-EAR motif transcriptional repressors are essential to repress embryonic program after seed germination in Arabidopsis.
    共著
    Tsukagoshi H, Morikami A, Nakamura K.
    The 4th annual Technology Roundtable
    2013年
  • A ROS responsible TF regulates root growth by directly controlling expression of novel protein that modulates cell length.
    共著
    Mabuchi K, Suzuki T, Nomoto M, Tada Y, Ishiguro S, Busch W, Higashiyama T, Benfey PN, Tsukagoshi H.
    The 25th International Conference on Arabidopsis Research (ICAR)
    2014年
  • Reciprocal regulation between salicylate- and jasmonate-responsive transcription factors in plant immunity.
    共著
    Nomoto M, Tsukagoshi H, Mori T, Suzuki T, Skelly M, Matsushita T, Yamamoto Y, Higashiyama T, Spoel S, Tada Y.
    The 26th International Conference on Arabidopsis Research (ICAR)
    2015年
  • A ROS responsible TF regulates root growth by directly controlling expression of novel protein that modulates cell length.
    共著
    Mabuchi K, Maki H, Suzuki T, Nomoto M, Busch W, Higashiyama T, Benfey PN, Tada Y, Tsukagoshi H.
    The 26th International Conference on Arabidopsis Research (ICAR),
    2015年
  • Regulation of root cell elongation by a transcription factor, which acts under signal of the ROS.
    共著
    Tsukagoshi H, Mabuchi K, Maki H, Suzuki T, Itaya T, Nomoto M, Sakaoka S, Morikami A, Higashiyama T, Tada Y, Busch W.
    The 28th International Conference on Arabidopsis Research (ICAR)
    2017年
  • 植物根端の細胞分裂から細胞分化への移行を調節する転写因子UPBEAT1の解析.(招待)
    共著
    Tsukagoshi H, Busch W, Benfey PN.
    奈良先端大学GCOEセミナー
    2011年
  • UPB1, which controls transition from proliferation to differentiation in the root via ROS.(招待)
    共著
    Tsukagoshi H, Busch W, Benfey PN.
    理化学研究所 植物科学研究センターセミナー
    2011年
  • 植物根端の細胞分裂から細胞分化への移行を調節する転写因子UP BEAT1の解析.(招待)
    共著
    Tsukagoshi H, Busch W, Benfey PN.
    岡田学術創成研究費 阿蘇フロンティアサミットシンポジウム、植物の形作りの明日を語る
    2011年
  • 植物根端における細胞分裂から分化への移行を制御する新奇転写因子UP BEAT1.(招待)
    共著
    Tsukagoshi H, Busch W, Benfey PN.
    日本植物学会第75回大会 シンポジウム「根の発生の分子機構」
    2011年
  • UPB1, which controls transition from proliferation to differentiation in the root tip.(招待)
    Tsukagoshi H.
    International Symposium, Strategies of Plants against Global Environmental Change
    2011年
  • Transcription network controls transition from proliferation to differetiation in the root via ROS.
    共著
    塚越啓央、馬渕果穂、Busch W, Benfey PN.
    第55回日本植物生理学会年会、シンポジウム「New frontiers in the root development biology」(オーガナイザー)
    2014年
  • ROSによる植物の根の生長を制御する細胞機能転換転写ネットワーク.(招待)
    単著
    塚越啓央
    日本農芸化学会 関西支部例会 (第485回講演会)
    2014年
  • 活性酸素種による新奇な植物根の細胞機能転換制御機構.(招待)
    共著
    塚越啓央、馬渕果穂、鈴木孝征、野元美香、Busch W、多田安臣、東山哲也、Benfey PN.
    日本植物学会第78回大会 シンポジウム「発生ロジックをもたらすシグナル分子群」
    2014年
  • 活性酸素種による植物の根の成長制御機構.(招待)
    共著
    塚越啓央、馬渕果穂、鈴木孝征、野元美香、Busch W、多田安臣、東山哲也、Benfey PN.
    日本遺伝学会 第86回大会 ワークショップ 「植物レドックス研究の最近のトピック」
    2014年
  • Root development that is regulated by new signal, ROS.(採択)
    共著
    Tsukagoshi H, Nomoto M, Busch W, Benfey PN, Tada Y, Mabuchi K.
    第38回内藤コンファレンス 「生物システムの物質的基盤」
    2014年
  • The regulation mechanism of root development by ROS.(招待)
    Tsukagoshi H.
    第12回日仏植物科学ワークショップ「植物の環境応答」
    2014年
  • The regulation mechanism of root development by ROS.
    共著
    Tsukagoshi H、Mabuchi K、Maki H, Suzuki T, Nomoto M, Busch W, Benfey PN, Higashiyama T, Tada Y.
    第56回日本植物生理学会年会、シンポジウム「Molecular message from the under ground」(オーガナイザー)
    2015年
  • Control of root growth by the transcription factors, which act as regulator under signal of the reactive oxygen species.(招待)
    Tsukagoshi H.
    Plant Oxygen Group 2017
    2017年

外部資金

  • 2017
    日本学術振興会
    科研費:若手研究(B)
    植物細胞の成熟への転換をつかさどる転写メカニズムの分子イメージング
    2017年04月, 2019年03月
    塚越啓央
  • 2016
    日本学術振興会
    科研費:新学術領域研究(研究領域提案型) 「発生ロジック」公募
    ROS応答性転写因子による新たな根の成長制御メカニズム
    2016年04月, 2018年03月
    塚越啓央
  • 2014
    日本学術振興会
    科研費:若手研究(B)
    アイスプラントの耐塩性分子機構解明への挑戦
    2014年04月, 2016年03月
    塚越啓央
  • 2012
    JST
    JST戦略的創造研究推進事業さきがけ「二酸化炭素資源化」領域
    バイオマス生産性を支配している細胞機能転換転写制御ネットワークの人口構築
    2012年10月, 2016年03月
    塚越啓央
  • 2011
    大幸財団
    大幸財団学術研究助成
    活性酸素種を介した転写因子による植物の根の成長制御ネットワーク
    2011年, 2013年
    塚越啓央
  • 2011
    日本学術振興会
    科研費:研究活動スタート支援
    根の成長における活性酸素による情報統御
    2011年, 2012年
    塚越啓央

特許等

  • 2006-142455
    貯蔵物質の蓄積に関連するプログラムが改変された植物体及びその利用
  • WO/2007/135755
    貯蔵物質の蓄積に関連するプログラムが改変された植物体及びその利用(国際)

その他

  • その他

    2017年度 中部経済連合会 NEXT30 コアメンバー


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.