教員情報

MINEHANE J. GREGORY
マイネハン ジョン グレゴリー
外国語学部 国際英語学科
准教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    男性
  • メールアドレス

    minehanemeijo-u.ac.jp

学歴

  • 1997年03月, ボンド大学大学院, 修士課程, M.A., 修了

現在所属している学会

  • JALT 全国語学教育学会

研究活動

研究分野

  • 言語学, 応用言語学(TESOL)

教育研究への取り組み・抱負

    「学習スタイル」と「学習方略」に関して、特に日本人学習者に典型的に見られるスタイルと方略についての研究。または大学英語教育プログラムの評価、留学プログラムの利点について、多読、学生評価、などに興味をもって、あらゆる応用言語学の課題について研究をしたい。

学術論文

  • A Longitudinal Study of the English Proficiency of Non-English Majors at a Tertiary Institution in Japan
    単著
    Proceedings of CLaSIC:2014 Knowledge Skills and Compentencies in Foreign Language Education Singapore: NUS Center for Language Studies
    361, 371
    2014年12月
  • How to Make Independent Study Abroad Successful
    共著
    R. Markovitz、G. Minehane
    Proceedings of CLaSIC: 2012 Culture in Foreign Language Learning: Framing and reframing the issue. Singapore:NUS Centre for Language Studies
    442, 455
    2012年12月
  • Authentic Children’s Books in ESL Extensive Reading: How lexically graded really are they?
    単著
    名城大学教育年報
    5, 11, 18
    2011年03月
  • Student Satisfaction with the Short-term Study Abroad Experience: Evaluating a ‘go-it-alone’ approach
    単著
    『名城大学人文紀要』第88集
    44, 1, 65, 78
    2008年09月
  • The Secrets of Successful Classrooms: How to get a high degree of student satisfaction
    共著
    『名城大学教育年報』
    2, 25, 31
    2008年03月
  • 大学英語教育プログラム評価法の開発— 事例研究:名城大学全学共通教育英語プログラム評価とその課題 —
    共著
    『名城大学総合学術研究論文集』第6集
    135, 144
    2007年03月
  • 日本におけるコミュニカティヴ・アプローチの課題について
    単著
    『中京英文学』
    中京大学英文学会
    19, 87, 98
    1999年03月
  • (英文学会論文)An Examination of ESL Students’ Perceptual Learning Styles: Is there a relationship between styles and preferences for group and individual learning?(abridged)
    単著
    『中京英文学』
    中京大学英文学会
    18, 77, 103
    1998年03月
  • An Examination of ESL Students’ Perceptual Learning Styles: Is there a relationship between styles and preferences for group and individual learning?(修士論文)
    単著
    ボンド大学
    1997年03月

講演・口頭発表等

  • (学会発表)英語指導理論と実践―日本の大学生における英語教育学習スタイルについて―
    単著
    中京大学社会科学研究所研究例会第186回
    1998年02月
  • (研究科発表)Communicative Approachと日本の英語教育制度―指導理論と実践―
    単著
    秋季大会研究発表
    1998年11月
  • (学会発表)Study Abroad: The Road Less Traveled
    単著
    JALT32回語学教育学会
    2006年11月
  • (学会発表)Issues in Developing Programme Evaluation Procedures for a Tertiary Institution
    共著
    只木徹、G. Minehane
    大学英語教育学会(JACET)46回全国大会
    2007年09月
  • (学会発表)English Language Programs at Japanese Universities: The End of the Era of Individual Performances?
    共著
    長尾純、竹田真紀子、只木徹、J. Venema、G. Minehane
    第39回中部地区英語教育学会発表
    2009年06月
  • (学会発表)Poster Presentation: A ‘Go-it-Alone’ Approach to Study Abroad
    共著
    R. Markovitz、G. Minehane
    JALT35回語学教育学会
    2009年11月
  • (学会発表)Authentic Children’s Books in ESL Reading
    単著
    10th Asia TEFL International Conference極東英語教師協会
    2012年10月
  • (学会発表)Students Evaluating Teachers in Japan: Objectivity Lost in Translation?
    共著
    R. Markovitz、G. Minehane
    9th International FEELTA Conference
    2012年11月
    極東英語教師協会
  • (学会発表)How to Make Independent Study Abroad Successful
    共著
    R. Markovitz、 G. Minehane
    5th CLS International Conference CLaSIC 2012
    2012年12月
  • (学会発表)A Longitudinal Study of the English Proficiency of Non-English Majors at a Tertiary Institution in Japan
    単著
    6th CLS International Conference CLaSIC 2014 Knowledge, Skills and Competencies in Foreign Language Education Singapore: NUS Centre for Language Studies.
    2014年12月

その他の研究業績

  • (翻訳手伝い)オウエンのために祈りを「上下」著者:ジョン・アーヴイング(459ページに謝辞あり)中野圭二 訳
    共著
    新潮社
  • Improving Short-Term English Study Abroad: A practical guide to establishing a workable program
    単著
    教育実践報告改善例『名城大学教育年報創刊号』
    90, 99
    2007年03月
  • (教科書)Door to Door: A complete study abroad guide
    単著
    Perceptia Press: Nagoya
    2008年04月
  • (教科書)My Weekly Writing Journal(Vol.1)
    共著
    P. Hoare、 R. Markovitz、 G. Minehane
    実費出版
    2012年02月

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2003年08月, 名古屋港区生涯学習センター「オーストラリアの文化講座」担当、8回(15年12月まで)


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.