教員情報

六田 英治
ロクタ エイジ
理工学部 材料機能工学科
教授
Last Updated :2019/02/21

基本情報

プロフィール

    男性

大学院その他

  • 理工学研究科 電気電子・情報・材料工学専攻, 教授
  • 理工学研究科 材料機能工学専攻, 教授

学歴

  • 1999年03月, 早稲田大学大学院, 理工学研究科, 物理学及び応用物理学専攻 博士後期課程, 修了
  • 1999年03月,  

現在所属している学会

  • 応用物理学会
  • 日本物理学会
  • 日本表面科学会

研究活動

研究分野

  • その他, 表面物理

教育研究への取り組み・抱負

    授業の取り組みでは準備を大切にしています.研究ではアイデアと確かな実験を大切にしています.今後も独創的な研究教育で学生を触発します.機微に対応する能力を培いたい.

学術論文

  • Low vacuum annealing of cellulose acetate on nickel towards transparent conductive CNT-graphene hybrid films
    共著
    D. D. Nguyen, R. N. Tiwari, Y. Matsuoka, G. Hashimoto, E. Rokuta, Y.-Z. Chen, and M. Yoshimura
    ACS Applied Materials & Interfaces
    6, 9071, 9077
    2014年05月
  • Field Emission Spectra of Single-Atom Tips with Thermodynamically Stable Structures
    共著
    E. Rokuta, H.-S. Kuo, T. Itagaki, K. Nomura, T. Ishikawa, B.-L. Cho, I.-S. Hwang, T.T. Tsong, and C. Oshima
    Surface Science
    602, 2508, 2512
    2008年07月
  • Single-atom coherent field electron emitters for practical applications to electron microscopy: Buildup controllability, self-repairing function, and demountable characteristic
    共著
    E. Rokuta, T. Itagaki, T. Ishikawa, B.-L. Cho, H.S. Kuo, T.T. Tsong, and C. Oshima
    Appl. Surf. Sci.
    252, 10, 3686, 3691
    2006年03月
  • Atomic-scale field emitter with self-repairable function and thermodynamically stable structure: FEM study on Pd-covered nanopyramids on W<111> tips
    共著
    E. Rokuta, T. Itagaki, D. Miura, T. Moriyama, T. Ishikawa, B.-L. Cho, T. Y. Fu, T. T. Tsong, and C. Oshima
    Appl. Surf. Sci.
    251, 1, 205, 209
    2005年09月

その他の研究業績

  • Ballistic Field Electron Emission from Demountable Single Atom Tip
    共著
    E. Rokuta, T. Itagaki, K. Nomura, T. Ishikawa, B.L. Cho, H.-S. Kuo, I.-W. Hwang, T.T. Tsong and C. Oshima
    Proceedings of XXIIth Int. Symp. on Discharges and Electrical Insulation in Vacuum (In Press)
    2005年09月
  • Practical field electron emitter with single atom dimension
    共著
    E. Rokuta, H.S. Kuo, T.T. Tsong, C. Oshima
    Proceedings of China-Japan Joint Seminar on Atomic Level Characterization 2006(Moder Scientific Instruments (China, ISSN 1003-8892)
    2006年増刊, 20, 21
    2006年03月

社会活動

その他の社会貢献業績(国際貢献、産業支援等)

  • 2002年04月, 2003年03月, 大阪大学・産業科学研究所・プロセスファウンドリー室・支援研究員(室長)として,研究支援活動を実施.


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.