菅 章紀 カン アキノリ

■所属
理工学部 交通機械工学科
■職名
准教授
■性別
男性

基本情報

大学院その他

  • 理工学研究科 機械工学専攻 准教授
  • 理工学研究科 交通科学専攻 准教授

学歴

  • 2004/03 名城大学大学院 理工学研究科 機械工学専攻後期博士課程 修了

研究活動

研究分野

  • 無機材料・物性 / 高周波用低損失誘電体セラミックス
  • 複合材料・物性 / 無機有機ハイブリット誘電体材料
  • 無機材料・物性 / 強誘電体セラミックス

教育研究への取り組み・抱負

  • 講義では、学生が根本的な原理やその成り立ちが理解でき、それを用いて様々な問題に応用できるような能力を身につけれるよう演習問題等を多く行い、学生の理解度向上に取り組んでいる。また卒業研究では、学生がそのテーマの背景と解決すべき課題を理解し、主体的に一つの問題を解決できるような能力を1年間を通して身につけることができる教育を行っており、今後さらに改善をしていきたい。修士課程では、学部時代の研究テーマに基づき、より専門性を高めると同時に継続的に研究課題に取り組み、得られた知見に基づき系統的に物事を説明することができるような研究指導を行っている。また、修士課程の学生が主体的に修士論文に取り組める環境や指導体制の充実を図りたい。研究面では、社会のニーズや研究分野のトレンドを常に意識しつつ、産学官連携による基礎研究から応用まで取り組んでいき、研究を通して得られた知見を卒業研究や修士論文にフィードバックし、学生が興味を持ち、勉学に取り組めるような環境を整えたい。

学術論文

  • タイトル : Synthesis and Ferroelectric Properties of Orientated Bi5ANb4O18 (A = K and Na) Ceramics
    担当区分 : 共著
    著者 : H. Ogawa, A. Kan, Y. Nakamura
    誌名 : J. Alloys Comp.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 473(1-2) : 567 - 570
    出版年月 : 2009年02月
  • タイトル : Synthesis and Crystal Structure-Microwave Dielectric Property Relations in Sn-Substituted Ca3(Zr1-xSnx)Si2O9 Solid Solutions with Cuspidine Structure
    担当区分 : 共著
    著者 : A. Kan, H. Ogawa, and H. Ohsato
    誌名 : Jpn. J. Appl. Phys.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 46(10B) : 7108 - 7111
    出版年月 : 2007年10月
  • タイトル : Effect of Sintering Time on Crystal Structure and Microwave Dielectric Properties in Aeschynite-structured (Sm1-xYx)(Ti1.5W0.5)O6 (x =0 and 0.5) Ceramics
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Oishi, H. Ogawa and A Kan
    誌名 : Mater. Res. Bull.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 42(12) : 2072 - 2081
    出版年月 : 2007年09月
  • タイトル : Dielectric and Thermal Properties of AIN Ceramics
    担当区分 : 共著
    著者 : S.Kume, M.Yasuoka, S.K.Lee, A.Kan, H.Ogawa, K.Watari
    誌名 : J. Eur. Ceram. Soc.27
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 2967 - 2971
    出版年月 : 2007年03月
  • タイトル : Relationship between Crystal Structure and Microwave Dielectric Properties of Melilite-Type Ceramic
    担当区分 : 共著
    著者 : A.Yokoi, H.Ogawa, A.Kan, Y. Nakamura
    誌名 : J. Eur. Ceram. Soc.27
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 2989 - 2993
    出版年月 : 2007年03月


ページのTOPへ