教員情報

津村 文彦
ツムラ フミヒコ
外国語学部 国際英語学科
教授
Last Updated :2019/06/21

基本情報

プロフィール

    男性
  • メールアドレス

    tumurafmeijo-u.ac.jp
  • URL

学歴

  • 1993年04月, 東京大学, 文科Ⅲ類, 入学
  • 1997年03月, 東京大学, 教養学部, 教養学科第一(文化人類学), 卒業
  • 1999年03月, 東京大学, 大学院, 総合文化研究科超域文化科学専攻(文化人類学), 修士(学術), 修了
  • 2003年03月, 東京大学, 大学院, 総合文化研究科超域文化科学専攻(文化人類学), 退学
  • 2012年03月, 東京大学, 博士(学術)

職歴

  • 1999年04月, 2002年03月, 日本学術振興会特別研究員
  • 2002年04月, 2002年09月, 東京大学, 教養学部, T.A.
  • 2002年09月, 2003年03月, 神田外語大学, 外国語学部国際文化学科, 非常勤講師
  • 2002年10月, 2003年03月, 山梨看護大学, 非常勤講師
  • 2003年04月, 2009年03月, 福井県立大学, 学術教養センター, 講師
  • 2006年04月, 2008年03月, 福井大学, 共通教育センター, 非常勤講師
  • 2008年08月, 2008年09月, 放送大学, 福井学習センター, 非常勤講師
  • 2009年04月, 2016年03月, 福井県立大学, 学術教養センター, 准教授
  • 2010年04月, 2015年09月, 福井市医師会看護専門学校, 非常勤講師
  • 2014年04月, 2018年03月, 敦賀市立看護大学, 非常勤講師
  • 2016年04月, 名城大学, 外国語学部, 教授
  • 2016年04月, 2016年09月, 福井県立大学, 非常勤講師

現在所属している学会

  • 日本文化人類学会  
  • 日本タイ学会
  • 「宗教と社会」学会
  • 東南アジア学会

委員歴(学外)

  • 2009年08月, 2011年07月, 福井地方裁判所裁判所委員会委員
  • 2012年04月, 2014年03月, 福井県生涯学習大学開放講座協議会委員

研究活動

研究分野

  • 文化人類学・民俗学, 文化人類学
  • 地域研究, 東南アジア地域研究

教育研究への取り組み・抱負

    東南アジア、タイの呪術や精霊信仰を研究しながら、日常に転がっている不思議なことに興味をもっています。私たちの世界は、ときに不可思議で、不可解な状況を突き付けてきますが、私たちはそうしたものと折り合いを付けながら毎日を送っています。ちょっとした不可解さに気づき、それを改めて見つめ直すような姿勢の大切さを伝えていきたいです。

著書

  • 『呪者の肖像』
    川田牧人・白川千尋・関一敏(編)
    臨川書店
    2019年02月
    共著
    「イカサマ呪者とホンモノの呪術—東北タイのバラモン隠者リシ」(pp.17-40)
  • 『東南アジアのポピュラーカルチャー:アイデンティティ・国家・グローバル化』
    福岡まどか/福岡正太(編)
    スタイルシート
    2018年03月
    共著
    「人形は航空券を買うことができるか?—タイのルークテープ人形に見るブームの生成と収束」(pp.356-380)
  • 『東南アジアのポピュラーカルチャー:アイデンティティ・国家・グローバル化』
    福岡まどか/福岡正太(編)
    スタイルシート
    2018年03月
    共著
    「タイ映画にみるお化けの描き方」(pp.162-163)
  • 『東南アジアのポピュラーカルチャー:アイデンティティ・国家・グローバル化』
    福岡まどか/福岡正太(編)
    スタイルシート
    2018年03月
    共著
    津村文彦, 「ポップカルチャーとしてのイレズミ」(pp.164-165)
  • 『東北タイにおける精霊と呪術師の人類学』
    著者:津村文彦
    めこん
    2015年02月
    単著
  • 『複ゲーム状況の人類学—東南アジアにおける構想と実践』
    編著者:杉島敬志
    風響社
    2014年10月
    共著
    「ピーの信仰をめぐる複ゲーム状況論」(pp.179-212)
  • 『タイを知るための72章【第2版】』
    編著者:綾部真雄
    明石書店
    2014年07月
    共著
    「精霊信仰とシャーマニズム」(pp.178-181)
  • 『ふくい総合学:健康と長寿から地域を捉え直す—こころ・からだ・しゃかいの視点から—』(福井県大学連携リーグ双書) (再掲)
    編著者:石原一成
    福井県大学連携リーグ
    2013年03月
    共著
    「第九章 福井、しゃかいの健康Ⅲ:宗教と健康長寿」(pp.181-200)
  • 『呪術の人類学』
    編著者:白川千尋、川田牧人
    人文書院
    2012年03月
    共著
    第7章「呪術の確信と疑心:タイ東北部の知識専門家モーをめぐって」(pp.233-267)
  • 『ようこそ県大研究室』
    編者:福井県立大学
    福井県立大学
    2012年03月
    共著
    「タイの精霊ピーを考える」(pp.55-60)
  • Comparative Perspectives on Moral Economy: Africa and Southeast Asia
    編著者:Sam Maghinbi, L. N. Kimambo, Kazuhiko Sugimura
    University of Dar es Salaam Press
    2011年09月
    共著
    Chapter 9 "Moral Economy of Merits: A Study of Religious Practices and Morality in Northeastern Thailand" (pp.137-153)
  • 『「なぜか健康長寿」を考える—「こころ・からだ・しゃかい」の視点から』(福井県立大学県民双書)
    編著者:福井県立大学健康長寿研究総括班
    福井県立大学
    2009年03月
    共著
    「第六章 しゃかいの健康」の「第三節 健康長寿と信心」(pp.190-211)
  • Written Culture in Mainland Southeast Asia (Senri Ethnographical Studies no.74)
    編著者:Masao Kashinaga (ed.)
    国立民族学博物館
    2009年03月
    共著
    "Magical Use of Traditional Scripts in Northeastern Thai Villages" (pp.63-77)
  • 『お〜!イノシシ〜team 4429と考えるこれからの鳥獣害対策〜』(福井県立大学県民双書)
    編者:team4429とその仲間たち
    福井県立大学
    2008年06月
    共著
    「ディスカッション 「食べる」ことをめぐって—鳥獣害対策へのオルタナティヴなアプローチ—」(pp.83-123)のうちpp.106-112を担当
  • 『アジア新世紀8 構想』
    編著者:青木保ほか
    岩波書店
    2003年07月
    共著
    「路上のアジア:バンコクのストリートエレファント」(pp.25-43)
  • 『MD(ミニ・ディクショナリー)現代文・小論文』
    編著者:有坂誠人ほか
    朝日出版社
    1998年09月
    共著
    文化人類学の関連項目(一神教、カリスマ、儀礼、神話、聖なるもの、タブーなど)

学術論文

  • 「美しくも、きたないイレズミ—タイのサックヤン試論—」
    津村 文彦
    日本タイ学会『年報タイ研究』
    16, 39, 60
    2016年07月
  • 「『書かれたもの』をまとう—東北タイのタトゥー試論」
    単著
    津村 文彦
    村上忠良(編)『宗教実践における声と文字—東南アジア地域からの展望—(京都大学地域研究統合情報センター共同研究 平成25年度〜27年度 研究成果論集)』
    13, 25
    2015年03月
  • 「注射と吹きかけ --東北タイにおける注射医と呪医の治療効果をめぐって」
    単著
    津村 文彦
    京都大学大学院人間・環境学研究科文化人類学研究室『コンタクト・ゾーン』
    7, 167, 191
    2015年03月
  • “Life as a Peasant and as a Laborer: Change and Continuity of Village Economies in Rural Thailand”
    単著
    津村 文彦
    Rural Development and Moral Economy in Globalizing Africa: From Comparative Perspectives (Proceedings of 6th International Conference on African Moral Economy (26-28 August 2013, University of Dodoma and VETA Hotel, Dodoma, Tanzania))
    205, 220
    2014年03月
  • 「足るを知る経済」と「タクシノミクス」のあいだ―家計簿調査からみる東北タイの農村経済―」
    単著
    津村 文彦
    福井県立大学紀要『福井県立大学論集』
    42, 27, 44
    2014年02月
  • 「モラル・エコノミーと『足るを知る経済』のあいだ—1990年代以降のタイの政治経済動向を背景にして—」
    単著
    津村 文彦
    福井県立大学特別研究費研究報告書『アフリカ・モラル・エコノミーの視圏—その源流・変容・未来に関する論点の総合化のための基礎的研究—(研究代表者:杉村和彦)』
    73, 85
    2013年03月
  • 「東北タイの家畜飼養にみるモラル・エコノミーの変容—アフリカとの比較の参照点として—」(複数の査読付論文)
    単著
    津村 文彦
    地域農林経済学会『農林業問題研究』
    187, 320, 325
    2012年09月
  • 「酸味を考える—酸っぱいものはカラダに良いか?—」
    共著
    津村文彦、黒川洋一、宇多川隆、亀田勝見、杉村和彦、宇城輝人
    福井県立大学紀要『福井県立大学論集』
    33, 13, 44
    2012年08月
  • “From Cattle to Water Buffalo: Changes in the Moral Economy of Livestock Raising in Thailand”
    単著
    津村 文彦
    Rural Development Policy and Agro-pastoralism in East Africa (Proceedings of 4th International Conference on Moral Economy of Africa (22-24 August 2011, University of Dodoma, Tanzania), Fukui: Fukui Prefectural University
    196, 204
    2012年07月
  • 「ピーは『精霊』か─変転する作用体としてのピーポープ論─」(複数の査読付論文)
    単著
    津村 文彦
    九州人類学研究会『九州人類学会報』
    39, 1, 18
    2012年07月
  • 「タイ東北部における精霊と知識専門家をめぐる人類学的研究」(博士論文)
    単著
    津村 文彦
    東京大学
    2012年03月
  • 「善霊と悪霊のはざま─タイ東北部の村落守護霊をめぐって─」(複数の査読付論文)
    単著
    津村 文彦
    東南アジア学会『東南アジア—歴史と文化—』
    40, 54, 78
    2011年05月
  • 「タイの精霊信仰におけるリアリティの源泉─ピーの語りにみる不可知性とハイパー経験主義」
    単著
    津村 文彦
    福井県立大学紀要『福井県立大学論集』
    33, 1, 24
    2009年07月
  • 「『辛い』の『たべる』」
    共著
    津村文彦、亀田勝見
    研究会「たべる」(福井県立大学)報告書『「たべる」を調べる・考える—たべることをめぐる学際的研究』
    37, 52
    2008年03月
  • 「功徳とモラル─タイの宗教実践をめぐるモラル・エコノミー試論─」
    単著
    津村 文彦
    福井県立大学紀要『福井県立大学論集』
    29, 141, 154
    2007年07月
  • 「呪術専門家の輻輳する信仰世界─タイ東北部における精霊信仰の仏教的説明様式─」
    単著
    津村 文彦
    科研費報告書『平成16〜17年度科学研究費補助金(基盤研究(C))東南アジア・オセアニア地域における呪術的実践と概念枠組みに関する文化人類学的研究(課題番号: 16520512, 研究代表者:川田牧人)』
    24, 36
    2006年03月
  • 「伝統的薬草師の現代的様態─タイ東北部村落における専門的知識の研究」
    単著
    津村 文彦
    福井県立大学紀要『福井県立大学論集』
    26, 13, 32
    2005年07月
  • 「東北タイにおける家畜飼養の変容─牛と水牛から見た農村経済─」
    単著
    津村 文彦
    福井県立大学紀要『福井県立大学論集』
    24, 85, 104
    2004年07月
  • 「東北タイにおける伝統文字の知識民族誌─タム文字と貝多羅葉の人類学的研究─」「東北タイにおける伝統文字の知識民族誌─タム文字と貝多羅葉の人類学的研究─」 (複数の査読付論文)
    単著
    津村 文彦
    日本タイ学会『年報タイ研究』
    2, 61, 82
    2002年07月
  • 「ナーン・ナークの語るもの─タイ近代国家形成期の仏教と精霊信仰─」(複数の査読付論文)
    単著
    津村 文彦
    アジア経済研究所『アジア経済』
    43, 1, 25, 43
    2002年01月
  • 「モータムとピー信仰の現在的布置─タイ東北部における周縁的宗教実践の研究─」(複数の査読付論文)
    単著
    津村 文彦
    天理南方文化研究会『南方文化』
    27, 43, 69
    2000年10月
  • (書評へのリプライ)津村文彦著『東北タイにおける精霊と呪術師の人類学』
    津村 文彦
    宗教と社会
    「宗教と社会」学会
    22, 0, 98, 99
    2016年
  • 見えないタトゥーをもつこと:東北タイにおけるサックヤンにみる可視と不可視
    津村 文彦
    日本文化人類学会研究大会発表要旨集
    日本文化人類学会
    2016, 0
    2016年

講演・口頭発表等

  • 「第二部 温泉タトゥー問題の検討/共同討議」(パネリスト)
    その他
    津村 文彦
    国際シンポジウム「イレズミ・タトゥーと多文化共生—「温泉タトゥー問題」への取り組みを知る—」
    2019年03月30日
  • 「コメント」(デ・アントーニ アンドレア「スペクターのスペクトラム—現代イタリアと日本における精霊と憑依に関する体験・感覚・情動の比較に向かって」)
    その他
    津村 文彦
    京都人類学研究会/日本文化人類学会近畿地区研究懇談会
    2019年01月18日
  • 「東北タイにおけるサックヤンと憑依」
    津村文彦
    中部人類学談話会第244回例会
    2018年09月22日
  • "Rishis in Northeastern Thailand: Brahman Religious Practices under Buddhism"
    2017年12月17日
  • "The Sight and Touch of Healing Magic in Northeastern Thailand"
    2017年08月18日
  • 「東北タイにおける食物禁忌と身体の不調-ピットサムデーンをめぐるコミュニケーション-」
    津村文彦
    中部人類学談話会第236回例会
    2016年09月17日
  • 「ルークテープ人形の流行─人形向け航空券の販売報道をめぐって―」
    単著
    津村 文彦
    東南アジア学会第95回研究大会
    2016年06月
  • 「見えないタトゥーをもつこと─東北タイにおけるサックヤンにみる可視と不可視―」
    単著
    津村 文彦
    日本文化人類学会第50回研究大会
    2016年05月
  • “Mechanism and efficacy of magical treatment of shingles in northeastern Thailand”
    単著
    津村 文彦
    IUAES Inter Congress 2016
    2016年05月
  • 「書評セッション 津村文彦著『東北タイにおける精霊と呪術師の人類学』(評者:村上忠良)」
    単著
    津村 文彦
    日本タイ学会第17回研究大会
    2015年07月
  • 「パオで治るということ―東北タイの呪医の治療実践の効果をめぐって」
    単著
    津村 文彦
    京都人類学研究会7月季節例会シンポジウム
    2014年07月
  • "Life as a Peasant and as a Laborer: Change and Continuity of Village Economies in Rural Thailand"
    単著
    津村 文彦
    6th International Conference on African Moral Economy
    2013年08月
  • 「タイ東北部における精霊と知識専門家をめぐる人類学的研究」
    単著
    津村 文彦
    日本文化人類学会 2012年度関東地区博士論文発表会
    2013年03月
  • 「家畜飼養におけるモラル・エコノミーの地域間比較:アフリカと東南アジアのあいだ」
    単著
    津村 文彦
    第61回地域農林経済学会大会
    2011年11月
  • 「『見えないピー』があること:ピー、知識、侵犯」
    単著
    津村 文彦
    第10回九州人類学研究会オータム・セミナー
    2011年10月
  • "Moral Economy and Livestock Raising in Southeast Asia"
    単著
    津村 文彦
    African Moral Economy Research Project’s Workshop on Rural Development Policy and Agro-pastoralism in East Africa
    2011年08月
  • 「『伝統』と『近代』を架橋する呪術的知識─タイ東北部薬草師の治療実践をめぐって─」
    単著
    津村 文彦
    日本文化人類学会第40回研究大会
    2006年06月
  • "Tham Script and Bailan in Modern Isan Villages"
    単著
    津村 文彦
    International Symposium "Written Cultures in Mainland Southeast Asia"
    2006年02月
  • 「ドーンチャウプー信仰とチャムをめぐる一考察─東北タイの村落守護霊と仏教化─」
    単著
    津村 文彦
    日本タイ学会第7回大会
    2005年07月
  • 「ソンラー市街の都市化の現状」
    単著
    津村 文彦
    国立民族学博物館公開フォーラム「ベトナムにおける都市化と伝統文化の変容」
    2004年11月
  • 「国際シンポジウム「『ナンナーク』と国民映画」(パネリスト)」
    共著
    津村 文彦
    タイ映画祭2003
    2003年09月
  • 「タイ東北部の伝統的文字をめぐる知識の変容─タム文字についての人類学的考察─」
    単著
    津村 文彦
    日本民族学会第36回研究大会
    2002年06月
  • 「タイ東北部における精霊信仰の持続と変化─近代国家形成期のピー信仰の『周縁化』プロセスについて—」
    単著
    津村 文彦
    日本民族学会第35回研究大会
    2001年05月
  • 「アニミズム再考─日本宗教複合の検討に向けて─」
    単著
    津村 文彦
    第764回日本民俗学会談話会
    1997年03月

その他の研究業績

  • 「第 9 回ヨーロッパ東南アジア学会(EuroSEAS) 研究大会に参加して 」
    単著
    津村文彦
    『東南アジア学会会報』
    107号, 31-32
    2017年11月
  • (書評)"Book Review: Communities of Potential: Social assemblages in Thailand and beyond. By Shigeharu Tanabe (ed.)"
    単著
    Fumihiko Tsumura
    Journal of Southeast Asian Studies
    48, 2, 334, 336
    2017年05月
  • 「ルークテープ人形の流行-人形向け航空券の販売報道をめぐって-」
    単著
    津村文彦
    『東南アジア学会会報』
    105号, 32
    2016年12月
  • (書評)「書評へのリプライ:櫻井義秀(津村文彦著『東北タイにおける精霊と呪術師の人類学』)」
    単著
    津村 文彦
    「宗教と社会」学会『宗教と社会』
    22, 98, 99
    2016年06月
  • (その他の出版物)「呪術師に変身!—東北タイにおけるパーサバイ」
    単著
    津村 文彦
    国立民族学博物館 『月刊みんぱく』
    38, 10, 22, 23
    2014年10月
  • (書評)「書評:田辺繁治著『精霊の人類学—北タイにおける共同性のポリティクス』」
    単著
    津村 文彦
    京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究科 『アジア・アフリカ地域研究』
    13, 1, 59, 62
    2013年11月
  • (書評)"Book Review: Spirits of the Place: Buddhism and Lao Religious Culture. By John Clifford Holt"
    単著
    津村 文彦
    Center for Southeast Asian Studies, Kyoto University Southeast Asian Studies
    2, 1, 196, 199
    2013年04月
  • (その他の出版物)「『見る』ものと『見られる』もの」
    単著
    津村 文彦
    『日刊県民福井』(日刊)
    6, 6
    2013年03月
  • (その他の出版物)「呪術師『モーパウ』の話」
    単著
    津村 文彦
    『日刊県民福井』(日刊)
    6, 6
    2012年06月
  • (その他の出版物)「スリンの〈異世界〉を逍遙する」
    単著
    津村 文彦
    国立民族学博物館 『月刊みんぱく』
    35, 1, 22, 23
    2011年01月
  • (その他の出版物)「呪い(まじない)とともに生きる—タイの呪術と癒しの世界」
    単著
    津村 文彦
    福井県社会福祉協議会 『いきいき長寿セミナー ラジオ放送講座テキスト』
    22, 9, 5, 6
    2010年12月
  • (その他の出版物)「大人数講義に威力を発揮するLMS」
    単著
    津村 文彦
    福井県学習コミュニティ推進協議会 『Fレックスニュースレター』
    3, 6, 6
    2010年07月
  • (その他の出版物)「タイにおける現地調査のための準備と手続き」
    単著
    津村 文彦
    京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科地域変動論講座ウェブサイト、「調査の手続き—その事例集」にてウェブ公開
    2010年07月
  • (その他の出版物)「大人数講義でのLMSのメリット」
    単著
    津村 文彦
    福井県学習コミュニティ推進協議会 『Fレックスニュースレター』 創刊号
    7, 7
    2010年01月
  • (その他の出版物)「ラーンサーンのリアリティと非近代の知識」
    単著
    津村 文彦
    さばえライブラリーカフェ実行委員会 『さばえライブラリーカフェ三十回記念誌』
    92, 92
    2007年12月
  • (書評)"Book Review: Spreading the Dhamma; Orality and Textual Transmission in Buddhist Northern Thailand. By Daniel M. Veidlinger"
    単著
    津村 文彦
    Cambridge University Press International Journal of Asian Studies
    4, 2, 284, 286
    2007年07月
  • (書評)「新刊紹介:関一敏・大塚和雄(編)『宗教人類学入門』」
    単著
    津村 文彦
    日本文化人類学会『文化人類学研究』
    71, 1, 152, 153
    2006年08月
  • (その他の出版物)「コーンケーンの『フィールド』の『ナカタ』」
    単著
    津村 文彦
    国立民族学博物館 『季刊民族学』
    117, 41, 41
    2006年07月
  • (書評)「書評:板垣明美著『癒しと呪いの人類学』」
    単著
    津村 文彦
    ベトナム社会文化研究会『ベトナムの社会と文化』
    5/6;@, 349, 354
    2005年03月
  • (その他の出版物)「わからない、でも怖いピーの話」
    単著
    津村 文彦
    国立民族学博物館 『月刊みんぱく』
    28, 9, 22, 23
    2004年09月
  • (その他の出版物)「タイ東北部の呪術師と私」
    単著
    津村 文彦
    福井県立大学『FPU News 福井県立大学広報』
    49, 6, 6
    2004年07月
  • (その他の出版物)「地域から考えるアフリカ─福井県立大学におけるアフリカ教育─」
    単著
    津村 文彦
    日本アフリカ学会 『アフリカ研究』 創立40周年記念特別号
    106, 107
    2004年05月
  • (書評)「書評:林行夫著『ラオ人社会の宗教と文化変容─東北タイの地域・宗教社会誌』」
    単著
    津村 文彦
    日本民族学会『民族學研究』
    65, 3, 292, 296
    2000年12月
  • (翻訳)ゴ・ドゥク・ティン「慣習法と自然資源の管理」
    単著
    津村 文彦
    ベトナム社会文化研究会『ベトナムの社会と文化』
    1, 156, 170
    1999年06月
  • (翻訳)ショーン・K・マラーニ「北ベトナム村落生活における婚姻の社会主義改革の結果」
    単著
    津村 文彦
    東洋文化研究所 『東洋文化』
    78, 111, 131
    1998年03月

外部資金

  • 2017
    日本学術振興会
    東南アジアにおける呪術的イレズミの人類学:知識と力をまとう身体の比較研究
    2017年04月, 2020年03月
    津村文彦

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2009年11月, 福井県大学連携リーグ高大連携授業「呪術と精霊の文化人類学」講師
  • 2010年02月, 福井県大学連携リーグ連携企画講座「観光から文化を考える—東南アジアの観光案内」講師
  • 2012年06月, 福井県立大学公開講座「ケンダイ・ワールド・ツアー:県大教員とめぐる世界一周」コーディネーター、講師
  • 2012年10月, 福井県立大学公開講座「ケンダイ・ワールド・ツアー vol.2」コーディネーター、講師
  • 2013年09月, 越前学ぼう座(越前市生涯学習センター)連続講座「えちぜん自然塾」の「薬草と呪文で病を癒す—現代タイの呪医・薬草師」講師
  • 2013年10月, 九頭竜川プロジェクト・シンポジウム「九頭竜川の用水 暮らしとともに一千年、そして未来へ」コーディネーター、司会
  • 2017年05月, 名城大学公開講座・東区地域連携プログラム「薬草と呪文で病を癒す—現代タイの呪医・薬草師—」講師
  • 2014年09月, 越前学ぼう座(越前市生涯学習センター)の連続講座「えちぜん自然塾」の「虫を食べる―タイ農村の食の愉しみ」講師
  • 2015年10月, 九頭竜川プロジェクト・シンポジウム「九頭竜川と文学」のコーディネーター、司会
  • 2017年11月, 名城大学出前講義「タイの文化と言語を知ろう!精霊と呪術」(岐阜県立多治見高等学校, 2017年11月9日)

その他の社会貢献業績(国際貢献、産業支援等)

  • 2009年08月, 2011年07月, 福井地方裁判所裁判所委員会委員   
  • 2010年04月, FBCラジオ「FBCラジオキャンパス」の「ようこそ県大研究室」コーナー、「タイの精霊信仰」講師(平成22年4月17日放送)
  • 2010年12月, FBCラジオ「いきいき長寿セミナー」の「タイの呪術と癒しの世界」講師 (平成22年12月12日放送)
  • 2012年02月, NHK和歌山「まるかじり!アジアン食堂激辛自慢の田舎料理〜タイ・イサーン」での取材協力 (平成24年2月24日放送)
  • 2012年04月, 2014年03月, 福井県生涯学習大学開放講座協議会委員  
  • 2013年04月, FBCラジオ「FBCラジオキャンパス」の「ようこそ県大研究室」コーナー、「タイの稲作と家畜について」講師 (平成25年4月13日放送)
  • 2013年04月, FBCラジオ「FBCラジオキャンパス」の「ようこそ県大研究室」コーナー、「タイの農村生活と家畜」講師 (平成25年4月20日放送)
  • 2013年06月, FBCラジオ「FBCラジオキャンパス」の「ふくいいいもの探検隊」コーナー、「東北タイのキングコブラ村」の講師(平成25年6月29日放送)
  • 2019年02月, 2019年03月, ZIP-FM「Mysterious Radio Cult」(2019年2月1,8,15,22日、3月1日放送)
  • 2015年05月, FBCラジオ「FBCラジオキャンパス」の「ふくいいいもの探検隊」コーナー、「吹きかけで病を治す」の講師(2015年5月16日放送)
  • 2015年05月, FBCラジオ「FBCラジオキャンパス」の「ふくいいいもの探検隊」コーナー、「呪術師と私」の講師(2015年5月23日放送)
  • 2015年06月, FBCラジオ「FBCラジオキャンパス」の「ふくいいいもの探検隊」コーナー、「呪術師と私」の講師(2015年6月6日放送)


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.