教員情報

二改 俊章
ニカイ トシアキ
薬学部 薬学科
教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    男性

大学院その他

  • 薬学研究科 薬学専攻, 教授

学歴

  • 1975年03月, 名城大学大学院, 薬学研究科, 薬学専攻博士後期課程, 単位取得満期退学
  • 1980年07月,  

現在所属している学会

  • 日本薬学会
  • 日本細菌学会
  • 日本生化学会
  • 日本熱帯医学会
  • 北関東医学会
  • International Society on Toxicology Full Member
  • 日本医真菌学会
  • 日本感染症学会
  • Journal of Natural Toxins: Associate Editor
  • 日本環境感染学会
  • 日本細菌学会
  • 日本臨床微生物学会
  • 日本臨床免疫学会
  • 日本結核病学会
  • 日本細菌学会
  • TOXIN REVIEWS EDITORIAL BOARD

研究活動

研究分野

  • その他, 微生物学
  • その他, 免疫学

教育研究への取り組み・抱負

    日常的には学生の英語読解力、文章力等を育てる意味から「書く」「英訳」「発表」を毎週行っている。学会に行ったら必ず質問する。質問することによりヒントを得たり、共同研究等につながる。研究能力を備えた学生を育成する。

学術論文

  • Involvement of SPI-2-encoded SpiC in flagellum synthesis in Salmonella enterica serovar Typhimurium
    共著
    Kei-ichi Uchiya*, Asami Sugita and Toshiaki Nikai
    BMC Microbiology.
    9, 179 , 189
    2009年01月
  • Salmonella virulence factor SpiC is involved in expression of flagellin protein and mediates activation of the signal transduction pathways in macrophages
    共著
    Kei-ichi Uchiya and Toshiaki Nikai
    Microbiology
    154, 3491, 3502
    2008年11月
  • Biochemical properties and primary structure of elastase inhibitor AFUEI from Aspergillus fumigatus
    共著
    Yoshiyuki Okumura, Takeshi Matsui, Kenji Ogawa, Kei-ichi Uchiya and Toshiaki Nikai
    J.Med.Micro.
    57, 803 , 808
    2008年07月
  • Characterization and Primary Structure of Elastase Inhibitor, AFLEI from Aspergillus flavus
    共著
    Yoshiyuki Okumura, Kenji Ogawa, Kei-ichi Uchiya and Toshiaki Nikai
    Jpn.J.Med.Mycol.
    48, 1, 13 , 18
    2007年01月
  • Isolation and Characterization of a Novel Acid Proteinase, Tropiase from Candida tropicaalis IFO 0589
    共著
    Yoshiyuki Okumura, Naomasa Inoue and Toshiaki Nikai
    Jpn.J.Med.Mycol.
    48, 1, 19 , 25
    2007年01月

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2004年09月, 多治見高校での入試説明と模擬講義「院内感染防止対策」の講師を務める。
  • 2005年11月, 深圳中薬・天然薬物研究セミナー研究所において「Primary Structure and Characterization of Bilitoxin-1, a Novel Snake Venom Metalloproteinase from Agkistrodon bilineatus Venom」の招待講演を行った。
  • 2006年09月, 第114回知多支部研修会で「健常人から分離したブドウ球菌の薬剤感受性と消毒薬の適正使用」について講演を行った。
  • 2006年11月, 第2回名城大学薬学部静岡中部卒後セミナー研究会で「名城大学薬学部における6年制カリキュラム」、「薬剤師を中心とした健常人から分離したブドウ球菌の薬剤感受性と消毒薬の適正使用」について講演を行った。
  • 2010年03月, 豊山町役場において「食中毒の正しい知識」の講演を行った。
  • 2010年08月, 豊山町役場において「食物アレルギーの対応と食中毒予防の正しい知識」の講演を行った。
  • 2010年10月, 名城大学校友会広島県支部総会において「在宅介護における感染予防」の講演を行った。
  • 2010年10月, 愛知県立春日井南高校において「細菌性食中毒の基礎とその予防と治療」の講演を行った。

その他の社会貢献業績(国際貢献、産業支援等)

  • 2009年03月, 白鶴酒造(株)との共同研究


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.