教員情報

汪 光熙
オウ コウキ
農学部 生物環境科学科
教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    男性
  • メールアドレス

    kokiwangmeijo-u.ac.jp
  • URL

大学院その他

  • 農学研究科 農学専攻, 教授

学歴

  • 1995年09月, 京都大学大学院, 農学研究科, 博士後期課程, 単位修得満期退学
  • 1996年03月,  

職歴

  • 1999年07月, 2008年10月, 京都大学大学院, 農学研究科農学専攻, 助教
  • 2008年11月, 2011年03月, 京都大学大学院, 農学研究科農学専攻, 講師
  • 2011年04月, 名城大学, 農学部生物環境科学科, 教授

受賞学術賞

  • 1998年03月
    日本雑草学会
    日本雑草学会賞(業績賞)
  • 2004年10月
    Grains Research & Development Corporation, Australia
    Grains Research & Development Corporation Award, Australia

現在所属している学会

  • 日本雑草学会
  • 日本生態学会
  • 日本植物分類学会
  • アメリカ植物学会

委員歴(学外)

  • 2001年04月, Weed Biology and Management (Wiley-Black Well) 編集委員
  • 2004年04月, 2014年03月, 日本雑草学会用語委員
  • 1998年04月, 2003年03月, 日本雑草学会国際交流委員
  • 2010年04月, 2012年03月, 日本雑草学会創立50周年記念事業実行委員会雑草学事典編集委員
  • 2012年04月, 2018年03月, 日本雑草学会シンポジウム委員
  • 2014年02月, 2014年10月, Member of Scientific Committee,, the 2nd International Symposium of Aquatic Plant Biology
  • 2014年03月, 2016年03月, 日本雑草学会評議員
  • 2018年04月, 日本雑草学会シンポジウム委員会幹事

研究活動

研究分野

  • 生態・環境
  • 生物多様性・分類
  • 作物学・雑草学

研究キーワード

  • 植物保全
  • 生物多様性
  • 植物繁殖生態

教育研究への取り組み・抱負

    農学部で担当している科目においては、最新の研究成果を紹介すると共に、フィールド調査を補完して教育の質の向上を図っている。農学研究科で担当している「研究論文指導」においては、院生と定期的に綿密なディスカッションを行い、研究成果を学会等で発表、国際誌に投稿できる水準まで指導している。

著書

  • 日中中日植物学辞書
    汪 光熙
    中国遼寧人民出版社
    1985年05月
    単著
  • 長江流域的稲作文明(訳本,原作:「DNAが語る稲作文明」,佐藤洋一郎, 1997)
    万 建民・才 宏偉・万 小春・汪 光熙
    中国四川大学出版社
    1998年03月
    共訳
  • Rice production and paddy weeds in Japan
    Guang-Xi Wang
    Research Signpost 社
    2004年03月
    単著
  • コナギとミズアオイの生態
    汪 光熙
    朝倉書店
    2014年02月
    978-4-254-42041-8
    単著
    Pp. 129-131.

学術論文

  • 2,4-D attenuates salinity-induced toxicity by mediating anatomical changes, antioxidant capacity and cation transporters in the roots of rice cultivars
    共著
    Faisal Islam, Muhammad A. Farooq, Rafaqat A. Gill, Jian Wang, Chong Yang, Basharat Ali, Guang-Xi Wang, and Weijun Zhou
    Scientific Reports
    Nature
    7, 10443
    2017年09月
  • 花の鏡像花柱性の適応的意義
    共著
    藤野美海・汪 光熙・冨永 達
    雑草研究
    日本雑草学会
    61, 1, 32, 37
    2016年03月
  • 水田雑草ミズアオイとコナギの除草剤抵抗性
    共著
    汪 光熙・長鶴彩加
    農業および園芸
    養賢堂
    90, 1, 165, 173
    2015年06月
  • 雑草モノグラフ 7. ミズアオイ (Monochoria korsakowii Regel et Maack)
    共著
    古原 洋・万 小春・赤井賢成・汪 光熙
    雑草研究
    日本雑草学会
    56, 3, 166, 181
    2011年06月
  • Hybridizations and genetic relationships among Lindernia species (Scrophulariaceae): L. procumbens and two subspecies of L. dubia
    共著
    Yoshino, N., G.-X. Wang, A. Uchino and T. Tominaga.
    Aquatic Botany
    94, 4, 165, 171
    2011年04月
  • Pollination of chasmogamous flowers and effects of light and emergence time on chasmogamy and cleistogamy in Monochoria vaginalis
    共著
    Imaizumi, T., G.-X. Wang and T. Tominaga
    Weed Biology and Management
    WILEY
    8, 4, 260, 266
    2008年12月
  • Inheritance of sulfonylurea resistance in Monochoria vaginalis
    共著
    Imaizumi, T., G.-X. Wang and T. Tominaga
    Weed Research
    WILEY
    48, 5, 448, 454
    2008年10月
  • Self-EcoTILLING to identify single-nucleotide mutations in multigene family
    共著
    Wang, G.-X., T. Imaizumi, W. Li, H. Saitoh, R. Terauchi, T. Ohsako and T. Tominaga
    Pesticide Biochemistry and Physiology
    Elsevier
    92, 1, 24, 29
    2008年09月
  • Genetic diversity of sulfonylurea-resistant and -susceptible Monochoria vaginalis populations in Japan
    共著
    Imaizumi, T., G.-X. Wang, T. Ohsako and T. Tominaga
    Weed Research
    WILEY
    48, 2, 187, 196
    2008年04月
  • Molecular basis of multiple resistances to ACCase-inhibiting and ALS-inhibiting herbicides in Lolium rigidum
    共著
    Tan, M.-K., C. Preston and G.-X. Wang
    Weed Research
    WILEY
    47, 6, 534, 541
    2007年12月
  • Discovery of single-nucleotide mutations in acetolactate synthase genes by Ecotilling
    共著
    Wang, G.-X., M.-K. Tan, S. Rakshit, H. Saitoh, R. Terauchi, T. Imaizumi, T. Ohsako and T. Tominaga.
    Pesticide Biochemistry and Physiology
    88, 1, 143, 148
    2007年06月
  • Naturalization and dissemination of two subspecies of Lindernia dubia (Scrophulariaceae) in Japan
    共著
    Yoshino, N., G.-X. Wang, M. Ito, B. Auld, H. Kohara and T. Enomoto.
    Weed Biology and Management
    6, 174, 176
    2006年09月
  • 水田雑草アゼナ,アメリカアゼナおよびタケトアゼナにおける花の配列の比較
    共著
    好野奈美子・汪 光熙・伊藤操子・冨永達.
    雑草研究
    日本雑草学会
    51, 2, 82, 86
    2006年06月
  • Population structure of Solanum carolinense along the Takano River in Kyoto, Japan as determined by AFLP analysis
    共著
    Imaizumi, T., S. Kurokawa, M. Ito, B. Auld and G.-X. Wang. 
    Weed Research
    46, 3, 219, 225
    2006年04月
  • Genetic diversity of Potamogeton maackianus in the Yangtze River
    共著
    Li, W., L.-Q. Xia, J.-Q. Li and G.-X. Wang.
    Aquatic Botany
    80, 227, 240
    2004年12月
  • Seed germination responses of Monochoria korsakowii Regel et Maack, a threatened paddy weed, to temperature and soil moisture
    共著
    Wan, X.-C., G.-X. Wang and I. Washitani.
    Plant Species Biology
    19, 3, 203, 207
    2004年12月
  • A mutation confers Monochoria vaginalis resistance to sulfonylureas that target acetolactate synthase
    共著
    Wang, G.-X., Y. Lin, W. Li, K. Itoh and M. Ito.
    Pesticide Biochemistry and Physiology
    80, 43, 46
    2004年09月
  • Estimation of out-crossing rate in Monochoria korsakowii using herbicide resistance trait as a marker
    共著
    Wang, G.-X., H. Watanabe, A. Uchino, W. Li and K. Itoh. 
    Journal of Pesticide Science
    28, 429, 430
    2003年12月
  • A new variety of Monochoria (Pontederiaceae) from Thailand
    共著
    Wang, G.-X., W. Li, X. -C. Wan and M. Ito.
    Acta Phytotaxonomica Sinica
    41, 569, 572
    2003年11月
  • Inheritance of sulfonylurea resistance in a paddy weed, Monochoria korsakowii
    共著
    Wang, G.-X., H. Watanabe, A. Uchino, J. Zhou and K. Itoh.
    Journal of Pesticide Science
    28, 212, 214
    2003年06月
  • Response of a sulfonylurea (SU)-resistant biotype of Limnophila sessiliflora to selected SU and alternative herbicides
    共著
    Wang, G.-X., H. Watanabe, A. Uchino and K. Itoh.
    Pesticide Biochemistry and Physiology
    68, 59, 66
    2000年10月
  • 東北地域におけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性アゼナ類2種1変種の出現と各種除草剤に対する反応
    共著
    内野 彰・伊藤一幸・汪 光熙・橘雅明.
    雑草研究
    日本雑草学会
    45, 1, 13, 20
    2000年03月
  • Light requirement in rapid diagnosis of sulfonylurea-resistant weeds of Lindernia spp. (Scrophulariaceae)
    共著
    Uchino, A. H. Watanabe, G.-X. Wang and K. Itoh.
    Weed Technology
    13, 4, 680, 684
    1999年10月
  • Sulfonylurea resistance in Lindernia micrantha, an annual paddy weed in Japan
    共著
    Itoh, K., G.-X. Wang and S. Ohba.
    Weed Research
    39, 5, 413, 423
    1999年10月
  • Out-crossing rates as affected by pollinators and heterozygote advantage of Monochoria korsakowii
    共著
    Wang, G.-X., Y. Yamasue, K. Itoh and T. Kusanagi.
    Aquatic Botany
    62, 135, 143
    1998年06月
  • アジア産ミズアオイ属雑草の分類と種生物学的研究
    単著
    汪 光熙
    雑草研究
    日本雑草学会
    43, 2, 81, 87
    1998年06月
  • ミズアオイとコナギの生育並びに種子生産に対する播種時期,遮光および施肥量の影響
    共著
    汪 光熙・草薙得一・伊藤一幸.
    雑草研究
    日本雑草学会
    42, 2, 135, 143
    1997年06月
  • ミズアオイとコナギの開花の日長反応特性
    共著
    汪 光熙・草薙得一・伊藤一幸
    雑草研究
    日本雑草学会
    41, 3, 241, 246
    1996年09月
  • ミズアオイとコナギ種子の休眠,発芽,出芽特性の差異
    共著
    汪 光熙・草薙得一・伊藤一幸
    雑草研究
    日本雑草学会
    41, 3, 247, 254
    1996年09月
  • ミズアオイとコナギにおけるアイソザイムの変異
    共著
    汪 光熙・草薙得一・伊藤一幸.
    雑草研究
    日本雑草学会
    41, 3, 255, 263
    1996年09月
  • ミズアオイ属植物の分類と雑草生物学的研究
    単著
    汪 光熙
    京都大学,博士論文(農学)
    京都大学
    878
    1996年06月
  • アジア産ミズアオイ属植物の細胞分類学的解析
    共著
    汪 光熙・草薙得一.
    植物分類・地理
    日本植物分類学会
    47, 1, 105, 111
    1996年03月
  • The enantiostyly and the pollination biology of Monochoria korsakowii (Pontederiaceae)
    共著
    Wang, G.-X., R. Miura and T. Kusanagi.
    Acta Phytotaxonomica et Geobotanic
    46, 55, 65
    1995年06月
  • A new species of Monochoria (Pontederiaceae) from Hainan, China
    共著
    Wang, G.-X. and H. Nagamasu.
    Acta Phytotaxonomica et Geobotanic
    45, 41, 44
    1994年03月

その他の研究業績

  • 絶滅危惧植物ミズアオイの最後の抵抗 -SU剤抵抗性生物型ミズアオイの出現およびその繁殖特性について-.
    単著
    汪 光熙
    種生物学研究
    種生物学会
    21, 1, 49, 59
    1997年12月
  • スルホニルウレア系除草剤に対する抵抗性の獲得とALS遺伝子ファミリー
    共著
    汪 光熙・冨永 達
    日本学術会議公開シンポジウム:「植物保護におけるゲノム科学の利用」
    日本学術会議
    11, 14
    2012年11月

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2007年07月, 九州雑草防除研究会第65回例会招待講演、「テーマ:除草剤抵抗性雑草のDNA変異の迅速な解析」の講師を務める。
  • 2007年08月, 中国昆明理工大学生命科学技術学院公開講座、「テーマ:除草剤抵抗性のメカニズムについて」の講師を務める。
  • 2008年11月, 福井市鶉公民館公開講演、「テーマ:希少種ミズアオイと地区の今後の取り組み方について」の講師を務める。
  • 2009年07月, 中国科学院武漢植物園招待講演、「テーマ:三峡ダムの建設と揚子江流域の生態環境」の講師を務める。
  • 2010年12月, 中国武漢大学生命科学学院招待講演、「テーマ:水田雑草の繁殖と進化」の講師を務める。
  • 2012年11月, 平成24年度日本学術会議公開シンポジウム「植物保護におけるゲノム科学の利用」の講師を務める。
  • 2013年10月, 愛知県春日井市連携事業:農学基礎講義、「テーマ:耕地雑草の生態と管理」の講師を務める。
  • 2014年09月, 第29回日本雑草学会シンポジウム「雑草サイエンス最前線」の講師を務める。


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.