教員情報

長郷 文和
ナガサト フミカズ
理工学部 数学科
准教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

大学院その他

  • 理工学研究科 数学専攻, 准教授

学歴

  • 2004年03月, 九州大学大学院, 数理学府, 数理学専攻博士後期課程, 修了

現在所属している学会

  • 日本数学会

研究活動

研究分野

  • 幾何学, 位相幾何学(結び目理論、3次元多様体論、基本群、表現)

研究キーワード

  • 結び目理論,低次元トポロジー,基本群,指標多様体

教育研究への取り組み・抱負

    私が専門とする「結び目理論」とは「位相幾何学」という幾何学の一種です.通常の(ユークリッド)幾何学とは少し違うと感じるような「ある特殊な前提」において、二つの物体が「同じ」か「異なる」のかという問いに対し,様々な手法でアプローチする学問です。数学は単に数式を覚える学問ではありませんので,講義・セミナーでは「ノートを取ることに精一杯で理解が追いつかない」という状況を作らないよう,必ず議論の場を作り,考え,理解し,伝える力を養えるように工夫しています.

学術論文

  • On the trace-free characters
    単著
    Fumikazu Nagasato
    RIMS Kokyuroku
    京都大学数理解析研究所
    1836, 110, 123
    2013年05月
  • On the geometry of the slice of trace-free SL(2,C)-characters of a knot group(査読付き論文)
    共著
    長郷 文和,山口 祥司
    Mathematische Annalen
    Springer
    354, 3, 967, 1002
    2012年10月
  • On minimal elements for a partial order of prime knots(査読付き論文)
    単著
    長郷 文和
    Topology and its Applications
    Elsevier
    159, 1059, 1063
    2012年03月
  • On the character rings of twist knots(査読付き論文)
    単著
    長郷 文和
    Bulletin of the Korean Mathematical Society
    The Korean Mathematical Society
    48, 3, 469, 474
    2011年06月
  • On a behavior of a slice of the SL(2,C)-character variety of a knot group under the connected sum(査読付き論文)
    単著
    長郷 文和
    Topology and its Applications
    Elsevier
    157, 1, 182, 187
    2010年01月
  • On a background of the existence of multi-variable link invariants(査読付き論文)
    共著
    長郷 文和,Hamai Kanau
    Kyungpook Mathematical Journal
    Kyungpook National University
    48, 2, 233, 240
    2008年07月
  • Finiteness of a section of the SL(2,C)-charactervariety of the knot group(査読付き論文)
    単著
    長郷 文和
    Kobe Journal of Mathematics
    Kobe University
    24, 2, 125, 136
    2007年12月
  • An exposition of the sl(N,C)-weightsystem(査読付き論文)
    共著
    長郷 文和,高向 崇
    Journal of Lie Theory
    FIZ Karlsruhe / Zentralblatt MATH
    17, 2, 263, 281
    2007年02月
  • Some results aboutthe Kauffman bracket skein module of the twist knot exterior(査読付き論文)
    共著
    Razvan Gelca, Fumikazu Nagasato
    Journal of Knot Theory and its Ramifications
    World Scientific
    15, 8, 1095, 1106
    2006年10月
  • Computing the A-polynomial using noncommutative methods(査読付き論文)
    単著
    長郷 文和
    Journal of Knot Theory and its Ramifications
    World Scientific
    14, 6, 735, 749
    2005年09月
  • Efficient formula of the colored Kauffman brackets(査読付き論文)
    単著
    長郷 文和
    Lobachevskii Journal of Mathematics
    Springer
    16, 71, 78
    2004年11月
  • A diagrammatic construction of the (sl(N,C),\rho)-weight system(査読付き論文)
    単著
    長郷 文和
    Interdisciplinary Information Sciences
    Tohoku University
    9, 1, 43, 51
    2003年03月

講演・口頭発表等

  • On the trace-free characters of knot groups
    単著
    長郷 文和
    Topology Seminar, University of California, Santa Barbara
    2012年10月31日
    Department of Mathematics, University of California, Santa Barbara
  • On trace-free characters and abelian knot contact homology
    単著
    長郷 文和
    RIMS Seminar『Representation spaces, twisted topological invariants andgeometric structures of 3-manifolds』
    2012年05月31日
    森藤 孝之
  • Character variety の断面から誘導される代数多様体族とknot contact homology
    単著
    長郷 文和
    第54 回トポロジーシンポジウム
    2007年08月08日
    トポロジープロジェクト

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2008年11月, SSH特別講座「題目:位相幾何学入門」の特別講師,名古屋市立向陽高校
  • 2009年11月, SSH特別講座「題目:位相幾何学入門」の特別講師,名古屋市立向陽高校
  • 2010年05月, 数理ウェーブ (数学コンクール フォローアップセミナー)講師,名古屋大学
  • 2010年11月, SSH特別講座「題目:位相幾何学入門」の特別講師,名古屋市立向陽高校
  • 2011年06月, 数理ウェーブ (数学コンクール フォローアップセミナー)講師,名古屋大学
  • 2012年06月, SSH特別講座「題目:位相幾何学入門」の特別講師,名古屋市立向陽高校
  • 2012年10月, あいちサイエンスフェスティバル2012 SAKAE Science Talk 講師(物理・天文Week)
  • 2012年10月, 名城大学 総合講座 講師


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.