教員情報

新井 宗之
アライ ムネユキ
理工学部 社会基盤デザイン工学科
准教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    男性

大学院その他

  • 理工学研究科 社会環境デザイン工学専攻, 准教授
  • 理工学研究科 建設システム工学専攻, 准教授

学歴

  • 1976年03月, 岐阜大学大学院, 工学研究科, 土木工学専攻修士課程, 修了
  • 1992年03月,  

現在所属している学会

  • (社)土木学会
  • (社)砂防学会
  • 日本自然災害学会
  • 国際水理学会(International Association for Hydraulic Research)
  • (社)土木学会
  • European Geosciences Union (EGU

学会

  • 2009年04月, European Geosciences Union General Assembly のCo-Convener, Chairperson

研究活動

研究分野

  • その他, 河川工学
  • その他, 砂防工学
  • その他, 防災工学

教育研究への取り組み・抱負

    授業は、基礎となる科目(水理学)と応用的な科目(防災システム学1,砂防工学他)を担当している.水理学,防災システム学での演習問題は数値等が全員異なる問題を作成し,自分自身で解くように配慮している.また,その問題をWEB上で解答例を得ることが出来るようなWEBシステムを開発し,学生自身による勉学の向上を支援するようにしている.研究においては,山間部での豪雨に伴う多数の段波状の土石流流下現象について,その生成機構および流下特性について研究している.近年の気候変動による自然災害に対する軽減・防災に寄与するための基礎的な研究である.この転波列性土砂流の理論的,実験的な研究をおもに行っているが,オーストリアのBodenkultur Wien大学のAlpine Naturgefahren研究所の研究者がオーストリア西部で現地観測をしており,その研究者らと共同研究を進めている.これからも転波列性サージ特性解明の研究を進めて行きたい.

学術論文

  • Occurrence conditions of roll waves for three grain-fluid models and comparison with results from experiments and field observation
    共著
    新井宗之、J.Huebl、R.Kaitna
    Geophysical Journal International
    Oxford University Press (The Royal Astronomical Society)
    195, 3, 1464, 1480
    2013年10月
  • A study on wave equation and solutions of shallow water on inclined channel
    共著
    新井宗之、中川一
    Proceedings of the 12th International Symposium on River Sedimentation
    ISRS 2013, Kyoto Japan
    553, 558
    2013年09月
  • 山地河道における浅水流に関する波動方程式の導出とその解析解の検討
    共著
    新井宗之、安田孝志、中川一
    土木学会論文集B1(水工学)
    69, 4, I_961, I_966
    2013年02月
  • 高濃度泥流サージの生成機構と流動モデルに関する研究
    共著
    新井宗之、水山高久
    土木学会論文集B1(水工学)
    67, 92, 100
    2011年09月
  • 転波列性泥流のサージ波長に関する基礎的検討
    共著
    新井宗之、水山高久
    土木学会論文集A2(応用力学)
    67, I_345, I_354
    2011年09月
  • 流砂による河川構造物の耐摩耗性材料に関する研究
    共著
    新井宗之、三ツ井達也、和泉彰彦
    河川技術論文集
    土木学会
    17, 305, 310
    2011年07月
  • 泥流の土石流サージ生成に関する基礎的検討
    単著
    新井宗之
    水工学論文集
    土木学会
    54, 649, 654
    2010年03月
  • 土石流の調節制御に関する研究(2)
    共著
    京都大学防災研究所年報
    第29号B, 251, 263
    1981年04月

その他の研究業績

  • A research of phase velocity of roll waves for debris flow
    単著
    European Geosciences Union 2012 General Assembly, NH3.10, EGU2012-6719
    2012年04月
  • 転波列性土砂流サージの波動方程式に関する一検討
    共著
    新井宗之、安田孝志
    土木学会年次学術講演会概要集
    II
    2012年09月
  • 転波列性土石流サージの波動特性に関する実験的研究
    共著
    新井宗之,久野浩太,石川雄規
    土木学会年次学術講演会概要集
    II
    2012年09月
  • 運動量補正係数を含む浅水流の運動方程式による波動方程式に関する検討
    単著
    平成24年度土木学会中部支部研究発表会概要集
    II-9
    2013年03月
  • 傾斜水路における転波列性サージ波動特性実験に関する検討
    共著
    石川雄規,新井宗之,浅田浩行,仙波学
    平成24年度土木学会中部支部研究発表会概要集
    II-27
    2013年03月
  • A research of wave equation of shallow water with sediment on inclined channel
    単著
    European Geosciences Union 2013 General Assembly, NH3.10, EGU2013-6520
    2013年04月
  • 転波列性土砂流サージの波動方程式に関する一検討
    共著
    仙波学,新井宗之,石川雄規
    土木学会第68回年次学術講演会概要集
    II-017, 33, 34
    2013年09月
  • 転波列サージの波動特性の流量変化に関する実験的検討
    共著
    石川雄規,新井宗之,仙波学
    土木学会第68回年次学術講演会概要集
    II-018, 35, 36
    2013年09月
  • 運動量補正係数βを含む浅水流運動方程式に基づく波動方程式に関する一検討
    単著
    土木学会第68回年次学術講演会概要集
    II-019, 37, 38
    2013年09月
  • 傾斜水路における転波列性サージの波の分散性に関する実験的検討
    共著
    寺川 大貴,新井 宗之,石川 雄規,仙波 学
    平成25年度土木学会中部支部研究発表会講演概要集
    II-36, 137, 138
    2014年03月
  • 転波列性サージのスリットダム通過における初期ピークの低減に関する検討
    共著
    仙波 学,新井 宗之,石川 雄規
    平成25年度土木学会中部支部研究発表会講演概要集
    II-37, 139, 140
    2014年03月

社会活動

その他の社会貢献業績(国際貢献、産業支援等)

  • 2001年04月, 2002年03月, 東亞合成株式会社と発電用水路の粗度係数に関する共同研究を実施した。
  • 2005年10月, 2005年11月, ロシア国パシフィック国立大学(旧ハバロフスク国立工業大学)よりグロビナ・エヴゲニヤ氏を受入、研究指導を行った。


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.