大浦 健 オオウラ タケシ

■所属
農学部 生物環境科学科
■職名
教授
■メールアドレス
ohurameijo-u.ac.jp
■性別
男性

基本情報

大学院その他

  • 農学研究科 農学専攻 教授

学歴

  • 1996/04-1999/03 埼玉大学大学院 理工学研究科 生物環境科学専攻博士後期課程

職歴

1997年04月-1999年03月 独立行政法人理化学研究所非常勤研究員
1999年04月-2010年03月 静岡県立大学環境科学研究所助手・助教
2000年11月-2001年01月 RISO国立研究所(デンマーク)生物地球化学研究室客員研究員
2006年10月-2010年03月 静岡産業大学経営学部非常勤講師(環境総論B担当)
2010年04月-2011年03月 埼玉県環境科学国際センター客員研究員
2010年04月-2016年03月 名城大学農学部准教授
2016年04月-名城大学農学部教授

委員歴(学外)

2003年08月-第13回環境化学討論会実行委員
2007年03月-Editorial board member of TheScientificWorldJOURNAL
2008年03月-Editorial board member of Air, Soil & Water Research
2008年11月-日本環境変異原学会第38回大会実行委員
2010年04月-日本分析化学会 代議員
2014年04月-日本化学会東海支部化学教育協議会委員
2014年01月-化学グランプリ2014東海支部実行委員
2015年01月-化学グランプリ2015東海支部実行委員長
2015年04月-日本環境化学会 評議員
2016年09月-第26回環境化学討論会実行委員
2016年10月-化学物質安全対策(高分子化合物の評価手法に関する調査・検討)委員会委員(経済産業省)
2017年04月-化学物質審査検討会専門委員(経済産業省)

研究活動

研究分野

  • 環境動態解析 / 環境動態分析
  • 分析化学 / 分析化学
  • 生態・環境 / 環境保全

教育研究への取り組み・抱負

  • 最近の環境問題は様々な要因が複雑に絡み合っています。すなわち、環境問題を解決するには、いかに様々な視点から客観的に問題を捉えられるかが重要になります。また問題を評価するには定量的な解析が不可欠です。授業では環境問題の様々な要因を学び、また研究活動を通じて客観的、定量的な評価を出来る能力を養います。そして今後顕在化し得るような未知の環境汚染物質の調査を進め、より安全・安心な社会の実現を目指しています。

学術論文

  • タイトル : Chlorinated polycyclic aromatic hydrocarbons in surface sediment from Maowei Sea, Guangxi, China: occurrence, distribution, and source apportionment
    著者 : Y. Wang, R. Liao, W. Liu, K. Kannan, T. Ohura, M. Wu, J. Ma
    誌名 : Environ. Sci. Pollut. Res.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 24:16241 - 16252
    出版年月 : 2017年
  • タイトル : Determination of particle-associated PAH derivatives (ClPAHs, NPAHs, OPAHs) in ambient air and automobile exhaust by gas chromatography/mass spectrometry with negative chemical ionization
    著者 : Y. Kamiya, T. Kameda, T. Ohura, S. Tohno
    誌名 : Polycyclic Aromat. Compd.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 37:128 - 140
    出版年月 : 2017年
  • タイトル : Size distribution of chlorinated polycyclic aromatic hydrocarbons in atmospheric particles
    著者 : K. Kakimoto, H. Nagayoshi, Y. Konishi, K. Kajimura, T. Ohura, T. Nakano, M. Hata, M. Furuuchi, N. Tang, K. Hayakawa, A. Toriba
    誌名 : Arch. Environ. Contam. Toxicol.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 72:58 - 64
    出版年月 : 2017年
  • タイトル : Source apportionment of chlorinated polycyclic aromatic hydrocarbons associated with ambient particles in a Japanese megacity
    担当区分 : 共著
    著者 : Y. Kamiya, A. Iijima, F. Ikemori, T. Okuda, T. Ohura
    誌名 : Sci. Rep.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 6:38358 -
    出版年月 : 2016年
  • タイトル : Spatio-temporal distribution, source, and genotoxic potential of polycyclic aromatic hydrocarbons in estuarine and riverine sediments from southern India
    担当区分 : 共著
    著者 : P. Goswami, T. Ohura, K. S. Guruge, M. Yoshioka, N. Yamanaka, M. Akiba, N. Munuswamy
    誌名 : Ecotoxicol. Environ. Saf.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 130:113 - 123
    出版年月 : 2016年
  • タイトル : Local and seasonal variations in concentrations of chlorinated polycyclic aromatic hydrocarbons associated with particles in a Japanese megacity
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Ohura, Y. Kamiya, F. Ikemori
    誌名 : J. Hazard. Mater.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 312:254 - 261
    出版年月 : 2016年
  • タイトル : Photochlorination of polycyclic aromatic hydrocarbons in acidic brine solution
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Ohura, M. Miwa
    誌名 : Bull. Environ. Contam. Toxicol.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 96:524 - 529
    出版年月 : 2016年
  • タイトル : Identification and characterization of oxidative metabolites of 1-chloropyrene
    担当区分 : 共著
    著者 : K. Kakimoto, H. Nagayoshi, N. Inazumi, A. Tani, Y. Konishi, K. Kajimura, T. Ohura, T. Nakano, N. Tang, K. Hayakawa, A. Toriba
    誌名 : Chem. Res. Toxicol.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 26:1728 - 1736
    出版年月 : 2015年
  • タイトル : Novel method of the surface modification of the microcrystalline cellulose powder with poly(isobutyl vinyl ether) using mechanochemical polymerization
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Motokawa, M. Makino, Y. Enomoto-Rogers, T. Kawaguchi, T. Ohura, T. Iwata, M. Sakaguchi
    誌名 : Adv. Powder Technol.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 26:1383 - 1390
    出版年月 : 2015年
  • タイトル : Optimisation of pre-treatment and ionisation for GC/MS analysis for the determination of chlorinated PAHs in atmospheric particulate samples
    担当区分 : 共著
    著者 : Y. Kamiya, F. Ikemori, T. Ohura
    誌名 : Int. J. Environ. Anal. Chem.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 95:1157 - 1168
    出版年月 : 2015年
  • タイトル : Spatial and vertical distributions of sedimentary halogenated polycyclic aromatic hydrocarbons in moderately polluted areas of Asia
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Ohura, H. Sakakibara, I. Watanabe, W. J. Shim, P. M. Manage, K. S. Guruge
    誌名 : Environ. Pollut.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 196:331 - 340
    出版年月 : 2015年
  • タイトル : Sex-dependent difference in the hepatic and pulmonary toxicological effects in mice administrated 7-chlorinated benz[a]anthracene
    担当区分 : 共著
    著者 : H. Sakakibara, T. Ohura, Y. Kamiya, N. Yamanaka, N. Shimada, K. Shimoi, K. S. Guruge
    誌名 : Fund. Toxicol. Sci.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 1:101 - 108
    出版年月 : 2014年
  • タイトル : Contact electrification of polymers due to electron transfer among mechano anions, mechano cations and mechano radicals
    担当区分 : 共著
    著者 : M. Sakaguchi, M. Makino, T. Ohura, T. Iwata
    誌名 : J. Electrostat
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 72412 - 416
    出版年月 : 2014年
  • タイトル : Novel synthesis of cellulose-based diblock copolymer of poly(hydroxyethyl methacrylate) by mechano-chemical reaction.
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Ohura, Y. Tsutaki, M. Sakaguchi
    誌名 : Sci. World J.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 2014127506 - 127506
    出版年月 : 2014年
  • タイトル : The correlation between the ionic degree of covalent bond comprising polymer main chain and the ionic yield due to mechanical fracture.
    担当区分 : 共著
    著者 : M. Sakaguchi, M. Makino, T. Ohura, T. Iwata
    誌名 : Polymer.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 551917 - 1919
    出版年月 : 2014年
  • タイトル : Atmospheric chlorinated polycyclic aromatic hydrocarbons in East Asia.
    担当区分 : 共著
    著者 : K. Kakimoto, H. Nagayoshi, Y. Konishi, K. Kajimura, T. Ohura, K. Hayakawa, A. Toriba
    誌名 : Chemosphere.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 11140 - 46
    出版年月 : 2014年
  • タイトル : Chlorinated Polycyclic Aromatic Hydrocarbons in Urban Surface Dust and Soil of Shanghai, China.
    担当区分 : 共著
    著者 : Jing Ma, Ji San Zheng, Zu Yi Chen, Ming Hong Wu, Yuichi Horii, Takeshi Ohura, Kurunthachalam Kannan
    誌名 : Advanced Materials Research,
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 610-6132989 - 2994
    出版年月 : 2013年
  • タイトル : Evaluation of chlorinated benz[a]anthracene on hepatic toxicity in rats and mutagenic activity in Salmonella typhimurium.
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Kido, H. Sakakibara, T. Ohura, K. S. Guruge, M. Kojima, J. Hasegawa, T. Iwamura, N. Yamanaka, M. Sakaguchi, T. Amagai, K. Shimoi
    誌名 : Environ. Toxicol.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 2821 - 30
    出版年月 : 2013年
  • タイトル : Organ-specific distribution of 7-chlorinated benz[a]anthracene and regulation of selected cytochrome P450 genes in rats.
    担当区分 : 共著
    著者 : H. Sakakibara, T. Ohura, T. Kido, N. Yamanaka, N. Tanimura, K. Shimoi, K. S Guruge
    誌名 : J. Toxicol. Sci.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 38137 - 143
    出版年月 : 2013年
  • タイトル : Airborne PM2.5/PM10-associated chlorinated polycyclic aromatic hydrocarbons and their parent compounds in a suburban area in Shanghai, China.
    担当区分 : 共著
    著者 : J. Ma, Z. Chen, M. Wu, J. Feng, Y. Horii, T. Ohura, K. Kannan
    誌名 : Environ Sci Technol.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 477615 - 7623
    出版年月 : 2013年
  • タイトル : Diurnal variability of chlorinated polycyclic aromatic hydrocarbons in urban air, Japan.
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Ohura, M. Kojima, Y. Horii, Y. Kamiya
    誌名 : Atmos. Environ.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 8184 - 91
    出版年月 : 2013年
  • タイトル : Nano cellulose particles covered with block copolymer of cellulose and methyl methacrylate produced by solid mechano chemical polymerization.
    担当区分 : 共著
    著者 : M. Sakaguchi, T. Ohura, T. Iwata, Y. Enomoto-Rogers
    誌名 : Polym. Degrad. Stab.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 97257 - 263
    出版年月 : 2012年
  • タイトル : Inhalation cancer risk associated with exposure to complex polycyclic aromatic hydrocarbon mixtures in an electronic waste and urban area in South China.
    担当区分 : 共著
    著者 : J. Wang, S-J. Chen, M. Tian, X. Zheng, L. Gonzales, T. Ohura, B. Mai, S. Simonich
    誌名 : Environ. Sci. Technol.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 469745 - 9752
    出版年月 : 2012年
  • タイトル : Mechanoanions produced by mechanical fracture of bacterial cellulose: Ionic nature of glycosidic linkage and electrostatic charging.
    担当区分 : 共著
    著者 : M. Sakaguchi, M. Makino, T. Ohura, T. Iwata
    誌名 : J. Phys. Chem. A.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 1169872 - 9877
    出版年月 : 2012年
  • タイトル : Global and selective detection of organohalogens in environmental samples by comprehensive two-dimentional gas chromatography-tandem mass spectrometry and high-resolution time-of-flight mass spectrometry.
    担当区分 : 共著
    著者 : S. Hashimoto, Y. Takazawa, A. Fushimi, K. Tanabe, Y. Shibata, T. Ieda, N. Ochiai, H. Kanda, T. Ohura, Q. Tao, S. E. Reichenbach
    誌名 : J. Chromatogr. A
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 12183799 - 3810
    出版年月 : 2011年
  • タイトル : Comparison of polycyclic aromatic hydrocarbon pollution in Chinese and Japanese residential air.
    担当区分 : 共著
    著者 : H. Lu, T. Amagai, T. Ohura
    誌名 : J. Environ. Sci.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 231512 - 1517
    出版年月 : 2011年
  • タイトル : Characteristics of halogenated polycyclic aromatic hydrocarbons in flue gas from waste incinerators.
    担当区分 : 共著
    著者 : Y. Horii, N. Ohtsuka, K. Minomo, K. Nojiri, T. Ohura, Y. Miyake, K. Kannan
    誌名 : Organohalogen Compd.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 73108 - 111
    出版年月 : 2011年
  • タイトル : Comprehensive two-dimensional gas chromatography coupled to high-resolution time-of-flight mass spectrometry for analysis of Cl-/Br-PAHs in environmental samples.
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Ieda, N. Ochiai, T. Miyawaki, T. Ohura, Y. Horii
    誌名 : Organohalogen Compd.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 732155 - 2158
    出版年月 : 2011年
  • タイトル : Envirmental analysis of chlorinated and brominated polycyclic aromatic hydrocarbons by comprehensive two-dimensional gas chromatography coupled to high-resolution time-of-flight mass spectrometry.
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Ieda, N. Ochiai, T. Miyawaki, T. Ohura, Y. Horii
    誌名 : J.Chromatogr. A
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 12183224 - 3232
    出版年月 : 2011年
  • タイトル : A methoxyflavonoid, chrysoeriol, selectively inhibits the formation of a carcinogenic estrogen metabolite in MCF-7 breast cancer cells.
    担当区分 : 共著
    著者 : H. Takemura, H. Uchiyama, T. Ohura, H. Sakakibara, R. Kuruto, T. Amagai, K. Shimoi
    誌名 : J. Steroid Biochem. Mol. Biol.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 11870 - 76
    出版年月 : 2010年
  • タイトル : Aryl hydrocarbon receptor activities of hydroxylated polycyclic aromatic hydrocarbons in recombinant yeast cells.
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Ohura, R. Kurihara, S. Hashimoto
    誌名 : Toxicol. Environ. Chem.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 92737 - 742
    出版年月 : 2010年
  • タイトル : Benzo[a]pyrene exposed to solar-simulated light inhibits apoptosis and augments carcinogenicity.
    担当区分 : 共著
    著者 : M. Teranishi, T. Toyooka, T. Ohura, S. Masuda, Y. Ibuki
    誌名 : Chem. Biol. Interact.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 1854 - 11
    出版年月 : 2010年
  • タイトル : A simple method for screening emission sources of carbonyl compounds in indoor air.
    担当区分 : 共著
    著者 : S. Yamashita, K. Kume, T. Horiike, N. Honma, M. Fusaya, T. Ohura, T. Amagai
    誌名 : J. Hazard. Mater.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 178370 - 376
    出版年月 : 2010年
  • タイトル : Inhibitory effects of chrysoeriol on DNA adduct formation with benzo[a]pyrene in MCF-7 breast cancer cells.
    担当区分 : 共著
    著者 : H. Takemura, H. Nagayoshi, T. Matsuda, H. Sakakibara, M. Morita, A. Matsui, T. Ohura, K. Shimoi
    誌名 : Toxicology.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 27442 - 48
    出版年月 : 2010年
  • タイトル : Diblock copolymer of bacterial cellulose and poly(methyl methacrylate) Initiated by chain-end-type radicals produced by mechanical scission of glycosidic linkages of bacterial cellulose.
    担当区分 : 共著
    著者 : M. Sakaguchi, T. Ohura, T. Iwata, S. Takahashi, S. Akai, T. Kan, H. Murai, M. Fujiwara, O. Watanabe, M. Narita
    誌名 : Biomacromolecules
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 113059 - 3066
    出版年月 : 2010年
  • タイトル : Differential action of chlorinated polycyclic aromatic hydrocarbons on aryl hydrocarbon receptor-mediated signaling in breast cancer cells.
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Ohura, M. Morita, R. Kuruto-Niwa, T. Amagai, H. Sakakibara, K. Shimoi
    誌名 : Environ.Toxicol.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 25180 - 187
    出版年月 : 2010年
  • タイトル : Laboratory investigation of PCDD/Fs and dioxin-like compounds formation during chlor-alkali process.
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Yamamoto, K. Higashino, T. Ohura, T. Amagai, H. Takemori, T. Takasuga, Y. Sasaki
    誌名 : Organohalogen Compd.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 71863 - 868
    出版年月 : 2009年
  • タイトル : Occurrence and profiles of chlorinated and brominated PAHs in sediments from industrial areas in Japan and United State.
    担当区分 : 共著
    著者 : Y. Horii, T. Ohura, N. Yamashita, K. Kannan
    誌名 : Organohalogen Compd.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 711410 - 1415
    出版年月 : 2009年
  • タイトル : Aryl hydrocarbon receptor-mediated gene expression by chlorinated polycyclic aromatic hydrocarbons and cross-talk with estrogen receptors.
    担当区分 : 共著
    著者 : H. Sakakibara, T. Ohura, M. Morita, S. Hirabayashi, R. Kuruto-Niwa, T. Amagai, K. Shimoi
    誌名 : Interdiscip. Stud. Environ. Chem.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 2197 - 202
    出版年月 : 2009年
  • タイトル : Chlorinated and parent polycyclic aromatic hydrocarbons in environmental samples from an electronic waste recycling facility and a chemical industrial complex in China.
    担当区分 : 共著
    著者 : J. Ma, Y. Horii, J. Cheng, W. Wang, Q. Wu, T.Ohura, K. Kannan
    誌名 : Environ. Sci.Technol.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 43643 - 649
    出版年月 : 2009年
  • タイトル : Relative potencies of individual chlorinated and brominated polycyclic aromatic hydrocarbons for induction of aryl hydrocarbon receptor-mediated responses.
    担当区分 : 共著
    著者 : Y. Horii, J. S. Khim, E. B. Higley, J. P. Giesy,T. Ohura,K. Kannan
    誌名 : Environ. Sci.Technol.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 432159 - 2165
    出版年月 : 2009年
  • タイトル : Discovery of novel halogenated polycyclic aromatic hydrocarbons in urban particulate matters:Occurrence,photostability,and AhR activity.
    担当区分 : 共著
    著者 : T.Ohura*,K.Sawada,T.Amagai,M.Shinomiya
    誌名 : Environ,Sci.Technol.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 432269 - 2275
    出版年月 : 2009年
  • タイトル : Chlorinated polycyclic aromatic hydrocarbons in sediments from industrial areas in Japan and the United States.
    担当区分 : 共著
    著者 : Y.Horii,T.Ohura,N.Yamashita,K.Kannan
    誌名 : Arch. Environ.Contam.Toxicol.,In Press
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 57651 - 660
    出版年月 : 2009年
  • タイトル : Comparative study on indoor air quaity in Japan and China:characteristics of residential indoor and outdoor VOCs.
    担当区分 : 共著
    著者 : T.Ohura*(*:corresponding author),T.Amagai,X.Shen,S.Li,P.Zhang,L.Zhu
    誌名 : Atmos. Environ.Accepted for publication.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 436352 - 6359
    出版年月 : 2009年
  • タイトル : Effective biosynthesis of poly(3-hydroxybutyrate-co-4-hydroxybutyrate) with high 4-hydroxybutyrate fractions by Wautersia entropha in the presence of a-amino acids.
    担当区分 : 共著
    著者 : H. Kimura, T. Ohura, T. Matsumoto, T.Ikarashi
    誌名 : Polym.Int
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 57149 - 157
    出版年月 : 2008年
  • タイトル : Behavior and prediction of photochemical degradation of chlorinated polycyclic aromatic hydrocarbons in cyclohexane.
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Ohura*. T. Amagai, M. Makino
    誌名 : Chemosphere,
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 702110 - 2117
    出版年月 : 2008年
  • タイトル : Occurrences and profiles of chlorinated and brominated polycyclic aromatic hydrocarbons in waste incinerators.
    担当区分 : 共著
    著者 : Y. Horii, G. Ok, T. Ohura, K. Kannan
    誌名 : Environ. Sci.Technol.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 421904 - 1909
    出版年月 : 2008年
  • タイトル : Field monitoring of volatile organic compounds using passive air samplers in an industrial city, Japan.
    担当区分 : 共著
    著者 : K. Kume, T. Ohura*. T. Amagai, M. Fusaya
    誌名 : Environ pollut,
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 153649 - 657
    出版年月 : 2008年
  • タイトル : Chlorinated polycyclic aromatic hydrocarbons in the atmosphere:Seasonal levels, gas-particle partitioning, and origin.
    担当区分 : 共著
    著者 : T.Ohura* S. Fujima, T. Amagai, M. Shinomiya
    誌名 : Environ. Sci.Technol.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 423296 - 3302
    出版年月 : 2008年
  • タイトル : Chlorinated phenanthrenes induce CYP1A1 through aryl hydrocarbon receptor activation.
    担当区分 : 共著
    著者 : M. Morita, T. Ohura, R. Kuruto-Niwa, H. Sakakibara, T. Amagai, K. Shimoi
    誌名 : Organohalogen Compd.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 691881 - 1884
    出版年月 : 2007年
  • タイトル : Relationships between chlorinatedpolycyclic aromatic hydrocarbons and dioxins in urban air and incinerators.
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Ohura, A. Kitazawa, T. Amagai, M. Shinomiya
    誌名 : Organohalogen Compd.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 692902 - 2905
    出版年月 : 2007年
  • タイトル : パッシブサンプラー捕集/溶媒抽出/大量試料導入HPLC法を用いたカルボニル化合物の室内外濃度調査に関する研究
    担当区分 : 共著
    著者 : 久米一成,堀池利行,本間信行,山下昌平,房家正博,大浦健,雨谷敬史
    誌名 : 室内環境学会誌
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 10107 - 120
    出版年月 : 2007年
  • タイトル : Environmental behavior,sources, and effects of chlorinated polycyclic aromatic hydrocarbons.
    担当区分 : 単著
    著者 : T. Ohura*
    誌名 : The Scientific World JOURNAL,
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 7372 - 380
    出版年月 : 2007年
  • タイトル : Water soluble fraction of solar-simulated light-exposed crude oil generates phosphorylation of histone H2AX in human skin cells under UVA exposure.
    担当区分 : 共著
    著者 : Y. Ibuki, T. Toyooka, J. Shirahata,T. Ohura, R. Goto
    誌名 : Environ. Mol.Mutagen.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 48430 - 439
    出版年月 : 2007年
  • タイトル : Seasonal and spatial trends of suspended-particle associated polycyclic aromatic hydrocarbons in urban Shizuoka, Japan.
    担当区分 : 共著
    著者 : K. Kume, T. Ohura*. T. Noda, T. Amagai, M.Fusaya
    誌名 : J. Hazard. Mater.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 144513 - 521
    出版年月 : 2007年
  • タイトル : Aryl hydrocarbon receptor-mediated effects of chlorinated polycyclic aromatic hydrocarbons.
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Ohura*. M. Morita, M. Makino, T. Amagai,K. Shimoi
    誌名 : Chem. Res.Toxicol.,
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 201237 - 1241
    出版年月 : 2007年
  • タイトル : ビスフェノールA,アルキルフェノール類の大量注入-HPLC/蛍光検出法による高感度分析手法の開発
    担当区分 : 共著
    著者 : 房家正博,藤間翔穂子,大浦健,雨谷敬史
    誌名 : 環境化学
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 16661 - 667
    出版年月 : 2006年
  • タイトル : Development of pretreatment method for measuring atmospheric low-concentration carbonyl compounds with a passive samplingdevice.
    担当区分 : 共著
    著者 : K. Kume, M. Fusaya, T. Horiike, S.Yamashita, T. Ohura. T. Amagai
    誌名 : Current Topics in Analytical Chemistry
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 653 - 61
    出版年月 : 2006年
  • タイトル : Simultaneously determination of gaseous and particulate chlorinated polycyclic aromatic hydrocarbons in emissions from the combustion of polyvinylidene chloride film.
    担当区分 : 共著
    著者 : S. Fujima, T, Ohura. T. Amagai
    誌名 : Chemosphere,
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 651983 - 1989
    出版年月 : 2006年
  • タイトル : Temporal trends and relationships of particulate chlorinated polycyclic aromatic hydrocarbons and their parent compounds in urban air.
    担当区分 : 共著
    著者 : A. Kitazawa, T. Amagai, T. Ohura*
    誌名 : Environ, Sci. Technol.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 404592 - 4598
    出版年月 : 2006年
  • タイトル : Regional assessment of ambient volatile organic compounds in an industrial harbor area,Shizuoka, Japan.
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Ohura*, T. Amagai, M. Fusaya
    誌名 : Atmos. Environ.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 40238 - 248
    出版年月 : 2006年
  • タイトル : Organic air pollutants inside and outside residences in Shimizu,Japan: Levels, sources and risks.
    担当区分 : 共著
    著者 : T.0hura, T.Amagai, Y.Senga, M. Fusaya
    誌名 : Sci. Total Environ.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 366483 - 497
    出版年月 : 2006年
  • タイトル : Occurrence, profiles, and photostabilities of chlorinated polycyclic aromatic hydrocarbons associated with particulates in urban air.
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Ohura*. A. Kitazawa, T. Amagai, M.Makino
    誌名 : Environ. Sci Technol.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 3985 - 91
    出版年月 : 2005年
  • タイトル : Prediction of personal exposure to PM2.5 and carcinogenic polycyclic aromatic hydrocarbons by their concentrations in residential microenvironments.
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Ohura*. T. Noda, T. Amagai, M. Fusaya
    誌名 : Environ. Sci Technol.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 395592 - 5599
    出版年月 : 2005年
  • タイトル : Development of a highly sensitive method for determining atmospheric carbonyl compounds by passive sampling and application of the method to a survey of indoor air.
    担当区分 : 共著
    著者 : M. Fusaya, T. Ohura*. M. Suzuki, I Amagai,H. Matsushita
    誌名 : Intern. J. Environ. Anal Chem.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 841035 - 1044
    出版年月 : 2004年
  • タイトル : Spatial distributions and profiles of atmospheric polycyclic aromatic hydrocarbons in two industrial cities in Japan.
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Ohura*. T. Amagai, M. Fusaya, H.Matsushita
    誌名 : Environ. Sci Technol.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 3849 - 55
    出版年月 : 2004年
  • タイトル : Polycyclic aromatic hydrocarbons in indoor and outdoor environments and factors affecting their concentrations.
    担当区分 : 共著
    著者 : T, Ohura*. T. Amagai, M. Fusaya, H.Matsushita
    誌名 : Environ. Sci Technol.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 3877 - 83
    出版年月 : 2004年
  • タイトル : Characteristics of particle matter and associated polycyclic aromatic hydrocarbons in indoor and outdoor air in two cities in Shizuoka, Japan.
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Ohura*. T. Amagai, T. Sugiyama, M.Fusaya, H. Matsushita
    誌名 : Atmos.Environ.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 382045 - 2054
    出版年月 : 2004年
  • タイトル : Seasonal variability of 1-chloropyrene on atmospheric particles and photostability in toluene.
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Ohura*. A. Kitazawa, T.Amagai
    誌名 : Chemosphere.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 57831 - 837
    出版年月 : 2004年
  • タイトル : Simultaneous liquid chromatographic determination of 39 polycyclic aromatic hydrocarbons in indoor and outdoor air and application to a survey on indoor air pollution in Fuji, Japan.
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Ohura*. T. Sugiyama, T. Amagai, M.Fusaya, H. Matsushita
    誌名 : J.AOAC Int.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 85188 - 202
    出版年月 : 2002年
  • タイトル : Gas chromatographic/mass spectrometric determination of benzene and its alkyl derivatives in indoor and outdoor air in Fuji,Japan.
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Amagai, T. Ohura, T. Sugiyama, M. Fusaya,H. Matsushita
    誌名 : J.AOAC Int.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 85203 - 211
    出版年月 : 2002年
  • タイトル : Occurrence and photostability  of 3-nitrobenzanthrone associated with atmospheric particles.
    担当区分 : 共著
    著者 : A. Feilberg, T. Ohura. T. Nielsen, M. W. B.Poulsen, T. Amagai
    誌名 : Atmos. Environ.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 363591 - 3600
    出版年月 : 2002年
  • タイトル : 富士市における有害大気汚染物質濃度の調査結果について(2)-各種有害化学物質の濃度分布図の作成と汚染原因の推定-
    担当区分 : 共著
    著者 : 房家正博,篠原英二郎,雨谷敬史,大浦健,杉山智彦,杉崎充,村上篤司,松下秀鶴
    誌名 : 環境化学
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 11538 - 547
    出版年月 : 2001年
  • タイトル : 富士市における有害大気汚染物質濃度の調査結果について(1)-各種有害化学物質の汚染状況,相関性および大気常時監視局の地域代表性についての検討-
    担当区分 : 共著
    著者 : 房家正博,雨谷敬史,大浦健,杉山智彦,杉崎充,松下秀鶴
    誌名 : 環境化学
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 11525 - 537
    出版年月 : 2001年
  • タイトル : Enzyme-catalyzed ring-opening polymerization of β-butyrolactone using PHB depolymerase.
    担当区分 : 共著
    著者 : Y. Suzuki, T. Ohura. K. Kasuya, K. Toshima,Y. Doi, S. Matsumura
    誌名 : Chem. Lett.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 318 - 319
    出版年月 : 2000年
  • タイトル : Function of the catalytic domain of poly(3-hydroxybutyrate)depolymerase from Pseudomonas stutzeri.
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Hiraishi, T. Ohura, S. Ito, K. Kasuya, Y. Doi
    誌名 : Biomacromolecules,
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 1320 - 324
    出版年月 : 2000年
  • タイトル : 富士市におけるアルデヒド類による室内外の汚染実態調査 (夏季)
    担当区分 : 共著
    著者 : 雨谷敬史,大浦健,杉山智彦,房家正博,松下秀鶴
    誌名 : 室内環境学会誌
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 335 - 43
    出版年月 : 2000年
  • タイトル : Effective microbial production of poly(4-hydroxybutyrate)homopolymer by Ralstonia eutropha H16.
    担当区分 : 共著
    著者 : H. Kimura, T. Ohura, M. Takeishi, S.Nakamura, Y. Doi
    誌名 : Polym. Int.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 481073 - 1079
    出版年月 : 1999年
  • タイトル : Biodegradation of poly(3-hydroxyalkanoicacids) fibers and isolation of poly(3-hydroxybutyric acid)-degrading microorganisms under aquatic environments.
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Ohura,Y. Aoyagi, K. Takagi, Y. Yoshida, K.Kasuya, Y. Doi
    誌名 : Polym. Degrand Stab.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 6323 - 29
    出版年月 : 1999年
  • タイトル : Cloning and characterization of polyhydroxybutyrate depolymerase gene of Pseudomonas stutzeri and analysis of the function of substrate-binding domains.
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Ohura, K. Kasuya, Y. Doi
    誌名 : Appl. Environ. Microbiol.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 65189 - 197
    出版年月 : 1999年
  • タイトル : Substrate and binding specificities of bacterial polyhydroxybutyrate depolymerases.
    担当区分 : 共著
    著者 : K. Kasuya, T.Ohura. K. Masuda, Y.Doi
    誌名 : Int. J. Biol. Macromol.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 24:329 - 336
    出版年月 : 1999年

外部資金

  • 提供機関 : 文部科学省
    制度名 : 基盤研究(C)
    タイトル : 木質系セルロースのナノ粒子化による高機能化および新規複合材料の創製
    研究期間 : 2009年-2011年
    代表者 : 坂口 眞人 静岡県立大学
  • 提供機関 : 文部科学省
    制度名 : 基盤研究(C)
    タイトル : ハロゲン化多環芳香族炭化水素の遺伝子発現解析による生体への影響評価
    研究期間 : 2009年-2011年
    代表者 : 久留戸 涼子 常葉学園大学
  • 提供機関 : 文部科学省
    制度名 : 基盤研究(B)
    タイトル : 新奇ハロゲン芳香族群の環境汚染と生態影響評価
    研究期間 : 2011年-2013年
    代表者 : 大浦 健
  • 提供機関 : 環境省
    制度名 : 環境研究総合推進費
    タイトル : 大気微小粒子におけるハロゲン化芳香族類の発生源と二次的形成能の解明
    研究期間 : 2011年-2013年
    代表者 : 大浦 健
  • 提供機関 : 文部科学省
    制度名 : 挑戦的萌芽研究
    タイトル : 環境低負荷型バイオマスセルロースの分解・高機能化技術の開発
    研究期間 : 2011年-2013年
    代表者 : 大浦 健
  • 提供機関 : 文部科学省
    制度名 : 基盤研究(C)
    タイトル : ヒト培養細胞を用いた環境汚染物質の新規リスク評価系の開発
    研究期間 : 2012年-2014年
    代表者 : 久留戸 涼子 常葉学園大学 

特許等

  • 出願番号 : 特願2010-268229
    公開番号 : 特開2011-213984
    発明の名称 : セルロースブロック共重合体、その中間体、および、充填剤
  • 出願番号 : 特願2010-268250
    公開番号 : 特開2011-213985
    発明の名称 : トリアセチルセルロースブロック共重合体、その中間体、充填剤、および、界面活性剤


ページのTOPへ