岡本 誉士典 オカモト ヨシノリ

■所属
薬学部 薬学科
■職名
助教
■メールアドレス
okmtmeijo-u.ac.jp
■性別
男性
■ホームページURL
http://www-yaku.meijo-u.ac.jp/kenkyu/staff/hygienic.html

基本情報

学歴

  • 2006/03 名城大学 大学院薬学研究科 薬学専攻博士後期課程 修了

現在所属している学会

  • 日本薬学会
  • 日本癌学会
  • 日本毒性学会
  • 日本環境変異原学会
  • 日本酸化ストレス学会
  • 日本衛生学会
  • 日本食品化学学会
  • アメリカ癌学会

学会

  • 2013年04月 - 日本癌学会会員
  • 2010年01月 - 日本毒性学会会員                     
  • 2011年06月 - 日本酸化ストレス学会会員                 

研究活動

研究分野

  • 環境系薬学 / 衛生薬学
  • 環境系薬学 / 公衆衛生学
  • 環境影響評価・環境政策 / 環境影響評価(含放射生物学)
  • 医化学一般 / 予防医学一般
  • 内分泌学 / 内分泌系の腫よう
  • 放射線・化学物質影響科学 / 化学物質の毒性

教育研究への取り組み・抱負

  • 授業では、各学生の到達度を確認するために毎回小テストを実施する。授業の前半では前回の復習テスト。授業の終盤ではその日の授業内容の復習テスト。また、授業の合間に健康にまつわる最近のトピックを紹介する。卒業論文実験では、学生が自ら考え行動が取れるよう指導し、卒業までには必ず学会発表を経験してもらう。また、実験の進捗度合いによっては学術論文として、国際誌に投稿することも積極的に行う。

学術論文

  • タイトル : A simple and convenient synthesis of a stable isotope-labeled 5-hydroxymehtyl-2’-deoxycytidine, the sixth base in mammalian DNA.(査読つき論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Tobe T., Okamoto Y., Takada T., Kojima N.
    誌名 : J. Res. Inst. Meijo Univ.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 13(in press) :
    出版年月 : 2014年
  • タイトル : Roles of glutathione-mediated metabolites in the anti-tumor effects of selenium.(査読つき論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Tobe T., Ueda K., Okamoto Y., Ando M., Nishida H., Itoh K., Kojima K.
    誌名 : J. Res. Inst. Meijo Univ.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 13(in press) :
    出版年月 : 2014年
  • タイトル : Neural differentiation of pluripotent stem cells and application for metal-induced neural toxicity study.(査読つき論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Taniguchi Y., Tobe T., Hayami H., Okamoto Y., Ueda K., Takada T., Kojima N.
    誌名 : Yakugaku Zasshi
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 134793 - 795
    出版年月 : 2014年
  • タイトル : PRDM14 promotes active DNA demethylation through the ten-eleven translocation (TET)-mediated base excision repair pathway in embryonic stem cells.(査読つき論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Okashita N., Kumaki Y., Ebi K., Nishi M., Okamoto Y., Nakayama M., Hashimoto S., Nakamura T., Sugasawa K., Kojima N., Takada T., Okano M., Seki Y.
    誌名 : Development
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 141269 - 280
    出版年月 : 2014年
  • タイトル : Effects of genistein, kaempferol and daidzein on neural differentiation of mouse embryonic stem cells.(査読つき論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Okamoto Y., Ushida M., Taniguchi Y., Takada T., Kojima N.
    誌名 : J. Res. Inst. Meijo Univ.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 1281 - 90
    出版年月 : 2013年
  • タイトル : Manganese neurotoxicity: Interplay with iron in catecholaminergic oxidative stress.(査読つき論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Ueda K., Ando M., Okamoto Y., Kojima N.
    誌名 : J. Res. Inst. Meijo Univ.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 1275 - 80
    出版年月 : 2013年
  • タイトル : Induction of the anticancer effects of cisplatin platinum(IV) derivatives against cisplatin-resistant human ovarian cancer cells.(査読つき論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Okamoto Y., Nakai T., Ando M., Ueda K., Kojima N.
    誌名 : J. Res. Inst. Meijo Univ.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 1235 - 41
    出版年月 : 2013年
  • タイトル : Anti-breast cancer potential of daidzein in rodents.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Liu X., Suzuki N., Laxmi Y.R.S., Okamoto Y., Shibutani S.
    誌名 : Life Sci.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 91415 - 419
    出版年月 : 2012年
  • タイトル : Anti-breast cancer potential of SS5020, a novel benzopyran antiestrogen.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Suzuki N., Liu X., Laxmi Y.R.S., Okamoto K., Kim H.J., Zhang G., Chen J.J., Okamoto Y., Shibutani S.
    誌名 : Int. J. Cancer
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 128974 - 982
    出版年月 : 2011年
  • タイトル : Modulation of oxidative DNA damage and DNA-crosslink formation induced by cis-diammine-tetrachloro-platinum(IV) in the presence of endogenous reductants.(査読付き論文)
    担当区分 : 単著
    著者 : Nakai T., Ando M., Okamoto Y., Ueda K., Kojima N.
    誌名 : J. Inorg. Biochem.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 1051 - 5
    出版年月 : 2011年
  • タイトル : Preparation of oligoselenodiglutathiones and their suppressive effects on oxidative DNA damage induced by catechol and copper.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Ando M., Nishida H., Ueda K., Itoh K., Okamoto Y., Kojima N.
    誌名 : J. Health Sci.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 5772 - 77
    出版年月 : 2011年
  • タイトル : Combined effects of manganese, iron, copper, and dopamine on oxidative DNA damage.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Ando M., Ueda K., Okamoto Y., Kojima N.
    誌名 : J. Health Sci.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 57204 - 209
    出版年月 : 2011年
  • タイトル : Different mechanisms between copper and iron in catecholamines-mediated oxidative DNA damage and disruption of gene expression in vitro.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Nishino Y., Ando M., Makino R., Ueda K., Okamoto Y., Kojima N.
    誌名 : Neurotox. Res.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 2084 - 92
    出版年月 : 2011年
  • タイトル : Transesterification in the microbial degradation of phthalate esters.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Okamoto Y., Toda C., Ueda K., Hashizume K., Kojima N.
    誌名 : J. Health Sci.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 57293 - 299
    出版年月 : 2011年
  • タイトル : Carbonyl side-chain of catechol compounds is a key structure for the suppression of copper-associated oxidative DNA damage in vitro.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Ando M., Nishida H., Nishino Y., Ohbayashi M., Ueda K., Okamoto Y., Kojima N.
    誌名 : Toxicol. Lett.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 199213 - 217
    出版年月 : 2010年
  • タイトル : Production of polyselenodipenicillamines, unique selenium compounds.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Nishida H., Ando M., Itoh K., Ueda K., Nishida Y., Okamoto Y., Toda C., Kojima N.
    誌名 : Chem. Pharm. Bull.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 58957 - 960
    出版年月 : 2010年
  • タイトル : Penicillamine selenotrisulfide suppressed DNA strand breaks and oxidative DNA damage in vitro.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Ando M., Nishida H., Itoh K., Okamoto Y., Ueda K., Kojima N.
    誌名 : J. Res. Inst. Meijo Univ.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 927 - 33
    出版年月 : 2010年
  • タイトル : Equine estrogen-induced mammary tumors in rats.
    担当区分 : 共著
    著者 : Okamoto Y., Liu X., Suzuki N., Okamoto K., Kim H.J., Laxmi Y.R.S., Sayama K., Shibutani S.
    誌名 : Toxicology Letters誌
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 193224 - 228
    出版年月 : 2010年
  • タイトル : Anti-breast cancer potential of SS1020, a novel antiestrogen lacking estrogenic and genotoxic actions.
    担当区分 : 共著
    著者 : Laxmi Y.R.S., Liu X., Suzuki N., Kim S.Y., Okamoto K., Kim H.J., Zhang G., Chen J.J., Okamoto Y., Shibutani S.
    誌名 : Int. J. Cancer
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 1271718 - 1726
    出版年月 : 2010年
  • タイトル : Involvement of DNA conformational change induced by rearrangement of copper-coodination geometry in oxidative DNA damage caused by copper and dopemine(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Ando M, Ueda K, Makino R, Nishino Y, Nishida H, Toda C, Okamoto Y, Kojima N.
    誌名 : J. Health Sci.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 55319 - 323
    出版年月 : 2009年
  • タイトル : Combined activation of methyl paraben by light irradiation and esterase metabolism toward oxidative DNA damage.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Okamoto Y, Hayashi T, Matsunami S, Ueda K, Kojima N.
    誌名 : Chem. Res. Toxicol.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 211594 - 1599
    出版年月 : 2008年08月
  • タイトル : Oxidative DNA damage in XPC-knockout and its wild mice treated with equine estrogen.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Okamoto Y, Chou P-H, Kim SY, Suzuki N, Laxmi YRS, Okamoto K, Liu X, Matsuda T, Shibutani S.
    誌名 : Chem. Res. Toxicol.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 211120 - 1124
    出版年月 : 2008年05月
  • タイトル : Increased antitumor potential of the raloxifene prodrug, raloxifene diphosphate.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Okamoto Y, Liu X, Suzuki N, Okamoto K, Sekimoto M, Laxmi YRS, Shibutani S.
    誌名 : Int. J. Cancer
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 1222142 - 2147
    出版年月 : 2008年05月
  • タイトル : Structural properties of estrogen receptor ligand obtained by study of hydroxylated phthalate ester derivatives.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Kusu R, Toda C, Okamoto Y, Tozuka Y, Ueda K, and Kojima N.
    誌名 : Environ. Toxicol. Pharmacol.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 24311 - 315
    出版年月 : 2007年11月
  • タイトル : Mechanism of translesion synthesis past an equine estrogen-DNA adduct by Y-family DNA polymerases.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Yasui M, Suzuki N, Liu X, Okamoto Y, Kim SY, Laxmi YRS, Shibutani S.
    誌名 : J. Mol. Biol.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 3711151 - 1162
    出版年月 : 2007年08月
  • タイトル : Formation of estrogenic products from benzophenone after exposure to sunlight.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Hayashi T, Okamoto Y, Ueda K, and Kojima N.
    誌名 : Toxicol. Lett.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 1671 - 7
    出版年月 : 2006年11月
  • タイトル : Toxicity of di(2-ethylhexyl)phthalate (DEHP) and di(2-ethylhexyl)adipate (DEHA) under conditions of renal dysfunction induced with folic acid in rats: enhancement of male reproductive toxicity of DEHP is associated with an increase of the mono-derivative.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Nabae K, Doi Y, Takahashi S, Ichihara T, Toda C, Ueda K, Okamoto Y, Kojima N, Tamano S, and Shirai T.
    誌名 : Reprod. Toxicol.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 22411 - 417
    出版年月 : 2006年10月
  • タイトル : Formation of estrogenic products from environmental phthalate esters under light exposure.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Okamoto Y, Hayashi T, Toda C, Ueda K, Hashizume K, Itoh K, Nishikawa J, Nishihara T and Kojima N.
    誌名 : Chemosphere
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 641785 - 1792
    出版年月 : 2006年09月
  • タイトル : Anti-estrogenic activity of prenylated isoflavones from Millettia pachycarpa: implications for pharmacophores and unique mechanisms.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Okamoto Y, Suzuki A, Ueda K, Ito C, Itoigawa M, Furukawa H, Nishihara T and Kojima N.
    誌名 : J. Health Sci.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 52186 - 191
    出版年月 : 2006年04月
  • タイトル : Formation of DNA damaging product from light-irradiated nonylphenol.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Okamoto Y, Hayashi T, Matsunami S, Ueda K, Toda C, Kawanishi S and Kojima N.
    誌名 : J. Health Sci.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 5291 - 95
    出版年月 : 2006年02月
  • タイトル : Isoflavonoids with antiestrogenic activity from Millettia pachycarpa.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Ito C, Itoigawa M, Kumagaya M, Okamoto Y, Ueda K, Nishihara T, Kojima N and Furukawa H.
    誌名 : J. Nat. Prod.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 69138 - 141
    出版年月 : 2006年01月
  • タイトル : Isolation of phthalate ester-degradable bacteria from river water by acclimation to di-n-butyl phthalate or mono-n-butyl phthalate.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Oyama Y, Toda C, Okamoto Y, Ueda K, Hashizume K and Kojima N.
    誌名 : J. Res. Inst. Meijo Univ.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 473 - 78
    出版年月 : 2005年03月
  • タイトル : Metabolic activation of carcinogenic ethylbenzene leads to oxidative DNA damage.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Midorikawa K., Uchida T., Okamoto Y., Toda C., Sakai Y., Ueda K., Hiraku Y., Murata M., Kawanishi S., Kojima N.
    誌名 : Chem. Biol. Interact.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 150271 - 281
    出版年月 : 2004年
  • タイトル : Unequivocal estrogen receptor-binding affinity of phthalate esters featured with ring hydroxylation and proper alkyl chain size.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Toda C., Okamoto Y., Ueda K., Hashizume K., Itoh K., Kojima N.
    誌名 : Arch. Biochem. Biophys.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 43116 - 21
    出版年月 : 2004年
  • タイトル : Novel estrogenic microsomal metabolites from phthalate esters.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Okamoto Y., Okajima K., Toda C., Ueda K., Hashizume K., Itoh K., Kojima N.
    誌名 : J. Health Sci.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 50556 - 560
    出版年月 : 2004年
  • タイトル : Products variation of phthalate esters in environmental biodegradation.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Okamoto Y., Toda C., Abe S., Hirose T., Ueda K., Hashizume K., Kojima N.
    誌名 : J. Res. Inst. Meijo Univ.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 377 - 83
    出版年月 : 2004年
  • タイトル : Endocrine disrupting effects of plasticizers acquired by light-irradiation.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Okamoto Y., Toda C., Ueda K., Hashizume K., Itoh K., Kojima N.
    誌名 : J. Res. Inst. Meijo Univ.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 245 - 50
    出版年月 : 2003年
  • タイトル : DNA damage by ethylbenzenhydroperoxide formed from carcinogenic ethylbenzene by sunlight irradiation.(査読付き論文)
    担当区分 : 共著
    著者 : Toda C., Uchida T., Midorikawa K., Murata M., Hiraku Y., Okamoto Y., Ueda K., Kojima N., Kawanishi S.
    誌名 : Biochem. Biophys. Res. Commun.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 304638 - 642
    出版年月 : 2003年

その他の研究業績

  • タイトル : Potential risks of phathalate esters: Acquisition of endocrine-disrupting activity during environmental and metabolic processing.(査読付)
    担当区分 : 共著
    著者 : Okamoto Y., Ueda K., Kojima N.
    誌名 : J. Health Sci.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [57][497]-[503]
    出版年月 : 2011年
  • タイトル : Endocrine-disrupting and DNA-damaging activities acquired by environmental and metabolic processing of xenobiotics. (博士論文)(査読付)
    担当区分 : 単著
    著者 : Yoshinori Okamoto
    出版社 : 名城大学出版
    出版年月 : 2006年03月

特許等

  • 出願番号 : 特願2011-102765
    公開番号 : 特開2012-233794
    発明の名称 : dC, mdC及び/又はhmdCを測定する方法

社会活動

その他の社会貢献業績(国際貢献、産業支援等)

  • 2012年03月 - 2012年05月 アリゾナ大学薬学部交換留学生の受け入れ


ページのTOPへ