教員情報

川原 勝美
カワハラ カツミ
法学部 法学科
准教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    男性

大学院その他

  • 法学研究科 法律学専攻, 准教授

学歴

  • 2003年03月, 一橋大学大学院, 法学研究科博士後期課程, 修了(博士(法学))(一橋大学・法第73号)論文題目「「不可欠施設」法理の構造と機能―電気通信分野におけるアクセス問題を題材として―」

研究活動

研究分野

  • 社会法学

著書

  • 「情報化社会の法学入門(第2版)」
    編著者:松本博共著者:工藤聡一・泉日出男・井上能孝・藤村賢訓・大野正博・佐藤弘基・川原勝美
    法律文化社
    2009年10月
    共著
    第12章「著作権法の新展開」(掲載頁:146~156頁)
  • 「アクチュアル企業法」
    西山芳喜・松本博・井上能孝・前越俊之・横尾亘・清水円香・上田純子・川原勝美ほか 編著者:西山芳喜
    法律文化社
    2013年01月
    共著
    第4章「企業主体の公示」(掲載頁:26~29頁)

学術論文

  • 「EU競争法における事業者間協定に対する規制について―TFEU101条3項の判断枠組みに焦点を当てて―」
    単著
    「福岡工業大学研究論集」
    44, 1, 35, 44
    2011年09月
  • 「電気事業法及び独占禁止法における差別規制の射程範囲について―電力事業における送配電施設へのアクセスの問題を中心に―」
    単著
    「一橋法学」
    5, 3, 875, 898
    2006年11月
  • 「インターネット銀行取引における免責条項と消費者法―ドイツ法を手がかりとして―」
    単著
    「一橋論叢」
    134, 1, 1, 21
    2005年07月
  • 「不可欠施設の法理の独占禁止法上の意義について―米国法・EC法及びドイツ法を手がかりとして―」
    単著
    「一橋法学」
    4, 2, 669, 703
    2005年07月
  • 「「不可欠施設」法理の構造と機能―電気通信分野におけるアクセス問題を題材として―」(博士論文)
    単著
    一橋大学大学院法学研究科
    2003年01月
  • 「ドイツ競争制限禁止法及び不正競争防止法における結合取引の規制について」
    単著
    「一橋法学」
    1, 2, 494, 519
    2002年06月
  • 「不可欠施設へのアクセス拒絶に対する法規制―ドイツ競争制限禁止法19条4項4号の検討―」
    単著
    「久保欣哉先生古稀記念論文集・市場経済と企業法」
    中央経済社
    77, 95
    2000年12月

その他の研究業績

  • (判例研究)「差別対価の公正競争阻害性―日本瓦斯事件東京高裁判決―」
    単著
    「ジュリスト」1311号
    有斐閣
    192, 195
    2006年04月
  • (判例研究)「未公開株の違法販売と取締役の対第三者責任―東京地判平成19・11・30―」
    単著
    「宮崎産業経営大学法学論集」
    18, 1, 159, 176
    2008年11月
  • (判例研究)「小包パック廉売行為に対する差止請求」
    単著
    「別冊ジュリスト・平成20年度重要判例解説」
    有斐閣
    290, 292
    2009年04月
  • (判例研究)「輸入品を扱うガラス商に対する差別的取引」
    単著
    「別冊ジュリスト・経済法判例・審決百選」
    有斐閣
    120, 121
    2010年04月
  • (判例研究)「トーニングシューズの再販売価格拘束事件」
    単著
    「新・判例解説 Watch」
    日本評論社
    12, 227, 230
    2013年04月

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2010年11月, 付属高校との高大連携講座(講座名「日常生活と法律」)


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.