教員情報

打矢 惠一
ウチヤ ケイイチ
薬学部 薬学科
准教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    男性

大学院その他

  • 薬学研究科 薬学専攻, 准教授

学歴

  • 1984年03月, 名城大学大学院, 薬学研究科, 修士課程, 修了
  • 1992年03月, 名城大学

現在所属している学会

  • 日本薬学会
  • 日本細菌学会
  • 日本感染症学会
  • 米国微生物学会
  • 日本医真菌学会
  • 日本細菌学会
  • 日本結核病学会

研究活動

研究分野

  • 細菌学(含真菌学), 微生物学
  • 免疫学, 免疫学
  • 遺伝・ゲノム動態, ゲノム解析

教育研究への取り組み・抱負

    授業においては、免疫学および感染予防学を担当し、免疫システムの複雑なメカニズムを説明するために、言葉の表現だけでなく、コンピューターを利用してできる限り図式化し、理解向上のための工夫を行っている。感染予防学では、重要だと思われる領域については資料を作成し、また演習等を取り入れることにより学生の学力向上を図っている。研究においては、研究内容の向上を図ることにより、科学研究費補助金などの外部資金の獲得およびインパクトファクターのより高い雑誌への投稿を心がけている。

著書

  • Pathogenicity Islands and Other Mobile Virulence Elements.
    American Society for Microbiology
    1999年
    その他
    p.127-150
  • 抗菌化学療法のマネジメント
    薬局・南山堂1月号特集
    2009年01月
    共著
    p.32-p.38
  • 薬毒物分析学辞典
    廣川書店
    2009年04月
    共著
    p.218
  • CBT対策と演習 微生物学・免疫学
    廣川書店
    2009年10月
    その他
    p.185-p.191
  • 第4版 新しい微生物学
    廣川書店
    2011年02月
    その他
    p.372-p.384
  • 肺MAC症診療 Up to Date —非結核性抗酸菌症のすべて—
    南江堂
    2013年06月
    その他
    p.39-p.40
  • 第5版 新しい微生物学
    廣川書店
    2016年03月
    その他
    p.372-p.384

学術論文

  • Antibiotic susceptibility and genotyping of Mycobacterium avium strains that cause pulmonary and disseminated infection.
    共著
    Kei-ichi Uchiya, Shoki Asahi, Kazunori Futamura, Hiromitsu Hamaura, Taku Nakagawa, Toshiaki Nikai, Kenji Ogawa
    Antimicrob. Agents Chemother.
    64, e02035-17
    2018年
  • Comparative genome analyses of Mycobacterium avium reveal genomic features of its subspecies and strains that cause progression of pulmonary disease.
    共著
    Kei-ichi Uchiya, Shuta Tomida, Taku Nakagawa, Shoki Asahi, Toshiaki Nikai, Kenji Ogawa
    Sci. Rep.
    7, 39750
    2017年
  • Association between a pMAH135 plasmid and the progression of pulmonary disease caused by Mycobacterium avium.
    共著
    Makoto Moriyama, Kenji Ogawa, Taku Nakagawa, Toshiaki Nikai, and Kei-ichi Uchiya
    Kekkaku
    91, 9, 15
    2016年
  • Characterization of a novel plasmid, pMAH135, from Mycobacterium avium subsp. hominissuis.
    共著
    Kei-ichi Uchiya, Hiroyasu Takahashi, Taku Nakagawa, Tetsuya Yagi, Makoto Moriyama, Takayuki Inagaki, Kazuya Ichikawa, Toshiaki Nikai, and Kenji Ogawa
    PLoS One
    10, e0117797
    2015年
  • Recurrence of pulmonary Mycobacterium avium complex disease due to endogenous reactivation.(査読付き論文)
    共著
    Shu Taga, Tetsuya Yagi, Kei-ichi Uchiya, Yuichi Shibata, Hiromitsu Hamaura, Taku Nakagawa, Yuta Hayashi, Toshiaki Nikai, and Kenji Ogawa
    JMM Case Reports
    1, 1, 4
    2014年
  • Characterization and identification of partial amino acid sequence of a novel elastase inhibitor, asnidin from Aspergillus nidulans. (査読付き論文)
    共著
    Yoshiyuki Okumura, Makoto Suzukawa, Kei-ichi Uchiya, Kenji Ogawa, Yumiko Komori, Nobuo Yamashita, and Toshiaki Nikai
    Med. Mycol. J.
    279, 284
    2013年
  • X-ray structure snalysis and characterization of AFUEI, an elastase inhibitor from Aspergillus fumigatus. (査読付き論文)
    共著
    Mayuko Sakuma, Katsumi Imada, Yoshiyuki Okumura, Kei-ichi Uchiya, Nobuo Yamashita, Kenji Ogawa, Atsushi Hijikata, Tsuyoshi Shirai, Michio Honma, and Toshiaki Nikai
    J. Biol. Chem.
    288, 17451, 17459
    2013年
  • Comparative genome analysis of Mycobacterium avium revealed genetic diversity in strains that cause pulmonary and disseminated disease. (査読付き論文)
    共著
    Kei-ichi Uchiya, Hiroyasu Takahashi, Yetsuya yagi, Makoto Moriyama, Takayuki Inagaki, Kazuya Ichikawa, Taku Nakagawa, Toshiaki Nikai, and Kenji Ogawa
    PLoS One
    8, e71831
    2013年
  • 日本人肺MAC症患者由来株と韓国人肺MAC症患者由来株の遺伝学的特徴の違い(査読付き論文)
    共著
    新美政樹,打矢惠一,八木哲也,高橋弘泰,黒河和広,市川和哉,稲垣孝行,森山誠,二改俊章,林悠太,中川拓,二改俊章,小川賢二
    Kekkaku
    87, 6, 461, 467
    2012年
  • Salmonella: strategies for survival(査読付き論文)
    共著
    Kei-ichi Uchiya and Toshiaki Nikai
    Toxin Reviews
    31, 1, 10
    2012年
  • Mycobacterium avium の新規Variable Number of Tandem Repeat領域の同定と有用性の検討(査読付き論文)
    共著
    黒河和広,打矢惠一,八木哲也,高橋弘泰,新美政樹,市川和哉,稲垣孝行,森山誠,二改俊章,林悠太,中川拓,二改俊章,小川賢二
    Kekkaku
    87, 7, 491, 499
    2012年
  • 日本における肺M.avium 症の臨床像と菌遺伝子に関する多施設共同研究(査読付き論文)
    共著
    中川拓,高橋弘泰,市川和哉,稲垣孝行,打矢惠一,二改俊章,八木哲也,小川賢二
    Kekkaku
    87, 11, 687, 695
    2012年
  • Evaluation of a rapid detection method of clarithromycin resistance genes in Mycobacterium avium complex isolates(査読付き論文)
    共著
    Takayuki Inagaki, Tetsuya Yagi, Kazuya Ichikawa, Taku Nakagawa, Makoto Moriyama, Kei-ichi Uchiya, Toshiaki Nikai, and Kenji Ogawa
    J.Antimicrob.Chemother.
    4, 66, 722, 729
    2011年
  • High-yields heterologous production of the novel Aspergillus fumigatus elastase inhibitor AFUEI in Aspergillus oryzae(査読付き論文)
    共著
    Nobuo Yamashita, Yumiko Komori, Yoshiyuki Okumura, Kei-ichi Uchiya, Takeshi Matsui, Akira Nishimura, Kenji Ogawa, and Toshiaki Nikai
    J.Biosci.Bioeng.
    112, 2, 114, 117
    2011年
  • Molecular typing of Mycobacterium intracellulare using multilocus variable-number of tandem-repeat analysis:identification of loci and analysis of clinical isolates(査読付き論文)
    共著
    Kazuya Ichikawa, Tetsuya Yagi, Takayuki Inagaki, Makoto Moriyama, Taku Nakagawa, Kei-ichi Uchiya, Toshiaki Nikai and Kenji Ogawa
    Microbiology
    156, 496, 504
    2010年
  • Line probe assayによるRifampicin耐性遺伝子検査の有用性:患者喀痰を供試しての検討(査読付き論文)
    共著
    稲垣孝行,八木哲也,市川和哉,中川 拓,森山誠,打矢惠一,二改俊章,小川賢二
    Kekkaku
    85, 9, 703, 709
    2010年
  • Comparison of a Variable-Number Tandem-Repeat (VNTR) method for typing Mycobacterium avium with Mycobacterial Interspersed Repetitive-Unit-VNTR and IS1245 restriction fragment length polymorphism typing(査読付き論文)
    共著
    Takayuki Inagaki, Kei Nishimori, Tetsuya Yagi, Kazuya Ichikawa, Makoto Moriyama, Taku Nakawawa, Takami Shibayama, Kei-ichi Uchiya, Toshiaki Nikai, and Kenji Ogawa
    J.Clin.Microbiol.
    47, 7, 2156, 2164
    2009年
  • Involvement of SPI-2-encoded SpiC in flagellum synthesis in Salmonella enterica serovar Typhimurium(査読付き論文)
    共著
    Kei-ichi Uchiya, Asami Sugita, and Toshiaki Nikai
    BMC Microbiol.
    9, 179, 189
    2009年
  • Characterization of Mycobacterium avium with clinical isolates in Japan using subspecies-specific insertion sequences, and identification of a new insertion sequence, ISMav6(査読付き論文)
    共著
    Kazuya Ichikawa, Tetsuya Yagi, Makoto Moriyama, Takayuki Inagaki, Taku Nakagawa, Kei-ichi Uchiya, Toshiaki Nikai, and Kenji Ogawa
    J.Med.Microbiol.
    58, 945, 950
    2009年
  • Isolation and characterization of a novel elastase inhibitor, AFLEI from Aspergillus flavus.(査読付き論文)
    共著
    Yoshiyuki Okumura, Kenji Ogawa, Kei-ichi Uchiya, and Toshiaki Nikai
    Jpn.J.Med.Mycol.
    47, 3, 219, 224
    2006年
  • Salmonella pathogenicity island 2-dependent expression of suppressor of cytokine signaling 3 in macrophages.(査読付き論文)
    共著
    Kei-ichi Uchiya and Toshiaki Nikai
    Infect.Immun.
    73, 9, 5587, 5594
    2005年
  • Involvement of Salmonella pathogenicity island 2 in the up-regulation of IL-10 expression in macrophages: Role of protein kinase A signal pathway.(査読付き論文)
    共著
    Kei-ichi Uchiya, Eduardo A. Groisman, and Toshiaki Nikai
    Infect.Immun.
    72, 4, 1964, 1973
    2004年
  • Salmonella enterica serovar Typhimurium infection induces cyclooxygenase 2 expression in macrophages: Involvement of Salmonella pathogenicity island 2.(査読付き論文)
    共著
    Kei-ichi Uchiya and Toshiaki Nikai
    Infect.Immun.
    72, 12, 6860, 6869
    2004年
  • A Salmonella virulence protein that inhibits cellular trafficking. (査読付き論文)
    共著
    Kei-ichi Uchiya, M. Alejandro Barbieri, Kouichi Funato, Ankur H. Shah, Philip D. Stahl, and Eduardo A. Groisman
    18, 14, 3924, 3933
    1999年

講演・口頭発表等

  • (シンポジウム)非結核性抗酸菌感染症基礎研究の最新の知見と今後の方向性―肺MAC症患者由来のゲノム解析と病原因子の検討―
    単著
    打矢惠一
    打矢惠一
    2015年03月
  • (学会発表) Mycobacterium aviumが保有する新規プラスミドと感染様式および病態との関係
    共著
    打矢惠一、中川 拓、小川賢二、二改俊章
    第52回日本細菌学会中部支部総会(名古屋)
    2015年10月
  • (学会発表) Mycobacterium aviumのVNTR型別解析と薬剤感受性との関連性(その1)
    共著
    二村和憲、打矢惠一、旭 将来、中川 拓、二改俊章、小川賢二
    第91回日本結核病学会総会(金沢)
    2016年05月
  • (学会発表) Mycobacterium aviumのVNTR型別解析と薬剤感受性および病原性との関連性(その2)
    共著
    旭 将来、打矢惠一、二村和憲、中川 拓、二改俊章、小川賢二
    第91回日本結核病学会総会(金沢)
    2016年05月
  • (学会発表) Mycobacterium aviumが保有するpMAH135プラスミドの存在意義
    共著
    打矢惠一、旭 将来、二村和憲、中川 拓、小川賢二、二改俊章
    第52回日本細菌学会中部支部総会(新潟)
    2016年10月
  • (学会発表) Mycobacterium avium 感染による病態と薬剤感受性
    共著
    旭 将来、打矢惠一、高見実季、近藤真帆、中川 拓、小川賢二、二改俊章
    第53回日本細菌学会中部支部総会(名古屋)
    2017年10月
  • (シンポジウム)ゲノム解析によるMycobacterium avium症の病態の検討
    単著
    打矢惠一
    第93回日本結核病学会総会(大阪)
    2018年06月

その他の研究業績

  • (学会発表)サルモネラの病原性における細胞内カルシウムの関与
    共著
    打矢惠一,二改俊章
    第48回日本細菌学会中部支部総会(名古屋)
    2011年10月
  • (学会発表)アスペルギルス由来エラスターゼインヒビターAFLEIのX線構造解析
    共著
    佐久間麻由子,奧村欣由,打矢惠一,本間道夫,二改俊章
    第48回日本細菌学会中部支部総会(名古屋)
    2011年10月
  • (学会発表)Mycobacterium aviumの遺伝学的相違について
    共著
    新美正樹,打矢惠一,二改俊章
    第48回日本細菌学会中部支部総会(名古屋)
    2011年10月
  • (学会発表)Aspergillus nidulansが産生するエラスターゼインヒビターAFLEIの性質とX線構造解析
    共著
    奧村欣由,打矢惠一,本間道夫,二改俊章
    第85回日本細菌学会総会(長崎)
    2012年03月
  • (学会発表)サルモネラのマクロファージ内増殖における細胞内カルシウムの関与
    共著
    打矢惠一,二改俊章
    第85回日本細菌学会総会(長崎)
    2012年03月
  • (学会発表)臨床使用消毒薬検出菌における消毒薬耐性の検討
    共著
    中村博厚,森山誠,打矢惠一,二改俊章
    第58回日本薬学会東海支部大会(静岡)
    2012年07月
  • (学会発表)Mycobacterium avium の分子疫学解析法の臨床における有用性の検討
    共著
    田中映美,打矢惠一,森山誠,小川賢二,二改俊章
    第58回日本薬学会東海支部大会(静岡)
    2012年07月
  • (学会発表)サルモネラの病原性における細胞内カルシウムイオンの重要性
    共著
    打矢惠一,二改俊章
    フォーラム2012 衛生薬学・環境トキシコロジー (名古屋)
    2012年10月
  • (学会発表)MmpL遺伝子が関与する肺MAC症治療薬の薬剤耐性
    共著
    福大哉,打矢惠一,二改俊章,田中映美,林悠太,中川拓,山田憲隆,垂水修,長谷川万里子,小川賢二
    第66回国立病院総合医学会(神戸)
    2012年11月
  • (学会発表)肺Mycobacterium avium complex症におけるVariable Number Tandem Repeat型別解析法の臨床への応用
    共著
    田中映美,福大哉,打矢惠一,二改俊章,長谷川万里子,林悠太,垂水修,中川拓,山田憲隆,小川賢二
    第66回国立病院総合医学会(神戸)
    2012年11月
  • (学会発表)Mycobacterium aviumのmmpL遺伝子と薬剤耐性との関係
    共著
    濱浦弘光,福大哉,打矢惠一,田中映美,森山誠,二改俊章
    第49回日本細菌学会中部支部総会(金沢)
    2012年11月
  • (学会発表) X-ray structure analysis of AFUEI, an elastase inhibitor from Aspergillus fumigatus.
    共著
    Mayuko Sakuma, Katsumi Imada, Yoshiyuki Okumura, Kei-ichi Uchiya, Atsushi Hijikata, Tsuyoshi Shirai, Michio Homma, and Toshiaki Nikai
    4th International Symposium on Diffraction Structural Biology
    2013年05月
  • (学会発表) 肺MAC症患者からのMycobacterium aviumのゲノム解析
    共著
    柴田祐一、打矢惠一、森山 誠、小川賢二、二改俊章
    第50回日本細菌学会中部支部総会(蒲郡)
    2013年10月
  • (学会発表) Comparative genome analysis of Mycobacterium avium strains that cause different MAC disease
    共著
    Kei-ichi Uchiya and Toshiaki Niaki
    第87回日本細菌学会総会(東京)
    2014年03月
  • (学会発表)Mycobacterium avium による肺疾患の悪化とpMAH135プラスミドとの関連性
    共著
    打矢惠一、旭 将来、中川 拓、小川賢二、二改俊章
    第90回日本細菌学会総会(仙台)
    2017年03月
  • (学会発表)肺疾患の悪化を引き起こすMycobacterium aviumのゲノムの特徴
    共著
    打矢惠一、冨田秀太、中川 拓、小川賢二、二改俊章
    第91回日本細菌学会総会(福岡)
    2018年03月

外部資金

  • 2012
    文部科学省
    科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)
    非結核性抗酸菌の比較ゲノム学的解析とその臨床応用
    2012年, 2015年
    打矢 恵一
  • 2008
    文部科学省
    科学研究費助成事業(科学研究費補助金)基盤研究(C)
    サルモネラ菌の細胞内増殖および全身感染成立に関わる病原因子の機能解析
    2008年, 2011年
    打矢 恵一
  • 2005
    文部科学省
    科学研究費助成事業(科学研究費補助金)基盤研究(C)
    サルモネラ菌の細胞内増殖に関わる病原性因子の機能解析と新規薬物療法への展開
    2005年, 2007年
    打矢 恵一
  • 2015
    文部科学省
    科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)
    非結核性抗酸菌症の病態および増加要因の解明とその臨床応用
    2015年, 2018年
    打矢 恵一

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2004年03月, 名城大学公開講座 ライフサイエンス実験講習会の講師を務める。
  • 2006年10月, 名城大学薬学部公開講演会 「テーマ:身近な感染症」の講師を務める。
  • 2007年02月, 名城大学-東邦高校(SPP)連携講座の講師を務める。
  • 2010年10月, 磐田東高校において出前講義の講師を務める。
  • 2017年08月, 平成29年度名城大学校友会富山県支部総会の講師を務める。


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.