BEECH PHILIP ビーチ フィリップ

■所属
人間学部 人間学科
■職名
助教
■性別
男性

基本情報

学歴

  • 1996/09 ロンドン大学(SOAS) 修士(日本史、日本語) 修了

現在所属している学会

  • Institute of Second Language Development

学会

  • 1982年09月 - 1983年09月 アングロ・イタリアン・スタディ・グループ会員
  • 1989年09月 - 1989年09月 JALT の定例会に於いて講演 CALL (Computer Assisted Language Learning for High Schools)
  • 1990年09月 - 1990年09月 JALT の年次総会に於いて講演(ideas for beginning a lesson (warm-ups 1))
  • 1991年09月 - 1991年09月 JALT の年次総会に於いて講演(ideas for beginning a lesson (warm-ups 2))
  • 1992年09月 - 1992年09月 JALT の年次総会2に於いて講演(ideas for beginning a lesson (warm-ups 3))
  • 2006年01月 - Institute of Second Language Development会員 ザ インスティチュート オブ セカンド ランゲージ デベロプメント会員
  • 2006年04月 - ロンドン大学(SOAS)の同窓会
  • 2007年04月 - エクセタ大学の同窓会

研究活動

研究分野

  • 英語学 / 英語教育
  • 芸術学・芸術史・芸術一般 / アジアの芸術
  • 英米・英語圏文学 / 英語・英米文学

教育研究への取り組み・抱負

  • 専門は、コンピュータ言語学習(CALL), 新しいメディアを通じて英語を学ぶための教育研究です(携帯電話、任天堂DS、Wiiなど)。学生が映画や、プレゼンテーションを作成するための、編集ソフトウェアを導入することに興味があります。国際会議に参加し専門分野における最新動向を把握します。シラバスデザイン、および英文学とアジアの芸術についても研究しています。

著書

  • タイトル : Communicative English Grammar for Speaking and Writing
    著者 : 共著者:Shukei Funada, John Westby, Philip Beech
    出版社 : Eihosha
    出版年月 : 2010年01月
    担当区分 : 共著

学術論文

  • タイトル : The College of Policy Science [Ritsumeikan] Oral Intervew Test
    著者 : Philip Stephen BEECH
    誌名 : 「名城大学人文記要」
    出版社 : 名城大学人文研究会
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : (93) :
    出版年月 : 2010年03月

その他の研究業績

  • タイトル : [書評]
    Sing apore Burning
    担当区分 : 単著
    出版社 : 名城アジア研究
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [4]([1]):
    出版年月 : 2013年03月

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2006年04月 名城大学付属高校の国際クラスの英語の授業の担当 (現在に至る)

その他の社会貢献業績(国際貢献、産業支援等)

  • 2004年10月 - 2004年10月 The 12th KOTESOL International Conference: Expanding Horizons: Techniques and Technology in ELT, Seoul, South Korea (KOTESOL会員)
  • 2004年11月 - 米国企業等の団体の会員
  • 2005年01月 - 2005年01月 TESOL 2005 Symposium (Leadership: Initiating and Managing Changes in English Language Teaching), Bangkok, Thailand (TESOL会員)  
  • 2005年01月 - 2005年01月 TESOL 2005 Conference (Surfing the Waves of Change in ELT) Bangkok, Thailand (TESOL会員)
  • 2006年03月 - 2006年03月 Institute for Second Language Development 会員     
  • 2006年07月 - 2006年07月 Internationalism and the Arts: Anglo-European Cultural Exchange at the Fin de Siecle, Cambridge, UK
  • 2006年07月 - 2006年07月 75th Anglo-American Conference of Historians (Religions and Politics), London, UK
  • 2006年07月 - 2006年07月 Internationalism and the Arts: Anglo-European Cultural Exchange at the Fin de Siecle, Cambridge, UK
  • 2008年10月 - 2008年10月 The 16th KOTESOL International Conference: Responding to a Changing World, Seoul, South Korea (KOTESOL会員)
  • 2009年03月 - 2009年03月 1st International Conference on Computer Supported Education, Lisbon, Portugal (CSEDU会員)
  • 2009年11月 - 2009年11月 イギリスにおける英語教育を実地調査するため、Universities of Wolverhampton, Bristol, Exeter, UK


ページのTOPへ