教員情報

加茂 省三
カモ ショウゾウ
人間学部 人間学科
教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    男性

大学院その他

  • 人間学研究科 人間学専攻, 教授

学歴

  • 2004年03月, 慶應義塾大学大学院, 法学研究科, 政治学専攻後期博士課程, 単位取得満期退学

現在所属している学会

  • 日本アフリカ学会
  • 日本国際政治学会
  • 日仏政治学会
  • 日本比較政治学会

学会

  • 2013年07月, 日仏政治学会第57回研究会ミニシンポジウム「サヘル地域とフランス」にて司会を務める
  • 2013年07月, 2013年07月, 市民大学講座(津島市教育委員会)講師(テーマ「国際社会と日本」)
  • 2014年07月, 日仏政治学会理事 

研究活動

研究分野

  • 国際関係論
  • 政治学

研究キーワード

  • 国際関係論
  • フランス外交史
  • アフリカ地域研究
  • 政治学

教育研究への取り組み・抱負

    現在はインターネットが発達し、世界中の情報を瞬時に入手できます。しかし便利な世の中になったにもかかわらず、国際社会へ関心を持つ学生のみなさんの数が増えているとは感じられません。みなさんは快適な日本の生活に安住しているのかもしれませんが、今後も維持していくには国際社会との関わりが不可欠ということを忘れてはいけません。これからは先進国である日本が、日々変動する国際社会に何ができるかをより積極的に考えていく必要があります。そのためにはまず世界を知ることが必要です、特にアフリカのような日本から遠い地域を。そのようなことをテーマに教育研究活動をおこなっています。

著書

  • アフリカ安全保障論入門
    加茂省三
    晃洋書房
    2019年03月
    共著
    第12章「フランスとアフリカ」(144-157頁)
  • 現代国際関係学叢書第1巻 国際組織…国際制度
    編著者 山本武彦、玉井雅隆
    志學社
    2017年09月
    共著
    地域国際機構における紛争予防・管理・解決―アフリカの場合―
  • 『アフリカと世界』
    編著者:川端正久、落合雄彦 共著者:北川勝彦、ギャレス・オースティン、斉藤文彦、岩田拓夫、高橋基樹、正木響、西浦昭雄、戸田真紀子、落合雄彦、佐藤千鶴子、杉木明子、遠藤貢
    晃洋書房
    2012年03月
    共著
    第10章 フランサフリックとビアフラ紛争(274-305頁)
  • 『世界政治を読み解く』
    編著者:押村高、中山俊宏 共著者:田中拓道、木部尚志、加茂具樹、庄司麻理子、羽場久美子、横田貫之、山崎元泰、太田宏、神島裕子
    ミネルヴァ書房
    2011年12月
    共著
    第11章 どうする、アフリカの人間の安全(235-256頁)
  • 『政治の発見第8巻 越える-境界なき政治の予兆』
    編著者:押村高 共著者:松森奈津子、岡部みどり、橋本努、山田高敬、赤羽恒雄、今井宏平、高橋良輔
    風行社
    2010年11月
    共著
    第8章 アフリカにおける国境と国家(264-293頁)
  • 『世界史資料10 20世紀の世界Ⅰ』
    岩波書店
    2006年12月
    共著
    第4章第4節240項「ド・ゴールの自由フランスと仏領アフリカ(1944年1月)」(395-396頁)
  • 『アフリカ国家を再考する』
    晃洋書房
    2006年03月
    共著
    第2章 アフリカ国家論:フランス語圏からのアプローチ(82-103頁)

学術論文

  • コンゴ民主共和国と国際社会―フランス、イギリス、アメリカの対コンゴ外交に関する一考察―
    単著
    加茂省三
    人間学研究
    第13号, 1, 18
    2016年03月
  • 「アフリカの安全保障とフランス」 (査読付き論文)
    単著
    加茂省三
    『国際安全保障』
    日本国際安全保障学会
    41, 4, 19, 35
    2014年03月
  • ジャック・フォカールとフランスのアフリカ外交—虚像と実像の狭間で— (査読付き論文)
    単著
    加茂省三
    『人間学研究』
    名城大学人間学部
    11, 29, 45
    2013年12月
  • 「1960年代のフランス・ナイジェリア関係-非フランス語圏におけるフランサフリックの展開」 (査読付き論文)
    単著
    『日仏政治研究』
    4, 15, 28
    2009年03月
  • 「フランスからみたアフリカ-サルコジ大統領のダカールでの演説より」
    単著
    『地域研究』
    9, 1, 168, 188
    2009年03月
  • 「フランス領アフリカ独立期の再考-フランサフリックの視点から-」
    単著
    『人間学研究』
    6, 59, 77
    2008年12月
  • « Une nouvelle orientation dans la politique africaine du Japon : d’un engagement économique à un engagement politique »
    単著
    Afrique Contemporaine
    212, 55, 66
    2005年04月
  • 「主要国の対アフリカ・アプローチの比較」
    共著
    『国際問題』
    533, 40, 45
    2004年08月

講演・口頭発表等

  • 腹の政治―J. -F. バイヤールの概念を再考する
    単著
    加茂省三
    日本アフリカ学会第56回学術大会
    2019年05月
    日本アフリカ学会
  • アフリカからみたEU
    単著
    EUIJ津田公開講座
    2007年05月
  • (学会発表)「ビアフラ戦争とフォカール・ウフェ=ボワニ、ドゴール」
    単著
    日仏政治学会第54回研究会
    2012年03月
  • (学会発表)「ジャック・フォカールとアフリカ―フォカール文書の調査から―」
    単著
    日本アフリカ学会第49回学術大会
    2012年05月
  • (学会発表)「ド・ゴールによるチャド介入―フォカール文書の調査から―」
    単著
    日本国際政治学会2013年度研究大会アフリカ分科会
    2013年10月

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2005年06月, 名城大学附属高等学校総合学科において「産業社会と人間」の講師を務める。
  • 2006年11月, 名城大学人間学部公開講座「テーマ:アフリカとグローバリゼーション」の講師を務める。
  • 2007年05月, EUIJ津田公開講座「テーマ:アフリカからみたEU」の講師を務める
  • 2008年10月, 名城大学オープンキャンパスにおいて「やさしい国際関係」の講師を務める
  • 2013年07月, 津島市民大学講座講師(講演テーマ「国際社会と日本」)

その他の社会貢献業績(国際貢献、産業支援等)

  • 2005年09月, 2006年03月, 平成17年度外務省ODA第三者評価「セネガル国別評価」にてアドバイザーを務める。


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.