教員情報

小池 聡
コイケ サトシ
都市情報学部 都市情報学科
教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    男性

大学院その他

  • 都市情報学研究科 都市情報学専攻, 教授

学歴

  • 1989年01月, 京都大学大学院, 農学研究科, 熱帯農学専攻博士課程, 修了
  • 1989年01月,  

現在所属している学会

  • 農村計画学会
  • 日本社会学会
  • 農業土木学会
  • 農村計画学会
  • 農業土木学会

研究活動

研究分野

  • その他, 農村計画学
  • 農業土木学・農村計画学, 農業土木
  • 都市計画・建築計画, 景観,公園,観光,レクリエーション

教育研究への取り組み・抱負

    里地・里山の人間生態学に取り組んでいます。すなわち,農村地域における人と自然との関わりについて,様々な分野から総合的にアプローチし,その改善のための実践研究を進めています。したがって,研究方法としてはフィールドワークが主体です。授業でも教室内で知識・技法を学ぶだけでなく,極力,地域の現場へ出ていくことを心がけています。2008年からはキャンパス内の里山整備を進めており,「晴耕雨読」の教育研究生活です。

著書

  • 改訂農村計画学
    農業土木学会(農業農村工学会)
    2003年05月
    共著
    204-208

学術論文

  • 圃場整備を契機とした集落営農の推進による田園環境の保全(査読付き)
    単著
    農業農村工学会誌(水土の知)
    78, 10, 839, 843
    2010年10月
  • 参加型地域づくりにおける住民階層分化の問題に関する事例研究(査読付き)
    単著
    農村計画学会誌
    4, 365, 374
    2009年03月
  • 都市との連携による農村環境・資源の保全に関する研究-大阪府和泉市におけるケーススタディ-(査読付き論文)
    単著
    都市情報学研究
    10, 47, 54
    2005年03月
  • 飛騨地域における成長の要因-農村地域の観光発展はいかに進むのか-
    単著
    新しい農村計画第
    121, 21, 28
    2004年12月

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2006年11月, 2006愛知県景観シンポジウムでパネリストを務める(テーマ:心地よさを感じる景観づくり)
  • 2010年09月, 名城大学×読売新聞「いきものシンポジウム『里山と自然,人とのつながり』」パネリスト


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.