教員情報

濱本 博三
ハマモト ヒロミ
農学部 応用生物化学科
准教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    男性
  • メールアドレス

    hamammeijo-u.ac.jp

大学院その他

  • 農学研究科 農学専攻, 准教授

学歴

  • 2000年04月, 2003年03月, 大阪大学大学院, 薬学研究科, 分子薬科学専攻博士後期課程, 修了

受賞学術賞

  • 2011年03月
    平成23年度 日本薬学会 奨励賞
    金属酸化物を活用する新規酸化反応システムの開発と応用

現在所属している学会

  • 日本化学会
  • 日本薬学会
  • 有機合成化学協会
  • 日本プロセス化学会
  • 日本農芸化学会
  • 日本農薬化学会
  • 食品科学工学会

委員歴(学外)

  • 2007年03月, 2012年03月, 日本薬学会 次世代を担う有機化学シンポジウム 世話人, 日本薬学会
  • 2007年04月, 2010年03月, 薬学共用試験センターCBT モニター委員, 薬学共用試験センター
  • 2008年04月, 2012年03月, 薬学共用試験センター OSCE 評価者, 薬学共用試験センター
  • 2008年06月, 2009年07月, 日本薬学会 第7回 次世代を担う有機化学シンポジウム 実行委員, 日本薬学会
  • 2009年07月, 日本薬学会 化学系薬学部会 第3回若手教員会議 私立大学担当議長, 日本薬学会
  • 2009年04月, 2009年10月, 日本薬学会 第59回近畿支部総会・大会 運営委員, 日本薬学会
  • 2011年05月, 日本薬学会 化学系薬学部会 第5回若手教員会議 私立大学担当議長, 日本薬学会
  • 2016年04月, 日本化学会 東海支部 化学教育協議会委員, 日本化学会
  • 2016年04月, 化学グランプリ 東海ブロック 実行委員, 日本化学会
  • 2016年05月, 2016年07月, 日本プロセス化学会 2016 サマーシンポジウム 実行委員, 日本プロセス化学会
  • 2017年01月, 2017年12月, 化学グランプリ2017 東海支部 実行委員長, 日本化学会 教育普及部門
  • 2017年03月, 2018年02月, 化学グランプリ・オリンピック委員会幹事会 支部委員, 公益社団法人 日本化学会 教育・普及部門
  • 2018年05月, 日本農薬化学会第44回大会 実行委員, 日本農薬化学会

研究活動

研究分野

  • 有機化学
  • 合成化学
  • 生物生産化学・生物有機化学
  • 創薬化学
  • 高分子化学

研究キーワード

  • 有機合成化学
  • 生物有機化学
  • 触媒化学
  • 香粧品化学
  • 高分子化学

教育研究への取り組み・抱負

    大学教育では、学生の志望する領域の各産業界におけるニーズに合致した専門的な知識・技能・態度(資質)を着実に身につけさせることが重要な課題である。そのために大学教員は場当たり的な教育をするのではなく、学部の各種方針を踏まえた上でしっかりとしたビジョンを持った教育を的確な方法により推進していくことが必要である。
    農学(応用生物化学)分野では、化学を基盤として生命・食品・生物制御といった我々の健康に関わる諸問題を扱う。農学部出身の学生がこれらの分野で活躍していくにためは、十分な専門知識を持つことが求められることは当然であるが、加えてしっかりとした「農学マインド」を持つことがさらに重要になってくる。
    教育研究に携わるにあたっては、単純な知識の暗記に終わるのではなく、知識の複合的な応用力を育成できるように教育方策の工夫に努めるとともに、学生の農学マインド育成を大切にして社会のニーズに対する適用力を備えた人材養成に取り組む所存です。

著書

  • 新しい溶媒を用いた有機合成:フッ素系アルコールを溶媒に用いた有機合成
    濱本博三、松儀真人
    S&T出版
    2013年
    共著
    pp.339-350

学術論文

  • Dehydroxymethyl Bromination of Alkoxybenzyl Alcohols by Using a Hypervalent Iodine Reagent and Lithium Bromide
    共著
    Shibata, Ayako; Kitamoto, Sara; Fujimura, Kazuma; Hirose, Yuuka; Hamamoto, Hiromi; Nakamura, Akira; Miki, Yasuyoshi; Maegawa, Tomohiro
    Synlett
    Thieme
    29, 17, 2275, 2278
    2018年09月
  • Hypervalent Iodine-Mediated Beckmann Rearrangement of Ketoximes(査読付き)
    共著
    Ryohei Oishi, Kazutoshi Segi, Hiromi Hamamoto, Akira Nakamura  , Tomohiro Maegawa  *, Yasuyoshi Miki*
    Synlett
    Thieme
    29, 1465, 1468
    2018年04月
  • Halogenation of Dimethyl Indole-2,3-dicarboxylates Using PhI(OAc)2 and Alkali Metal Halide(査読付き)
    共著
    Yasuyoshi Miki・Yukari Hirata・Noriko Makino・Yuuka Hirose・ Misa Nogata・Akira Nakamura・Hiromi Hamamoto・Tomohiro Maegawa
    Heterocycles
    The Japan Institute of Heterocyclic Chemistry
    94, 7, 1269, 1279
    2017年06月
  • Decarboxylative Halogenation of Indolecarboxylic Acids Using Hypervalent Iodine(III) Reagent and Its Application to the Synthesis of Polybromoindoles(査読付き)
    共著
    Hiromi Hamamoto, Hideaki Umemoto, Misako Umemoto, Chiaki Ohta, Emi Fujita, Akira Nakamura, Tomohiro Maegawa, Yasuyoshi Miki
    Heterocycles
    日本複素環化学研究所
    91, 561, 572
    2015年02月
  • Novel Use of Thermomorphic Poly(N-isopropylacrylamide) Gel for Mizoroki-Heck and Suzuki-Miyaura Reactions in Water(査読付き)
    Hiromi Hamamoto, Masahiro Kudoh, Hideyo Takahashi, Hideaki Natsugari, Shiro Ikegami
    Current Topics in Catalysis
    11, 99, 109
    2014年12月
  • Development and Application of New Oxidation Systems Utilizing Oxometalate Catalysts(査読付き)
    単著
    Hiromi Hamamoto
    Chem. Pham. Bull.
    日本薬学会
    60, 799, 817
    2012年07月
  • Synthesis of pyrrolophenanthridone alkaloid kalbretorine from indolecarboxylic acids via hypervalent iodine(III) mediated halodecarboxylation and reduction(査読付き)
    共著
    Yasuyoshi Miki, Hideaki Umemoto, Masashi Dohshita, Hiromi Hamamoto
    Tetrahedron Letters
    53, 1924, 1927
    2012年04月
  • Hypervalent Iodine(Ⅲ)/LiX Combination in Fluoroalcohol Solvent for Aromatic Halogenation of Electron-Rich Arenecarboxylic Acids(査読付き)
    共著
    Hiromi Hamamoto, Sho Hattori, Kaori Takemaru, Yasuyoshi Miki
    Synlett
    Georg Thieme Verlag KG
    11, 1563, 1566
    2011年06月
  • Simple Synthesis of Pratosine and Hippadine by Intermolecular Palladium-Catalyzed Cycrization and Decarboxylation(査読付き)
    共著
    Hideaki Umemoto, Masashi Dohshita, Hiromi Hamamoto, Yasuyoshi Miki
    Heterocycles
    日本複素環化学研究所
    83, 5, 1111, 1119
    2011年03月
  • Hypervalent Iodine(Ⅲ) Mediated Decarboxylative Halogenation of Indolecarboxylic Acids for the Synthesis of Haloindole Derivatives(査読付き)
    共著
    Hiromi Hamamoto, Hideaki Umemoto, Misako Umemoto, Chiaki Ohta, Masashi Dohshita, Miki Yasuyoshi
    Synlett
    Georg Thieme Verlag KG
    17, 2593, 2596
    2010年09月
  • Decarboxylative Bromination of Indole-2,3-Dicarboxylic Acids Using Oxone or CAN in the Presence of Lithium Bromide(査読付き)
    共著
    Hideaki Umemoto, Misako Umemoto, Chiaki Ohta, Masashi Dohshita, Hiroki Tanaka, Sho Hattori, Hiromi Hamamoto, Yasuyoshi Miki
    Heterocycles
    日本複素環化学研究所
    78, 11, 2845, 2850
    2009年09月
  • Novel Recycling System for Organic Synthesis via Designer Polymer-Gel Catalysts(査読付き)
    共著
    Shiro Ikegami, Hiromi Hamamoto
    Chemical Reviews
    アメリカ化学会
    109, 2, 583, 593
    2009年02月
  • 温度応答性高分子触媒を用いる環境調和酸化反応システムの開発(査読付き)
    共著
    濱本博三,池上四郎
    有機合成化学協会誌
    有機合成化学協会
    66, 3, 205, 214
    2008年08月
  • A New Solid-Phase Reaction System Utilizing a Temperature-Responsive Catalyst: Oxidative Cyclization with Hydrogen Peroxide(査読付き)
    共著
    Hiromi Hamamoto, Yachiyo Suzuki, Hideyo Takahashi, Shiro Ikegami
    Advanced Synthesis & Catalysis
    Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA
    349, 17・18, 2685, 2689
    2007年11月
  • Synthesis of Benzo-g-carboline Alkaloid Cryptosanguinolentine by Reaction of Indole-2,3-Dicarboxylic Anhydrides with Anilines(査読付き)
    共著
    Yasuyoshi. Miki, Makoto Kuromatsu, Hideaki Miyatake, Hiromi Hamamoto
    Tetrahedron Letters
    Elsevier Ltd.
    48, 52, 9093, 9095
    2007年10月
  • Nitration of Dimethyl 1-Substituted Indole-2,3-Dicarboxylates: Synthesis of Nitro- and Aminoindole Derivatives(査読付き)
    共著
    Yasuyoshi Miki, Misako Umemoto, Hiroko Maruyama, Makoto Kuromatsu, Hiromi Hamamoto
    Heterocycles
    日本複素環化学研究所
    71, 11, 2457, 2463
    2007年08月
  • Direct Transformation of Benzylic Amines to Carbonyls Using Polyacrylamide-Bound Tungstate Under Phase-Transfer Catalysis Conditions(査読付き)
    共著
    Hiromi Hamamoto, Yachiyo Suzuki, Hideyo Takahashi, Shiro Ikegami
    Tetrahedron Letters
    Elsevier Ltd.
    48, 24, 4239, 4242
    2007年04月
  • Polyacrylamide-Based Functional Polymer-Immobilized Perruthenate for Aerobic Alcohol Oxidation(査読付き)
    共著
    Hiromi Hamamoto, Masahiro Kudoh, Hideyo Takahashi, Hideaki Natsugari, Shiro Ikegami
    Chemistry Letters
    日本化学会
    36, 5, 632, 633
    2007年04月
  • Nucleophilic Attack of Intramolecular Hydroxyl Groups on Electron-Rich Aromatics Using Hypervalent Iodine(Ⅲ) Oxidation(査読付き)
    共著
    Kayoko Hata, Hiromi Hamamoto, Yukiko Shiozaki, Simon B Caemmerer, Yasuyuki Kita
    Tetrahedron
    Elsevier
    63, 19, 4052, 4060
    2007年03月
  • Novel Use of Cross-Linked Poly(N-iso-propylacrylamide) Gel for Organic Reactions in Aqueous Media(査読付き)
    共著
    Hiromi Hamamoto, Masahiro Kudoh, Hideyo Takahashi, Shiro Ikegami
    Organic Letters
    アメリカ化学会
    8, 18, 4015, 4018
    2006年08月
  • Substituted Benzaldehydes in the Darzens Condensation with Alkyl Dihaloacetate(査読付き)
    共著
    V. A. Mamedov, E. A Berdnikov, S. Tsuboi, H. Hamamoto, T. Komiyama, E. A. Gorbunova, A. T. Gubaidullin, I. A. Litvinov
    Russian Chemical Bulltein, International Edition
    Springer
    55, 8, 1455, 1463
    2006年08月
  • A Recyclable Catalytic System Based on a Temperature-Responsive Catalyst(査読付き)
    共著
    Hiromi Hamamoto, Yachiyo Suzuki, Yoichi M. A. Yamada, Hidetsugu Tabata, Hideyo Takahashi, Shiro Ikegami
    Angewandte Chemie, International Edition
    Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA
    44, 29, 4536, 4538
    2005年06月
  • The Efficient Synthesis of Morphinandienone Alkaloids by Using a Combination of Hypervalent Iodine(Ⅲ) Reagent and Heteropoly Acid(査読付き)
    共著
    Hiromi Hamamoto, Yukiko Shiozaki, Hisanori Nambu, Kayoko Hata, Hirofumi Tohma, Yasuyuki Kita
    Chemistry-A European Journal
    Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA
    10, 20, 1231, 1234
    2004年08月
  • A Novel and Concise Synthesis of Spirodienone Alkaloids Using Hypervalent Iodine(Ⅲ) Reagents(査読付き)
    共著
    Hiromi Hamamoto, Yukiko Shiozaki,Kayoko Hata, Hirofumi Tohma, Yasuyuki Kita
    Chemical & Pharmaceutical Bulletin
    日本薬学会
    52, 10, 1231, 1234
    2004年07月
  • A Novel and Direct Synthesis of Chroman Derivatives Using a Hypervalent Iodine(Ⅲ) Reagent(査読付き)
    共著
    Hiromi Hamamoto, Kayoko Hata, Hisanori Nambu, Yukiko Shiozaki, Hirofumi Tohma, Yasuyuki Kita
    Tetrahedron Letters
    Elsevier Science B.V.
    45, 11, 2293, 2295
    2004年01月
  • Oxidative Coupling Reaction of Phenol Ether Derivatives Using the Activated Hypervalent Iodine(Ⅲ) Reagent
    共著
    Hiromi Hamamoto, Hirofumi Tohma, Yasuyuki Kita
    FIU Report
    ヨウ素利用研究会
    6, 115, 127
    2003年10月
  • A Novel and Efficient Oxidative Biaryl Coupling Reaction of Phenol Ether Derivatives Using a Combination of Hypervalent Iodine(Ⅲ) Reagent and Heteropoly Acid(査読付き)
    共著
    Hiromi Hamamoto, Gopinathan Anilkumar, Hirofumi Tohma, Yasuyuki Kita
    Chemical Communications
    英国王立化学協会
    5, 450, 451
    2002年02月
  • A Novel and Useful Oxidative Intramolecular Coupling Reaction of Phenol Ether Derivatives Using a Combination of Hypervalent Iodine(Ⅲ) Reagent and Heteropoly Acid(査読付き)
    共著
    Hiromi Hamamoto, Gopinathan Anilkumar, Hirofumi Tohma, Yasuyuki Kita
    Chemistry-A European Journal
    Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA
    8, 23, 5377, 5383
    2002年02月
  • Remarkable Effect of Aluminium Reagents on Rearrangements of Epoxy Acylates via Stable Cation Intermediates and Its Application to the synthesis of (S)-(+)-Sporochnol A(査読付き)
    共著
    Yasuyuki Kita, Akihiro Furukawa, Junko Futamura, Koichiro Ueda, Yashinori Sawama, Hiromi Hamamoto, Hiromichi Fujioka
    The Journal of Organic Chemistry
    アメリカ化学会
    66, 26, 8779, 8786
    2001年01月
  • Chemoenzymatic Synthesis of the C-13 Side Chain of Paclitaxel (Taxol) and Docetaxel (Taxotere)(査読付き)
    共著
    Hiromi Hamamoto, Vakhid A. Mamedov, Makiko Kitamoto, Nobuyuki Hayashi, Sadao Tsuboi
    Tetrahedron Asymmetry
    Elsevier Science Ltd.
    11, 22, 4485, 4497
    2000年10月
  • 1,4-Dioxanes from Methyl Phenylchloro-piruvate. The Competition of the Darzens, Gabriel, and Favorskii Reactions(査読付き)
    共著
    V. A. Mamedov, S. Tsuboi, L. V. Mustakimova, H. Hamamoto, A. T. Gubaidullin, I. A. Litriov, Y. A. Levin
    Chemistry Heterocyclic Compounds
    Springer (Translation of Khimiya Geterotsiklicheskikh Soedinenii.: ラトビア科学会)
    36, 8, 911, 922
    2000年08月

講演・口頭発表等

  • 生体触媒を用いるタキソール側鎖 N-ベンゾイル-(2R, 3S)-フェニルイソセリンの合成
    単著
    濱本博三
    有機合成化学協会中国四国支部若手研究者のためのセミナー
    1998年07月17日
    有機合成化学協会中国四国支部
  • 温度応答性を有する高分子酸化触媒の開発
    濱本博三、鈴木八千代、高橋秀依、池上四郎
    第3 回次世代を担う有機化学シンポジウム
    2005年05月20日
  • 高分子の機能性を活用した新規固相ルテニウム触媒の開発
    濱本博三、工藤聖大、高橋秀依、夏苅英昭、池上四郎
    第32回反応と合成の進歩シンポジウム
    2006年12月04日
    日本薬学会 化学系薬学部会
  • 機能性高分子触媒を用いる酸素酸化反応の開発
    濱本博三、工藤聖大、鈴木八千代、高橋秀依、池上四郎
    第90回有機合成シンポジウム
    2006年03月30日
    有機合成化学協会
  • 水中で利用可能な高活性両親媒性高分子触媒の開発(招待講演)
    単著
    岡山大学環境理工学部環境有機化学特別講演会
    2004年12月18日
  • A New Solid-Phase Reaction System for Green Oxidation Based on a Temperature-Responsive Catalyst(国際学会講演)
    共著
    Hiromi Hamamoto, Masahiro Kudoh, Hideyo Takahashi, Hideaki Natsugari, Shiro Ikegami
    The 10th International KYOTO Conference on New Aspects of Organic Chemistry [IKCOC-10]
    2006年11月17日
  • 新しい有機反応システムの構築を目指した機能性高分子触媒の開発 (招待講演)
    単著
    明治薬科大学平成18年度 第2回化学系若手研究者講話会
    2007年01月18日
  • 機能性高分子触媒を用いる新たな有機反応システムの開発 (招待講演)
    共著
    ○濱本博三, 工藤聖大, 鈴木八千代, 夏苅英昭, 高橋秀依, 池上四郎
    日本薬学会 第127年会 シンポジウム 有機合成化学の若い力
    2007年03月28日
  • 機能性高分子触媒の特性を活かした新しい有機反応システムの開発 (招待講演)
    共著
    ○濱本博三,池上四郎
    日本農芸化学会 2008年度大会シンポジウムグリーン化学合成
    2008年03月29日
  • 機能性物質を用いる新しい有機合成 (招待講演)
    単著
    名城大学 特別講演会
    2008年12月22日
  • 機能性高分子を用いる固相触媒の設計と新しい有機反応手法の開発 (招待講演)
    単著
    京都薬科大学創薬科学フロンティアセンター特別講演会
    2009年11月04日
  • 金属酸化物を活用する新規酸化反応システムの開発と応用 (招待講演)
    単著
    日本薬学会 第131年会 奨励賞受賞講演
    2011年03月29日
  • 金属酸化物を活用する新規酸化反応システムの開発と応用 (招待講演)
    単著
    第19回分子合成化学セミナー
    2011年10月01日
  • 金属酸化物を活用する新規酸化反応システムの開発と応用 (招待講演)
    単著
    濱本博三
    日本薬学会第132年会
    2012年03月29日
    日本薬学会
  • 低温重合開始剤V-70を活用する高分子担持型リパーゼ触媒の開発
    共著
    濱本博三,伊藤芽衣子,菅原果穗,塩入孝之,松儀真人
    日本薬学会第134年会
    2015年03月27日
    日本薬学会
  • 回収・再利用可能な高分子坦持型有機ニトロキシルラジカル触媒の開発
    共著
    濱本博三,磯部哉冴,兼岩里穂,塩入孝之,松儀真人
    日本プロセス化学会2014サマーシンポジウム
    2014年07月31日
    日本プロセス化学会
  • イオン性高分子担持型有機ニトロキシルラジカル触媒を用いる酸素酸化反応
    共著
    濱本博三,磯部哉冴,生川将之,兼岩里穂,塩入孝之,松儀真人
    第41回 反応と合成の進歩シンポジウム
    2015年10月27日
    日本薬学会 化学系薬学部会
  • 水中で利用可能な固相有機ニトロキシルラジカル触媒の開発
    共著
    濱本博三,磯部哉冴,松田大和,塩入孝之 ,松儀真人
    日本薬学会第136年会
    2016年03月28日
    日本薬学会
  • 高分子電解質を用いる包括ゲル化による固相担持型金属酸化物触媒調製法の開発
    共著
    濱本博三,大岡すみれ,松本侑也,三木康義
    日本薬学会第138年会
    2018年03月27日
    日本薬学会
  • 食品加工時における植物繊維質による抗酸化物質の保護作用
    共著
    濱本博三,大岡すみれ,水野和菜,伊藤彩乃,加藤壱成
    日本食品科学工学会 第65回大会
    2018年08月24日
    日本食品科学工学会

その他の研究業績

  • 金属酸化物を活用する新規酸化反応システムの開発と応用
    薬事日報
    薬事日報社
    10965, 4
    2011年04月
  • 医薬品合成に有用な酸化反応システムを求めて
    薬事日報
    薬事日報社
    11038, 12
    2011年10月

外部資金

  • 2013
    文部科学省
    基盤研究(C)
    ポリマーゲル機能の制御を鍵とした酸化反応システムの開発
    2013年, 2015年
    濱本 博三
  • 2011
    文部科学省
    科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)若手研究(B)
    イオン性高分子を活用する酵素触媒反応法の開発
    2011年, 2012年
    濱本 博三
  • 2009
    文部科学省
    科学研究費補助金:若手研究(B)
    イオン性高分子ゲルを用いる有機反応システムの開発
    2009年, 2010年
    濱本博三
  • 2007
    文部科学省
    科学研究費補助金 若手研究(B)
    機能性分子を用いる新規固相触媒の開発
    2007年, 2008年
    濱本博三

特許等

  • 特願2006-75576
    特開2007-224256
    新規高分子担持ペルルテナート触媒
  • 2006-75575
    2007-222859
    アクリルアミド系樹脂担持ヘテロポリ酸の新規製造方法
  • 2005-99640
    2006-239673
    新規高分子触媒

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2010年12月, 模擬講義「くすりの化学」(大阪府立布施高校)
  • 2011年10月, 出張講義「くすりの化学」(兵庫県立宝塚北高校)
  • 2014年08月, 模擬実験「におい分子の化学」(オープンキャンパス)
  • 2016年11月, 大垣東高校 課題研究 指導者
  • 2016年11月, 化学週間 夢・化学-21 第25回東海地区高等学校化学研究発表交流会 講評担当
  • 2016年07月, 化学グランプリ2016 一次選考 愛知第1会場 運営委員
  • 2016年08月, 化学グランプリ2016 二次選考 運営委員
  • 2017年07月, 化学グランプリ2017 1次選考愛知第一会場 責任者
  • 2017年11月, 化学週間 夢・化学-21 第26回東海地区高等学校化学研究発表交流会 講評担当
  • 2018年11月, 化学週間 夢・化学-21 第27回東海地区高等学校化学研究発表交流会 講評担当

その他の社会貢献業績(国際貢献、産業支援等)

  • 2005年03月, 東京化成工業株式会社との共同により、「新規高分子触媒」(平成17年3月出願)、「アクリルアミド系樹脂担持ヘテロポリ酸の新規製造方法」(平成18年2月出願)、「新規高分子担持ペルルテナート触媒」(平成18年2月出願)に関する特許申請し、その製品化(品番:P1697, P1698)を行った。


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.