教員情報

灘井 雅行
ナダイ マサユキ
薬学部 薬学科
教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    男性

大学院その他

  • 薬学研究科 薬学専攻, 教授

学歴

  • 1990年03月, 名古屋大学大学院, 医学研究科, 医療薬学専攻博士課程, 修了
  • 1990年03月, 名古屋大学

現在所属している学会

  • 日本薬学会
  • 日本薬物動態学会
  • 日本DDS学会
  • 日本アレルギー学会
  • 日本呼吸器学会
  • 日本薬剤学会

学会

  • 1985年04月, 日本薬学会会員  
  • 1986年09月, 日本薬物動態学会会員  
  • 1987年09月, 日本DDS学会会員  
  • 1995年04月, 日本薬剤学会会員  

研究活動

研究分野

  • 医療系薬学, 臨床薬物動態学

教育研究への取り組み・抱負

    病院薬剤部での実務経験を基に、薬剤師が薬の専門家としてより有効かつ安全な薬物療法の構築、特に適正な薬物投与法の確立に対して参画、貢献して行けるように教育・研究を進めたいと考えている。

著書

  • 臨床への薬物動態学
    編集:岩川精吾、菅原和信、灘井雅行、渡辺善照 共著者:加藤美紀、灘井雅行
    廣川書店
    2009年
    共著
    pp.39~65, pp.253~267
  • 新薬剤学
    南江堂
    2011年
    共著
    「薬物相互作用(pp.153~pp.183)」
  • 薬物動態学
    編集:栄田敏之、山崎浩史、灘井雅行 共著者:灘井雅行、加藤美紀
    廣川書店
    2010年
    共著
    「用法・用量の設定(pp.125~pp.151)」
  • 新しい図解薬剤学 改訂4版
    全執筆者:森本雍憲、関俊暢、從二和彦、小林大介、関川彬、福島昭二、竹内由和、宮崎正三、伊藤邦彦、夏目秀視、山下伸二、曽根智道、西田孝洋、藤田卓也、杉林堅次、長谷川高明、灘井雅行、加藤美紀 共著者:灘井雅行、長谷川高明、加藤美紀
    南山堂
    2009年
    「薬物動態の変動要因(pp.523~570)」、「薬力学とトキシコキネティックス(pp.571~588)」
  • わかりやすい調剤学
    編集:岩川精吾、河島進、安原眞人、横山照由
    廣川書店
    2010年
    「調剤の基礎(pp. 11-45)」
  • 薬物速度論演習
    編著:灘井雅行、荻原琢男、林弥生
    京都廣川書店
    2010年
    「非線形薬物動態、モデル非依存的パラメータ、薬物‐タンパク結合、総合問題(pp. 97-137)」
  • 生物薬剤学 -薬の生体内運命-
    編集:山本昌
    朝倉書店
    2011年
    「薬物の臓器への到達と消失 排泄(pp. 71-92)」
  • 新薬剤学 改訂第3版
    編集:原島秀吉
    南江堂
    2011年
    「薬物相互作用(pp. 153-183)」
  • リアリスティック薬学複合問題
    編集:岩城正宏、齋藤浩司、灘井雅行
    京都廣川書店
    2011年
    全編について編集
  • リアリスティック続・薬学複合問題
    編集:岩城正宏、齋藤浩司、灘井雅行
    京都廣川書店
    2011年
    全編について編集
  • 見てわかる薬学 図解薬剤学 改訂第5版
    2012年
    「薬物動態の変動要因(pp. 528-574)」、「薬力学とトキシコキネティクス(pp. 575-592)」
  • Applide 臨床薬物動態学 -有効・安全な薬物治療と投与計画-
    共著者:灘井雅行、加藤美紀
    2013年
    「「降圧薬(pp. 95-108)」、「消化性潰瘍治療薬(pp. 151-161)」、「抗悪性腫瘍薬(pp. 203-229)」、「薬物投与計画の立案(pp. 245-265)」
  • 薬物動態学 第2版
    編集:栄田敏之、山崎浩史、灘井雅行 共著者:灘井雅行、加藤美紀、伊東亜紀雄
    2014年
    「用法・用量の設定(pp. 135-167)」

学術論文

  • Effect of adrenalectomy on expression and induction of UDP-glucuronosyltransferase 1A6 and 1A7 in rats.(査読付き論文)
    共著
    Yukiko Sakakibara, Miki Katoh, Masaya Suzuki, Ryoko Kawabe, Keisuke Iwase, Masayuki Nadai.
    Biological and Pharmaceutical Bulletin
    37, 4, 618, 624
    2014年04月
  • Preparation of dealcholized onetaxotere®, docetaxel injection formulation and its pharmacokinetics in rats.(査読付き論文)
    共著
    Kastuhiro Onishi, Ikuto Tsukiyama, Miki Katoh, Jun Ueyama, Fumie Abe, Hiroko Saito, Katsuhiko Matsuura, Takaaki Hasegawa, Masayuki Nadai.
    Gan To Kagaku Ryoho
    40, 7, 891, 896
    2013年07月
  • Changes in pharmacokinetics in elderly patients.
    共著
    Masayuki Nadai, Miki Katoh
    Nihon Rinsho
    171, 6, 999, 1003
    2013年06月
  • A simple liquid chromatography-tandem mass spectrometry method for determination of plasma fentanyl concentration in rats and patients with cancer pain.(査読付き論文)
    共著
    Tatsuya Hisada, Miki Katoh, Kotaro Hitoshi, Yuya Kondo, Miho Fujioka, Yukio Toyama, Hideaki Ieda, Saori Gocho, Masayuki Nadai
    Biological and Pharmaceutical Bulletin
    36, 3, 412, 416
    2013年03月
  • Effect of tacrolimus on the pharmacokinetics and glucuronidation of SN-38, an active metabolite of irinotecan.(査読付き論文)
    共著
    Yoshiteru Tanaka, Miki Katoh, Miho Fujioka, Katsuhiro Onishi, Yukiko Sakakibara, Takaaki Hasegawa, Masayuki Nadai
    Yakugaku Zasshi
    133, 4, 463, 471
    2013年03月
  • Single-walled carbon nanotubes downregulate stress-responsive genes in human respiratory tract cells.(査読付き論文)
    共著
    Kotaro Hitoshi, Miki Katoh, Tomoko Suzuki, Yoshinori Ando, and Masayuki Nadai
    Biological and Pharmaceutical Bulletin
    35, 4, 455, 463
    2012年04月
  • Changes in expression of drug-metabolizing enzymes by single-walled carbon nanotubes in human respiratory tract cells. (査読付き論文)
    共著
    Kotaro Hitoshi, Miki Katoh, Tomoko Suzuki, Yoshinori Ando, and Masayuki Nadai
    Drug Metabolism and Disposition
    40, 3, 579, 587
    2012年03月
  • Mechanism of drug interaction between a Kampo medicine, byakkokaninjinto, and tetracycline in rats.(査読付き論文)
    共著
    Kotaro Hitoshi, Miki Katoh, Yoshiteru Tanaka, Shunsuke Kurono, Kazuo Hotta, Hiroko Saito, Takaaki Hasegawa, and Masayuki Nadai
    Journal of infection and chemotherapy
    18, 1, 75, 82
    2012年02月
  • Mechanism of drug interaction between a Kampo medicine,byakkokaninjinto, and tetracycline in rats.
    共著
    J. Infect. Chemother.
    18, 75, 82
    2012年
  • Differential effects of single-walled carbon nanotubes on cell viability of human lung and pharynx carcinoma cell lines.(査読付き論文)
    共著
    Kotaro Hitoshi, Miki Katoh, Tomoko Suzuki, Yoshinori Ando, and Masayuki Nadai
    The Journal of toxicological sciences
    36, 3, 379, 387
    2011年06月
  • Involvement of sulfate conjugation and multidrugresistance-associated protein 2 (Mrp2) in sex-relateddifferences in the pharmacokinetics of garenoxacin in rats.
    共著
    J. Infect. Chemother.
    17, 24, 29
    2011年
  • Involvement of sulfate conjugation and multidrug resistance-associated protein 2 (Mrp2) in sex-related differences in the pharmacokinetics of garenoxacin in rat.(査読付き論文)
    共著
    Tamon Hayashi, Fumie Abe, Miki Kato, Hiroko Saito, Jun Ueyama, Yuya Kondo Y, Kuniyuki Imai, Miki Katoh, Masayuki Nadai, Takaaki Hasegawa
    J. Infect. Chemother.
    17, 24, 29
    2011年
  • 後発医薬品に関する薬剤師への啓発を目的とした実態調査(査読付き論文)
    共著
    櫻枝香与、後藤倫代、伊藤順治、大津史子、後藤伸之、灘井雅行、政田幹夫
    Jpn. J. Drug. Inform.
    12, 85, 91
    2010年
  • 名城大学薬学部での症例に基づく統合型PBL教育と実践(査読付き論文)
    共著
    加藤美紀、大津史子、永松正、灘井雅行
    Yakugaku Zasshi
    130, 1665, 1661
    2010年
  • Endotoxin does not alter the pharmacokinetics of micafungin, but it impairs biliary excretion of micafungin via multidrug resistance-associated protein 2 (ABCC2/Mrp2) in rats.(査読付き論文)
    共著
    Takayuki Noda, Fumie Abe, Jun Ueyama, Miki Kato, Miki Katoh, Masayuki Nadai, Hiroko Saito, Takaaki Hasegawa
    J. Infect. Chemother.
    17, 207, 213
    2010年
  • Effect of a Kampo preparation, byakkokaninjinto, on pharmacokinetics of ciprofloxacin and tetracycline.(査読付き論文)
    共著
    Masafumi Ohnishi, Kotaro Hitoshi, Miki Katoh, Masayuki Nadai, Fumie Abe, Shunsuke Kurono, Hiroko Saito, Masayuki Haniuda and Takaaki Hasegawa
    Biol. Pharm. Bull.
    32, 1080, 1084
    2009年
  • 問題解決能力育成を目指した薬学型PBLと支援システム(査読付き論文)
    共著
    大津史子、永松 正、灘井雅行、豊田行康、後藤伸之、平松正行、吉田 勉、小森由美子、長谷川洋一、亀井浩行、野田幸裕、森 健
    IT活用教育方法研究
    12, 6, 10
    2009年

その他の研究業績

  • 名城大学薬学部での症例に基づく統合型PBL教育と実践
    共著
    Yakugaku Zasshi
    130
    2010年

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2004年01月, 半田内科医会学術講演会 講師(半田)
  • 2004年04月, 豊川内科医会学術講演会 講師(豊川)
  • 2004年04月, 摂南大学校友会摂南薬友会 卒後教育講座 講師(大阪)
  • 2006年07月, 名古屋市立緑高校での進路ガイダンス 出前講義(名古屋)
  • 2006年10月, 大阪府薬剤師会西成支部研修会 講師(大阪)
  • 2007年07月, 名城大学薬学部平成19年度卒後教育講座 講師
  • 2008年09月, 平成20年度愛知県病院薬剤師会新任薬剤師研修会 講師


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.