教員情報

近藤 歩
コンドウ アユム
農学部 生物環境科学科
准教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    男性
  • メールアドレス

    ayumumeijo-u.ac.jp

大学院その他

  • 農学研究科 農学専攻, 准教授

学歴

  • 2000年03月, 鹿児島大学大学院, 連合農学研究科, 生物資源利用科学専攻博士課程, 修了
  • 2000年03月, 鹿児島大学学位取得 (農学博士,連研番号253号)

現在所属している学会

  • 日本植物学会
  • 日本作物学会
  • 日本植物形態学会
  • 日本熱帯農業学会
  • 日本植物生理学会

研究活動

研究分野

  • 植物分子生物・生理学, 植物生理学

教育研究への取り組み・抱負

    人の学力は時間に比例してではなく,何か興味を抱くものに出会ってはじめて加速的に向上します.少しでも多くの学生から,その秘められた能力を引き出せるように,講義や研究を通して熱意と知識を伝えていきたいと思います.またそのためにも,私自身が学ぶ者として,多くの知見を吸収していきたいと思います.現在,植物の巧妙な環境応答に魅力を感じ研究活動を続けています.

著書

  • 作物の形態研究法:マクロからミクロまで.
    編著者:前田英三・三宅博・井上吉雄.共著者:近藤歩・住ノ江真悟・多和田昌弘.
    日本作物学会
    2008年09月
    その他
    担当部分:第一章 3. 共焦点レーザー走査顕微鏡法の特徴.pp. 15-17
  • Atlas of Plant Cell Structure
    Kondo A. In T. Noguchi, S. Kawano, H. Tsukaya, S. Matsunaga , A. Sakai , I. Karahara , Y. Hayashi (Eds.)
    Springer
    2014年09月
    その他
    Distribution of chloroplasts and mitochondria in Kalanchoë blossfeldiana mesophyll cells. PP. 60-61.

学術論文

  • 高塩濃度土壌におけるマツバギクのNaCl 集積能(査読付き論文)
    共著
    近藤 歩,伊藤彰規,船隈 透
    日本土壌肥料科学雑誌
    90, 2, 138, 146
    2019年04月
  • 春日井サボテン(食用ウチワサボテン) の茎節に含まれるリンゴ酸,デンプン,ミネラル成分:CAM植物サボテンの生理学的・構造的特性を考慮した解析(査読付き論文)
    共著
    田中麻稀・恩田結・村井実愛子・山内大輝・山内雄登・船隈透・近藤歩
    東海作物研究
    149:, 10, 16
    2019年02月
  • 名古屋市の屋外環境下における春日井サボテン(食用ウチワサボテン) の生育特性(査読付き論文)
    共著
    細川卓也・二宮健・船隈透・近藤歩
    東海作物研究
    149:, 1, 9
    2019年02月
  • ウチワサボテンの成長段階におけるRuBisCOタンパク質の発現調節
    共著
    近藤歩,井上智博,船隈 透
    名城大学総合研究所紀要(研究報告)
    20:, 133, 135
    2015年03月
  • CAM植物の葉緑体ダイナミクス,葉肉プロトプラストでの葉緑体集合運動
    共著
    近藤歩,竹内沙和伽,川戸さゆり,矢野渥美,船隈透
    名城大学総合研究所紀要(研究報告)
    19:, 85, 88
    2014年03月
  • Differences in elongation growth between floating and deepwater rice plants grown under severe flooding in Thailand. (査読付き論文)
    共著
    Tatsuya Hirano, Panatda Bekhasut, Wilailak Sommut, Siriporn Zungsontiporn, Ayumu Kondo, Hitoshi Saka, Hiroyasu Michiyama
    Field Crops Research
    160:, 73, 76
    2014年02月
  • マツバギクの耐塩性に関する研究
    共著
    光田竜昇,船隈透,近藤歩
    名城大学総合研究所紀要(研究報告)
    18:, 63, 67
    2013年03月
  • ソバ (Fagopyrum esculentum Moench) の胚軸の成長および生育初期の倒伏に及ぼす気温,施肥量,播種密度および光強度の影響 (査読付き論文)
    共著
    道山弘康,熊崎忠,有國真通,鈴木悠也,田村豊博,内藤裕樹,近藤歩,平野達也
    名城大学農学部学術報告
    47:, 11, 18
    2011年03月
  • Induction of CAM by salt stress in the common purple ice plant, Lampranthus spectabilis (査読付き論文)
    共著
    Kondo A., Murakami H. Y., Funaguma T
    J. Res. Inst. Meijo Univ.
    9:, 11, 17
    2010年04月
  • 植物機能を利用した持続型環境都市づくり
    共著
    近藤歩,浅井耕平,國枝徹,服部航輝,平田裕作,船隈透
    名城大学総合研究所紀要(研究報告)
    14:, 13, 16
    2009年03月
  • 乾燥適応型光合成CAMの多様性とその制御機構に関する研究.-乾燥ストレス下における多肉植物の葉緑体の動態-
    共著
    近藤歩,井手瑞樹,奥田緑,船隈透
    名城大学総合研究所紀要(研究報告)
    14:, 53, 57
    2009年03月
  • Salt tolerance, salt accumulation, and ionic homeostasis in an epidermal bladder-cell-less mutant of the common ice plant Mesembryanthemum crystallinum (査読付き論文)
    共著
    Agarie S, Shimoda T, Shimizu Y, Baumann K, Sunagawa H, Kondo A, Ueno O, Nakahara T, Nose A and Cushman JC.
    Journal of Experimental Botany
    58:, 8, 1957, 1967
    2007年04月
  • Intracellular positioning of nucleus and mitochondria with clumping of chloroplasts in the succulent CAM plant Kalanchoë blossfeldiana: an investigation using fluorescence microscopy (査読付き論文)
    共著
    Kondo A, Shibata K, Sakurai T, Tawata M, Funaguma T
    Plant Morphology
    18:, 69, 73
    2006年12月
  • 乾燥耐性型光合成CAMの多様性とその制御機構に関する研究.−CAM植物の葉緑体集合運動に及ぼす過酸化水素の影響−
    共著
    近藤歩,貝川純,油谷直和,竹島康之,船隈透
    名城大学総合研究所紀要(研究報告)
    11:, 87, 92
    2006年03月
  • Clumping and dispersal of chloroplasts in succulent plants (査読付き論文)
    共著
    Kondo A, Kaikawa J, Funaguma T, Ueno O
    Planta
    219:, 500, 506
    2004年04月
  • D-マンノースによるクロマツ花粉の花粉管伸長阻害(査読付き論文)
    共著
    船隈 透・菅沼礼子・伊藤健太・田中伸彦・古田昌之・近藤 歩・原 彰
    名城大学農学部学術報告
    40:, 37, 43
    2004年03月
  • 乾燥耐性型光合成CAMの多様性とその制御機構に関する研究.−乾燥ストレス下における葉肉細胞のオルガネラの動態−
    共著
    近藤歩,柴田敬子,船隈透
    名城大学総合研究所紀要(研究報告)
    9:, 37, 43
    2004年03月
  • Structural and biochemical dissection of photorespiration in hybrids differing in genome constitution between Diplotaxis tenuifolia (C3-C4) and Radish (C3) (査読付き論文)
    共著
    Ueno O, Bang SW, Wada Y, Kondo A, Ishihara K, Kaneko Y, Matsuzaka Y
    Plant Physiology
    132:, 1550, 1559
    2003年07月
  • Coordinated accumulation of the chloroplastic and cytosolic pyruvate, Pi dikinases with enhanced expression of CAM in Kalanchoe blossfeldiana (査読付き論文)
    共著
    Kondo A, Nose A, Ueno O
    Physiologia Plantarum
    111:, 116, 122
    2001年
  • Diurnal changes in photosynthesis in sugarcane leaves I. Carbon dioxide exchange rate, photosynthetic enzyme activities and metabolite levels relating to the C4 pathway and the calvin cycle(査読付き論文)
    共著
    YC Du, Nose A, Kondo A, Wasano K
    Plant Production Science
    3:, 3, 8
    2000年
  • Diurnal changes in photosynthesis in sugarcane leaves II. Enzyme activities and metabolite levels relating to sucrose and starch metabolism (査読付き論文)
    共著
    YC Du, Nose A, Kondo A, Wasano K
    Plant Production Science
    3:, 9, 16
    2000年
  • Species variation in the intracellular localization of pyruvate, Pi dikinase in leaves of crassulacean acid metabolism plants : an immunogold electron microscope study (査読付き論文)
    共著
    Kondo A, Nose A, Yuasa H, Ueno O
    Planta
    210:, 611, 621
    2000年
  • Photosynthetic characteristics of an amphibious C4 plant, Eleocharis retroflexa ssp. Chaetaria (査読付き論文)
    共著
    Ueno O, Takeda T, Samejima M, Kondo A
    Plant Production Science
    1:, 165, 173
    1998年09月
  • Leaf inner structure and immunogold localization of some key enzymes involved in carbon metabolism in CAM plants (査読付き論文)
    共著
    Kondo A, Nose A, Ueno O
    Journal of Experimental Botany
    49:, 1953, 1961
    1998年
  • Partial purification of phosphoenolpyruvate carboxylase from Sorghum leaves (査読付き論文)
    共著
    YC Du, Nose A, Kondo A, Wasano K, Uchida Y
    佐賀大学農学部彙報
    82:, 37, 42
    1997年12月

その他の研究業績

  • Pyruvate, Pi dikinase of CAM plant: species variation in the subcellular localization as revealed by immunoelectron microscopy
    共著
    Kondo A, Nose A, Yuasa H, Ueno O
    Photosynthesis: Mechanisms and Effects.
    Kluwer Academic Publishers
    5:, 3595, 3598
    1998年09月
  • Behavior of organelle in succulent plants under drought conditions
    共著
    Kondo A, Shibata K, Sakurai T, Tawata M, Funaguma T
    In A. van der Est and D. Bruce ed., Photosynthesis: Fundamental Aspects to Global Perspectives.
    Alliance Communications Group Photosynthesis Proceedings
    940, 941
    2004年09月
  • Utilization of the weeds grown in flood-prone rice fields for folk crafts. (資料)
    共著
    Hiroyasu Michiyama, Siriporn Zungsontiporn, Panatda Bekhasut, Tatsuya Hirano, Ayumu Kondo, Toshiyuki Isoi, Shintaro Hirako, Hitoshi Saka.
    Scientific Reports of the Faculty of Agriculture, Meijo University
    45:, 45, 49
    2009年03月

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2009年01月, 名古屋市立向陽高等学校SSH講師


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.