教員情報

小島 晋爾
コジマ シンジ
理工学部 機械工学科
教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    男性

大学院その他

  • 理工学研究科 機械工学専攻, 教授
  • 理工学研究科 機械システム工学専攻, 教授

学歴

  • 1979年03月, 名古屋大学大学院, 工学研究科, 航空学専攻博士前期課程, 修了
  • 1995年10月,  

現在所属している学会

  • 日本機械学会
  • 日本燃焼学会
  • 自動車技術会

研究活動

研究分野

  • 熱工学, 燃焼工学(内燃機関の燃焼と排気浄化の計算機シミュレーション)

教育研究への取り組み・抱負

    教育について: 担当する熱力学の応用範囲は,物理,化学から機械工学に至る広汎なものであるが,従来の教科書には,エントロピーやエクセルギーの概念を身近にわかり易く理解させてくれるものがない.エントロピーやエクセルギーの概念を機械工学へより直接的に結びつける授業を行い,それらの概念の応用を拡げて行きたい.研究について: 今日のエネルギー・環境問題は内燃機関と電気電子及び制御情報技術との融合によって解決されると捉え,それらの分野の研究を積極的に進めて行く.とりわけ,内燃機関の熱効率向上に対するハードルは高いが,燃焼研究に携わる者の一人として,この課題に挑戦する社会的責務があると考える.ゆえに,捨て石とはなっても,単なるアドバルーンに終わらない結果を残せるように取組む.

学術論文

  • Maximum Work of Free-Piston Stirling Engine Generators
    単著
    小島晋爾
    Ahead of Print (Online) or 42, 2, 169, 186
    2016年10月06日
  • Theoretical Evaluation of the Maximum Work of Free-Piston Engine Generators
    単著
    小島晋爾
    Ahead of Print (Online) or 42, 1, 31, 58
    2016年05月13日
  • Reaction Kinetics Path Based on Entropy Production Rate and Its Relevance to Low-Dimensional Manifolds
    単著
    Shinji Kojima
    Entropy
    MDPI
    16, 6, 2904, 2943
    2014年05月
  • ガソリンエンジンの自着火時期予測モデル(査読付き論文)
    共著
    神保智彦、小島晋爾,河井圭助,加古純一
    日本機械学会 論文集 B編.
    73, 735, 2381, 2386
    2007年11月
  • NOx吸蔵還元型三元触媒の硫黄被毒時におけるNOx還元量予測(コート層内拡散を考慮した触媒モデルの適用)(査読付き論文)
    共著
    馬場直樹、小島晋爾、加藤健治、伊藤隆晟
    日本機械学会 論文集 B編.
    72, 713, 112, 119
    2006年01月
  • 火花点火機関のノッキングに及ぼす混合気濃度の影響(査読付き論文)
    共著
    宮川浩、小池誠、大輝祐一、小島晋爾
    日本機械学会論文集 B編.
    70, 692, 1100, 1105
    2004年04月
  • Analysis and Simplification of Thermal Endurance Tests of NOx Storage-Reduction Catalysts(査読付き論文)
    共著
    S.Kojima, T.Jimbo, K.Katoh, S.Miyashita, and M.Watanabe
    SAE Technical Paper Series 2004-01-1496.(SAE Special Publication SP-1864)
    2004年03月
  • Modeling and Numerical Analysis of NOx Storage-Reduction Catalysts - On the Two Effects of Rich-Spike Duration(査読付き論文)
    共著
    S.Kojima, N.Baba, S.Matsunaga, K.Senda, K.Katoh, and T.Itoh
    SAE Technical Paper Series 2001-01-1297.(SAE 2001 Transactions, Journal of Fuels and Lubricants, Section 4 -Volume 110.)
    939, 952
    2001年03月
  • Numerical Simulation of Deactivation Process of Three-Way Catalytic Converters(査読付き論文)
    共著
    N.Baba, K.Yokota, S.Matsunaga, S.Kojima, K.Ohsawa, T.Itoh, and H.Domyo
    SAE Technical Paper Series 2000-01-0214.(SAE Special Publication SP-1533)
    1, 15
    2000年03月
  • 斜めスキッシュ形燃焼室のノック抑制機構(燃焼後半の火炎加速によるノック抑制)(査読付き論文)
    共著
    小島晋爾、勝見則和、宮川浩、奥村猛、植田貴宣
    日本機械学会論文集 B編.
    65, 638, 3523, 3529
    1999年10月
  • Effects of Squish Area Shape on Knocking in a Four-Valve Spark Ignition Engine(査読付き論文)
    共著
    T.Ueda, T.Okumura, S.Sugiura, and S.Kojima
    SAE Technical Paper Series 1999-01-1494.(SAE 1999 Transactions, Journal of Fuels and Lubricants, Section 4 -Volume 108.)
    971, 983
    1999年05月
  • Numerical Prediction of Transient Conversion Characteristics in a Three-Way Catalytic Converter(査読付き論文)
    共著
    K.Ohsawa, N.Baba, S.Kojima, S.Matsunaga, and T.Ito
    SAE Technical Paper Series 982556.(SAE 1998 Transactions, Journal of Fuels and Lubricants, Section 4 -Volume 107.)
    1359, 1368
    1998年10月
  • ガス燃料の統一的素反応群モデル(査読付き論文)
    共著
    小島晋爾、勝見則和
    燃焼の科学と技術
    サイエンス・コミュニケーションズ・インターナショナル株式会社
    5, 269, 290
    1998年
  • ガス燃料及びヘプタンの自着火遅れ時間と自着火炎観察(査読付き論文)
    共著
    小島晋爾、勝見則和
    燃焼の科学と技術
    サイエンス・コミュニケーションズ・インターナショナル株式会社
    6, 37, 44
    1998年
  • 自着火における残留ガスの影響(第1報)既燃ガス中OHラジカルのLIF測定とシミュレーション(査読付き論文)
    共著
    小島晋爾、鈴置哲典、片岡匡男
    燃焼の科学と技術
    サイエンス・コミュニケーションズ・インターナショナル株式会社
    3, 91, 103
    1995年
  • 自着火における残留ガスの影響(第2報)自着火時刻の測定(査読付き論文)
    共著
    小島晋爾、鈴置哲典、片岡匡男
    燃焼の科学と技術
    サイエンス・コミュニケーションズ・インターナショナル株式会社
    3, 105, 109
    1995年
  • Detailed Modeling of n-Butane Autoignition Chemistry(査読付き論文)
    単著
    Shinji Kojima
    Combustion and Flame.
    99, 87, 136
    1994年10月
  • A Deficiency in a Current Kinetic Modelling of Autoignition in Swirl Flow(査読付き論文)
    単著
    Shinji Kojima
    Turbulence and Molecular Processes in Combustion, The Sixth Toyota Conference, T.Takeno, Ed., Elsevier.
    235, 252
    1993年08月
  • Autoignition-Delay Measurement over Lean to Rich Mixtures of n-Butane/Air under Swirl Conditions(査読付き論文)
    共著
    S.Kojima and T.Suzuoki
    Combustion and Flame.
    92, 3, 254, 265
    1993年02月
  • Measurement of Air-Fuel Mixture Distribution in a Gasoline Engine Using LIEF Technique(査読付き論文)
    共著
    R.Shimizu, S.Matumoto, S.Furuno, M.Murayama, and S.Kojima
    SAE Technical Paper Series 922356.(SAE 1992 Transactions, Journal of Engines.)
    2048, 2055
    1992年
  • Uniform Deposition of Diamond Films using a Flat Flame Stabilized in the Stagnation-Point Flow(査読付き論文)
    共著
    M.Murayama, S.Kojima, and K.Uchida
    Journal of Applied Physics
    69, 11, 7924, 7926
    1991年06月
  • Numerical Calculation of the Two-Dimesional Unsteady Laminar Flame Propagation in a Confined H2/Air System(査読付き論文)
    単著
    Combustion and Flame.
    63, 151, 163
    1986年01月
  • Photographic Observation of Knock with a Rapid Compression Machine(査読付き論文)
    共著
    T.Hayashi, M.Taki, S.Kojima, and T.Kondo
    SAE Technical Paper Series 841336.(SAE Transactions,Section 5 -Volume 93.)
    847, 859
    1984年10月

講演・口頭発表等

  • Numerical Analysis of the Effects of Squish Geometry on a Newly Developed 4-Valve Gasoline Engine Combustion Process
    共著
    H.Miyagawa, S.Kojima, N.Katsumi, T,Ueda, and T.Okumura
    The Fourth International Symposium on Diagnostics and Modeling of Combustion in Internal Combustion Engines,COMODIA 98.
    1998年07月
  • 火炎伝播過程と自着火(ノック)のシミュレーション
    単著
    日本機械学会講習会『エンジン燃焼系開発におけるシミュレーションの役割 -その現状と将来像-』
    1998年11月
    日本機械学会
  • The Potential of Lean Boost Combustion
    共著
    H.Miyagawa, M.Koike, Y.Ohteru, T.Suzuoki, and S.Kojima
    FISITA 2004World Automotive Congress
    2004年
    FISITA
  • Numerical Analysis on the Interaction between Flames and Preflame Reactions under a Knocking Condition
    共著
    S.Kojima, and Y.Ohta
    22nd International Colloquium on the Dynamics of Explosions and Reactive Systems
    2009年07月
  • 火炎伝播と前炎反応の干渉に関する数値解析
    共著
    小島晋爾, 太田安彦
    第20回内燃機関シンポジウム
    2009年09月
    (社)自動車技術会
  • HCCI燃焼におけるNO濃度の予測
    共著
    杉山貴俊, 小島晋爾
    日本機械学会東海支部第59期総会講演会
    2010年03月
    日本機械学会東海支部
  • HCCI燃焼における筒内温度分布を考慮したNO濃度の予測
    共著
    杉山貴俊, 小島晋爾
    日本機械学会2011年度年次大会
    2011年09月
    日本機械学会
  • HCCI エンジンの筒内混合気温度分布の推定
    共著
    小島晋爾, 杉山貴俊
    第22回内燃機関シンポジウム
    2011年11月
    (社)自動車技術会
  • Low-Dimensional Manifold Based on Entropy Production Rate of Reaction Kinetics
    単著
    Shinji Kojima
    24th International Colloquium on the Dynamics of Explosions and Reactive Systems (ICDERS 2013)
    2013年07月28日
    The Combustion Institute hosted by Department of Mechanical Engineering, Center for Energy Research, College of Engineering, National Central University
  • 急速圧縮実験における低温度炎伝播現象の3次元数値解析
    共著
    増山 成臣,小菅 哲也,小島 晋爾
    日本機械学会 2015 年度年次大会
    2015年09月13日
    日本機械学会

その他の研究業績

  • 筒内燃焼モデリング 3.乱流燃焼と反応
    単著
    R&D レビュー
    豊田中央研究所
    18, 1・2, 19, 34
    1983年09月
  • 座談会 創造性を語る
    共著
    林忠邦、服部勝彦、早川喜三、瀧昌弘、小出光男、小島晋爾、近藤照明、馬場邦彰
    CREATE 創刊号
    豊田中央研究所
    6, 9
    1986年
  • R&Dストーリー筒内燃焼観察
    共著
    豊田中央研究所
    SEARCH
    豊田中央研究所
    1989年
  • 自動車用エンジンノッキング研究の現状
    単著
    日本航空宇宙学会中部支部 会報 談話会記事.
    75, 18, 28
    1989年09月
  • ノッキングの可視化とモデリング
    単著
    自動車技術
    43, 11, 65, 73
    1989年11月
  • 自動車用エンジンノッキング研究の現状
    単著
    内燃機関
    29, 364, 35, 43
    1990年02月
  • Estimation of Rate Parameters in Low Temperature Oxidation of Alkanes
    単著
    R&D Review of Toyota CRDL
    28, 4, 25, 36
    1993年12月
  • 自着火におけるスワールと残留ガスの影響
    単著
    燃焼研究
    95, 39, 52
    1994年
  • ガス燃料の自着火とモデリング, 及びその応用
    単著
    燃焼研究
    114, 33, 42
    1998年
  • 燃焼シミュレーションによるノック抑制機構の解明
    単著
    R&D レビュー
    豊田中央研究所
    33, 3, 114
    1998年09月
  • 火炎伝播過程と自着火(ノック)のシミュレーション(再掲)
    単著
    日本機械学会講習会教材『エンジン燃焼系開発におけるシミュレーションの役割 -その現状と将来像-』
    98-53, 31, 37
    1998年11月
  • 燃焼技術・燃料(査読付)
    単著
    日本機械学会誌 2009.8
    112, 1089, 641
    2009年08月

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2007年10月, 出前講義 静岡県立湖西高等学校
  • 2007年11月, 名城大学理工学部総合講座 「エネルギー・環境問題と自動車」と題して講演
  • 2009年02月, 出前講義 愛知県立春日井高等学校


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.