教員情報

相馬 仁
ソウマ ヒトシ
理工学部 交通機械工学科
教授
Last Updated :2019/02/21

基本情報

プロフィール

    男性
  • メールアドレス

    somameijo-u.ac.jp
  • URL

大学院その他

  • 理工学研究科 機械工学専攻, 教授
  • 理工学研究科 交通科学専攻, 教授

学歴

  • 1984年03月, 東京都立大学大学院, 工学研究科, 機械工学専攻修士課程, 修了
  • 1998年03月,  

現在所属している学会

  • 日本機械学会
  • 自動車技術会
  • 計測自動制御学会
  • システム情報制御学会
  • 日本人間工学会
  • ヒューマンインターフェース学会
  • 日本交通科学協議会
  • 日本交通医学工学研究会
  • 日本シミュレーション学会
  • 日本応用数理学会
  • IEEE
  • SAE

学会

  • 2014年04月, 日本交通医学工学研究会理事

委員歴(学外)

  • 2011年04月, 2013年03月, 交通・物流部門 第2技術委員会 委員長, 日本機械学会

本学におけるその他の管理運営業績

  • 2013年04月, 交通機械工学科 学科長 交通科学専攻 専攻長

研究活動

研究分野

  • その他, 自動車工学
  • その他, 人間工学
  • 知能機械学・機械システム, 知能機械学・機械システム
  • 機械力学・制御, 機械力学・制御
  • その他, マンマシンシステム

利用分野または製品

  • 自動車

教育研究への取り組み・抱負

    教育では、教科書に書かれた理論に止まらず、自動車開発や試験の現場における実務経験を盛り込むことで、実感のある授業となるように心がけている。また、研究では、社会の問題解決に役立つテーマを選んで指導するようにしている。今後さらに、これまでにない先進自動車技術の創造に取り組んでいきたい。

著書

  • 自動車工学(第2版)
    樋口健治・横森 求 監修横森求、松浦譲、相馬仁、村上好生ほか
    東京電機大学出版局
    2011年10月
    978-4-501-41910-3C3053
    その他
    1章 自動車一般6章 操縦性と安定性7章 自動車人間工学

学術論文

  • 振動解析に基づく新幹線台車の状態監視
    共著
    大庭拓也,山田幸一,岡田信之,相馬仁,谷藤克也
    日本機械学会論文集C編
    75, 757, 2459, 2467
    2009年09月
  • アンチロールダンパを用いた空気ばね式車体傾斜車両の振動抑制(曲線競合区間の高速曲線通過)
    共著
    齋藤充,相馬仁,谷藤克也,石井工,梶谷泰史
    日本機械学会論文集
    75, 752C, 919, 926
    2009年04月
  • アクティブステアリングのための運転行動推定型ハイブリッド制御
    共著
    手塚繁樹,相馬仁,谷藤克也
    日本機械学会論文集
    74, 747C, 2763, 2770
    2008年11月
  • ベイジアンネットワークを用いた車線変更時の運転行動推定モデルの研究
    共著
    手塚繁樹,相馬仁,谷藤克也
    日本機械学会論文集
    73, 730C, 1794, 1800
    2007年06月
  • A Study of Driver Behavior Inference Model at Time of Lane Change using Bayesian Networks
    共著
    S.Tezuka,H.Soma,K.Tanifuji
    IEEE International Conference on Industrial Technology (ICIT2006)
    2006年12月
  • Driver Trust in Automatic Vehicle Following System (High Trust and Driver Behavior)
    共著
    H.Soma,H.Matsue,T.Watanabe,Y.Takae,N.Etori
    Review of Automotive Engineering
    27, 4, 615, 619
    2006年10月


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.