教員情報

村田 富保
ムラタ トミヤス
薬学部 薬学科
准教授
Last Updated :2020/07/03

基本情報

プロフィール

    男性

大学院その他

  • 薬学研究科 薬学専攻, 准教授

学歴

  • 1991年04月, 名城大学大学院, 薬学研究科, 薬学専攻博士後期課程, 入学
  • 1994年03月, 名城大学大学院, 薬学研究科, 薬学専攻博士後期課程, 修了

現在所属している学会

  • 日本薬学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本生化学会
  • 日本神経化学会
  • The Society for Neuroscience

学会

  • 1990年02月, 日本薬学会会員  
  • 1993年05月, 日本糖尿病学会会員  
  • 1996年04月, 日本生化学会会員  
  • 2001年06月, 日本神経化学会会員  
  • 2004年09月, The Society for Neuroscience  
  • 2010年01月, American Diabetes Association Member
  • 2013年11月, 日本分子生物学会会員

研究活動

研究分野

  • 分子生物学, 分子生物学

教育研究への取り組み・抱負

    分子生物学を基盤とする研究は、遺伝子レベルで様々な疾病を解明するうえで必要不可欠な分野である。現在、ゲノムライフサイエンスが国内外で精力的に進められており、薬学領域においても遺伝情報を基にした医薬品開発や薬物治療が進められている。そこで、分子生物学の基本的な知識を学部講義で教授し、さらに、卒業実験では分子生物学的な手法を用いた研究を行うことで分子生物学的な観点から疾病そのものを理解し、薬の作用機序を正確に理解することのできる力を学生に習得していただきたいと考えている。

学術論文

  • Alternatively spliced variants of the regucalcin gene in various human normal and tumor tissues. (査読付き論文)
    共著
    Murata T, Yamaguchi M
    Int. J. Mol. Med.(in press)
    2014年07月
  • Inhibitory effect of carbazolequinone derivatives on lipopolysaccharide and interferon-γ-induced nitric oxide production in mouse macrophage RAW264.7 cells. (査読付き論文)
    共著
    Murata T, Kohno S, Ito C, Itoigawa M, Sugiura A, Hikita K, Kaneda N
    J. Pharm. Pharmacol.
    65
    1204-1213
    2013年08月
  • Involvement of regucalcin in lipid metabolism and diabetes. (査読付き論文)
    共著
    Yamaguchi M, Murata T
    Metabolism
    62
    1045-1051
    2013年08月
  • Rotenoid derivatives from Derris trifoliate with nitric oxide production inhibitory activity. (査読付き論文)
    共著
    Ito C, Murata T, Tan HT, Kaneda N, Furukawa H, Itoigawa M
    Nat. Prod. Commun.
    7
    1479-1482
    2012年11月
  • Exogenous regucalcin suppresses osteoblastogenesis and stimulates adipogenesis in mouse bone marrow culture.(査読付き論文)
    共著
    Yamaguchi M, Weitzmann MN, Baile CA, Murata T
    Integr. Biol.
    4
    1215-1222
    2012年10月
  • Apoptosis of HL-60 leukemia cells induced by carbazole alkaloids isolated from Murraya euchrestifolia.(査読付き論文)
    共著
    Ito C, Itoigawa M, Nakao K, Murata T, Kaneda N, Furukawa H
    J. Nat. Med.
    66
    357-361
    2012年04月
  • Exogenous regucalcin stimulates osteoclastogenesis and suppresses osteoblastogenesis through NF-κB activation.(査読付き論文)
    共著
    Yamaguchi M, Weitzmann MN, Murata T
    Mol. Cell. Biochem.
    359
    193-203
    2012年01月
  • Establishment and characterization of a noradrenergic adrenal chromaffin cell line, tsAM5NE, immortalized with the temperature-sensitive SV40 T-antigen.(査読付き論文)
    共著
    Kohno S, Murata T, Koide N, Hikita K, Kaneda N
    Cell. Biol. Int.
    35
    325-334
    2011年04月
  • Methyl galbanate, a novel inhibitor of nitric oxide production in mouse macrophage RAW264.7 cells.(査読付き論文)
    共著
    Kohno S, Murata T, Sugiura A, Ito C, Iranshahi M, Hikita K, Kaneda N
    J. Nat. Med.
    65
    353-359
    2011年04月
  • Basic fibroblast growth factor promotes glial cell-derived neurotrophic factor gene expression mediated by activation of ERK5 in rat C6 glioma cells.(査読付き論文)
    共著
    Obara Y, Nemoto W, Kohno S, Murata T, Kaneda N, Nakahata N
    Cell Signal.
    23
    666-672
    2011年04月
  • Low level of fasting plasma mannose in a child with glycogen storage disease type 0 (liver glycogen synthase deficiency). (査読付き論文)
    共著
    Miwa I, Taguchi T, Asano H, Murata T, Yorifuji T, Nagasaka H, Takatani T
    Clin. Chim.Acta
    411
    998-999
    2010年07月
  • Autocrine TGF-b signaling is required for the GDNF/CNTF-induced neuronal differentiation of adrenal chromaffin tsAM5D cells expressing temperature-sensitive SV40 T-antigen
    共著
    Murata T, Koide N, Tsuboi M, Kohno S, Hikita K, Kaneda N
    Neurosci. Lett.
    438
    42-47
    2008年07月
  • Neuronal differentiation elicited by glial cell line-derived neurotrophic factor and ciliary neurotrophic factor in adrenal chromaffin cell line tsAM5D immortalized with temperature-sensitive SV40 T-antigen
    共著
    Murata T, Tsuboi M, Koide N, Hikita K, Kohno S, Kaneda N
    J. Neurosci. Res.
    86
    1694-1710
    2008年07月
  • Induction of apoptosis in human leukaemia HL-60 cells by furanone-coumarins from Murraya siamensis
    共著
    Murata T, Itoigawa M, Ito C, Nakao K, Tsuboi M, Kaneda N, Furukawa H
    J. Pharm. Pharmacol.
    60
    385-389
    2008年03月
  • Protective effects of neurotrophic factors on tumor necrosis factor-related apoptosis-inducing ligand (TRAIL)-mediated apoptosis of murine adrenal chromaffin cell line tsAM5D
    共著
    Murata T, Tsuboi M, Hikita K, Kaneda N
    J. Biol. Chem.
    281
    22503-22516
    2006年08月
  • Apoptosis inducing activity of 4-substituted coumarins from Calophyllum brasiliense in human leukaemia HL-60 cells
    共著
    Ito C, Murata T, Itoigawa M, Nakao K, Kaneda N, Furukawa H
    J. Pharm. Pharmacol.
    58
    975-980
    2006年07月
  • Induction of apoptosis by carbazolealkaloids isolated from Murraya koenigii
    共著
    Ito C, Itoigawa M, Nakao K, Murata T, Tsuboi M, Kaneda N, Furukawa H
    Phytomedicine
    13
    359-365
    2006年05月
  • Induction of apoptosis by isoflavonoids from the leaves of Millettia taiwaniana in human leukemia HL-60 cells
    共著
    Ito C, Murata T, Itoigawa M, Nakao K, Kumagai M, Kaneda N, Furukawa H
    Planta Med.
    72
    424-429
    2006年04月
  • Nuclear localization of a novel protein, RGPR-p117, in cloned normal rat kidney proximal tubular epithelial cells
    共著
    Sawada N, Nakagawa T, Murata T, Yamaguchi M
    Int. J. Mol. Med.
    16
    809-814
    2005年11月
  • Recruitment of mRNA-destabilizing protein TIS11 to stress granules is mediated by its zinc finger domain
    共著
    Murata T, Morita N, Hikita K, Kiuchi K, Kiuchi K, Kaneda N
    Exp. Cell Res.
    303
    287-299
    2005年02月

講演・口頭発表等

  • LPS/interferon-γ刺激したRAW264.7細胞における炎症性メディエーター産生に対するDerrisfolin-Aの効果
    共著
    野田実希、村田富保、井藤千裕、糸魚川政孝、疋田清美、金田典雄
    日本薬学会第133年会
    2013年03月28日
  • 温度感受性副腎髄質tsAM5NE細胞におけるTRAILシグナルを介したアポトーシスに対するGDNF/LIFの保護効果
    共著
    竹川なつ美、村田富保、疋田 清美、金田 典雄
    日本薬学会第133年会
    2013年03月29日
  • グリオキサラーゼI阻害によるアポトーシス誘導活性を有するマメ科植物由来新規天然化合物
    共著
    疋田清美、服部菜月、竹田文、山影祐子、村田富保、加藤國基、田中斎、金田典雄
    日本薬学会第133年会
    2013年03月29日
  • 温度感受性副腎髄質tsAM5NE細胞のTRAIL誘導性アポトーシスに対するPI3キナーゼ/AKT経路の保護効果
    共著
    村田 富保、河野 晋、疋田 清美、金田 典雄
    第85回日本生化学会大会
    2012年12月16日
  • マメ科植物由来イソフラボノイド化合物のヒトグリオキサラーゼI活性に対する阻害活性と抗増殖活性の評価
    共著
    疋田 清美、山影 祐子、加藤 三矢子、村田 富保、田中 斎、加藤 國基、金田 典雄
    第85回日本生化学会大会
    2012年12月15日
  • グリオキサラーゼI阻害活性を介した細胞増殖の阻害—マメ科植物由来イソフラボノイドの探索
    共著
    疋田清美、加藤三矢子、田島悠補、村田富保、加藤國基、田中斎、金田典雄
    日本薬学会第132年会
    2012年03月29日
  • (学会発表)誘導型NO合成酵素によるNO産生を抑制する植物由来天然化合物の探索
    共著
    杉浦あゆみ,井藤千裕,村田富保,河野 晋,疋田清美,糸魚川政孝,古川 宏,金田典雄
    日本薬学会第130年会
    2010年03月
  • (学会発表)温度感受性副腎髄質株tsAM5NEにおけるGDNF/LIF による神経分化
    共著
    玉川仁美,村田富保,河野 晋,疋田清美,金田典雄
    日本薬学会第130年会
    2010年03月
  • (学会発表)TIS11bのストレス顆粒への移行における14-3-3 タンパク質の役割
    共著
    駒中隆文,村田富保,河野 晋,疋田清美,金田典雄
    日本薬学会第130年会
    2010年03月
  • (学会発表)Elephantopus tomentosus由来molephantinはミクログリア細胞株BV-2におけるNOおよび炎症性サイトカイン産生を抑制する
    共著
    山田達也,河野 晋,村田富保,井藤千裕,疋田清美,古川 宏,金田典雄
    第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会
    2010年12月
  • (学会発表)クスノキ科植物由来天然化合物のヒトグリオキサラーゼ I に対する阻害活性と抗細胞増殖活性
    共著
    加藤三矢子,疋田清美,村田富保,野崎達也,加藤國基,田中 齊,金田典雄
    第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会
    2010年12月
  • (学会発表)ミカン科Citrus属植物から単離したアクリドン - クマリン二量体のアポトーシス誘導活性
    共著
    井藤千裕,村田富保,金田典雄,山田裕美,十一元晴,加藤緑,糸魚川政孝
    日本薬学会第131年会
    2011年03月
  • (学会発表)グリオキサラーゼI に対する酵素活性阻害による細胞増殖の阻害―クスノキ科植物由来低分子化合物の探索
    共著
    加藤三矢子,疋田清美,村田富保,野崎達也,加藤國基,田中 斎,金田典雄
    日本薬学会第131年会
    2011年03月
  • (学会発表)Effect of nicotinamide N-methyltransferase activity on the NGF-induced neurite outgrowth PC12 cells
    共著
    Kaneda N, Sasaguri K, Ban C, Matsumoto Y, Ishihara A, Tanaka S, Hikita K, Murata T
    The 11th International Conference on Alzheimer’s and Parkinson’s Diseases
    2013年03月
  • (学会発表)PC12細胞における神経突起形成のニコチンアミドN-メチル基転移酵素による抑制
    共著
    伊藤昌智,松本勇輝,疋田清美,村田富保,金田典雄
    第86回日本生化学会大会
    2013年09月
  • (学会発表)ヘムオキシゲナーゼ-1発現誘導活性を有するDerrisfolin-Aの炎症性メディエーター産生抑制効果
    共著
    野田実希,井藤千裕,糸魚川政孝,疋田清美,金田典雄,村田富保
    第86回日本生化学会大会
    2013年09月
  • (学会発表)ブドウ科植物由来天然化合物がSIRT1の酵素活性に及ぼす影響
    共著
    瀬戸伯一,疋田清美,村田富保,高谷芳明,丹羽正武,金田典雄
    第86回日本生化学会大会
    2013年09月
  • (学会発表)グリオキサラーゼ I 阻害活性を有するマメ科植物由来イソフラボン化合物のHL-60細胞および正常リンパ球に対する作用
    共著
    山田早織,竹田 文,山影祐子,服部菜月,疋田清美,村田富保,加藤國基,田中斎,金田典雄
    日本薬学会第134年会
    2014年03月
  • (学会発表)ヒトSIRT1酵素活性に及ぼすブドウ科植物由来ポリフェノールの影響
    共著
    久本信吾,晒谷信之介,瀬戸伯一,疋田清美,村田富保,高谷芳明,丹羽正武,金田典雄
    日本薬学会第134年会
    2014年03月

教育活動

担当予定授業科目(学部)

  • 2012, 基礎薬学演習2
  • 2012, 分子生物学1
  • 2012, 分析系基礎実習
  • 2012, 文献講読セミナー
  • 2012, 薬学卒業研究・演習
  • 2012, 薬学入門1
  • 2012, 薬学入門2
  • 2012, 臨床病態制御学
  • 2013, 基礎薬学演習2
  • 2013, 分子生物学1
  • 2013, 分析系基礎実習
  • 2013, 文献講読セミナー
  • 2013, 薬学卒業研究・演習
  • 2013, 薬学入門1
  • 2013, 臨床病態制御学
  • 2014, 基礎薬学演習2
  • 2014, 分子生物学1
  • 2014, 分析系基礎実習
  • 2014, 文献講読セミナー
  • 2014, 薬学卒業研究・演習
  • 2014, 薬学入門1
  • 2014, 臨床病態制御学
  • 2015, 基礎薬学演習2
  • 2015, 入門実験
  • 2015, 分子生物学1
  • 2015, 分析系基礎実習
  • 2015, 文献講読セミナー
  • 2015, 薬学卒業研究・演習
  • 2015, 臨床病態制御学
  • 2016, 入門実験
  • 2016, 分子生物学1
  • 2016, 分子生物学1演習
  • 2016, 分析系基礎実習(分析化学)
  • 2016, 文献講読セミナー
  • 2016, 薬学卒業研究
  • 2016, 薬学卒業研究・演習
  • 2016, 臨床病態制御学
  • 2018, 応用演習10(分子生物学1/2)
  • 2018, 入門実験
  • 2018, 分子生物学1
  • 2018, 分子生物学1演習
  • 2018, 分析系基礎実習(分析化学)
  • 2018, 薬学卒業研究
  • 2018, 薬学卒業研究・演習
  • 2018, 薬学卒業研究基礎
  • 2018, 臨床病態制御学
  • 2019, 応用演習10(分子生物学1/2)
  • 2019, 入門実験
  • 2019, 発展キャリア形成1(物理・分析系)
  • 2019, 病態解析科学特殊研究Ⅰ
  • 2019, 病態解析科学特殊研究Ⅱ
  • 2019, 病態解析科学特殊研究Ⅲ
  • 2019, 病態解析科学特殊研究Ⅳ
  • 2019, 病態解析科学特論
  • 2019, 分子生物学1
  • 2019, 分子生物学1演習
  • 2019, 分析系基礎実習(分析化学)
  • 2019, 薬学卒業応用演習1
  • 2019, 薬学卒業研究・演習
  • 2019, 薬学卒業研究1
  • 2019, 薬学卒業研究基礎
  • 2020, 応用演習10(分子生物学1/2)
  • 2020, 入門実験
  • 2020, 発展キャリア形成1(物理・分析系)
  • 2020, 分子生物学1
  • 2020, 分子生物学1演習
  • 2020, 分析化学
  • 2020, 分析系基礎実習(分析化学)
  • 2020, 薬学卒業応用演習1
  • 2020, 薬学卒業応用演習2
  • 2020, 薬学卒業研究1
  • 2020, 薬学卒業研究2
  • 2020, 薬学卒業研究基礎

担当予定授業科目(大学院)

  • 2012, 病態解析科学特殊研究Ⅰ
  • 2012, 病態解析科学特論
  • 2013, 病態解析科学特殊研究Ⅰ
  • 2013, 病態解析科学特殊研究Ⅱ
  • 2013, 病態解析科学特論
  • 2014, 病態解析科学特殊研究Ⅰ
  • 2014, 病態解析科学特殊研究Ⅱ
  • 2014, 病態解析科学特殊研究Ⅲ
  • 2014, 病態解析科学特論
  • 2015, 病態解析科学特殊研究Ⅰ
  • 2015, 病態解析科学特殊研究Ⅱ
  • 2015, 病態解析科学特殊研究Ⅲ
  • 2015, 病態解析科学特殊研究Ⅳ
  • 2015, 病態解析科学特論
  • 2016, 病態解析科学特殊研究Ⅰ
  • 2016, 病態解析科学特殊研究Ⅱ
  • 2016, 病態解析科学特殊研究Ⅲ
  • 2016, 病態解析科学特殊研究Ⅳ
  • 2016, 病態解析科学特論
  • 2017, 病態解析科学特殊研究Ⅰ
  • 2017, 病態解析科学特殊研究Ⅱ
  • 2017, 病態解析科学特殊研究Ⅲ
  • 2017, 病態解析科学特殊研究Ⅳ
  • 2017, 病態解析科学特論
  • 2018, 病態解析科学特殊研究Ⅰ
  • 2018, 病態解析科学特殊研究Ⅱ
  • 2018, 病態解析科学特殊研究Ⅲ
  • 2018, 病態解析科学特殊研究Ⅳ
  • 2018, 病態解析科学特論
  • 2019, 病態解析科学特殊研究Ⅰ
  • 2019, 病態解析科学特殊研究Ⅱ
  • 2019, 病態解析科学特殊研究Ⅲ
  • 2019, 病態解析科学特殊研究Ⅳ
  • 2019, 病態解析科学特論
  • 2020, 病態解析科学特殊研究Ⅰ
  • 2020, 病態解析科学特殊研究Ⅱ
  • 2020, 病態解析科学特殊研究Ⅲ
  • 2020, 病態解析科学特殊研究Ⅳ


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.