教員情報

築山 郁人
ツキヤマ イクト
薬学部 薬学科
教授
Last Updated :2020/07/03

基本情報

プロフィール

    男性

大学院その他

  • 薬学研究科 薬学専攻, 教授

学歴

  • 1995年03月, 名古屋市立大学, 薬学部, 薬学科, 卒業
  • 1997年03月, 名古屋市立大学大学院, 薬学研究科, 博士前期課程, 修士, 修了
  • 2012年09月, 金沢大学大学院, 医学系研究科, 博士(医学), 取得

職歴

  • 1997年03月, 1999年12月, 信州大学医学部附属病院, 薬剤部, 薬剤師
  • 2000年01月, 2008年03月, 豊橋市民病院, 薬局, 薬剤師
  • 2008年04月, 2017年03月, 愛知医科大学病院, 薬剤部, 薬剤師

現在所属している学会

  • 日本薬学会
  • 日本医療薬学会
  • 日本緩和医療学会
  • 日本緩和医療薬学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本臨床腫瘍学会
  • 日本死の臨床研究会

研究活動

研究分野

  • 臨床腫瘍学, 緩和医療学
  • 医療系薬学, 臨床薬理学、医療経済学

学術論文

  • Cost-utility nalysis of aprepitant for patients who truly need it in Japan
    Tsukiyama I, Ando M, Tsukiyama S, Takeuchi M, Ejiri M, Kurose Y, Saito H, Arakawa I, Inoue T, Yamaguchi E, Kubo A
    Supportive Care in Cancer
    in press
    2019年
  • 悪性リンパ腫患者に対するCHOP療法に伴う悪心・嘔吐におけるアプレピタントの有用性に関する検討
    近藤有,江尻将之,間瀬広樹,宮崎雅之,荒川裕貴,築山郁人,佐藤由美子,大島有美子,小山佐知子,牛膓沙織,横山聡,町支優和,佐々木英雄,壁谷めぐみ,久田達也,板倉由縁
    日本病院薬剤師会雑誌
    55, 3
    279-285
    2019年
  • CapeOX療法の完遂率に影響を与える要因の調査および適切な介入方法を目指した多施設共同研究
    片山広美,三島江津子,佐々木俊則,伴晶子,横山聡,桂川健司,高取裕司,宮崎雅之,佐藤由美子,築山郁人,久田達也,板倉由縁
    日本病院薬剤師会雑誌
    55, 1
    47-52
    2019年
  • 非ホジキンリンパ腫患者に対するCHOP療法に伴う発熱性好中球減少症の1次予防におけるペグフィルグラスチムの費用対効果
    杉本智哉,近藤有,一木万奈美,荒川裕貴,間瀬広樹,牛膓沙織,佐久間昌基,小山佐知子,大島有美子,宮崎雅之,築山郁人,佐藤由美子,久田達也,板倉由縁, 山田清文
    医療薬学
    44, 9
    441-448
    2018年
  • Cost-effectiveness of aprepitant in Japanese patients treated with cisplatin-containing highly emetogenic chemotherapy.
    Tsukiyama I, Hasegawa S, Ikeda Y, Takeuchi M, Tsukiyama S, Kurose Y, Ejiri M, Sakuma M, Saito H, Arakawa I, Inoue T, Yamaguchi E, Kubo A
    Cancer Science
    109, 9
    2881-2888
    2018年
  • A cost-effectiveness analysis of gemcitabine plus cisplatin versus gemcitabine alone for treatment of advanced biliary tract cancer in Japan
    Ikuto Tsukiyama, Masayuki Ejiri, Yoshihiro Yamamoto, Haruhisa Nakao, Masashi Yoneda, Katsuhiko Matsuura, Ichiro Arakawa, Hiroko Saito, Tadao Inoue
    Journal of Gastrointestinal Cancer
    48, 4
    326-332
    2017年
  • 進行再発乳がんに対するエリブリンメシル酸塩単独療法の投与量減量法と投与間隔延長法の臨床効果を比較した後方視的研究
    佐々木俊則,大島有美子,三島江津子,伴晶子,桂川健司,永松秀紹,吉岡祐貴,築山郁人,久田達也,板倉由縁,水谷三浩
    薬学雑誌
    136
    1023-1029
    2016年
  • mFOLFOX6療法後FOLFIRI療法へ切替における予防的制吐療法変更状況とその効果~進行・再発大腸がん患者を対象とした後方視的探索研究~
    小山佐知子, 荒川裕貴, 佐藤由美子, 午膓沙織, 江尻将之, 築山郁人, 久田達也, 板倉由縁, 森一博
    医療薬学
    42
    185-192
    2016年
  • 乳がん術後補助療法におけるRDI低下要因の検討
    大島有美子, 伴晶子, 三島江津子, 桂川健司, 間瀬隆弘, 山村益己, 築山郁人, 久田達也, 板倉由縁
    日本病院薬剤師会雑誌
    52
    313-318
    2016年
  • がん化学療法に伴う悪心に対する医療者と患者の評価の乖離の実態調査
    山本泰大, 築山郁人, 犬塚涼子, 藪下廣光, 若槻明彦, 松浦克彦
    Palliative Care Research
    10
    142-148
    2015年
  • 抗がん剤の病院内汚染を把握する拭き取り分析法の研究
    高野匠巳, 鈴木茂, 築山郁人, 斎藤寛子
    産業衛生学雑誌
    57
    275-285
    2015年
  • Nephroprotective effects of hydration with magnesium in patients with cervical cancer receiving cisplatin
    Yamamoto Y, Watanabe K, Tsukiyama I, Matsushita H, Yabushita H, Matsuura K, Wakatsuki A
    ANTICANCER RESEARCH
    35
    2199-2204
    2015年
  • Lack of Contribution of Multidrug Resistance-associated Protein and Organic Anion-transporting Polypeptide to Pharmacokinetics of Regorafenib, a Novel Multi-Kinase Inhibitor, in Rats
    Hotta K, Ueyama J, Tatsumi Y, Tsukiyama I, Sugiura Y, Saito H, Matsuura K, Hasegawa T.
    ANTICANCER RESEARCH
    35
    4681-4689
    2015年
  • Therapeutic and preventive antiemetic effect of aprepitant in Japanese patients with thoracic malignancies who truly need it
    Ito S, Tsukiyama I, Ando M, Katakami M, Hmanaka R, Kosaka K, Matsubara A, Nishimura M, Tanaka H, Asai N, Yokoe N, Takahashi A, Baba K, Matsuura K, Yamaguchi E, Kubo A.
    Supportive Care in Cancer
    23
    905-912
    2015年
  • Contribution of plasma proteins, Albumin and Alpha 1-Acid Glycoprotein, to pharmacokinetics of a multi-targeted receptor tyrosine kinase inhibitor, Sunitinib, in analbuminemic rats
    Toyama Y, Ueyama J, Nomura H, Tsukiyama I, Saito H, Hisada T, Matsuura K, Hasegawa T
    ANTICANCER RESEARCH
    34
    2283-2290
    2014年
  • Drug interaction between sunitinib and cimetidine and contribution of the efflux transporter ATP-binding cassette C2 to biliary excretion of sunitinib in rats
    Arakawa-Todo M, Ueyama J, Nomura H, Abe F, Tsukiyama I, Matsuura K, Hasegawa T.
    ANTICANCER RESEARCH
    33
    3015-3111
    2013年
  • ドセタキセル静注用製剤ワンタキソテールの脱アルコール化注射剤の調製とラットにおける体内動態の検討
    大西克浩、築山郁人、加藤美紀、上山純、安部文江、斎藤寛子、松浦克彦、長谷川高明、灘井雅行
    癌と化学療法
    40
    891-896
    2013年
  • Evaluation of Safety in Clinical Use of Generic Paclitaxel [NK] for Injection
    IKUTO TSUKIYAMA, KAZUO HOTTA, MASAYUKI TAKEUCHI, MASAHUMI ONISHI, YUKIO TOYAMA, HIROKO SAITO, YOSHIMICHI SAI, KEN-ICHI MIYAMOTO and TAKAAKI HASEGAWA
    癌と化学療法
    39
    613-617
    2012年
  • De-alcoholization of Paclitaxel Injection for Clinical Application
    IKUTO TSUKIYAMA, MASAYUKI TAKEUCHI, FUMIE ABE, TAKAHIKO KISI, HIROKO SAITO, YUKIHIKO OBAYASHI, KAZUSHI WATANABE, AKIHIKO WAKATSUKI, KEN-ICHI MIYAMOTO and TAKAAKI HASEGAWA
    ANTICANCER RESEARCH
    31
    4339-4346
    2011年
  • 土-P3-483 卵巣癌を合併した血液透析患者に対して血中濃度モニタリングを行いながらTC療法を安全に投与した一症例(がん薬物療法(その他),ポスター発表,一般演題,再興、再考、創ろう最高の医療の未来)
    山本 泰大;築山 郁人;大西 克浩;灘井 雅行;松浦 克彦
    日本医療薬学会年会講演要旨集
    日本医療薬学会
    23
    2013年08月
  • 28-P4AM-189 肝性浮腫に対するトルバプタンの有効性に関連する要因の探索(薬物療法(その他),一般演題(ポスター),新時代を拓く医療薬学フロンティア)
    加藤 麻理乃;犬塚 涼子;築山 郁人;松浦 克彦;斎藤 寛子;大津 史子;後藤 伸之
    日本医療薬学会年会講演要旨集
    日本医療薬学会
    24
    2014年08月
  • P0853-22-PM ヨウ素含有軟膏製剤大量投与によりヨウ素中毒をきたした重症熱傷患者の薬学的管理(有害事象・副作用2,ポスター,一般演題,医療薬学の進歩と未来-次の四半世紀に向けて-)
    齋場 千紗登;竹内 正幸;築山 郁人;寺島 嗣明;梶田 裕加;青木 瑠里;井上 保介;三木 靖雄;松浦 克彦;斎藤 寛子;脇田 康志
    日本医療薬学会年会講演要旨集
    日本医療薬学会
    25
    2015年10月
  • 抗がん剤の病院内汚染を把握する拭き取り分析法の研究
    高野 匠巳;鈴木 茂;築山 郁人;斎藤 寛子
    産業衛生学雑誌
    公益社団法人 日本産業衛生学会
    57, 6
    275-285
    2015年
  • 循環器病棟における薬学的介入の経済効果
    加藤 隆寛;岩澤 瞳;甚目 陽子;加藤 顕子;築山 郁人;斎藤 寛子
    医療薬学
    一般社団法人日本医療薬学会
    43, 12
    680-690
    2017年

教育活動

担当予定授業科目(学部)

  • 2018, 化学療法・緩和医療
  • 2018, 実務実習事前講義・演習
  • 2018, 薬学卒業研究
  • 2018, 薬学卒業研究基礎
  • 2018, 薬理・病態2
  • 2019, 化学療法・緩和医療
  • 2019, 実務実習事前講義・演習
  • 2019, 発展キャリア形成7(プロフェッショナリズム)
  • 2019, 薬学卒業応用演習1
  • 2019, 薬学卒業研究・演習
  • 2019, 薬学卒業研究1
  • 2019, 薬学卒業研究基礎
  • 2019, 薬物治療科学特殊研究Ⅰ
  • 2019, 薬物治療科学特殊研究Ⅱ
  • 2019, 薬物治療科学特殊研究Ⅲ
  • 2019, 薬物治療科学特殊研究Ⅳ
  • 2019, 薬理・病態2
  • 2019, 臨床腫瘍学特論
  • 2020, 化学療法・緩和医療
  • 2020, 実務実習事前講義・演習
  • 2020, 発展キャリア形成7(プロフェッショナリズム)
  • 2020, 薬学卒業応用演習1
  • 2020, 薬学卒業応用演習2
  • 2020, 薬学卒業研究1
  • 2020, 薬学卒業研究2
  • 2020, 薬学卒業研究基礎
  • 2020, 薬物治療マネジメント

担当予定授業科目(大学院)

  • 2017, 臨床腫瘍学特論
  • 2018, がん薬物療法学特論
  • 2019, 薬物治療科学特殊研究Ⅰ
  • 2019, 薬物治療科学特殊研究Ⅱ
  • 2019, 薬物治療科学特殊研究Ⅲ
  • 2019, 薬物治療科学特殊研究Ⅳ
  • 2019, 臨床腫瘍学特論
  • 2020, がん薬物療法学特論
  • 2020, 基礎薬学特論
  • 2020, 薬物治療科学特殊研究Ⅰ
  • 2020, 薬物治療科学特殊研究Ⅱ
  • 2020, 薬物治療科学特殊研究Ⅲ
  • 2020, 薬物治療科学特殊研究Ⅳ
  • 2020, 薬物治療科学特論


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.