教員情報

荒川 征夫
アラカワ マサオ
農学部 生物資源学科
准教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    男性

大学院その他

  • 農学研究科 農学専攻, 准教授

学歴

  • 1999年07月, 三重大学, 生物資源学研究科, 博士後期課程, 修了
  • 1999年07月,  

現在所属している学会

  • 日本植物病理学会
  • 日本土壌微生物学会
  • 日本菌学会
  • 米国植物病理学会

委員歴(学外)

  • 2015年01月, 委員, 国際植物病理学会(ISPP)

研究活動

研究分野

  • 植物病理学

教育研究への取り組み・抱負

    授業では既に確立された理論の解説だけでなく、未解決の問題や学術雑誌で新着の知見を随時紹介しながら、受講学生が常に新しい情報にふれられるよう工夫を試みている。研究活動では、指導学生が学外の研究者らと交流する機会をできるだけ増やすよう学会発表を基準とした研究計画を設定するよう心がけている。

著書

  • 植物病の探究
    「植物病の探究」出版会
    2004年09月
    その他
    p.146-152
  • 水田生息性Rhizoctoniaを例にした発生生態学〜種・個体レベルの分子的解析を圃場にどう持ち込むか〜
    植物病原菌類談話会
    2010年04月
    その他
    p.106-109
  • 土壌微生物実験法 第3版
    荒川征夫(豊田剛己ほか編)
    養賢堂
    2013年06月
    978-4-8425-0516-9
    その他
    19-3 リゾクトニア(p. 171-175)

学術論文

  • フィールド&ラボ~知って得する豆知識2~現場に即応~病原菌採取のコツと裏技.
    単著
    荒川征夫
    植物防疫
    70, 60, 63
    2016年01月
  • イネのRhizoctoniaおよびSclerotium属菌各病菌の生育および菌核形成・発芽に及ぼす各種CO2およびO2濃度の影響.
    共著
    紙崎啓昌・荒川征夫・稲垣公治
    関西病虫害研究会報
    関西病虫害研究会
    57, 11, 18
    2015年03月
  • Rhizoctonia 属菌における菌糸融合群判定および集団遺伝学解析のための分子マーカー
    共著
    荒川征夫・稲垣公治
    日本植物病理学会報
    80, 特集, 81, 86
    2014年11月
  • Molecular markers for genotyping anastomosis groups and for understanding the population biology of Rhizoctonia species.
    共著
    Arakawa, M. and Inagaki, K.
    Journal of General Plant Pathology
    Springer
    80, 401, 407
    2014年07月
  • タマネギ圃場内における黒腐菌核病菌(Sclerotium cepivorum)の菌そう型、病原性および菌体内脂肪酸組成についての多様性
    共著
    稲垣公治・西尾啓太・金子秀平・Mathur, A. C.・荒川征夫
    名城大学農学部学術報告
    50, 23, 30
    2014年03月
  • Contribution of weeds growing in paddy fields to occurrence of rice sclerotial diseases caused by Rhizoctonia and Sclerotium spp.
    共著
    Guo, Q., Mathur, A.C., Arakawa, M. and Inagaki, K.
    J. Res. Inst.
    11, 1, 10
    2012年03月
  • イネ紋枯病菌およびその類縁菌識別用の特異的PCRプライマーの設計
    共著
    荒川 征夫,稲垣 公治
    名城大学総合研究所紀要
    名城大学総合研究所
    12, 25, 31
    2007年
  • Vanillin enhances the antifungal effect of plant essential oils against Botrytis cinerea.
    共著
    Rattanapitigorn, P., Arakawa, M. and Tsuro, M.
    The International Journal of Aromatherapy
    16, 193, 198
    2006年09月
  • 各種イネ菌核形成菌の菌核発芽能力と菌核比重の比較
    共著
    郭 慶元,荒川 征夫,稲垣 公治,ほか1名
    名城大学農学部学術報告
    名城大学農学部
    42, 1, 8
    2006年03月
  • Phylogenetic and structural analyses of the mating-type loci in Clavicipitaceae.
    共著
    Yokoyama, E., Arakawa, M., Yamagishi, K. and Hara. A.
    FEMS Microbiology Letters
    264, 182, 191
    2006年
  • Survival and Subsequent Dispersal of Rice Sclerotial Disease Fungi, Rhizoctonia oryzae and Rhizoctonia oryzae-sativae, in Paddy Fields.
    共著
    Guo, Q., Kamio, A., Sharma, B., Sagara, Y., Arakawa, M. and Inagaki, K.
    Plant Disease
    90, 615, 622
    2006年
  • The wide distribution of endornaviruses, large double-stranded RNA replicons with plasmid-like properties.
    共著
    Fukuhara, T., Koga, R., Aoki, N., Yuki, C., Yamamoto, N., Oyama, N., Udagawa, T., Horiuchi, H., Miyazaki, S., Higashi, Y., Takeshita, M., Ikeda, K., Arakawa, M., Matsumoto, N. and Moriyama H.
    Archives of Virology
    151, 995, 1002
    2006年
  • 水田におけるイネ菌核病菌類の移動と年次変動
    共著
    稲垣公治,荒川 征夫
    植物防疫
    日本植物防疫協会
    59, 4, 161, 164
    2005年04月
  • Dynamics of double-stranded RNA segments in a Helicobasidium mompa clone from a tulip tree plantation.
    共著
    Ikeda, K., Nakamura, H., Arakawa, M., Koiwa, T. , Matsumoto, N.
    FEMS Microbiology Ecology
    51, 293, 301
    2005年01月
  • A comparative study of the violet root rot fungi, Helicobasidium brebissonii and H. mompa, from Japan.
    共著
    Nakamura, H., Ikeda, K., Arakawa, M., Akahira, T. and Matsumoto, N.
    Mycological Research
    108, 641, 648
    2004年06月
  • A Reovirus Causes Hypovirulence of Rosellinia necatrix.
    共著
    Kanematsu, S., Arakawa, M., Oikawa, Y., Onoue, M., Osaki, H., Nakamura, H., Ikeda, K., Kuga-Uetake, Y., Nitta, H., Sasaki, A., Suzaki, K., Yoshida, K. and Matsumoto, N.
    Phytopathology
    94, 561, 568
    2004年06月
  • Diversity and vertical transmission of double-stranded RNA elements in root rot pathogens of trees, Helicobasidium mompa and Rosellinia necatrix.
    共著
    Ikeda, K., Nakamura, H., Arakawa, M. and Matsumoto, N.
    Mycological Research
    108, 626, 634
    2004年06月
  • Overwintering of Rice Sclerotial Disease Fungi, Rhizoctonia and Sclerotium spp. in Paddy Fields in Japan.
    共著
    Inagaki, K., Guo, Q. and Arakawa, M.
    Plant Pathology Journal
    3, 65, 71
    2004年
  • 水田におけるイネ紋枯病菌個体群構造の年次推移
    共著
    郭 慶元,小笠原 崇文,荒川 征夫,稲垣 公治
    日本植物病理學會報
    日本植物病理学会
    69, 3, 212, 219
    2003年08月
  • Helicobasidium mompa isolates from sweet potato in continuous monoculture fields.
    共著
    Uetake, Y., Nakamura, H., Ikeda, K., Arakawa, M. and Matsumoto, N.
    Journal of General Plant Pathology
    69, 42, 44
    2003年02月
  • Annual change in the number of vegetaive compatibility groupes of rice sheath blight fungus, Rhizoctonia solani AG-1 (IA), in a paddy fields.
    共著
    Guo, Q., Ogasawara, T., Arakawa, M. and Inagaki, K.
    Japanese Journal of Phytopathology
    69, 212, 219
    2003年
  • Conidioma production of the white root rot fungus in axenic culture under near-ultraviolet light radiation.
    共著
    Nakamura, H., Ikeda, K., Arakawa, M., and Matsumoto, N.
    Mycoscience
    43, 251, 254
    2002年
  • Nucleotide sequences of double-stranded RNA segments from a hypovirulent strain of the white root rot fungus, Rosellinia necatrix: possibility of the first member of the Reoviridae from the fungus.
    共著
    Osaki, H., Wei, C. Z., Arakawa, M., Iwanami, T., Nomura, K., Matsumoto, N., and Ohtsu, Y.
    Virus Genes
    25, 101, 107
    2002年
  • Presence and distribution of double-stranded RNA elements in the white root rot fungus, Rosellinia necatrix.
    共著
    Arakawa, M., Nakamura, H., Uetake, Y. and Matsumoto, N.
    Mycoscience
    43, 21, 26
    2002年
  • A root box method to estimate virulence of Helicobasidium mompa using carrots and its comparison with the conventional method using apple stocks.
    共著
    Uetake, Y., Nakamura, H., Arakawa, M., Okabe, I. and Matsumoto, N.
    Journal of General Plant Pathology
    67, 175, 181
    2001年
  • An improved method for isolating the violet root rot fungus, Helicobasidium mompa, from fruit bodies.
    共著
    Nakamura, H., Uetake, Y., Arakawa, M., Okabe, I. and Matsumoto, N.
    Journal of General Plant Pathology
    67, 37, 40
    2001年
  • Inoculation of Lupinus luteus with the white root rot fungus, Rosellina necatrix to estimate isolate variability in virulence.
    共著
    Uetake, Y., Nakamura, H., Arakawa, M., Okabe, I. and Matsumoto, N.
    Journal of General Plant Pathology
    67, in press
    2001年
  • ITS polymorphism within a single strain of Sclerotium rolfsii.
    共著
    Okabe, I., Arakawa, M., and Matsumoto, N.
    Mycoscience
    42, 107, 113
    2001年
  • 2000年度土壌微生物学会に参加して(こんなことが,いま)
    単著
    荒川征夫
    土と微生物
    日本土壌微生物学会
    54, 2
    2000年10月
  • Observation on the teleomorph of the white root rot fungus, Rosellinia necatrix, and a related fungus, Rosellinia aquila.
    共著
    Nakamura, H., Uetake, Y., Arakawa, M., Okabe, I. and Matsumoto, N.
    Mycoscience
    41, 503, 507
    2000年
  • Induced accessibility and enhanced inaccessibility at the cellular level in barley. XIV. Accessibility-associated factor(s)induced in barley coleoptiles inoculated with Blumeria graminis f. sp. hordei.
    共著
    Arakawa, M. and Kunoh, H.
    Annals of the Phytopathological Society of Japan
    65, 177, 183
    1999年04月
  • 画像解析によるシバ葉腐病の発生程度評価.
    共著
    荒川征夫,中川芳子,久能 均
    芝草研究
    26, 2, 124, 130
    1998年
  • Induced accessibility and enhanced inaccessibility at the cellular level in barley coleoptiles. XV. Interference of AOA and AOPP with the establishment of accessibility.
    共著
    Arakawa, M., Suzuki, S. and Kunoh, H.
    Physiological and Molecular Plant Pathology
    51, 227, 241
    1997年

講演・口頭発表等

  • オオムギ子葉鞘細胞の認識機構 : (36) 病原菌の受容性誘導能および受容性誘導と吸器への核移行との相関
    共著
    荒川征夫, 高松 進, 久能 均
    日本植物病理学会大会
    1995年06月25日
  • オオムギ子葉鞘細胞の認識機構 (37) : 受容性状態の成立に対するAOAおよびAOPPの作用
    共著
    荒川征夫, 鈴木俊二, 久能 均
    日本植物病理学会 関西部会
    1996年12月25日
  • オオムギ子葉鞘細胞の認識機構(38) : 細胞レベルにおけるフェニルアラニン・アンモニアリアーゼ活性の検出
    共著
    荒川征夫, 久能 均
    平成9年度 日本植物病理学会大会
    1997年06月25日
  • 画像解析によるシバ葉腐病の発生程度評価
    共著
    荒川征夫, 中川芳子, 久能 均
    日本芝草学会
    1998年03月31日
  • Cellular aspects of the interactions of powdery mildew fungi with resistant and susceptible plants.
    共著
    Kunoh, H., Kobayashi, I., Arakawa, M., Yukioka, H., Toyoda, K. and Komura, T.
    7th International Congress of Plant Pathology.
    1998年08月09日
  • In situ detection of aminopeptidase activity in infected plant cells.
    共著
    Arakawa, M. and Kunoh, H.
    7th International Congress of Plant Pathology.
    1998年08月09日
  • オオムギ子葉鞘細胞の認識機構(39)オオムギうどんこ病菌を接種した子葉鞘からの受容性誘導因子の抽出
    共著
    荒川征夫, 久能 均
    日本植物病理学会大会
    1998年08月25日
  • Electron and light microscopic observation of powdery mildews, an important plant pathogenic fungi.
    共著
    Ito, H., Arakawa, M. and Takamatsu, S.
    Proceeding of the 5th tri-university international joint seminar and symposium.
    1998年10月26日
  • カシ類うどんこ病菌(Erysiphe gracilis)はUncinula属菌か? : 分生子世代の形態
    共著
    伊藤花子, 荒川征夫, 佐藤幸生, 高松 進
    平成10年度 日本植物病理学会関西部会
    1998年12月25日
  • ナシ白紋羽病菌VCGの圃場内分布
    共著
    中村 仁, 植竹ゆかり, 荒川征夫, 岡部郁子, 松本直幸
    日本植物病理学会 関東部会
    1999年12月25日
  • プロトプラスト分離による白絹病菌(Sclerotium rolfisii)のホモカリオン菌株の作出
    共著
    岡部郁子, 松本直幸, 荒川征夫
    平成12年度 日本植物病理学会大会
    2000年08月25日
  • 果樹類白紋羽病菌MCGの圃場内分布
    共著
    中村 仁, 植竹ゆかり, 荒川征夫, 岡部郁子, 松本直幸
    平成12年度 日本植物病理学会大会
    2000年08月25日
  • 紫紋羽病菌とその類縁菌の分子系統関係と菌糸融合群
    共著
    荒川征夫, 植竹ゆかり, 中村 仁, 赤平知也, 柴山 豊, 佐山 玲, Cheah, L .H., 岡部郁子, 松本直幸
    平成12年度 日本植物病理学会大会
    2000年08月25日
  • 紫紋羽病菌病原力検定のための接種試験法の検討
    共著
    植竹ゆかり, 中村 仁, 荒川征夫, 岡部郁子, 松本直幸
    平成12年度 日本植物病理学会大会
    2000年08月25日
  • 白紋羽病菌テレオモルフ(Rosellinia necatrix)の観察
    共著
    中村 仁, 植竹ゆかり, 荒川征夫, 岡部郁子, 松本直幸
    平成12年度 日本植物病理学会大会
    2000年08月25日
  • 培養中の白紋羽病菌接種源に対する赤色光の影響
    共著
    植竹ゆかり, 中村 仁, 荒川征夫, 岡部郁子, 松本直幸
    2000年度 日本土壌微生物学会大会
    2000年10月01日
  • 白紋羽病菌における単菌糸分離によるdsRNAの消失
    共著
    長縄俊明, 荒川征夫, 中村 仁, 植竹ゆかり, 新田浩通, 柿嶌 眞, 岡部郁子, 松本直幸
    日本植物病理学会 関東部会
    2000年12月25日
  • dsRNA保有紫紋羽病菌菌株の検出頻度及びdsRNAと病原力との関連
    共著
    松本直幸, 植竹ゆかり, 荒川征夫, 中村 仁, 岡部郁子
    日本植物病理学会大会
    2001年08月25日
  • リンゴ果樹園およびユリノキ植栽林における紫紋羽病菌MCGの分布域の拡大
    共著
    中村 仁, 植竹ゆかり, 荒川征夫, 岡部郁子, 勝又治男, 小岩俊行, 松本直幸
    日本植物病理学会大会
    2001年08月25日
  • 単菌糸分離による白絹病菌(Sclerotium rolfsii)ホモカリオンの作出
    共著
    岡部郁子, 松本直幸, 荒川征夫
    日本植物病理学会大会
    2001年08月25日
  • 白紋羽病菌(Rosellinia necatrix)で検出された二本鎖RNAの病原力低下作用
    共著
    荒川征夫, 中村仁, 植竹ゆかり, 新田浩通, 長繩俊明, 柿嶌 眞, 岡部郁子, 松本直幸
    日本植物病理学会大会
    2001年08月25日
  • 子実体からの紫紋羽病菌の効率的分離法
    共著
    中村 仁, 植竹ゆかり, 荒川征夫, 岡部郁子, 松本直幸
    2001年度 日本土壌微生物学会大会
    2001年10月01日
  • 水田におけるイネ紋枯病菌個体群構造の変動
    共著
    郭 慶元, 小笠原崇文, 大淵直也, 荒川征夫, 稲垣公治
    日本植物病理学会 関西部会
    2002年04月25日
  • 罹病根上での白紋羽病菌の子座形成および単子のう胞子分離菌株の病原力
    共著
    中村 仁, 池田健一, 荒川征夫, 松本直幸
    日本植物病理学会大会 関東部会
    2002年04月25日
  • Detection of double-stranded RNA from Helicobasidium mompa and Rosellinia necatrix
    共著
    Ikeda, K., Nakamura, H., Arakawa, M. and Masumoto, N.
    7th International Mycological Congress
    2002年08月11日
  • Roles of ascospores in the white root rot fungus, Rosellinia necatrix
    共著
    Nakamura, H., Ikeda, K., Arakawa, M. and Masumoto, N.
    7th International Mycological Congress
    2002年08月11日
  • 栽培種子の変更による水田でのイネ褐色菌核病発生の減少
    共著
    松井秀樹, 神尾章子, 郭 慶元, 荒川征夫, 稲垣公治
    平成14年度 日本植物病理学会大会
    2002年08月25日
  • 紫・白紋羽病菌の生活環における二本鎖RNAの伝搬について
    共著
    池田健一, 中村 仁, 荒川征夫, 松本直幸
    平成14年度 日本植物病理学会大会
    2002年08月25日
  • 青森県で採集された紫紋羽病菌の1種,Helicobasidium brebissoii (Desm.) Donk
    共著
    中村 仁, 池田健一, 荒川征夫, 赤平知也, 松本直幸
    平成14年度 日本植物病理学会大会
    2002年08月25日
  • Possibility of infection source of rice sclerotial diseases, borderd sheath sopt and brown sclerotium disease, on weeds inhabiting in paddy fields, based on vagetative compatibility groups.
    共著
    Guo, Q., Kamio, A., Arakawa, M. and Inagaki, K.
    1st International Conference on Tropical and Subtropical Plant Diseases.
    2002年11月05日
  • Hypovirulent isolates with multi-segmented dsRNAs in Rosellinia necatrix.
    共著
    Ikeda, K., Nakamura, H., Arakawa, M., and Matsumoto, N.
    8th International Congress of Plant Pathology.
    2003年02月02日
  • 各種微量要素がイネ諸菌核病菌の生育に及ぼす影響について
    共著
    松井秀樹, 荒川征夫, 稲垣公治
    日本植物病理学会大会
    2003年02月25日
  • 体細胞和合性が一致する日本各地由来イネ紋枯病菌の遺伝的類縁性
    共著
    濱田奈穂, 伊藤梨江, 稲垣公治, 荒川征夫
    日本植物病理学会大会
    2003年02月25日
  • 白紋羽病菌におけるReovirus様の多分節二本鎖RNAからなる病原力低下因子
    共著
    池田健一, 中村 仁, 大崎秀樹, Wei, C, 荒川征夫, 大津善弘, 松本直幸
    日本植物病理学会大会
    2003年02月25日
  • 土壌微生物が分泌する酵素ラッカーゼ活性の評価分析
    共著
    渡辺秀之, 鈴木さち代, 井上武彦, 荒川征夫, 稲垣公治, 田村廣人
    日本農薬学会
    2003年03月14日
  • Endornavirus, the large dsRNA replicon with plasmid-like properties in plants and plant pathogenic fungi.
    共著
    Fukuhara, T., Yamamoto, N., Yuki, C., Horiuchi, H., Miyazaki, S., Koga, R., Moriyama, H., Takeshita, M., Ikeda, K., Arakawa, M., Matsumoto, N. & Arie, T.
    7th International Congress of Plant Molecular Biology.
    2003年06月23日
  • 体細胞飽和合性が変異したイネ紋枯病菌分離菌株のRAPD解析
    共著
    濱田菜穂, 児玉将宏, 稲垣公治, 荒川征夫
    平成15年度 日本植物病理学会大会
    2003年08月25日
  • Biolocontrol of root disease of fruit trees with fungal viruses.
    共著
    Matsumoto, N., Nakamura, H., Ikeda, K., Arakawa, M. and Uetake, Y.
    Annual Meetings of the Society of Plant Pathology.
    2003年10月09日
  • 水田群落におけるイネ紋枯病菌の個体群構造とその年次推移に関するRAPD解析
    共著
    濱田奈穂, 児玉将宏, 稲垣公治, 荒川征夫
    平成15年度 日本植物病理学会 関西部会
    2004年02月25日
  • イネ各種菌核形成菌の生育および菌核形成に及ぼすCO_2およびO_2濃度の影響
    共著
    紙崎啓昌, 荒川征夫, 稲垣公治
    平成16年度 日本植物病理学会大会
    2004年08月25日
  • 菌体構成脂肪酸組成によるイネ赤色菌核病菌の菌種内変異
    共著
    石井聡志, 荒川征夫, 稲垣公治
    平成16年度 日本植物病理学会 関西部会
    2005年02月25日
  • Effect of infection of Rhizoctonia oryzae and R. oryzae-sativae on disease development of sheath blight caused by R. solani AG-1 IA.
    共著
    Guo, Q., Arakawa, M., and Inagaki, K.
    Second Asian Conference on Plant Pathology.
    2005年06月25日
  • イネおよび水田内雑草より分離した赤色菌核病菌菌株のDNAフィンガープリンティング法による類縁性解析
    共著
    相良裕紀子, 神尾章子, 郭 慶元, 稲垣公治, 荒川征夫
    平成17年度 日本植物病理学会大会
    2005年08月25日
  • イネおよび水田内雑草より分離した赤色菌核病菌の各VCGから得たRAPD断片のクローニング
    共著
    相良裕紀子, 横山英之, 稲垣公治, 荒川征夫
    平成17年度 日本植物病理学会 関西部会
    2006年02月25日
  • イネの各種菌核形成菌に対する特異的プライマーの作成
    共著
    荒川征夫, 相良裕紀子, 稲垣公治
    平成18年度 日本植物病理学会大会
    2006年11月25日
  • 水田より採集した赤色菌核病菌の各個体群に特異的なプライマーの設計
    共著
    相良裕紀子, 稲垣公治, 荒川征夫
    平成18年度 日本植物病理学会大会
    2006年11月25日
  • 沖縄県石垣島と西表島の水田より分離したイネ褐色菌核病菌および紋枯病菌の菌糸和合性群調査について
    共著
    森島千晶, 郭慶元, 加藤宗徳, 岡田有祐, 荒川征夫, 稲垣公治
    平成19年度 日本植物病理学会 関西部会
    2008年02月20日
  • Development of STS primers for distinguishing populations of Rhizoctonia circinata var. oryzae isolated from rice and weeds in a paddy field, on the basis of mycelial compatibility and DNA fingerprinting.
    共著
    Arakawa, M., Sagara, Y. and Inagaki, K.
    4th International Symposium on Rhizoctonia.
    2008年08月20日
  • Designing PCR primers to discriminate eight sclerotial disease pathogens of rice.
    共著
    Arakawa, M., Ohkawa, Y., Urushizaki, S., Kato, M. and Inagaki, K.
    9th International Congress of Plant Pahtology.
    2008年08月24日
  • 水田土壌中に潜伏する各種Rhizoctonia属菌の特異的プライマーを用いた一覧化検出
    共著
    加藤宗徳, 尾関一浩, 森島千晶, 稲垣公治, 荒川征夫
    平成20年度 日本植物病理学会大会
    2008年08月25日
  • 日本国内外で採集したイネ紋枯病菌のDNAフィンガープリント解析
    共著
    森島千晶, 加藤宗徳, 稲垣公治, 荒川征夫
    平成20年度 日本植物病理学会大会
    2008年08月25日
  • 紋枯病発病イネ組織における病原菌の定量的検出
    共著
    加藤宗徳・尾関一浩・漆崎慎吾・森島千晶・稲垣公治・荒川征夫
    日本植物病理学会大会(日本植物病理学会報, Vol.75 No.3 2009, p242)
    2009年03月26日
  • 日本国内外で採集したイネ紋枯病菌におけるDNAフィンガープリントマーカーのクローニング
    共著
    森島千晶・加藤宗徳・漆崎慎吾・稲垣公治・荒川征夫
    日本植物病理学会大会(日本植物病理学会報, Vol.75 No.3 2009, p240)
    2009年03月26日
  • 二核性Rhizoctonia AG-Baにおけるサブグループ分化
    共著
    漆崎慎吾・加藤宗徳・森島千晶・尾関一浩・稲垣公治・荒川征夫
    日本植物病理学会大会(日本植物病理学会報, Vol.75 No.3 2009, p237)
    2009年03月26日
  • 二核性Rhizoctonia AG-Ba単一菌株に おけるrDNA-ITSヘテロ配列存在比のリアルタイム PCR による定量
    共著
    漆崎慎吾・加藤宗徳・森島千晶・尾関一浩・稲垣公治・荒川征夫
    平成 21 年度日本植物病理学会関西部会
    2009年10月17日
  • rDNA-ITS heterogeneities detected in the single isolate of 6 different taxa of Rhizoctonia fungi, causal agents of rice sclerotial diseases
    共著
    Urushizaki, S., Tatsuya, O., Hiramatsu, M., Sadanori, J., Inagaki, K. and Arakawa, M.
    The 2009 KSPP Fall Meeting and the 1st Japan-Korea Joint Symposium.
    2009年10月29日
  • Three rice sclerotial diseases caused by Rhizoctonia spp. in relation to cheracteristics of disease occurrence in paddy field, based on survey in 1996-2006.
    共著
    Inagaki, K., Guo, Q., Morishima, C., Urushizaki, S., Ozeki, K., Hiramatsu, M. and Arakawa, M.
    The 2009 KSPP Fall Meeting and the 1st Japan-Korea Joint Symposium.
    2009年10月28日
  • イネ紋枯病菌Rhizoctonia solani AG-1 IA日本個体群で検出された任意交配および中国個体群を含む遺伝子流動
    共著
    荒川征夫・稲垣公治・Ceresini, P. C.・McDonald B. A.
    平成22年度日本植物病理学会大会 平成22年4月18-20日
    2010年04月18日
  • イネおよび各種雑草から分離した灰色菌核病菌 (二核性Rhizoctonia AG-Ba)のDNAフィンガープリント解析.
    共著
    漆崎慎吾・西沢太一・稲垣公治・荒川征夫
    平成22年度日本植物病理学会大会 平成22年4月18-20日
    2010年04月18日
  • 微生物が関与する物質循環系の解析とモデルシステムの構築「人類の未来は農学から-農学が生命・食料・脱石油社会そして環境の課題を解決する-」
    単著
    名城大学Day・名城大学創立60周年記念講演会
    2010年09月18日
  • 日本、台湾および中国より採集したイネ褐色菌核病菌の菌種内多様性
    共著
    平松雅貴・大前達也・後藤直哉・Mathur, A. C.・荒川征夫・稲垣公治
    平成22年度日本植物病理学会関西部会
    2010年09月30日
  • 各種培養的および生理的諸性質に基づくイネ赤色菌核病菌の菌種内変異
    共著
    川本未来・徳永優奈・平松雅貴・稲垣公治・Mathur, A. C.・荒川征夫
    平成22年度日本植物病理学会関西部会
    2010年09月30日
  • 教育環境が育む学際性と人間性-スイス連邦工科大学と名城大学-
    単著
    名城大学公開講座・農学部 創立60周年記念講演会
    2010年10月23日
  • Rice sclerotial disease fungi, Rhizoctonia spp., in relation to their distribution and movement in/between paddy fields.
    共著
    Inagaki, K., Guo, Q., Mathur, A. C. and Arakawa, M.
    BIT's 1st Annual World Congress of Microbes-2011
    2011年07月30日
  • イネ紋枯病菌におけるトレハラーゼ塩基配列の多様性とバリダマイシン感受性差異
    共著
    大前達也・安藤佑以・平松雅貴・後藤直哉・稲垣公治・荒川征夫
    日本植物病理学会報 77: 210 (講演要旨)
    2011年08月25日
  • 微生物のゲノムに記録された日本におけるイネ栽培の伝来起源
    単著
    名城大学附属高校スーパーサイエンスⅡ出前講義
    2012年06月27日
  • 菜園の病害を観て、視て、診る
    単著
    春日井市との連携講座「農学基礎講義」
    2012年06月27日
  • Weeds Growing in Paddy Fields as Infection Source of Rice Sclerotial Diseases Caused by Rhizoctonia and Sclerotium spp.
    共著
    Inagaki, K., Guo, Q., Mathur, A. C. and Arakawa, M.
    BIT's 2nd Annual World Congress of Microbes-2012
    2012年08月01日
  • SNPs variation of the trehalase gene and the sensitivity to a fungicide of validamycin detected in the fungal isolates of rice sheath blight pathogen, Rhizoctonia solani AG-1 IA in Asia.
    共著
    Arakawa, M., Ohmae, T. and Inagaki, K.
    Symposium on Bioresource Science for Sustainable Development of Japan and Thailand 2012
    2012年08月28日
  • 多核および2核Rhizoctonia属菌の網羅的検出に向けたT-RFLPマーカーの作製
    共著
    坂倉裕子, 大前達也, 稲垣公治, 荒川征夫
    2012年度 日本土壌微生物学会大会
    2012年10月01日
  • 2核Rhizoctonia属菌接種イネ上でのイネ紋枯病菌の発病抑制
    共著
    稲垣公治・魚住法子・祖父江美佳・後藤れみ・大前達也・後藤直哉・Mathur, A. C.・荒川征夫
    日本植物病理学会報 77: 255 (講演要旨)
    2011年08月25日
  • イネ紋枯病菌トレハラーゼ遺伝子の全長および同酵素立体構造モデルの解析
    共著
    大前達也・安藤佑以・島岡舞衣・稲垣公治・荒川征夫
    平成23年度日本植物病理学会関西部会
    2011年10月01日
  • イネ紋枯病菌の個体群ゲノムに記録された日本における水稲栽培の伝来起源
    単著
    平成23年度東海植物病学研究会(第35回)
    2011年12月02日
  • アジア各地に分布するイネ紋枯病菌におけるバリダマイシン感受性とトレハラーゼ遺伝子配列の多様性
    共著
    大前達也・島岡舞衣・稲垣公治・荒川征夫
    日本菌学会第56回大会
    2012年05月26日
  • 多核および2核Rhizoctonia属菌の網羅的検出に向けたT-RFLPマーカーの作製
    共著
    坂倉裕子・大前達也・稲垣公治・荒川征夫
    土壌微生物学会2012年度大会
    2012年06月23日
  • タマネギ圃場から採集したタマネギ 黒腐菌核病菌の圃場内多様性
    共著
    西尾啓太・伊藤純平・ 荒川征夫・稲垣公治
    平成24年度日本植物病理学会関西部会
    2012年09月27日
  • アジア各地のイネ紋枯病菌で検出されるトレハラーゼ遺伝子の一塩基多型とバリダマイシン感受性の多様性解析
    単著
    殺菌剤耐性菌研究会第23回シンポジウム
    2013年03月30日
  • Non-synonymous SNP variety of the trehalase gene in Asian population of rice sheath blight pathogen.
    共著
    Arakawa, M., Ohmae, T., Shimaoka, M., Inagaki, K., Ceresini, P. C. and McDonald, B. A.
    10th International Congress of Plant Pathology.
    2013年08月25日
  • Influence on fungicide sensitivity by the genetic diversity of rice sheath blight fungus in Asia.
    単著
    Arakawa, M.
    MSP 16th Annual Scientific Meeting, Symposium and Training - Mycological Society of the Philippines -.
    2014年04月22日
  • 弱病原性2核Rhiznctonia菌の籾接種後育成イネ上における紋枯病発生の減少
    共著
    金子秀平・田島由梨・後藤豊・林秀策・長谷山俊之・荒川征夫・稲垣公治
    平成26年度日本植物病理学会大会
    2014年06月02日
  • イネ紋枯病菌のマイクロサテライト遺伝型解析で検出された日本および韓国個体群間の遺伝子流動
    共著
    牧田結衣・長屋美佳・竹内千佳・稲垣公治・Ceresini, Paulo C.・McDonald, Bruce A.・荒川征夫
    平成26年度日本植物病理学会大会
    2014年06月02日
  • Genetic diversity affects the occurrence of resistant variants against a fungicide in Asian population of a rice pathogen.
    共著
    Arakawa, M, T. Ohmae, K Inagaki, P. C. Ceresini and M. A. Bruce
    The 1st international symposium on plant resources and environmental conservation between the graduate school of agriculture, Meijo University and chemisty & life science college, China Three Gorges University
    2014年08月22日
  • Trace of gene flows among Asian population of rice sheath blight pathogen using microsatellite markers.
    共著
    Makita, Y, M Nagaya, K Inagaki, C. J. R. Cumagun, P. C. Ceresini, M. A. Bruce and M. Arakawa
    The 1st international symposium on plant resources and environmental conservation between the graduate school of agriculture, Meijo University and chemisty & life science college, China Three Gorges University
    2014年08月22日
  • 東アジア諸国より採集したイネ褐色菌核病菌および紋枯病菌の菌体内脂肪酸組成に基づく菌種内変異(予報).
    共著
    金子秀平・清水涼子・三浦晴菜・牧田結衣・荒川征夫・稲垣公治
    平成26年度日本植物病理学会関西部会
    2014年09月27日
    日本植物病理学会
  • マイクロサテライト遺伝型解析で検出されたRhizoctonia solani AG-1 IAのイネ・ダイズ個体群の相互感染およびトウモロコシ個体群の分化.
    共著
    牧田結衣・竹原利明・西川盾士・稲垣公治・荒川征夫
    日本植物病理学会創立100周年記念大会(平成27年度大会)
    2015年03月28日
    日本植物病理学会
  • 現場でできる病原菌採取のコツや裏技. 「コツ,コツ,コツ:教科書には載っていない,知っていると便利な裏技編」
    単著
    荒川征夫
    第15回植物病原菌類談話会
    2015年03月30日
    植物病原菌類談話会
  • History of the rice cultivation in Japan, recorded in the genetic structure of a fungal pathogen, Rhizoctonia solani AG-1 IA population.
    単著
    Arakawa, M.
    An Invited Seminar University of the Philippines Los Banos (UPLB)
    2014年04月24日
    University of the Philippines Los Banos (UPLB)
  • 現場でできる病原菌採取のコツや裏技.
    単著
    荒川征夫
    名古屋植物防疫所所内ゼミナール
    2016年01月27日
    名古屋植物防疫所
  • いもち病耐性イネ育種のための自律的マーカー削除可能な標的遺伝子編集.
    共著
    鈴木 実・植家優紀・河野洋治・島本 功・荒川征夫・寺田理枝・島谷善平
    日本育種学会 第131回講演会(2017年春季大会)
    2017年03月30日
    日本育種学会
  • Diversity of antagonistic microorganisms against plant pathogenic fungi detected in various type of cultivating fields.
    共著
    Matsumura Naoya, Mitsuya Haruna, Yano Sayaka and Arakawa Masao
    Symposium on Bioresource Science for Sustainable Development of Japan and Thailand 2017
    2017年08月27日
    Graduate School and Faculty of Agriculture, Meijo University, Japan and School of Bioresources and Technology, King Mongkut’s University of Technology Thonburi, Thailand
  • 韓国からフィリピンにかけて分布するイネ紋枯病菌のSSR遺伝型解析で検出された偏在的な遺伝子流動
    単著
    荒川 征夫、牧田結衣、Cumagun J Cristian、Ceresini C Paulo、McDonald A Bruce
    環境微生物系学会合同大会2017
    2017年08月29日
    環境微生物系学会合同大会2017実行委員会
  • Rhizoctonia solaniによるホウキギ(コキア)立枯病の発生
    共著
    柴田紗帆・川崎 花・利根川千枝・蓑島綾華・荒川征夫・堀江博道・廣岡裕吏
    平成29年度日本植物病理学会関東部会
    2017年09月22日
    日本植物病理学会
  • Fundamentals for Diagnose and Detect the Pathogen of Rice Diseases.
    単著
    Arakawa, M.
    平成30年度JICA課題別研修「アフリカ地域 稲作振興のための中核的農学研究者の育成」
    2018年07月05日
    JICA

その他の研究業績

  • 遺伝的多様性と個体群構造からみた水田生息性Rhizoctoniaの発生生態
    単著
    日本植物病理学会第10回植物病害生態研究会.依頼講演.松江市.
    2008年04月
  • イネ紋枯病菌およびその類縁菌識別用の特異的PCRプライマーの設計
    共著
    荒川征夫, 稲垣公治
    名城大学総合研究所紀要
    12, 25, 31
    2007年03月
  • Comparative germination ability and specific gravity of sclerotia of Rhizoctonia and Sclerotinium spp., causing rice sclerotial diseases.
    共著
    Guo, Q., Arakawa, M., Inagaki, K. and Adachi, T.
    Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Meijo University
    42, 1, 8
    2006年03月
  • 病原性低下因子を含む白紋羽病菌分離株W370
    共著
    松本直幸, 岡部郁子, 荒川征夫, 中村 仁, 植竹ゆかり
    特許第3594905, 特許庁, 日本
    2004年09月
  • イネ株内における紋枯病菌の個体群構造.
    共著
    郭 慶元, 中條 淳, 濱田奈穂, 奥原利紀, 荒川征夫, 稲垣公治
    名城大学農学部学術報告
    40, 53, 60
    2004年03月
  • Genetic relationships among violet root rot fungi as revealed by hyphal anastomosis and sequencing of the rDNA ITS regions.
    荒川征夫
    Mycological Research
    106, 156, 163
    2002年

特許等

  • 2001-016569
    2002-218968
    3594905
    病原性低下因子を含む白紋羽病菌分離株W370

教育活動

担当予定授業科目(学部)

  • 2018, ゼミナール1
  • 2018, ゼミナール2
  • 2018, 植物感染制御学
  • 2018, 植物病理学
  • 2018, 植物病理学実験
  • 2018, 生物学実験
  • 2018, 生物資源学概説
  • 2018, 生物資源学実験
  • 2018, 生命科学の技術
  • 2018, 卒業研究
  • 2018, 微生物学

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2012年06月, 春日井市との連携講座「農学基礎講義」菜園の病害を観て、視て、診る, 2012年6月20日, 附属農場
  • 2012年06月, 出前講義(スーパーサイエンスⅡ講師)「微生物のゲノムに記録された日本におけるイネ栽培の伝来起源」, 2012年6月27日, 名城大学附属高校
  • 2015年05月, 出前講義(スーパーサイエンスII講師)「植物に感染する微生物の遺伝子診断技術による検出(病原体の種類・薬剤耐性菌の判別)」, 2015年5月25日,名城大学附属高等学校
  • 2016年02月, 農林水産省フラワーバレンタインPRイベント開催(東海農政局, 名城大学, 久屋大通庭園フラリエ共催), 2016年2月14日, 久屋大通庭園フラリエ, 名古屋市

その他の社会貢献業績(国際貢献、産業支援等)

  • 2014年06月, 2014年06月, シンポジウム開催「第14回植物病原菌類談話会(日本植物病理学会サテライトシンポジウム)」,主担当者:荒川征夫,6月4日,札幌市
  • 2014年09月, 2014年09月, 依頼調査「道南地域(北海道)の水田イネおよび畑作ネギで近年多発生する病害の視察調査」, 北海道立総合研究機構 道南農業試験場, 8月31日-9月2日, 函館市
  • 2016年01月, 2016年01月, 農林水産省日本植物防疫所における講師. 現場でできる病原菌採取のコツや裏技. 名古屋植物防疫所所内ゼミナール, 2016年1月27日, 名古屋港湾合同庁舎, 名古屋市
  • 2017年07月, 2017年12月, 農林水産省の実施する農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 平成29年度新規採択課題におけるアドバイザー
  • 2018年01月, 2019年03月, 農林水産省の実施する農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業(発展融合型ステージ・産学機関結集型)におけるアドバイザー
  • 2018年07月, 2018年07月, 平成30年度JICA課題別研修「アフリカ地域 稲作振興のための中核的農学研究者の育成」における講師, 農学知的支援ネットワーク, 2018年7月5日, JICA中部, 名古屋市


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.