志村 ゆず シムラ ユズ

■所属
人間学部 人間学科
■職名
准教授
■メールアドレス
yuzumeijo-u.ac.jp
■性別
女性
■プロフィール
早稲田大学大学院人間科学研究科健康科学専攻終了(博士:人間科学)               現在、名城大学人間学部准教授、主な専門領域は、高齢者臨床心理学、行動科学、尺度開発、プログラム研究など

基本情報

大学院その他

  • 総合学術研究科 総合学術専攻 准教授

学歴

  • 1991/04-1995/03 早稲田大学 人間科学部 人間基礎科学科 卒業
  • 1996/04-早稲田大学大学院 人間科学研究科 修士課程健康科学専攻 入学
  • 1998/03 早稲田大学大学院 人間科学研究科 修士課程健康科学専攻 人間科学修士 修了
  • 1998/04-早稲田大学大学院 人間科学研究科 博士後期課程健康科学専攻 入学
  • 2001/03 早稲田大学大学院 人間科学研究科 博士後期課程健康科学専攻 博士(人間科学) 修了

職歴

2001年04月-2002年03月 信州豊南短期大学非常勤講師(科目名:臨床心理学、発達心理学)
2001年04月-2002年03月 国立精神・神経センター精神保健研究所成人精神保健部流動研究員
2001年04月-2003年03月 東京都立保健科学大学(現首都大学東京)非常勤講師(科目名:災害保健科学概論)
2002年04月-2005年03月 日本社会事業大学非常勤講師(科目名:老人と障害者の心理Ⅰ)
2002年04月-認知症介護研究・研修東京センター客員上級研究員
2002年04月-2005年03月 長野県看護大学看護学部心理学講座専任講師(科目名:心理学,教育心理学,臨床心理学,カウンセリング論,卒業研究)
2003年04月-2005年03月 教員資格審査 長野県看護大学大学院看護学研究科看護学専攻心理学講座専任講師(修士課程)M合(科目名:看護心理学)
2003年07月-2005年03月 長野県教育委員会スクールカウンセラー
2003年10月-2005年03月 信州大学保健管理センター学生相談員
2005年04月-2010年03月 名城大学人間学部人間学科専任講師(職名変更助教)(科目名:発達心理学、生涯発達心理学、福祉心理学、基礎ゼミナール、基幹ゼミナール、卒業研究ゼミナール)
2006年04月-2010年03月 教員資格審査 名城大学大学院総合学術研究科専任講師(職名変更助教)M可(科目名:長寿科学特論)
2010年04月-名城大学人間学部 人間学科准教授(科目名:人間科学総論、生涯発達心理学、福祉心理学、心理学演習Ⅰ、カウンセリング論、基礎ゼミナール、基幹ゼミナール、卒業研究ゼミナール)
2010年04月-教員資格審査 名城大学大学院総合学術研究科准教授M合(科目名:心理学特別研究)M可(老年心理学)M可(総合学術特論Ⅰ,総合学術特論Ⅱ)

現在所属している学会

  • 日本心理学会
  • 日本カウンセリング学会
  • 日本健康心理学会
  • 日本老年社会科学会
  • 日本発達心理学会
  • 日本心理臨床学会
  • 日本老年行動科学会
  • 日本教育心理学会
  • American Psychological Association International Affiliate
  • 日本社会心理学会
  • 日本認知・行動療法学会

委員歴(学外)

2001年04月-2004年03月高齢者痴呆介護研究・研修東京センター 痴呆性高齢者の介護現場の質の向上のための仕組みに関する研究の下部研究「ストレスマネジメント内容検討」委員会委員高齢者痴呆介護研究・研修東京センター

研究活動

研究分野

  • 臨床心理学 / 高齢者臨床心理学
  • 教育心理学 / 老年心理学
  • 実験心理学 / 実験臨床心理学

研究キーワード

  • 臨床心理学
  • 老年心理学
  • 心理療法
  • 回想法

教育研究への取り組み・抱負

  • 講義では全般的に、概念、用語、主要な研究者、歴史、理論の全体像、原理などを盛り込むようにしています。受講者の記憶力を強化するだけではなく、クリティカルな思考や論理性の強化や創造性の開発などを心がけて高等教育に取り組んでいます。 研究活動では主に高齢者の心理学的援助や高齢者をとりまく心理的状況や実態について取り組んでいます。現在は愛知県を中心にした東海地域の高齢者の心の状態についての調査や回想法と心理療法を組み合わせた訪問カウンセリングの開発に関する研究を行っています。そのほかには、青年期・成人期・壮年期・老年期の心理学的測定法、抑うつ・不安改善に関する理論、社会的スキル、柔軟性、問題解決スキルの発達などの心の機能と健康維持をめざした心理学的研究に着目しています。

著書

  • タイトル : Q&Aでわかる回想法ハンドブック 「よい聴き手」であり続けるために(野村豊子・語りと回想研究会編)
    著者 : 編集代表:野村豊子 
    共著者:青井夕貴,伊波和恵,内野聖子,菅寛子,鈴木幸江,中嶋恵美子,萩原裕子,本間萌,本山潤一郎,安藤満代,池田望,志村ゆずほか38名
    出版社 : 中央法規
    出版年月 : 2011年08月
    担当区分 : 共著
    担当範囲 : 「1-04」回想のタイプにはどのようなものがあるかについて解説した(P8~P9) 「2-11」健康な高齢者を対象としたグループ回想法を行う際に特に気をつけることは何かについて解説した(P54-P55) 「6-06」認知症ではない高齢者の回想法の効果としてこれまでにどのような報告があるかについて解説した(P186-P187)を執筆した。
  • タイトル : 新・社会福祉士養成講座2心理学理論と心理的支援(社会福祉士養成講座編集委員会 蘭香代子・下垣光・中島健一)
    著者 : 編著者:蘭香代子,下垣光,中島健一
    共著者:蘭悠久,伊澤幸洋,石原治,伊波和恵,小池朗,白石雅一,新堀季之,綱川暁子,内藤哲雄,中島健一,新井山克徳,野崎瑞樹,花本真人,針塚進,山昌幸,山中克夫,弓野憲一
    出版社 : 中央法規
    出版年月 : 2009年02月
    担当区分 : 共著
    担当範囲 : 第10章 「適応とストレス」。ストレスが心身に及ぼす悪影響,ストレスの主要な心理学的理論,ストレスの個人差,ストレスにかかわる心理的な反応,深刻な心理的障害,ストレスを予防するための人々が持っている資源(リソース)について概観した(pp.150~167)
  • タイトル : 教育老年学の展開(堀薫夫編)第10章 回想法とライフレヴューの実践の展開
    著者 : 編著者:堀薫夫 著者:志村ゆず、堀薫夫、天田城介、荒井浩道、久保田治助、生津知子、福嶋順、新井茂光
    出版社 : 学文社
    出版年月 : 2006年09月
    担当区分 : 共著
    担当範囲 : 全体で11章ある中の第10章(PP.192-207)を担当した。回想法の研究史、方法論、回想法による教育プログラムの実践例、日本における実践の広がり、を解説している。
  • タイトル : 認知症高齢者の心にふれるテクニックとエビデンス(藤田和弘監修)
    著者 : 著者:飯島節、高橋正雄、山中克夫、望月寛子、下垣光、小野寺敦志、内藤佳津雄、志村ゆず、若松直樹、守口恭子、大嶋伸雄、伊波和恵、鈴木みずえ、金森雅夫、高橋多喜子、永田久美子、松田修監修:藤田和弘 編著:山中克夫、飯島節、小野寺敦志、下垣光、高橋正雄、松田修
    出版社 : 紫峰図書
    出版年月 : 2006年07月
    担当区分 : 共著
    担当範囲 : 本人担当箇所は、第9講「 回想法からのアプローチ」(PP.123-150)を担当した。回想法の最近の研究状況をふまえ、過去の研究を展望し、回想法の方法論、実践上の留意点、事例および効果評価について記述した。
  • タイトル : シリーズこころとからだの処方箋高齢者の「生きる場」を求めて(上里一郎監修 野村豊子編)
    著者 : 著者:伊波和恵、小川晃子、野村信威、志村ゆず、田中秀樹、古谷真樹、松尾藍、安原耕一郎、下垣光、野村豊子 編者:野村豊子
    出版社 : ゆまに書房
    出版年月 : 2006年04月
    担当区分 : 共著
    担当範囲 : 第4章 ライフレビューブック-高齢者との関係構築のための個別回想法(pp.99-142) この章では、専門職としての関係構築ではなく生活者としての高齢者との関係構築を強調し、そのきっかけとなるライフレビューブックによる援助方法を解説し、グループホームにおけるコンサルテーションにライフレビューブックを導入した事例を紹介した。全295頁本人担当章は、第4章ライフレビューブック-高齢者との関係構築のための個別回想法
  • タイトル : ライフレビューブック-高齢者の語りの本づくり-(志村ゆず編)
    著者 : 編集:志村ゆず 著者:伊波和恵、萩原裕子、下山久之、下垣光
    出版社 : 弘文堂
    出版年月 : 2005年12月
    担当区分 : 編集
    担当範囲 : 本人担当箇所は、第1章ライフレビューブックの魅力(PP.55-59)、第3章質問のシナリオ集(PP.88-92)、第4章高齢者との関係をつなぐ話の聴き方(PP.105-119)を執筆し、加えて編集を担当した。
  • タイトル : 実務者研修用テキスト新・痴呆性高齢者の理解とケア(第1版)(江草安彦監修)中程度~重度の痴呆性高齢者の回想法
    著者 : 監修:江草安彦 編集:今井幸充、佐々木健、末光茂、高崎絹子、竹中麻由美、野川とも江 著者:今井幸充、志村ゆず他54名と執筆
    出版社 : メディカルレビュー社
    出版年月 : 2004年09月
    担当区分 : 共著
    担当範囲 : 本人担当箇所は、6章「中程度~重度の痴呆性高齢者の回想法」(PP.218-PP.223)で、回想法について解説をし、特に、中程度~重度の痴呆性高齢者への対応の具体策について解説をしている。
  • タイトル : 写真でみせる回想法(志村ゆず・鈴木正典編)
    著者 : 著者:志村ゆず、伊波和恵、下垣光、下山久之、萩原裕子 編集:志村ゆず・鈴木正典
    出版社 : 弘文堂
    出版年月 : 2004年08月
    担当区分 : 共著
    担当範囲 : 本人担当箇所は、第1章回想法とは(PP.64-66)、第2章グループ回想法のすすめ方(PP.83-86)、第3章高齢者の歩んできた時代の生活写真(PP.96-98)、第4章生活写真を用いた回想法の実際(PP.106-110)編集と執筆を担当した。
  • タイトル : 回想法ハンドブック(回想法・ライフレビュー研究会編)
    著者 : 編集:野村豊子 著者:志村ゆず、雨宮由香里、池田望、石井和子、石原元恵、伊藤恵、伊波和恵、井上紀代、野村豊子他30名
    出版社 : 中央法規出版
    出版年月 : 2001年02月
    担当区分 : 共著
    担当範囲 : 本人担当箇所は、1-3(pp.6-9)、1-5(PP.12-13)、1-6(PP.14-15)、4-8(PP.106-107)、4-9(PP.108-109)、6-1(PP.128-133)、6-2(PP.130-133)、6-3(PP.132-133)、8-8(PP.172-173)を担当している。(合計20頁)

学術論文

  • タイトル : 老年期の抑うつに対するライフレビュー法の効果に関する研究-対象・介入・効果に関する観点―
    (査読有り)
    担当区分 : 単著
    誌名 : 「名城大学人文紀要」
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 49(3) : 33 - 43
    出版年月 : 2013年03月
  • タイトル : ライフレビューと回想の心理学的意味に関する研究(査読有り)
    担当区分 : 単著
    著者 : 志村ゆず
    誌名 : 「人間学研究」
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : (10) : 45 - 54
    出版年月 : 2012年12月
  • タイトル : 中高齢期のライフレビューの特徴の検討(査読有り)
    担当区分 : 単著
    著者 : 志村ゆず
    誌名 : 「名城大学人文紀要」
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 46(3) : 25 - 34
    出版年月 : 2011年03月
  • タイトル : 日本語版外傷後ストレス診断尺度作成の試み-一般の大学生を対象にした場合の信頼性と妥当性の検討(査読有り)
    担当区分 : 共著
    著者 : 長江信和、廣幡小百合、志村ゆず、山田幸恵、EdnaB.Foa、根建金男、金吉晴
    誌名 : トラウマティックストレス学会誌
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 5(1) : 51 - 56
    出版年月 : 2007年
  • タイトル : 高齢者介護職員のストレッサーとバーンアウトの関連(査読有り)
    担当区分 : 共著
    著者 : 小野寺敦志・畦地良平・志村ゆず
    誌名 : 老年社会科学
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 28(4) : 464 - 475
    出版年月 : 2006年01月
  • タイトル : 痴呆性高齢者に対する音楽療法に関するシステマティックレビュー(査読有り)
    担当区分 : 共著
    著者 : 渡辺智之、福田博美、宮尾克、水野裕、小長谷陽子、柴山漠人、志村ゆず、三浦久幸、遠藤英俊
    誌名 : 愛知教育大学研究報告 第54(教育科学編)
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 5457 - 61
    出版年月 : 2005年03月
  • タイトル : 外来化学療法を受けながら生活しているがん患者のニーズ(査読有り)
    担当区分 : 共著
    著者 : 武田貴美子・田村正枝・小林理恵子・志村ゆず
    誌名 : 長野県看護大学紀要
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 678 - 85
    出版年月 : 2004年03月
  • タイトル : 大学生のシャイネスの低減に及ぼす自己教示訓練の効果―反応パターンに対する個人差一致治療の有効性に関する研究(査読有り)
    担当区分 : 共著
    著者 : 根建金男・志村ゆず・関口由香・金築優・上里一郎
    誌名 : 早稲田大学臨床心理学研究
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 3(1) : 37 - 53
    出版年月 : 2004年03月
  • タイトル : 日本の大学生における外傷的出来事の体験とその影響(査読有り)
    担当区分 : 共著
    著者 : 長江信和、廣幡百合子、志村ゆず、根建金男、金吉晴
    誌名 : 日本トラウマティック・ストレス学会誌
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 2(1) : 77 - 80
    出版年月 : 2004年02月
  • タイトル : 看護における回想法の発展をめざして:文献展望(査読有り)
    担当区分 : 共著
    著者 : 志村ゆず、唐沢由美子、田村正枝
    誌名 : 長野県看護大学紀要
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 541 - 52
    出版年月 : 2003年03月
  • タイトル : 施設入所者の回想と適応との関連性の検討(査読有り)
    担当区分 : 共著
    著者 : 太田ゆず、上里一郎
    誌名 : ヒューマンサイエンス・リサーチ
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 923 - 40
    出版年月 : 2000年05月
  • タイトル : 高齢者に対する心理学的援助:展望(査読有り)
    担当区分 : 共著
    著者 : 太田ゆず、中村菜々子、古谷智美、池内まり、時田久子、上里一郎
    誌名 : カウンセリング研究
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 31202 - 223
    出版年月 : 1998年06月
  • タイトル : 自己教示訓練が大学生のシャイネスに及ぼす効果(査読有り)
    担当区分 : 共著
    著者 : 根建金男、太田ゆず、関口由香
    誌名 : ストレス科学
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 11(4) : 324 - 334
    出版年月 : 1997年03月
  • タイトル : 悲嘆の心理過程と心理学的援助(査読有り)
    担当区分 : 共著
    著者 : 富田拓郎、太田ゆず、小川恭子、杉山晴子、鏡直子、上里一郎
    誌名 : カウンセリング研究
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 3049 - 67
    出版年月 : 1997年02月
  • タイトル : 高齢者に対する回想法の研究(博士論文)(査読付き論文)
    担当区分 : 単著
    著者 : 志村ゆず
    誌名 : 早稲田大学
    出版社 : 早稲田大学
    出版年月 : 2001年01月

作品

  • 作品名 : ふるさと阿智村ものがたりー元一作品で実践!回想法ー
    担当区分 : 監修
    作品分類 : 教材
    発表期間 : 2005年-

その他の研究業績

  • タイトル : (学会発表)
    ライフレビューの世代間比較
    担当区分 : 単著
    著者 : 志村ゆず
    誌名 : 日本心理学会第75回大会(於日本大学)
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [125]-[125]
    出版年月 : 2011年09月
  • タイトル : (学会発表)
    Types of Life Review in Japanese Adults and Older Adults
    担当区分 : 単著
    著者 : Yuzu Shimura
    誌名 : 119th Annual Convention Program of the American Psychological Association (Washington,DC,U.S.A.)
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [176]-[176]
    出版年月 : 2011年08月
  • タイトル : (学会発表)
    認知症高齢者にライフレビューブックを用いた個別回想法の効果-認知症高齢者と介護者との関係づくりに関する一考察-
    担当区分 : 共著
    著者 : 志村ゆず・下山久之・伊藤徹・神保澄子・中澤明子・近藤若人・星野 進
    誌名 : 日本認知症ケア学会
    出版年月 : 2006年10月
  • タイトル : (学会発表)
    地域住民のQOLに関する研究 その1
    担当区分 : 共著
    著者 : 岸太一、石川利江、石井康智、鈴木晶夫、志村ゆず、春木豊、新井信、岡部竜吾
    誌名 : 日本心理学会第69回大会:於東京、慶応義塾大学(日本心理学会第69回大会論文集、1365)
    出版年月 : 2005年09月
  • タイトル : (学会発表)
    高齢者に対するライフレビューブックフォームの開発(2)-質的内容の検討-
    担当区分 : 共著
    著者 : 伊波和恵、志村ゆず、下山久之、下垣光、萩原裕子、水野裕
    誌名 : 日本心理学会第69回大会:於東京、慶応義塾大学(日本心理学会第69回大会論文集、1208)
    出版年月 : 2005年09月
  • タイトル : (学会発表)
    高齢者に対するライフレビューの試み(1)-認知症高齢者に対するライフレビューブックを用いた個別面接の効果の検討
    担当区分 : 共著
    著者 : 志村ゆず、伊波和恵、下山久之、下垣光、萩原裕子、水野裕
    誌名 : 日本心理学会第69回大会:於東京、慶応義塾大学(日本心理学会第69回大会発表論文集、1207)
    出版年月 : 2005年09月
  • タイトル : (学会発表)
    軽症痴呆性高齢者向けの「回想手がかり」の開発:写真の活用
    担当区分 : 共著
    著者 : 伊波和恵、志村ゆず、下山久之、下垣光、萩原裕子、吉越淑子、鈴木正典
    誌名 : 国際アルツハイマー病協会 第20回国際会議:於京都、国立京都国際会館(国際アルツハイマー病協会発表要旨集、122)
    出版年月 : 2004年10月
  • タイトル : (学会発表)
    ライフレビューブックフォームを用いた介護職員教育の試み
    担当区分 : 共著
    著者 : 萩原裕子、志村ゆず、伊波和恵、下垣光、下山久之、吉越淑子
    誌名 : 国際アルツハイマー病協会 第20回国際会議:於京都、国立京都国際会館(国際アルツハイマー病協会発表要旨集、114)
    出版年月 : 2004年10月
  • タイトル : (学会発表)
    痴呆性高齢者の介護家族へのストレスマネジメントの効果の検討
    担当区分 : 共著
    著者 : 志村ゆず、下垣光
    誌名 : 国際アルツハイマー病協会 第20回国際会議:於京都、国立京都国際会館(国際アルツハイマー病協会発表要旨集、140)
    出版年月 : 2004年10月
  • タイトル : (学会発表)
    生活に根ざした写真を用いた回想法の開発1写真選定について
    担当区分 : 共著
    著者 : 伊波和恵、志村ゆず、下山久之、下垣光、萩原裕子、鈴木正典
    誌名 : 第5回日本痴呆ケア学会:於新潟コンベンションセンタ- (日本痴呆ケア学会第5回大会要旨集)
    出版年月 : 2004年09月
  • タイトル : (学会発表)
    ライフレビューブックを用いた介護者研修―高齢者と介護者の関係形成のために―
    担当区分 : 共著
    著者 : 下垣光、志村ゆず、伊波和恵、下山久之、萩原裕子
    誌名 : 第5回日本痴呆ケア学会:於新潟(日本痴呆ケア学会第5回大会要旨集)
    出版年月 : 2004年09月
  • タイトル : (学会発表)
    ライフレビューブックを用いた個別ケアの試み―高齢者と介護者の関係形成のために―
    担当区分 : 共著
    著者 : 志村ゆず、伊波和恵、下垣光、下山久之、萩原裕子
    誌名 : 第5回日本痴呆ケア学会:於新潟(日本痴呆ケア学会第5回大会要旨集)
    出版年月 : 2004年09月
  • タイトル : (学会発表)
    地域用自殺念慮尺度作成の試み(1)―中高齢者の自殺念慮についての検討―
    担当区分 : 単著
    誌名 : 日本心理学会第68回大会:於東京(日本心理学会第68回大会論文集)
    出版年月 : 2004年09月
  • タイトル : (学会発表)
    痴呆性高齢者の介護家族のストレスマネジメントの効果の検討―コミュニケーションスキルと問題解決スキルを中心にした心理教育的アプローチの試み―
    担当区分 : 共著
    著者 : 志村ゆず、下垣光、奥野茂代
    誌名 : 第46回日本老年社会科学会:於仙台(日本老年社会科学第46回大会論文集)
    出版年月 : 2004年07月
  • タイトル : (学会発表)
    介護職のストレス(2)―日本版Maslash Burnout Inventoryと老人スタッフのストレッサー評価尺度との関連による検討―
    担当区分 : 共著
    著者 : 小野寺敦志、畦地良平、志村ゆず
    誌名 : 第46回日本老年社会科学会:於仙台(日本老年社会科学第46回大会論文集)
    出版年月 : 2004年07月
  • タイトル : (学会発表)
    介護職のストレス(1)―日本版Maslash Burnout Inventoryと老人スタッフのストレッサー評価尺度を用いた検討
    担当区分 : 共著
    著者 : 畦地良平、小野寺敦志、志村ゆず
    誌名 : 第46回日本老年社会科学会:於仙台(日本老年社会科学会第46回大会論文集)
    出版年月 : 2004年07月
  • タイトル : (学会発表)
    Music therapy for Dementia : A systematic review of literature
    担当区分 : 共著
    著者 : Yutaka Mizuno, Hisayuki Miura, Yuzu Simura, Tomoyuki Watanabe, Hidetoshi Endo,Lutz Frölich
    誌名 : The 7th Asia Oceania Regional Congress of Gerontology proceedings ,Tokyo
    出版年月 : 2003年11月
  • タイトル : (学会発表)
    軽症痴呆性高齢者の心理・社会的ケア(第2報)―軽症痴呆性高齢者のケアにおける目標と特徴をめぐって―
    担当区分 : 共著
    著者 : 志村ゆず・下山久之・伊波和恵・野村豊子・杉浦あゆみ
    誌名 : 日本痴呆ケア学会第3回大会:於大分(日本痴呆ケア学会第3回大会論文集)
    出版年月 : 2002年11月
  • タイトル : (学会発表)
    子育て支援情報の整備に向けて―より有効な情報環境を地域に提案していく活動の試み―
    担当区分 : 共著
    著者 : 古俣誠司・川野健治・菅野幸恵・太田ゆず・時田久子・渡部陽子
    誌名 : 日本発達心理学会第13回大会:於埼玉(日本発達心理学会第13回大会論文集)
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [373]-[373]
    出版年月 : 2002年03月
  • タイトル : (学会発表)
    高齢者の回想内容の質的検討
    担当区分 : 共著
    著者 : 太田ゆず・川野健治
    誌名 : 日本発達心理学会第13回大会:於埼玉(日本発達心理学会第13回大会論文集)
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [101]-[101]
    出版年月 : 2002年03月
  • タイトル : (学会発表)
    痴呆者へのケアアプローチ-文献検討を中心に-
    担当区分 : 共著
    著者 : 伊波和恵・太田ゆず・杉浦あゆみ・下山久之・野村豊子
    誌名 : 日本痴呆ケア学会第2回大会:於三重(日本痴呆ケア学会第2回大会論文集)
    出版年月 : 2001年12月
  • タイトル : (学会発表)
    高齢者の回想についての検討―高齢者の回想法による心理的プロセスモデルの構成―
    担当区分 : 共著
    著者 : 太田ゆず・荘島宏二郎・川野健治・上里一郎
    誌名 : 日本心理学会第65回大会:於茨城(日本心理学会第65回大会論文集)
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [731]-[731]
    出版年月 : 2001年11月
  • タイトル : (学会発表)
    Cognitive life review including coping with cognitive appraisal of past event for older adults
    担当区分 : 共著
    著者 : 太田ゆず・上里一郎
    誌名 : World congress of Behavioral & Cognitive Therapies proceedings, Vancouver, Canada, 2001
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [95]-[95]
    出版年月 : 2001年07月
  • タイトル : (学会発表)
    高齢者の過去の評価が心理的適応に及ぼす効果の検討
    担当区分 : 共著
    著者 : 太田ゆず・川野健治・上里一郎
    誌名 : 老年社会科学会第43回大会:於大阪(日本老年社会科学会第43回大会発表論文集)
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [227]-[227]
    出版年月 : 2001年06月
  • タイトル : (学会発表)
    高齢者の回想類型についての検討(1)-回想機能による回想類型の分類と気分状態との関連性についての検討- 
    担当区分 : 共著
    著者 : 太田ゆず・上里一郎
    誌名 : 日本心理学会第64回大会:於京都(日本心理学会第64回大会発表論文集)
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [988]-[988]
    出版年月 : 2000年11月
  • タイトル : (学会発表)
    高齢者の回想類型と心理的適応との関連性についての研究
    担当区分 : 共著
    著者 : 太田ゆず・上里一郎
    誌名 : 日本健康心理学会第13回大会:於東京(日本健康心理学会第13回大会発表要旨集)
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [80]-[81]
    出版年月 : 2000年08月
  • タイトル : (学会発表)
    高齢者用回想機能尺度の作成の試み(3)―信頼性と妥当性の検討―
    担当区分 : 共著
    著者 : 太田ゆず・上里一郎
    誌名 : 日本カウンセリング学会第33回大会:於福岡(日本カウンセリング学会第33回大会発表要旨集)
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [280]-[280]
    出版年月 : 2000年08月
  • タイトル : (学会発表)
    デイケア通所高齢者を対象としたグループ回想法が言語的コミュニケーション行動に及ぼす効果
    担当区分 : 共著
    著者 : 中田智子・小柏元英・足立孝二・平沢実・岩間順子・菊地俊子・鎌形保江・太田ゆず・上里一郎
    誌名 : 日本老年社会科学会第42回大会:於北海道、札幌かでる2・7(老年社会科学、22(2)大会報告要旨号、236)
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [235]-[235]
    出版年月 : 2000年07月
  • タイトル : (学会発表)
    地域に在住の中高齢者を対象とした回想法プログラムの試み
    担当区分 : 共著
    著者 : 太田ゆず・上里一郎
    誌名 : 日本老年社会科学会第42回大会:於北海道、札幌かでる2・7(老年社会科学、22(2)大会報告要旨号、236)
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [236]-[236]
    出版年月 : 2000年07月
  • タイトル : (学会発表)
    高齢者の回想機能尺度(JRFS)作成の試み(2)-地域の高齢者を対象にした尺度の検討-
    担当区分 : 共著
    著者 : 太田ゆず・上里一郎
    誌名 : 日本心理学会第63回大会:於名古屋、中京大学(日本心理学会第63回大会論文集、956)
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [956]-[956]
    出版年月 : 1999年09月
  • タイトル : (学会発表)
    高齢者の回想法を用いた心理学的援助 -高齢者の回想内容についての検討-
    担当区分 : 共著
    著者 : 太田ゆず・上里一郎
    誌名 : 日本カウンセリング学会第32回大会:於東京、安田生命アカデミア(日本カウンセリング学会第32回大会論文集、201-202)
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [201]-[202]
    出版年月 : 1999年07月
  • タイトル : (学会発表)
    老人保健施設のグループ回想法が人生満足度に及ぼす影響
    担当区分 : 共著
    著者 : 江藤勝利・工藤郁子・上田美津代・金川一美・保坂恵子・本宮美貴子・太田ゆず・上里一郎
    誌名 : 日本老年社会科学学会第41回大会:於京都、国立京都国際会館(老年社会科学、21(2)大会報告要旨号、234)
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [234]-[234]
    出版年月 : 1999年06月
  • タイトル : (学会発表)
    施設入所高齢者に対する回想法の効果-短期的効果の検討-
    担当区分 : 共著
    著者 : 中田智子・太田ゆず・上里一郎
    誌名 : 日本老年社会科学会第41回大会:於京都、国立京都国際会館(老年社会科学、21(2)大会報告要旨号、233)
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [233]-[233]
    出版年月 : 1999年06月
  • タイトル : (学会発表)
    介護職員のバーンアウトと高齢者への対人行動との関連
    担当区分 : 共著
    著者 : 太田ゆず・上里一郎
    誌名 : 日本行動療法学会第22回大会:於東京、埼玉行動療法研究会(日本行動療法学会第22回大会発表論文集、126-127)
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [126]-[127]
    出版年月 : 1998年11月
  • タイトル : (学会発表)
    高齢者の回想機能尺度(JRFS)作成の試み(1)-痴呆性老人を対象にした他者評価式尺度の検討―
    担当区分 : 共著
    著者 : 太田ゆず・上里一郎
    誌名 : 日本心理学会第62回大会:於東京、東京学芸大学(日本心理学会第62回大会発表論文集、254)
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [254]-[254]
    出版年月 : 1998年10月
  • タイトル : (学会発表)
    痴呆老人の回想が情動状態に及ぼす影響
    担当区分 : 共著
    著者 : 太田ゆず・上里一郎
    誌名 : 日本健康心理学会第11回大会:於東京、文化女子大学(日本健康心理学会第11回大会発表論文集、76-77)
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [76]-[77]
    出版年月 : 1998年09月
  • タイトル : (学会発表)
    高齢者への回想法を用いた心理学的援助の効果 -事例による痴呆者と非痴呆者との効果の比較検討
    担当区分 : 共著
    著者 : 太田ゆず・上里一郎
    誌名 : 日本カウンセリング学会第31回大会:於宮城、東北大学(日本カウンセリング学会第31回大会発表論文集、344-345)
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [344]-[345]
    出版年月 : 1998年08月
  • タイトル : (学会発表)
    The influence of reminiscence functions on the emotion and behavior in Japanese elderly
    担当区分 : 共著
    著者 : 太田ゆず・上里一郎
    誌名 : World congress of behavioral & cognitive therapies proceedings,Acapulco Mexico.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [103]-[103]
    出版年月 : 1998年06月
  • タイトル : (学会発表)
    高齢者に対する認知行動療法の現状と課題
    担当区分 : 共著
    著者 : 太田ゆず・中村菜々子・上里一郎
    誌名 : 日本行動療法学会第23回大会:於鹿児島、鹿児島サンロイヤルホテル(日本行動療法学会第23回大会発表論文集111-112 )
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [111]-[112]
    出版年月 : 1997年11月
  • タイトル : (学会発表)
    老人施設の介護職員のメンタルヘルスの研究(2) −老人施設の介護職員のストレス反応に影響を与える信念・態度の検討−
    担当区分 : 共著
    著者 : 太田ゆず・前嵩西涼子・上里一郎
    誌名 : 日本カウンセリング学会第30回大会:於東京、立正大学(日本カウンセリング学会第30回大会発表論文集 452-453)
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [452]-[453]
    出版年月 : 1997年07月
  • タイトル : (学会発表)
    老人保健施設の介護職員のメンタルヘルスの研究(1)-老人施設職員の介護態度に関する諸要因の検討-
    担当区分 : 共著
    著者 : 前嵩西涼子・太田ゆず・上里一郎
    誌名 : 日本カウンセリング学会第30回大会:於東京、立正大学(日本カウンセリング学会第30回大会 発表論文集 )
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [450]-[451]
    出版年月 : 1997年07月
  • タイトル : (学会発表)
    自己陳述文の内容がシャイネスの変容に及ぼす認知的要因の影響
    担当区分 : 共著
    著者 : 深沢由美、太田ゆず、越川房子、廣田昭久
    誌名 : 日本行動療法学会第22回大会:於福島、福島テルサ(日本行動療法学会 第22回大会 発表論文集 96-97)
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [96]-[97]
    出版年月 : 1996年12月
  • タイトル : (学会発表)
    進路決定後の不安に及ぼす認知的要因の影響
    担当区分 : 共著
    著者 : 太田ゆず、上里一郎
    誌名 : 日本心理学会第60回大会:於東京、立教大学(日本心理学会第60会大会 発表論文集925)
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [925]-[925]
    出版年月 : 1996年09月
  • タイトル : (学会発表)
    個人差に応じた自己教示がシャイネスに及ぼす効果の研究
    担当区分 : 共著
    著者 : 太田ゆず・関口由香・中沢麻由・根建金男・市井雅哉
    誌名 : 日本行動療法学会第21回大会:於大阪関西行動療法研究会(日本行動療法学会第21回大会 発表論文集 174-175)
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [174]-[175]
    出版年月 : 1995年12月
  • タイトル : (DVD監修)
    ふるさと阿智村ものがたり-元一作品で実践!回想法―
    担当区分 : 監修
    著者 : 志村ゆず
    出版社 : 長野県阿智村
    出版年月 : 2006年03月
  • タイトル : (ビデオ監修)
    ゆず先生の回想法連続講座 3巻
    担当区分 : 監修
    著者 : 志村ゆず
    出版社 : (株)シルバーチャンネル
    出版年月 : 2003年05月
  • タイトル : (ビデオ監修)
    ゆず先生の回想法連続講座 2巻
    担当区分 : 監修
    著者 : 志村ゆず
    出版社 : (株)シルバーチャンネル
    出版年月 : 2003年05月
  • タイトル : (ビデオ監修)
    ゆず先生の回想法連続講座 1巻
    担当区分 : 監修
    著者 : 志村ゆず
    出版社 : (株)シルバーチャンネル
    出版年月 : 2003年05月
  • タイトル : (教育実践報告)
    長野県看護大学における一般教養教育の実践報告
    担当区分 : 共著
    著者 : 野坂俊弥、江藤裕之、志村ゆず
    誌名 : Quality Nursing
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [10]([10]):[59]-[63]
    出版年月 : 2004年12月
  • タイトル : (雑誌解説)
    人材教育実践講座回想法は介護の未来を拓く 
    第5回 回想法の本当の意味
    担当区分 : 単著
    著者 : 志村ゆず
    誌名 : 介護人材Q&A
    出版社 : 産労総合研究所
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [4]([35]):[66]-[69]
    出版年月 : 2007年09月
  • タイトル : (雑誌解説)
    人材教育実践講座回想法は介護の未来を拓く 
    第4回 アクティビティとしての回想法のバリエーション
    担当区分 : 単著
    著者 : 志村ゆず
    誌名 : 介護人材Q&A
    出版社 : 産労総合研究所
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [4]([34]):[74]-[77]
    出版年月 : 2007年08月
  • タイトル : (雑誌解説)
    人材教育実践講座回想法は介護の未来を拓く 第3回 介護現場でライフレビューブックをつくる②導入とその方法
    担当区分 : 単著
    著者 : 志村ゆず
    誌名 : 介護人材Q&A
    出版社 : 産労総合研究所
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [4]([33]):[65]-[69]
    出版年月 : 2007年07月
  • タイトル : (雑誌解説)
    人材教育実践講座回想法は介護の未来を拓く 第2回 介護現場でライフレビューブックをつくる①ライフレビューからブック作成へ
    担当区分 : 単著
    著者 : 志村ゆず
    誌名 : 介護人材Q&A
    出版社 : 産労総合研究所
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [4]([32]):[72]-[76]
    出版年月 : 2007年05月
  • タイトル : (雑誌解説)
    人材教育実践講座回想法は介護の未来を拓く 第1回 回想法
    担当区分 : 単著
    著者 : 志村ゆず
    誌名 : 介護人材Q&A
    出版社 : 産労総合研究所
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [4]([31]):[6]-[10]
    出版年月 : 2007年04月
  • タイトル : (雑誌解説)
    最終回 ストレス予防にむけた職場環境向上
    担当区分 : 単著
    著者 : 志村ゆず
    誌名 : 季刊認知症介護2006
    出版社 : 日総研
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [7]([4]):[97]-[102]
    出版年月 : 2006年12月
  • タイトル : (雑誌解説)
    第3回事例で学ぶスタッフへのストレスマネジメントの技術
    担当区分 : 単著
    著者 : 志村ゆず
    誌名 : 季刊認知症介護2006
    出版社 : 日総研
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [7]([3]):[85]-[90]
    出版年月 : 2006年09月
  • タイトル : (雑誌解説)
    第2回 認知症介護家族におけるストレスマネジメント
    担当区分 : 単著
    著者 : 志村ゆず
    誌名 : 季刊認知症介護2006
    出版社 : 日総研
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [7]([2]):[79]-[87]
    出版年月 : 2006年06月
  • タイトル : (雑誌解説)
    加齢による心理変化と高齢者に多い精神障害
    第3回 高齢者におけるせん妄の特徴とその対応
    担当区分 : 単著
    著者 : 志村ゆず
    誌名 : 臨床老年看護
    出版社 : 日総研
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [12]([3]):[132]-[137]
    出版年月 : 2005年06月
  • タイトル : (雑誌解説)
    加齢による心理変化と高齢者に多い精神障害第2回 高齢者におけるうつ状態の特徴とその対応
    担当区分 : 単著
    著者 : 志村ゆず
    誌名 : 臨床老年看護
    出版社 : 日総研
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [12]([2]):[104]-[110]
    出版年月 : 2005年04月
  • タイトル : (雑誌解説)
    加齢による心理変化と高齢者に多い精神障害第1回 加齢による心理的発達の理解
    担当区分 : 単著
    著者 : 志村ゆず
    誌名 : 臨床老年看護
    出版社 : 日総研
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [12]([1]):[134]-[139]
    出版年月 : 2005年02月
  • タイトル : (雑誌解説)The Way We Were
    担当区分 : 共著
    著者 : 志村ゆず・小滝一彦
    誌名 : The Japan Journal
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [November]
    出版年月 : 2004年11月
  • タイトル : (雑誌解説)
    加齢による心理的変化高齢者のこころの理解
    担当区分 : 単著
    著者 : 志村ゆず
    誌名 : 高齢者けあ
    出版社 : 日総研
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [17]([2]):[67]-[73]
    出版年月 : 2003年05月
  • タイトル : (雑誌解説)
    心理的なハンディキャップを持つ高齢者の理解と対応
    担当区分 : 単著
    著者 : 志村ゆず
    誌名 : 高齢者けあ
    出版社 : 日総研
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [17]([4]):[62]-[69]
    出版年月 : 2003年11月
  • タイトル : (雑誌解説)
    Japanese workers heav-ily Stressd(Brief Article)
    担当区分 : 共著
    著者 : 小滝一彦、太田ゆず
    誌名 : LookJapan
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [November 1]
    出版年月 : 2001年10月
  • タイトル : (研究報告書)
    痴呆性高齢者の家族介護者の心理教育的プログラムの効果の検討
    担当区分 : 共著
    著者 : 志村ゆず、下垣光、奥野茂代
    誌名 : 日本興亜福祉財団平成14年度ジェロントロジー研究報告
    出版社 : 日本興亜福祉財団
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [6][35]-[43]
    出版年月 : 2004年10月
  • タイトル : (研究報告書)
    高齢者の心理的特性と心理学的援助の研究
    担当区分 : 共著
    著者 : 上里一郎、田中秀樹、三浦正江、志村ゆず、中村菜々子、佐々木直美
    誌名 : 平成15年~平成17年度科学研究費補助金(基盤研究B)研究成果報告書
    出版年月 : 2005年03月
  • タイトル : (研究報告書)
    自殺に関する心理社会的要因の把握方法に関する研究:自殺問題に関する地域住民調査
    担当区分 : 共著
    著者 : 清水新二、川野健治、石原明子、志村ゆず、高崎文子、宮崎朋子
    誌名 : 平成15年度厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業)分担報告書
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [167]-[180]
    出版年月 : 2004年04月
  • タイトル : (研究報告書)
    高齢者の回想のタイプと心理的適応との関連性についての検討
    担当区分 : 共著
    著者 : 太田ゆず, 上里一郎
    誌名 : 安田生命社会事業財団研究助成論文集
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [35][143]-[151]
    出版年月 : 1999年09月
  • タイトル : (学術的翻訳書)
    原著者:Merriam,S.B.&Simpson,E.L.
    邦訳表題:調査研究法ガイドブック
    原語表題:A Guide to Research for Educators and Trainers of Adults.
    担当区分 : 共訳
    著者 : 監訳:堀薫夫
    共訳者:佐伯知子・林美輝・志村ゆず・北山夕華・福嶋順・森由香・藤原瑞穂
    出版社 : ミネルヴァ書房
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] [57]-[83]
    出版年月 : 2010年07月
  • タイトル : (学術的翻訳書)
    原著者:Neimeiyer,R.A.
    邦訳表題:喪失と悲嘆の心理療法-構成主義からみた意味の探求-
    原語表題:Meaning Reconstruction&the Experience of Loss
    担当区分 : 共訳
    著者 : 監訳者:富田拓郎・菊池安希子
    共訳者:志村ゆず・藤田英美・長江信和・大塚明子・鏡直子・伊藤拓・菅村玄二
    出版社 : 金剛出版
    出版年月 : 2007年07月
  • タイトル : (学術的翻訳書)
    原著者:DeVries,B.
    邦訳表題:人生の終焉
    原語表題:End of Life Issues
    担当区分 : 共訳
    著者 : 監訳:野村豊子・伊波和恵 
    共訳者:野村信威・志村ゆず・菅寛子・萩原裕子他
    出版社 : 北大路書房
    出版年月 : 2004年09月
  • タイトル : (学術的翻訳書)
    原著者:Warburton,D.M.&Sherwood,N.
    邦訳表題:ストレスと快楽
    原語表題:Pleasure and quality of life
    担当区分 : 共訳
    著者 : 監訳:上里一郎 共訳者:小野高弘、三浦正江、瀬戸正弘、太田ゆず、杉山晴子、小川恭子他
    出版社 : 金剛出版
    出版年月 : 1999年10月

外部資金

  • 申請年度 : 2005年度
    提供機関 : 独立行政法人日本学術振興会
    制度名 : 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)
    タイトル : 介護者と高齢者との関係構築のための回想法に関する研究
    研究期間 : 2005年04月01日-2008年03月31日
    代表者 : 志村 ゆず
  • 申請年度 : 2011年度
    提供機関 : 独立行政法人日本学術振興会
    制度名 : 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)
    タイトル : 地域在住高齢者の抑うつ低減のためのライフレビュー法の開発に関する研究
    研究期間 : 2011年04月28日-2016年03月31日
    代表者 : 志村 ゆず

その他

    長野県阿智村がコモンズ支援金を得て、民俗写真家熊谷元一の写真を用いたDVDを作成した。長野県から名城大学に委託し、DVD映像の監修を担当することとなった。これによって、長野県内での世代間交流や昭和20年代の生活文化の学習に活用することができた。福祉施設でも活用されている。

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2012年08月 教員免許更新講習(於名城大学)において「テーマ:青年期の問題解決スキルの理解と習得(教育の最新事情)」と題して講師を務めた。
  • 2013年06月 津島市の清林館高等学校において「テーマ:老年期の心理学的援助」と題して出前講義を行った。
  • 2014年09月 大阪府アクティブシニア政策勉強会 第2回健康長寿学研究会(大阪市教育会館:大阪市)において「テーマ:思い出に関する調査から」の講師を務める
  • 2012年05月 第60回名古屋市東区民生委員・児童委員大会において「テーマ:エイジングと心の健康予防」と題して講演を行った。

その他の社会貢献業績(国際貢献、産業支援等)

  • 2005年01月 - 2005年01月 講演:弘文堂出版記念企画講演「写真でみせる回想法」(東京都千代田区)
  • 2005年07月 - 2005年07月 講演: 熊谷元一写真コンテスト講演「熊谷元一の写真を使った回想法」(長野県阿智村)
  • 2005年12月 - 2005年12月 講演:語りと回想ワークショップ「地域の風土を生かした回想法-郷土の歴史や風土を生かして」(東京都豊島区)
  • 2005年12月 - 2005年12月 研修講師:日総研出版研修「回想法の正しい理解と実践トレーニング」(愛知県名古屋市)
  • 2006年01月 - 2006年01月 講演:弘文堂出版記念企画講演「ライフレビューブックを作って学ぶ回想法セミナー」(東京都千代田区)
  • 2006年02月 - 2006年02月 研修講師:日総研出版研修「回想法の正しい理解と実践トレーニング」(東京都千代田区)
  • 2006年02月 - 2006年02月 研修講師:阿智村保健センター「関係づくりのコミュニケーション」(長野県阿智村)
  • 2006年02月 - 2006年02月 講演:「福祉現場で役立つ回想法」(長野県阿智村)
  • 2006年02月 - 2006年02月 研修講師:日総研出版研修「回想法の正しい理解と実践トレーニング」(福岡県博多市)
  • 2006年03月 - 2006年03月 講演:弘文堂出版記念企画講演「ライフレビューブックを作って学ぶ回想法セミナー」(東京都千代田区)
  • 2006年09月 - 2006年09月 公開講座講師:名古屋大学老年学公開講座「心理学からみた高齢期」(於名古屋大学)
  • 2007年05月 - 2007年05月 認知症介護研究・研修大府センター 指導者研修講師「認知症高齢者の心理学的理解」(於愛知県大府市)
  • 2007年08月 - 2007年08月 認知症介護研究・研修大府センター 指導者研修講師「認知症高齢者の心理学的理解」(於愛知県大府市)
  • 2007年12月 - 2007年12月 認知症介護研究・研修大府センター 指導者研修講師「認知症高齢者の心理学的理解」(於愛知県大府市)
  • 2007年09月 - 2007年09月 講演:第22回琵琶湖長寿科学シンポジウム「語りに耳を傾ける意味」(於滋賀県社会福祉協議会)
  • 2007年11月 - 2007年11月 講演:ミサトピア小倉病院「回想法研修会」(於長野県三郷村)
  • 2007年11月 - 2007年11月 講演:愛知県介護福祉士会初任者研修「心理学」(於名古屋市)
  • 2007年05月 - 2007年05月 認知症介護研究・研修大府センター 指導者研修講師「認知症高齢者の心理学的理解」(於愛知県大府市)
  • 2007年08月 - 2007年08月 認知症介護研究・研修大府センター 指導者研修講師「認知症高齢者の心理学的理解」(於愛知県大府市)
  • 2007年12月 - 2007年12月 認知症介護研究・研修大府センター 指導者研修講師「認知症高齢者の心理学的理解」(於愛知県大府市)
  • 2008年05月 - 2008年05月 認知症介護研究・研修大府センター 指導者研修講師「認知症高齢者の心理学的理解」(於愛知県大府市)
  • 2008年08月 - 2008年08月 認知症介護研究・研修大府センター 指導者研修講師「認知症高齢者の心理学的理解」(於愛知県大府市)
  • 2008年12月 - 2008年12月 認知症介護研究・研修大府センター 指導者研修講師「認知症高齢者の心理学的理解」(於愛知県大府市)
  • 2009年05月 - 2009年05月 認知症介護研究・研修大府センター 指導者研修講師「認知症高齢者の心理学的理解」(於愛知県大府市)
  • 2009年08月 - 2009年08月 認知症介護研究・研修大府センター 指導者研修講師「認知症高齢者の心理学的理解」(於愛知県大府市)
  • 2009年12月 - 2009年12月 認知症介護研究・研修大府センター 指導者研修講師「認知症高齢者の心理学的理解」(於愛知県大府市)
  • 2010年05月 - 2010年05月 愛知県臨床心理士会自主シンポジウム話題提供者 「認知症高齢者の地域場面での簡易知能評価スケールの実施と課題」


ページのTOPへ