教員情報

武藤 厚
ムトウ アツシ
理工学部 建築学科
教授
Last Updated :2019/02/21

基本情報

プロフィール

    男性

大学院その他

  • 理工学研究科 社会環境デザイン工学専攻, 教授
  • 理工学研究科 建築学専攻, 教授

学歴

  • 1988年03月, 名古屋大学大学院, 工学研究科, 建築学専攻博士後期課程, 単位取得満期退学
  • 1989年08月,  

現在所属している学会

  • 日本建築学会
  • 日本計算工学会
  • 日本免震構造協会
  • 日本コンクリート工学協会

研究活動

研究分野

  • その他, 建築構造(シェル構造、空間構造、構造デザイン、鉄筋コンクリート構造、耐震工学)
  • システム工学, 計算機シミュレーション
  • 建築構造・材料, 構造設計
  • 建築構造・材料, 特殊構造物
  • 建築構造・材料, 建築各部構造

教育研究への取り組み・抱負

    ・教育面では、 1)学部の低学年では専門分野の事項について「長期的な意味での基本事項の習熟」に努め、 2)高学年・大学院では、「先端の技術開発の事例も踏まえた構造技術の具体的なトレーニング」を含んだ教育に努めている。・研究活動では、1)国内外の複数の学会の委員会活動とリンクして、現時点や将来に解決すべき事項に取り組んで社会貢献を試み、2)学外の共同研究(大学、団体、企業)についても、依頼に基づき平均して2~3件のプロジェクトを進行しており、大学院生を中心とした学生にも参加を推進しており、教育上の啓発に繋げている。・上記のような取り組みを今後も日々継続して行くが、活動の趣旨や内容が大学院生にしか伝わらない事実があり、今後、活動内容を学生にも伝わるようにしていくことも必要と考える。

著書

  • 空間構造の数値解析ガイドライン(共著)
    松井、村田、元結、武藤
    日本建築学会編(丸善)
    2001年
    共著
    pp.147-219
  • 空間構造におけるコンピュータ利用の新しい試み
    本間、大森、松井、武藤、水谷、村田、坪田、他15名
    日本建築学会(出版社:丸善)
    2005年03月
    共著
    pp. 130-147
  • 空間構造の動的挙動と耐震設計
    石川、大崎、小河、加藤、国枝、川口、元結、武藤、谷口、立道、他23名
    日本建築学会(出版社:丸善)
    2006年03月
    共著
    pp.127-149
  • シェル・空間構造の減衰と応答制御
    新宮、立道、竹内、川口、武藤、坪田、細澤、他18名
    日本建築学会(出版社:丸善)
    2008年03月
    共著
    pp.87-92
  • 建築デザインの構造と造形
    富岡義人・小野徹郎編著、武藤厚:「第3章;構造の形、第4章;架構の原形と変形」
    鹿島出版会
    2015年07月
    ISBN978-4-306-03375-7
    その他

学術論文

  • Development of floor system using RC curved and folded surfaces(査読付き論文)
    共著
    A. Mutoh, A. MASUDA, T. Itoh
    IASS
    2016-09
    7 pages(CD-ROM), 7 pages(CD-ROM)
    2016年09月
  • Development of high-performance double floor slab using shell structure(査読付き論文)
    共著
    A. Mutoh, A. Miura, T. Iwata
    2015年
  • Identification of Dynamic Characteristics of a Historical Church in Armenia using Microtremor Survey Technique(査読付き論文)
    共著
    K. Iiyama, H. Morikawa, S. Sasano, S. Motoyui, Y. Fujita and A. Mutoh
    Applied Mechanics and Materials
    Trans Tech Publications, Switzerland
    Vol. 802, 71, 76
    2015年
  • Structural Design of a Church of Free Form - Example of Earthquake Resistant Design of Reinforced Concrete Shell in Japan -(査読付き論文)
    共著
    K. Nakata, T. Takamizawa, A. Mutoh,S. Nakazawa, S. Kato
    IASS(国際シェル空間構造学会),2014, Brasilia-Brazil, total 8 pages(CD-ROM)
    2014年09月
  • STUDY ON NONLINEAR VIBRATION CHARACTERISTICS OF REINFORCED CONCRETE ARCHES BY VIBRATION TESTS AND SIMULATIONS(査読付き論文)
    単著
    The 14-th International Conference on Computational Structures Technology, Civil-Comp Press(UK) , total 11 pages(CD-ROM)
    2013年09月
  • EVALUATION OF VIBRATION, CREEP/SHRINKAGE AND THERMAL EFFECTS OF SHALLOW RC SHELLS BY MEASUREMENTS AND ANALYSIS(査読付き論文)
    共著
    A. Mutoh, H. Komatsu and M. Sasaki
    The 14-th International Conference on Computational Structures Technology, Civil-Comp Press(UK) , total 12 pages(CD-ROM)
    2013年09月
  • Study on Nonlinear Vibration Characteristics of RC/CFRC Arches by Vibration Tests and Simulations(査読付き論文)
    共著
    Atsushi MUTOH, Shun MURAMOTO and Akihiro MASUDA
    IASS(国際シェル空間構造学会),2013, Wroclaw-Poland, total 5 pages(CD-ROM)
    2013年08月
  • 周辺補剛された4 点支持鉄筋コンクリートドーム屋根の耐力に関する解析的分析-形状初期不整と想定地震荷重の耐力に与える影響-(査読付き論文)
    共著
    原 亮,加藤史郎,中澤祥二,武藤 厚
    日本建築学会構造系論文集
    685, 503, 511
    2013年03月
  • スペースフレームの3次元解析システムの拡張と応用-鉄筋コンクリート部材の弾塑性解析機能の組込みと検証-(査読付き論文)
    共著
    武藤 厚,前田大介,梶原由貴,村田 賢
    構造工学論文集
    59B, 505, 512
    2013年03月
  • Estimation of Dynamic Behavior of Historical Church in Armenia Using Microtremor Survey(査読付き論文)
    共著
    Hitoshi MORIKAWA, Shiro SASANO, Shojiro MOTOYUI, Yasuhito FUJITA, Atsushi MUTOH
    International Conference on Urban Earthquake Engineering
    2013年03月
  • Evaluation of thermal, shrinkage and creep effects in shallow RC shells by Measurements and Analyses(査読付き論文)
    共著
    Atsushi MUTOH, Yuhki ITO, Hirotoshi KOMATSU and Mutsuro SASAKI
    IASS(国際シェル空間構造学会),2011, Seoul-Korea, total 6 pages(CD-ROM)
    2012年08月
  • Vibration Characteristics of a Newly Constructed Shallow Reinforced Concrete Shell Roof by Tests and Analyses(査読付き論文)
    共著
    Atsushi MUTOH, Hirotoshi KOMATSU and Mutsuro SASAKI
    IASS(国際シェル空間構造学会),2011, London-UK, total 6 pages(CD-ROM)
    2011年08月
  • Evaluation of Nonlinear Behavior of Reinforced Concrete Free-Curved Shells Proposed in Recent Years(査読付き論文)
    共著
    Atsushi MUTOH, Daisuke MAEDA and Mutsuro SASAKI
    IASS(国際シェル空間構造学会),2010, Shanghai total 10 pages(CD-ROM)
    2010年08月
  • Study on Nonlinear Vibration Characteristics of Reinforced Concrete Circular Arches by Vibration Tests and Simulations(査読付き論文)
    共著
    Atsushi MUTOH, Makoto TAKAYAMA, Kazuhiko MASHITA and Shiro KATO
    IASS(国際シェル空間構造学会),2010, Shanghai total 6 pages(CD-ROM)
    2010年08月
  • Analysis of the Effect of Geometric Imperfections on the Structural Properties of Hyperboloid RC Cooling Towers(査読付き論文)
    共著
    武藤 厚, 前田大輔, 加藤史郎
    The 9-th Asian Pacific Conference on Shell and Spatial Structures,Nagoya
    1, 8
    2009年05月
  • 自由曲面を用いた鉄筋コンクリートシェルの構造特性に関する評価の試み-単純な基本形状と比較的複雑な構造物に関する分析例-(査読付き論文)
    共著
    武藤 厚, 深津崇史, 前本尚二
    構造工学論文集
    55B, 57, 62
    2009年03月
  • Study on the Effect of Three-Dimensional Imperfections on the Nonlinear Behavior of Hyperboloid Reinforced Concrete Cooling Towers(査読付き論文)
    単著
    The 9-th International Conference on Computational Structures Technology, Civil-Comp Press(UK),Athens-Greece
    1, 16
    2008年09月
  • 既存RC造塔状構造物の耐震性能と補強対策の評価に関する研究(査読付き論文)
    共著
    武藤 厚, 深津崇史, 前本尚二
    構造工学論文集
    53B, 265, 269
    2007年03月
  • Computational Morphogenesis and Its Application to Structural Design(査読付き論文)
    共著
    H. Ohmori, H. Futai,T. Iijima, A. Mutohand Y. Hasegawa
    Proc. Int'l Symposium IASS(Int'l Association for Shell and Spatial Structures),Bucharest, Romania
    13, 20
    2005年09月
  • 鉄筋コンクリート造空間構造の振動特性に関する評価の試み-既存アリーナにおける振動測定と数値解析による振動特性の分析例-(査読付き論文)
    共著
    武藤 厚,加藤友和,糠谷真理,平墳義正
    日本建築学会構造系論文集
    592, 113, 119
    2005年06月
  • 静的および動的荷重を受けるRC球形および円筒シェルの複合非線形挙動の評価(査読付き論文)
    共著
    武藤 厚,松岡 理,加藤友和,糠谷真理
    構造工学論文集
    51B, 23, 30
    2005年03月
  • 構造形態創生法 によるオフィスビルの設計(査読付き論文)
    共著
    大森博司,風袋宏幸,飯嶋俊比古,武藤 厚,長谷川泰稔
    日本建築学会技術報告集
    20, 77, 82
    2004年12月
  • 一葉双曲面RC造冷却塔の構造特性に及ぼす形状不整の影響の分析(査読付き論文)
    共著
    武藤 厚,花井建吾,舟崎孝介,加藤史郎
    日本建築学会構造系論文集
    584, 103, 110
    2004年10月
  • コンクリート系シェル構造の耐熱性能評価における数値解析手法について
    共著
    武藤 厚
    日本計算工学会論文集
    3, 105, 110
    2001年
  • 上載圧を受ける鉄筋コンクリート球形シェルの非線形振動性状に関する検討(複合非線形性を考慮した数値解析手法と基本的な応答性状について)
    共著
    武藤 厚,小山信夫,村田 賢,加藤史郎
    日本建築学会構造系論文集
    549, 83, 90
    2001年
  • RC連続体中の温度・水分環境と力学性状に関する予測事例について
    共著
    武藤 厚
    「大空間に想定し得る被災の要因と対策」論文集
    京都大学防災研究所
    21, 26
    2000年
  • RCシェルにおける非線形地震応答のシミュレーション事例について
    共著
    武藤 厚
    「大空間に想定し得る被災の要因と対策」論文集
    京都大学防災研究所
    105, 110
    2000年
  • 惑星居住施設へのコンクリート系シェルの可能性検討と耐衝撃・耐熱性能評価について
    共著
    武藤 厚
    第16回宇宙構造・材料シンポジウム論文集
    文部省宇宙科学研究所
    112, 115
    2000年
  • RCシェル構造物の耐震・耐火性能評価と非線形解析について
    武藤 厚
    「空間構造の耐震性能・評価をどう進めるか」論文集
    京都大学防災研究所
    213, 224
    1998年
  • ランダム外乱を受ける偏平球殻の動座屈(周期外乱を受ける偏平球殻の動特性)
    共著
    村田 賢,武藤 厚,中山 幸二
    日本建築学会構造系論文集
    478, 125, 132
    1995年
  • Strustural Behavior of Reinforced Concrete at High Tempratures(a joint work)
    共著
    N. Yamazaki, M. Yamazaki, T. Mochida, A. Mutoh, et.al
    International Jornal of Nuclear Engineering and Design
    156, 121, 138
    1995年
  • 偏平球殻の統計的安定挙動に関する基礎的研究
    共著
    村田 賢,武藤 厚,岡 孝之
    日本建築学会構造系論文集
    465, 89, 96
    1994年
  • 殻構造物に存在する不規則初期不整の統計的解析(その1)
    共著
    村田 賢,武藤 厚,木村文彦
    日本建築学会構造系論文集
    453, 111, 121
    1993年
  • Post-test analysis of a 1 : 10-scale top slab model of ABWR/RCCV subjected to internal pressure
    共著
    H. Saito, Y. Muramatsu,H. Furukawa, T. Hasegawa and A. Mutoh
    International Journal of Nuclear Engineering and Design
    145, 339, 353
    1993年
  • 不規則な形状初期不整を考慮した回転シェルの応力分布と分岐座屈荷重の統計的解析
    共著
    武藤 厚,村田 賢,松岡 理,加藤史郎
    日本建築学会構造系論文集
    394, 105, 117
    1988年
  • 形状初期不整のあるシェル構造物の設計に関する考察
    共著
    加藤史郎,武藤 厚,村田 賢,宮村篤典
    日本建築学会構造系論文報告集
    359, 74, 83
    1986年
  • 回転殻の初期不整のエントロピーモデルによる統計的解析
    共著
    加藤史郎,武藤 厚,村田 賢,宮村篤典
    日本建築学会構造系論文報告集
    355, 70, 79
    1985年
  • Non-stationary Stochastic Response of a Beam to Support Accelerations
    共著
    S. Tasaka, A. Mutoh and S. Kato
    日本建築学会論文報告集
    345, 30, 40
    1984年

その他の研究業績

  • Statistical Analysis of Stresses in Rotational Thin Shells with Random Geometric Imperfections(a joint work)
    共著
    Masaru Murata, Atsushi Mutoh, Shiro kato and Osamu Matsuoka
    Shells, Membranes and Space Frames
    I
    1986年
  • 建築学会・第2回 新「シェル空間構造セミナー」テキスト
    共著
    青木繁,田中彌壽雄,佐々木睦朗,高山誠,真下和彦,武藤厚
    日本建築学会・構造委員会・シェル空間構造運営委員会
    13
    2003年03月
  • 既存の鉄筋コンクリート造アリーナの振動特性の評価に関する研究(紀要)
    共著
    武藤厚,美原義正,加藤友和,糠谷真理
    名城大学総合研究所紀要(研究報告)
    8, 11, 16
    2003年08月
  • コンクリート系の構造における非線形解析の現状と将来に関するー考察(雑誌記事・依頼)
    単著
    建築雑誌
    118, 1511, 21, 23
    2003年11月
  • Computational Morphogenesis by Extended ESO Method and Its Application to Structural Design(査読付国際学会)
    共著
    H. Ohmori, H. Futai,T. Iijima, A. Mutoh andY. Hasegawa
    Proc. Third China-Japan-Korea Joint Symposium on Optimization of Structural and Mechanical Systems (CJK-OSM3), Kanazawa, Japan
    771, 776
    2004年11月
  • 建築学会・「空間構造におけるコンピュータ利用の新しい試みと将来展望」セミナーテキスト
    共著
    村田賢,元結正次郎,武藤厚
    日本建築学会・構造委員会・シェル空間構造運営委員会
    2005年10月
  • 建築学会・第5回 新「シェル空間構造セミナー」-21世紀の連続体シェルの可能性-セミナーテキスト
    共著
    松井徹哉,武藤厚,村田賢,元結正次郎
    日本建築学会・構造委員会・シェル空間構造運営委員会
    9, 14
    2006年03月
  • 建築学会・2007年度大会パネルディスカッション資料、構造部門(応用力学)「建築構造における強非線形問題に対する数値解析の現状と課題」
    単著
    日本建築学会・構造委員会・応用力学運営委員会
    30, 39
    2007年08月
  • 空間構造物の挙動評価シミュレーション事例について
    単著
    埼玉大学情報メディア基盤センター年報
    16, 24, 26
    2008年03月
  • 建築学会・第7回・新「シェル・空間構造セミナー」-応答制御技術が開く空間構造デザインの可能性2008-テキスト
    単著
    日本建築学会・構造委員会・シェル空間構造運営委員会
    9, 14
    2008年06月
  • 建築学会・第9回・新「シェル・空間構造セミナー」-設計への計算機の応用と解析上の留意点-テキスト
    共著
    日本建築学会・構造委員会・シェル空間構造運営委員会
    47, 54
    2010年07月
  • 建築学会・2013年度大会パネルディスカッション資料、構造部門(応用力学)「建物の強非線形挙動の再現における可能性と課題」
    共著
    日本建築学会・構造委員会・応用力学運営委員会
    32, 39
    2013年08月
  • (口頭発表)(件数のみ)平成16年度~平成26年度
    共著
    日本建築学会・大会・学術講演梗概集
  • RCシェルの構造設計に関する技術開発の現状・課題・展望
    単著
    武藤 厚
    「シェル・空間構造」セミナー2014「コンクリートシェルの構造設計に関する動向と将来展望」、セミナー資料
    2015年

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2004年10月, 愛知県・応急危険度判定士講習会「テーマ:判定技術」講師を務める(於;中区役所大ホール) (現在に至る・毎年)
  • 2004年11月, 愛知県・建築物地震対策推進協議会・尾張東地区・講師を務める (平成16年まで)
  • 2007年05月, CAVE研究会・講師を務める(於;埼玉大学情報メディア基盤センター) (平成19年)
  • 2009年08月, 建築学会一般向け企画「アーキニアリング・デザイン展・巡回展」出展(平成21年)
  • 2013年10月, あいちトリエンナーレ2013特別連携事業「なごや歴まちステーション事業」出展(平成25年)
  • 2013年10月, 愛知県建築士事務所協会キャンペーンinオアシス21「建築構造デザイン」出展(平成25年)
  • 2014年02月, 木質住宅の耐震性能に関する公開実験の実施・新聞等で紹介     (平成26年)

その他の社会貢献業績(国際貢献、産業支援等)

  • 2002年05月, 2004年03月, 名古屋大学+(株)飯島建築事務所との共同で、構造最適化形状による高性能ビル開発の技術支援を実施
  • 2006年04月, 2008年03月, 法政大学との共同で、数理的な手法を用いた自由曲面を有する大型RC空間構造の性能評価に関する技術支援を実施
  • 2007年04月, 2011年03月, 文部科学省・ハイテクリサーチセンター整備事業(高度制震実験・解析研究センター<ARCSEC>)メンバーとして、空間構造の耐震に関する研究
  • 2009年04月, 2011年03月, 豊橋技術科学大学+(株)中田捷夫研究室との共同で、大規模連続体RCシェルによる空間構造開発の技術支援を実施
  • 2010年04月, 2013年03月, 民間企業研究所との共同で、住宅の高耐震化に関する技術支援を実施
  • 2013年07月, 2015年03月, 国土交通省+民間コンサルタントとの共同で、鉄筋コンクリート建物の限界性能に関する予測技術に関する技術支援を実施
  • 2014年04月, 民間企業との共同で、工場の天井の耐震対策に関する技術支援を実施
  • 2015年04月, 民間企業との共同で、免震建物におけるピットに関する技術支援を実施


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.