教員情報

小島 良二
コジマ リヨウジ
薬学部 薬学科
准教授
Last Updated :2019/07/26

基本情報

プロフィール

    男性

大学院その他

  • 薬学研究科 薬学専攻, 准教授

学歴

  • 1983年03月, 名城大学大学院, 薬学研究科, 修士課程, 薬学修士, 修了
  • 1991年03月, 名城大学

現在所属している学会

  • 日本薬理学会
  • 日本腎臓学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本生物物理学会
  • 日本薬理学会

学会

  • 1983年04月, 日本薬理学会会員
  • 1983年04月, 1991年09月, 日本生化学会会員
  • 1995年04月, 日本腎臓学会会員
  • 1995年04月, 日本分子生物学会会員
  • 1996年04月, 日本生物物理学会会員
  • 2005年04月, 日本薬理学会評議員

研究活動

研究分野

  • 分子生物学, 分子生物学
  • 細胞生物学, 細胞生物学
  • 薬理学一般

教育研究への取り組み・抱負

    基礎生物学 (1年次前期、必須)を担当している。本科目に関連する1年次後期と2年次の科目として、生化学、機能形態学、分子生物学、微生物学などがあり、さらに3年次以降での薬理学、薬物治療学へと学問的に連携されるので、本科目を生物系の基礎知識として学習できるように努めている。講義では、補足説明などを書き込みながら理解してもらえるよう講義用スライドのプリントを配布している。さらに、学生の理解度の向上を考え、講義の前に前週の講義内容を10~15分ぐらいでその要点説明を実施している。加えて、学生の「生物」への興味向上を考え、5月中旬と6月上旬に、簡単な実験(マウスの麻酔実験・ヒト細胞の採取)を講義中に実施している。

学術論文

  • Hypertonicityl-induced expression of monocyte chemoattractant protein-1 through a novel cis-acting element and MAP kinase signaling pathways.(査読付)
    共著
    Kojima R., Taniguchi H., Tsuzuki A., Nakamura K., Sakakura Y., and Ito M.
    J. Immunol.
    189, 5253, 5262
    2010年
  • Effect of Artichoke leaf extract on acute gastric mucosal injury in rats.(査読付)
    共著
    Ishida K., Kojima R., Tsuboi M., Tsuda Y.,and Ito M.
    Biol. Pharm. Bull.
    33, 223, 229
    2010年
  • Anti-ulcer effects of Ag・Zn-Zeolite in rats.(査読付き論文)
    共著
    Ishihara M., Yasuda S., Kojima R., and Ito M.
    Oyoyo Yakuri / Pharmacometrics
    9, 17
    2008年
  • Influence of aging on gastric ulcer healing activities of the antioxidants a-tocophenol and probucol.(査読付)
    共著
    Ishihara M., Kojima R., and Ito M.
    Euro. J. Pharmacol.
    143, 147
    2008年
  • Involvement of MCP-1 in Tubulointerstitial Fibrosis Through Massive Proteinuria in Anti-GBM Nephritis Induced in WKY Rats.(査読付き論文)
    共著
    Taniguchi H., Kojima R., Sade H., Furuya M., Inomata N., Ito M.
    J Clin Immunol.
    409, 429
    2007年
  • N-acetyl-seryl-aspartyl-lysyl-proline ameliorates the progression of renal dysfunction and fibrosis in WKY rats with established anti-glomerular basement membrane nephritis.(査読付き論文)
    共著
    Omata M., Taniguchi H., Koya D., Kanasaki K., Sho R., Kato Y., Kojima R., Haneda M., Inomata N.
    J. Am. Soc. Nephrol.
    674, 685
    2006年
  • Strain differences in the diabetogenic activity of streptozotocin in mice.(査読付き論文)
    共著
    Hayashi K., Kojima R., Ito M.
    Biol. Pharm. Bull.
    1110, 1119
    2006年
  • Anti-ulcer effect of tea catechin in rats.(査読付き論文)
    共著
    Hamaishi K., Kojima R., and Ito M.
    Biol. Pharm. Bull.
    2206, 2221
    2006年
  • Alpha 7-type nicotinic acetylcholine receptor and prodynorphin mRNA expression after administration of (-)-nicotine and U-50,488H in beta-amyloid peptide (25-35)-treated mice.(査読付き論文)
    共著
    Hiramatsu M., Watanabe M., Baba S., Kojima R., Nabeshima T.
    Ann. NY Acad. Sci.
    508, 514
    2004年
  • Regulation of gene expression of the stress response gene, Osp94 -Identification of tonicity response element and intracellular signaling pathways-(査読付き論文)
    共著
    Kojima R., Randall, J. D., Ito, E., Manshio, H., Suzuki, Y., Gullans, S. R.
    Biochemical J.
    783, 794
    2004年
  • Immunolocalization of multispecific organic anion transporters, OAT1, OAT2, and OAT3, in rat kidney. (査読付き論文)
    共著
    Kojima R., Sekine T., Kawachi M., Cha Ho S., Suzuki Y., Endou H.
    J. Am. Soc. Nephrol.
    848, 857
    2002年
  • Effect of digoxin noncompliance on hospitalization and mortality in patients with heart failure in long-term therapy: a prospective cohort study.(査読付き論文)
    共著
    Miura T, Kojima R., Mizutani M., Shiga Y., Takatsu F., Suzuki Y.
    Eur J Clin Pharmacol.
    77, 83
    2001年
  • Digoxin 中毒の発生率および臨床効果に及ぼす新しい目標治療 Digoxin 血清中濃度域の影響
    三浦 崇則;小島 良二;杉浦 洋二;山下 雅代;米山 英二;太田 満;斎竹 達郎;水谷 勝;志賀 幸夫;鷹津 文麿;鈴木 良雄
    臨床薬理
    一般社団法人 日本臨床薬理学会
    31, 6, 685, 691
    2000年11月
  • Influence of Aging on the Healing of Acetic Acid-induced Gastric and Duodenal Ulcers in Rats
    石原 正志;KOJIMA Ryoji;ITO Mikio
    応用薬理
    72, 3, 73, 79
    2007年05月
  • Anti-ulcer Effects of Ag・Zn-Zeolite in Rats
    ISHIHARA Masashi;YASUDA Saori;KOJIMA Ryoji;ITO Mikio
    応用薬理
    74, 1, 9, 17
    2008年04月
  • Anti-gastritic Action of Artichoke Leaf Extract Mediated by Endogenous Prostaglangins
    ISHIDA Kazuo;KOJIMA Ryoji;TSUBOI Makoto;TSUDA Yuka;ITO Mikio
    応用薬理
    78, 3, 59, 66
    2010年05月
  • Influence of Aging on Gastric Cytoprotective and Ulcer Healing Activities of Sofalcone
    ISHIHARA Masashi;KOJIMA Ryoji;ITO Mikio
    応用薬理
    80, 5, 71, 77
    2011年08月
  • Effects of a Long-Term Administration of Oral Anti-diabetic Agents on the Progression of Low Dose Streptozotocin-induced Slowly Progressive Diabetes Mellitus in Mice
    HAYASHI Koji;KANO Yasumitsu;KOJIMA Ryoji;ITO Mikio
    応用薬理
    84, 1, 19, 27
    2013年02月
  • 治療薬物モニタリングの有効利用に対する医療スタッフへの教育活動の効果
    三浦 崇則;小島 良二;杉浦 洋二;水谷 勝;鷹津 文麿;鈴木 良雄
    病院薬学 = Journal of the Nippon Hospital Pharmacists Association
    日本病院薬剤師会
    25, 3, 249, 256
    1999年06月
  • 冠動脈造影検査に伴う造影剤の即時性および遅発性副作用発現率イオパミドールとイオメプロールの比較
    三浦 崇則;小島 良二;祢宜田 和正;勝見 章男;太田 満;山下 雅代;久保田 敏行;水谷 勝;鷹津 文麿;鈴木 良雄
    病院薬学 = Journal of the Nippon Hospital Pharmacists Association
    日本病院薬剤師会
    25, 5, 502, 510
    1999年10月
  • 造影剤の副作用発現に及ぼすDomperidone, Etizolam および電解質補液の予防効果
    三浦 崇則;小島 良二;祢宜田 和正;勝見 章男;太田 満;米山 英二;斎竹 達郎;水谷 勝;鷹津 文麿;鈴木 良雄
    病院薬学 = Journal of the Nippon Hospital Pharmacists Association
    日本病院薬剤師会
    26, 6, 592, 600
    2000年12月
  • 冠動脈造影検査に伴う低浸透圧ヨード造影剤の副作用発現率とその危険因子の検索
    三浦 崇則;小島 良二;祢宜田 和正;水谷 勝;鷹津 文麿;鈴木 良雄
    病院薬学 = Journal of the Nippon Hospital Pharmacists Association
    日本病院薬剤師会
    24, 6, 665, 672
    1998年12月
  • P-35 植物配糖体 acteoside は intercellular adhesion molecule-1 (ICAM-1) の mRNA の翻訳を阻害する
    永松 正;林 一巳;小島 良二;鈴木 良雄
    和漢医薬学会大会要旨集
    和漢医薬学会大会
    13
    1996年
  • Effect of Dietaty α-Linolenate/Linoleate Balance on Collagen-Induced Platelet Aggregation and Serotonin Release in Rats
    渡辺 志朗;鈴木 恵理香;児島 範幸;小島 良二;鈴木 良雄;奥山 治美
    Chem. Pharm. Bull.
    公益社団法人日本薬学会
    37, 1572, 1575
    1989年
  • Studies on the Nephrotoxicity of Aminoglycoside Antibiotics and Protection from These Effects. (5). Interaction of Tobramycin with Latamoxef in Vitro
    KOJIMA Ryoji;ITO Mikio;SUZUKI Yoshio
    Journal of pharmacobio-dynamics
    公益社団法人日本薬学会
    11, 1, 9, 17
    1988年01月
  • Anti-ulcer Effect of Tea Catechin in Rats
    Hamaishi Kanoko;Kojima Ryoji;Ito Mikio
    Biological & pharmaceutical bulletin
    公益社団法人日本薬学会
    29, 11, 2206, 2213
    2006年11月
  • Effects of Artichoke Leaf Extract on Acute Gastric Mucosal Injury in Rats
    Ishida Kazuo;Kojima Ryoji;Tsuboi Makoto;Tsuda Yuka;Ito Mikio
    Biological & Pharmaceutical Bulletin
    公益社団法人 日本薬学会
    33, 2, 223, 229
    2010年
  • 実験的Immune complex型じん炎に関する研究 II  ラット血清病じん炎に対するProstaglaudin E1の治療効果,並びにProstaglandin E1と大量抗原併用の影響
    永松 正;小島 良二;鈴木 良雄
    日本薬理学雑誌
    公益社団法人 日本薬理学会
    81, 4, 295, 303
    1983年
  • アミノ配糖体抗生物質のじん毒性とその防御に関する研究(1) Gentamicinと塩化第二水銀のじん毒性:Gentamicinと塩化第二水銀の腎毒性
    小島 良二;鈴木 良雄
    日本薬理学雑誌
    公益社団法人 日本薬理学会
    84, 5, 453, 462
    1984年
  • アミノ配糖体抗生物質のじん毒性とその防御に関する研究(2) Gentamicinじん毒性に対するLatamoxefの防御作用:Gentamicin腎毒性に対するLatamoxefの防御作用
    小島 良二;鈴木 良雄
    日本薬理学雑誌
    公益社団法人 日本薬理学会
    84, 5, 463, 469
    1984年
  • Studies on the nephrotoxicity of aminoglycoside antibiotics and protection from these effects (7): Effect of latamoxef on binding of tobramycin to brush border membranes isolated from rat kidney cortex.
    KOJIMA Ryoji;ITO Mikio;SUZUKI Yoshio
    The Japanese Journal of Pharmacology
    公益社団法人 日本薬理学会
    51, 4, 465, 473
    1989年
  • Studies on the nephrotoxicity of aminoglycoside antibiotics and protection from these effects. (8): Protective effect of pyridoxal-5'-phosphate against tobramycin nephrotoxicity.
    KOJIMA Ryoji;ITO Mikio;SUZUKI Yoshio
    The Japanese Journal of Pharmacology
    公益社団法人 日本薬理学会
    52, 1, 11, 21
    1990年
  • Studies on the nephrotoxicity of aminoglycosideantibiotics and protection from these effects (6): A mechanism for the suppressive action of latamoxef on intrarenal tobramycin level.
    KOJIMA Ryoji;ITO Mikio;SUZUKI Yoshio
    The Japanese Journal of Pharmacology
    公益社団法人 日本薬理学会
    53, 1, 111, 120
    1990年
  • Studies on the nephrotoxicity of aminoglycoside antibiotics and protection from these effects (9): Protective effect of inositol hexasulfate against tobramycin-induced nephrotoxicity.
    KOJIMA Ryoji;ITO Mikio;SUZUKI Yoshio
    The Japanese Journal of Pharmacology
    公益社団法人 日本薬理学会
    53, 3, 347, 358
    1990年
  • Suppression by Cyclosporin A of Anti-GBM Nephritis in Rats.
    Nagamatsu Tadashi;Kojima Noriyuki;Kondo Nobuyuki;Hattori Tomohisa;Kojima Ryoji;Ito Mikio;Suzuki Yoshio
    The Japanese Journal of Pharmacology
    公益社団法人 日本薬理学会
    58, 1, 27, 36
    1992年
  • Studies on the nephrotoxicity of aminoglycoside antibiotics and protection from these effects. (4) Effects of tobramycin alone and in combination with latamoxef on the stability of rat kidney lysosomal membranes.
    KOJIMA Ryoji;ITO Mikio;SUZUKI Yoshio
    The Japanese Journal of Pharmacology
    公益社団法人 日本薬理学会
    43, 1, 73, 80
    1987年
  • Studies on the nephrotoxicity of aminoglycoside antibiotics and protection from these effects. 3 Protective effect of latamoxef against tobramycin nephrotoxicity and its protective mechanism.
    KOJIMA Ryoji;ITO Mikio;SUZUKI Yoshio
    The Japanese Journal of Pharmacology
    公益社団法人 日本薬理学会
    42, 3, 397, 404
    1986年
  • Preventive Actions of N-(3-Aminopropionyl)-L-Histidinato Zinc (Z-103) through Increases in the Activities of Oxygen-Derived Free Radical Scavenging Enzymes in the Gastric Mucosa on Ethanol-Induced Gastric Mucosal Damage in Rats.
    Ito Mikio;Shii Daisuke;Segami Tetsuya;Kojima Ryoji;Suzuki Yoshio
    The Japanese Journal of Pharmacology
    公益社団法人 日本薬理学会
    59, 3, 267, 274
    1992年
  • Marked Antinephritic Action and Less Adverse Effects of Methylprednisolone Suleptanate by Intermittent Administration in Rats.
    Taniguchi Hajime;Nagamatsu Tadashi;Kojima Ryoji;Ito Mikio;Suzuki Yoshio
    The Japanese Journal of Pharmacology
    公益社団法人 日本薬理学会
    64, 2, 79, 88
    1994年
  • 造影剤の副作用発現に及ぼすDomperidone,Etizolamおよび電解質補液の予防効果
    三浦 崇則;鈴木 良雄;小島 良二;祢宜田 和正;勝見 章男;太田 満;米山 英二;斎竹 達郎;水谷 勝;鷹津 文麿
    病院薬学
    一般社団法人 日本医療薬学会
    26, 6, 592, 600
    2000年
  • 実験的巣状糸球体硬化症の発症と進展機序に関する研究(1)
    岩田 剛典;小島 良二;永松 正;伊藤 幹雄;鈴木 良雄
    日本腎臓学会誌
    社団法人 日本腎臓学会
    31, 11, 1105, 1115
    1989年
  • 冠動脈造影検査に伴う低浸透圧ヨード造影剤の副作用発現率とその危険因子の検索
    三浦 崇則;小島 良二;祢宜田 和正;水谷 勝;鷹津 文麿;鈴木 良雄
    病院薬学
    一般社団法人 日本医療薬学会
    24, 6, 665, 672
    1998年
  • 治療薬物モニタリングの有効利用に対する医療スタッフへの教育活動の効果
    三浦 崇則;小島 良二;杉浦 洋二;水谷 勝;鷹津 文麿;鈴木 良雄
    病院薬学
    一般社団法人 日本医療薬学会
    25, 3, 249, 256
    1999年
  • 冠動脈造影検査に伴う造影剤の即時性および遅発性副作用発現率  イオパミドールとイオメプロールの比較
    三浦 崇則;鈴木 良雄;小島 良二;祢宜田 和正;勝見 章男;太田 満;山下 雅代;久保田 敏行;水谷 勝;鷹津 文麿
    病院薬学
    一般社団法人 日本医療薬学会
    25, 5, 502, 510
    1999年

講演・口頭発表等

  • mTOR経路を介した細胞増殖におけるAGN-1およびprotein phosphatase、PP6 の役割
    角 裕也、小島良二、喜友名 艶子、伊藤幹雄
    日本薬学会第129年会
    2009年03月
  • マウスの高脂肪含有飼料飼育による肥満およびインスリン抵抗性の進展に対するキトサンの効果
    中川典子、田代優子 小島良二、伊藤幹雄
    日本薬学会第129年会(於京都)
    2009年03月

その他の研究業績

  • (研究報告)Osp94遺伝子の上流領域のシスエレメント並びに転写因子の解析
    単著
    名城大学総合研究所紀要
    7, 95, 99
    2002年
  • (研究報告)高浸透圧感受性遺伝子、Osp94の分子シャペロン機能の解明
    単著
    名城大学総合研究所紀要
    8, 141, 146
    2003年
  • (研究報告)モデル脳を用いた遅発・進行性の学習・記憶機能障害に係わるプロテオーム解析
    共著
    平松正行、渡辺美菜子、三輪将也、馬場章吾、小島良二
    名城大学総合研究所紀要
    10, 83, 86
    2005年
  • (研究報告)分子シャペロン機能に基づく新たな神経変性疾患治療の基盤研究-Osp94分子シャペロンの機能ドメイン解析-
    単著
    名城大学総合研究所紀要
    11, 129, 133
    2006年
  • (研究報告)糖尿病性腎線維化における脂肪酸の細胞形質転換機能の解明
    共著
    小島良二、伊藤幹雄
    名城大学総合研究所紀要
    13, 95, 99
    2008年
  • 分子シャペロンOsp94による神経変性細胞死抑制の基盤研究
    単著
    名城大学総合研究所紀要
    14, 131, 135
    2009年

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2001年11月, 「高校生体験実験講習会、アジア大陸からやってきた日本人」の講師を勤める。
  • 2004年03月, 「ライフサイエンス実験講習会、アジア大陸からやってきた日本人」の講師を勤める。
  • 2004年09月, 「高校生体験実験講習会、実験I:クスリの効果をみてみよう」の講師を勤める。
  • 2005年08月, 「49-C理科講座高等学校観察実験コース」の講師を勤める。
  • 2005年09月, 「高校生体験実験講習会、実験I:クスリの効果をみてみよう」の講師を勤める。
  • 2011年10月, 愛知県豊田東高等学校にて、「薬と遺伝子」の出前講義の講師を務める。


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.