教員情報

坂野 秀樹
バンノ ヒデキ
理工学部 情報工学科
准教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    男性

大学院その他

  • 理工学研究科 電気電子・情報・材料工学専攻, 准教授
  • 理工学研究科 情報工学専攻, 准教授

学歴

  • 1998年04月, 2001年03月, 名古屋大学大学院, 工学研究科, 電子情報学専攻博士後期課程, 単位取得退学
  • 2003年09月, 2003年09月, 名古屋大学, 博士(工学)

現在所属している学会

  • 日本音響学会
  • 電子情報通信学会
  • 情報処理学会

研究活動

研究分野

  • 知覚情報処理・知能ロボティクス, 音声・音響信号処理
  • 知覚情報処理・知能ロボティクス, 音声処理

教育研究への取り組み・抱負

    大学においては、しっかりとした基礎知識やその知識を応用できる能力、自ら目標を設定しその目標に向かって行動できる能力などを身に付けることが重要だと考えている。そのためには、まず、勉強・研究の楽しさを理解することが不可欠だと考え、このことに配慮して授業や研究指導を行っている。授業では、できるだけ身近な例の紹介を行うことや、学生が興味を持ちやすい題材を取り入れることを心がけている。また、演習においては、何の役に立つか分からないような課題ではなく、できるだけ実用的で、かつ学生が興味を持つものを出題するように努めている。また、研究指導においては、研究の楽しさ・重要性を理解してもらうことや、机上の理論だけでない真の能力を身に付けてもらうことを重要視している。そのため、研究室配属後は、実際にマイク・スピーカ・オーディオインターフェイスなどの音響機器を操作してもらう実験の機会や、小規模でも自分で考えてプログラミングする必要のある演習課題を与えるなどしており、学生からも好評である。現在、音声・音響の研究においても、多くの研究が大規模なシステムを用いるものとなってきている。学生の研究テーマ選定においては、学生の在籍期間が限られていることもあり、ともすれば、限定的な知識しか身に付かない研究テーマになってしまう。大規模なシステムを用いるものであっても、しっかりと基礎が理解でき、かつ、システム全体の理解もできるように、研究テーマの選定や指導を行っていきたいと考えている。

著書

  • メディア情報処理 (新インターユニバーシティ)
    末永 康仁 編著
    オーム社
    2008年11月
    978-4-274-20620-7
    その他
    1章 音声の基礎、2章 音声の分析、3章 音声の合成を坂野が担当
  • ディジタル信号処理
    有木 康雄 編
    オーム社
    2013年01月
    978-4-274-21305-2
    その他
    4章 標本化定理、5章 離散フーリエ変換、9章 スペクトル推定を坂野が担当

学術論文

  • 歌唱音声の類似度評価を目的とした基本周波数の変動量を反映するビブラート特徴量の提案(査読付き論文)
    共著
    鈴木 千文, 坂野 秀樹, 旭 健作, 森勢 将雅
    電気学会論文誌C
    137, 12, 1607, 1614
    2017年12月
  • Muffled and brisk speech evaluation with criterion based on temporal differentiation of vocal tract area function(査読付き論文)
    共著
    M. Morise, S. Tsuzuki, H. Banno and K. Ozawa
    IEICE Transactions on Information and Systems
    E97-D, 12, 3230, 3233
    2014年12月
  • Excitation source analysis for high-quality speech manipulation systems based on an interference-free representation of group delay with minimum phase response compensation(査読付き論文)
    共著
    H. Kawahara, M. Morise, T. Toda, H. Banno R. Nisimura and T. Irino
    Interspeech 2014
    2243, 2247
    2014年09月
  • Implementation of Computationally Efficient Real-Time Voice Conversion(査読付き論文)
    共著
    T. Toda, T. Muramatsu and H. Banno
    Interspeech 2012
    94, 97
    2012年09月
  • High-quality and light-weight voice transformation enabling extrapolationwithout perceptual and objective breakdown(査読付き論文)
    共著
    H. Kawahara, R. Nisimura, T. Irino, M. Morise, T. Takahashi and H. Banno
    ICASSP 2010
    4818, 4821
    2010年05月
  • High quality voice manipulation method based on the vocal tract area function obtained from sub-band lsp of straight spectrum(査読付き論文)
    共著
    A. Arakawa, Y. Uchimura, H. Banno, F. Itakura and H. Kawahara
    ICASSP 2010
    4834, 4837
    2010年05月
  • Observation of empirical cumulative distribution of vowel spectral distances and its application to vowel based voice conversion(査読付き論文)
    共著
    H. Kawahara, M. Morise, T. Takahashi, H. Banno, R. Nisimura and T. Irino
    Interspeech 2009
    2647, 2650
    2009年09月
  • Spectral Envelope Recovery Beyond the Nyquist Limit for High-Quality Manipulation of Speech Sounds
    共著
    H. Kawahara, M. Morise, H. Banno, T. Takahashi, R. Nisimura and T. Irino
    Interspeech 2008
    650, 653
    2008年09月
  • Study on Manipulation Method of Voice Quality Based on the Vocal Tract Area Function(査読付き論文)
    共著
    Y. Uchimura, H. Banno, F. Itakura and H. Kawahara
    Interspeech 2008
    1084, 1087
    2008年09月
  • Implementation of realtime STRAIGHT speech manipulation system: Report on its first implementation(査読付き論文)
    共著
    H. Banno, H. Hata, M. Morise, T. Takahashi, T. Irino, H. Kawahara
    Acoustical Science and Technology
    28, 3, 140, 146
    2007年05月
  • 暗騒音と高調波ひずみに頑健なインパルス応答測定用信号: Warped-TSP(査読付き論文)
    共著
    森勢将雅, 入野俊夫, 坂野秀樹, 河原英紀
    電子情報通信学会論文誌(A)
    J89-A, 1, 7, 14
    2006年01月
  • Intelligibility of Degraded Speech from Smeared STRAIGHT Spectrum(査読付き論文)
    共著
    J. Jin, H. Banno, H. Kawahara and T. Irino
    ICSLP 2004
    473, 476
    2004年10月
  • Procedure "Senza Vibrato": A Key Component for Morphing Singing(査読付き論文)
    共著
    H. Kawahara, Y. Hirachi,M. Morise and H. Banno
    International Conference on Spoken Language Processing
    89, 92
    2004年10月
  • Algorithm Amalgam: Morphing Waveform Based Methods, Sinusoidal Models and STRAIGHT(査読付き論文)
    共著
    H. Kawahara, H. Banno, T. Irino and P. Zolfaghari
    ICASSP 2004
    13, 16
    2004年05月
  • Synthesis of Car Noise Based on a Composition of Engine Noise and Friction Noise(査読付き論文)
    共著
    Y. Ban, H. Banno, K. Takeda and F. Itakura
    ICASSP 2002
    2105, 2108
    2002年05月
  • A Model of Perceptual Distance for Group Delays Based on Ellipsoidal Mapping(査読付き論文)
    共著
    H. Banno, K. Takeda and F. Itakura
    Acoustical Science and Technology
    23, 2, 110, 112
    2002年03月
  • The effect of group delay spectrum on timbre(査読付き論文)
    共著
    H. Banno, K. Takeda and F. Itakura
    Acoustical Science and Technology
    23, 1, 1, 9
    2002年01月
  • A Study on Perceptual Distance Measure for Phase Spectrum of Stimuli(査読付き論文)
    共著
    H. Banno, K. Takeda and F. Itakura
    ICASSP 2001
    3297, 3300
    2001年05月
  • 時間領域平滑化群遅延を用いた短時間位相の効率的表現方法(査読付き論文)
    共著
    坂野 秀樹, 陸 金林, 中村 哲, 鹿野 清宏, 河原 英紀
    電子情報通信学会論文誌(D-II)
    J84-D-II, 4, 621, 628
    2001年04月
  • 時間領域平滑化群遅延による位相制御を用いた声質制御方式(査読付き論文)
    共著
    坂野 秀樹, 陸 金林, 中村 哲, 鹿野 清宏, 河原 英紀
    電子情報通信学会論文誌(D-II)
    J83-D-II, 11, 2276, 2282
    2000年11月
  • 側抑制性重み付けを用いた雑音環境下におけるSTRAIGHT分析合成系の品質改善(査読付き論文)
    共著
    戸田 智基, 坂野 秀樹, 梶田 将司, 武田 一哉, 板倉 文忠
    電子情報通信学会論文誌(D-II)
    J83-D-II, 11, 2180, 2189
    2000年11月
  • Speech Morphing by Independent Interpolation of Spectral Envelope and Source Excitation(査読付き論文)
    共著
    H. Banno, K. Takeda, F. Itakura and K. Shikano
    Electronics and Communications in Japan
    82, 3, 22, 30
    1999年03月
  • Efficient Representation of Short-time Phase Based on Group Delay(査読付き論文)
    共著
    H. Banno, J. Lu, S. Nakamura, K. Shikano and H. Kawahara
    ICASSP 98
    861, 864
    1998年05月
  • 包絡と音源の独立操作による音声モーフィング(査読付き論文)
    共著
    坂野 秀樹, 武田 一哉, 板倉 文忠, 鹿野 清宏
    電子情報通信学会論文誌(A)
    J81-A, 2, 261, 268
    1998年02月

外部資金

  • 文部科学省
    科学研究費助成事業(科学研究費補助金・学術研究助成基金助成金)基盤研究(B)
    聴覚の情報表現に基づく高度音声分析変換合成方式の研究
    2012年, 2014年
    和歌山大学・システム工学部・教授・河原英紀
  • 2013
    文部科学省
    若手研究(B)
    声帯振動の特殊性に起因する声質を制御可能な音声分析合成方式の開発
    2013年, 2015年
    坂野 秀樹

特許等

  • 2006-529052
    4552016
    インパルス応答測定方法及び装置
  • 2009-168192
    2011-022423
    5191459
    声道断面積関数の抽出装置及びその抽出方法
  • 2014-036603
    2015-161774
    6347536
    音合成方法及び音合成装置


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.