寺田 理枝 テラダ リエ

■所属
農学部 生物資源学科
■職名
教授
■メールアドレス
teradarmeijo-u.ac.jp
■生年月日
1956/05/23
■性別
女性

基本情報

通称などの別名

  • 氏名:寺田 理枝
  • ローマ字:TERADA RIE
  • フリガナ:テラダ リエ

大学院その他

  • 農学研究科 農学専攻 教授

学歴

  • 1979/03 筑波大学 第二学群 生物学類 卒業
  • 1990/01  

現在所属している学会

  • 日本育種学会
    日本植物生理学会
    日本分子生物学会
    日本植物細胞分子生物学会
  • 日本遺伝学会

研究活動

研究分野

  • 育種学 / 植物分子遺伝学、植物分子育種学

教育研究への取り組み・抱負

  • 近年の急激な地球環境変動と人口増加の状況下で、環境改善・食料・エネルギー供給の問題解決に向けて、農学分野での有用で安全な技術の創出と品種開発が強く求められている。私はイネの分子育種分野で研究活動を行ってきたので、講義および実習では、これらの知見を分かりやすく、具体的に概説し、学生の知的好奇心を活性化させるよう話題提供する。学生の研究意欲が盛り上がる様、自主的発想による課題も含め、情報収集力、問題解決力、コミュニケーション能力の向上を目指した研究指導を行い、将来を担う学生が自然環境の重要性、未来社会の創出を身近な問題としてとらえ、環境維持の工夫や技術力向上に貢献する教育を実践したい。研究テーマであるイネターゲティングによる分子遺伝学と分子育種を活用して我々の生活に密着した環境・農業・食糧問題と社会構造の急速な変化を幅広い視野でとらえ、国内外の動向を見極め、社会の未来を開拓してゆけるような人材の形成に貢献したい。

著書

  • タイトル : アドバンスドマニュアルシリーズ「形質転換プロトコル(植物編)」
    著者 : 土岐 精一・寺田 理枝・島谷善平・横井彩子・刑部敬史
    出版社 : 化学同人
    出版年月 : 2012年09月
    担当区分 : 共著
    担当範囲 : 担当部分: トピックス;イネのターゲティング•プロトコル.

学術論文

  • タイトル : Targeted base editing in rice and tomato using a CRISPR-Cas9 cytidine deaminase fusion.
    担当区分 : 共著
    著者 : Shimatani, Z., Kashojiya, S., Takayama, M., Terada, R., Arazoe , T., Ishii , H., Teramura , H., Yamamoto , T., Komatsu , H., Miura , K., Ezura , H., Nishida , K., Ariizumi T., and Kondo, A.
    誌名 : Nature Biotechnology 35
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 35441 - 443
    出版年月 : 2017年03月
    ID:DOI : 10.1038/nbt.3833
  • タイトル : 誘導型プロモーターによるイネカルスでのCre-loxP組換え制御 — イネの自律的マーカー削除遺伝子ターゲティング法の確立を目指して —.
    担当区分 : 共著
    著者 : 島谷善平・幸地健斗・木下雅仁・小川真奈・寺田理枝
    誌名 : 名城大学紀要
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : (21) : 17 - 20
    出版年月 : 2016年03月
  • タイトル : FT-like proteins induce transposon silencing in the shoot apex during floral induction in rice.
    担当区分 : 共著
    著者 : Tamaki,S., Tsuji,H., Matsumoto,A., Fujita,A., Shimatani,Z., Terada,R., Sakamoto,T., Kurata,T.and K.Shimamoto
    誌名 : Natl. Acad. Sci. USA
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 112901 - 911
    出版年月 : 2015年02月
  • タイトル : Positive-negative-selection-mediated gene targeting in rice.
    担当区分 : 共著
    著者 : Shimatani,Z., Nishizawa-Yokoi, A., Endo, M., Toki S. and R.Terada
    誌名 : Front. Plant Sci.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 5(748) : 1 - 7
    出版年月 : 2014年01月
  • タイトル : The MET1b gene encoding a maintenance DNA methyltransferase is indispensable for normal development in rice.
    担当区分 : 共著
    著者 : Yamauchi T, Johzuka-Hisatomi Y, Terada R, Nakamura I, Iida S.
    誌名 : Plant Mol. Biol.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 85(3) : 219 - 232
    出版年月 : 2014年02月
  • タイトル : Gene editing a constitutively active OsRac1 by homologous recombination-based gene targeting induces immune responses in rice.
    担当区分 : 共著
    著者 : Dang TT, Shimatani Z, Kawano Y, Terada R, Shimamoto K.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 54(12) : 2058 - 2070
    出版年月 : 2013年12月
    ID:DOI : 10.1093/pcp/pct147
  • タイトル : Targeted disruption of an orthologue of DOMAINS REARRANGED METHYLASE 2, OsDRM2, impairs the growth of rice plants by abnormal DNA methylation.
    担当区分 : 共著
    著者 : Moritoh S, Eun CH, Ono A, Asao H, Okano Y, Yamaguchi K, Shimatani Z, Koizumi A, Terada R.
    誌名 : The Plant Journal
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 71(1) : 85 - 98
    出版年月 : 2012年04月
    ID:DOI : 10.1111/j.1365-313X.2012.04974
  • タイトル : A null mutation of ROS1a for DNA demethylation in rice is not transmittable to progeny.
    担当区分 : 共著
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 71(4) : 564 - 574
    出版年月 : 2012年08月
    ID:DOI : 10.1111/j.1365-313X.2012.05009.x.
  • タイトル : Cre-loxP mediated marker elimination and gene reactivation at the waxy locus created in rice genome based on strong positive-negative selection. (査読付き)
    担当区分 : 共著
    著者 : Terada, R., Nagahara M., Furukawa K., Shimamoto, M., Yamaguchi,K. and Iida S.
    誌名 : Plant Biothechnology
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 2729 - 37
    出版年月 : 2010年04月
  • タイトル : Homologous recombination-mediated knock-in targeting of the MET1a gene for a maintenance DNA methyltransferase reproducibly reveals dosage-dependent spatiotemporal gene expression in rice. (査読付き)
    担当区分 : 共著
    著者 : Yamauchi T, Moritoh S, Johzuka-Hisatomi Y, Fukada-Tanaka S, Terada R, Nakamura I, Iida S
    誌名 : The Plant Journal Plant
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 60386 - 396
    出版年月 : 2009年06月
  • タイトル : Characterization of autonomous Dart1 transposons belonging to the hAT superfamily in rice. (査読付き)
    担当区分 : 共著
    著者 : Shimatani Z, K Takagi, C-H Eun, M Maekawa, H. Takahara, A. Hoshino, Q.Qian, R. Terada, Y. Johzuka-Hisatomi, S.Iida K.Tsugane
    誌名 : Molecular and General Genetics
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 281329 - 344
    出版年月 : 2009年01月
  • タイトル : Alternative splicing of the rice OsMET1 genes encoding maintenance DNA methyltransferase. (査読付き)
    担当区分 : 共著
    著者 : Yamauchi T, Moritoh S, Johzuka-Hisatomi Y, Ono A, Terada R, Nakamura I, Iida S
    誌名 : Journal of Plant Physiology
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 1651774 - 1782
    出版年月 : 2008年12月
  • タイトル : Efficient transfer of base changes from a vector to the rice genome by homologous recombination: involvement of heteroduplex formation and mismatch correction. (査読付き)
    担当区分 : 共著
    著者 : Y. Johzuka-Hisatomi, R. Terada, S. Iida
    誌名 : Nucleic Acids Research
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 36(14) : 4727 - 4735
    出版年月 : 2008年08月
  • タイトル : Gene targeting by homologous recombination as a biotechnological tool for rice functional genomics. (査読付き)
    担当区分 : 共著
    著者 : R. Terada, Y. Johzuka-Hisatomi, M. Saitoh, H. Asao, S. Iida
    誌名 : Plant Physiology
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 144(2) : 846 - 856
    出版年月 : 2007年06月
  • タイトル : Modification of endogenous natural genes by gene targeting in rice and other higher plants. (査読付き)
    担当区分 : 共著
    著者 : S. Iida, R.Terada
    誌名 : Plant Molecular Biology
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 59(1) : 205 - 219
    出版年月 : 2005年09月
  • タイトル : RecQ helicase enhances homologous recombination in plants. (査読付き)
    担当区分 : 共著
    著者 : HQ. Li, R. Terada, MR. Li, S.Iida
    誌名 : FEBS Letters
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 22(9) : 151 - 155
    出版年月 : 2004年08月
  • タイトル : A tale of two integrations, transgene and T-DNA: gene targeting by homologous recombination in rice. (査読付き)
    担当区分 : 共著
    著者 : S. Iida, R. Terada
    誌名 : Current Opinion in Biotechnology
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 15(2) : 132 - 138
    出版年月 : 2004年04月
  • タイトル : A large-scale Agrobacterium-mediated transformation procedure with a strong positive-negative selection for gene targeting in rice (Oryza sativa L.). (査読付き)
    担当区分 : 共著
    著者 : R. Terada, H. Asao, S. Iida
    誌名 : Plant Cell Reports
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 22(9) : 653 - 659
    出版年月 : 2004年04月
  • タイトル : Gene modification of an endogenous gene in rice plants.
    担当区分 : 共著
    著者 : R. Terada, S. Iida
    誌名 : Information Systems for Biotechnology (ISB) News Report2002 December
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 7 - 8
    出版年月 : 2002年12月
  • タイトル : Efficient gene targeting by homologous recombination in rice. (査読付き)
    担当区分 : 共著
    著者 : R.Terada, H. Urawa, Y. Inagaki, K. Tsugane, S. Iida
    誌名 : Nature Biotechnology
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 20(10) : 1030 - 1034
    出版年月 : 2002年10月
  • タイトル : Expression of early nodulin promoter gene in transgenic rice. (査読付き)
    担当区分 : 共著
    著者 : R.Terada, S. Ignacimuthu, P. Bauer, M. Schultze, A. Kondorosi, I. Potrykus, C. Sautter
    誌名 : Current Science
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 81(3) : 270 - 276
    出版年月 : 2001年08月
  • タイトル : Genetic transformation of rice. Current status and future prospects.(査読付き)
    担当区分 : 共著
    著者 : S.Ignacimuthu, S.Arockiasamy, R.Terada
    誌名 : Current Science.
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 79(2) : 186 - 195
    出版年月 : 2000年07月
  • タイトル : Antisense Waxy genes with highly active promoters effectively suppress Waxy gene expression in transgenic rice. (査読付き)
    担当区分 : 共著
    著者 : R. Terada, M. Nakajima, M. Isshiki, RJ. Okagaki, SR. Wessler, K. Shimamoto
    誌名 : Plant Cell Physiol
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 41(Issue 7) : 881 - 888
    出版年月 : 2000年06月
  • タイトル : Detection of firefly luciferase activity in rice callus using CCD camera. (査読付き)
    担当区分 : 共著
    著者 : S.Ignacimuthu, R.Terada, P.Jaiwal, C.Sautter, I.Potrykus
    誌名 : Indian Journal of Experimental Biology
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 36920 - 923
    出版年月 : 1998年09月
  • タイトル : Transposon tagging in rice. (査読付き)
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Izawa, T. Ohnishi, T. Nakano, N. Ishida, H. Enoki, H. Hashimoto, K. Itoh, R.Terada, C.Wu, C.Miyazaki, T.Endo, S.Iida, K.Shimamoto
    誌名 : Plant Molecular Biology
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 35(1−2) : 219 - 229
    出版年月 : 1997年09月
  • タイトル : Cooperation of two distinct cis-acting elements is necessary for the S phase-specific activation of the wheat histone H3 promoter. (査読付き)
    担当区分 : 共著
    著者 : N.Ohtsubo, T.Nakayama, H.Kaya, R.Terada, K.Shimamoto, T.Meshi
    誌名 : The Plant Journal
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 11(Issue 6) : 1219 - 1226
    出版年月 : 1997年06月
  • タイトル : A type I element composed of the hexamer (ACGTCA) and octamer (CGCGGATC) motifs plays a role(s) in meristematic expression of a wheat. (査読付き)
    担当区分 : 共著
    著者 : R.Terada, T.Nakayama, M.Iwabuchi, K.Shimamoto
    誌名 : Plant Molecular Biology
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 27(1) : 17 - 26
    出版年月 : 1995年01月
  • タイトル : Proximal promoter region of the wheat histone H3 gene confers S phase specific transcription in transformed rice cells. (査読付き)
    担当区分 : 共著
    著者 : N.Ohtsubo, T.Nakayama, R.Terada, K.Shimamoto, M.Iwabuchi
    誌名 : Plant Molecular Biology
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 23(3) : 553 - 565
    出版年月 : 1993年11月
  • タイトル : Trans-activation and stable integration of the maize transposable element Ds cotransfected with the Ac transposase gene in transgenic rice plants.(査読付き)
    担当区分 : 共著
    著者 : K.Shimamoto, C.Miyazaki, H.Hashimoto, T.Izawa, K.Itoh, R.Terada, Y.Inagaki, S.Iida
    誌名 : Molecular and General Genetics
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 239(3) : 354 - 360
    出版年月 : 1993年06月
  • タイトル : A wheat histone H3 promoter confers cell division-dependent and -independent expression of the GUS A gene in transgenic rice plants. (査読付き)
    担当区分 : 共著
    著者 : R.Terada, T.Nakayama, M. Iwabuchi, K.Shimamoto
    誌名 : The Plant Journal
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 3(Issue 2 ) : 241 - 252
    出版年月 : 1993年02月
  • タイトル : 学位論文(博士論文)ブラシカ属とイネのプロトプラストを用いた遺伝的修飾に関する研究Genetic Modificathon of Brassica and Rice Using Protoplast Culture.
    担当区分 : 単著
    著者 : 寺田理枝
    誌名 : 東北大学
    出版年月 : 1993年01月
  • タイトル : Introduction and transposition of the maize transposable element Ac in rice (Oryza sativa L.). (査読付き)
    担当区分 : 共著
    著者 : T.Izawa, C.Miyazaki, M. Yamamoto M, R.Terada, S.Iida, K. Shimamoto
    誌名 : Molecular and General Genetics
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 227(3) : 391 - 396
    出版年月 : 1991年07月
  • タイトル : イネへの外来遺伝子の導入と発現。
    担当区分 : 共著
    著者 : 寺田理枝、藤本英也、井澤 毅、経塚淳子、島本 功
    誌名 : 研究機関誌報告三菱化成工業株式会社 総合研究所(RESEARCH AND DEVELOPMENT REVIEW Vol.5 No.1)
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 5(1) : 76 - 84
    出版年月 : 1991年01月
  • タイトル : Expression of CaMV35S-GUS gene in transgenic rice plants. (査読付き)
    担当区分 : 共著
    著者 : R.Terada, K.Shimamoto
    誌名 : Molecular and General Genetics
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 220(3) : 389 - 392
    出版年月 : 1990年02月
  • タイトル : Fertile transgenic rice plants regenerated from transformed protoplasts.(査読付き)
    担当区分 : 共著
    著者 : K.Shimamoto, R.Terada, T.Izawa, H.Fujimoto 
    誌名 : Nature
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 338(16) : 274 - 276
    出版年月 : 1989年03月
  • タイトル : Asymmetric somatic hybrids of Brassica partial transfer of B.campestris genome into B.oleracea by cell fusion. (査読付き)
    担当区分 : 共著
    著者 : Y.Yamashita, R.Terada, S.Nishibayashi, K.Shimamoto
    誌名 : Theoretical And Applied Genetics
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 77(2) : 189 - 194
    出版年月 : 1989年02月
  • タイトル : Plantlet regeneration from somatic hybrids of rice (Oryza sativa L.) and barnyard grass (Echinochloa oryzicola Vasing).(査読付き)
    担当区分 : 共著
    著者 : R.Terada,J.Kyozuka,S.Nishibayashi,K.Shimamoto
    誌名 : Molecular and General Genetics
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 210(1) : 39 - 43
    出版年月 : 1987年11月
  • タイトル : ブラシカ属のプロトプラスト培養と細胞融合
    担当区分 : 共著
    著者 : 島本 功、寺田理枝、山下祐美子
    誌名 : 研究機関誌報告三菱化成工業株式会社 総合研究所(RESEARCH AND DEVELOPMENT REVIEW Vol.1 No.2)
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 1(2) : 54 - 61
    出版年月 : 1987年04月
  • タイトル : Brassica campestrisのプロトプラスト培養:植物材料の前処理効果。(査読付き)
    担当区分 : 単著
    著者 : 寺田理枝
    誌名 : 植物組織培養
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 4(1) : 43 - 44
    出版年月 : 1987年04月
  • タイトル : Somatic hybrids between Brassica oleracea and B.campestris: selection by the use of iodoacetamide inactivation and regeneration ability. (査読付き)
    担当区分 : 共著
    著者 : R.Terada, Y.Yamashita, S.Nishibayashi, K.Shimamoto
    誌名 : Theoretical And Applied Genetics
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 73(2) : 379 - 384
    出版年月 : 1987年02月
  • タイトル : Drosophila virilisの酸性ホスファターゼ・アロザイムの遺伝生化学的研究2-アロザイム活性の系統内変異-
    担当区分 : 共著
    著者 : 成瀬澄子、寺田理枝
    誌名 : 城西大学研究年報
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 6109 - 118
    出版年月 : 1982年03月

講演・口頭発表等

  • タイトル : イネ花成遺伝子のin-vivo発現解析を目指したノックインとノックアウトの三重改変
    担当区分 : 共著
    講演者 : 植家優紀、鈴木実、辻寛之、田岡健一郎、島本功、寺田理枝、島谷善平
    会議名 : 日本育種学会第131回講演会
    開催年月日 : 2017年03月29日
    主催者 : 日本育種学会
  • タイトル : いもち病耐性イネ育種のための自律的マーカー削除可能な標的遺伝子編集
    担当区分 : 共著
    講演者 : 鈴木実、植家優紀、河野洋治、島本功、荒川征夫、寺田理枝、島谷善平
    会議名 : 日本育種学会第131回講演会
    開催年月日 : 2017年03月29日
    主催者 : 日本育種学会
  • タイトル : Rapid and precise genome editing in rice by homologous recombination with autonomous marker gene elimination system.
    担当区分 : 共著
    講演者 : Shimatani Z, Kawano Y, Tsuji H, Taoka K, Ueke Y, Suzuki M, Shimamoto K, Terada R
    会議名 : Plant Genome Stability and Change 2016
    開催年月日 : 2016年07月07日
    主催者 : Plant Genome Stability and Change 2016年国際学会
  • タイトル : 異種β-アミリン酸化酵素遺伝子を過剰発現した組換え体イネにおける生理学的影響
    担当区分 : 共著
    講演者 : 内藤 優,島谷善平,青野裕子,平井宏太,寺田理枝,Anne Osbourn,關 光, 松島 良,能年義輝,豊田和弘,山本幹博,一瀬勇規, 稲垣善茂
    会議名 : 平成27年度日本植物生理学会例会
    開催年月日 : 2015年03月16日
    主催者 : 日本植物生理学会
  • タイトル : Towards improving the efficiency of rice genome-editing with 5-methylcytosine recognition module in TALEN system.
    担当区分 : 共著
    講演者 : Kaya,H., Numa, H., Saika, H., Shimatani,Z., Terada, R.and Y.Habu
    会議名 : 12th International Symposium on Rice Functional Genomics.
    開催年月日 : 2014年11月16日
    主催者 : Tucson, Arizona USA
  • タイトル : Efficient and Precise Gene Targeting by homologous in Rice
    担当区分 : 共著
    会議名 : Plant and Animal Genome XI Conference
    開催年月日 : 2003年01月10日
  • タイトル : Rice gene targeting: Present state and future perspectives.
    担当区分 : 共著
    講演者 : Terada R, Iida S
    開催年月日 : 2003年12月07日
  • タイトル : イネのターゲティングによるゲノム改変;相同組換え法の基礎と展望
    担当区分 : 共著
    講演者 : 寺田理枝・齊藤美保・定塚(久富)恵世・飯田 滋
    会議名 : 第27回日本分子生物学会
    ワークショップ
    開催年月日 : 2004年12月08日
    主催者 : 日本分子生物学会
    柳田 充弘
    (京都大学大学院生命科学研究科)
  • タイトル : The potential of rice gene targeting.
    担当区分 : 共著
    講演者 : Iida S, Terada R
    会議名 : The 1st International Symposium for Regional Innovation and Globalization of Gyeongbuk Bio-Industry
    開催年月日 : 2005年05月27日
  • タイトル : イネ・ターゲティングゲノム改変の進展;ポストゲノムの変異創出
    担当区分 : 単著
    講演者 : 寺田理枝
    会議名 : 奈良先端技術大学院大学バイオサイエンス研究科セミナー
    開催年月日 : 2008年06月10日
    主催者 : 奈良先端技術大学院大学バイオサイエンス研究科
    島本功教授
  • タイトル : Gene targeting by homologous recombination in rice.
    担当区分 : 共著
    講演者 : Rie Terada, Yasuyo Johzuka-Hisatomi, Miho Saitoh and Shigeru Iida
    開催年月日 : 2006年08月20日
  • タイトル : Efficient rice gene targeting towards novel molecular breeding.
    担当区分 : 単著
    講演者 : 寺田理枝
    会議名 : International Rice Research Institute (IRRI) Mini-symposium; The Future of Multigene & Targeted Gene Delivery in Crop Plants
    開催年月日 : 2009年05月11日
    主催者 : IRRI Plant Breeding Genetics and Biotechnology
  • タイトル : Rice gene targeting; a powerful tool for mutant creation in the post-genome sequence
    era.
    担当区分 : 単著
    講演者 : Rie Terada
    会議名 : 第3回名古屋大学GCOEリトリート
    開催年月日 : 2009年09月28日
    主催者 : 名古屋大学GCOE
  • タイトル : Efficient rice gene targeting; a powerful tool for novel molecular breeding.
    担当区分 : 単著
    講演者 : 寺田理枝
    会議名 : Japanese-German Symposium on Evolution and Development
    開催年月日 : 2009年08月25日
    主催者 : Max Plank Institute for Plant Breeding Research
  • タイトル : イネの遺伝子ターゲティング法の現状と展望-様々な遺伝子改変と今後の展開-
    担当区分 : 単著
    講演者 : 寺田 理枝
    会議名 : バイオマスとゲノム改築
    開催年月日 : 2011年05月31日
    主催者 : よこはまバイオマス研究会
    会長 西村 善文
  • タイトル : 遺伝子と仲良く暮らす;
    仕組みを知って考える“遺伝子組換えと農業の未来”
    担当区分 : 単著
    講演者 : 寺田 理枝
    会議名 : 平成23年度 農学部市民開放講座
    開催年月日 : 2011年08月18日
    主催者 : 名城大学 農学部
  • タイトル : 遺伝子機能解析と分子育種を推進するイネの遺伝子ターゲティング: 相同組換えが作り出す様々な変異イネ
    担当区分 : 共著
    講演者 : 島谷善平、寺田理枝
    会議名 : 日本遺伝学会第83回大会
    開催年月日 : 2011年09月21日
    主催者 : 日本遺伝学会
    ワークショップ/オーガナイザー
    木下哲 寺田理枝
  • タイトル : ジーンターゲティングにより作成したOsMADS15-mOrangeトランスジェニックイネの解析
    担当区分 : 共著
    講演者 : 松本彩奈、島谷善平、辻寛之、寺田理枝、島本功
    会議名 : 第35回日本分子生物学会年会
    開催年月日 : 2012年12月11日
    主催者 : 日本分子生物学会
  • タイトル : 植物ゲノム編集技術としての遺伝子ターゲティング:技術の現状とイネ耐病性関連遺伝子OsRac1の恒常活性化改変
    担当区分 : 共著
    講演者 : 島谷 善平, 寺田 理枝, Thu Thi Dang, 河野 洋治,
    辻 寛之 , 田岡 健一郎 , 島本 功
    会議名 : 第125回日本育種学会仙台
    開催年月日 : 2014年03月21日
    主催者 : 日本育種学会

その他の研究業績

  • タイトル : 日本学術振興会審査員
  • タイトル : 第7回よこはまバイオマス研究会「バイオマスとゲノム改築」 講師イネの遺伝子ターゲティング法の現状と展望-様々な遺伝子改変と今後の展開- (再掲)
    担当区分 : 単著
    著者 : 寺田理枝
    誌名 : 理化学研究所横浜研究所 交流棟ホール
    出版年月 : 2011年05月
  • タイトル : 名古屋大学グローバルCOE 講師「システム生命科学の展開:生命機能の設計」第3 回リトリート-研究のデザインとアプローチ-(再掲)
    担当区分 : 単著
    著者 : 寺田理枝
    誌名 : 鈴鹿フラワーガーデン
    出版年月 : 2009年09月
  • タイトル : セミナー講義; Effective rice gene targeting; generation of various mutants in the post-genome sequence era(再掲)
    担当区分 : 単著
    著者 : 寺田理枝
    誌名 : 奈良先端科学技術大学院大学・一般公開セミナー
    出版年月 : 2009年09月
  • タイトル : 高頻度イネ遺伝子ターゲティング法による耐病性遺伝子OsRac1のアミノ酸置換改変
    担当区分 : 共著
    著者 : 寺田 理枝、島谷 善平、川崎 努、森藤 暁、島本 功
    誌名 : 第116回日本育種学会大会要旨集(於 北海道大学)
    出版年月 : 2009年09月
  • タイトル : 基礎生物学研究所 - マックス・プランク植物育種学研究所(MPIZ)第一回植物科学合同シンポジウムEfficient rice gene targeting; a powerful tool for novel molecular breeding(再掲)
    担当区分 : 単著
    著者 : R.Terada
    誌名 : マックス・プランク植物育種学研究所ケルン、ドイツ
    出版年月 : 2009年08月
  • タイトル : 国際ミニシンポジウム招待講演Efficient rice gene targeting towards novel molecular breeding(再掲)
    担当区分 : 単著
    著者 : R.Terada
    誌名 : Mini-symposium; The Future of Multigene & Targeted Gene Delivery in Crop Plants: International Rice Research Institute Plant Breeding Genetics and Biotechnology Los Banos, Laguna, Philippines
    出版年月 : 2009年05月
  • タイトル : 植物ゲノム科学事典
    担当区分 : 共著
    著者 : 寺田理枝
    誌名 : 朝倉書店
    出版年月 : 2008年12月
  • タイトル : 学会発表相同組換えによる遺伝子ターゲティングを用いたイネOsROS1a 遺伝子の機能解析
    担当区分 : 共著
    著者 : 小野明美,山口勝司,定塚(久富)恵世,寺田理枝,飯田滋(基礎生物学研究所)
    誌名 : 第80回日本遺伝学会大会要旨集(於 名古屋大学)
    出版年月 : 2008年09月
  • タイトル : セミナー講演イネ・ターゲティングゲノム改変の進展;ポストゲノムの変異創出(再掲)
    担当区分 : 単著
    著者 : 寺田理枝
    誌名 : 奈良先端科学技術大学院大学・一般公開セミナー
    出版年月 : 2008年06月
  • タイトル : セミナー講演イネの標的遺伝子改変法; Waxyターゲティングからの展開(再掲)
    担当区分 : 単著
    著者 : 寺田理枝
    誌名 : 第24回生命科学若手セミナー(於 静岡大学)
    出版年月 : 2008年05月
  • タイトル : 学会発表相同組換えを用いた遺伝子ターゲティング法によるイネDNAメチル化酵素遺伝子OsDRM1aの改変体の作出と表現型の解析
    担当区分 : 共著
    著者 : 森藤 暁・寺田理枝・定塚(久富)恵世・C.Eun・飯田 滋
    誌名 : 第113回日本育種学会大会要旨集(於 明治大学)
    出版年月 : 2008年03月
  • タイトル : イネのDart系トランスポゾンのイネおよびシロイヌナズナへの形質転換と転移
    担当区分 : 共著
    著者 : 島谷善平・前川 雅彦・C.Eun・高木恭子・寺田理枝・栂根一夫・飯田 滋
    誌名 : 第113回日本育種学会大会要旨集(於 明治大学)
    出版年月 : 2008年03月
  • タイトル : 学会発表普遍的イネ・ターゲティング法の確立と展望.
    担当区分 : 共著
    著者 : 寺田理枝・定塚(久富)恵世・森藤 曉・山口勝司・山内卓貴・中村郁郎・飯田 滋
    誌名 : 第112回日本育種学会大会要旨集(於 山形大学)
    出版年月 : 2007年09月
  • タイトル : 学会発表相同組換えを介したイネの遺伝子ターゲティングによるノックイン改変体の作出と標的遺伝子の発現解析.
    担当区分 : 共著
    著者 : 山内卓樹・寺田理枝・定塚(久富)恵世・森藤 曉・中村郁郎・飯田 滋
    誌名 : 第48回日本植物生理学会大会要旨集(於 愛媛大学)
    出版年月 : 2007年03月
  • タイトル : 学会発表遺伝子ターゲティングによるイネ重複遺伝子の個別改変と変異体の遺伝形質の解析.
    担当区分 : 共著
    著者 : 山口勝司・小野明美・定塚(久富)恵世・寺田理枝・飯田滋
    誌名 : 第48回日本植物生理学会大会要旨集(於 愛媛大学)
    出版年月 : 2007年03月
  • タイトル : 学会発表相同組換えを用いた遺伝子ターゲティング法によるイネDNAメチル化酵素遺伝子OsDRM1aの破壊と解析
    担当区分 : 共著
    著者 : 森藤 暁・山口勝司・定塚恵世・寺田理枝・飯田 滋
    誌名 : 第48回日本植物生理学会大会要旨集(於 愛媛大学)
    出版年月 : 2007年03月
  • タイトル : 学会発表遺伝子ターゲティングに係わる組換え過程の分子機構.
    担当区分 : 共著
    著者 : 定塚恵世・寺田理枝・飯田 滋
    誌名 : 第48回日本植物生理学会大会要旨集(於 愛媛大学)
    出版年月 : 2007年03月
  • タイトル : 学会発表ポジティブ・ネガティブ選抜を用いたイネの普遍的遺伝子ターゲティング法の確立
    担当区分 : 共著
    著者 : 寺田理枝、・定塚(久富)恵世・森藤 曉・山口勝司 ・山内卓樹・姜 恭好・薺藤美保 ・中園幹生 ・薺藤美保 ・中園幹生 ・飯田 飯
    誌名 : 第48回日本植物生理学会大会要旨集(於 愛媛大学)
    出版年月 : 2007年03月
  • タイトル : ワークショップ招待講演Gene targeting of two closely located Alcohol dehydrogenase (Adh) genes in rice. (再掲)
    担当区分 : 共著
    著者 : R.Terada, Y. Johzuka-Hisatomi, M. Saitoh, S. Iida
    誌名 : 8th International Congress of Plant Molecular Biology(於 Adelaide Australia)
    出版年月 : 2006年08月
  • タイトル : 学会発表Cre/loxP部位特異的組換えを用いたイネのWaxyターゲット領域の改変.
    担当区分 : 共著
    著者 : 寺田理枝、長原美樹、古川和彦、齊藤(花岡)美保、飯田 滋
    誌名 : 第107;108 回日本育種学会大会要旨集(於 筑波大学)
    出版年月 : 2005年08月
  • タイトル : シンポジウム招待講演‘The potential of rice gene targeting. (再掲)
    担当区分 : 単著
    著者 : R.Terada
    誌名 : The 1st International Symposium for Regional Innovation and Globalization of Gyeongbuk Institute for Bio Industry (GIB) (於 Andong National University, Andong City, Korea)
    出版年月 : 2005年05月
  • タイトル : 学会発表イネアルコール脱水素酵素遺伝子のターゲティング改変と相同組換えの特徴.
    担当区分 : 共著
    著者 : 寺田理枝、定塚(久富)恵世、齋藤美保、飯田滋
    誌名 : 第46回日本植物生理学会大会要旨集(於 新潟;朱鷺メッセ)
    出版年月 : 2005年03月
  • タイトル : ワークショップ講演イネの遺伝子ターゲティング; 現状とT-DNAによる相同組換え(再掲)
    担当区分 : 共著
    著者 : 寺田理枝、定塚(久富)恵世、齊藤 美保、 飯田 滋
    誌名 : 第27回日本分子生物学会要旨集(於 神戸)
    出版年月 : 2004年12月
  • タイトル : 学会発表相同組換えによるイネのアルコール脱水素酵素遺伝子のターゲティング
    担当区分 : 共著
    著者 : 寺田理枝、定塚(久富)恵世、齋藤美保、飯田滋
    誌名 : 第76回日本遺伝学会大会要旨集(於 大阪大学)
    出版年月 : 2004年09月
  • タイトル : 招待講演イネのターゲティングによるゲノム改変;相同組換え法の基礎と展望(再掲)
    担当区分 : 単著
    著者 : 寺田理枝
    誌名 : 第22回日本植物細胞分子生物学会大会要旨集(於 秋田県立大)
    出版年月 : 2004年08月
  • タイトル : 学会発表イネの相同組換えによるゲノム改変:Adh1 とAdh2の遺伝子破壊.
    担当区分 : 共著
    著者 : 寺田理枝・齊藤美保・定塚(久富)恵世・飯田滋
    誌名 : 第105 回日本育種学会大会要旨集(於 東京大学)
    出版年月 : 2004年03月
  • タイトル : 学会発表イネ・アルコール脱水素酵素遺伝子Adh2の相同組換えによるターゲティング
    担当区分 : 共著
    著者 : 齋藤美保・定塚(久富)恵世・寺田理枝・飯田 滋
    誌名 : 第45回日本植物生理学会要旨集(於 東京都立大学)
    出版年月 : 2004年03月
  • タイトル : 学会発表イネの遺伝子ターゲティングの汎用化:アルコール脱水素酵素遺伝子の改変.
    担当区分 : 共著
    著者 : 寺田理枝・定塚恵世・齋藤美保・飯田 滋
    誌名 : 第45回日本植物生理学会要旨集(於 東京都立大学)
    出版年月 : 2004年03月
  • タイトル : 研修講演大規模アグロバクテリウム形質転換法と強力なポジティブ・ネガティブ選抜法を基盤としたイネの遺伝子ターゲティング法の開発(再掲)
    担当区分 : 単著
    著者 : 寺田理枝
    誌名 : 岡崎国立共同研究機構、第15回生物学技術研究会および第26回生理学技術研究会要旨集(於 岡崎コンファレンスセンター)
    出版年月 : 2004年02月
  • タイトル : 招待講演Rice gene targeting: Present state and future perspectives.(再掲)
    担当区分 : 共著
    著者 : R.Terada, S.Iida
    誌名 : 10th FAOBMB Congress, (於 Bangalore, India)
    出版年月 : 2003年12月
  • タイトル : ワークショップ講演Precise Gene Modification by Somatic Homologous Recombination as a Powerful Reverse Genetics in Rice(再掲)
    担当区分 : 共著
    著者 : R.Terada, S.Iida
    誌名 : 第74回日本遺伝学会大会要旨集(於 九州大学)
    出版年月 : 2003年09月
  • タイトル : 招待講演相同組換えを介したイネ・ターゲティング法の開発と効率化(再掲)
    担当区分 : 単著
    著者 : 寺田理枝
    誌名 : 第21回日本植物細胞分子生物学会大会MATベクター研究会(於 香川県県民ホール)
    出版年月 : 2003年08月
  • タイトル : 学会発表イネWaxy遺伝子のターゲティングにおける相同組換え領域の解析
    担当区分 : 共著
    著者 : 寺田理枝・栂根一夫・飯田滋
    誌名 : 第44回日本植物生理学会大会要旨集(於 近畿大学)
    出版年月 : 2003年03月
  • タイトル : ワークショップ招待講演Rice Gene Targeting: Efficient and precise modification of the Waxy gene.(再掲)
    担当区分 : 共著
    著者 : R.Terada, S. Iida
    誌名 : XII Conference Plant and Animal Genome 要旨集 (於San Diego, CA. USA)
    出版年月 : 2003年01月

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2011年08月 遺伝子と仲良く暮らす;仕組みを知って考える “遺伝子組換えと農業の未来”名城大学 農学部 市民開放講座 「食の安全・安心」
  • 2011年11月 「イネから学ぶ遺伝子の可能性」半田東高校 出前講座
  • 2017年08月 講師:担当「2.葉の表皮構造に関わるメンデル遺伝の実験」 平成29年度 第61回農業実験実習講習会案内 (公益財団法人全国学校農場協会)8月 21 日(月)-8 月 25 日(金) 名城大学 農学部

その他の社会貢献業績(国際貢献、産業支援等)

  • 2015年02月 - マスコミ掲載:サイエンスポータルhttp://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2015/02/20150212_01.html
  • 2017年03月 - 中日新聞朝刊4面;遺伝子を狙い通りに書き換える「ゲノム編集」によって、イネやトマトの性質を変えることに成功したと名城大や神戸大などのチームが27日付の英科学誌電子版に発表した。 チームは今後、収穫量の多いイネや栄養価の高いトマトの開発などに取り組みたい考え。寺田理枝・名城大教授は「ゲノム編集を使えば、掛け合わせでは10年以上かかる品種改良が、1、2年で可能になる」とコメント。


ページのTOPへ