教員情報

宮崎 新
ミヤザキ アラタ
外国語学部 国際英語学科
准教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    男性

学歴

  • 1998年04月, 2002年03月, 神田外語大学, 外国語学部, 英米語学科, 日本, 卒業
  • 2004年09月, 2006年08月, 米国ミシガン州ウェイン州立大学大学院, コミュニケーション学研究科, コミュニケーション学専攻, コミュニケーション学修士, アメリカ合衆国, 修了
  • 2006年09月, 2012年05月, 米国ミシガン州ウェイン州立大学大学院, コミュニケーション学研究科, コミュニケーション学専攻, コミュニケーション学博士, アメリカ合衆国, 修了

職歴

  • 2007年01月, 2010年12月, ウェイン州立大学大学院, コミュニケーション学研究科, 大学院生ティーチングアシスタント, (科目名:Oral Communication: Basic Speech/全学生必修のパブリック・スピーキングの実践を主としたコミュニケーション基礎科目を担当した)
  • 2011年01月, 2011年08月, ウェイン州立大学大学院, コミュニケーション学研究科, 非常勤講師, (科目名:Oral Communication: Basic Speech、Intro to Film Studies)
  • 2011年09月, 2012年03月, 神田外語大学, 外国語学部英米語学科, 非常勤講師, (科目名:日本語ディベート/ディベートを通して資料調査、論理的・批判的思考能力向上、口頭発表の実践:英語パブリック・スピーキング/英語による3種類〔自己紹介・情報提供・説得〕のスピーチ実践)
  • 2013年04月, 2014年03月, 椙山女学園大学, 国際言語コミュニケーション学科, 非常勤講師, (科目名:コミュニケーション論)
  • 2012年04月, 2016年03月, 名古屋外国語大学, 外国語学部英米語学科, 外国語担当専任講師, (科目名:General English、Core English、Writing、Discussion、Conversation:EFL、外国人教員チームの一員として業務全般、講義、教室内外の学生とのコミュニケーションを英語で遂行している。)

受賞学術賞

  • 2009年08月
    ウェイン州立大学コミュニケーション学研究科
    ティーチングアワード
    (優秀な大学院生ティーチングアシスタントとしての功績について)

現在所属している学会

  • 日本コミュニケーション学会
  • 全米コミュニケーション学会

学会

  • 2002年04月, 日本コミュニケーション学会(Japan Communication Association)会員
  • 2004年09月, 全米コミュニケーション学会(National Communication Association)会員

研究活動

研究分野

  • その他, コミュニケーション学

研究キーワード

  • コミュニケーション
  • ニューメディア
  • 英語コミュニケーション
  • スピーチ・プレゼンテーション
  • ナラティブ
  • 批判的アプローチ
  • 自己・アイデンティティ

利用分野または製品

  • コミュニケーション学

著書

  • グローバル社会のコミュニケーション学入門
    藤巻光浩・宮崎新編
    ひつじ書房
    2019年
    978-4-89476-974-8
    共編著
    はじめに 「コミュニケーション」について学ぶこと Chapter 1 コミュニケーション学理解のための基本表現 Chapter 2 ことば・わたし・せかい Chapter 9 ソーシャル・メディアと対人関係
  • グローバル社会における異文化コミュニケーション ―身近な「異」から考える
    池田理知子 編著 / 塙幸枝 編著 / 青沼智 著 / 宮崎新 著 / 神戸直樹 著 / 石黒武人 著 / 鳥越千絵 著 / 師岡淳也 著 / 河合優子 著
    三修社
    2019年04月10日
    978-4-384-05937-3
    共著
    第7章 英語という言語選択:外国語を学ぶ意味 1.英語を学ぶなかでの違和感 2.外国語は英語 3.英語“で”コミュニケーション 4.英語を学ぶわたし 5.「異文化実践」としての外国語学習
  • Teaching Ideas for the Basic Communication Course(第12巻)
    編著者:フーゲンベルクB.・フーゲンベルクL. W.(Hugenberg, B., & Hugenberg, L. W.)、共著者:宮崎新、田島慎朗 
    Great River Technologies
    2009年
    共著
    第2章 Unit: II Speaking Informatively/ Interviewing your friends, discovering otherness: Audience analysis assignment for public speaking.(P67~P74)
  • COM 1010 Course Supplement: Items to Aid in Student Success (6th Ed)
    編著者:サンドラ・ペンセノコンウェイ(Sandra-Pensoneau-Conway)
    Plymouth: Hayden-McNeil
    2010年
    共著
    第4章 Speech 2: Informative Speech(P65~P94)

学術論文

  • 外国語大学におけるコミュニケーション教育-外国語教育における「コミュニケーション」の意義から-
    共著
    宮崎新、田島慎朗
    日本コミュニケーション学会第43回年次大会プロシーディングス.
    38, 39
    2013年06月
  • Facing with non-nativeness while teaching: Enacting voices of international teaching assistants of basic communication courses.(査読付)
    共著
    宮崎新、山田かおり
    Basic Communication Course Annual
    25, 246, 283
    2013年
  • Seeking an alternative way of teaching: Narrative style in “introduction to communication” textbooks.
    共著
    田島慎朗、宮崎新
    議論学国際学術会議第4回大会プロシーディングス
    113, 119
    2012年08月
  • Becoming a functioning member of the collegiate culture: How cellphone communication affects first-year college students’ self and identity in college transition.(博士論文)
    単著
    宮崎 新
    ウェイン州立大学大学院コミュニケーション学研究科博士論文
    ウェイン州立大学
    2012年05月
  • In Defense of Wikipedia 2.0: Wikipedia as a researching/teaching resource in college basic courses.
    共著
    田島慎朗、宮崎新
    Eラーニング学会プロシーディングス
    2097, 2102
    2011年10月
  • Re-making cross-cultural re-presentations: “Foreign” + “Hollywood” Films = New Learning Opportunities.(査読付)
    共著
    宮崎新、スンミ・ハン、カレン・マクデヴィット
    International Journal of Arts and Sciences
    4, 24, 275, 294
    2011年
  • Interrelationships among information communication technologies, people, and a society: Alternative perspective for the next decade.
    単著
    宮崎 新
    第38回日本コミュニケーション学会年次大会プロシーディングス
    58, 59
    2008年06月

社会活動

その他の社会貢献業績(国際貢献、産業支援等)

  • 2009年05月, ソーシャルメディアに関する講演を、ウェイン州立大学大学院コミュニケーション研究科代表としてデトロイト市警察署(Detroit Police Academy)にて実施した。(共講演者:カレン・マクデヴィット、アンジェラ・ウィンフィールド)
  • 2010年10月, デトロイト美術博物館(Detroit Film Theatre/ Detroit Institute of Arts)にて、日本映画「Still Walking」(邦題:歩いても歩いても)の上映にあたり出前講義講師として日本文化について講演をおこなった。(共講演者:カレン・マクデヴィット)


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.