教員情報

新妻 靖章
ニイヅマ ヤスアキ
農学部 生物環境科学科
教授
Last Updated :2019/03/15

基本情報

プロフィール

    男性

大学院その他

  • 農学研究科 農学専攻, 准教授

学歴

  • 1999年03月, 北海道大学大学院, 農学研究科, 農業生物学専攻博士課程, 単位取得退学
  • 1999年12月,  

現在所属している学会

  • 日本鳥学会
  • 日本生態学会
  • 日本野生生物保護学会
  • Pacific Seabird Group
  • 日本哺乳類学会

研究活動

研究分野

  • その他, 動物生理生態学
  • 生態・環境, 動物生態学

教育研究への取り組み・抱負

    学生の理解が向上するようはげんでいる

著書

  • 南極・北極大百科図鑑
    デイヴィッド・マクゴニガル, リン・ウッドワース著,逸見一葉, 上野 健, 小野延雄, 加藤明子, 楠宏, 佐野雅史, 内藤靖彦, 新妻靖章, 三谷容子, 森脇喜一
    東洋書林
    2005年03月
    共訳
    pp. 280-323

学術論文

  • Mercury contents of the tissues and feathers of Black-tailed Gulls on Kabushima (Kabu Island), Aomori, Japan.
    共著
    Goto R, Ohura T, Mizutani Y, Niizuma Y
    Ornithological Science
    17, 113, 118
    2018年
  • A seven-year longitudinal study on the food habits of the Asiatic black bear (Ursus thibetanus) in relation to mast production in Shirakawa Village, Gifu Prefecture, Japan.
    共著
    Mori T, Sugiura R, Kato M, Kato H, Niizuma Y
    Mammal Study
    43, 81, 90
    2018年
  • High resting metabolic rates with low thermal dependence induce active dives in overwintering Pacific juvenile loggerhead turtles.
    共著
    Kinoshita C, Fukuoka T, Niizuma Y, Narazaki T, Sato K
    J Exp Biol
    2018年
  • How Do Growth and Sibling Competition Affect Telomere Dynamics in the First Month of Life of Long-Lived Seabird?
    共著
    Mizutani Y, Niizuma Y, Yoda K.
    PLoS ONE
    11, e0167261
    2016年
  • Applicability of a single-sample approach for doubly labelled water method to Streaked Shearwater (Calonectris leucomelas).
    Yasuaki NIIZUMA and Masaki SHIRAI
    Ornithological Science
    14, 21, 28
    2015年
  • Effects of Tsunami flooding on ornithogenic nitrogen in soils under breeding colony of Black-tailed Gulls.
    共著
    Kazama K, Murano H, Tomita N, Hosoda A, Niizuma Y, and Mizota C.
    Ornithol Sci
    14, 29, 39
    2015年
  • Relationship between non-breeding migratory movements and stable isotopes of nitrogen and carbon from primary feathers in Black-tailed Gull Larus crassirostris.
    Tomita N, Mizutani Y, Trathan PN, Niizuma Y (2015)
    Ornithological Science
    14, 3, 11
    2015年
  • Migratory movements of rhinoceros auklets in the northwestern Pacific: connecting seasonal productivities.
    Takahashi A, Ito M, Suzuki Y, Watanuki Y, Thiebot J-B, Yamamoto T, Iida T, Trathan P, Niizuma Y, Kuwae T
    Mar Ecol Prog Ser
    525, 229, 243
    2015年
  • Mercury concentrations in primary feathers reflect pollutant exposure in discrete non-breeding grounds used by Short-tailed Shearwaters.
    共著
    Watanuki Y, Yamamoto T, Yamashita A, Ishii C, Ikenaka Y, Nakayama SMM, Ishizuka M, Suzuki Y, Niizuma Y, Meathrel CE, Phillips RA
    J Ornithol
    156, 847, 850
    2015年
  • イカナゴとオキアミを給餌したウトウ雛の消化率と成長.
    共著
    粂佑奈・新妻靖章・風間健太郎・伊藤元裕・山下麗・綿貫豊
    日鳥学誌
    64, 219, 226
    2015年
  • Estimation of metabolic rate from activity measured by recorders deployed on Japanese sea bass Lateolabrax japonicus.
    共著
    Mori T, Miyata N, Aoyama J, Niizuma Y, Sato K
    Fisheries Science
    81, 871, 882
    2015年
  • Nutritional Composition and Energetic values of Diet of Great Cormorant.
    共著
    Yasuaki Niizuma, Kenji Tsuchiya, Hitomi Kume, Toru Beesyo and Kentaro Kazama
    Journal of Yamashina Institute for Ornithology (in press)
    2014年
  • ウトウの卵容積には餌の栄養段階ではなく親の栄養状態が影響する.
    共著
    鈴木優也,伊藤元裕,風間健太郎,新妻靖章,綿貫豊
    日本鳥学会誌
    63, 279, 287
    2014年
  • Input of seabird-derived nitrogen into rice-paddy fields near a breeding/roosting colony of the Great Cormorant (Phalacrocorax carbo), and its effects on wild grass.
    共著
    Kazama K, Murano H, Tsuzuki K, Fujii H, Niizuma Y, Mizota C.
    Applied Geochemistry 
    28, 128, 134
    2013年
  • Effect of ambient air-temperature on food intake of captive sub-adult Great Cormorants Phalacrocorax carbo hanedae.
    共著
    Kazama K, Iwamoto MT, Hori Y, Niizuma Y.
    Journal of Yamashina Institute for Ornithology 
    45, 46, 52
    2013年
  • 中部地域におけるカワウの育雛期の食性の繁殖地および年による違い
    共著
    土屋健児・風間健太郎・井上裕紀子・藤井英紀・新妻靖章
    日本鳥学会誌
    62, 57, 63
    2013年
  • Sexual Size Dimorphism in Streaked Shearwaters (Calonectris leucomelas).
    共著
    Shirai M, Niizuma Y, Tsuchiya K, Yamamoto M, Oka N.
    Ornithological Science
    12, 57, 62
    2013年
  • Basal metabolic rate of Rhinoceros Auklets Cerorhinca monocerata by measuring a respirometric method.
    共著
    Shirai M, Ito M. Yoda K, Y Niizuma
    Marine Ornithology (in press)
    2013年
  • Movements and activities of four male Black-tailed Gulls in breeding and sabbatical years.
    共著
    Kentaro KAZAMA, Kazuhiko HIRATA, Takashi YAMAMOTO, Hiroshi HASHIMOTO, Akinori TAKAHASHI, Yasuaki NIIZUMA, Philip N. TRATHAN and Yutaka WATANUKI.
    Journal of Avian Biology
    44, 603, 608
    2013年
  • Environmental perturbations influence telomere dynamics in long-lived birds in their natural habitat
    共著
    Yuichi Mizutani, Naoki Tomita, Yasuaki Niizuma, Ken Yoda
    Biology Letter
    2013年
  • Factors affecting individual variation in nest defense intensity in colonially breeding Black-tailed Gulls.
    共著
    Kazam K, Niizuma Y, Sakamoto KQ, Watanuki Y
    Canadian Journal of Zoology
    89, 938, 944
    2012年
  • Consistent individual variation in aggressiveness and behavioral syndrome across breeding contexts in changing environment in the Black-tailed Gull
    共著
    Kentaro Kazama, Yasuaki Niizuma, Yutaka Watanuki
    Journal of Ethology
    30, 279, 288
    2012年
  • 沿岸と内陸におけるカワウの産卵開始時期とその同調度合い.
    共著
    井上裕紀子・藤井英紀・黒木博文・土屋健児・新妻靖章・綿貫豊
    日本鳥学会誌 
    61, 6, 16
    2012年
  • Basal and field metabolic rates of Streaked Shearwater during chick-rearing period.
    共著
    Shirai M, Yamamoto M, Ebine N, Yamamoto T, Trathan P, Yoda K, Oka N, Niizuma Y
    Ornithological Science
    11, 47, 55
    2012年
  • Spatio-temporal responses of black-tailed gulls to natural and anthropogenic food resources.
    共著
    Yoda K, Tomita N, Mizutani Y, Narita A, Niizuma Y.
    Marine Ecology Progress Series
    466, 249, 259
    2012年
  • Occurrence Patterns of Intra-Specific Kleptoparasitism, Chick-Attack, and Chick Adoption in Black-tailed Gulls (Larus crassirostris).
    共著
    Kazama K, Niizuma Y, Watanuki Y.
    Waterbirds
    35, 599, 607
    2012年
  • Applicability of the doubly labelled water method to the rhinoceros auklet, Cerorhinca monocerata.
    共著
    Shirai M, Ito M, Yoda K, Niizuma Y
    Biology Open
    1, 1141, 1145
    2012年
  • Prey resources used for producing egg yolks in four species of seabirds: insight from stable-isotope ratio.
    共著
    Ito M, Kazama K, Niizuma Y, Minami H, Tanaka Y, Watanuki Y
    Ornithological Science
    11, 113, 119
    2012年
  • Influence of Local Wind Conditions on the Flight Speed of the Great Cormorant Phalacrocorax carbo.
    共著
    Yoda K, Tajima T, Sasaki S, Sato K, Niizuma Y.
    International Journal of Zoology (Article ID 187102, 7p)
    2012, 7
    2012年
  • Nematomorph parasites drive energy flow through a riparian ecosystem.
    共著
    Takuya Sato, Katsutoshi Watanabe, Minoru Kanaiwa, Yasuaki Niizuma, Yasushi Harada, Kevin Lafferty.
    Ecology
    92, 201, 207
    2011年
  • 海鳥のモニタリングのための海岸漂着海鳥調査と海上センサス
    共著
    風間健太郎・伊藤元裕・富田直樹・新妻靖章
    日本鳥学会誌
    60, 12, 18
    2011年
  • Testosterone and breeding behavior in male Black-tailed Gulls: an implant experiment.
    共著
    Kentaro KAZAMA, Kentaro Q. SAKAMOTO, Yasuaki NIIZUMA, and Yutaka WATANUKI
    Ornithological Science
    10, 13, 19
    2011年
  • Intra- and inter-clutch variation in maternal yolk testosterone level in the Black-tailed Gulls Larus crassirostris.
    共著
    Naoki TOMITA, Kentaro KAZAMA, Hidetsugu SAKAI, Megumi SATO, Atsushi SAITO, Masaoki TAKAGI, Yasuaki NIIZUMA.
    Ornithological Science
    10, 21, 25
    2011年
  • Oxygen store and diving capacity of Rhinoceros Auklet Cerorhinca monocerata.
    共著
    Maki YAMAMOTO, Akiko KATO, Yasuaki NIIZUMA, Yutaka WATANUKI, and Yasuhiko NAITO.
    Ornithological Science
    10, 27, 34
    2011年
  • Relationship between body water and lipid in three seabird species, Leach’s Storm-Petrels, Rhinoceros Auklets and Black-Tailed Gulls.
    単著
    Yasauki NIIZUMA
    Ornithological Science
    10, 35, 38
    2011年
  • Nest intrusion and infanticidal attack on nestlings in great cormorants Phalacrocorax carbo: why do adults attack conspecific chicks?
    共著
    Yukiko Inoue, Ken Yoda, Hidenori Fujii, Hirofumi Kuroki, Yasuaki Niizuma
    Journal of Ethology
    28, 221, 230
    2010年
  • ウミガラスの生理生態学:体温変化と潜水行動の関係を探る.
    単著
    新妻靖章
    日本鳥学会誌 
    59, 31, 37
    2010年
  • 海洋環境モニタリングにおける海鳥の役割と保全.
    共著
    風間健太郎,伊藤元裕,新妻靖章,桜井泰憲,高田秀重,William J. Sydeman, John P. Croxall,綿貫豊 
    日本鳥学会誌 
    59, 38, 54
    2010年
  • 青森県蕪島におけるウミネコ成鳥の殺傷死体の発見.
    共著
    富田直樹,水谷友一,藤井英紀,杉浦里奈,柳井徳麿,淺野玄,新妻靖章
    日本鳥学会誌 
    59, 80, 83
    2010年
  • Experimental study of the effect of clutch size on nest defense intensity in Black-tailed Gulls.
    共著
    Kazama K, Niizuma Y, and Watanuki Y.
    Ornithological Science 
    9, 93, 100
    2010年
  • Effect of interannual variations in sea-surface temperature on egg-laying parameters of black-tailed gulls (Larus crassirostris) at Teuri Island, Japan.
    共著
    Naoki Tomita, Yasuaki Niizuma, Masaoki Takagi, Motohiro Ito, Yutaka Watanuki
    Ecological Research
    24, 157, 162
    2009年
  • ウミネコにおけるテロメア長と年令の関係.
    共著
    水谷友一,富田直樹,風間健太郎,高橋弘樹,長谷川理,新妻靖章
    日本鳥学会誌.
    58, 192, 195
    2009年
  • 愛知県二地域におけるカワウの食性.
    共著
    佐藤真衣, 井上裕紀子, 石垣麻美子, 山脇諒子, 中川靖大, 新妻靖章
    日本鳥学会誌.
    58, 196, 200
    2009年
  • Brünnich’s guillemots (Uria lomvia) maintain high temperature in the body core during dives.
    共著
    Yasuaki Niizuma, Geir W. Gabrielsen, Katsufumi Sato, Yutaka Watanuki, and Yasuhiko Naito
    Comparative Biochemistry and Physiology A.
    147, 438, 444
    2007年03月
  • 愛知県内に生息するカワウの甲状腺に見られる組織学的変化.
    共著
    中川靖大,新妻靖章
    日本鳥学会誌
    55, 88, 89
    2006年09月
  • メダカ Oryzias latipes における雄の鰭の損傷による産卵数および受精率の低下-外来種カダヤシ Gambusia affinis が与える繁殖への潜在的影響-.
    共著
    伊藤珠央,小関右介,新妻靖章
    野生生物保護
    10, 1, 7
    2006年07月
  • Resource allocation in fledglings of the rhinoceros auklet under different feeding conditions: an experiment manipulating meal size and frequency.
    共著
    Makiko Takenaka, Yasuaki Niizuma, and Yutaka Watanuki
    Canadian Journal Zoology.
    83, 1476, 1485
    2005年09月
  • Incubation capacity limits maximum clutch size in black-tailed gulls Larus crassirostris.
    共著
    Yasuaki Niizuma, Masaoki Takagi, Mayu Senda, Michiyo Chochi and Yutaka Watanuki
    Journal of Avian Biology.
    36, 421, 427
    2005年05月
  • 利尻島で繁殖するオオセグロカモメの外部計測値の性的二型.
    共著
    新妻靖章,井関健一
    Strix
    23, 131, 135
    2005年03月
  • Assimilation efficiency of rhinoceros auklet, Cerorhinca monocerata, chicks fed Japanese anchovy, Engraulis japonicus, and Japanese sand lance, Ammodytes personatus.
    共著
    Yasuaki Niizuma, Orio Yamamura
    Comparative Biochemistry and Physiology
    A.139, 97, 101
    2004年09月
  • Interannual variations of the occurrence of epipelagic fish in the diets of the seabirds breeding on Teuri Island, northern Hokkaido, Japan.
    共著
    Tomohiro Deguchi, Yutaka Watanuki, Yasuaki Niizuma, Akifumi Nakata.
    Progress in Oceanography
    61, 267, 275
    2004年03月
  • エネルギー制約下における内温動物の生理的調節.
    単著
    新妻靖章
    生態学会誌
    53, 49, 53
    2003年09月
  • Diving behavior of an epipelagically feeding alcids, the rhinoceros auklet (Cerorhinca monocerata).
    共著
    Maki KUROKI, Akiko KATO, YutakaWATANUKI, Yasuaki NIIZUMA, Akinori TAKAHASHI, Yasuhiko NAITO.
    Canadian Journal of Zoology
    81, 1249, 1256
    2003年09月
  • Stroke and glide of wing-propelled divers: deep diving seabirds adjust surge frequency to buoyancy change with depth.
    共著
    Yutaka WATANUKI, Yasuaki NIIZUMA,Geir Wing GABRIELSEN, KatsufumiSATO, Yasuhiko NAITO.
    Proceeding of Royal Society of London,
    B270, 483, 488
    2003年03月
  • Sexual differences in the external measurements of black-tailed gulls breeding on Rishiri Island, Japan.
    共著
    Michiyo CHOCHI, Yasuaki NIIZUMA,Masaoki TAKAGI.
    Ornithological Science
    1, 163, 166
    2002年09月
  • Responses of body components to changes in the energetic demand throughout the breeding stages of rhinoceros auklets.
    共著
    Yasuaki NIIZUMA, Yoko ARAKI, HiroeMORI, Akinori TAKAHASHI, YutakaWATANUKI.
    Canadian Journal of Zoology
    80, 1549, 1555
    2002年09月
  • Parental mass change and food provisioning in Adélie penguins rearing chicks in colonies with contrasting sea-ice conditions.
    共著
    Yutaka WATANUKI, Akiko KATO,Ktsufumi SATO, Yasuaki NIIZUMA,Charles A. BOST, Yvon LE MAHO,Yasuhiko NAITO.
    Polar Biology
    25, 672, 681
    2002年07月
  • Buoyancy and maximal diving depth in penguins: do they control inhaling air volume?
    共著
    K. SATO, Y. NAITO, A. KATO,Y. NIIZUMA, Y. WATANUKI,J.B. CHARRASSIN, C.A. BOST,Y. HANDRICH, Y. LE MAHO.
    Journal of Experimental Biology
    205, 1189, 1197
    2002年03月
  • 外部計測値からウトウの栄養状態を推定する方法.
    共著
    新妻靖章,荒木葉子,森宏枝.
    野生生物保護
    7, 41, 47
    2001年12月
  • Importance of the Japanese anchovy Engraulis japonicus to breeding rhinoceros auklets Cerorhinca monocerata on Teuri island, Sea of Japan.
    共著
    Akinori TAKAHASHI, Maki KUROKI,Yasuaki NIIZUMA, Akiko KATO, Seiichi SAITOH, Yutaka WATANUKI.
    Marine Biology
    139, 361, 371
    2001年06月
  • ナホトカ号油流出事故によって死亡したウトウの外部形態と栄養状態に関する報告.
    共著
    新妻靖章,石川宏治,森宏枝,荒木葉子,長雄一,綿貫豊.
    Strix
    19, 81, 89
    2001年03月
  • Benefit of mass reduction for commuting flight with heavy food load in Leach’s storm-petrel, Oceanodroma leucorhoa.
    共著
    Yasuaki NIIZUMA, AkinoriTAKAHASHI, Noriyasu SASAKI,Shinichi HAYAMA, Norio TOKITA,Yuataka WATANUKI.
    Ecological Research
    16, 197, 203
    2001年03月
  • A body condition index based on body mass and external measurements of live Leach’s storm-petrels.
    共著
    Yasuaki NIIZUMA, Akinori TAKAHASHI, Norio TOKITA, and Shin-ichi HAYAMA.
    Japanese Journal of Ornithology.
    49, 131, 137
    2000年03月
  • Regulation of food provisioning and parental body condition in Leach's Storm-petrels (Oceanodroma luecorhoa): Experimental manipulation of food demand of offspring.
    共著
    Akinori TAKAHASHI, Yasuaki NIIZUMA, and Yutaka WATANUKI.
    Ecological Research.
    14, 155, 164
    1999年12月
  • Parental food provisioning is unrelated to manipulated offspring food demand in a nocturnal single-provisioning alcid, the Rhinoceros Auklet.
    共著
    Akinori TAKAHASHI, Maki KUROKI, Yasuaki NIIZUMA, and Yutaka WATANUKI.
    Journal of Avian Biology.
    30, 486, 490
    1999年12月
  • 抱卵コストはオオセグロカモメのクラッチサイズを制約するか?
    共著
    高橋康郎,新妻靖章,石川宏治,帖地美千代,綿貫豊.
    Japanese Journal of Ornithology.
    48, 127, 133
    1999年12月
  • Sexing by external measurements of adult Rhinoceros Auklets breeding on Teuri island.
    共著
    Yasuaki NIIZUMA, Akinori TAKAHASI, Maki KUROKI, and Yutaka WATANUKI.
    Japanese Journal of Ornithology.
    48, 145, 150
    1999年12月
  • Precise monitoring of porpoising behaviour of Adelie Penguin determined using acceleration data loggers.
    共著
    YODA, K., SATO, K., NIIZUMA, Y., KURITA, M., BOST, C.-A., LE MAHO, Y., and NAITO, Y.
    Journal of Experimental Biology.
    202, 3121, 3126
    1999年12月
  • Energy expenditure of Leach's Storm-petrels in artificial nestboxes.
    共著
    Yasuaki NIIZUMA, Akinori TAKAHASHI, and Yutaka WATANUKI
    Japanese Journal of Ornithology.
    47, 49, 53
    1999年09月
  • Sexual dimorphism in external measurements of adult Leach's Storm-petrels breeding at Daikoku Island.
    共著
    Yasuaki NIIZUMA, Akinori TAKAHASHI, Mayumi SAWADA, and Yutaka WATANUKI.
    Journal of Yamashina Institute for Ornithology.
    30, 36, 39
    1998年09月
  • 巣穴営巣性海鳥類コシジロウミツバメの巣箱の形状とその利用率.
    共著
    新妻靖章,高橋晃周
    Strix.
    29, 152, 155
    1998年03月
  • Effects of circadian rhythm and breeding stage on resting metabolic rates in fasting Leach's Storm-petrels.
    共著
    Yasuaki NIIZUMA, and Yutaka WATANUKI.
    Journal of Yamashina Institute for Ornithology.
    29, 83, 90
    1997年03月
  • 北海道大学天塩地方演習林におけるエゾヒグマの生息状況について.
    共著
    新妻靖章,小泉達也,萬屋宏,河野裕之,川本康広.
    北海道大学農学部演習林研究報告.
    52, 110, 114
    1995年03月

講演・口頭発表等

  • ハシボソミズナギドリの採餌行動と越冬海域選択
    共著
    安積 紗羅々,石井 千尋,池中 良徳,中山 翔太,石塚 真由美,新妻 靖章,綿貫 豊
    第66回日本生態学会大会
    2019年03月
    一般社団法人 日本生態学会
  • 飼育下におけるカマイルカのテロメア長測定手法の確立とテロメア動態の解明
    境桃子 、木村里子 、水谷友一 、 石川恵 、伊東隆臣 、新妻靖章 、 荒井修亮
    野生動物研究センター 共同利用研究会 2018
    2019年03月
    京都大学野生動物研究センター
  • 野生下ウミネコにおける水銀汚染の影響
    共著
    谷日向子、新妻靖章
    野生動物研究センター 共同利用研究会 2018
    2019年03月
    京都大学野生動物研究センター
  • 野生下ウミネコにおける水銀汚染の影響
    共著
    谷日向子、新妻靖章
    野生動物研究センター 共同利用研究会 2018
    2019年03月
    京都大学野生動物研究センター
  • 水鳥の生態
    単著
    新妻靖章
    平成30年度 油等汚染事故対策水鳥救護研修
    2018年12月
    環境省
  • 海鳥における水銀汚染と酸化ストレスの関係
    谷日向子,新妻靖章,水谷友一
    日本鳥学会2018年度大会
    2018年09月
    日本鳥学会
  • ウミネコにおける個性と安静代謝量の関係
    西尾昂也,若尾直紀,新妻靖章
    日本鳥学会2018年度大会
    2018年09月
    日本鳥学会
  • 土壌汚染がツバメの繁殖に与える影響ー糞を用いた鉛汚染モニタリングー
    宮田瑞輝,新妻靖章
    日本鳥学会2018年度大会
    2018年09月
    日本鳥学会
  • 堅果類の豊凶がツキノワグマの出没に与える影響~実際の採食行動と照らし合わせて~
    共著
    森 智基、杉浦里奈、加藤真、加藤春喜、新妻靖章、泉山茂之
    野生動物研究センター 共同利用研究会 2017
    2017年12月
    京都大学野生動物研究センター
  • 堅果類の豊凶がツキノワグマの出没に与える影響~実際の採食行動と照らし合わせて~
    共著
    森 智基、杉浦里奈、加藤真、加藤春喜、新妻靖章、泉山茂之
    野生動物研究センター 共同利用研究会 2017
    2017年12月
    京都大学野生動物研究センター
  • 青森県蕪島におけるウミネコの水銀蓄積の現状
    単著
    新妻靖章
    平成30年度メチル水銀研究ミーティング
    1812年05月
    環境省
  • ウミネコにおける水銀汚染と酸化ストレスおよび安定同位体比の関係
    共著
    新妻靖章,谷日向子
    メタルバイオサイエンス研究会2018
    1811年17月
    日本毒性学会 生体金属部会

外部資金

  • 2011
    文部科学省
    科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)挑戦的萌芽研究
    二重標識水法とバイオロギングを組み合わせたエネルギー消費量測定法の確立
    2011年, 2013年
    新妻 靖章
  • 2014
    文部科学省
    挑戦的萌芽研究
    海洋越境汚染物質の海鳥類を用いた生態系への影響評価
    2014年04月01日, 2017年03月31日
    新妻靖章
  • 2017
    文部科学省
    基盤研究(c)
    低濃度水銀汚染による海洋高次捕食動物の生体および繁殖への影響
    2017年04月01日, 2020年03月31日
    新妻靖章
  • 国際水産資源変動メカニズム等解析事業(かつお・まぐろユニット)のうち「混獲標本を利用した海鳥類の生物学的特性の把握」
    2017年04月, 2018年03月
    新妻靖章
  • 国際水産資源変動メカニズム等解析事業のうち(2)かつお・まぐろユニット
    2018年04月, 2019年03月
    新妻靖章

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2006年01月, 名古屋市立向陽高校 SS入門講師
  • 2007年01月, 名古屋市立向陽高校 SS入門講師
  • 2007年11月, 名古屋市立向陽高校 SS入門講師
  • 2017年12月, 名古屋市立桜台高校 出前講義の講師
  • 1810年24月, 愛知県立小坂井高校 出前講義の講師

その他の社会貢献業績(国際貢献、産業支援等)

  • 2005年01月, 2005年01月, 日本鳥学会誌編集委員
  • 2006年12月, 2008年03月, 環境省 田原市アルゼンチンアリ防除検討会 委員 
  • 2007年02月, 2007年02月, Pacific Seabird Group 34th Annual Meetingにおいて発表
  • 2008年02月, 2008年02月, Pacific Seabird Group 35th Annual Meetingにおいて発表
  • 2009年02月, 2009年02月, Pacific Seabird Group 36th Annual Meetingの大会実行員
  • 2009年02月, 2009年02月, Pacific Seabird Group 36th Annual Meetingにおいて発表
  • 2009年09月, 2009年09月, 環境省 第3次絶滅のおそれのある野生生物の選定・評価検討会 検討委員


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.