森田 裕将 モリタ ヤスマサ

■所属
農学部 附属農場
■職名
准教授
■性別
男性

基本情報

学歴

  • 1993/04-1997/03 東京理科大学 基礎工学部 生物工学科 学士(工学) 入学卒業
  • 総合研究大学院大学 生命科学研究科 基礎生物学専攻 博士(理学)

職歴

1997年04月-2009年03月 基礎生物学研究所
2009年04月-2011年12月 花き研究所特別研究員
2012年01月-2014年03月 香川大学博士研究員
2014年04月-名城大学農学部准教授

現在所属している学会

  • 日本園芸学会
  • 日本遺伝学会

研究活動

研究分野

  • 園芸学・造園学
  • 遺伝・ゲノム動態
  • 植物分子生物・生理学

研究キーワード

  • 花卉園芸学
  • 分子遺伝学

学術論文

  • タイトル : Genome sequence and analysis of the Japanese morning glory, Ipomoea nil (in press)
    担当区分 : 共著
    著者 : A. Hoshino, V. Jayakumar, E. Nitasaka, A. Toyoda, H. Noguchi, T. Itoh, T. Shin-I, Y. Minakuchi, Y. Koda, A. Nagano, M. Yasugi, M. Honjo, H. Kudoh, M. Seki, A. Kamiya, T. Shiraki, P. Carninci, E. Asamizu, H. Nishide, S. Tanaka, K.I. Park, Y. Morita, K. Yokoyama, I. Uchiyama, Y. Tanaka, S. Tabata, K. Shinozaki, Y. Hayashizaki, Y. Kohara, Y. Suzuki, S. Sugano, A. Fujiyama, S. Iida and Y. Sakakibara
    誌名 : Nature communications
    出版年月 : 2016年
  • タイトル : A petal-specific InMYB1 promoter from Japanese morning glory: a useful tool for molecular breeding of floricultural crops.(査読付)
    担当区分 : 共著
    著者 : M Azuma, R. Morimoto, M. Hirose, Y. Morita, A. Hoshino, S. Iida, Y. Oshima, N. Mitsuda, M. Ohme-Takagi and K. Shiratake
    誌名 : Plant Biotechnology Journal
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 14(1) : 354 - 363
    出版年月 : 2016年
    ID:DOI : 10.1111/pbi.12389
  • タイトル : Spontaneous mutations of the UDP-glucose:flavonoid 3-O-glucosyltransferase gene confers pale and dull colored flowers in the Japanese and common morning glories. (査読付)
    担当区分 : 共著
    著者 : Y. Morita, K. Ishiguro, Y. Tanaka, S. Iida and A. Hoshino
    誌名 : Planta
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 242575 - 587
    出版年月 : 2015年
    ID:DOI : 10.1007/s00425-015-2321-5
  • タイトル : Isolation and Characterization of Enhancer of Flavonoid Production Genes from Floricultural Crops.(査読付)
    担当区分 : 共著
    著者 : Y. Morita, K. Tanase, A. Ohmiya, T. Hisamatsu and M. Nakayama
    誌名 : Scientific Reports of the Faculty of Agriculture, Meijo University
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 5135 - 41
    出版年月 : 2015年
  • タイトル : 次世代の遺伝学と育種Ⅱ
    担当区分 : 共著
    著者 : 高橋有, 山内卓樹, 内藤健, 森田裕将, 安達俊輔, 高木宏樹
    誌名 : 育種学研究
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 1686 - 92
    出版年月 : 2014年
    ID:DOI : 10.1270/jsbbr.16.86
  • タイトル : cDNA cloning and characterization of chalcone isomerase-fold proteins from snapdragon (Antirrhinum majus L.) flowers.(査読付)
    担当区分 : 共著
    著者 : N. Fujino, T Yamazaki, Y. Li, K. Kera, E. Furuhashi, S. Yamashita, Y. Morita, M. Nakayama, S. Takahashi, T. Nakayama
    誌名 : Plant Biotechnology
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 31105 - 114
    出版年月 : 2014年
    ID:DOI : 10.5511/plantbiotechnology.14.0109c
  • タイトル : A chalcone isomerase-like protein enhances flavonoid production and flower pigmentation.(査読付)
    担当区分 : 共著
    著者 : Y. Morita, K. Takagi, M. Fukuchi-Mizutani, K. Ishiguro, Y. Tanaka, E. NiItasaka, M. Nakayama, N.
    Saito, T. Kagami, A. Hoshino, S. Iida
    誌名 : The Plant Journal
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 78(2) : 294 - 304
    出版年月 : 2014年
    ID:DOI : 10.1111/tpj.12469
  • タイトル : A torenia (Torenia fournieri Lind. ex Fourn.) novel mutant 'Flecked' produces variegated flowers by insertion of a DNA transposon into an R2R3-MYB gene.(査読付)
    担当区分 : 共著
    著者 : T. Nishijima, Y. Morita, K. Sasaki, M. Nakayama, H. Yamaguchi, N. Otsubo, Y. Niki, T. Niki
    誌名 : Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 82(1) : 39 - 50
    出版年月 : 2013年
    ID:DOI : 10.2503/jjshs1.82.39
  • タイトル : 葉緑体DNA多型によるツバキ属園芸品種'炉開き'と'田毎の月'の母系祖先種の解明 (査読付)
    担当区分 : 共著
    著者 : 谷川奈津、伴雄介、森田裕将、中山真義、柴田道夫
    誌名 : 園芸学研究
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 12(1) : 9 - 14
    出版年月 : 2013年
    ID:DOI : 10.2503/hrj.12.9
  • タイトル : An active CACTA-family transposable element is responsible for flower variegation in wild soybean Glycine soja.(査読付)
    担当区分 : 共著
    著者 : R. Takahashi, Y. Morita, M. Nakayama, A. Kanazawa and J. Abe
    誌名 : Plant Genome
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 5(2) : 62 - 70
    出版年月 : 2012年
    ID:DOI : 10.3835/plantgenome2011.11.0028
  • タイトル : Flower color mutation mechanisms based on comprehensive analyses of anthocyanin and related compounds in ion-beam mutants.(査読付)
    担当区分 : 共著
    著者 : M. Nakayama, N. Tanikawa, Y. Morita and Y. Ban
    誌名 : Plant Biotechnology
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 29(3) : 215 - 221
    出版年月 : 2012年
  • タイトル : Tandemly arranged chalcone synthase A genes contribute to the spatially regulated expression of siRNA and the natural bicolor floral phenotype in Petunia hybrida. (査読付)
    担当区分 : 共著
    著者 : Y. Morita, R. Saito, Y. Ban, N. Tanikawa, K. Kuchitsu, T. Ando, M. Yoshikawa, Y. Habu, Y. Ozeki and M. Nakayama
    誌名 : The Plant Journal
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 50(5) : 739 - 749
    出版年月 : 2012年
    ID:DOI : 10.1111/j.1365-313X.2012.04908.x
  • タイトル : Isolation and characterization of the fragrant cyclamen O-methyltransferase involved in flower coloration.(査読付)
    担当区分 : 共著
    著者 : Y. Akita, S. Kitamura, Y. Hase, I. Narumi, H. Ishizaka, E. Kondo, N. Kameari, M. Nakayama, N. Tanikawa, Y. Morita and A. Tanaka
    誌名 : Planta
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 234(6) : 1127 - 1136
    出版年月 : 2011年
    ID:DOI : 10.1007/s00425-011-1466-0.
  • タイトル : A bHLH transcription factor, DvIVS, is involved in regulation of anthocyanin synthesis in dahlia (Dahlia variabilis).(査読付)
    担当区分 : 共著
    著者 : S. Ohno, M. Hoshokawa, A. Hoshino, Y. Kitamura, Y. Morita, K.I. Park, A. Nakashima, A. Deguchi, F. Tatsuzawa, M. Doi, S. Iida and S. Yazawa
    誌名 : Journal of Experimental Botany
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 62(14) : 5105 - 5116
    出版年月 : 2011年
    ID:DOI : 10.1093/jxb/err216
  • タイトル : The anthocyanin pigmentation controlled by the speckled and c-1 mutations of the Japanese morning glory.(査読付)
    担当区分 : 共著
    著者 : N. Saito, F. Tatsuzawa, A. Hoshino, Y. Abe, M. Ichimura, M. Yokoi, K. Toki, Y. Morita, S. Iida and T. Honda
    誌名 : Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 80(4) : 452 - 460
    出版年月 : 2011年
    ID:DOI : 10.2503/jjshs1.80.452
  • タイトル : Red-purple flower due to delphinidin 3,5-diglucosides, a novel pigment for Cyclamen spp., generated by ion-beam irradiation.(査読付)
    担当区分 : 共著
    著者 : E. Kondo, M. Nakayama, N. Kameari, N. Tanikawa, Y. Morita, Y. Akita, Y. Hase, A. Tanaka and H. Ishizaka
    誌名 : Plant Biotechnology
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 26(5) : 565 - 569
    出版年月 : 2009年
    ID:DOI : 10.5511/plantbiotechnology.26.565
  • タイトル : A bHLH regulatory gene in the common morning glory, Ipomoea purpurea, controls anthocyanin biosynthesis in flowers, proanthocyanidin and phytomelanin pigmentation in seeds, and seed trichome formation.(査読付)
    担当区分 : 共著
    著者 : K.I. Park, N. Ishikawa, Y. Morita, J.D. Choi, A. Hoshino and S. Iida
    誌名 : The Plant Journal
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 49(4) : 641 - 654
    出版年月 : 2007年
    ID:DOI : 10.1111/j.1365-313X.2006.02988.x
  • タイトル : Isolation of cDNAs for R2R3-MYB, bHLH, and WDR transcriptional regulators and identification of c and ca mutations conferring white flowers in the Japanese morning glory.(査読付)
    担当区分 : 共著
    著者 : Y. Morita, M. Saitoh, A. Hoshino, E. Nitasaka and S. Iida
    誌名 : Plant and Cell Physiology
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 47(4) : 457 - 470
    出版年月 : 2006年
    ID:DOI : 10.1093/pcp/pcj012
  • タイトル : Molecular genetic analysis of flower coloration in the Japanese morning glory.(博士論文)
    担当区分 : 単著
    著者 : Y. Morita
    出版年月 : 2006年
  • タイトル : Acylated peonidin glycosides from duskish mutant flowers of Ipomoea nil.(査読付)
    担当区分 : 共著
    著者 : K. Toki, N. Saito, Y. Morita, A. Hoshino, S. Iida, A. Shigihara and T. Honda
    誌名 : Phytochemistry
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 66(15) : 1852 - 1860
    出版年月 : 2005年
    ID:DOI : 10.1016/j.phytochem.2005.04.042
  • タイトル : Japanese morning glory dusky mutants displaying reddish-brown or purplish-grey flowers are deficient in a novel glycosylation enzyme for anthocyanin biosynthesis, UDPglucose: anthocyanidin 3-O-glucoside-2”-O-glucosyltransferase, due to 4-bp insertions in the gene.(査読付)
    担当区分 : 共著
    著者 : Y. Morita, A. Hoshino, Y. Kikuchi, H. Okuhara, E. Ono, Y. Tanaka, Y. Fukui, N. Saito, E. Nitasaka, H. Noguchi, S. Iida
    誌名 : The Plant Journal
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 42(3) : 353 - 363
    出版年月 : 2005年
    ID:DOI : 10.1111/j.1365-313X.2005.02383.x
  • タイトル : Genetics and epigenetics in flower pigmentation associated with transposable elements in morning glories.(査読付)
    担当区分 : 共著
    著者 : S. Iida, Y. Morita, J.D. Choi, K.I. Park, A. Hoshino
    誌名 : Advances in Biophysics
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 38141 - 159
    出版年月 : 2004年
  • タイトル : An intragenic tandem duplication in a transcriptional regulatory gene for anthocyanin biosynthesis confers pale-colored flowers and seeds with fine spots in Ipomoea tricolor.(査読付)
    担当区分 : 共著
    著者 : K.I. Park, J.D. Choi, A. Hoshino, Y. Morita, S. Iida
    誌名 : The Plant Journal
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 38(5) : 840 - 849
    出版年月 : 2004年
    ID:DOI : 10.1111/j.1365-313X.2004.02098.x
  • タイトル : An acylated pelargonidin 3-sophoroside from the pale-brownish red flowers of Ipomoea nil.(査読付)
    担当区分 : 共著
    著者 : K. Toki, N. Saito, Y. Morita, A. Hoshino, S. Iida, A. Shigihara, T. Honda
    誌名 : Heterocycles
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 63(6) : 1449 - 1454
    出版年月 : 2004年
    ID:DOI : 10.3987/COM-04-10076
  • タイトル : Spontaneous mutations of the flavonoid 3’-hydroxylase gene conferring reddish flowers in the three morning glory species.(査読付)
    担当区分 : 共著
    著者 : A. Hoshino*, Y. Morita*, J.D. Choi*, N. Saito, K. Toki, Y. Tanaka, S. Iida (* Authors contributed equally to this work.)
    誌名 : Plant and Cell Physiology
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 44(10) : 990 - 1001
    出版年月 : 2003年
    ID:DOI : 10.1093/pcp/pcg143
  • タイトル : Ursane- and oleanane-type triterpenes from Ternstroemia gymnanthera callus tissues.(査読付)
    担当区分 : 共著
    著者 : A. Ikuta, H. Tomiyasu, Y. Morita, K. Yoshimura
    誌名 : Journal of Natural Products
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 66(8) : 1051 - 1054
    出版年月 : 2003年
    ID:DOI : 10.1021/np030069v
  • タイトル : An efficient conversion of catechine into 3,4-trans-leucocyanidin.(査読付)
    担当区分 : 共著
    著者 : Kikuchi, M. Nishimura, A. Hoshino, Y. Morita, S. Iida, N. Saito, T. Honda
    誌名 : Heterocycles
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 60(6) : 1469 - 1475
    出版年月 : 2003年
  • タイトル : Inhibition of DNA polymerases and DNA topoisomerase II by triterpenes produced by plant callus.(査読付)
    担当区分 : 共著
    著者 : Y. Mizushina, A. Ikuta, K. Endoh, M. Oshige, N. Kasai, K. Kamiya, T. Satake, H. Takazawa, H. Morita, H. Tomiyasu, H. Yoshida, F. Sugawara, K. Sakaguchi
    誌名 : Biochemical and Biophysical Research Communications
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] : 305(2) : 365 - 373
    出版年月 : 2003年
    ID:DOI : 10.1016/S0006-291X(03)00765-4

講演・口頭発表等

  • タイトル : A novel enhancer of flavonoid production regulates flower pigmentation.
    担当区分 : 単著
    講演者 : 森田 裕将
    会議名 : 日本学術振興会 地球環境・食料・資源のための植物バイオ160委員会 第六回研究会「メタボロン:植物二次代謝のダイナミクス」
    開催年月日 : 2013年09月
    主催者 : 日本学術振興会 地球環境・食料・資源のための植物バイオ160委員会
  • タイトル : 花き園芸植物研究から明らかになった花色制御機構
    担当区分 : 単著
    講演者 : 森田 裕将
    会議名 : 日本育種学会第123回講演会
    次世代の遺伝学と育種2(育種学と農学のこれからを考える26, 若手の会主催ワークショップ)
    開催年月日 : 2013年10月
    主催者 : 日本育種学会

その他の研究業績

  • タイトル : 転写調節遺伝子と液胞内pH による花色の制御
    担当区分 : 共著
    著者 : 星野敦、森田裕将、飯田滋
    誌名 : 蛋白質核酸酵素 増刊号:植物の形づくり
    出版社 : 共立出版
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] ([Vol47]):[1745]-[1752]
    出版年月 : 2002年03月
  • タイトル : 花を彩る遺伝子
    担当区分 : 共著
    著者 : 星野敦、森田裕将、飯田滋
    誌名 : 蛋白質核酸酵素
    出版社 : 共立出版
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] ([Vol.47]):[210]-[216]
    出版年月 : 2002年07月
  • タイトル : ひとつの種から生まれたアサガオの花にいろいろな模様ができるのはなぜ?
    担当区分 : 単著
    著者 : 森田 裕将
    誌名 : 理大科学フォーラム
    出版社 : 東京理科大学出版会
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] ([Vol.10]):[50]-[51]
    出版年月 : 2004年10月
  • タイトル : アサガオとイネのDNAメチル化と遺伝子発現
    担当区分 : 共著
    著者 : 定塚(久富)恵世、星野敦、森田裕将、山内卓樹、朴慶一、寺田理恵、森藤暁、飯田滋
    誌名 : 細胞工学別冊・植物細胞工学シリーズ
    出版社 : 共立出版
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] ([Vol.24]):[36]-[43]
    出版年月 : 2008年08月
  • タイトル : 花の模様とエピジェネティクス
    担当区分 : 単著
    著者 : 森田 裕将
    誌名 : 細胞工学別冊・植物細胞工学シリーズ
    出版社 : 共立出版
    [巻]([号]):[開始頁]-[終了頁] ([Vol.24]):[81]-[84]
    出版年月 : 2008年08月

特許等

  • 出願番号 : 2003-24352
    公開番号 : 2003-289884
    発明の名称 : 新規糖転移活性を有する蛋白質をコードする遺伝子
  • 出願番号 : 2008−264646
    公開番号 : 2012−5348
    発明の名称 : 花弁特異的プロモーター及びその利用
  • 出願番号 : PCT/JP2010/059281
    公開番号 : WO2011001777
    発明の名称 : 花の色を薄くまたは濃くする方法


ページのTOPへ