教員情報

脇田 康志
ワキダ ヤスシ
薬学部 薬学科
教授
Last Updated :2019/06/04

基本情報

プロフィール

    男性

大学院その他

  • 薬学研究科 薬学専攻, 教授

学歴

  • 1987年03月, 愛知医科大学大学院, 博士課程(内科系専攻), 修了

現在所属している学会

  • 日本高血圧学会
  • 日本循環器学会
  • 日本心血管インターベンション学会
  • 日本心臓病学会
  • 日本動脈硬化学会
  • 日本内科学会
  • 日本臨床薬理学会
  • 日本老年病学会

学会

  • 2011年10月, 第52回日本脈管学会総会で座長を務める。
  • 2012年09月, 第60回日本心臓病学会学術大会で座長を務める。
  • 2013年09月, 第61回日本心臓病学会学術大会で座長を務める。
  • 2014年09月, 第62回日本心臓病学会学術大会で座長を務める。

研究活動

著書

  • Coronary Retroperfusion
    Haendchen RV, Wakida Y, Nordlander R, Corday E
    Prog Cardiol.Philadelphia (Philadelphia):LEA & FEBIGER
    1991年08月
    共著
    P203-215
  • 診断検査法の進歩 核医学検査法 Single photon emission CT(SPECT)負荷心筋SPECT ATP負荷201Tl心筋SPECT
    脇田康志、伊藤尚雄、小林正
    日本臨床52巻増刊冠動脈の臨床(上)新しい診断、治療体系:日本臨床社
    1994年07月
    共著
    P602-606
  • 心電図で解く
    編著者:笠貫 宏
    心臓病診療プラクティス5:文光堂
    1995年06月
    単著
    P292-293
  • 高齢者と心電図
    塩見利明, 脇田康志
    綜合臨床(増刊) 心電図診断ガイド:永井書店
    1995年
    共著
    P216担当部分:共同研究につき抽出不可能
  • 血液疾患に伴う心電図異常とその対策-貧血と悪性リンパ腫-
    脇田康志, 小林 正
    臨床成人病:東京医学社
    1995年
    共著
    P784-789担当部分:共同研究につき抽出不可能
  • 日本の百寿者-生命の医学的研究像を探る-
    稲垣俊明, 新美達司, 渡邊 務, 脇田康志,柳生聖子,小林 正,米本貴行,その他
    中山書店
    1887年
    共著
    分担執筆P30-38,P55-63,P142-148,P157-164,172-178
  • 新しい抗血栓薬
    脇田康志, 尾崎行男
    医薬ジャーナル
    1999年
    共著
    担当部分:各論3)血栓溶解薬 (2)新しい低分子ヘパリン(P121-126)
  • 長寿の要因-沖縄社会のライフスタイルと疾病-
    渡辺 務, 脇田康志, 米本貴行, 垣花将史, 柳生聖子
    九州大学出版会
    2000年
    共著
    P225-229
  • 冠動脈の臨床 21世紀の診断治療体系
    脇田康志, 米本貴行
    日本臨床社
    2003年
    共著
    P365-370
  • 厚生省厚生科学研究費補助金長寿科学総合研究平成7年度研究報告
    厚生省
    1996年
    単著
    分担 P34-37

学術論文

  • Additional Treatment with fenofibrate for patients treated with pitavastatin under ordinary practice for hypertriglyceridemia in japan (APPROACH-J Study)(査読付き論文)
    共著
    Wakida Y, Suzuki S, Nomura H, Isomura T
    Jpn Clin Med
    2, 1, 10
    2011年
  • 水流下におけるカテーテル心筋焼灼の実験的検討(査読付き論文)
    共著
    福田祥子, 福田元敬, 脇田康志, 岩 亨
    愛知医大誌
    37, 1, 4
    2009年
  • アムロジピンベシル酸塩OD錠後発品の本態性高血圧症に対する臨床効果の検討 アムロジンOD錠2.5mg・5mgと比較したアムロジピンOD錠2.5mg・5mg「日医工」の有効性と安全性
    共著
    樋口 誠, 浅野 泰, 今村 明, 赤沼 順, 木下 修, 藤原健志, 百瀬 篤, 大和眞史, 脇田康志, 米虫節夫, 佐中孜
    医学と薬学
    62, 1029, 1048
    2009年
  • Positive inotropic effect of purified green tea catechin derivative in guinea pig hearts: the measurements of cellular Ca2+ and nitric oxide release.(査読付き論文)
    共著
    Hotta Y, Huang L, Muto T, Yajima M, Miyazeki K, Ishikawa N, Fukuzawa Y, Wakida Y, Tushima H, Ando H, Nonogaki T
    Eur J Pharmacol
    123, 130
    2006年
  • Protective effects of EGCg or GCg, a green tea catechin epimer, against postischemic myocardial dysfunction in guinea-pig hearts(査読付き論文)
    共著
    Hirai M, Hotta Y, Ishikawa N, Wakida Y, Fukuzawa Y, Isobe F, Nakano A, Chiba T, Kawamura N
    Life Sci
    1020, 1032
    2006年
  • A role of anti-verotoxin antibody immunoreactive peptide, Virp5, from rat spinal cord. (査読付き論文)
    共著
    Ishikawa N, Feng GG, Ito Y, Hotta Y, Wakida Y, Murakami H, Yajima M, Ishikawa A, Yokochi T
    Peptides
    1909, 1916
    2004年
  • Primary lymphoma of the heart: case report and literature review(査読付き論文)
    共著
    Ikeda H, Nakamura S, Nishimaki H, Masuda K, Takeo T, Kasai K, Ohashi T, Sakamoto N, Wakida Y, Itoh G
    Pathol Int
    54, 187, 195
    2004年
  • K+ channel opener (NICORANDIL)が心筋虚血再灌流時のcoronary flowに及ぼす影響 ブタ開胸心筋虚血再灌流モデルによる検討(査読付き論文)
    共著
    羅 哲也, 脇田康志, 福田元敬, 岩 亨, 加藤 勲, 福田祥子
    愛知医大誌
    32, 83, 92
    2004年
  • K+ Channel Openerが心筋虚血再灌流時にCoronary Flowに及ぼす影響 ブタ開胸心筋虚血再灌流モデルによる検討
    共著
    福田元敬, 羅 哲也, 加藤 勲, 鈴木靖司, 岩 亨, 脇田康志, 伊藤隆之
    Ther Res
    25, 492, 494
    2004年
  • Electro-anatomicalマッピングシステムを用いた閉胸心表面マッピングとアブレーション(査読付き論文)
    共著
    米津益人, 岩 亨, 加藤 勲, 鈴木靖司, 渡部圭一郎, 脇田康志
    愛知医大誌
    30, 165, 175
    2002年
  • Electro anatomical マッピングを用いた右房線状焼灼の検討(査読付き論文)
    共著
    加藤 勲, 岩 亨, 米津益人, 鈴木靖司, 高木克昌, 渡部圭一朗, 福田元敬, 脇田康志, 小林 正
    不整脈
    18, 48, 48
    2002年
  • Determinants of further survival in centenarians.(査読付き論文)
    共著
    Shimizu K, Hirose N, Arai Y, Gondo Y , Wakida Y
    Geriat Geront Internat
    1, 14, 17
    2001年
  • Protective effect of SM-20550, a selective Na+ - H+ exchange inhibitor, on ischemia-reperfusion-injured hearts.(査読付き論文)
    共著
    Hotta Y, Nakagawa J, Ishikawa N, Wakida Y, Ando H, Takeya K, Ohashi N, Matsui K
    J Cardiovasc Pharmacol
    7, 143, 154
    2001年
  • Prognostic significance of heart rate variability in centenarians(査読付き論文)
    共著
    Shimizu K, Arai Y, Hirose N , Yonemoto T, Wakida Y
    Clin Exp Hypertens
    24, 91, 97
    2001年
  • チュートリアル方式(愛知医大型)プレケーススタディ教育の実践(査読付き論文)
    共著
    石川直久, 岡田 忠, 境 淳一, 塩野裕之, 松井卓哉, 菅屋潤壹, 松本孝朗, 西山哲成, 西村直記, 加藤雅子, 犬飼洋子, 堀田芳弘, 脇田康志, 矢島道夫, 村上英嗣, 劉 偉
    愛知医大誌
    29, 157, 166
    2001年
  • 慢性心不全に対する夜間低容量酸素療法の効果 ―パルスオキシメーターによる検討―
    共著
    中川順市, 黒田泰生, 真砂雅洋, 脇田康志, 塩見利明, 小林 正, 渡部圭一朗
    Ther Res
    22, 2205, 2209
    2001年
  • 123I-MIBG心筋シンチグラフィーを用いた心臓交感神経機能の追跡調査
    共著
    米本貴行, 岩 亨, 臼井健吾, 太田隆之, 福田元敬, 阪野勝久, 脇田康志, 小林 正, 東 直樹
    Ther Res
    8, 1829, 1833
    2001年
  • 運動誘発性心室頻拍に対するdl-ソタロールの使用経験
    共著
    米津益人, 岩 亨, 福田元敬, 脇田康志, 水谷 登, 水谷浩也, 小林 正
    臨床薬理
    229S, 230S
    2001年
  • Therapeutic Drug MonitoringへのQT日内変動測定の可能性 Disopyramide血中濃度のQT延長への影響
    共著
    福田元敬, 岩 亨, 太田隆之, 米津益人, 鈴木靖司, 脇田康志, 小林 正
    臨床薬理
    32, 239S, 240S
    2001年
  • 立体画像診断システムを用いた心房表面マッピング及びアブレーションについての検討(査読付き論文)
    共著
    鈴木靖司, 岩 亨, 加藤 勲, 米津益人, 福田元敬, 脇田康志, 小林 正
    愛知医大誌
    29, 64, 70
    2001年
  • Therapeutic Drug MonitoringへのQT日内変動測定の可能性 Disopyramide血中濃度のQT延長への影響
    共著
    福田元敬, 岩 亨, 太田隆之, 加藤芳康, 加藤 勲, 米津益人, 高木克昌, 鈴木靖司, 脇田康志, 小林 正
    心電図
    21, S1, S17
    2001年
  • 心室期外収縮の発生様式と123I-MIBG心筋シンチグラフィーとの関連
    共著
    米本貴行, 臼井研吾, 太田隆之, 篠邉龍二郎, 岩 亨, 小林 正, 脇田康志, 東 直樹
    Ther Res
    21, 2471, 2476
    2000年
  • Circadian heart rate rhythms in Japanese centenarians.(査読付き論文)
    共著
    Shimizu K, Hirose N, Yonemoto T, Wakida Y.
    JAGS
    17, 1094, 1099
    1999年
  • 心筋虚血再灌流傷害に対するNa+-H+ exchange inhibitor再灌流直前投与の効果に関する検討(査読付き論文)
    共著
    上杉道伯, 脇田康志, 福田元敬
    愛知医大誌
    27
    1999年
  • 多発性嚢胞症に合併した急性大動脈解離(早期閉塞型)の1例(査読付き論文)
    共著
    高木和明, 安川龍也, 垣花將史, 服部博高, 水谷嘉孝, 脇田康志, 水谷浩也, 小林 正, 米津益人
    心臓
    31, 255, 259
    1999年
  • 肺静脈の病理組織学的検討
    共著
    岩 亨, 渡部圭一朗, 加藤 勲, 米津益人, 福田元敬, 鈴木靖司, 脇田康志, 水谷 登, 小林 正, 池田 洋
    Ther Res
    20, 1470, 1472
    1999年
  • 123I-MIBG心筋シンチグラフィと心室性期外収縮の発生様式との関連
    共著
    脇田康志, 米本貴行, 臼井研吾, 太田隆之, 岩 亨, 小林 正, 東 直樹
    Ther Res
    20, 1801, 1804
    1999年
  • 研究報告:新規HMG-CoA還元酵素阻害薬CI-981(アトルバスタチン)の長期投与による臨床効果-有効性ならびに安全性の検討-(査読付き論文)
    共著
    (小林 正, 水谷浩也, 水谷 登, 脇田康志, 沖 良隆)
    Prog Med
    19, 2123, 2160
    1999年
  • 百寿者の心拍概日変動(査読付き論文)
    共著
    清水健一郎, 広瀬信義, 長谷川浩, 米本貴行, 脇田康志
    日本老年医学会雑誌
    35, 367, 642
    1998年
  • A survey of habitual snoring in centenarians(査読付き論文)
    共著
    Shiomi T, Guilleminault C, Kayukawa Y, Wakida Y, Okamoto Y, Kobayashi T
    J Am Geriatr Soc
    45, 84, 86
    1997年
  • PTCA前の心筋シンチグラフィーで再分布がみられなかった症例に関する検討
    共著
    米本貴行, 脇田康志, 河野朋博, 太田隆之, 水谷浩也, 小林 正, 東 直樹, 川島定夫
    東海循環器核医学研究会記録集
    26
    1997年
  • Improvement of severe heart failure with corticosteroid therapy in patient with hypothyroidism(査読付き論文)
    共著
    Mizutani K, Maekawa M, Hattori H, Oki Y, Nomura A, Mizutani Y, Haga M, Iwa T, Wakida Y, Shiomi T, Mizutani N, Kobayashi T
    愛知医大誌
    24, 407, 413
    1996年
  • Role of Na+-H+Exchange on Reperfusion Related Myocardial Injury and Arrhythmias in an Open-Chest Swine Model(査読付き論文)
    共著
    Fukuta M, Wakida Y, Iwa T, Uesugi M, Kobayashi T
    PACE
    19, 2027, 2033
    1996年
  • 愛知県在住の百寿者に関する社会医学的および医学的研究-生活自立例と生活介助例の比較-
    共著
    稲垣俊明, 山本俊幸, 水野友之, 菊池基雄, 品川長夫, 脇田康志
    名古屋市厚生院紀要
    4, 22, 22
    1996年
  • 本態性高血圧症患者の家庭血圧とQOLに対するLisinoprilの影響
    共著
    塩見利明, 小林 正, 水谷浩也, 脇田康志, 小川 斉, 渡辺 務, 伊藤隆之, 奥村健二, 小川宏一, 水谷恵次, 佐々寛己, 坪井英之.
    臨床薬理
    26, 51, 52
    1995年
  • 発作性心房細動に対するpilsicainideの停止効果と予防効果について
    共著
    水谷 登, 沖 良隆, 脇田康志, 岩 亨, 芳賀 勝, 水谷浩也, 小林 正
    薬理と治療
    230, 113, 120
    1995年
  • 陳旧性心筋梗塞に対するβ遮断薬の効果-123I-MIBG心筋シンチグラフィを用いての検討-
    共著
    脇田康志, 太田隆之, 伊藤尚雄, 岡本泰宜, 小林 正, 大野和子, 綾川良雄, 宮田伸樹, 東 直樹
    東海循環器核医学研究会記録集
    21, 13, 14
    1995年
  • Heart rate variability in centenarians-relation with intelligence and activity of daily living
    共著
    Okamoto Y, Wakida Y, Yonemoto T, Sasanabe R, Kanemaki K, Iwa T, Shiomi T, Mizutani K, Kobayashi T
    Jpn Heart J
    35, 361, 362
    1994年
  • Heart rate variability in centenarians.
    共著
    Okamoto Y, Wakida Y, Yonemoto T, Kanemaki K, Iwa T, Shiomi T, Kobayashi T
    Ther Res
    15, 3384, 3387
    1994年
  • Arrhythmia in centenarians.(査読付き論文)
    共著
    Wakida Y, Okamoto Y, Iwa T, Yonemoto T, Kanemaki K, Shiomi T, Mizutani K, Kobayashi T
    PACE
    17, 2217, 2221
    1994年
  • 各種抗血小板薬による血小板凝集能の測定
    共著
    垣花將史, 福田元敬, 脇田康志, 米本貴行, 小林 正
    医学と薬学
    31, 495, 501
    1994年
  • 単冠動脈症の4症例(査読付き論文)
    共著
    米本貴行, 福田元敬, 岡本泰宜, 脇田康志, 水谷浩也, 小林 正
    愛知医大誌
    22, 335, 346
    1994年
  • Short-term synchronized retroperfusion before reperfusion reduces infarct size after prolonged ischemia in dogs(査読付き論文)
    共著
    Wakida Y, Nordlander R, Kobayashi S, Kar S, Haendchen R, Corday E
    Circulation
    88, 2370, 2380
    1993年
  • 心拍同期逆行性心潅流法による虚血心筋内へのジルチアゼム逆行性投与法に関する実験的研究
    共著
    脇田康志, 水谷 登, 小林 正, 渡辺 務
    Ther Res
    14, 2071, 2079
    1993年
  • アデノシン三リン酸二ナトリウム負荷タリウム心筋シンチグラフィの有用性に関する検討.
    伊藤尚雄, 脇田康志, 岡本泰宜, 水谷浩也, 小林 正, 渡辺 務, 大島恵介, 東 直樹, 川島定夫
    東海循環器核医学会研究会記録集
    17, 7, 8
    1993年
  • Synchronized Coronary Venous Retroperfusion for Support and Salvage of Ischemic Myocardium During Elective and Failed Angioplasty (査読付き論文)
    共著
    Kar S, Drury K, Hajduczki I, Eigler N, Wakida Y, Litvac F, Buchbinder N, Marcus H, Nordlander R, Corday E
    J Am Coll Cardiol
    18, 271, 282
    1991年
  • Percutaneous Cooling of Ischemic Myocardium by Hypothermic Retroperfusion of Autologous Arterial Blood : Effects on Regional Myocardial Temperature Distribution and Infarct Size.(査読付き論文)
    共著
    Wakida Y, Haendchen R V, Kobayashi S, Nordlander R, Corday E
    J Am Coll Cardiol
    18, 293, 300
    1991年
  • Coronary Venous Retroinfusion of Deferoxamine Reduces Infarct Size in Pigs(査読付き論文)
    共著
    Kobayashi S, Tadokoro H, Wakida Y, Kar S, Nordlander R, Haendchen R V, Corday E
    J Am Coll Cardiol
    18, 621, 627
    1991年
  • 慢性心不全に対するアゾセミド(ダイアートR 錠)の臨床的検討
    共著
    渡辺 務, 小林 正, 水谷 登, 塩見利明, 鈴木 聰, 森 光春, 脇田康志, 伊藤尚雄, 小川 斉 他
    Geriat Med
    28, 1719, 1730
    1990年
  • 高血圧患者にみられる陰性U波の検討-心エコ-図所見を中心として-(査読付き論文)
    共著
    小川 斉, 脇田康志, 小林 正, 渡辺 務
    愛知医大誌
    18, 557, 566
    1990年
  • 脚ブロックならびにWPW症候群のU波に関する検討(査読付き論文)
    共著
    塩見利明, 小林 正, 新井 太, 脇田康志, 足立 学, 水谷 登, 渡辺 務
    心電図
    8, 363, 372
    1988年
  • Dopamineからの離脱に関するIbopamineの有用性について
    共著
    水谷 登, 本村日出男, 鈴木 聰, 脇田康志, 山本 茂, 森 光春, 国見知明, 小林 正, 渡辺 務
    薬理と治療
    16, 4535, 4546
    1988年
  • 心臓弁膜症における心電図所見とT1心筋シンチグラフィー所見の対比検討 -特に陰性U波の有無に関連して-
    共著
    小川 斉, 脇田康志, 小林 正, 渡辺 務, 小林嘉雄, 宮田伸樹
    東海循環器核医学研究会記録集
    19, 13, 14
    1987年
  • 期外収縮後の陰性U波の変化について(査読付き論文)
    共著
    脇田康志, 小林 正, 塩見利明, 渡辺 務
    愛知医大誌
    15, 645, 653
    1987年
  • 陳陳旧性心筋梗塞患者にみられる陰性U波の臨床的意義について(博士論文)(査読付き論文)
    単著
    愛知医大誌
    15, 817, 834
    1987年
  • 心筋症における心電図所見, とくに心筋症の病型と陰性U波について(査読付き論文)
    共著
    足立 学, 小林 正, 塩見利明, 市原 毅, 脇田康志, 渡辺 務, 水谷恵次, 伊藤貫之
    愛知医大誌
    14, 70, 80
    1986年
  • 特発性心筋炎後, 拡張型心筋症の病態を呈して死亡した1症例-とくに10年間に亘る臨床経過と剖検所見について(査読付き論文)
    共著
    小林 正, 塩見利明, 山本 茂, 足立 学, 脇田康志, 新井 太, 橘 秀樹, 渡辺 務, 伊藤 元, 池田 洋, 岡田了三
    愛知医大誌
    14, 163, 172
    1986年
  • Clinical significance of negative U wave in right precordial lead, especially in lead V1.
    共著
    Shiomi T, Kobayashi T, Adachi M, Ichihara T, Wakida Y, Watanabe T.
    Adv electrocardiol
    185, 187
    1985年
  • A case of idiopathic hypertrophic obstructive cardiomyopathy with an audible pseudoejection sound on auscultation
    共著
    Shiomi T, Kobayashi T, Tachibana H, Ebihara K, Adachi M, Wakida Y, Mizutani K, Watanabe T306
    Jpn J Med
    24, 306, 306
    1985年
  • 201T1心筋シンチグラフィーによるNifedipineの冠血流におよぼす影響について
    共著
    脇田康志, 足立 学, 小林 正, 渡辺 務, 小林嘉雄
    東海循環器核医学研究会記録集
    5, 15, 16
    1985年
  • ST交互脈の3例
    共著
    塩見利明, 小林 正, 野村博彦, 市原 毅, 足立 学, 脇田康志, 新井 太, 水谷浩也, 渡辺 務
    愛知医大誌
    13, 453, 459
    1985年
  • バイラテラルコリメータを用いた心拍同期心筋断層像による虚血性心疾患の評価 -冠動脈造影所見との対比-
    共著
    脇田康志, 新井 太, 小林 正, 渡辺 務, 小林嘉雄
    東海循環器核医学研究会記録集
    12
    1985年
  • Negative U wave in essential hypertension with special reference to its clinical significance and possible mechanism(査読付き論文)
    共著
    Kobayashi T, Shiomi T, Ito K, Wakida Y, Motomura H, Mizutani K, Watanabe T
    J Electrocardiol
    331, 333
    1984年
  • 非貫壁性心筋梗塞の臨床所見に関する検討, とくに短期(急性期)予後との関連について(査読付き論文)
    共著
    小林 正, 神田 隆, 水谷 登, 塩見利明, 蛯原健二, 足立 学, 脇田康志, 鈴木 聰, 山本 茂, 山本 楯, 水谷浩也, 渡辺 務
    愛知医大誌
    12, 228, 237
    1984年
  • 心室性頻拍症の心電図的特徴とその意義について(査読付き論文)
    共著
    塩見利明, 小林 正, 野村博彦, 市原 毅, 本村日出男, 足立 学, 脇田康志, 水谷浩也, 渡辺 務
    愛知医大誌
    12, 407, 416
    1984年
  • 特発性肥大型心筋症の心音図所見, 特に偽駆出音に関する検討(査読付き論文)
    共著
    塩見利明, 小林 正, 市原 毅, 足立 学, 脇田康志, 野本和久, 印牧研吾, 水谷浩也, 渡辺 務
    愛知医大誌
    12, 584, 593
    1984年
  • 偽駆出音を聴取した特発性肥大型閉塞性心筋症の1例.(査読付き論文)
    共著
    塩見利明, 小林 正, 橘 秀樹, 蛯原健二, 足立 学, 脇田康志, 水谷浩也, 渡辺 務
    日内会誌
    73, 1942, 1948
    1984年

その他の研究業績

  • The High-Risk Unstable Angina Patient.An Approach to Treatment
    共著
    Kar S, Wakida Y, Nordlander R
    Drugs
    43, 837, 848
    1992年
  • Coronary venous retroperfusion therapy
    共著
    Corday E, Ryden L, Kar S, Corday S R, Haendchen R V, Nordlander R, Tadokoro H, Wakida Y
    Prim Cardiol
    19, 47, 54
    1993年
  • 陰性U波の臨床的意義と出現機序について
    共著
    小林 正, 塩見利明, 足立 学, 脇田康志, 渡辺 務
    心電図
    5, 159, 176
    1985年
  • U波とその異常
    共著
    小林 正, 塩見利明, 脇田康志, 伊藤貫之, 小川 斉, 前川正人, 渡辺 務
    診断と治療
    76, 1876, 1881
    1988年
  • 百歳老人の身体
    共著
    渡辺 務, 脇田康志, 小林 正, 佐々木隆一郎, 稲垣俊明
    老年精神医学雑誌
    7, 137, 144
    1996年
  • 百寿者の循環器疾患(不整脈)
    共著
    小林 正, 脇田康志, 塩見利明, 米本貴行, 渡辺 務
    現代醫學
    43, 467, 472
    1996年
  • 最新の治療 多様化する脂質異常症治療の戦略
    単著
    現代醫學
    55, 79, 86
    2007年

社会活動

生涯学習、小学校・中学校・高等学校への教育支援等

  • 2006年09月, 日本循環器学市民公開講座「長寿のひみつ」の講師を務める


Copyright © 2019. Meijo University, All Rights Reserved.